色々体験させたつもり。

 

多感な時期だからどう捉えるかが問題なので、変な捉え方する前にフォローせねばならないけど、高校生ともなれば、色々体験して視野を広げても当然良いわけで。

 

まあぶっちゃけフォローできるほど俺も人間できてないけど、将来、こいつらが、高校生時代色々やったなーと思ってくれれば任務完了である。

 

加えて直近で来年度に「これ昨年度やったから」と言って、余裕をもって活動ができるようになっていればこれまた狙い通りである。

 

「間違えた」と言っていたけれど、間違えてこそ人間。一生懸命やっていれば、最初の失敗など許容の範囲。最低でも俺は責めやしない。むしろよく堂々と失敗したと言ってやりたい。問題はそれでへこまず、むしろ経験したんだと自分の経験値にして、次に活かしてほしいわけで。

 

「GUMOLめっちゃ色々やらせるよね」と裏口叩いてるかもしれないが、それはそれで俺にとっては狙い通りである。

 

別に早く大人になっても誰も文句は言わない。

 

AD

全国の不登校を頑張ってるみなさんへ。

 

最近特にメディアが取り上げてくれてますね、夏休み後の自殺。

 

自殺まで行かなくても、新学期の始まり期、余計に鬱になっている子が多いとの。

 

ここで私から2つ言いたいことがありますので、お伝えします。

 

いや、3つかも。

 

1つ。自殺しても良いことは1つもありません。残念ながら天命が尽きるまで自然に生きましょう。

 

なんかね、あの世があると信じていると余計に自殺してこの世からおさらばしたい子が増えるようですが、あの世など存在しません。

 

死んだ後は、寝ているときに一瞬起きる真っ黒な無の世界観が永遠に続くだけです。楽しいことなど一つもありません。永遠の無の世界へ行きたいのであればちょいと話が変わってきますが、生きていれば最低でも無より楽しいことはそのうち必ず起きます。たかだか10数年程度生きたところで楽しいことがわんさかあると考えている方がおかしいし甘いです。高校くらいまで全く楽しいことが無くてもなんら問題ありませんし、人生そんなもんだと私は思いますので、そのままつまらない辛い生活をしてください。20歳以降に楽しいことが起きればそれで人生普通です。みんなは楽しそうだと言う反論がありそうですが、あれは大半が楽しそうに見えるか楽しそうな雰囲気を作り出しているだけです。そういう能力があるだけで、不登校の皆さんには大半そのような雰囲気を作り出す能力が無いと思うので、それで問題ないです。本当に楽しいことなどそうそうありません。不登校で暇であれば、社会に復帰したときのために楽しそうにしている演技が出来るように練習してください。それだけで世の中優位に渡っていけるようになります。

 

ついでに、あの世が無ければ生まれ変わることもありません。あなたの人生や価値観と言いますか、脳みその中身は生まれ変わることはありませんので、本当に永遠の無に行くだけです、自殺というのは。死こそ本人にとって一番辛いことです。それだけ辛い思いを本当にしましたか?

 

2つ。上記に繋がりますが、死ぬほどの辛さを本当に味わったか私は疑問です。すなわち、家族などにも反抗し不登校を貫き、誰からも不登校を受け入れられなければ、警察・行政に自ら訴え、それもダメなら一人で生きていく決意・行動をしたでしょうか。親の金でも盗んで、何か月か国内でいいので旅にでも出たらいかがでしょう。要は死ぬくらいまら死ぬ前にやれることを全てやってから死ねばいいと思うわけです。本当に逃げまくましたかと私は問いたいわけです。自殺ほど周りに迷惑をかけることはありませんので、家出くらいどうってことありません。家族まで不当に反対されどこにも居場所がないと思うのであれば家出すればいいだけです。居場所などこの日本国内全体に視野を広げればありますので。

 

3つ。不登校という行動に対する心理的側面について。よく、ネット上で「不登校は逃げではない」「不登校は恥じることではない」という文言をよく見かけます。

 

それは間違いだと私は思ってます。不登校は恥ずかしい行為です。みんなと違うことをしているのですから。残念ながら我々の生まれた日本国は集団主義なのでみんなと違うことは、軽蔑されます。すなわち、恥じる行為となり、逃げていると思われても仕方ありません。世の中学校がすべてではありませんが、最低でも学校からは逃げていると解釈されてもしようがありません。本当なのですから。

 

でもね、最近素晴らしい超的確な言葉が登場していたの、皆さん気づきましたか?

 

「逃げるは恥だが、役に立つ」

 

逃げ恥なんて約し方されて、私は遺憾なのですが(逃げ役にしてよと)

 

前述通り、不登校は逃げる行為で恥じる行為であります。

 

が、将来的に自分の人生に役に立つ行為です。

 

生きていればいつでも人生逆転のチャンスがあります。死ねばそこで終わりです。学校だけが世の中すべてではありません。なぜなら一生学校に通うことは無いから、15歳でその呪縛からは勝手に解放されます。80年生きる可能性があるとしたら、残り65年は学校とは無縁の人生を送る人が大半です。逆にそれまで逃げて恥をかいていれば、人生再スタートが切れる訳です。15歳までの人生の遅れなど、遅れのうちに入りません。それも今では分からないでしょうけど、人生いつまでも暗いままという幻想は今すぐ捨てて、いざ学校から解放された時用に、勉学・運動に不登校しながら励んでください。

 

会社・社会では大半学校の知識は必要ありません。でもその他会社・社会で必要な事を新たに覚えなければならないので、勉強するということは人生の中でも続いていきます。よって勉強嫌いでは、社会に出ても苦労しますので、勉強が苦じゃないようになることは大切だと思うので、学校の勉強でその練習をしておいてください。

 

あと、会社・社会は体力が第一です。頭の良さは大して必要ありません。なので折角不登校で自由に運動する時間があるのですから、運動しまくってマッチョになることを強くおススメします。

 

健全な精神は健全な身体に宿るということわざもあながち間違っておらず、マッチョになるとなんとなく自信も出てきますし、喧嘩でもしてみようか?という気分になってきます。これらも今後役に必ず立ちますのでやっておいてください。

 

というのを総合して、「逃げるは恥だが、役に立つ」

 

全くその通りだと思います。

 

そもそも逃げないなんて動物学的におかしい行動だし、恥じをかかない人間などこの世にいないし。ここら辺の考え方もそもそもおかしいとも言えます。

 

不登校の皆さん、自殺はまず横に置いておいて、「逃げるは恥だが、役に立つ」ので、よければ私のアドバイスも行いつつ、ひとまず人生天命尽きるまで全うしてください。

 

AD

最近は、ようつべ活動の方も落ち着いておりまして、ブログのやり方も思い出しまして、ちびちびと交信しております。

 

んで、アクセス数をカウントしてくれる機能があったことを思い出して、3年ぶり?位に見てみたわけです。

 

そしたらね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっげーアクセス数伸びてた。

 

 

 

 

過去3か月分しか見れないみたいだけど(昔は1年くらい前まで見れたと思う)、なんかね、俺が頑張って投稿しまくってた学生時代より3倍以上アクセス数伸びてた。

 

さらに、当時無かった(気づかなかっただけかも)アクセス機能を発見。

 

どの記事にアクセスがあったのかというもの。

 

なんで更新してないのにアクセスあるんだろうと思って、その機能見てみたら、特定の記事がアクセス数を稼いでいるらしく、それでここ3カ月は投稿全盛期より見てくれる方が多くなっているようです。

 

こんな何の実にもならないブログを読んでくださるなんて。ウルウル。

 

今後も意味のない記事を投稿指をしていきますので、時間を無駄にしたい方はお読みください(時間を無駄にしたいとか人生の勝ち組すぎるだろ)。

 

とか言いつつね、またようつべに戻るかもしれないし、最近チョコレートスモーカーズのゆるゆる感にハマってますからね、それでブログ放置するかもしれないし。

 

あれ?なんか俺もチョコスモのせいで時間を無駄にしているかも。人生勝ち組だったっけ?でも年齢別年収で検索して比較すると俺すっげー年収低いんだけど。人生は勝ち組?

 

AD

俺がずっと思っていたことがとうとう、ネット記事になっていたので、便乗して書いてみます。

 

現在、甲子園で高校野球やっていますね。もう日程終盤ですが。

 

毎日朝から晩まで野球漬けの高校球児がテレビ画面に映っているのを私も何年も見ています。

 

鍛え上げられた体・技術。やはり全国区になると並大抵の高校生ではないことは俺でも分かります。

 

ベンチを見てみると、レギュラーやスタメンじゃない生徒でも、マッチョ。自分の出番がいつきてもいいよう、仕上がっているのが分かります。

 

スタンドがちょくちょく映ります。スタンドで応援しているベンチ入りできなかった部員をみても、これまた体格上ではレギュラーと引けをとらない部員たちが必死に応援しています。あの炎天下の中応援できる体力・・・すごいの一言です。

 

応援部員のなかには3年生も含まれていることでしょう。ベンチに入れなくても、ともに練習してきた同志が念願の甲子園での野球をやっているのですから、応援にも人一倍力が入るでしょう。

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・そして、この応援部員3年生をみて私はいつも思ってました。

 

彼らは卒業しても野球を続けていくのか。

 

ここまで野球一筋でやってきたのでしょうから、大半の子は続けていくのでしょう。

 

進路先で野球を続け再び全国区大会に出場できるかもしれません。そこでレギュラーになれるかもしれません。今は応援部員でも4,5年後にはプロから声が・・・。

 

まだ高校生ですから、希望は持ってなんら問題ないと思います。

 

しかし、ひねくれている私はいつもこう思っていたのです。

 

《野球人としては、ベンチにも入れなかったかもしれない。でもこれだけ鍛えてきた体を他に活かすことは十分できるはず。野球以外の道を考えたりしないのか》

 

要は、部活引退後は、他のマイナースポーツへ競技を転身してみたりしないのかと。

 

ひねくれ思考だと思ってずっと胸の内にしまっておりました。

 

そしたらね、スポーツ庁はそれを推奨してたってネットニュースが上がってたって話ですよ。

 

超要約すると、高校球児に限らずに、超メジャースポーツで全国まで行ったけど、ベンチや応援で終わってしまった高校生アスリート諸君、マイナースポーツへ転身してオリンピック目指さないか?って話のようです。

 

それこそね、オリンピックだからいくらマイナースポーツでって言っても、簡単に出場できるとは思えないし、メダルなんてまたまた遠い話。でも、高校球児で言えばあれだけの部活練習をやってきた忍耐力と当然それで培った体力・運動神経。

 

加えて、上を目指す向上心は天下一品。それをね別のスポーツに転換したら、全国レギュラークラスになれるかもしれない。

 

でもやはりその試みはうまくいってないみたい。なぜなら、ここまできた高校生クラスなら当然持っているプライドが他スポーツへの転身を許さないのでしょう。加えて、上記の通りのマイナーと言っても上には上がいるってことで、なかなかスポーツ庁の思惑通りにはいってないみたい。

 

でもね、1つだけ。プライドは捨てて構わないと思う。なぜなら、1つのスポーツに幼少期からこれだけ集中するのは日本人だけだから。外国は他スポーツへの転身を逃げとは思っていないし。

 

グローバルの流れが大好きな日本人のくせにこの辺それこそ無駄なプライドが働いている。そう思うのです。

 

部活引退は、最大の転機。プロ野球と同じ公式を繰り返す必要なし!

 

すなわち、超有名プロ球団に入ったのに2軍でプロ生活を終える?

 

NONO!超ヘボ球団でも1軍に出れた方がいいじゃん!

 

超有名プロ球団=野球、超ヘボ球団=他スポーツと置き換えればいいでしょう。

 

あれだけの恵まれた体を活かさないのは勿体ないとずっと思っていた私は、あながち間違ってなかったのかも。後はどうやって行政が情報流していくかでしょうね。

 

俺は大変良かったと、支持するよって話。

 

俺の後輩Aが、またその後輩Bの指導をしているのだけど、簡単に言えばBが無断で休んだわけ。

 

Bも良い奴ではあるのだけど、どうしてもそういうところが新人類といいますか、やはりゆとりはまだ消えていないというか。無断でお休み余裕な訳です。

 

そのことについて、Aは俺にちょくちょく相談してくるわけです。どうしたらいいんでしょうと。

 

俺もまたギリ昭和の人間ですから

 

「んなもん罰を与えたらいいんだよ。それに胸ぐら掴んで言うくらいまではもし俺がその場見ててもAを支持するよ。上司に突っ込まれたら俺が説明してあげるし。言っても分らん奴にはそうするしかない」

 

と伝えるんだけど、どうやらそこまでは・・・という感じがこの1年ちょっと続いていたわけです。

 

そしてこの前、重要な会議をすっぽかしたわけです。Bの奴。

 

そしたらね、胸ぐらは掴んでなかったけど、怒鳴って怒って、1日中罰を考えて与えてました。

 

Bもやっと反省をしていた様子でした。顔が1日中ブルーでした()

 

でもね、一番喜ばしいのは、Bの更生じゃなくて、Aの成長ですよ。

 

なんか殻破ったなーと思いました。

 

怒るとか罰を与えるとかが苦手だったAがね、急に実行してたわけですよ。

 

まあこの事が上に知れたらAが御咎めあるかもしれないので、その時はフォローに入らないかんのうと思っていますが、Aの行動が悪かったとは全く思っていません。

 

今日見てて「あ、その指導ちょっと違う」というところも見受けられたので、また今度話してやろうと思いますが、それでも90点はあげたい。

 

今日Bにはフォローしておいたから、あとはAに伝えてひとまず俺の役目は終わるかなーと感じた最近でございました。

 

なんか本当に嬉しい。

 

あ、でも体罰はダメよ。俺の中で胸ぐら掴むのは体罰じゃないけど。叩いた時に音が鳴ったり、鳴らなくても赤くなったり跡が残ったらもうOUT!

 

あと叱ると怒鳴るは違うわけで。上記で怒鳴ってたと書いたけど、要はそこ減点対象。

 

もうね怒鳴ったり、体罰のパワハラしなきゃいけない状態ならもう上司にあいつ首にするか、上司が面倒みてくださいって言っちゃったほうがいい。

 

Aむっちゃマッチョで体育会系なのに、そういう指導的なことになると全然奥手になっちゃうから。なんか学生感がとうとう抜けたなーと思えて。嬉し過ぎる。いいよいいよー!!どんどん叱っていこー!!