初めてちょい炎上してたわ。気付かず1年くらいたってたわ。

 

今回は返信しました。昔ならガン無視だったろうけどね。

 

Y平くんやたくっちゃんはこんな感じだったのかなと今さら振り返っておりますぐーもるです。お久しぶり。

 

てかまだアメブロやっている方いらっしゃるんだなーと。俺もやってるけど、こんなん特別天然記念物やろ?と思ってましたけど、20名の方からコメントいただいてましたね。ええ、半分スパム。

 

それこそブログなんて俺にとっちゃ学生時代のレガシーですよ。最近のレガシー作りがいいらしいのでいいことですけどね。あ、車の話です。

 

という前置きを挟み増して本題です。

 

ひたすら消えない話の話。

 

特に市町村職員の話なんですけどね。

 

永遠に無くならない、コネはあるのかないのか論。

 

なぜ永遠に無くならないのでしょうか?

 

コネがある派の人は、

 

「友人等が採用されて、さらに自分で「コネだ」と言っていた」

 

「馬鹿な友人等が採用されてしまった」

 

「テストが完璧で、面接も無難にこなしたが落とされたから」

 

などなど。

 

コネがない派の人は、

 

「自分がコネ無しで堂々と受かったから」

 

「コネ採用したという根拠がない」

 

「落ちた奴の負け惜しみ」

 

などなど。

 

まあ、なぜ無くならないかと言えば、簡単に言うと、採用試験が無くならないようなロジックで構成させているからとしかいいようがありませんねえ。

 

これ以上は何も言いませんが。。。

 

簡単かつ明快な結論だな(笑)

 

でも、市町村職員を目指されているみなさん!!

 

この文章読んでイライラしたり愕然としたりする必要は全くありません。

 

この文章が読み取れた人はすでにやる気になられているのではないでしょうか。

 

裏から読み返せば、コネはあってもなくても受かるということです。

 

最後に俺から見た採用試験に合格しやすい人の特徴を書いて終わります。

 

・とにかく文句の無い筆記試験の点数(トップ3に入る)

 

・体力がある(結局公務員なんて体力勝負の仕事しかない)

 

・ハキハキしている(声はまあまあ大きく(大き過ぎ×)。敬語普通に使える。物怖じせず自分の意見を言うが、それこそ相手の意見も聞いて、再度まとめた自分の意見が上記2つを兼ね備え言える。そして意見がポジティブである)

 

目指しているみなさん頑張って。

AD

サッカー≧野球

テーマ:

サッカーが上手な子は野球も上手になる可能性を大いに秘めている。





が、





野球が上手な子がサッカーも上手になる可能性はさほど高くない。


というのが私の自論。


理由は簡単で、どちらとも下半身が重要なスポーツで、


サッカーの方が下半身の使い方&筋トレが必須なゆえ、自動的に野球も上達


しやすいのではという理由。


野球も下半身が大事と言いつつ、ぶっちゃけ下半身無視しても上半身だけでも

出来ないわけではない。


しかしサッカーはそういう訳にはいかない。


加えて、サッカーの方が無駄な筋肉をつけないというかつけれないというか、体重は野球選手より軽い。


それが功を奏しているのか、サッカー選手の方が当然だけど機敏な動きができる。


結局はこの機敏に動ける筋肉が野球にも必要だったりするのではないかという結論です。


山田とか今宮とかその類ではないかと。


野球選手にしては細身だけど、今宮は当たれば相当飛ぶし、守備は説明する必要もない。


山田は全てにおいて説明する必要がない。


多分彼らはサッカーも相当上手ではないかなと。


以上の事から、野球選手を育てたいと思っても、小学生くらいまではサッカーをやらせた方が良いとなる。


サッカーだけって訳じゃないけど、野球1本に小学生の時からする必要はなく、両方やらせて、下半身の使い方&筋肉を養い、中学から野球へとシフトしていくシナリオの方が、バランスのいい選手が育ちそうだなと。



これに関してはずっと前から思っていることなので、我がブログでも以前書いたかもしれないけど、忘れちゃったので、ひとまず投稿します。

AD

大学生の時、たまたま席固定講義で俺の後ろにいた子(男ね)と入学早々お友達に。

このブログ開始時なんてその子含む連れが形成されていたわけで。

大学の連れと言えば俺はその子周辺を指すわけですが、

その中でもその子はちょいと特別な感覚がその時代からあったんです。

なんか全然気を使わないなーと思って。

あ、俺がゲイに目覚めたって話じゃないので安心して読み続けてくださいね。

話しかけた当日から呼び捨てで下の名前呼んでたくらい、全く気を使わなかったのですよ。

学生時代てなんか友達といるときとかに沈黙の時間あるとちょっと気まずいじゃないですか。

でも、その子といる時はあとえ2人きりの時とかでも平気で沈黙貫ける間柄でしたねー。俺の一方的だったのかもしれないけど。

そんなこんなで現在に至るわけですが、その連れの結婚式が3年ほど前にあって、その子ともその式場で出会って以来、出会うことが無くなってしまったのだけれど、

ついこの前急に電話がかかってきまして、

子「ぐ~もる元気~~??」

ぐ「あれ?なんか超久しぶりじゃん?今は仕事で死にそう~」

子「まじか(笑)あのさ~」

とうとう、この子からも学生時代の連れを利用した営業が来たのかと思いましたが、それではなく、

子「なんかさ~、この前初めて知ったんだけど、俺とお前血筋かもしれない」

ぐ「ほう?それはどういう経緯でそうなった?」

簡単に言えば、その子の祖母の祖母&うちの祖父の祖父が兄弟っぽいという話。

子「こっちでは、可能性が高いって話題になってるんだけどさ、ぐーもるの方からも調べてみてもらえん?」

ぐ「わかったー。なんかおもろい話題ありがと!」

もし本当なら、血筋と認識していなくても、結構な遠縁でも、遠慮がいらない(気楽でいい)のが体は分かってるのでしょうかね~というお話。

AD

面白い記事があったので、超久々投稿。


「ゆとりバイトが、バイトでサービス残業なんてあり得ない」
「経営者側はバイトでも店に貢献するべき身分で、お金も動かしているわけだから責任(サービス可)がある」


との会話。


どっちの言い分も分からんわけではないが、雇われ側としては、ゆとり派。


雇われ側というか、普通バイトでサービス残業とかあるの?と率直な疑問。


働きが悪い奴なんか辞めさせればいいのに、わざわざサービスまでされて雇い続ける理由とは?


責任感じさせてタダ働きサイコー!とか経営者は思っているのかもしれないが、当然バイトなのでそんなんトンずらするでしょう。


そんな人事繰り返しているうちに本業のサービスの質が低下して、その組織は潰れるって簡単に予想つく。


そのサイクルが見通せない人からはバイトも学ぶことないから辞めるのは当然。


効率が悪いと思っている経営者と学ぶことが無いと思っているバイト。この2点からみればサービス残業させる意味ね。無いね。


俺も一回「代わりはいくらでもいるんだから、働きたいならもっとやれよ」


と言われたことがあるけど、働きたいのは当たりだけど、別にそこで働きたいわけじゃなかったから、


「じゃ代わりの人と代わります(辞めます)」


で退職したことある。


んで、バイトの先輩に、「なんか上司から役に立ってないようなこと言われたので辞めます」


と言ったら


「いまぐーもるくんに辞められたらどうやって仕事回していくんだよwwwwwwww」


と本当に叫んでいたのは覚えてます。そんなことしったことじゃないと思い速攻辞めました。


この面白い記事のキーポイントは「バイト」だと思うんですよね。バイトって辞めることに抵抗ないじゃないですか。


福利厚生×退職金×ボーナス×時給制の昇給皆無なバイトという職について、しがみつく人いないと思うんですよね。


いや、バイトはやりたいのかもしれないけど、バイトできれば職はなんでもいいってなりやすいじゃないですか。


そこを経営者が見抜いているかどうかでね。


ブラックな所は履歴書とかで揺さぶってくるらしいけど、そんなことばかりしていると、バイトたちは、


「そもそも本当の住所書く必要なくね?」


とかになってきて、いつでもトンずらおk状態を構築し始めるんじゃないかと思うのです。


通常であれば、本当にそこに住んでいるかはバイトまでは確認しないと思うので、それをまた防ぐために住民票でも請求しようもんなら、


「じゃここでは働きません」


とか、面接時点でバイトに逃げられたりね。


でも、今回そのバイト逃げ逃げ対策法をブラック側に融通させた日本のカス制度がマイナン。


マイナンのおかげでもっとブラック増えると思うよ。その点どうにかしてくれないと参議院選勝てませんよ。俺でも分かるのだから国民の10割は気づいている。


そもそも、バイトに金を動かせるような仕事を与える会社があるのだろうか?


そりゃお客さんから預かるくらいならやらせるだろうけど、帳簿とか財務諸表に関与することがあるのだろうか?その時点でバイトの職務を逸脱しているようにも思うけど。


さらに店に貢献すべきというのはどういう意味だろうか?時給分だけ貢献すればいいのでは?貢献というより職務を果たすだけと言った方がいいような。


職務を果たす以外に貢献する必要があるのか?正規でもそれ以外なんてやってないように思うけど。むしろ正規の方が淡々としか仕事してないと思う。


バイトの方がむしろ心に余裕があるから、アイデア出してくる印象が俺にはあるのだが。まあそうでもないバイトも確かにいるけど。


だから、サービス残業なんてさせないでむしろはやくクビにすべきじゃないの?経営者側としては。バイトもそっちの方がありがたいと思うよ。


長くなったので、また書きたくなったら続き書きます。多分書かない。

適当の上乗せ。

テーマ:

さて、GWなんてなんの意味もない、むしろ、仕事が増えて休みが減るというサービス業にとってはきてほしくないウィークをむかえている昨今、ご機嫌いかがでしょうか。

 

若松が研究され調子に乗れず、周平が骨折しちゃって前半絶望の中、私は三菱自動車のことに触れたいと思います。

 

今日は簡潔に。結論から申せば「三菱以外も調べた方がいいよ」ということです。

 

JC08燃費に遠く及ばないのは決して三菱だけの話じゃないからです。

 

自動車ユーザーの方ならヒシヒシと感じる実燃費の悪さ。

 

某T社のAでさえ実燃費は20kmいけば合格点と言われるほど。JC08は確か37kmくらいあったと思う。

 

ドイツのV社も環境関係の事で一大事を起こしてくれましたし、近年是が非でも他者数値更新が狙われておりますが、私の意見ですが求めている数値が違うのです。

 

とにかく長く乗れる。これにつきます。

 

どんだけ低燃費でも速攻壊れていては価値を見出せませんので。

 

そこに再び気づく日本メーカーは出てくるかどうか。今の車はハイテクではあるけど低品質。

 

ここをある程度ハイテクを削っても高品質にするだけで売れると思うんですけどね。

Y平くんのブログを読んでいたら気づいたのです。


「あ、まだランキングなんかあるんだ」


と。


これでも私も昔々はランキングに参加していた身分でして。


何位までいったか覚えが全くございませんが、当時御付き合いのあったブロガーさんたちは、そのランキングサイトでは一桁とかに入るほどの猛者でございました。


でも、なんやらそのランキングサイトはたまに乗っ取られるというか、投票操作があったりして、そのうちランキング参加者も減るようになり、管理人も多分管理するの面倒になったとかで閉鎖した次第と思われます。


Y平くんが現在登録しているランキングサイトが現状一番ブログランキングで有名なサイトなのかな?


いざ見てみるとカテゴリが細分化され過ぎていて俺にはもうついていけない。むしろうざい。


ねいばーまとめが存在するこの昨今で、あの細分化はもう俺には合わない。もっとコンパクトにして。まとめて。


それはさておき、今どきの大学生以下はそもそもブログなんてやっているのか?と思い、その細分化されたランキングを見ていくと、どうやらやっているようです。


いまやSNSが流行し、それもいろんなSNSが存在する中、ブログを選択する大学生はどのような気持ちでやっているんでしょう?


それこそ好みの時代に突入しているようですから、好みなんでしょうけど、似たようなサービスがある中、ブログを選択するとは、時代に逆行したいタイプなのかしら?


でも、ある情報だと、広告収入得たいならブログが一番単価良いみたいなこと書いてあるの見たことあるから、それ狙いなんかな?


まー、懐かしかったですけどね。ブログなんて文章考えて打つのに時間かかるしね。よくやってるなと思いますよ。さらにようつべrみたいに有名になれるわけじゃないし(はあちゅうは別ね)。


と言いつつやり続けている俺、どうしようか。

赤司くんに。

黒子の赤司くんね。(へんな略し)

前にも書いたかと思うけど、黒子っちより赤司くんの方が成長してんじゃねーかってくらい。生い立ちあるし。

中二病になっちゃった経緯も最後の最後で分かるしね。さらに現実にありえる・・・というか俺とかぶっちゃうからすごく好きよ。

え?赤司くんの魅力分かりませんか?

小学生の時かな?母親が亡くなり、でも成長スピードを遅くすることは父親に許されず、むしろ人より早く成長し、人の上に立つ存在にならないといけないというプレッシャーを課せられるけど、中学生の赤司くんには荷が重すぎる。そう感じた時に中二病に感染。ここで友人関係において何もなければ軽症で済んだのだろうけど、友人があろうことかバスケの猛者というか能力者。

リーダーとしての資質を友人から問われ、成長の差までまざまさと見せつけられる始末。リーダーになることを強制させられていたのにもかかわらず、むしろ無能扱い。トドメに相談にのってくれるというか、唯一の支えだった母親がすでにいない、自分でどうにかしないといけない。急に強くならなければならない。急に。そして中二病を発症。感染しただけなら赤司くん自身も表に出てこず、普通に成長して大人になれたかもしれないのに、中二病発症(表に出ちゃった)のため、例の赤司くんが形成されたと。

泣けるじゃないですか。黒子の荻原くんに思う過去なんて、火神が言うとおり黒子の勝手な思い込みだかんね。赤司くんなんて、ゲームで見せつけられ、紫原・青峰からは言葉でちゃんと従えないと言われちゃってるからね。大変よ。

それがどうよ。せいりん戦で、自分のやり方に疑問を抱くというか、自分のやり方が通用しなくて、戦意喪失しちゃって、先輩に問いかけられ、自問自答しちゃって、そのあげく昔のダメだと思っていた自分がやはり当たっていたんじゃないかと機転が利いちゃうじゃないか。実に思春期イズムを直に表していてよろしいと思いませんか?

中二病をこじらせている人はもっと従わせなくちゃと思うのかもしれないけど、よく高1で気づけましたと褒めてあげたいですよ。

もうほんといいパイセンに出会いましたよ。黛パイセンありがとうございますですよ。

アニメはその辺をギュッと凝縮しちゃってるから実にもったいないと思うわけですが、ひとり親家庭の中高生に見せてあげたい作品ですな。そう読めたりしないか?と飲みながら語ってやりたい。相手は飲めないし、おじさんの説教始まったよでつまらないと思うけど、俺は語りたい。

え?続きを聞いてくれるって?あのさーそれでさー。

メジャースポーツがメジャーになった訳。マイナースポーツがマイナーで居続ける訳。

世の中の人はどのように考えてるのかなーと思い、「マイナースポーツ 流行らない」で検索。

上位のブログで俺と同意の投稿を発見。

他にも、そのスポーツやるのに金がかかりすぎる、場所がないとかあると思いますけど。

大分な要因と思われる「無法地帯」化がマイナーで居続ける訳でしょうね。

ゲームルールもそもそも適当か、ちゃんとルールがあるけど審判が適当か。

大会をやるにしても、締切なんてあってないものになってたり、会場の使い方にスポーツマンシップのかけらもなかったり、逆に自分たちの無法化を会場・運営に押し付けたり。

会場側はそんなんなら来ないでくださいとなり余計活動場所が制限。

運営側は大会を成功させたいものだから、締切守らない糞どもでも応対してしまう。

もうそれは負の連鎖な訳ですよね。それにさえ気づかないマイナースポーツプレーヤーたち。

そりゃ、人間ですから中にはルールを厳守モラルも厳守。それゆえそのスポーツを振興させたいと思う人たちはいます。でも、そういう人こそその世界から弾かれる素晴らしさ。村八分?

もうマイナースポーツ界は村組織そのもの。そう、要はその村で楽しく暮らせれば問題なしという人が大半でそもそも流行らなくてもいいという前提があったりする訳です。

ゆえにルールなしモラルなしが問題無しになってるのが現状かなと。

それをマスコミ含む情報に強い人々は、それを紹介したばかりに自分までモラルを疑われたくないと思うのは当然で、大々的に報道してくれるわけなし!

よって、その村は発展することなく、町にも程遠く、そのうち廃村になるという道を歩んでいると思います。

むしろそのようなマイナースポーツを存続させる意味は私は感じませんので、外部の方々は徹底的に白い目で見てやって、消し去ってやればいいと思います。所詮スポーツですから、無くなったって困りはしません。

我、草食系。

テーマ:

今年も成人式が荒れたところがあったそうでなにより。


なによりというか、草食系男子と言われ、男子の威厳を失いつつある近年、成人式で一端に旧式大人たちと対峙する姿、大変肉食系でよろしいんじゃないですか。みなさんが男性に求めているものの一部を垣間見た感じがします。俺は草食系なので全然求めていませんが。


俺が最近関わっている大学生たちもこれの象徴のようで、全く言うことは聞かないわ、聞かないだけならまだしも人に迷惑かけるわ、遊び優先だわで大物になるか世間のゴミになるかのどちらかだろうと予想しているのですが、まあ、遊びは大学生の第一目標でありましょうから、そこはしょうがない面もあるかと思いますけど、言うことは聞いてほしいというか、話し合いしましょうよ、と思うわけです。


話し合いと言いますか、話が噛み合わない。言っていることを理解してない。全く違うこと言い出したり、同じ質問を何回も聞いてきたりする。あれ?認知症かな?と思う。


でも我関わる大学生の主観は、草食系の方がやはり話ができる。肉食系の方が話ができない。世間が求めるのは話ができる肉食系かな?


でも何遍も俺は言っているのだけど、体育会系ほど話は出来ない率が高い。たの体育会系という理不尽極まりない環境にいれば話できなくなるのは当たり前のような気はしますけど。


なので、体育会系という伝統を継承する限り話のできない人間が出来上がる可能性は草食系よりは高いと思われ、すなわち、肉食系≒話できない人間が成人式という式典で完成形を披露しているのではないかと思うと、成人式で荒れている成人が登場することは、旧式の大人どもが精魂込めて育成した子供の大人への出陣光景と思うと、実に微笑ましい限り。








やっと年越せた。

テーマ:

ひゃっほ~~~~~~~~~~~~~~~い!!


あけましておめでとうございます。

本年もブログ続くかな?もし続いたらよろしくお願いしますww!


さてさて、虫歯が治らないここ数年ですが(歯医者に通っててもだよ!)、世界のサチコが紅白の舞台に帰ってきてくれました。

衣装も原点回帰。良かったのではないでしょうか。


でも、


でも、、



でも、、、





ディスプレイ使いすぎ。CG使いすぎ。


あれを使われたらなんでもできるじゃん~~~てな感じです。

カラクリ&照明のコラボがさっちゃんの魅力だったはずなのに。


まあ今回はカラクリを含めたCGコラボだったので、楽しめることは出来ましたが。

まあ流行りなんですかね。


ということで、さっちゃんが帰ってきた大晦日はやはり楽しかったです!!

さっちゃん無くして年は越せない。

あれ?ということは俺2.3年年越してないかも。まだ2013年くらいかも。