チュピクエストストアーズ

よろしくお願いします。

おっしゃ!365回(1年分)更新完了!

これで思い残すことなし。

ちょっと4月に食い込んじゃったけど、明日から院生生活も正式にスタートなんで、今日中にブログにケリがつけれてよかった。

GUMOLは生まれて初めての勉強漬けの2年間に突入しますばい。

これでブログは本当に終わり。じゃね!

AD

買いました。

コレ↓↓↓

チュピ&マクTシャツ ¥2,100

チュピ顔型クッション ¥2,940

ん???

なんかみんなの反応が薄いねぇ。

なにそれ?って顔をしているねぇ。

ダメだよ、流行に乗り遅れているよ。チュピを知らないなんて。

「チュピクエスト」の主人公だよ。

What?チュピクエストを知らない?

ほら、Y平くんもやっていたじゃない。

taksくんもやっていた(らしい)じゃない。

そして、俺もやっていたんやんか・・・。

小学生時代にマンガを書いていたってこと。

ぶっちゃけ誰でもマンガは一度は書くんだよね。なんか書きたいじゃん。

俺も小学2~4年まで、宿題も一切しないで、マンガ創作活動に勤しんでいたわけよ。

そのおかげで、小学校時代の成績は\(^0^)/

もう絵文字なんかほとんど使わない俺でも使っちゃうような素晴らしい成績。

まぁその成果もあって、マンガが続々と量産。

GUMOL(小学生時)のマンガ代表作、「チュピクエスト」が完成したのであります。


チュピクエスト

ストーリーは、主人公のチュタロウ(十姉妹:賢者)、もう一人の主人公のチュピ(十姉妹:魔法使い)、付き添いの文吉(文鳥:勇者)、同じく付き添いのマク(芋虫:属性不明)等が、魔王マクロン(マクの父)を退治しにいくという話。なぜ魔王の息子?のマクがこちら側についているかは今となっては謎であります。


チュピ

チュピ


マク

マク

この「チュピクエスト」、22巻まであります。

しかし、最近全巻そろえようとしましたが、どう家の中探しても22巻目だけないんですよね。ちょっとがっかりです。最終回はどのようになっていたのでしょうか?

さらに、この「チュピクエスト」には続編が存在します。

その名も、「チュピクエストⅡ」。

・・・もうとんでもね~ネーミングセンスだぜ!!

しかも、「チュピクエスト」までは、A4ノートに書いていたのが、親に「あんたノートだとすぐ書いちゃって勿体無いから、自由帳に書きなさい」と言われ、「チュピクエストⅡ」は自由帳に書いているんですよね。さらにコマもすごく細かくなっています。よほどケチっているのが分かります。小学生ながら環境対策を講じていたんですね。

チュピクエⅡ(略します)は2巻(ノートだと約7巻分)で完結しています。

が、さらにさらに、このチュピクエⅡの続編があります。

「チュピクエストⅡ-W(ワールド)」

なんかもう、いつまで書くつもりなんだろう?だなんて今更ながら思う。

でもこの頃は燃えていたんだ。絵を描くことと、クレヨンしんちゃんを見ることに燃えていたんだ。

これも、自由帳で2巻あります。

が、さらにさらにさらに、続編があります。

「チュピクエストⅡ-W-2」

もうね、長い。

でも、チュピクエⅡW2は1巻までしか存在せず、さらに完結していない。

多分、書いているうちに小学5年へと進級し、書かなくなってしまったものと思われます。

が、チュピクエⅡW2が完結していないのにも関わらず、その続編がまたもや存在するのです。

「チュピクエストPlus」

しかし、このチュピクエPlusは1巻も書かれていません。なんか、ストーリー構成が書かれた紙はあるのですが、マンガとしては存在していないのです。

書かれていない理由は簡単でした。それを書こうと思ったのが大学2年。

ほら、大学生って自由じゃないですか。再びマンガ書いても生活に支障が起きない時代じゃないですか。だから書こうと思ったんですよ。

でも気づいたんです。小学生の時のようなマンガに対する忠誠心は全く無いことに。

書けない・・・そんなに頑張ってまで書けません。。。だったら競馬行ってたほうがi(ry

ということで、チュピクエPlusも構成段階で挫折。

こうして「チュピクエ」シリーズは一応終息したのです。

でも、でもだ、絵を描くこと自体は今でも嫌いではないのです。

連載ものは無理だとしても、1コマ勝負の絵だったら書けるんです。1時間程度の勝負ですから。

で、大学生活中ずっと、1コマで成り立つ何かを探し求めていたのです。

そして、大学生活終盤。終盤も終盤ですけど。

やっと見つけたのです。1コマで意味がある物を。

続く~↓

AD

それがこれです。


ehehe

チュピクエストのキャラクターが商品になって発売することにしました☆

第1弾として、Tシャツと顔型クッションをリリース。by チュピクエストストアーズ

いや、別に買ってくれなくていいっす。ただ、商品と言う形になったことが嬉しくて言いたかっただけですから。

でも、なんとなく幼児にウケたら嬉しい気持ちもあります。ママさんとか保育士さんとか買ってくれないかな~。

あ、だから商品の紹介はしてほしい気がする。そう、気がするだけ。

いや待てよ。商品というか、店舗紹介されたらGUMOLの名も世に知れて、そのうちこの変なブログも発見されてまうんでねーの?

それは困る。実に困る。俺の進路より悩むべき問題になる。

どうしようか?

そっか、店舗の方では店長名(HN)変えればいいのか。

あ、でもなんか本社側から送られてくるメールはもうGUMOL店長になってるからな。

さらに話しずれるけど、ものすごくやる気満々そうなメールを送ってくる。商品ひとつ売れるだけで、「おめでとうございます!GUMOL店長!!」的メールがくる。

いや、そこまで売れなくてもいいんだ。いやいや、売れてもいいけど一気に売れたりはしてほしくないんだ。お笑い芸人的流行はいらないから。

で、何の話だっけ?なんだかんだ言っても、そんな服10着たりとも売れねーよって話だっけ?

あー、反対に他の人に売れたら宝くじ2等に当たったと同じ喜びがあるね。

そう、この自分のお店も、訪問者最小の自己満ブログの延長でありますから、売れなくとも僕的には結構なのです。商品はサイバーエージェントが許してくれる限り作っていきますから。

うひょひょwww。なんかこういう誰も知らないのににんわりと続けているっていうのが、道の脇に転がっている小石的存在に比類して楽しい。

うむ。暇見つけてどんどん商品発表していこう!!

AD