• 03 Apr
    • スポーツも行政如何。

      ハネタクが取材を断ったことはほとんどないとTVで言ってた。   それは、カヌーを普及させるため、僕が出ることによってカヌーの認知度が上がるならだそう。   でもさ、カヌーて水無いとできないじゃん。   つまり、川、池、湖、海とかじゃん。   それって行政の管理下で、一国民が勝手に乗ってたりすると怒られるのが現状だから、自由にはやれないじゃん。   すなわち、行政の許可を取らないと、カヌーなんて乗れないじゃん。   だけど、行政て面倒くさがりの象徴だから、いちいち許可なんか出してくれないじゃん。 結局、乗れる場所ないじゃん。   乗れなきゃ普及なんかできないじゃん。   よって、カヌーは現状一生普及するわけないんですよ。永遠にマイナースポーツ。   カヌーだけじゃなくてマイナースポーツて環境か金銭面などで制限がすごくあるからずっとマイナーなんだろうねえ。   単につまらないから流行らないってものもあると思うけどさ。   やろうと思っても簡単にできないものも流行るわけないよね。いくらヒーローが登場しても。

      3
      テーマ:
  • 14 Nov
    • シンプルかつ素晴らしいロジックなんです。

      初めてちょい炎上してたわ。気付かず1年くらいたってたわ。 今回は返信しました。昔ならガン無視だったろうけどね。 Y平くんやたくっちゃんはこんな感じだったのかなと今さら振り返っておりますぐーもるです。お久しぶり。 てかまだアメブロやっている方いらっしゃるんだなーと。俺もやってるけど、こんなん特別天然記念物やろ?と思ってましたけど、20名の方からコメントいただいてましたね。ええ、半分スパム。 それこそブログなんて俺にとっちゃ学生時代のレガシーですよ。最近のレガシー作りがいいらしいのでいいことですけどね。あ、車の話です。 という前置きを挟み増して本題です。 ひたすら消えない話の話。 特に市町村職員の話なんですけどね。 永遠に無くならない、コネはあるのかないのか論。 なぜ永遠に無くならないのでしょうか? コネがある派の人は、 「友人等が採用されて、さらに自分で「コネだ」と言っていた」 「馬鹿な友人等が採用されてしまった」 「テストが完璧で、面接も無難にこなしたが落とされたから」 などなど。 コネがない派の人は、 「自分がコネ無しで堂々と受かったから」 「コネ採用したという根拠がない」 「落ちた奴の負け惜しみ」 などなど。 まあ、なぜ無くならないかと言えば、簡単に言うと、採用試験が無くならないようなロジックで構成させているからとしかいいようがありませんねえ。 これ以上は何も言いませんが。。。 簡単かつ明快な結論だな(笑) でも、市町村職員を目指されているみなさん!! この文章読んでイライラしたり愕然としたりする必要は全くありません。 この文章が読み取れた人はすでにやる気になられているのではないでしょうか。 裏から読み返せば、コネはあってもなくても受かるということです。 最後に俺から見た採用試験に合格しやすい人の特徴を書いて終わります。 ・とにかく文句の無い筆記試験の点数(トップ3に入る) ・体力がある(結局公務員なんて体力勝負の仕事しかない) ・ハキハキしている(声はまあまあ大きく(大き過ぎ×)。敬語普通に使える。物怖じせず自分の意見を言うが、それこそ相手の意見も聞いて、再度まとめた自分の意見が上記2つを兼ね備え言える。そして意見がポジティブである) 目指しているみなさん頑張って。

      25
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 可能性ありとしか今は言えない。

      大学生の時、たまたま席固定講義で俺の後ろにいた子(男ね)と入学早々お友達に。 このブログ開始時なんてその子含む連れが形成されていたわけで。 大学の連れと言えば俺はその子周辺を指すわけですが、 その中でもその子はちょいと特別な感覚がその時代からあったんです。 なんか全然気を使わないなーと思って。 あ、俺がゲイに目覚めたって話じゃないので安心して読み続けてくださいね。 話しかけた当日から呼び捨てで下の名前呼んでたくらい、全く気を使わなかったのですよ。 学生時代てなんか友達といるときとかに沈黙の時間あるとちょっと気まずいじゃないですか。 でも、その子といる時はあとえ2人きりの時とかでも平気で沈黙貫ける間柄でしたねー。俺の一方的だったのかもしれないけど。 そんなこんなで現在に至るわけですが、その連れの結婚式が3年ほど前にあって、その子ともその式場で出会って以来、出会うことが無くなってしまったのだけれど、 ついこの前急に電話がかかってきまして、 子「ぐ~もる元気~~??」 ぐ「あれ?なんか超久しぶりじゃん?今は仕事で死にそう~」 子「まじか(笑)あのさ~」 とうとう、この子からも学生時代の連れを利用した営業が来たのかと思いましたが、それではなく、 子「なんかさ~、この前初めて知ったんだけど、俺とお前血筋かもしれない」 ぐ「ほう?それはどういう経緯でそうなった?」 簡単に言えば、その子の祖母の祖母&うちの祖父の祖父が兄弟っぽいという話。 子「こっちでは、可能性が高いって話題になってるんだけどさ、ぐーもるの方からも調べてみてもらえん?」 ぐ「わかったー。なんかおもろい話題ありがと!」 もし本当なら、血筋と認識していなくても、結構な遠縁でも、遠慮がいらない(気楽でいい)のが体は分かってるのでしょうかね~というお話。

      10
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 実はバイトが一番恐いものなしだったりする。

      面白い記事があったので、超久々投稿。 「ゆとりバイトが、バイトでサービス残業なんてあり得ない」 「経営者側はバイトでも店に貢献するべき身分で、お金も動かしているわけだから責任(サービス可)がある」 との会話。 どっちの言い分も分からんわけではないが、雇われ側としては、ゆとり派。 雇われ側というか、普通バイトでサービス残業とかあるの?と率直な疑問。 働きが悪い奴なんか辞めさせればいいのに、わざわざサービスまでされて雇い続ける理由とは? 責任感じさせてタダ働きサイコー!とか経営者は思っているのかもしれないが、当然バイトなのでそんなんトンずらするでしょう。 そんな人事繰り返しているうちに本業のサービスの質が低下して、その組織は潰れるって簡単に予想つく。 そのサイクルが見通せない人からはバイトも学ぶことないから辞めるのは当然。 効率が悪いと思っている経営者と学ぶことが無いと思っているバイト。この2点からみればサービス残業させる意味ね。無いね。 俺も一回「代わりはいくらでもいるんだから、働きたいならもっとやれよ」 と言われたことがあるけど、働きたいのは当たりだけど、別にそこで働きたいわけじゃなかったから、 「じゃ代わりの人と代わります(辞めます)」 で退職したことある。 んで、バイトの先輩に、「なんか上司から役に立ってないようなこと言われたので辞めます」 と言ったら 「いまぐーもるくんに辞められたらどうやって仕事回していくんだよwwwwwwww」 と本当に叫んでいたのは覚えてます。そんなことしったことじゃないと思い速攻辞めました。 この面白い記事のキーポイントは「バイト」だと思うんですよね。バイトって辞めることに抵抗ないじゃないですか。 福利厚生×退職金×ボーナス×時給制の昇給皆無なバイトという職について、しがみつく人いないと思うんですよね。 いや、バイトはやりたいのかもしれないけど、バイトできれば職はなんでもいいってなりやすいじゃないですか。 そこを経営者が見抜いているかどうかでね。 ブラックな所は履歴書とかで揺さぶってくるらしいけど、そんなことばかりしていると、バイトたちは、 「そもそも本当の住所書く必要なくね?」 とかになってきて、いつでもトンずらおk状態を構築し始めるんじゃないかと思うのです。 通常であれば、本当にそこに住んでいるかはバイトまでは確認しないと思うので、それをまた防ぐために住民票でも請求しようもんなら、 「じゃここでは働きません」 とか、面接時点でバイトに逃げられたりね。 でも、今回そのバイト逃げ逃げ対策法をブラック側に融通させた日本のカス制度がマイナン。 マイナンのおかげでもっとブラック増えると思うよ。その点どうにかしてくれないと参議院選勝てませんよ。俺でも分かるのだから国民の10割は気づいている。 そもそも、バイトに金を動かせるような仕事を与える会社があるのだろうか? そりゃお客さんから預かるくらいならやらせるだろうけど、帳簿とか財務諸表に関与することがあるのだろうか?その時点でバイトの職務を逸脱しているようにも思うけど。 さらに店に貢献すべきというのはどういう意味だろうか?時給分だけ貢献すればいいのでは?貢献というより職務を果たすだけと言った方がいいような。 職務を果たす以外に貢献する必要があるのか?正規でもそれ以外なんてやってないように思うけど。むしろ正規の方が淡々としか仕事してないと思う。 バイトの方がむしろ心に余裕があるから、アイデア出してくる印象が俺にはあるのだが。まあそうでもないバイトも確かにいるけど。 だから、サービス残業なんてさせないでむしろはやくクビにすべきじゃないの?経営者側としては。バイトもそっちの方がありがたいと思うよ。 長くなったので、また書きたくなったら続き書きます。多分書かない。

      2
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 暮れ~なず~むブログ~。

      Y平くんのブログを読んでいたら気づいたのです。 「あ、まだランキングなんかあるんだ」 と。 これでも私も昔々はランキングに参加していた身分でして。 何位までいったか覚えが全くございませんが、当時御付き合いのあったブロガーさんたちは、そのランキングサイトでは一桁とかに入るほどの猛者でございました。 でも、なんやらそのランキングサイトはたまに乗っ取られるというか、投票操作があったりして、そのうちランキング参加者も減るようになり、管理人も多分管理するの面倒になったとかで閉鎖した次第と思われます。 Y平くんが現在登録しているランキングサイトが現状一番ブログランキングで有名なサイトなのかな? いざ見てみるとカテゴリが細分化され過ぎていて俺にはもうついていけない。むしろうざい。 ねいばーまとめが存在するこの昨今で、あの細分化はもう俺には合わない。もっとコンパクトにして。まとめて。 それはさておき、今どきの大学生以下はそもそもブログなんてやっているのか?と思い、その細分化されたランキングを見ていくと、どうやらやっているようです。 いまやSNSが流行し、それもいろんなSNSが存在する中、ブログを選択する大学生はどのような気持ちでやっているんでしょう? それこそ好みの時代に突入しているようですから、好みなんでしょうけど、似たようなサービスがある中、ブログを選択するとは、時代に逆行したいタイプなのかしら? でも、ある情報だと、広告収入得たいならブログが一番単価良いみたいなこと書いてあるの見たことあるから、それ狙いなんかな? まー、懐かしかったですけどね。ブログなんて文章考えて打つのに時間かかるしね。よくやってるなと思いますよ。さらにようつべrみたいに有名になれるわけじゃないし(はあちゅうは別ね)。 と言いつつやり続けている俺、どうしようか。

      19
      テーマ:
  • 09 Feb
    • バスケやったことないけど、惚れてます。

      赤司くんに。 黒子の赤司くんね。(へんな略し) 前にも書いたかと思うけど、黒子っちより赤司くんの方が成長してんじゃねーかってくらい。生い立ちあるし。 中二病になっちゃった経緯も最後の最後で分かるしね。さらに現実にありえる・・・というか俺とかぶっちゃうからすごく好きよ。 え?赤司くんの魅力分かりませんか? 小学生の時かな?母親が亡くなり、でも成長スピードを遅くすることは父親に許されず、むしろ人より早く成長し、人の上に立つ存在にならないといけないというプレッシャーを課せられるけど、中学生の赤司くんには荷が重すぎる。そう感じた時に中二病に感染。ここで友人関係において何もなければ軽症で済んだのだろうけど、友人があろうことかバスケの猛者というか能力者。 リーダーとしての資質を友人から問われ、成長の差までまざまさと見せつけられる始末。リーダーになることを強制させられていたのにもかかわらず、むしろ無能扱い。トドメに相談にのってくれるというか、唯一の支えだった母親がすでにいない、自分でどうにかしないといけない。急に強くならなければならない。急に。そして中二病を発症。感染しただけなら赤司くん自身も表に出てこず、普通に成長して大人になれたかもしれないのに、中二病発症(表に出ちゃった)のため、例の赤司くんが形成されたと。 泣けるじゃないですか。黒子の荻原くんに思う過去なんて、火神が言うとおり黒子の勝手な思い込みだかんね。赤司くんなんて、ゲームで見せつけられ、紫原・青峰からは言葉でちゃんと従えないと言われちゃってるからね。大変よ。 それがどうよ。せいりん戦で、自分のやり方に疑問を抱くというか、自分のやり方が通用しなくて、戦意喪失しちゃって、先輩に問いかけられ、自問自答しちゃって、そのあげく昔のダメだと思っていた自分がやはり当たっていたんじゃないかと機転が利いちゃうじゃないか。実に思春期イズムを直に表していてよろしいと思いませんか? 中二病をこじらせている人はもっと従わせなくちゃと思うのかもしれないけど、よく高1で気づけましたと褒めてあげたいですよ。 もうほんといいパイセンに出会いましたよ。黛パイセンありがとうございますですよ。 アニメはその辺をギュッと凝縮しちゃってるから実にもったいないと思うわけですが、ひとり親家庭の中高生に見せてあげたい作品ですな。そう読めたりしないか?と飲みながら語ってやりたい。相手は飲めないし、おじさんの説教始まったよでつまらないと思うけど、俺は語りたい。 え?続きを聞いてくれるって?あのさーそれでさー。

      8
      2
      テーマ:
  • 28 Jan
    • わざわざ宣誓するのはほとんどがスポーツマンシップなんて無いからじゃない?

      メジャースポーツがメジャーになった訳。マイナースポーツがマイナーで居続ける訳。 世の中の人はどのように考えてるのかなーと思い、「マイナースポーツ 流行らない」で検索。 上位のブログで俺と同意の投稿を発見。 他にも、そのスポーツやるのに金がかかりすぎる、場所がないとかあると思いますけど。 大分な要因と思われる「無法地帯」化がマイナーで居続ける訳でしょうね。 ゲームルールもそもそも適当か、ちゃんとルールがあるけど審判が適当か。 大会をやるにしても、締切なんてあってないものになってたり、会場の使い方にスポーツマンシップのかけらもなかったり、逆に自分たちの無法化を会場・運営に押し付けたり。 会場側はそんなんなら来ないでくださいとなり余計活動場所が制限。 運営側は大会を成功させたいものだから、締切守らない糞どもでも応対してしまう。 もうそれは負の連鎖な訳ですよね。それにさえ気づかないマイナースポーツプレーヤーたち。 そりゃ、人間ですから中にはルールを厳守モラルも厳守。それゆえそのスポーツを振興させたいと思う人たちはいます。でも、そういう人こそその世界から弾かれる素晴らしさ。村八分? もうマイナースポーツ界は村組織そのもの。そう、要はその村で楽しく暮らせれば問題なしという人が大半でそもそも流行らなくてもいいという前提があったりする訳です。 ゆえにルールなしモラルなしが問題無しになってるのが現状かなと。 それをマスコミ含む情報に強い人々は、それを紹介したばかりに自分までモラルを疑われたくないと思うのは当然で、大々的に報道してくれるわけなし! よって、その村は発展することなく、町にも程遠く、そのうち廃村になるという道を歩んでいると思います。 むしろそのようなマイナースポーツを存続させる意味は私は感じませんので、外部の方々は徹底的に白い目で見てやって、消し去ってやればいいと思います。所詮スポーツですから、無くなったって困りはしません。

      8
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 我、草食系。

      今年も成人式が荒れたところがあったそうでなにより。 なによりというか、草食系男子と言われ、男子の威厳を失いつつある近年、成人式で一端に旧式大人たちと対峙する姿、大変肉食系でよろしいんじゃないですか。みなさんが男性に求めているものの一部を垣間見た感じがします。俺は草食系なので全然求めていませんが。 俺が最近関わっている大学生たちもこれの象徴のようで、全く言うことは聞かないわ、聞かないだけならまだしも人に迷惑かけるわ、遊び優先だわで大物になるか世間のゴミになるかのどちらかだろうと予想しているのですが、まあ、遊びは大学生の第一目標でありましょうから、そこはしょうがない面もあるかと思いますけど、言うことは聞いてほしいというか、話し合いしましょうよ、と思うわけです。 話し合いと言いますか、話が噛み合わない。言っていることを理解してない。全く違うこと言い出したり、同じ質問を何回も聞いてきたりする。あれ?認知症かな?と思う。 でも我関わる大学生の主観は、草食系の方がやはり話ができる。肉食系の方が話ができない。世間が求めるのは話ができる肉食系かな? でも何遍も俺は言っているのだけど、体育会系ほど話は出来ない率が高い。たの体育会系という理不尽極まりない環境にいれば話できなくなるのは当たり前のような気はしますけど。 なので、体育会系という伝統を継承する限り話のできない人間が出来上がる可能性は草食系よりは高いと思われ、すなわち、肉食系≒話できない人間が成人式という式典で完成形を披露しているのではないかと思うと、成人式で荒れている成人が登場することは、旧式の大人どもが精魂込めて育成した子供の大人への出陣光景と思うと、実に微笑ましい限り。

      4
      テーマ:
  • 05 Jan
    • やっと年越せた。

      ひゃっほ~~~~~~~~~~~~~~~い!! あけましておめでとうございます。 本年もブログ続くかな?もし続いたらよろしくお願いしますww! さてさて、虫歯が治らないここ数年ですが(歯医者に通っててもだよ!)、世界のサチコが紅白の舞台に帰ってきてくれました。 衣装も原点回帰。良かったのではないでしょうか。 でも、 でも、、 でも、、、 ディスプレイ使いすぎ。CG使いすぎ。 あれを使われたらなんでもできるじゃん~~~てな感じです。 カラクリ&照明のコラボがさっちゃんの魅力だったはずなのに。 まあ今回はカラクリを含めたCGコラボだったので、楽しめることは出来ましたが。 まあ流行りなんですかね。 ということで、さっちゃんが帰ってきた大晦日はやはり楽しかったです!! さっちゃん無くして年は越せない。 あれ?ということは俺2.3年年越してないかも。まだ2013年くらいかも。

      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 合わせてふなとつか。

      いつも共感することが多い、戸塚・船登両氏が言われてたこと。 いや、船登氏だけだったかもしれない。 システムを作るよりコンテンツを作る。 システムなんてオツムの良い、金持ち集団が作ればいい話であって、個人や中小はそれに乗って後はどんだけ人を引き付けるコンテンツを提供するかで生業は成り立つと。 最近ようつべ見ててそれを思い出しんよ。 わざわざようつべに対抗するシステムを作る必要は無くてようつべrになればいいわけですよね。 やっと意味がわかってきたという話です。 他の動画配信システムなんて作る必要ないわ。コンテンツを作りさえすれば良い訳ですよ。 まあそのコンテンツでさえ作り出せる能力ある人は極小ですけどね。

      22
      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 現在YOUTUBEに浮気中。

      お題の通り。 始めたばっかだからね。そりゃ楽しいですよ。 昔々でもアメーバビジョンとかやってたし。 でもあれね、学生と違うのはやはり自由な時間ね。 構想はあってもそれを実現させようと努力することはないね。それで休日つぶれちゃうとかマジ無理。 サササーと構想が可能となればあとは編集するだけだからやるって感じで。 でもその編集も大変面倒。Youtuberがよく言っているけど、ほんと編集て面倒だわ。 なんか昔Y平くんがニコニコに実況動画あげてたと思うけど、超面倒だわあれと感心関心でして。 なんかさ、余分な所カットしたりテロップ入れたり音楽入れたり、面倒。加えて撮影とか面倒の極みよ。ブログのほうがよほどか効率的だわ。 と言いつつ、最初で初体験ばかりだからときめいてはいます。キャピ♪キャピとか死語か? ということで旧友(ブロ友)の皆様の中で、もし俺の動画に出てくれる方いらっしゃればコメントください。実現するかは不明なのでその点も考慮に入れてくださいね。昔からそういう男だったじゃないですか俺って。 そして俺と言う人間を知ってる人ならもう察しがつかれたと思いますが、そのうちyoutubeも飽きますよ。飽きたら別の何か探します。

      26
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 今デロリアンを作ると売れるのか。

      ま、結局ね、そうなるわけね。 2015年10月21日水曜日は何の日だったかご存知ですか? 某映画の主人公たちが車に乗って1985年より未来へ向かったその日ですね。 あんまり日本では盛り上がりが無かったですが、ようつべ上では2つ某映画ファンにとって嬉しいプレゼントが投稿されてました。 1つは現在の主人公や2人が出演し、結局2015年ではどうなっているかを話し合っていて、そのうち若者がタイムマシン張りに凄い車ができたと言ってきて2人を連れ出し、見せつけた車が何と、、、 トヨタ ミライ トヨタはアメリカでは10月21日に合わせてミライを発売させたのでした。 あとレクサスホバーボードもじゃなかったかな?←こっちはあまり騒ぎになってなかったけど。 もう1つは、主人公の親友おじさんが、当時の映画と似せて2015年にとうとう来てしまったと我々に話しかけている動画。 これは30秒足らずの動画だけどすごい勇気づけられることをそのおじさんが喋っている。 俺自身がおじさんになって感情にもろくなっただけなのかもしれないけど、じんときた。 以上がファンにとってのサプライズかなー。 一番やってほしかったのは、トヨタがデロリアンの権利買い取ってハイブリッドで復活させるってシナリオだったが、結局はミライの発売だった。 以上2つの動画リンクを貼ろうかと思ったけど、面倒なのでやめます。 自力で探してね♪

      6
      テーマ:
  • 17 Oct
    • そりゃ鈍感力も必要だけど。

      俺の周りの子限定なのかもしれないけどね。 最近の大学生以下は、人の気持ちを考えることが途轍もなく苦手のようで。 自分が犯した失敗をね、他人に尻拭いを頼んだりね、 さらにその他人に尻拭いを頼んだからと、それ以降はもう自分たちの責任ではありませんと言う思考だったりね。 犯した失敗をね、中年層(我々以上)がやっきになって火消しするのだけど、その経緯を中年層て伝えないじゃないですか。 だから、失敗が大失敗であるのに、当の本人たちは大した失敗ではなかったと勘違いして反省をしなかったりね。 もう俺からすれば中年層に面倒をかけてしまったということだけで脂汗タラタラもんで、当然火消しに奔走して下さっているという前提が脳裏をよぎるもんだから仕事頑張ろうとか、責任は取ろうとか考えるわけです。 まあ大学生以下の失敗談は全て仕事ではないから、そこまでの責任感はそもそも無いのかもしれないけど、自分たちの評価を下げていると言う事に全く気付かない。 むしろ、ブーブー説教垂れる俺たちの方が大人ウゼー精神全開であります。 俺も大学生の時はそんなんだったかもしれないけどね、忘れてしまったが。 でも叱られたことに対して反論はあろうとも、その通りにやれば最低怒られないわけだから、腑に落ちなくてもその通りやっていれば穏便にすむし、それで失敗したらそれこそ指導してきた奴に責任を思う存分押しつけることが出来るわけで。 そういうことは最近の若者は考えないようで、自分たちの理想に突きすすみ、それで失敗したら人のせいという、宇宙人理論をかましてくるから理解ができない。 自分たちの理想のためには社会(大人)は迷惑被っても我慢してくれ。それで失敗という結果になったらどうにかしてくれだからすごい。 そのような子たちが今後社会へ出ていくわけです。 あともう一つ付け加えると、その子に用事を託したとすると、その子は後輩にその用事を丸投げするということも平気でやる。 後輩を道ズレにするとかじゃなく、後輩に丸投げして、後輩に全て託したから自分に責任は無くなりましたと。 かといって後輩に手順を教えて丸投げしたわけでなく、そう言われたからよろしく。やり方?自分で考えて状態で。 体育会系のクソさを改めて思い知らされたこの頃です。この子たちだけだと信じたいけど。 またもや思い出す、結局のところ一番マナーがクソな人種が体育会系という有吉さんのお言葉。

      10
      4
      テーマ:
  • 30 Sep
    • 確かに俺なら金にならない事はやらないかも。でも認められるならやるかも。

      大学生にボランティアをさせるべきかどうか。 今日の問題点はそこにつきるのだが、俺の場合は人生ほとんど役に立たない人間として活躍をしてきたので、「手伝ってください。お願いします」なんて言われれば、悪い気がする訳なく手伝う。むしろお世話なことにやり方にまで効率向上案を提示するに違いない。 しかし、今手伝ってもらっている学生は違うようだ。まあ特定の学生の見に依頼ばかりしているからかもしれない。もう俺たちに依頼するなオーラ全開であります。 確かに、ボランティアは金もらえないし、その割に労力だけ使うし、時間も要する。いいことなど自己満足感しかないのがボランティアである。 よって頼られすぎるのも逆にうっとうしいのかもしれない。特定の学生に頼むしかないのは特定の学生しかいないからで、そういう環境なだけであり、他に手伝ってくれる学生がいれば分散させるのは当然頭にある。ただ手伝ってくれないだけ。 人の気持ちなどその環境によって変わるので、これで俺がボランティアをもし探し出し、その子たちに手伝いを要請すると今度はハバにされたと思うようになり、そのうち手伝いしてくれるように戻るのかもしれない。そういう環境を作り出すのは社会人の役目なのかも。 いや、そもそも学生に頼ることのない事業を考えないといけないのかもしれない。災害などの突発的依頼には学生をも巻き込むかもしれないが、通常の仕事に学生をボランティアで導入すること自体考え直す必要があるのかもしれない。 となると最初の話に戻る訳。 まあ学生と言ってもその子によってしまうと思いますけど。 手伝いなれている子はなんとも思わず手伝ってくれますし。 手伝いなれてない子は少しの手伝いでも辛いと感じる。 それは育った環境が違うから。しょうがない。 あれ、しょうがないのならボランティアもさせるもさせないもどちらでもよいで終わってしまう。 でもやるって言ったからには最後まで手伝ってほしいし、最後まで手伝えないのなら、どこまで手伝えると伝えてほしい。 これは学生に教えていくしかないかもしれない。

      9
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 一番つらいのは中間管理職で、役員じゃないって聞いたことある。

      生まれて初めて、来年度事業案予算案の主担になっているのですが、 それこそ、みなさんも中学ころから「こうしたらいいのに」「俺ならこうやる!」「新しい案がある!」と思い続けてきて、でもその立場にないから渋渋やっていたこともあろうかと思います。 私もその一人でありましたが、今やっと、壇上に立つまでには来れました。でも自分の意見が反映できるかはまたこれから。 直属の上司に恵まれているので、来年度事業案はことごとく今年度からは大変更を施しているのだけど、上司各位いわく、 「ここまで変更が加えてある事業案は初めて」だそうで。 ちょっとの変更でも否決されると噂の絶えない我が組織において、はたして俺の事業案は通るのであろうかと、不安にはなってませんが、組織までもいきなり壇上に上ってきたやつに動かすことが出来るのかそこだけなぜが客観的に見ております。 すなわち、否決された後の修正案もすでに作成中でありますので、多分こちらは通る。だって例年通りだけの組織の性に沿った事業案でありますので。 説明は惜しまずしていくつもりですが、否決されるものは否決されるので、いち早く修正案を作っておくことは大事かと。 何分楽しみです。ちょこっとずつ案を反映させていく修正案も作っておくべきかな? でもそれこそ俺の性で、描いた通りにならないなら前年度通りでいいよ、ってなるので、まあいきなり元通りでいいかなって思う。 加えてうちは結構異動があるので、やるなら一気にやっちゃいたい気持ちもある。 でも何と言っても計画を立てるのは楽しいもんだ。自分の思い通りの計画なら余計ね。 これで自分の思い通りじゃない計画をするってなると拷問以外の何物でもないよね。だったら自分で作れよ!ってね。

      14
      テーマ:
  • 25 Aug
    • 増額したお金で、年俸300万円労働者を何人雇えると思います?

      それこそ俺のやる、そう、運動嫌いの俺が数少ないやるスポーツは全て民営ばかりのスポーツですよ。 ボウリング。 スキー。 カート。 卓球。 あら、最後の卓球は公営体育館で出来るわ。 でも上の3つはほどんど民営。 それでも廃るといいますか、スポーツ自体が無くなることなく、なんとか民営の方々の努力によって施設が維持されているわけですよ。 もうここまできたら何が言いたいかわかりますね。 新国立競技場金かけすぎ!!! うんなもん1,000億円以下でいいよ。それ以上かけたかったら責任者の自腹で払え、うんなもん。

      24
      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 黒子のバスケと暗殺教室。アニメの話。

      結論から申し上げますと、黒子のバスケは委託感満載で、暗殺教室はなかなか質の変化がなかったなーと言うことです。 黒子の方はそもそも絵に安定感が無かった。黒子が次々と整形を行っていくもんだから、最初はビックリしたけど、慣れればなんてことない。でもあまりにも整形しすぎて、別人になっているときは困ったもんです。 それに比べ暗殺の方は、ほとんど整形を感じなかった。1回動画上の失敗があったのを覚えているくらいでその他はえwwwwwというような整形はあまり無かった。 最近のアニメ業界は委託が多いそうで、それを駆使すると整形が始まるんですね。俺が初めて整形に出会ったアニメはクレヨンしんちゃんでした(笑) さらに委託のし過ぎで末端アニメーターはバイトの時給より安い金額でやっているとか、それこそネットで聞きますね。もうyoutubeにパロみたいなの投稿した方が儲かる気がしますね。 手塚治虫が低賃金でも受け持ったのが安月給の原因とも言われてましたので、アニメーター業界にも落合博満が登場することを祈るばかりです。長嶋?王?知らねーよ。とにかく年俸1億円くれたところ行く的な素晴らしい人材の登場、祈るばかりです。 クールジャパンを本当に成功させたいなら、そこを無視できないと思います。

      12
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 黒子は僕(ぐ~もる)です。

      黒子のバスケ。 アニメも一応終了しました。 実際アニメしか見ていなかったので(藤巻先生ごめんなさい)、俺にとっては本当に黒子のバスケ終了でした。 最終回より、赤司の生い立ちが大変よろしかったです! なんか黒子も弱者が頑張るという点で良かったのですが、別の意味で赤司も弱者になりそうで、それを踏ん張っていたのですね。 結構ネットで「赤司は中二病だ」と騒がれていましたが、本当に中二病だったとは(笑) 特に俺も片親だったからか、赤司の思考も全然分からんでもないです。それを相まって大変生い立ち良かったです。 弱さを隠すために強がるのはよくあることだし、中二病の象徴で一応シナリオ通りだったんですね。 あのエンペラーアイが破られた時のもろさも良かったですね。心理学でも人間が自身を持ち続けることが出来るのは、根拠の無い自身か他も認める自信になることが1つでもあることって言われてますからね。その辺も反映されてて面白かったです。その1つであったエンペラーアイが通用しなかったのですから、抜け殻みたいになるってのはよいよいです。 「僕は誰だ?」と自問自答するのも青春らしい。アイデンティティ確立過程みたいですね。 黒子も中学で悩んで、赤司も中学で悩んで。なんかとてつもないバッググラウンドがあるより、よほどかリアルっぽくてやはり楽しい作品でした。藤巻先生ありがとうございます。 なんか米国編が漫画では続いているんですよね。続いてほしいなー。黒バスだけで32巻くらいでしょ?米国編含めて40巻は超えてほしいですよね。

      7
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 大学生が子供に見えるのは俺がおじさんになったからか?

      最近同僚に言われたのです「大学生はもう大人だからほかっておいていい。小中学生がもめてたら介入するけど」 それで思い返したのです。大学生は大人か。 現在の結論は、 全然大人じゃない!! かくいう私も全然大人じゃないのですが、こんな私が見ても子供に見えてしまう言動をする大学生はまさしく子供だと思うようになってしまったのです。要は歳が離れたということだと推測されますが。 子供が大人ぶるもんだから、確かに表面上は問題がないように振る舞っておりますが、その問題を隠そうとするあまり、自分しか見えてなくて、結局のところ他人に問題が飛び火してますよって話なんです。なので他人に迷惑をかけている時点で子供確定。 自分たちは問題ありませんアピールはいいのだけれども、結局隠しきれず他人に迷惑をかけているのなら、いっそのことその問題を相談してくれた方がはるかに進展する可能性が高いと思うんですけどね。 隠そうと思っている以上、その問題を自分たちで解決しないといけないのに、その解決方法は見つけ出せれないので、永遠に問題を引きずって、他人に迷惑をかけ続けているという事実が見えていないというもうウザったい子供の象徴のようなことが大人だと思っているのが大学生カナーと。 だからむしろオープンに相談してくれた方がその問題の解決策が見つかるかもしれないのに、ただただ残念よ。 なので大学生諸君。きみたちのかかえている問題は他人に迷惑をかけていることはほぼ確定なので、隠さず相談するといいよ。どうしても相談したくない、自分たちで解決したいのなら1カ月以内に完全解決させなさい。 まあでも大学生はこんなもんかな。社会に出て段々分かってくるんだろうね。それにしても、なんちゅーか、自己中といいますか、自己主張が強い奴が多くなったような気はする。 まあね、自己主張は問題ないのです。主張したからにはその事について全責任を負えば問題ないのです。そんなことする勇気もないのに主張するのは、その辺のハエと同じです。頑張れ大学生!

      10
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 別に動画が嫌いなわけではない。

      以前、ユーチューバーとブロガーはやはり違うなという話をしたじゃないですか? んで俺はどちらかと言えばやはりブロガーなんだと思ってるんですけどね。 でも一応やっとようつべデビューはさせていただきました。 させていただきましたってのは、他人のアカウントの動画に出たからなんですが。 自分のアカウントは持ってないんですけど、昔アメーバビジョンてのがあって、ようつべと同じ動画投稿機能だったんですけど、あれは何回かやったことがあったので、抵抗も少なくデビューしましたですね。 まあ動画も楽しいもんですけど、あれをようつべrのように続けようとは思いませんね。ブログより面倒だ。特に編集。余計目が悪くなるよ。

      6
      テーマ:

プロフィール

GUMOL(ぐ~もる)

性別:
女性に間違えられない男性。
誕生日:
高校生に間違えられる成人。

読者になる

AD

こにゃにゃちは。
自身でも意外と続けていると思っているブログです。
みんな止めちゃうんですよね。
まあ家族ができればやる暇が無くなるかと思いますが、逆に家族で来たから再びやり始める方もいるし、要はやる気次第ということでしょうか。
それかその他SNSに流れているのでしょうか。そもそもブログはSNSなのでしょうか。
ともあれ、このブログもやれるとこまではやりますので。予定。予定は未定。

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のコメント

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。