mizugaki

 

こんにちは。みずがきひろみです。沼田みえ子カウンセラーと交代で、この金曜日の<大人の恋愛術>コラムを担当しています。

 

ベルお知らせ!いよいよ今週末です!「豊かさ」を受け取るための「お金」と「時間」のセミナー。

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

雪

 

「夫が浮気しているかも、なんです」。

 

「最近は、業務連絡ばかりで。なんだか彼と距離を感じます」。

 

「仲はいいんですよ。子供の面倒もみてくれますし。夫婦なんてそんなものかな、とも思いますし」。

 

カウンセリング中にそんな言葉がこぼれると、私の頭の中に「ピンっ」て旗が立ちます。

 

 

夫が浮気しているだろう、とまでは思いません。

 

でも、「退屈だなぁ」というため息まじりの、ボソッとした独り言のような想いが聞こえるんです。

 

 

パートナーシップが「役割」を演じるようなものになっていませんか?

 

 

お互いを「お父さん」「お母さん」と呼び合っているうちに、

 

彼を「お父さん」の「役割」に、

 

自分を「お母さん」の「役割」に閉じ込めてしまっていませんか?

(男性は、逆にして読んでみてくださいね。)

 

 

毎朝、同じ時間に起きて、

 

同じようにコーヒーを淹れて、

 

朝ごはんの支度をして、

 

家族を送り出して、あるいは、自分も家を飛び出して、

 

仕事をするのも、

 

家事をするのも、

 

今、一生懸命にやっていることは、全部、パートナーがいてくれることが前提なのに、

 

無味乾燥。

 

 

パートナーシップが「お仕事」になっちゃったみたい。

 

 

日本には、そういうご夫婦がとても多いです。

 

 

子供がいると、

 

「夫婦」の「役割」以上に、子供の「親」としての「役割」を意識するので、

 

「夫婦」としての関係性がどうなっているかに気付きにくいです。

 

「親」としてのパートナーシップが取れていれば、なおのこと。

 

 

 

 

雪 雪

 

「役割を手放して、ハートを開いて、愛を与えて!」

 

というのが、処方箋といえば処方箋なのですが、

 

「それってどういうことよ!」って言いたくなりますよね。

 

おまじないのようにしか聞こえません。

(10数年前の私にはそうとしか聞こえませんでした。あせる今ならわかるんですけど。)

 

 

「役割を手放す」と言われても、明日から家事も仕事もしないというわけにはいきませんから、何をどうしたらいいのかわかりません。

 

 

そんなとき、私はこんなことをお聞きします。

 

 

「あなたの生活の中で、ご主人(奥さま)の優先順位はどうなっていますか?」

 

 

 

お子様がいらっしゃる方は、

 

「え?まだ子供、小さいですよ」

 

とおっしゃったり、

 

「あぁ、主人ねぇ」

 

というなんとも煮え切らない反応になることが多いのです。

 

 

子供の世話や心配よりも、

 

仕事のもろもろよりも、

 

家事のやりくりよりも(たとえそれが彼のためであっても)、

 

パートナーに「反応すること」を優先していますか?

 

 

家族の中で、

 

パートナーの意見を優先していますか?

(常にその通りにするということではないけれど)

 

 

家族の中で、

 

パートナーの希望を優先して叶えていますか?

 

 

「家族」は、まず「夫婦」ありき、です。

 

だから、まず「夫婦」の絆が大事、なのです。

 

「夫婦」は一番身近な他人どうしです。

 

「親子」は血がつながっています。

 

離れても「親子」は「親子」なのです。

 

他人であるパートナーと一番親密になることで家族に安心感が生まれます。

 

「夫婦」のつながりがしっかりしていれば、

 

子供は安心して悩めるので、自立できます。

 

 

 

 

ご主人が話しているときに、お子さんが割り込んできたら、どうなさいますか?

 

ついつい子供の話を聞いていませんか?

 

「ちょっと待って。今、お話をしているでしょう?終わったら聞くからね」

 

とお子さんにご主人の存在の大切さを教えていますか?

 

もしくは、

 

「ごめんなさい。ちょっと子供の話を先に聞くわね」とご主人に一言ことわっていますか?

 

 

私がこんなことを言うと、

 

「だって彼は子供の父親ですよ!私が子供の世話で大変なのだから、彼が一緒に引き受けるのは当たり前だと思うんです」

 

と、ごもっともなお返事をいただきます。

 

 

でもね。

 

「当たり前」がクセモノだ、と私は思うんです。

 

 

「お父さんだから当たり前」という考え方は、彼の「愛」を「役割」による「お仕事」にしてしまうから。

 

そして、その同じ考え方が、

 

あなたの家事や育児を「お母さん」としての「お仕事」にしてしまい、

 

そこにこめられたあなたの「愛」を見えにくくしてしまうから。

 

 

こんなに頑張っているのに、

 

「お父さん」の「愛」も受け取れず、

 

自分の「愛」もわかってもらいにくいものにしているとしたら、

 

それはとても残念です。

 

 

本当は、「愛」がいっぱいなのに。

 

 

 

雪 雪 雪

 

 

「当たり前」は心から「ありがとう」を追い出してしまいます。

 

「ありがとう」は一番自然な「愛」のありようです。

 

 

私たちは、自分に一番近い人を、自分と同じように扱うものです。

 

あなたがパートナーを扱っているように、ご自分を扱っているとしたら、

 

いったい自分をどれほど大事にしているでしょうか?

 

 

あなたがパートナーの存在を大切にした度合いだけ、

 

自分に向けられた「愛」を受け取りやすくなります。

 

「妻」という「役割」から「何かをする」のではなくて、

 

ただ「彼」がそこにいることを「楽しむ」ためにどうしよう?って考えてみるといいようです。

 

 

コツは、

 

「やっていることがら」以上に、

 

「相手の存在の素晴らしさ」に

 

「ありがとう」の気持ちを送ること。

 

 

最初は、面倒ですし、水くさくて、かえって居心地が悪いかもしれません。

 

でも、わざとらしくても、少し続けてみてください。

 

子供よりもパートナーの存在を優先する、それも「言葉」を使って大切さを伝える。

 

それをやるようになって、

 

パートナーとの絆が戻って、

 

お互いにもっと楽で自由になったカップル、家族をたくさん見てきました。

 

 

 

幸せなパートナーシップをもつ人が増えますように。ラブラブ

 

 

lots of love,

みずがきひろみ

 

 

 

ベルお知らせ!いよいよ今週末です!「豊かさ」を受け取るための「お金」と「時間」のセミナー。

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

 

 ココロを学んでバージョンアップしたいあなたのために、、、


ラブラブ個別の面談・電話によるカウンセリング
あなた仕様のセラピーであなたの人生をサポートします。カウンセリングは前月の1日から、ご予約をお受けしています。ご希望の日時をカウンセリング予約センター(06-6190-5131)までお問い合わせくださいませ。

 

みずがきひろみのカウンセリングの詳細はこちら

 


ラブラブ心理学講座・ワークショップで学び、癒す
みんなで学び、癒し合うグループセラピーは、関係性を豊かにするヒントがいっぱい!あなたにピッタリのテーマをお選びくださいませ。

カウンセリングサービスの心理学ワークショップのページ>>>>>>>

 

みずがきひろみの心理学サロンの詳細はこちら

 


ラブラブ講演や講座をおウチで聴く

心理学講座や講演の音声配信サービス「きくまる」にアクセスして、おウチでゆっくりとくつろぎながらカウンセラーの話を聴くことができます。

「きくまる」のホームページはこちら>>>>>>>

 

 

みずがきひろみの「きくまる」ページはこちら

 

 

 

沼田みえこ

 

みずがきひろみカウンセラーと隔週金曜日に執筆しております、
「大人の恋愛術」。


今週は私、沼田みえ子の担当です。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

雪だるま 雪だるま
 

「御社に入社しましたら、是非海外に活路を見出す
仕事を手掛けてみたいと思います。

 

交換留学生として大学時代には1年海外に行っており、
長期の休みの時にインターンの経験も積みました。」

 

「アパレル業界で、多くの女性に買ってもらえるトークを
あれこれと蓄えるために、多くの店舗に足を運びました。

絶対に「使える人材だ」と思っていただけると思います!」

 

なんて堂々と自己アピールを面接でしないと
いけない。

勝ち残るために。

 

そして晴れて入社できても、
今度はどんどん数字を結果を求められる。

社会は平成の今でさえ、男性社会だから。
だから、女性の私は頑張らなきゃならない。

 

勝ち残るために。

 

プレゼンでは、わかりやすく論理的に話をすすめて
営業会議では皆を納得させなきゃならない。

そのためには理詰めでいくしかないか。
 

資料をもっとそろえなきゃな・・。

 

勝ち残るために。

 

雪だるま 雪だるま

 

そうして縁あって結婚した。

 

家庭でも「勝ち残るために運動」は継続される。

なぜなら長年刷り込まれた生き方考え方だから。

 

権利を勝ち取るために私たち女性は戦う。

 

あなたと私は同じ親という立場なんだから、
 

あなたも育児をする義務があるよね?

私には休みを取る権利がある。

土曜日は私が育児するから、
日曜日は全日あなたが育児をしてよね?

 

文句はないわよね?

 

え?
金曜日はあなたが子供をお風呂に入れる担当の日だよね?

なのにできない?
え?飲み会?

 

ルールはルール。
知ってる?ルールは守るためにあるの。
ルールを破ることはいけないことって習ったでしょ?

 

そんな飲み会、断って頂戴!

私も育児と仕事の両立、頑張っているの!
 

あなたももっと頑張りなさいよ!

私の方が数倍頑張ってるじゃない!

 

雪だるま 雪だるま

 

社会では

 

負けないように。
そして誰よりも自立しなくちゃ。

正しいことは間違ってはいない!と声をあげなければ。

 

の考え方がおそらく大事。
うまくいくことにつながることでしょう。

 

でもパートナーシップではなぜかうまくいかない。

 

「夫婦関係がおかしくなってきた。
パートナーに怒りしか感じなくて、
全然幸せじゃないのです!」

 

「夫がいきなりブチ切れて、
「もう離婚だ!」っというのです。

私、正しいことしか言っていないのに!」

 

こうしてカウンセリングに駆け込んでくる人たちは
毎年毎年後を絶ちません。

 

雪だるま 雪だるま

 

先日朝日新聞のデジタル版に
「女子力向上を掲げる学校が増えた」
という記事が載りました。

 

でも、ここでの女子力というのは

 

「明確なビジョンを持ってしっかりと自立できる女性になる」
「(社会に)必要とされ、頼りにされる力」

 

と説明がされておりました。

 

この記事を読んで、

あ~、そうだった。
 

家では、しっかりしろ。
何でも自分でできなければならない。

 

と教えられ、

 

学校では
偏差値の高い学校を推奨され、
成績のいい子は先生から評価された。

 

だから頑張る、しっかりする、
ということが良しとされていた。

 

ほんと、子供時代はそれが全てなように教わったよなぁ・・。

ということを思いだしていました。

 

パートナーシップには
これは当てはまりませんよ!

と教えてもらっていたら、
もっと皆恋愛や結婚はうまくいくんだろうなぁ・・・

と思うのです。

 

雪だるま 雪だるま

 

私たちは自分たちが思っている以上に、
 

「競争意識」
「正しさの競争、追及」

 

という考え方を心の中で思い込んでいます。

 

本当に、ねぇ、刷り込まれてきた、といいますか。
長年の教育とは、いやはやすごいものです。

 

そして育ってきた途中で、
女性だから、という理由で傷ついた経験
があるのかもしれません。

 

本来の理由は女性うんぬんではなかったのかも、ですが
それに結びつけてしまう心理だったかもしれませんね。

「あー、私が女だからなのね・・」
と思わせるような出来事だったり。


長年心にしみつけた考え方ですので、
常に無意識にパートナーと競争してしまう。

 

どっちがメールの回数が多いか
どっちから誘ったデートが多いか
どっちの方が(家事など貢献度を)頑張っているか
どっちがお互いに関心を向けているか
どっちが愛情を表現してくれているか
どっちが優しくしてくれているか
どっちが正しいか間違っているか

 

あげたらキリがありません。

 

女性は特に無意識に
おちんちんが付いていないことからの不完全感から
「男性に負けている」という思い込みが最初からあるため、

「負けるものか!」
という思いがあります。

 

なのでついつい

「勝たねば!」

と思ってしまいます。

 

でも、
「ぜってぇおめぇには負けねぇぜ!」

と中指を突き立ててるような相手を

 

「うふっ!素敵だな☆!
愛しちゃお!」

 

なんてよっぽどのMの人以外は思えないでしょうね。

 

「なんなんだよ!」

 

とイライラ感を感じることが出て当たり前、ではないでしょうか?

 

雪だるま 雪だるま

 

無意識に
「勝たねば!」
という思いがあるかも・・・?

 

そんな気持ちでどうか女性の皆さまは心を見てみてほしいのです。


あれ?
なぜだか
「彼には負けたくない!」
って思っているぞ?

ともしも気がつかれたら・・・

 

「パートナーは競争相手じゃないぞ!」

と、向けた銃をどうかおろしてほしいのです。

 

で、その後は?
長くなりましたので、過去のこの記事に引き継ぎましょう。

↓ ↓ ↓
「女性性と競争意識」
 

次回はみずがきひろみカウンセラーです。
どうぞお楽しみに。

 

ベル 沼田の過去の講演が聴けます ベル

 

沼田のきくまるのダウンロードページはこちらから>>>

         心理学講座音声配信サービスきくまる

 

パートナーシップはもちろん、子育てや女性の生き方
のことなど日常を心理学を交えて書いています!

 

沼田みえ子のプロフィールブログはこちら>>

 

 沼田みえ子のカウンセリングスケジュールはこちら>>

☆現在、1月のカウンセリングを受け付け中!


沼田のカウンセリングを受けていただくには>>

  パートナーシップにお悩みの方、必見です!

 アメブロ「もっとラブラブに」の記事バックナンバー>>

 

 

mizugaki

 

こんにちは。カウンセリングサービスのみずがきひろみです。沼田みえ子カウンセラーと金曜日の<大人の恋愛術>コラムを担当しています。

 

 

ベル CSワークショップ「アバンダンス(豊かさ)の心理学」シリーズがいよいよスタートします!

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

富士山

 

あけましておめでとうございます。

 

昨年中は、たくさんの方にこのブログを読んでいただきました。お役に立てるのは何よりの歓びです。喜んでいただき、嬉しかったです。ありがとうございました。

 

今年も、多くの出会いがありますように。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、皆さまは、年末年始、どのようにお過ごしになられましたか?

 

いつもは1日の大半を職場で過ごすのに、この時期は、朝から晩まで同じ家で、同じ部屋でパートナーや家族と過ごして、慣れない、お尻が座らない感じにモンモンとされた方もおられるでしょう。

 

 

本当は一番ちかしい人と、

 

いつもよりちょっと近くなるのが「お正月」ではないでしょうか。

 

そして、このいつもより「ちょっと近く」がクセモノなんです。

 

 

私たちは、少し「距離がある」方が、努力せずに「いい人」になれるものです。

 

距離が近づくと、「親密感」が増すはずが、

 

とたんにお互いの、相手に「期待」する気持ちや善悪の「判断」が噴き出して、「いい人」でいられなくなることが多いこと、多いこと。

 

 

「リュウマチの薬が合わなくて、今お休みをしているの」と近況を言えば、

 

「あたしのリュウマチはなんで治ったんだっけ。あれは、ほら、3軒先の植木屋の奥さんが教えてくれたハリの先生のところに行ったからだ、、、」とおばあちゃん。

 

「おばあちゃん、リュウマチはハリでは治らないの。だから、それはリュウマチじゃないと思う」

 

「あのハリの先生のところには、遠くからも来るそうだよ。病院とか行っても全然ダメだった人もあそこで治ったって。まぁ、よくやってくれたよ。私のリュウマチはあの人が治してくれたんだ、、、」

 

「おばあちゃん、リュウマチはハリでは治らないんです」

 

「あんたもあそこに行くといいよ。私のリュウマチはあそこで治ったから」。

 

 

そんなやりとりも、最初はちょっぴりもの哀しく、でも、3日も続くと次第にイライラし、笑えるようになった頃には、いつもの日常生活に戻らなければなりません。

 

 

うーん。

 

家族がいてくれて嬉しいし、ありがたい。

 

でも、やっぱり「近い」関係は疲れるなぁ、と思いながら仕事始めを迎えると、「婚活頑張る」と思う気持ちもトーンダウンしそうです。

 

それとも、やんちゃ盛りの子供たちとゴロゴロするばかりの夫を横目に、大掃除に、おせち作り、新年の大寄せの台所仕事をこなして、

 

「もう、早く、仕事も学校も始まってくれー!!!」とヒステリーを起こしたくなっていますか?

 

 

大切なパートナーが、家族が、「近く」にいてくれるのは、とても、とても嬉しいし、幸せなこと。

 

でも、「近い」のは、窮屈だったり、面倒だったりで、「感情的に大変」と感じることが多いのは事実。

 

 

そんなこんなで、パートナー(や家族)とけんかしちゃった方、ドンマイ、ドンマイ。

 

まだ1年は始まったばかりです。気をとりなおしましょうね。

 

 

 

 

富士山

 

我が家でも、「残念」なケンカがいくつか続きました。

 

 

「枕カバーがないぞー!!!」

 

寝室からダーリンの大きな声が聞こえてきます。

 

「ン?」

 

そう言えば、シーツを替えて、枕カバーを外したところで電話が鳴って、それっきり忘れていたっけ。

 

「枕カバー、枕カバー」、

 

リネンボックスから洗濯がすんだ枕カバーを取り出して、寝室にいるダーリンに渡しに行くと、思った以上におかんむり。

 

「どうして外す前に、新しいのを用意しないんだよ。わけわからない!寝られないじゃないか!」むかっ

 

そんなに怒らなくったって。ちょっと忘れただけなのに。あせる

 

「だって、外したままじゃ枕が使えないじゃないか。どうしてそのままにしておくんだよ!」プンプン

 

だから忘れたんだって。

 

枕カバー、今、渡したからかければいいじゃない。それより、二人分のシーツを替える方が面倒なんだから、それに感謝してほしいわ、、、。

 

このところ彼も忙しかったから、気持ちよく眠ってほしいと思ってシーツを替えたのに、枕カバーをかけそびれたことでかえって怒られるなんて、やぶへび。

 

そう思いながら、でも、ココはのみこみます。

 

 

 

「枕カバーがない」事件の後は、「歯ブラシがない」事件でした。

 

 

ダーリンが寝たあとに、

 

私も仕事を終えて寝る前に歯磨きをしながら、

 

明日の朝、洗面台がピッカピカに綺麗だったらダーリンは気持ちがいいだろうな、

 

と思ったのでした。

 

メラミンスポンジを取り出して、

 

鏡から、洗面台から、ボールから、コップや石鹸入れまで磨いて、

 

タオルで拭きあげてさっぱり。

 

最後にダーリンの古い歯ブラシも「もういいよね」と捨てて、

 

私は満足して眠りについたのでした。

 

 

ところが翌朝、

 

コーヒーを淹れようとキッチンに行くと、

 

すでに顔を洗ったダーリンがめっちゃ不機嫌ではありませんか。

 

「おはよう。どうしたの?」と声をかけてみます。

 

「どうして歯ブラシを捨てたんだよ!何考えてんだ?!」ドンッ

 

は?

 

「歯ブラシが無いと焦るじゃないかっ!」

 

あぁ。

 

「で、どうしたの?」

 

「ゴミ箱から拾って使ったよ!」

 

ええぇぇ!? その発想は私にはなかった、、、。汗

 

「どうして捨てるんなら、替わりを用意しないんだ?わけわからないよ!」

 

そうなんだ。引き出しの中に、歯ブラシはたくさんあるから、自分が好きなのを取り出してもらえばいいと思ったんだけれど。

 

「無いとびっくりするじゃないか」プンプン

 

またしても、喜ばせようとして墓穴を掘ったみたい。しょぼん

 

 

富士山

 

 

男性は、仕事で「結果」責任を求められて、

 

それに言い訳が許されないことが多いから、

 

つい家庭の中でも同じモードになりがちです。

 

 

女性は「気持ち」の方を受け取ってほしいと思います。

 

だって「気持ちよく眠ってほしい」と思ったのですもの。

 

そこをわかってほしいんですよね、「結果」はともかく。

 

 

でも、

 

そこにこだわり続けても、感情は平行線を辿るだけです。

 

どちらが相手の立場を受け入れるか、という競争が続きます。

 

 

 

とても「残念」なのですが、

 

私の意図に反して「気持ちのいい」体験をさせてあげられなかったんです。

 

 

それは、思ったことも、やったことも間違っていなかったけれど、

 

私の「詰め」が甘かったから。

 

 

そして、その自分の詰めの甘さを「許せない」と思う分だけ

 

「(せめて)私の気持ちを受け取って欲しい!」って意地になります。

 

 

 

パートナーは一番近い他人です。

 

この人との間に起きることは、

 

他の人との関係の中でも多少なりとも起きます。

 

 

パートナーは近いからこそ、

 

期待に添わなければ

 

ストレートに「怒る」し、「悲しみ」ます。

 

 

関係性がそこまで近くなければ、

 

そこまで感情が出ないか、

 

苦く思っても、それを見せてはくれないでしょう。

 

 

だからこそ、

 

こういう近しい関係性の中で起こる衝突は「ありがたい」のです。

 

 

私の「詰め」の甘さがダーリンをイライラさせるように

 

他の人との関わり合いの中でも、

 

大切にしたいと思いながら、相手にそう思ってもらえないようなことになっていることが多々あるのでしょう。

 

 

ならば、

 

そんな自分の「残念さ」加減を受け入れるしかありません。

 

 

日を置いて

 

ダーリンと「枕カバーがない」事件も「歯ブラシがない」事件も一緒に笑い飛ばします。

 

「ほんとに情けないわ。ダーリンの喜ぶ顔を思い描きながらシーツを替えたり、鏡を磨いたりしているのにね。詰めが甘くてそうならない」(笑)

 

「なかなか結果が出ないねぇ。なんでそうなるんだか、こっちはさっぱりわからないよ」

 

「頑張っているのになぁ。残念だわ」(笑)

 

 

 

本当に残念。

 

でも、「わかってほしい!」と応戦するより

 

「残念」な自分を認めた方が、私の本当の「想い」は通じやすいようです。ラブラブ

 

 

 

lots of love,

みずがきひろみ

 

 

 

 

ベル CSワークショップ「アバンダンス(豊かさ)の心理学」シリーズがいよいよスタートします!

 

1/22(日)「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」@東京・三田

<昼の部>13:30~17:30『Money is love!「豊かさ」を受け取るお金の使い方』

<夜の部>18:30~20:30『Time is money!「豊かさ」を受け取る時間の使い方』

 

3/26(日)10:00~20:00 <癒しの>CS1DAYワークショップ

『アバンダンスの心理学(1)〜罪悪感はいらない〜』@東京・三田

 

お金の問題のネックには「罪悪感」あり。「豊かさ」を受け取ることを自分に許しましょう。理屈を知り、自分を見直し、方向性を見定めたら、感情を癒して、人生を変える!1年のはじめにやっておきたいことを、Hop、step、JUMP!とご用意しました。

 

「アバンダンス(豊かさ)の心理学<「お金」編>」シリーズの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 ココロを学んでバージョンアップしたいあなたのために、、、


ラブラブ個別の面談・電話によるカウンセリング
あなた仕様のセラピーであなたの人生をサポートします。カウンセリングは前月の1日から、ご予約をお受けしています。ご希望の日時をカウンセリング予約センター(06-6190-5131)までお問い合わせくださいませ。

 

みずがきひろみのカウンセリングの詳細はこちら

 


ラブラブ心理学講座・ワークショップで学び、癒す
みんなで学び、癒し合うグループセラピーは、関係性を豊かにするヒントがいっぱい!あなたにピッタリのテーマをお選びくださいませ。カウンセリングサービスの心理学ワークショップのページ>>>>>>>

 

みずがきひろみの心理学サロンの詳細はこちら

 


ラブラブ講演や講座をおウチで聴く

心理学講座や講演の音声配信サービス「きくまる」にアクセスして、おウチでゆっくりとくつろぎながらカウンセラーの話を聴くことができます。「きくまる」のホームページはこちら>>>>>>>

 

 

みずがきひろみの「きくまる」ページはこちら

 

 

ドキドキみずがきひろみが仕事やパートナーシップについて日頃思うことを書いています。

 

みずがきひろみのブログ