Coral Springs『Always Lost, Never Found』 | (旧)喜怒音楽 -きど"おと"らく-
新型コロナウイルスに関する情報について

(旧)喜怒音楽 -きど"おと"らく-

2020年に引っ越しをしました。引っ越し先は最新記事からどうぞ。

 
DL版を予約した『隻狼』が0時にDLされるその日に
 
春セールで安くなってた
 

 
スパイダーマン関連のサイトでよく名前が出てて興味があった
 
バットマン:アーカム・ナイト
 
 
 
ウィッチャー3共々、PS4での面白いゲーム的なものに
 
ほぼ必ず名前が出ていたHorizon Zero Dawn
 
 
計2作もDL購入してしまうという暴挙w
 
まぁ、しかし現在プレイ中なのは隻狼ですけどね。
 
 
てか、隻狼は発売日初日から
 
DL版予約限定の専用テーマがぶっ壊れていたり、
 
Steam版はそもそもバグってるとか、
 
トラブルを巻き起こしやがりましたが(# ゚Д゚)クソガッ!!
 
出鼻を挫かれまくり幸先悪すぎでしたね(。-∀-)フロムサンヨォ…
 
Steam版はすぐ解消されたみたいだけど、
 
発売から約1週間経って、未だにテーマぶっ壊れてるとか…
 
オレにはフロムを嫌いにさせる呪いでもかかってんのかw
 
でも、本編が楽しいから許した←
 
剣戟サイコー\(^o^)/
 
ま、当然死にまくりですがwww
 
全クリできる気がしないw
 
 
しかし漫画も、映画も、ゲームも、音楽も
 
ここ10年そこそこで、ホンットに広がったなぁ…
 
10年前の自分に今の自分を教えたら驚くんじゃねーかなw
 
何にせよ
 
これでしばらくはゲームでヒマすることはなさそうですw
 
どうも、トトです。
 
 
 
さて、今日もレビューをしていきましょう。
 
3月リリース作品を、
 
3月中にここまでレビュー出来ているのは
 
間違いなくSpotifyのおかげであると言えます。
 
しかし、今年1月からSpotifyを使い始めましたが
 
今もタワレコ等々の実店舗に足を運んでいます。
 
買う買わないは別にしろ、
 
どんな新譜が出ているかの確認の為ですね。
 
今回、音源はSpotifyでダウンロードしたものの
 
そもそもはそのタワレコで発見したのが元なんです。
 
こういうことがあるから、
 
実店舗通いも止めてはならんのです。
 
そんなタワレコで発見した今回の作品はこちら
 
 
 
 
 
 
 
Coral Springs
『Always Lost, Never Found』
01. I Lost Track
03. Voices
05. State Of Denial
06. Ghost
07. Anchor
08. One Gesture
09. On A Hold
10. Determind
11. Easier To Hide
12. Roam
 
 
 
オランダ産POP PUNKのCoral Springs
 
デビューフルアルバムとなる
 
Always Lost, Never Found をリリース。
 
ジャンルは違えど、The Royal に続き
 
オランダ産バンドレビュー、まさかの2つめ!
 
そして、驚くことに国内盤が出ており、
 
3/20にMILESTONE SOUNDSからリリースされています。
 
自分がタワレコ発見したのはこの国内盤です。
 
帯を見てみると
 
女性ボーカル
メロディックポップパンク
NEW FOUND GLORY
NO USE FOR A NAME
PARAMORE
 
バンドの紹介を一字一句読まなくても、
 
この単語だけで情報としては十分すぎる。
 
帰ってから速攻、Spotifyでチェックして、
 
フォローして、今作をダウンロードしました。
 
果たして、その作風や如何に。
 
 
 
 
I Lost Track
そんなデビューアルバムの1曲目は、
エモーショナルな疾走ナンバー!
紅一点の女性vo/Jo の声も力強く、
エモーショナルながらもメロディックに疾走する
このオープニングトラックに合っています。
 
 
Taking A Fall
2曲目は今のところ唯一のMVとなっています。
ここでも頭のイントロは疾走するも、今度は陽性サウンド。
そのままアップテンポにメロディック寄りな
陽性POP PUNKを掻き鳴らします!
そーそー、こーゆーのよ!こーゆーの!\(^o^)/
今作で最初のMVとなっていることもあり、
リードトラックに相応しいクオリティです。
 
 
Voices
3曲目はリフも低めにクールさを打ち出してきます。
2コーラス目に入るとギターを掻き鳴らし、
メロディック疾走パートへ突入!
サビはクールな雰囲気も和らぎ、ほんのり上向きに
ほんのりエモーショナルさ醸し出します。
 
 
The Alluring Sea
4曲目はLyric Videoになっています。
始まりこそ、やや暗めな雰囲気を感じるも
サビは1フレーズ2フレーズを繰り返し歌う
キャッチーさもひとしおなPOP PUNKサウンドに。
その裏に展開するコーラスも美しく、
エモーショナルPOP PUNKを奏でます。
 
 
State Of Denial
イントロからバウンス必須なリズムで送る5曲目。
サビはここでもアップテンポなPOP PUNKを展開し、
耳障りの良いメロディを発揮します。
このバンドはメロディック部分が強みなのか、
短いながらもこの曲にも疾走パートを入れてるのが好感。
 
 
Ghost
6曲目は音数少なめな歌モノです。
曲の雰囲気もどこか神秘的な浮遊感が漂い、
曲が進んでいくにつれてバンドサウンドも大きくなり
Jo の力強い歌声で為るエモーショナルさ全開。
 
 
Anchor
ラジオ音声のようなSEで始まる7曲目。
歌モノの次は力強いロックサウンドが光ります。
POP PUNK系のバンドでも、エモーショナルさに秀でるのは
女性ボーカルバンドの宿命ですね。
思えば、今作のジャケットデザインも非常にエモーショナル。
 
 
One Gesture
ここへ来て陽性POP PUNKサウンド再び!な8曲目。
基本は陽性サウンドを展開しつつも、
ほんのりエモーショナルさを取り入れるのが
まさに王道!
明るく青臭いのがPOP PUNKの良いところ。
 
 
On A Hold
9曲目では昨年、初来日したUKのALMEIDA
vo/Tom がゲスト参加しているようです。 
聴いてる時にこの男ボーカルは誰だろう?
と思って調べてみたら、彼だと判明しました。
女性ボーカルメインで、男性ボーカルとのツインボーカルは
やっぱり思い出すのはWe Are The In Crowd よね。
サウンドはそこまでWATICっぽくはないけど、
しっかりPOP PUNKしていて好感です。
 
 
Determind
10曲目はJo の歌声から始まり、イントロからもう
これは良い感じのヤツ!ってわかる曲でした。
POP PUNKバンドながらも鳴りを潜めていた
シンガロングパートもこの曲でようやく出てきます。
そしてアルバム序盤で存在感を顕にしていた
疾走パートも短いながらも展開し、
バンドのサウンドを体現した曲となっています。
 
 
Easier To Hide
クールに掻き鳴らすリフのイントロな11曲目。
リフがメロディックパンクっぽさあるけど、
サウンド自体はしっかりPOP PUNKしてて良い!
ラストはエモーショナルさ全開です。
 
 
Roam
そういえばWith Confidence と共に、
Roam の2度目の来日が決まりましたね\(^o^)/
と、それは置いといて。
そんな"Roam" の名を冠するラスト12曲目も
イントロからしっかりPOP PUNKを展開してくれます。
サビのグッドメロディ感がとても良い。
男ボーカルはいないものの、この曲の方が
よっぽどWATICっぽいな。笑
おおっおーおー!
と、ラストはバックに壮大なコーラスを置き、
多幸感溢れる素晴らしい雰囲気でPOP PUNKナンバーを締めます。
 
 
 
 
以上
 
Coral Springs『Always Lost, Never Found
 
でした。
 
全12曲収録で約36分。
 
序盤はメロディック要素が強く、
 
2分台で終わる曲も多かったです。
 
でも、無駄に長い曲などひとつもなく、
 
こうしてコンパクトにまとめるのもPOP PUNKの良さ。
 
そして後半にはPOP PUNK寄りな曲を集め、
 
耳障りの良い心地よさを与えてくれました。
 
ラスト曲の"Roam" の最後の部分、
 
あのコーラスパートは良いね。ヤバイね。
 
 
リリース元のMILESTONE SOUNDSのページには
 
For Fans of:
ALL TIME LOW, FALL OUT BOY, HEY MONDAY, NEW FOUND GLORY, NO USE FOR A NAME, PARAMORE, THE SWELLERS, TONIGHT ALIVE & YELLOWCARD
 
とあり、どのバンドも納得のいく選出です。
 
 
今回タワレコで見つけた国内盤には
 
 
デビューEPGreetings From Coral Springs
19.Pretentious
20.Choked Up
21.Bearing Expenses
22.Fairweather Friend
 
 
2nd EPFind Happiness Here
15.Till It's Gone
16.Differently
17.Tonight
18.Yesterday
 
 
シングルHistory/Anxiety
14.History
 
 
 
という過去音源の全10曲が収録された豪華仕様!
 
左の数字は国内盤のトラックナンバー。
 
こういう過去作を国内盤に収録してくれるのは
 
GO WITH MEがよくやってくれてました。
 
なので、今回
 
国内盤を購入する人には大盤振る舞いですね。
 
自分はSpotifyで全てダウンロード。
 
やはり初期盤は今作よりもメロディック寄りで
 
陽性サウンドな曲も多く、勢いありますね。
 
シングルで、MVにもなってる"Anxiety"
 
どっちかっていうとクールサウンドですしね。
 
まさかのスクリームまで入ってるw
 
そこを追及していけば
 
ガールズイージーコアにもなった可能性。
 
そしたらPopcorn DEAD Shrimps好きにも
 
大いにオススメできたでしょうね。
 
 
 
しかし、たまーにこういったマイナー国の無名バンドが
 
いきなり国内盤出たりしますよね笑
 
一昨年で言うとSumo Cyco とかもね。
 
相撲最高はマイナー国ではなく、アメリカですが。
 
なんだろ、Coral Springs
 
RNRあたりで来日でもするのかね?
 
来日するんだったら
 
フィジカルも買って会いに行くわ\(^o^)/
 
 
 
デジタル全盛時代になっても、
 
サブスクリプションサービスが豊富な現代でも、
 
こうして実店舗で見つけた新バンドの新譜。
 
ガールズポップパンク好きには是非とも聴いて欲しい
 
オランダのCoral Springs
 
オススメです。
 
 
 
 
関連記事