Tomojin329 Blog
  • 02Aug
    • REGAL TOKYO ニコルのエイジングの画像

      REGAL TOKYO ニコルのエイジング

      前々回の記事で撮影したREGAL TOKYOのニコル。そのエイジングが個人的に凄く気に入っているので、新品の頃の写真と比べてみようと思います。2017年12月(日向で撮影)↓2020年7月(日向で撮影)2017年12月(日陰で撮影)↓2020年7月(日陰で撮影)2017年12月(室内で撮影)↓2020年7月(室内で撮影)約2年半、雨の日を中心に履いてきたニコル。もともとアッパー部分と羽根部分の色は少し違っていましたが、元の色がネイビーだったとは思えない程にエイジングが進んでいます。特にアッパー部分は色が抜けてカーキ色に。室内だとオリーブの様な色にも見えます。新品の頃の独特のネイビーも好きでしたが、エイジングしたこの状態も唯一無二、自分だけの1足という感じで気にいっています。これからも履き続けていくと、どう変化していくのかが非常に楽しみです。

  • 24Jul
    • 量産型ショーンハイト (TR04)の画像

      量産型ショーンハイト (TR04)

      天気予報を見ると、東京は週明け位に梅雨明けでしょうか?ただ梅雨が明けてもムシ暑い8月や9月頃からの秋雨と、まだまだ雨靴の活躍する時期は続きそうです。今回紹介する靴は東立製靴さんでコンビネーションオーダーをした際に購入しました。登板過多気味のニコル、オールソール間近のアレンの穴を埋める雨靴として緊急補強先発雨靴陣に頼れる1足が追加されましたファクトリーセールでの特別価格で購入したショーンハイトのレディメイド。本当は山陽製のラ・メールという革を使用した下記モデルが欲しかったのですが、残念ながらオンラインショップでもマイサイズは品切れ。案の定、ファクトリーセールでも自分に合うサイズは販売されていませんでした。日本製グッドイヤーウエルト紳士靴 ショーンハイト 外羽根Uモカ 「ラ・メール」型押しブラウン SH308-4-SCDR ラバー底 :RM-SH308-4-RR-SCDR:G.T.M. SHOES STORE - 通販 - Yahoo!ショッピングstore.shopping.yahoo.co.jp20,900円商品を見る一番欲しかったモデルを購入する事は出来ませんでしたが、2番目に目を付けていた靴を購入出来たのでまぁ良かったかなと。使用しているラストはアメリカントラッド(EEE)。ショーンハイトさんのラストでは幅広のラストです。ショーンハイトはブリティッシュトラッド(EE)の23cmがジャストサイズ。アメリカントラッド(EEE)の23cmだとサイズ感に不安がありましたが、現地で実際に履いてみると大丈夫そう。羽根はほぼ閉じ切ってしまいますが、履き込んで緩く感じる様であればインソールの追加で十分に対応出来そうです。使われている革は恐らく、山陽製のキップ。このTR04という品番、現在はSH308-4に変更になっています。ラバーソール&ラバーヒールで雨対策もバッチリソール側から見ても、かなりボリューム感のあるラストというのが分かります。こうして見るとニコルの様にも見えます。という事でニコルと並べてみました。同じUチップですが、モカ縫いの幅がニコルよりも広いのでポッテリした印象です。同じアメリカントラッドを使用したこちらを見ると、Uの具合が少しシャープに見えるのでニコルの代用も出来そうです。ニコルは一番小さいサイズでも少し緩いので、ショーンハイトさんで似た雰囲気を出せればそれもアリかなと思っています。(ショーンハイト コンビネーションオーダー 納期50日)アメリカントラッド 外羽根Uモカ クロムエクセル :CO-SH308-4U-TK-3BL:G.T.M. SHOES STORE - 通販 - Yahoo!ショッピングstore.shopping.yahoo.co.jp37,400円商品を見る続いてはSHIPS MASTER CRAFTED FOOTWEARのU-Tipと比較『SHIPS MASTER CRAFTED FOOTWEAR』”まんパク”で履いていた靴の正体は。。。SHIPS MASTER CRAFTED FOOTWEARのU-Tip(左下のモデル)2013年秋冬にリリ…ameblo.jp色合いはとても似ています。たぶん靴に興味が無い人が見たら、同じ靴にしか見えないかもしれないですね。こうして遠くから見てみると、確かにあまり違いが。。。自分好みの靴を考えなしに買っていくと、傍から見れば「似た様な靴ばかり持っている」と言われても仕方が無いのかも(;^_^A もうかなりの靴を持っているので、そろそろ自分の中で購入する靴の基準を決めた方が良いのかもしれません。でも目の前に好みの靴があるとつい買ってしまう・・・。自分の所有している靴の用途を分類でもしてみようかな?とも思う今日この頃です。

  • 12Jul
    • 雨の6連戦、先発雨靴陣の画像

      雨の6連戦、先発雨靴陣

      今日は久々に晴れ間が覗いたので、昨日ケアしたニコルを含め玄関に鎮座している靴達を防カビケアの為に日光浴させましたちなみに所有している大半の靴は自室保管下駄箱(上段)には20足ほど玄関の床に直置きしているのは、その時期によく使う靴を6足。とは云ってもダナーのコンバットハイカーだけは休日の庭仕事で毎回使用するので、残り5足を入れ替えている感じです。この時期は梅雨という事も有り、ラバー系のソールばかりが並んでいますね。7月下旬には梅雨明けしそうな気もして今更感がありますが、長雨が続くこの時期に活躍してくれている雨靴たちを紹介しようかなと(^^)1足目・・・REGAL TOKYO ニコル『REGAL TOKYO ORIGINAL ニコル』久々の更新になってしまいました^^;本日は皆さん楽しい一時をお過ごしでしょうか?私は残念ながら出勤で、男5人が車で都内を行ったり来たり・°・(ノД`)・°…ameblo.jpアッパーにはクロムエクセルを使用し、ソールはリッジウェイソール、リバースウェルト式製法で作られています。オンオフどちらでも使える便利な1足で雨靴のエースでしたが、昨日よりファームで調整中。2足目・・・丸善 黒シボ革プレーントゥ『MARUZEN マナスルシューズ②(三交製靴)』MARUZENのマナスルシューズ(三交製靴製) 黒のシボ革プレーントゥ買ったのは確か2018年、もしかしたら2019年かもどうも記憶がハッキリしないで…ameblo.jp丸善のマナスルシューズ(三交製靴)。ハリのある黒のシボ革を使ったプレーントゥ。オリジナル?のコマンドソールを使用しています。9分仕立てでソールの返りが良く、キズも目立ち難い頼れるタフネスガイです3足目・・・丸善 黒のチャッカブーツ『MARUZEN マナスルシューズ①(三交製靴)』4月に買った靴 その②(^^)MARUZENのマナスルシューズ(三交製靴製)黒のチャッカブーツ(プレーン)MARUZENのマナスルシューズ、これを含め…ameblo.jp2足目同様にオリジナル?のコマンドソールを使用しています。9分仕立てでソールの返りが良く踝まで保護されるので、猛烈な雨で足元のコンディションが悪くても安心できる1足です。4足目・・・ SUPER 8 SHOES "FRIENDLY"『FRIENDLY』この冬にある靴会社の方の元へ靴人生相談に行きました。いろんなお話を聞かせて頂きまして大変勉強になったんですがそちらにあった数多くのサンプル靴の中に、このVチッ…ameblo.jpsuper8shoesさんで販売されている、旧い時代のアルゴンキンに近いデザインのFRIENDLY。踵のホールド感と、前方の程よいゆとりがフィッティングの特徴で、Nettletonのアルゴンキンを持っているのについ購入してしまった1足。ニコル同様、オンオフ共に使えるニューフェイスです。5足目・・・RENDO ダブルモンク『2018年 最初に買った靴(RENDO 7705V)』今更ですが、今年最初に買った靴です。。。浅草にあるRENDO。以前からここの靴を1足は欲しいと思っていたのですが、つい他の靴を買ってしまって中々購入に至り…ameblo.jp黒靴が目立つ雨靴陣の中で貴重な茶色の1足。厚めのビブラムソールを搭載しているので軽やかに歩くことが出来ます。当分先の事になりそうですが、ソール交換の際にはコマンドソールあたりにしてみようと思います。6足目・・・Allen Edmonds fifth avenue(BB名義)『ニューヨーク5番街』を勝手にイメージしています。こちらの靴のモデル名ですね(^^)メーカーは昨年末、BROWN SHOE COMPANYが元のCALERESに買収されたA…ameblo.jp2012年の冬に購入したBrooksBrothers名義のAllen Edmonds。8年経過しても未だにソール交換に至っていないレジェンドですが、流石にもうそろそろ入院が近づいてきています。革靴を集め始めた当初、雨の日はほぼ毎回登板していたので初めてカビが生えたのはこの靴でした。以降毎年注意して管理していて、今年もこの靴に生えていないから大丈夫という油断がニコルの悲劇に繋がってしまいました。。。こうして雨靴を纏めてみると、アメリカ旧靴が1足もない^^;いちおう過去には雨靴にしていたペアも幾つかあるんです。でもこれだけ雨に強い現行靴達が揃うと、わざわざビンテージシューズを過酷な環境で履く必要は無いかなと。次回はこれだけ雨用の靴を持っているにも関わらず、新たに購入してしまった雨靴を紹介予定です♪

  • 11Jul
    • 白い悪魔がやってきた・・・の画像

      白い悪魔がやってきた・・・

      幸いな事に、今まであまりお目にかかる事は無かったのですが・・・我が家に白い悪魔がやって来ましたと云ってもこっちの方では無く、この時期の革靴ブログではお馴染みのヤツです。この写真の何処かにヤツが潜んでいますね少し分かりやす過ぎたかもしれないですが、皆さん発見出来ましたでしょうか?汚らしい画像で申し訳ないのですが、一番左側にあった”REGAL TOKYO ニコル”の右足のインソールに、白い悪魔=カビが発生していました今までスノコにダイソーの炭シートを敷き、日々の出勤前には団扇で換気もして、特にカビが生えた事は無かったのですが、数年振りに靴にカビが生えてしまいましたこのニコルは雨靴のエースだったので、かなりショックですアッパーなら【表面をアルコール除菌→天日干し】で何とかなりましたが、インソールにカビが出来たのは初めてです。カビ退治に用意したのは、消毒用エタノール・脱脂綿・エアダスターの3つのお供たち。今回、革靴に出来たカビの除去手順 ①まず脱脂綿でカビと内部のホコリや汚れを取り除き、 ②さらにエアダスターで内部の細かいホコリを吹き飛ばし ③消毒用エタノールをインソールに満遍なく吹きかけます ( ・_・)r鹵~<巛 とここまでケアして、ふと「インソールにどれ位カビの根は張っているのだろう?」と思い始めてしまったので、 ④悪あがきですがやらないよりはマシだろうと思い、サンドペーパーを使ってインソールを少しだけ削ってみました ⑤念の為もう一度インソールに消毒用エタノールを吹きかけ、脱脂綿で拭き取り ⑥履き口を全開にして乾燥 ⑦あとは明日、晴れ間が出てくれれば天日干しを予定しています。 果たしてこれでどうにかなるのか?非常に不安です。。。当面は雨の日の登板は避けようかなと思います。そういえば、やはりというか残念なニュースがつい先日流れていましたね。 米の老舗ブルックス・ブラザーズ、経営破綻…ボタンダウンシャツで人気 米の老舗ブルックス・ブラザーズ、経営破綻…ボタンダウンシャツで人気(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース 【ニューヨーク=小林泰明】米国の衣料品店ブルックス・ブラザーズは8日、米連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した。新型コロナウイルスの感染拡大による店舗の休業が響いnews.yahoo.co.jp 1ヶ月前のこの記事の後半部分を読んで、考えさせられる部分もありました。 米ブルックス ブラザーズ、すでに破綻の瀬戸際か? 米ブルックス ブラザーズ、すでに破綻の瀬戸際か?米紙ニューヨーク・タイムズは先ごろ、 紳士服ブランドの老舗、米ブルックス ブラザーズの3工場が操業停止の危機に直面していると報じた。最近の経済情勢の影響だという。同紙によれば、ブルックス ブラザーズは今年、6900万ドル(約74億円)の損失forbesjapan.com 翌日はブルックス ブラザースに想いを馳せて、シャツとネクタイと靴(Allen Edmonds製)をBrooksBrothersにして出勤してみました。※ジャケットとトラウザーズは安物です(;^_^A

  • 05Jul
    • 冷静と情熱のあいだの画像

      冷静と情熱のあいだ

      『冷静と情熱のあいだ』、こんな映画がありましたね。ですが映画の話ではなく、東立製靴さんでのコンビネーションオーダーの話です。6月26日~6月28日の3日間、 東立製靴本社工場直売店にてファクトリーセールがあり、最終日の28日に千葉方面に仕事で用があるので1足オーダーしようと今回オーダーするにあたってビンテージシューズをサンプルにと考えていましたが、前回オーダーした靴の様に冷静にビンテージのエッセンスを加える程度にするのか?『ショーンハイト(SH111-4D)』新緑の季節という事で、グリーンカラーの靴のご紹介初めてのショーンハイトです昨年の12月8日、東立製靴さんでサンプルセールを行うという告知があったので、…ameblo.jpそれともゴリゴリの情熱ビンテージ仕様にするのか?どちらの方向でオーダーするか非常に悩みました冷静と情熱のあいだで迷った1足・・・ショーンハイトさんのオンラインストアにある、SH111-1Dをベースデザインに。日本製グッドイヤーウエルト紳士靴 ショーンハイト 内羽根ストレートチップ(SH111-1D)革底 黒 :RM-SH111-1D-LR-BL:G.T.M. SHOES STORE - 通販 - Yahoo!ショッピング木型番号: SH111(2E)製法: グッドイヤーウエルト製法ソール: レザーソールヒール: ラバーヒール製造元: 東立製靴株式会社(千葉県柏市)原産国: 日本製。縫製から仕上げまで、一貫した国内生産です。上質な革素材を使用した、修理も可能な永くお履き頂ける靴です。オプションで木製バネ式シューツリーをお選び頂けます(税込 ¥4,400)。store.shopping.yahoo.co.jpどの様な1足に仕上がるのか?8月末が楽しみです

  • 24Jun
    • 今更ですが・・・の画像

      今更ですが・・・

      ちょうど昨年の今頃に購入した、こちらの靴・・・メーカーは圧倒的なコストパフォーマンスを誇る、サンレイさんのオリジナルブランドRAYMARアッパーにはILCEA社のホースラディカを使用。コードバンの様な革を意識して作られた様で、独特のムラ感があります。光の当たり具合などで表情も変わってくるので、見ていてとても楽しい魅力溢れる革です。アウトソールは半カラス仕上げで、立体的。土踏まずの絞り具合も中々。こうして写真を撮るとコードバンの様な色合いですが、室内での色は焦げ茶が近いかと思います。まだら模様の茶色の靴でストレートチップ。こうした靴はヴィンテージシューズには無いので買ってみましたが、派手すぎず使いやすいですね9分仕立てによるソールの返りの良さもあって、かなりの頻度で履いています。 SHIPS MASTER CRAFTED FOOTWEARの時にも感じましたが、中国製も侮れないです。。。RAYMARさんの靴は他にも買おうとしたのですが、人気があって買えなかったり、その時は購入する気分でなかったりで、未だにこの1足だけしか所有していません。スキンステッチのVチップや、ダークブラウンのシボ革で外羽根のストレートチップ、この辺りが再版されたら是非購入したい。他には第5回REVOで登場していたZONTA社のミュージアムカーフを使ったダブルモンク。惜しくも落選していましたがグリーン好きとしてはこれも魅力的だったなぁと。先月まではテレワークであまり革靴を履けず、通常勤務に戻った今月は梅雨。夏は個人的に嫌いな季節なので早く秋になって欲しいです・・・。

  • 13Jun
    • Roblee 801R01の画像

      Roblee 801R01

      もうパンチドキャップトゥは幾つも持っているのですが、一番好きなデザインなのでつい購入してしまいます。こちらは昨年11月にebayで購入したペア。メーカーは、Roblee。紋章内にはRoblee Cushion-Flexと記載されています。更に外にはCushions&verystepとも。色々と調べてみましたが、有力な情報は得られませんでした名前からして恐らくはソールの返りが良いとか、インソール内部の構造辺りにチョットした工夫がされているのだろうとは思います。内部にはARCH-CUSHIONも。このアーチクッションについては多くのメーカーから出てくるので、どこがオリジナルかは検討も付きませんヒールにはSUPER CUSHIONとEXTRASOFTの記載。実際に指で押し込んでみるとビブラムのスポンジソール様に柔らかい。ここまでクッション性のあるヒールは初めてです。先程のヒールパッドの表記はこのヒールの仕様とも関わっているのかも。なかなかボリュームのあるスタイル。羽根部分のパーフォレーションがステッチで無いのが特徴的。通常のパンチドキャップトゥよりも華やかさがあります。品番は”801R01”RobleeはBrown shoe companyのディビジョンブランドなので、pedwinや買収された後のRegalと品番の配列が同じです。手持ち旧靴革質(ブラックカーフ) TOP10には惜しくも入りませんでしたが、革質は中々。判断材料はアミアミヒール《フローシャイムでは同タイプのヒールが50年代中期~後期に使用》だけというお粗末な推測ですが、年代は50年代中頃と推測しています。このスペードソールに近いアウトソールも1950年代頃に見られるデザインですし。いちおう年代を調べてるうちに、似た様なペアは過去のADからピック出来たのですが、1944年AD(こちらには品番 B826と記載有り)別の1944年ADでも右端DのペアがB826と記載。茶のモデルはB827だった様です。Robleeは1944年までは品番が記載された広告があるのですが、1945年以降のADから品番が一切出てこなくなります。旧品番(アルファベット1文字+数字3桁)から、新品番(数字3桁+アルファベット1文字+数字2桁)への移行がこの辺りで行われたのか?とも思いました。しかし、そうなると旧品番が出てくる数が1945年以前にしては多過ぎて腑に堕ちない・・・。個人的にはREGALを買収した1953年前後に品番の移行が行われたんじゃないかなと思っています。状態も良くヴィンテージ感満載でお気に入りのペア。以前ほど簡単に手頃なヴィンテージシューズをebayで見つけ難くなっていますが、その分見つけた時の喜びは増しています(^^)

  • 30May
    • RENDO R7701の画像

      RENDO R7701

      もう2年近く前に買った靴ですが。。。ちょうど前橋で一人暮らしを満喫していた頃。1足目のRENDO同様、破格の値段で販売していたのでつい購入直後に取った写真も残っていたので、現在のエイジングとも比較しながら紹介していこうと思います。購入当時※アパートの外で写真を撮ろうとしましたが、通りの前で撮るのは歩行者の視線が気になったので実家に戻ってきた時に撮りました↓2020年当時は何とも思いませんでしたが、革の印象は随分とのっぺりした感じです。↓約2年後。月2、3回のペースで履き込み良い感じに艶が出て、風格が出てきた様に思います。ヴィンテージシューズに慣れると、新品の靴は最初少し物足りないのですが・・・↓こうしてゼロから靴を育てるという愉しみは、新品の靴だからこそ味わえる喜び。故:落合正勝氏が、「買ったばかりの靴は、半製品だ」 と最高級靴読本で仰っていました。このRENDOを見ると、その言葉を思い出します。履き込んで、色艶が備わりやっと製品になると。暫らくの間レザーソールの感触を愉しんだ後は、↓super8shoesさんでVIBRAMクロコのハーフラバーに張り替え。もう一生分以上の靴を持っているので必要ないのかもしれませんが、オールソールする回数を減らせますし、オールソールよりも経済的実際2012年頃に購入したAllen Edmondsのfifht avenueは、8年経った今でもオールソールの必要が無く履けています。アッパーには国産カーフを使用。甲の部分は思ったよりも綺麗なシワが入っています。踵は立体的な造り。RENDOでは踵を一般的な既製靴より、ワンサイズ程度小さく設定しているので踵のホールド感は強め。靴の内側はストレート、外側は程よいカーブを描いていて癖の少ない形状です。1足目のRENDOとこちらは同じラスト(770)を使用しているので、3足目はGB001も試してみたくなっています。 [レンド] GB001 apron front derby グッドイヤーウェルト製法 カジュアルライン メンズ ダークブラウン 26 cm 2EAmazon(アマゾン)47,300円新品の頃から、何気なく履いてきた2年間。↓こうして見比べてみると、ここまで育ったんだなぁ・・・と愛着が湧いてきます

  • 27May
    • NUNN-BUSHのロゴ考察の画像

      NUNN-BUSHのロゴ考察

      先日所有しているNUNN BUSHを眺めていた時のこと。ヒールパッドのロゴが微妙に違うなぁ・・・と思ったので、少し調べてみました写真のペアは左側から NUNN BUSH(438X) NUNN BUSH(2750) NUNN BUSH(2731) NUNN BUSH(2717) NUNN BUSH(372)とりあえずAnkle Fashionedの頃に限定してですが、ヒールパッドのロゴはどの様なタイプがあるのかを纏めてみました。これ以外にもあるかもしれませんが、それについては見つけ次第追記していく予定です。問1・・・以下の5つのロゴを古い順に並べ替えて下さいただ並べるだけでは面白味にかけるので、①~⑤のロゴの年代順を予想して頂ければと(^^)ロゴ①ロゴ②金ロゴと銀ロゴがあるという事を出したかっただけで、どちらも同じ年代です。ロゴ③ロゴ④ロゴ⑤・・・・・答え・・・【③、⑤、②、④,①】皆様の答えはどうだったでしょうか?ここからは広告などを参考にしながら解説をしていきたいと思います~解説~<< ロゴ③の年代 >>まずは1947年のAD・・・右上のペア、最後のhの部分が伸びているのが確認出来ます。1946年のADでは、先頭のNの部分が伸びています。1947年、1946年は③のロゴが使われている事が判りますね。<< ロゴ⑤の年代 >>1948年2月16日の雑誌Lifeから。ロゴが⑤のタイプである事が確認出来ます。さらに現在某所で出品されているこのペア。非常に見難いですが、品番が812でロゴは⑤のタイプ。以前ebayで出品されていた1950-51のプライスリスト。左下に品番812があります。<< ロゴ②の年代 >>こちらのロゴがAnkle Fashionedの中では一番見かけるのではないかと思います。このロゴはそれぞれNUNN BUSH (2731)とNUNN BUSH(2717)のもの。Vcleatさんが公開して下さった1954年のカタログのラインナップにも載っています。<< ロゴ④の年代 >>ロゴ④はshantung silk(山東絹)を使用した、NUNN BUSH(372)。1959年のADに載っています。(中央のペア)<< ロゴ①の年代 >>ロゴ①については、別のペアのロゴを見ながら。こちらも某所で出品中ですが、CORFAMと記載があります。CORFAMとは デュポン社が開発した人工皮革の一つで、1964年辺りから靴に使われていました。数百万ドルを費やして靴メーカーに売り込みをしますが1971年には市場から撤退しています。という事はこのペアは1964年~1971年の間に製造された可能性が高いです。<< まとめ >>年代順にロゴを並び変えてみます。ロゴ③・・・1947年以前ロゴ⑤・・・1948年~50年代初頭ロゴ②・・・1950年代中旬ロゴ④・・・50年代後半~60年代初頭ロゴ①・・・1960年代中旬旧い時代のNUNN BUSH。靴の内部表記からの年代判別については、品番から推測するしかないので参考になればと思います。

  • 23May
    • クラック補修にチャレンジ (•̀ᴗ•́)وの画像

      クラック補修にチャレンジ (•̀ᴗ•́)و

      初期の頃に紹介したボロボロのWEYENBERGトゥやアッパーにクラックが多数あったので、当時サンドペーパーを使ってクラック補修を試みました。結果、トゥに関してはかなり満足のいく仕上がりだったのですが、アッパー部分に関してはクラックを完全に消すまでには至らず。その後、徐々にクラックが目立ち始めてきていました。そこでボロボロのWEYENBERGに靴柱となって頂き、2つの方法でクラック補修にチャレンジ※2つの方法といっても途中までは同じ工程を辿ります。まずは手術台に載せてオペの準備 щ(゚▽゚щ)マスキングテープでステッチ部分とコバを保護します。そして使うのはダイソーで買ってきたサンドペーパー1/4サイズのシートが10枚入って110円。番手の種類も、(#240、#400、#800、#1200、#2000)の5種類が入っています。なので1シートのタイプを何枚も買う必要が無く非常に便利ダイソーはペネトレイトブラシ、サンドペーパー、乳液とシューケアグッズに必要なアイテムが安く揃えられるので便利です♪~クラック補修チャレンジ①~工程①まずは#240のサンドペーパで全体がグレーっぽくなるまで削って、工程②そこから#400→#800→#1200→#2000と徐々に細かい番手にして表面を均します工程③アッパーの表面を均し終えたら全体をマスキングテープで覆い、工程④染めQ(ディープグリーン)を吹きかけます ( ・_・)r鹵~<巛(注)匂いが強烈なので、マスクをして屋外で行うのがおススメ染めQ エアゾール 70ml / ディープグリーン 染めQテクノロジィ そめQAmazon(アマゾン)1,035円3回ほど吹きかけた状態です。革の雰囲気としてはプエブロのペトロ―リオの様。工程⑤更にクリームナチュラーレを塗って幹拭きしたのがこちら均一には塗れていませんが、程よいムラ感でまぁ許容範囲かなと(^^)うんっ、中々良いんじゃないでしょうかこちらは一先ず成功と。。。~クラック補修チャレンジ②~工程①クラック補修チャレンジ①の工程①までは同じ手順で進みます工程②先程は#400→#800→#1200→#2000と進みましたが、#400までで止め、ざらつき感を残します。工程③このブログではお馴染みの”革色補修ペン(ブラック)”登場これを削ったアッパー部分に塗って着色していきますソフト99チョット塗りペイント 皮革用ブラック 12MLAmazon(アマゾン)558〜1,666円こちらは微妙ですね・・・如何にもペンで塗りました感が(;^_^A 遠目から見ればまぁ何とかチャレンジ①と②の工程の違いですが、スムースレザーを目指すのか、スエードを目指すのかといった違いです。チャレンジ①のポイントは削った革をいかにキレイに均せるか。染めQの成分に【合成樹脂:アクリル】と記載があったので、上手く膜が張れればスムースレザーの様になるのではないかと・・・。結果こちらはスムースレザーの様になってくれました(^^)vチャレンジ②は削って毛羽立った革を着色して、スエードみたいに出来ないかなと。ここでチャレンジ①の様に染めQを使ってしまうと樹脂の膜が張ってしまう恐れがあったので、着色には革色補修ペン(ブラック)を使いました。その後2回ほど追加で塗ったところムラ感は大分収まりましたが、やはり均一とまではいきませんでした。※ 【染めQテクノロジィ ジーンズ染めQ ブラック 70ml】や、【TARRAGOヌバック・スエードカラー】の方がもしかしたら綺麗に染まるかもしれないですね。ちなみに今回の作業は片足で約1時間半。。。手間と失敗するリスクを考えたら、プロにお願いするのが一番かもしれません。

  • 20May
    • FLORSHEIM ”S品番”から”5桁品番”への移行時期の画像

      FLORSHEIM ”S品番”から”5桁品番”への移行時期

      もうだいぶ前に自分の中ではクリアになっていたのですが、記事にし忘れていたので一応・・・以前こちらの記事で、フローシャイムの”S品番”から”5桁品番”への移行時期について考察というか、検証をしました。当時の検証では、 S品番・・・56年9月までは確認済み 5桁品番・・・56年12月から存在 と56年の10月~12月のどこかで、”S品番”から”5桁品番”への移行が行われたという結論に達していました。その後。。。2017年9月28日のmarumonoさんの記事で、56年11月表記(K6)を発見。更にebayで発見し、その後クロマメさんの元に辿り着いたブラックコードバンのフローシャイムは56年10月表記(J6)。という事で、まとめると I6(56年9月)・・・S895 J6(56年10月)・・・22301  K6(56年11月)・・・20301 L6(56年12月)・・・43601FLORSHEIMの”S品番”から”5桁品番”への移行は1956年10月~でほぼ確定と云って良いかと。勿論56年9月、56年10月では”S品番”と”5桁品番”が混在している事も充分に考えられます。その辺りは継続調査という事でおそらく品番の切り替え時期としてはカタログの発刊と同時の可能性が高いと思いますので、1956年(Spring Summer)と1956年(Fall Winter)のカタログが出てきてくれるのが一番なんですが。。。あと1956年カタログ(Fall Winter)で興味が有るのが、93602や93603といったImperialがラインナップにあるか?という点ですね。これを手にする事が出来ればこちらの仮説の答え合わせも出来るので、是非とも手に入れたいところです。

  • 17May
    • 手持ち旧靴革質(ブラウンカーフ) TOP5の画像

      手持ち旧靴革質(ブラウンカーフ) TOP5

      前回の”手持ち旧靴革質(ブラックカーフ) TOP10”に続いて、手持ち旧靴革質(ブラウンカーフ) TOP5の紹介ブラウンカーフと云っても、その色味は多種多様で、 ライトブラウン ダークブラウン バーガンディ カーキ レッドブラウンなどなど。今回は黒以外の全ての色をブラウンカーフとしています。第5位60s FLORSHEIM 93630(KENMOOR)  ”Weathered moss calf"を使用した1足。60年代のフローシャイムはこうしたグリーンカラーを数種類出していて、このウェザードモスもそのうちの一つ。革に厚みがあり、肌理の細かさや弾力性も申し分のない1足です。第4位40s Allen Edmonds 6395(Boulevard)   推定40s中~後半頃の青タグを使用したアレンドモンズ。このBoulevardは、40年代中後半~1989年までロングリリースされていたモデルです。アレンは斜体ロゴ期だけでなく、後年の出し縫いが白い時期でも充分なクオリティを保っている様に思えます。第3位40s FLORSHEIM S1327(Rambler)  このRamblerとVikingの二足のデザインが、アメリカ旧靴(ビンテージシューズ)好きな方にとっては人気のある靴ではないでしょうか。個人的には、これにU-wingを加えた3足がデザインにおけるアメリカ旧靴御三家といった気がします。革質は繊細な柔らかさが特徴的で、エレガンスという言葉がピッタリかなと。第2位50s Bostonian X338(TRED-FLEX) 僅差で2位にランクインしたのは50年代中旬頃のBostonian。アメリカ旧靴ではよく見かけるオレンジがかったライトブラウン。肌理の細かさや柔軟性、弾力性など全てにおいてバランスが良い革です。最初はこちらを1位にしようか迷うほどでした。第1位50s WEYENBERG 2589-5(Massagic) ブラウンカーフの革質No.1はWEYENBERGのホールカット風の1足。完全なホールカットではなく、履き口の前後でパーツが分かれています。赤みが強いというかほぼ赤い革で、先程のBostonian同様にアメリカ旧靴では良く見かけます。肌理の細かさは勿論ですが、とにかく革の柔軟性、弾力性がすごい。モチモチのスベスベで、ずっと手入れをしていたくなるそんな革です。今回のブラウンカーフ篇では、他にも2,3足入れようかとも思っていました。ただTOP7やTOP8では数が中途半端だったので、ブラックカーフ篇10足の丁度半分、5足でイイかなと。今回所有している靴の革質を真剣に比較してみて思ったのは、自分はモチモチしっとり系のカーフが好みだった様です。

  • 13May
    • 手持ち旧靴革質(ブラックカーフ) TOP10の画像

      手持ち旧靴革質(ブラックカーフ) TOP10

      europeanblendさんの”手持ち旧靴革質ベスト3(カーフ篇)”に便乗してこの企画を行うにあたって、取敢えず目ぼしい旧靴を幾つか引っ張り出したのは良いのですが・・・「あっ!これもイイ!」「おっ、これも中々♪」「これも捨てがたいなぁ~」といった感じになってしまいTOP3では収まらなくなってしまったので、ブラックカーフTOP10の紹介です(;^_^A 第10位70s Nettleton Algonquin  まずはネトルトンのアルゴンキン。内部表記から70年の12月製造のペアでは無いかと。ネトルトンのアルゴンキンは他にも旧いペアを持っているのですが、革質に関してはこれが一番でした。第9位80s Johnston&Murphy crown aristocraft  シンプルなロゴのcrown aristocraftで、恐らくは80年代中旬以降のペア。90年代の可能性もありそうです。年代の割に革質が良く60年代の旧靴と比較しても遜色のないレベルです。第8位40s サービスシューズ WWⅡモデル(DIAMOND SHOE CORP)  サービスシューズなので革質は求めていなかったのですが、こちらは中々の革質。第二次大戦モデルのもう一つのペアと比べてもこちらの方が肌理が細かく、しなやかな革です。第7位60s WEYENBERG 2541  スワンネック、7アイレットに鷲の口先の様なトゥがお気に入りのペア。この靴を履く度にsuper8shoesさんで買い逃した靴を思い出します。第6位60s FLORSHEIM 96004(Royal Imperial)  初期Royal Imperialの一つ。初期Royal Imperialは”Stratford”と”Concord”が有名ですが、こちらのペアの様にそれ以外のペアも稀に出てきます。因みにこちらのペアに使われているのは”Select Black Calf”とネーミングされている革。初期Royalのスムースレザーにはほぼ”Select Black Calf”が使われています。肌理が細かく、しっとり感もあって、とても滑らかな肌触りのカーフです。第5位60s FLORSHEIM 96306(Royal Imperial)  こちらも第6位のペアと同じく初期Royal Imperialで使われている”Select Black Calf”。使われている革が同じなので同着でも良かったのですが、こちらの方が若干良いかな?と思ったので。第4位60s FLORSHEIM 20011(Magic Top) 61年のペアで、”Black Velvet Calf”という革を使用したモデル。この”Black Velvet Calf”と”Select Black Calf”は見た目、肌触りなどから恐らくは同質の物かと。Velvet Calfのより質の良い革がSelect Calfになっていたのではと推測しています。 じゃあ何故このペアが4位?という事についてですが、  ●5位のペアは66年のSelect Calf  ●4位のこちらが61年のVelvet Calf 全ての革が旧ければ旧いほど良いという訳では無いにしても、多少の差は生じているのだろうと。また同じ革でも当たりハズレが存在する事も考慮すると、61年製Velvet Calfの革質が、66年製Select Calfの革質を上回る事も十分にあったのではと思います。第3位40s WEYENBERG 2206 恐らくは40年代頃のWEYENBERG。今まで紹介してきた60年代頃のカーフとは肌理の細かさが違い、ブラッシングのみでも充分に光ります。ただその分、繊細過ぎると云えばよいのかは判りませんが、クラックやひび割れなどに注意が必要そうな革です。第2位50s FLORSHEIM S1300(Custom Grade) フローシャイムは1956年まで品番がアルファベット1文字+数字(3~4桁)。1957年以降は数字5桁に移行しています。なので57年以前のペアですが、”arch rubber heels”を使用しているので50年代中旬寄りのペアと推定しています。肌理細かさでは3位のWEYENBERGの方が若干上ですが、革のしっとり感、モチっとした感じはこちらが上。3位と2位は好みによって順位が変わるかもしれません。第1位50s Allen Edmonds 5505(ASTOR) 栄えある第一位はアレンエドモンズのASTORで”Black Custom Calf”を使ったペア。アレンエドモンズの過去のカタログを見ても57-58年カタログにしか登場していないモデルです。”肌理の細かさ”と”革のしっとり感”共によく、3位と2位の良さを併せ持った革です。何とも云えない光沢を纏っています。今回10足の靴(カーフ)を比較して思ったのは、ある程度革質が良くなってくると順位付け(優劣)が非常に難しいという事。特に6位、5位、4位の優劣は殆どありませんでした。また3位と2位の差に関しても、”肌理の細かさ”と”革のしっとり感”のどちらを重視するかによって変わってきてしまう。europeanblendさんが記事の最後に、 「良い革とは何か?」 難しい問いです。と仰っていましたが、その通りだと感じています。良い革と言っても、 肌理の細かさ 柔軟性 弾力性 しっとり感 ツヤなど様々な要素があると思いますので。。。おそらく今回の10足を別の方がランキングすれば、三者三様の結果になるのではないかと。難しい事だとは思いますが、革質についての統一の指標の様なものがあれば便利ですね。カーフ(子牛)だけに、「このカーフはA5ランクだね♪」といった感じで(;^_^A 次回は、”手持ち旧靴革質(ブラウンカーフ)”を更新予定ですφ(..)

  • 09May
    • 在宅ワークを快適に♪の画像

      在宅ワークを快適に♪

      今更感がありますが、在宅ワークで不便に感じていた事を。それは、”キーボードとの距離”資料などを手元に置くためにスライドテーブルを引き出して仕事をしているのですが、このスライドテーブルを引き出してしまうと不便な点が。。。それはキーボード入力を行うのに手を伸ばさなければならず、非常に煩わしい事なのでAmazonでこちらのパソコン用キーボードを購入しましたiBUFFALO USB接続 有線スリムキーボード ホワイト BSKBU14WHiBUFFALO USB接続 有線スリムキーボード ホワイト BSKBU14WHAmazon(アマゾン)1,193〜3,869円キーボードの購入に当たってまず重視したのが、① 横幅がコンパクトスライドテーブルの横幅が約53cm。キーボードの右横でマウスを操作したいのである程度のスペースが欲しい。ということで、横幅が40cmに収まるサイズを条件にしました。今回購入したキーボードは34.4cmとかなりコンパクトですこのサイズだとマウスがストレスなく動かせるのは勿論、横にB5サイズのノートを置く事も出来ます。② テンキーが付いている横幅が35cm以内のコンパクトサイズだと、テンキーが独立していないタイプが殆ど。40cm以内だと選択肢の幅も広がるのですが・・・。ちなみに横幅40cm以内で最後まで悩んだ候補が2つ候補①  Logicool(ロジクール) K230幅379.9mm×奥行111.9mmでワイヤレス仕様。ロジクール ワイヤレスキーボード K230 キーボード ワイヤレス 静音 無線 薄型 小型 テンキー付 Unifying 国内正規品 3年間無償保証Amazon(アマゾン)2,057〜4,980円候補②  エレコム TK-FDP099TBK幅367.1mm×奥行127.5mmでワイヤレス仕様。エレコム キーボード ワイヤレス (レシーバー付属) パンタグラフ コンパクトキーボード ブラック TK-FDP099TBKAmazon(アマゾン)2,082〜5,872円テンキー周辺の配列、ワイヤレス接続などについては候補①と②の方が良かったのですが、やはり横幅34.4cmの方が個人的には魅力的でした。③ 価格が2000円以下あくまで補助的な役割で購入するので極力安い方が良いなと。2000円という金額設定に特に理由はなく、これ位の値段なら”使い勝手が悪くても割り切れる”程度の理由です。検討した3商品はほぼ2000円以下だったのですが、結果的に一番安いキーボードを購入する事になりました。~実際にキーボードを使ってみての感想~マウスをストレスなく移動できるスペースがあり、サイドテーブルに資料を置ける様になったのも便利です※お茶はPrime Videoを見ていた時なので(;^_^A チョットした不満は、Amazonレビューで他の方々も言及されているのですが。。。テンキーの配列が独特白のテンキー・・・購入したキーボードのレイアウト黒のテンキー・・・通常のキーボードのレイアウト一番のポイントは・ボタンの位置が右下ではなく左上に配置されている点で、これが慣れないと違和感を感じてしまいます。      恐らく横幅を34.4cmにする為の配置かと。通常のテンキーのレイアウトにすると3列から4列に列を1つ増やす必要があり、この1列が約2cm。 エレコムのキーボードの横幅が36.7cm iBUFFALOが34.4cmその差が2.3cmなので、テンキーの操作性よりもキーボードの横幅を詰める事を優先した様に思えます。テンキーの配列は微妙でしたが、横幅34.4cmと絶妙な大きさのキーボードで、スムーズに仕事が出来ています

  • 06May
    • ALDEN(2145)  ---再生計画---の画像

      ALDEN(2145) ---再生計画---

      既に手元には無いのですが、だいぶ前に拾ったオールデンの・・・Brooks brothersネームの靴。ライニング破損や、ヒールの減り具合。ホコリも凄くて。。。全体的にコンディションは良くないのですが、肝心のアッパー部分のコードバンに主だったキズ(クラック)が無かったので、救出という名の無駄遣い(;^_^Aでもこれが¥4,000以下で販売されていたら、皆さんもきっと購入していたはずこうした再生し甲斐のある靴は、ちょっとしたオモチャみたいなものかとまずはホコリと、コードバンの”くすみ”や”毛羽立ち”が酷かったので、 馬毛ブラシでブラッシング↓ サンドペーパーでコードバンの脱皮※サンドペーパーがけは、#320-#1000-#2000-#30000の順番で行いました。コードバンのケアが終わった後は通常のケアを行って。。。 クリーナー①(レノマットリムーバー)↓ クリーナー②(タピール)↓ デリケートクリーム(モゥブレイ)↓ アニリンカーフクリーム(モゥブレイ)メンテナンスの結果は・・・--再生計画レポート--:メンテナンス前:メンテナンス後もっと出来たかな?という部分もありましたが、中々良い復活を遂げてくれました(^^)スタイルとしては外羽根式のセミブローグ。程よく華やかで、使い勝手が良いデザインですね。外羽根部分の程よく色が抜けたバーガンディがお気に入り個人的にはこの少し色が抜けた感じが、コードバン(バーガンディ)の魅力かと。サイズが10.5Dと、頑張ってどうにかなる大きさじゃなかったのが残念です。こうして見てみると、本当にマイサイズだったらなぁ・・・と溜息が出てしまいますそういえば、Brooks brothersは少し心配なニュースも入ってきていますね 米ブルックス・ブラザーズが身売り先模索、在宅勤務広がる中-関係者J.Crewも破産法申請を行ったみたいですし。。。 米衣料品販売「J.CREW」が経営破綻 大手小売で初数年前にはRALPH LAURENも厳しい状況でしたし、何とかこちらの2社にも頑張ってもらいたいところです。

  • 02May
    • FLORSHEIM 20380の画像

      FLORSHEIM 20380

      ¥5000以下だったのでつい購入してしまったフローシャイム状態もあまり良くないのですが、ちょっと珍しい点があったので資料用に■ Beforeトゥの先端とウィングの横はキズやクラックが多かったので、サンドペーパで均してトゥを補色。補色には革色補修ペンを使用しているのですが、コバの補色にも使える為とても便利です簡単な補修の後はいつも通りのケアで、 ブラッシング↓ クリーナー(Boot Black)↓ デリケートクリーム(モゥブレイ)↓ クレム1925(サフィール)■ Afterでこんな感じになりました。まぁ先ず先ずかなと。。。クラックは思ったよりも残ってしまいましたが、まぁ資料用に購入したので(;^_^Aで珍しいなと思ったのが、こちらのインソール。PERS-PRO-TANPERSPIRATION PROOFと書かれていて、今までに見た事のない表記です。PERS-PRO-TANについて調べてみましたが、こちらの特許情報しか出てこず。その下のPERSPIRATION PROOFは、直訳すると”防汗”もしくは”発汗防止”。耐汗性のある革(インソール)という事でしょうか。。。【ライニング表記】年代ですがアルファベット表記はありませんでしたが、ライニングに1967と大きく書かれているので多分1967年製で間違いないかと。品番の大きさも丁度その辺りの年代っぽいですし。【アウトソール】アウトソールは黒塗りで、フローシャイムではたまに見かける仕様ですね。仕事用としても履けるデザインのペアですが、マイサイズでないのが残念革質はこの年代相応といったところ。たぶん他のメーカーだと「中々いいじゃん」となるのでしょうが、フローシャイムだと期待値のハードルが高いので「まぁ、こんなもんかな」位になってしまっている気がします。それにしても、こうして見た事のない仕様が出てくるフローシャイム。飽きずに楽しませてくれるメーカーですね(^^)

  • 17Apr
    • MARUZEN マナスルシューズ②(三交製靴)の画像

      MARUZEN マナスルシューズ②(三交製靴)

      MARUZENのマナスルシューズ(三交製靴製) 黒のシボ革プレーントゥ買ったのは確か2018年、もしかしたら2019年かもどうも記憶がハッキリしないです雨の日を中心に良く履いていて、ポッコリしたトゥが気にいっています※購入して間もない頃の写真なので経年変化は少なめ革の見た目は硬そうな印象ですが、硬すぎず柔らかすぎず。繊細な革という訳では無いので、ちょっとした傷もあまり気になりません。いたって普通のプレーントゥですが、だからこそ使いやすいです。ビンテージシューズや意匠に凝った靴も良いですが、そうした靴ばかりだとコテコテし過ぎちゃうので。。。洋食ばかりだとチョットね、”和食も大事だよね”みたいな・・・判りづらい例えですね、表現力が乏しい💦マナスルシューズのマイサイズは24cm。持っていませんが、23.5cmだとタイトかも。今日何を履いていこう・・・と迷った時に重宝する、便利な靴です

  • 15Apr
    • NUNN BUSH 2717(CLYDE LAST)の画像

      NUNN BUSH 2717(CLYDE LAST)

      3月の怒涛の出張ラッシュから打って変わって、4月はCOVID-19の影響からテレワーク中今回紹介する靴を購入出来た時は、今年は良い1年になりそうだなと思っていたのですが💦年が明けて早々、仕事で都内に出向いた時にフラ~っと寄ったセカストにて大物を釣り上げましたNUNN BUSHのUウィングしかも・・・デッドストックさらにお値段は驚愕の、税込み¥5,390 ((((;゚Д゚))))ebayでもここまでの値段は滅多に出ないので、見つけた時は値段設定が間違っているんじゃないかと思いました(^^)v確かにホコリを被っていて汚くも見えたのですが、未使用品という点を考えるともう少し値段が付いても良かったんじゃないかと元の持ち主の方が、このNUNN BUSHをどういった経緯で手放してしまったのかが非常に気になります。店頭販売価格が¥5,390だと、買取価格は数百円程度だったと思いますので。。。安く購入出来て嬉しい反面、アメリカ旧靴好きとしては哀しい値段評価です😢とはいえ、Uウィング+4連多重ステッチ+50s+デッドストックを手にする事が出来たので大事に保管しておこうと思います少し時期が遅れましたが、春先の写真を庭先に芽が出ていたフキノトウと、※天ぷらとフキ味噌にして美味しく食べました梅の花早くCOVID-19が収束して、革靴を履いて気兼ねなく街を歩きたいところです。

  • 21Feb
    • FLORSHEIM 93619(KENMOOR)の画像

      FLORSHEIM 93619(KENMOOR)

      昨年の9月・・・遂にこの子を手に入れました魅力的なヒップに( *´艸`)ステキな横顔Super8shoesさんで知ってから約6年半越し。レアオブだ~レア!  第3のKENMOORがようやく手元に来てくれました(^^)サイズを気にしなければ今まで幾つかのペアは見てきましたただマイサイズとなると中々見つけられなくて。。。この93619は所有しているだけなく、きちんと普段履きしたかったんです。本来は履く靴だけを購入するのが普通なんでしょうけど(;^_^A この履き口のデザインが個人的には大好きでサイドの切り返しがないタイプも悪くないのですが、こちらを知ってしまうと少し物足りないこの立体的なモカ縫いも堪らないですね♪ただ大きな裂けがあるのが残念その分あちらのセラーさんにはディスカウントして貰いましたので、Super8shoesさんで補修して貰えばいいかなとこのKENMOORのUチップタイプ履き口のサイドまでステッチのある物以外に、サイドがシンプルなタイプもありますね。特殊品番では、3S-3369と3F-2397Xこちらの2足はU部分が少しだけスクエア気味。あと自分でもこれを持ってました💦手書きインペリアルで品番はありませんが。。。93619タイプは最も年代が旧いと1964年、新しいと1969年までは確認出来ているので、少なくとも6年間は販売しているモデル。もうチョット出てきてくれると良いのですが。。。europeanblendさんの持っているチェスナットやコードバン、kuromameさんのゴールデンハーベスト、他にブラックの92616も 是非手にしたいところです✨

  • 18Feb
    • ノートパソコン快適化♪の画像

      ノートパソコン快適化♪

      そういえば前回のブログで更新をサボっていた理由を、”期間が空いてしまうと億劫になる”と言っていましたが。。。そもそも何で億劫になっていたんだろうとよくよく考えたらノートパソコンの起動にやたらと時間が掛かっていたなぁと。起動だけでなくチョットした動作でも重くてWindows10にアップデートした頃から非常に遅くなった気もします。大体ですがスタートアップ画面に入るまで3~4分。そこからデスクトップ画面が移るまでも2~3分と、トータルで約7分ほど起動に掛かっていました。更に11月頃からはHDDから異音が出始める様になってきて。。。2014年の1月に購入しているので約6年、いよいよHDDの寿命が来ているかなと仕方がないので新しいノートパソコンの購入を検討していたんですが、HDDの不調(故障)だけで新しいPCを買うのも何だかなぁとモヤモヤしていました。それなりのスペックだと10万円を越えてきますし、5,6年ごとに10万近くの出費はバカバカしいなと。。。で新しいパソコンを購入しようとネットで最新モデルを調べていると、記憶媒体の欄にはHDDの他にSSDと。SSDって何??完全に時代の波に取り残されていました(;^_^A 調べてみると、SSDとはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ) の略称で、メリット:●読み書きの速度がHDDに比べて速い●衝撃に強いデメリット:●HDDに比べると価格が高い●書き換え回数に制限があるという特徴があり、大きなUSBメモリみたいな物みたいです。更にSSDについて調べていると、ノートパソコンのHDDをSSDに換装している記事も数多くあって、もしかしたらノートパソコン買わなくても大丈夫かつ快適になるかもと希望の光が見えてきました万が一失敗しても、元々買い替える予定だったしダメ元でチャレンジしようとメーカー保証も切れてますし因みにHDDからSSDに換装するのに必要な物ですが、●SSD本体 Samsung 860 EVO 500GB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E500B/EC 国内正規保証品Amazon(アマゾン)7,990〜10,479円 【国内正規代理店扱い】WD 内蔵SSD 2.5インチ / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0AAmazon(アマゾン)7,980〜20,908円●HDD/SSDケース(HDDのデータをSSDに移し替えるためのケース) Salcar【2019最新版】USB3.0 2.5インチ 9.5mm/7mm厚両対応 HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 UASP対応 Windows/Mac 工具不要 簡単脱着 5Gbps 1年保証Amazon(アマゾン)1,180円●スペーサー(SSDだとHDDより薄いので、厚さを調整するためのスペーサー) 玄人志向 7mm → 9.5mm厚に変換 2.5インチHDD/SSDスペーサー KRSP-795Amazon(アマゾン)317〜1,479円この3点くらい。周りにHDD/SSDケースを持っている知り合いがいればもっと安く出来そうです。あとは廉価(容量やメーカー)なSSDだと5000円もあれば換装可能かと思います。自分の場合AmazonでサムスンのSSDが安くなっていたので、増設用のメモリを含めて1万円以下で購入できました。で実際にHDDからSSDへの換装をするんですが、思っていた以上に簡単で。何というかプラモデルを組み立てるような感覚で出来ました(^^)v①SSDにデータ移行②PCの裏蓋を開けてHDDからSSDに交換③裏蓋を元に戻すこれだけで、再起動してみると特に設定なども必要なく、交換前と同じ状態で使用出来ています♪肝心の動作速度ですが、起動時間は1分も掛らずに起動し驚いていますメモリも4GB×1枚から4GB×2枚の合計8GBに増設しているので、更に快適になっていますただ残念なのは、CPUの性能が低い事。。。どうせならCPUも交換と思ってCeleron847の対応ソケットを調べたら、CPUがハンダ付けされているタイプだったので無理でした※youtubeでノートパソコン改造動画を見て面白そうと思ったんですが残念。。。でもまぁ今回のSSDへの換装+メモリ増設でオフィスソフトの使用やメール、通常のネットサーフィン程度であれば非常に快適に過ごせているので良いかなと(^^)今のところモニターやバッテリーなども順調ですので、もう後3~4年位は使っていけたらと思っています。