ひっそりと灘・開成・筑駒に合格した記録

ひっそりと灘・開成・筑駒に合格した記録

大手塾を1ヶ月で退塾。
とはいえ部分的に塾にお世話になりながら、手探りで中学受験をした軌跡をつづります。

 

前回の続きです。「その子にとって適切な取り組み内容とは

 

 

「この志望校だからこのレベルの問題集を」というのは、決して間違っているという訳ではありません。

 

この成績帯であればこのレベルの問題が最適であろうという考え方は、

塾の授業が成績別にクラス分けされていることからもおおまかには適正といえます。

 

 

 

受験生は、常に現状よりも向上することを目指すことが求められるものだと思います。

 

仮に6年生で志望校判定が安心できるものであっても、

入試直前までより学力を高めようと努力を重ねて過ごします。

 

 

 

「個々の学力を向上させる」という事を目的とした場合、主に考えられる方法は二つで、

一つは弱点の補強。もう一つは、重点科目(算国)の伸長、だと考えられます。

 

 

弱点の補強というと、「苦手教科」というようなざっくりしたものになりがちですが、

一つずつの単元や要素の力不足の積み重ねが「苦手教科」となる要因ですので、その一つずつの要因を紐解いていかなければ弱点克服は難しいと思います。

 

 

 

算数が苦手、と一括りに言っても、

 

・理解不足の単元があるのか

・計算や数字の置き違いのような算数の基本的な処理能力の部分に問題があるのか

・既知の解法理解を初見の問題に運用する力が不足しているのか

 

など、同じ点数だとしても、その改善点及びその改善方法は大きく異なります。

 

 

子供は「算数苦手」と漠然とした捉え方しかできないことがほとんどだと思います。

そして苦手な箇所を分析しようとしても、各模試で得点率の低い単元をここが弱点だと思いがちです。

 

 

しかし例えば平面図形が苦手だと思っている子が図形問題ばかり解いていても、

解けない理由は平面図形そのものの理解不足ではなく、

答えを求める際の計算過程に問題がある場合や煩雑な解法を選んでいるなどの場合、

身につけるべき力は平面図形の概念理解そのものではないということもよくあります。

 

 

平面図形の基本的な概念や必要な知識はそう多くはないので、

特に難関校志望者の場合、それについては習得できている可能性が高く、

そこをを繰り返し復習する形の問題に取り組んだとしても、効果が薄いということになりがちです。

 

 

こうした個別の弱点を、志望校や成績帯を元に一律に課された問題を取り組むことで克服することは、誰にでも効果が高い方法ではありません。

 

 

弱点が少なく処理能力が高いお子さんであれば、問題はないのです。

 

躓く事が少なく時間的な負担もさほど大きくはないでしょうから、志望校に向けて錬成された塾の課題を積み重ねることがそのまま合格する力に繋がります。

 

 

ただ、全教科そのようにできるお子さんは非常に少ないと思います。

 

現状の成績よりも向上することを目指すには、今までの延長で同じ学習方法を選んでいても変化を起こすことは難しいと思います。

 

 

その子の中にある不足箇所に目を向けて、(期間を決めるなどして)そこを強化することに徹することで、学力の底の部分が向上してくると思います。

 

おそらく弱点が一つということはないでしょうから、これを一つずつ潰していく意識で取り組むを継続していくと、じわじわと学力の底上げがなされ安定してくるのではないかと思います。

 

 

 

これらを集団塾でアドバイスを頂く機会というのは塾にもよりますがかなり少なく、大多数のお子さんは自分で自覚することも難しい。

そうなるとやはり親御さんがお子さんの様子をみて学習の方法を助言していくことが必要になってくるかと思います。

 

その方法は何も難しいことではありません。

 

落としがちな問題をお子さんと一緒にどこでひっかかったのか、一つ一つ確認しながら弱点を補強していくうちに、お子さんの落としがちな問題傾向というのは見えてくると思います。

 

何より、本人がそれを自覚することが最も学習効果は高いので、

是非一緒にお子さんとの対話の中で見出して頂きたいと思います。

 

 

その方法がわからないというご相談もこれまで多く頂いており、学習相談で承ることで

その後は学習が良い軌道にのりお子さんが主体的に学習される方が多いです。

 

もし行き詰まりを感じた場合、塾の先生に相談するなど含め、早く解決の糸口を見つけらることが好ましいと思います。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

国語についてのご相談、低学年のお子さんをお持ちの親御さんからのご相談についてまとめたものです。

 
 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

◎学習環境の大切さ

◎歴史のお勧め

◎おすすめ雑学本

 

新生活を快適に(ご紹介)

遊びながら学ぶ(理科編)

遊びながら学ぶ(体力作り編)

遊びながら学ぶ(算数編)

遊びながら学ぶ(社会編)

遊びながら学ぶ(学習環境編)

夏休みに使用した問題集 [ 理科編 ]

夏休みに使用した問題集 [ 社会編 ]

夏休みに使用した問題集[算数編]

 

低学年・幼児〜学びの姿勢について〜その2

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本選びの参考に①

低学年の学習環境作り〜好奇心の種まき(算数編①)

低学年の学習環境作り〜好奇心の種まき(算数編②)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

必要なものの準備(お知らせ)

外出自粛中の息抜きに

休校期間の家庭学習 (算数図形編)

休校期間の家庭学習についてのご質問②算数編

休校期間の家庭学習についてのご質問③ 受験後の6年生編

休校期間の家庭学習についてのご質問④ 算数好きになる本

休校期間の家庭学習についてのご質問⑤

休校期間の家庭学習についてのご質問⑥ 国語編

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

◉算数

高学年

6年生 春休みの過ごし方(算数)

◆夏休みの学習(家庭学習で使用した問題集)

◆算数で使用した問題集(前回の続き)

◆得意分野を作る(算数の図形分野)

◆算数「比」の強化のために (問題集のご紹介)
低学年

◆低学年で使用した教材など(算数編)

◆低学年で使用した教材など(補足・幼児さんに)

◆入塾前の準備〜続編(算数の問題集)

◆使用した問題集(低学年)

脱線記事・サンタさんからのプレゼント

その他算数関連

◆算数好きになるように〜本のご紹介

効果的な問題集の使い方(算数)

◉国語

国語のサポートで参考になった書籍(親御さんに)

6年生 春休みの過ごし方(国語)

◆国語の読解(その2〜効果があった本のご紹介)

◆使用した問題集(国語の語彙・漢字)その2 高学年向け

◆使用した問題集(国語の語彙・漢字)その1 低学年向け

◆使用した問題集(3〜5年生の国語)

◉理科

◆使用した問題集(理科)

ご参考

教材(問題集)についての考え方

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

 

 

学習環境を整える