喜怒音楽 -きど"おと"らく-

  バンドミュージックを中心に、ライブレポやそれに連なるフェスやイベント、音楽ネタをもとに

  一般メディアには決して書けない、個人ブログの強みを活かした喜怒哀楽を書き綴っています。

  音楽的好みが似ている人、記事に共感した人はレッツレスポンス。


テーマ:


今年2つ目の大型フェス参戦

そして2年連続の参戦となりました。

昨年同様に早起きし、幕張へと向かいます。



SummerSonic_tokyo.jpgSUMMER SONIC 2017

-Day 2-

 

海浜幕張に降り立つと、駅前にはお決まりのやつ



そして幕張メッセ入場口で待機し、開場を待ちます。



開場と共に物販へダッシュ!

って言っても、今回は両日soldなし

自分の目当てのマーチが売り切れるってのも

そうそうないんじゃないかと思いますが。



うむ、今年も大漁←

昨年はこの時点でどしゃ降りだったからなぁ…(。-∀-)

今日は天気悪いとはいえ曇りだし。

いやー、物販ゆっくり見れるって素敵だわー。

でも、Good Charlotte はまさかのマーチなしorz

サムTシャツ4枚中2枚が昨年のパンスプと同じ

残り2枚は微妙だったのでそそられず。

Pennywise は安定のフルサークルT

NFGはよくぞ20th Anniversary-T持ってきてくれた!

って感じ。NFGのマーチってあんまりハズレないよね。


目的のものを入手したとはいえ、

本命は16:00からという時間の持て余しぶり。

幸運にもロッカーの空きを見つけ、

バックパックはロッカーに入れ、そのへんをフラフラします。



















Chester の追悼パネルがありました。
クソH.I.P.なんかと違って、クリマンはLPに、
Chester にだいぶお世話になってますしね。
SNSなんかで済ませず、
公式HPでちゃんと追悼メッセージ出したの
クリマンくらいでしたものね。
R.I.P. Chester Bennington

と、カメラを回すのにも早々に限界を迎えますよね。

空腹感にも駆られていたので、本日唯一のフェス飯。



唐揚げ丼(ねぎだれ)をいただきました。

うん、唐揚げが冷めてるな!←

適当に時間をつぶしつつ

時間的にもそろそろと、本命ではないものの

少し気になってたバンドを見にSONICへ。






サウンドチェックの時に
『オレタチハSWMRS! Yeah!』
と、フロアの心を掴みに来てました笑
Green DayVo/Gt.Billie Joe の息子が
ドラムを務めることで話題のSWMRS(スイマーズ)
5日前に新譜を入手するという暴挙でした←
しかし、バンドサウンドは音源通りの
ガレージ感のあるパンクロックサウンド。
幕張という大きなステージを感じさせないほど
ライブ巧者のパンクロック魂を見せつけてくれました。
コール&レスポンスや、ジャンプを煽り、
新人とは思えない堂々たるステージ。
最後の曲では大きなサークルも起こしました。
話題なだけではない実力と可能性は感じました。
ライブが終わってからも、ステージ前に降りて
最前のオーディエンスにファンサービス。
初来日の東京公演は大成功じゃないでしょうか。
次は是非ライブハウスで見たいところ。
"Billie Joe の息子がいるバンド" ではなく、
"SWMRS" として、世界に名を轟かせる日を期待ですね。
しっかしDr.Joey ArmstrongBillie の面影ありすぎなw

01. Palm Trees
02. BRB
03. Harry Dean
04. Miley
05. D'You Have A Car?
06. Turn Up
07. Figuring It Out
08. Drive North



さて、ヒマだ←

このあと、どのステージも興味ないんだよなぁ…

(音)ロキノンバンドに、(山)韓国男アイドルグループ、

(虹)よくわからん音楽ユニット… ひで。

こうなると外ステージのが遥かに良いよねー。

ってことで、やはりメインステージのMarineへ。

時間を持て余すけど、こうして自由に動き回れるのは

一人フェスの特権だぁね。









そして今日は雨降ってなくてホント良かった。

でなきゃ外ステージなんて行けないわ。




MARINEに来たのいつぶりだろうか。

めちゃくちゃ久しぶりで懐古感すらある。

到着すると既にCirka Waves 始まってました。
非常にUKらしいガレージロック。
かっこいいね、サウンドも、立ち振舞いも。
さすが英国紳士。

次は
B'zの稲葉さんと、USのギタリストStevie Salas
コラボユニットINABA SARAS
2人は既に20年以上付き合いがあるらしいです。
自分もまさかこんなところで稲葉浩志その人を
初めて見ることになるとは。
すごいすごいとは聞くものの、実際見たら
すげぇ!
ホンットにすんごいんだな、この人。
バックバンドも豪華メンバーながら、
それに決して負けない、スタジアム、アリーナが
めちゃくちゃ似合うほどのボーカルでした。
そして、めちゃくちゃSEXYな
大人のパフォーマンスでもありました。

そして海ラストのAll Time Low
何年ぶりですかね?見るの。
前作『Future Hearts』、最新作『Last Young Renegade』 
自分の好みから外れてしまったが為に、
頻繁に追わなくなりましたが。
序盤こそ新しめの選曲ながら、やっぱりATLはATLでしたね。
バックには、MVやアルバムのデザインを交えた映像が
代わる代わる映され、前2バンドと比べても
かなり上手い使い方してましたね。
ラスト3曲は初期ファン歓喜の

Weightless
Lost In Stereo
Dear Maria, Count Me In


ラストのDear Maria は、Alex Jack が下に降りて
ファンサービスしながら歌うというね。
サウンドが変わっても、
メンバーは変わらない様を見たって感じです。



ATLが終わり、音へ戻ると…

前線はパンフレットやペットボトル…

SWMRSの時には間違いなくなかったゴミが散乱。

クソ□キノン厨共、○ねやボケが。

これで今度は海が汚されるんだな、クソボケカスが。


さて、気を取り直して、自分はここからが本番。

着替えて、身軽になって、いざ出陣!





ハイ!結果だけ先に言ってしまうと
最!高!でした!
着替えたTシャツが1バンドでびちょびちょだよ←
楽しすぎて2回も涙腺破壊タイムあった←

まず"Understatement" "All Downhill~"
Fxxkin' Moshing & Circle pit!!!
サークルは次の"Truck Stop Blues" でも続き、
キラーチューンの"Hit or Miss" で最初の涙腺タイム。

20周年であり、2000回目のライブ!
そんな偶然ある?と思ったけど、
Chad が言うから信じた←

新譜から"Call Me Anti-Social" 前作から"Selfless" と、

鉄板曲メインでも、ちゃんと新しい曲も入れてくれて何より。
カバー曲"Kiss Me" でもサークルからの、
"Dressed Kill" でもみくちゃカオス。
KRIのマサさんや、色んな日本の友だちを紹介、感謝し
フラグはバッチリ、ラストはやっぱり
"My Friends Over You"
で、2度目の涙腺タイム。
楽しすぎだよー楽しすぎだよ!NFG!
新しいバンドもどんどん出てきてるけど、
やっぱり自分の中でのKING OF POP PUNKは
New Found Glory
以外は考えられません。
自然と笑顔になる、そして楽しすぎて涙する
最高のライブでした。

01. Understatement
02. All Downhill From Hell
03. Truck Stop Blues
04. Hit or Miss
05. Something I Call Personality
06. Selfless
07. Head on Collision
08. Call Me Anti-Social
09. Trush of My Youth
10. Anthem For The Unwanted
11. Failure's Not Flattering
12. Kiss Me
13. Dressed Kill
14. My Friends Over You






お次はPUNK LEGEND!Pennywise
何を隠そう、自分がPUNKらしいPUNKを聴いたのは
Pennywise が最初なんですよね。
そして見るのはパンスプ2013以来2度目。
最初の"Wouldn't~" は、ふんふん♪してたけど
2曲目の"Can't believe it" でダメだったサークル突撃←
ライブはさすがベテランって感じで。
フロアはもう大運動会ですよ。
サークルしなかったの、1~2曲しかないんじゃね?
ってレベルで、サークルは終止起きてました。
参加してればもちろん、側にいても
風が来て気持ち良いというね笑
やっぱPUNKのライブはこうでないと!
デカく、速いサークルが起こらないとね!
サークルのデカさ自体は、
今日イチだったんじゃないですかね。
"Society" ではシンガロング、
そしてペニワイの誇る名曲カバー"Stand By Me"
平和な曲調から一転、速曲PUNKサウンドになるヤツ!
ラストの"Bro Hymn" はもちろん、
おーおおおー!

おーおーおおおーーー!!!
と、フロアからの大シンガロングね。
Society のシンガロングなんて目じゃないね。
これしながら回るサークルがまた楽しいんだ。
やっぱりPUNKのライブでこうでなきゃ!(2回目)
最高のPUNKバンドで、最高のライブを体感しました。

01. Wouldn't it be nice
02. Can't believe it
03. Fight till you die
04. My own way of life
05. My own country
06. Peaceful day
07. Unknown road
08. Same old story
09. Minor Threat/Wild in the street
10. Pennywise
11. Society
12. Straight ahead
13. As long as we can
14. Living 4 today
15. Fuck authority
16. Stand by me
17. Bro Hymn




ライブ開始前にLPの"In The End" が流れた。
ニクいことしてくれるぜ。
そらもう会場中で大合唱ですよ。
そして曲が終わると歓声の中メンバー登場!



Joel さんですらも
『いやー、ホント長いこと日本来てなかった!』
と言うほど久しぶりの来日GC
オレもパンスプ2011で初見するハズが、
震災で中止になってしまったのでね。
ライブ開幕は"The Anthem""The Story ~"
鉄板の上げ曲で攻めまくります。
自分が今日してるリストバンド"Riot Girl"
バッチリプレイ。

べんじーサーン、べんじーサーンハ
日本語カンペキデス!


と、兄弟でイジる微笑ましいシーンも笑

We love Japanese Friends... Crystal Lake!!
We love heavy music!!!


CLはマネジメントでMDDN に所属してるもんね。
でも、フロアの反応の薄さに、
やっぱこういう場だとCLの知名度の低さを改めて知ったなぁ…
そして、ヘヴィミュージック好き!からの曲は
"The Young & The Hopeless"
名曲ですねー。ホント、今年のSONICは30代ホイホイだわ。
そして個人的にも好きな"The River" へと繋がり
そのまま少しドラムソロも披露しました。
"Dance ~""I Just~" と終盤は鉄板が続き、
ラストはやっぱり"Lifestyles~"
サークル回りながらシンガロングよ。

30代ホイホイであるのはさることながら
ライブがピースフルすぎるぜ!Good Charlotte
ラストのサークルのピースフル感ったらもう。
GCには今年のBEST OF PEACEFUL賞をあげます←

01. The Anthem
02. The Story Of My Old Man
03. Bloody Valentine
04. Girls & Boys
05. Riot Girl
06. Life Changes
07. Predictable
08. Hold On
09. Little Things
10. The Young & The Hopeless
11. The River
12. Dance Floor Anthem
13. I Just Wanna Live
14. Lifestyles Of The Rich Anf Famous




NFGから本番を迎え、ここまでNO水分。

次で最後ですしね!

翼を授かりに行って、すぐさま戻ります!

そしてステージを見てると…

やべぇ!あのセット持ってきてくれたんだ!

海外でやってるステージセットって

なかなか日本じゃお目にかかれないけど、

こいつらは持ってきてくれたんだな!

やべー、俄然テンション上がってきた!

と思ったら、上手く立たなかったのか

萎んで引っ込んでしまった(´・ω・`)そんなぁ…

まぁ、でも大事なのはステージセットより

ライブだからね!


ステージが暗転し、
Introduction To Destruction が流れます。
紫の怪しい照明が光る中、メンバーがステージへ。



ヘイヘイ!やっぱ最初はこれだろ!"The Hell Song"
続けざまに"Over My Head" で、もうのっけから
クソミソにモッシュしてやったぜ!
そして早くも新曲"Fake My Own Death"
続く"Goddamn I'm Dead Again" も含め、
サークルが出来上がり、走り回りました。
そして次の"Underclass Hero" では、
曲の雰囲気に合わせてか、バルーン登場。
バルーンがフロアに彩りを与えます。
『古い曲やるぜ!』 Deryck の口から出た曲は
"Motivation" これもバルーン活きるねー。

『Sum 41のメタル!Daveだ!』

と、復帰したDave を紹介し、"Bitter End" からの
Master Of Puppets カバー!フロア全員で
ヾ(*`Д´)ノ Master!! Master!!!!
とシンガロングしました。
『これがSum 41のメタルだ!』
と声高にDeryck
うん、オレはメタルメタルしてるサムのが好きよ。
そんなメタルの雰囲気のまま"We're All To Blame" へ。
曲途中で止め、これも定番だけど
『1、2、3、Sacrificeだ!いいな?』
というDeryck のカウントに合わせ、1、2、3
さぁくりふぁぁぁぁぁいす!!!!!
と突っ込んでいきました。そうだよ!
We're ~ は、コレが醍醐味なんだよ!
そして"Pieces" でフロアを落ち着かせた後は…って

ここは"Walking Disaster" だった気が…

まぁ、とりあえずその後"SBM" で再びカオスの渦へ。
公式のセトリにすらSBM なかったけど、やったから!
絶対ここでやってるから!

このへんちょいちょい公式に出てるセトリと違くない?


Deryck が新ドラマーFrank Zommo を呼び上げ
ドラムソロタイム!

さすが今年のAPMAs、BEST DUMMERを受賞しただけはあるぜ!
そして、ここでもLPの"Faint" か流れる。
ホント愛されたバンド、愛された人物だよ…死ぬなよ…
そんなLPカバーより、個人的には更に興奮する出来事が
この後、起こるのです…

Deryck がシャウト混じりに歌い出す!
ラウドなサウンド、聞き覚えのある曲始まり…
"No Reason"だぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!!!!!!
オレがライブ行き初めてから全然やってくんないしさ
何なら昨年は東京なしで、名古屋、中国はやるとか…
もしかしたら死ぬまでNo Reason を

ライブで聴けねぇんじゃねーかって半ば諦めてたんよ……
でも!!!!!
キタ!No Reason キタよ!!!
我を忘れてFxxkin' Moshingしたよね。
そしてNo Reason で、ステージセット出てきたよ!
最高かよ… 最高のシチュエーションかよ…
でかいスカルがFxxk You してんよ凸(# ゚皿゚)凸
曲終わりで、タオルで顔覆って
あぁぁあぁぁあああああぁぁぁぁぁあぁあぁああああああぁぁああぁぁあ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
って泣き叫んだ。
曲中は我を忘れてたからアレだけど、
曲が終わってから線が切れたね。
次にやった"We Will Rock You" とか、
全然頭に、耳に頭に入ってこなかったもの。

この後"In Too Deep""Fat Lip" と続くも
肩組みサークル連中がガンガン当たってくるのに
若干イラつきつつ←
ラストの"Still Waiting" で、ようやく体が反応した。
最後にサークル参加して、良い汗かいて終わりました。
やっぱりサムはメタル方面のが好きだわ。

いやー、完全復活ですかね!
昨年は客層のクソさも相まって
楽しさもホント微妙だったんですよね。
しかし、この"わかってる"客層と
このライブを以てして完全復活でしょう!
オレはこういうサムのライブが見たい、
こういうサムのライブに行きたいんです!
楽しカッコ良かった!

(Introduction To Destruction)
01. The Hell Song
02. Over My Head (Better Off Dead)
03. Fake My Own Death
04. Goddamn I'm Dead Again
05. Underclass Hero
06. Motivation - Bitter End
(Metal solo / cover)
07. We're All To Blame
08. Pieces
09. Screaming Bloody Murder
(Dram solo)
10. No Reason
11. We Will Rock You (Queen cover)
12. In Too Deep
13. Fat Lip
14. Still Waiting





終演が最も遅い音ステージ

サムが終わった頃には21:30を回っていました。

汗拭いて、着替えて、ここから地獄の電車帰宅…

を経て、無事に帰宅できました。

身体の色んなとこ痛いのと、

左膝に違和感があることを除けば←

とはいえ、楽しかったー\(^o^)/

こんなに気分良くフェスが終わったのって

ホント、何年ぶりでしょうかね。


朝から最後まで、ずっといましたが

これからが楽しみな新人バンド

個人的なKING OF POP PUNKバンド

自分がいちばん最初に聴いたPUNK LEGEND

やっと初見できたPOP PUNKバンド

自分がいちばん好きなバンド

これだけのものが見れりゃ満足ですよ。

SONICの司会の人も言ってましたが

時代が時代なら、このメンツがみんな

MARINEにいてもおかしくないんですよね。

それがSONICってのは、ホント残念です。

日本での洋楽のポジション、特にバンドシーンは

今、ホントに厳しいですしね。

そこはリスナーが何とかして盛り上げないと。


しかし、今日はフロアのオーディエンスもね、

やっぱ世代と言いますか、"わかってる"人ばかりで

前線でモッシュしたり、サークルで走ってるのが

とても楽しかった。

右側前線にいましたが、モッシュよりは

サークルがよく起きてましたね。

モッシュ疲れるし、サークルでむしろWelcomeですが笑

でも、今日の楽しさは間違いなく

一緒に暴れた人たちのおかげでもあります。

感謝感謝ですね。



とても楽しかった今年のSUMMER SONIC

来て良かったと心の底から思えます。

そんなメンツ、そんなオーディエンスのフェスが

これから増えていくといいなぁ。




Next Live Show
Useless ID@新宿ACB
or
Stone Sour@Zepp DiverCity Tokyo

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「【海外】LIVE SHOW」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。