人生のよろこび

恋愛テクニック

こんばんは。

カウンセラーの平です。

日曜日の恋愛心理学を原カウンセラーと隔週で担当しています。

ライン ライン ライン ライン

その日、ご相談におみえになったのは、30代後半の男性でした。

 

人生をとても真面目に生きてきた人で、高校時代は一生懸命勉強し、クラブ活動は生物部、大学は理系に進み、そして、現在は研究職に就いています。

 

そして、日ごろから感情を乱すようなこともなく、人生を淡々と過ごしてきたというタイプだったのです。

 

そんな彼があるとき、後輩に連れられてキャバクラに行き、そこで出会った女性と浮気をしてしまったのです。

 

真面目すぎる性格ゆえ、上手に隠すこともできず、奥さまにバレてしまいました。

 

そして、大もめにもめ、家庭では針のムシロに座っているような状況に‥‥。彼自身、自らをひどく責めおり、そんな中、カウンセリングにおみえになったわけです。

 

さっそく、すべての人が彼に聞いてみたいと思うであろうことを聞いてみました。

 

「なんで、あなたみたいな真面目な人が浮気をしちゃったんでしょう?」

 

「彼女はすごくやさしい笑顔で‥‥、僕に興味をもってくれたことがうれしかったんです。僕の真面目ぶりを笑って、からかって、おもしろがってくれました」

 

彼は自分のことを、面白みがなく、真面目だけがとりえの人間だと評価していました。

 

そして、自分がだれかの“よろこび”になれるという経験をほとんどしたことがなかったようでした。

 

そんな彼が、人生で初めて、「心が楽しい、心がうれしい」ということに動かされ、気づいたら、そのキャバクラに通いはじめていたというわけです。

 

実際、彼にとって、人生で初めての恋愛感情のようなものを彼女に感じたとのこと。それを彼女に伝えたものの、初めのころはあまり相手にされなかったようです。

 

しかし、その彼女、男気ならぬ女気があるといいましょうか、「真面目なあなたに一夜の思い出をプレゼントするので、それできっぱり私のことは忘れなよ」というサービス精神を発揮してくれたんですね。

 

ですから、一夜の秘密にしておけばよかったわけですが、真面目すぎる彼は舞い上がってしまうこととなってしまったわけです。

 

彼女になだめられ、ようやく落ち着きを取り戻したのですが、彼の挙動のおかしさを敏感に感じとった奥さまに彼女とのメールのやりとりを見られ、すべてを知られるところとなってしまったのです。

 

で、真面目だと思っていたご主人の浮気に奥さまは傷つき、「実家に帰らせてもらいます」という話になり、夫婦の間のみならず、実家も巻き込む騒動となってしまったんですね。

 

彼は言いました。

「このまま、なんのよろこびもなく一生を終えると思っていました‥‥」

 

彼はものすごく禁欲的で、人生のよろこびや楽しみといったものとは縁遠い生き方をしてきた人のようでした。

 

それで思い出したのは、ある企業の社長さんのカウンセリングをしたときのことです。

 

その人は経営者として大成功していて、人望もあり、業界団体の役員や、ご子息の通う学校のPTAの会長、町内会やロータリークラブの役員などをしていました。

 

ところが、忙しく動き回っていたある日、突然、うつ病を発症してしまったのです。

 

それでカウンセリングを受けにおみえになったのですが、お話を聞いていたところ、その社長は旅行好きで、若いころはバックパッカーをしてさまざまな国をめぐったこともあったそうです。

 

が、心残りは、当時、バックパッカーの聖地とされていたインドに行くことができなかったことでした。いちばん大事なものを最後にとっておくタイプで、インドに行く前に仕事が忙しくなってしまったのです。

 

その後もインドのことは気になりながらも、「こんなに忙しくて、いったい、いつ行けるのだろう?」と思うことはよくありました。

 

それだけならいいのですが、それがだんだん「きっと、今世ではもう無理だ‥‥」、「インドに行けないなら、もう生きていく意味はない‥‥」というところまで、深層心理がハマッていってしまったのです。

 

これは、「大好きな彼と結婚できないのなら、もう、生きていてもしょうがない」という心理と同じです。

 

そこで、この彼にも、「昔からしたいと思っていたことはなにかないか」という話をしてみました。

 

すると、高校で生物部に所属していた彼らしく、じつは自分のきれいな花壇をもちたいという夢があったことがわかりました。しかし、都内のマンション暮らしですから、そんなことは夢のまた夢だったわけです。

 

その夢をなんとか叶えられないかと考えてみると、東京でもちょっと郊外に行くと、貸し農園がけっこうあるということがわかり、その一つを借り、彼はガーデニングを始めてみたのです。

 

そこには心躍るような体験があったとのことで、「生きている充実感が味わえるようになりました」と彼は話してくれました。

 

その彼の表情は以前より豊かになり、最近は奥さまとの間もだいぶ改善されたということです。

 

私たち人間は、「心がよろこぶ」という体験がないと、自分の存在意義を見失ってしまうことがあります。

 

恋愛も、もちろんその一つ。

 

よろこびや楽しみがないと、自分がなんのために生きているのかということがわからなくなり、人生の迷子のようになってしまうようなのです。

 

*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*

◇◆カウセリングサービス・福岡感謝祭2018◆◇
20180203Fukuoka_Thanksgiving

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

 

豪華景品があたるクイズ大会、他、イベント盛りだくさん♪
カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。

・日時:2018/2/3(土) 10:00~18:00(*開場/受付9:30~)
・会場:博多・カンファレンスASC 
(博多駅・筑紫口徒歩3分)
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

○福岡感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook福岡感謝祭特設ページは>>>こちら

 

*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*

 

心理学講座音声配信サービスきくまる
心理学講座音声配信サービス「きくまる」では毎月7のつく日に、無料音源を配信しております。 私たちが大切にしている“分かり易く、すぐに使える心理学”をぜひ聴いてみて下さい。
なるほど!と腑に落ちたり、思わず笑ってしまったり、ぐっと胸が熱くなったりする話が満載です。

 

まずは、多数ご用意しております無料音源をお楽しみくださいヘッドフォン

 

新着 無料音源はこちらをクリックしてみてください

 恋愛テクニック-プロフィール-原裕輝

カウンセリングサービスの原裕輝です。

いつもありがとうございます。

 

当社の平準司 と隔週交代で日曜日に恋愛心理学を書いています。

 

 こんにちは。
カウンセリングサービスの原裕輝です。
いつもありがとうございます。

 

本日、12月3日(日)は、大阪でインナーチャイルドを癒やして、よりあなたが自由で、表現豊かなになるワークショップをします。
お時間が会う方はお越し下さいね。
お待ちしております。
 

今回は、『野良猫にエサをやるがごとく作戦』と『否定的肯定法の罠返し』の合わせ技を知っておくと鬼に金棒・1』の続きです。
お楽しみにウインク

 

てへぺろうさぎ原裕輝のオフィシャルブログも読んでくださいませ>>>
 恋愛のこと、心のこと、日々のエッセーなどなど書いてます。
 こちらも読んでくださいね。
    ↓↓↓
心を癒やすと、パートナーとの距離が縮まる

あなたの中の愛 その9

心を癒やすとパートナーシップ力があがる
 

 

kirakira『野良猫にエサをやるがごとく作戦』と『否定的肯定法の罠返し』の合わせ技を知っておくと鬼に金棒です その2キラキラ

 
野良猫にエサをやるがごとく作戦』と『否定的肯定法の罠返し』の合わせ技を知っておくと鬼に金棒・1』の続きです。
 

文:原裕輝

 

野良猫さんタイプの人は、
愛されるということに恐れをもっています。


愛を信じて本当はそうではなかった、
愛を信じて裏切られるというのが怖いのです。


また、
普段は、
人との近い心の距離でさけているので、
自分の内側を知られて受け入れられるかに、
自信がありません。



『本当はさみしい自分がいる』
『本当は愛されたい自分がいる』
『本当は弱音を吐きたい自分がいる』
『本当は無邪気な自分がいる』


そんな普段、人に見せたことがない
自分を知られて、受け入れてもらえるのかに
自信がありません。


(だって、
 普段見せてないから受け入れらる
 経験が少ないのですから)


すると、


「こんな俺の趣味の話し聞いててもつまんないでしょ?」
「こんな話して聞いても楽しくないでしょ?」
「空気読めないなと思っているでしょう?」


などなどの、
距離をとるような否定的なことを言い出します。


野良猫にエサをやるがごとくの法則からすると、
ここは速いペースで近づきすぎたかな?
相手との心地よい距離を取らなければ、
と、引く判断を下す人がいるかもしれません。



でも、
ここは違うのです。
ここは攻めるのです!



否定的肯定法と言って、
ここは、
「そんなことないよ〜」
と言ってもらい、
自分を肯定してほしいという合図なのです。


ここは引かずに、
「そんなことないよ〜」



皮切りに、


「〇〇さんの話は興味深くてひかれるなー」
「〇〇さんは色んなこと知って知的だよね」
「そこが〇〇さんの良いとこだと思うよ」
と、相手を肯定するシーンなのです。


ここは攻めてOKなのです。



すると、
相手は心を開き・・・・
というようなことに、
たぶん、


ないです。


野良猫さんタイプは、
なかなか簡単には心を開きません。


「そんなリップサービスしなくていいよ」


などと、
再び否定的肯定法を投げかけてきます。


ここは、
どんなことをするシーンだったのでしょう?


そうです。
「そんなことないよ〜」
と、肯定を求める合図でしたよね。


ここも、
「からまれないように話題を変えよう〜」
などと、
ひるまずに、
「そんなことないよ〜」
と相手を肯定しましょう。



そうやって、
野良猫さんにエサをやるがごとく近づいて、
否定的肯定法を持ちかけてきたら、
何回も、何かも肯定しつづけて、
(めんどくさいと思わずにです)
を、繰り返すことで、
やがて近しい心の距離を作れるでしょうから。



あなたの近くに、
野良猫さんタイプの人がいたとした、
試してくださいね。


近づくのにじれったくなること、
忍耐がいること、
心が折れそうになること、
めんどくさいと思うこと、
などがあるかもしれませんが、
頑張ってくださいね。


そして、
野良猫さんタイプを手なずけられたら、
自分を誉めてあげてください。


「私の人間関係力ってすごいなぁ!」
って。


それが、
あなたの自信にもなっていくでしょうから。


応援していますね。
(文:原裕輝

 

花心理学ワークショップのご案内
『大阪:インナーチャイルドを“いけないの魔法”と“がまんの魔法”から解放しよう』のワークショップ
インナーチャイルドを癒やして人生をよくする、そんな体験型講座です。

昼の部 13:30~17:30 4時間のワークショップ
『インナーチャイルドを“いけないの魔法”から解放して、より自由で自分らしくなろう』

夜の部 18:30~20:30 2時間のワークショップ
『インナーチャイルドを“がまんの魔法”から解放して、より表現豊かになろう』
【大阪開催】
日程:2017年12月3日(日)開催
内容詳細内容のページはこちらをクリック>>

 

とびだすピスケ1原の面談カウンセリングを受けるにはの詳細説明はこちら>

とびだすピスケ2原の電話カウンセリングを受けるにはの詳細説明はこちら>

とびだすうさぎ1原の初回無料の電話カウンセリングを受けるにはの詳細説明はこちら>
とびだすうさぎ2原のカウンセリング&ワークショップのスケジュールはこちらで確認できます>>>

 

つながる花2原のカウンセリング
カウンセリングをお考えの方は、カウンセリング予約センターまでお電話ください。

「原のカウンセリングを受けたい」と言っていただくとスムーズに受け付けがしやすいと思います。

TEL:06-6190-5131

 

サッ原の心理学ワークショップのご案内>>>

 

つながる花1きくまる

こちらでお届けしているような心理学講座を聞いていただくこともできます。
「きくまる」の無料音源サービスでは、私どものいろんな講師の講座やレクチャーを無料試聴していただけます。

 
無料配信中FREE

無料配信音源が多数あります。良かったら聞いてくださいね。
・『【基礎】心の仕組み』
・ハートと繋がる

・『あなたのすばらしさ』

・『あなたはもっと良くなる』

・『何度でも人生を咲かせよう』

・『エゴの声という考え方』

・『幸せになる許可のススメ』

・他

 
音譜オススメ  
よろしければ試聴してみてくださいね!

 ↓↓↓

・インナーチャイルドを癒やすキット

 


気合いピスケアメブロ@原への相談

日曜日・恋愛心理学ではカウンセラー・原 裕輝がみなさんのご相談にお答えするQ&Aのコーナーを行っています桜

原に回答してほしいご相談がある方はメッセージの投稿フォームからご相談をお送りください。
※コメント欄ではなくメッセージの投稿フォームというのがあります。
メッセージを送っていただくには、アメバブログにログインする必要があります

 なお、件名に「原 裕輝へのご相談」と明記してください。


いただいたご相談の中から、1~2ヵ月に1件のご相談を採用させていただきます。
ご相談をお送りいただいたみなさんに回答できない場合や、回答までに日数がかかる場合があることをご了承ください。
ご相談内容は1,000文字以内にまとめて投稿ください。

 


なお、採用させていただいたご相談内容は、ブログ上で回答とともに公開させていただきますので、文中のお名前等を含め、公開されてもよい内容でお送りください。(IDは公開いたしません)

お呼びしていい名前を相談文に書いていただけると助かります。匿名希望、ペンネームなんでも結構です。


 

みなさんからのご相談をお待ちしています!m(_ _ )mハート12

苦労性の彼女

恋愛テクニック

こんばんは。

カウンセラーの平です。

日曜日の恋愛心理学を原カウンセラーと隔週で担当しています。

ライン ライン ライン ライン

ご相談におみえになった彼女は、40代前半のバツイチの女性でした。

 

3年前、学生時代からつきあって結婚した男性と離婚し、次なるパートナーを求めていたのですが、なかなかうまくいかなかったのです。

 

彼女はけっこうモテるタイプなのですが、なぜか手のかかる男性ばかりとおつきあいしてしまい、「なんで私はこんな人ばかりを選んでしまうのだろう」というお悩みをもっていました。

 

彼女が自分のこの傾向に気づいたのは、お友だちからある男性を紹介されたときのこと。

 

彼は高学歴で、外資系企業に勤めるエリート・サラリーマン、誠実でだれにでも信頼されるタイプの男性でした。かつては結婚していましたが、奥さまと死別、子どもはいませんでした。

 

で、「彼なら、ぜったいいい!」というお友だちの大推薦を受けて会ってみたわけですが、このまったく文句のつけようのない彼に、彼女の心はまったく動かなかったのです。

 

「いったい彼のどこに文句があるの?」とお友だちはあきれ顔でしたが、恋心のようなものがまったく反応せず、彼女自身、びっくりしてしまったのです。

 

さて、手のかかる男性というと、じつは離婚した元ダンナさんがそのタイプでした。

 

「まったくもう‥‥、私がなんとかしてあげなきゃ」

 

いわば、こんなふうに思うことを、彼女は恋心のように感じていたのです。

 

しかし、さすがにこのご主人のことでは苦労が多かった分けですが、その後も同じように困った男性ばかりと縁があるので、さすがの彼女もうんざりしていたわけです。

 

そこで、彼女の生い立ちや、過去の経験について聞いてみました。

 

ご両親は恋愛結婚。おとうさんは良い家柄の出で、学歴も高い商社マンでした。

 

一方、おかあさんは地方の地元高校を卒業してOLになったそうで、結婚後は高学歴なご主人の兄妹や親戚の間で引け目を感じることが多かったようです。

 

さらに、ご主人の兄妹やいとこたちはこぞって美男美女で、そこでもおかあさんは劣等感を感じることばかりだったとか。

 

で、ことあるごとに彼女に、「ごめんね、かわいく生んであげられなくて」と言っていたそうです。

 

誤解のないように言いますと、彼女はそれなりの美人なんですよ。

 

女優さんのようだとは言いませんが、チャーミングな女性で、ほとんどの男性は彼女に魅力を感じるだろうというような容姿の人なのです。

 

実際、中学、高校時代から、彼女はずっとモテていたようです。

 

そして、大学のとき、猛烈にアタックしてきたのが元ダンナさんで、じつはだいぶ手のかかる困ったちゃんだったわけですが、結婚へと至ったわけです。

 

そんな彼女の深層心理を探っていくと、彼女は自分をおかあさんと比べ、「自分はものすごく恵まれている」と感じていることがわかりました。

 

子ども時代のおかあさんは、口ぐせのように、「いいわね、○○ちゃん」と彼女に言ったそうです。

 

「私の子どものころはなにも買ってもらえなかった」、「田舎だから、家のまわりにはなにもなかった」と彼女はいつも言われていました。

 

それに対し、「自分は恵まれているのだから、もっと苦労しないといけない。そうでないと、おかあさんに申しわけない」という思いが素直な彼女の心にはあったのです。

 

これは、日本人の特色の一つということもできるかもしれません。

 

どうも、私たちの中には、「ごめんなさい、恵まれすぎていて」とか、「こんなに恵まれていることは、隠しておかなくちゃ」という心理が隠されているのです。

 

たとえば、宝くじが当たった人のほとんどは、「これはだれにも言えない」と思ってしまいますよね。

 

つまり、彼女は、「おかあさん、ほらね、私もこんなに苦労しているのよ。おかあさんと同じだからね」と言いつづける人生を送ってきたようなものなのだったのです。

 

そんなことをお話しすると、彼女は大声を上げて泣きはじめました。心の奥でがんばっていたなにかが崩れていくような泣き方でした。

 

「そうですよね。おかあさんが、私をねたむわけないですもんね‥‥」

 

恵まれすぎていることへの罪悪感。

 

 

 

彼女と同じように、苦労性の女性の深層心理には、こんな思いが隠されているケースも少なくないのです。

 

 

 

 

 

 

*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*

 

 

心理学講座音声配信サービスきくまる
心理学講座音声配信サービス「きくまる」では毎月7のつく日に、無料音源を配信しております。 私たちが大切にしている“分かり易く、すぐに使える心理学”をぜひ聴いてみて下さい。
なるほど!と腑に落ちたり、思わず笑ってしまったり、ぐっと胸が熱くなったりする話が満載です。

 

まずは、多数ご用意しております無料音源をお楽しみくださいヘッドフォン

 

新着 無料音源はこちらをクリックしてみてください