I君の家に夜に、再度行きました。




<夜なら絶対誰かいる>




そう思い、I君の家の前に立つ僕。


電気はついている。


<よし!三度目の正直!!>



僕はインターホンを押そうとする。


すると、




「ガチャ」




ドアが開いて、I君の親父(おっさん)が出てきた。



僕は慌てて、


「あ、Iさんですか?」


と尋ねる。



おっさん「はい、そうですが、どちらさん?」


僕「僕、GUMOLといいます。I君いますか?」


おっさん「あ~、GUMOLクンね。今ね、Iは大阪に行ってていないんだよ」


僕「大阪?大阪の大学に行かれたんですか??」


おっさん「そうなんだよ。ちょっと待って。今から連絡してあげるからね」


僕「ありがとうございます!!」




おっさんは、自分の携帯を取り出し、I君に電話してくれた。




<これで、とうとうI君と話せる!>




・・・



・・・




おっさん「出ねーな。ごめん。今出ないみたいなんだわ」


僕「そうですか・・・」




ちょい期待はずれ。



おっさん「GUMOLくんから連絡してみてくれないか?」


僕「いえ、1月くらいから連絡してるんですけど、全然連絡取れなくて・・・」


おっさん「そうなのか。じゃ今度家の電話から後でかけてみるから、GUMOLの携帯番号教えてくれないか?」


僕「はい。分かりました。」




番号を教え、いったん帰宅。




<親展あったかな?I君、連絡くれるだろうか・・・>






4時間後。



エピソード7へ↓↓

AD

「ブーブーブーブーブー」




僕の携帯が鳴る。



いや、鳴ったが、電話のほうではない。メールだ。




携帯を見てみる。




「from I・・・」




I君からだ。



メール?なぜメール?

俺の送っていたメールは全部届いていたってことか?

俺の送ったメールが届いていなければ、俺のアドレスを知るはずが無い。



そう、メールは届いていたのだ。



だからこそ、I君からメールが来たのである。




<やっとI君からきた。これで会える・・・>




僕は安易にそう思った。






が、


結果から言えば、会えなかった。会える状態ではなかったのである。



僕とI君のメールのやり取りからみなさんも想像してみてほしい。なぜ、会えないのか。


今から、メールのやり取りを編集することなく、そのまま全てを公開する。



エピソード8へ↓↓

AD

I君「わざわざ実家にいったみたいだけど、何か用ですか?」




僕「おぉ!このメルアドあたってたんだ。よかったよかった。いやね、1回連絡が取れそうになってから、全く音信不通になったという話を友達にしたら、「なんで家にいかんの?いるかもしれないじゃん」と言われて、それもそうだと思って行ってみたんだよ!大阪ってどの大学行ってんの?」




I君「特に用はないの?」




僕「30日・31日のどちらかで遊べないかなと思っている以外は用はないけど。忙しいの?」




I君「ごめん予定入ってる。」




僕「就活ですかね。分かりました。届いてたなら何度もメールしちゃってゴメン!まぁ元気そうで良かった。また決まって暇になったら遊びましょ!!」




I君「親が心配するから実家にいくとか止めて」




僕「そうか。心配させちゃったのか。それは悪い事しちゃったね。わかった。もう行かないよ。なんかピリピリしてそうだけど、相当忙しいんだね。そんな時にメールくれてありがとう!なんか懐かしくて嬉しかった。ありがとう☆」






・・・・・分かりますか?



完全に僕を嫌っているのです。



僕だけではない。他の友達が電話かけても電話に出ない始末。



俺が家までいったものだから、親に言われて、嫌々メールをしてきたのだろう。



なぜ、こんな風になってしまっているのか?



どこで、I君はこのような状態になってしまったのか??



一度、頭をクリアにして、よ~く考えてみた。






<3月・・・。>



<3年生・・・。>



<就活中・・・。>



<就活中・・・!?>




<そうか!就職活動中でピリピリしてるのか。就職先が決まるか不安なものだから。。>




この↑のメール。そして今までの感じからしてこれが一番辻褄が合うと思いました。



そう、僕はいくら就職活動中と言えども、進学も考えている身。


さらに、大企業狙うなら、ちゃんと就職活動しないといけないのだろうが、僕はそんなところ一切狙っていない。むしろ、中小企業を大きくする手伝いを将来の仕事としたいと思っているので、そんなにピリピリしていなかったのである。



そう、優子さん、ふじこさんなら、I君の気持ちが分かるのではないだろうか??



就職活動は途轍もなくピリピリする人と、就職活動自体を楽しんでしまって、楽にやっている人の2つに別れる。



就職活動が成功する確率が高いほうは、当然、楽しんでやっているほうである。


ピリピリしている方は、それが、相手(人事の人)にも伝わってしまって、相手に好印象を与えにくいらしい。


楽しんでやっていて、本当に自社に入りたくて、自己主張を持っていながらも、グループ行動の時には進んで輪の中に入れるようなやつを、企業は求めていると聞いている。




話はそれたが、I君はそのピリピリしているほうなのだと断定した。



根はまじめなやつだ。

むしろ、完全主義でまじめすぎるくらいだ。



そういうやつほど、ピリピリ症候群に陥りやすい。



I君はまさに今その状況だろう。




そういう状況に気づけなかった僕も当然悪かった。


しかし、電話もメールも返せないほど、ピリピリするものだろうか?


その辺は、真剣に就職活動に取り組んでいるやつにしか分からないから、僕には判断出来ない。



エピソード9へ↓↓

AD

あまりにも、I君の態度(メールの内容)が、中学・高校の時とは違ったので、かなりショックを受けた。



性格が変わってしまっている。



人間、一人暮らしをすると、良い方にも悪い方にも、性格が変わるらしい。むしろ、性格が変わらないやつはいない。


一人暮らしはその人の人生を変えてしまう。



さらに今回は、就職活動ときたものだ。




それで、僕は思った。




<就職が決まるまでは何を言ってもダメだ。会うのはやめよう・・・>






なぜ、一昨年から、僕の夢にI君が出てきたのか分からない。



最近も2月に一回見た。




しかし、それで分かったことは、



相手(I君)は会いたがってはいない。むしろ拒んでいる。ということ。




非常に残念だが、このようなことで、会うことは断念した。




このまま押し通して、本当に嫌われてしまっては、悲しすぎるから。




就職が決まれば、ちょっとは以前のI君に戻ると思う。




しかし、一人暮らしは孤独だ。



友達が少ないほど孤独度は高まる。



それが良いほうに働くと、何事にもどうしない優しい性格の人に変化する。



それが悪いほうに働くと、何事にもどうしないように、自らを閉じ込めてしまって、人に委ねなくなる暗い性格の人に変化する。(=全てがストレスとなってしまう。)




・・・あの一回だけ出た電話は、僕の電話番号だと忘れていて、企業からの電話だと思って出たのではないだろうか。

それで、違ったものだから、慌てて切った。。

そんな感じであろう。



となると、全て僕がかけた電話はあっちにも伝わっていたことになろう。


全て無視していたのだ。




1月からかなりかけた。



70回位いくかもしれない。



この行為で、今のI君の心境を交えると、完全に嫌われた可能性も当然ある。




もう、会わないかもしれない。




では、あの夢は何だったんだろうか?


俺の勝手なイメージだけか。


“これは何かある!“なんて、メルヘンチックな考えした僕が完全なる間違いだった。




と、言うことで、これでI君とのやり取りは終わりです。



I君から「会おう」といってこない限り会うこともないでしょう。



となると、なんか京都or大阪のゼミ合宿なんて行きたくなくなってきたなぁ。


I君に会えるぞ!と思って楽しみにしていただけだからなぁ。




まぁ、でもこれで、謎も解決できたし、考えることもなくなったから、思う存分勉強&就活が出来るようになった!



残りの3月、悔いの残らないように↑のことをやっていこう!!




ながながと、この「Look for I!」を読んでくださった方、こんな結末ですみませんでした。読まれた方はせっかくですので、コメント残していってくださいね~。




では!

MITSUBISHI6

三菱自動車の「i」


ゼスト

本田技研工業の「ゼスト」

同じ時期に投入された新型軽自動車。

僕に、

「どちらかプレゼントするから、どっちがいい?」って聞かれたら、

「iがほしいです!!」

と、速攻言うと思います。

もう、どう見ても、iの方が街中で目立つの間違いなしだからね。

ゼストも格好良いけど、既存の軽と形あまり変わらないからね。

やっぱり目立つものがほしい、

目立ちたがり屋のGUMOLです。

えー、えー、そりゃあもう、

ブログに書いちゃったもんですから、

I君家行ってきましたよ~ん。

結果・・・

留守でした。

なるほどなるほど。こういう展開もあるにはあったんだよね。

と、いうことで、

いつ家族が家にみえるのか分からないってことで、

今度は家電に電話します。

そっちのほうが、楽チンかなと思いました。

明日かけてみよ~♪