• 03 Sep
    • あとは固定させて、レーン読んで、倒すだけ。

      ボウリングの投球フォームがやっと固定しそうです。 すごい中指薬指にかかる感覚がある。 ストライクも出るようになったし、これでひとまず固定させたいなと。 AV170はいきたいなー。 やはりスポーツなんでもそうだとは思うけど感覚あけちゃうと元に戻すの大変だすね。 定期的にやらないと。

      11
      テーマ:
  • 25 Aug
    • 増額したお金で、年俸300万円労働者を何人雇えると思います?

      それこそ俺のやる、そう、運動嫌いの俺が数少ないやるスポーツは全て民営ばかりのスポーツですよ。 ボウリング。 スキー。 カート。 卓球。 あら、最後の卓球は公営体育館で出来るわ。 でも上の3つはほどんど民営。 それでも廃るといいますか、スポーツ自体が無くなることなく、なんとか民営の方々の努力によって施設が維持されているわけですよ。 もうここまできたら何が言いたいかわかりますね。 新国立競技場金かけすぎ!!! うんなもん1,000億円以下でいいよ。それ以上かけたかったら責任者の自腹で払え、うんなもん。

      24
      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 黒子のバスケと暗殺教室。アニメの話。

      結論から申し上げますと、黒子のバスケは委託感満載で、暗殺教室はなかなか質の変化がなかったなーと言うことです。 黒子の方はそもそも絵に安定感が無かった。黒子が次々と整形を行っていくもんだから、最初はビックリしたけど、慣れればなんてことない。でもあまりにも整形しすぎて、別人になっているときは困ったもんです。 それに比べ暗殺の方は、ほとんど整形を感じなかった。1回動画上の失敗があったのを覚えているくらいでその他はえwwwwwというような整形はあまり無かった。 最近のアニメ業界は委託が多いそうで、それを駆使すると整形が始まるんですね。俺が初めて整形に出会ったアニメはクレヨンしんちゃんでした(笑) さらに委託のし過ぎで末端アニメーターはバイトの時給より安い金額でやっているとか、それこそネットで聞きますね。もうyoutubeにパロみたいなの投稿した方が儲かる気がしますね。 手塚治虫が低賃金でも受け持ったのが安月給の原因とも言われてましたので、アニメーター業界にも落合博満が登場することを祈るばかりです。長嶋?王?知らねーよ。とにかく年俸1億円くれたところ行く的な素晴らしい人材の登場、祈るばかりです。 クールジャパンを本当に成功させたいなら、そこを無視できないと思います。

      12
      テーマ:
  • 11 Aug
    • 黒子は僕(ぐ~もる)です。

      黒子のバスケ。 アニメも一応終了しました。 実際アニメしか見ていなかったので(藤巻先生ごめんなさい)、俺にとっては本当に黒子のバスケ終了でした。 最終回より、赤司の生い立ちが大変よろしかったです! なんか黒子も弱者が頑張るという点で良かったのですが、別の意味で赤司も弱者になりそうで、それを踏ん張っていたのですね。 結構ネットで「赤司は中二病だ」と騒がれていましたが、本当に中二病だったとは(笑) 特に俺も片親だったからか、赤司の思考も全然分からんでもないです。それを相まって大変生い立ち良かったです。 弱さを隠すために強がるのはよくあることだし、中二病の象徴で一応シナリオ通りだったんですね。 あのエンペラーアイが破られた時のもろさも良かったですね。心理学でも人間が自身を持ち続けることが出来るのは、根拠の無い自身か他も認める自信になることが1つでもあることって言われてますからね。その辺も反映されてて面白かったです。その1つであったエンペラーアイが通用しなかったのですから、抜け殻みたいになるってのはよいよいです。 「僕は誰だ?」と自問自答するのも青春らしい。アイデンティティ確立過程みたいですね。 黒子も中学で悩んで、赤司も中学で悩んで。なんかとてつもないバッググラウンドがあるより、よほどかリアルっぽくてやはり楽しい作品でした。藤巻先生ありがとうございます。 なんか米国編が漫画では続いているんですよね。続いてほしいなー。黒バスだけで32巻くらいでしょ?米国編含めて40巻は超えてほしいですよね。

      7
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 大学生が子供に見えるのは俺がおじさんになったからか?

      最近同僚に言われたのです「大学生はもう大人だからほかっておいていい。小中学生がもめてたら介入するけど」 それで思い返したのです。大学生は大人か。 現在の結論は、 全然大人じゃない!! かくいう私も全然大人じゃないのですが、こんな私が見ても子供に見えてしまう言動をする大学生はまさしく子供だと思うようになってしまったのです。要は歳が離れたということだと推測されますが。 子供が大人ぶるもんだから、確かに表面上は問題がないように振る舞っておりますが、その問題を隠そうとするあまり、自分しか見えてなくて、結局のところ他人に問題が飛び火してますよって話なんです。なので他人に迷惑をかけている時点で子供確定。 自分たちは問題ありませんアピールはいいのだけれども、結局隠しきれず他人に迷惑をかけているのなら、いっそのことその問題を相談してくれた方がはるかに進展する可能性が高いと思うんですけどね。 隠そうと思っている以上、その問題を自分たちで解決しないといけないのに、その解決方法は見つけ出せれないので、永遠に問題を引きずって、他人に迷惑をかけ続けているという事実が見えていないというもうウザったい子供の象徴のようなことが大人だと思っているのが大学生カナーと。 だからむしろオープンに相談してくれた方がその問題の解決策が見つかるかもしれないのに、ただただ残念よ。 なので大学生諸君。きみたちのかかえている問題は他人に迷惑をかけていることはほぼ確定なので、隠さず相談するといいよ。どうしても相談したくない、自分たちで解決したいのなら1カ月以内に完全解決させなさい。 まあでも大学生はこんなもんかな。社会に出て段々分かってくるんだろうね。それにしても、なんちゅーか、自己中といいますか、自己主張が強い奴が多くなったような気はする。 まあね、自己主張は問題ないのです。主張したからにはその事について全責任を負えば問題ないのです。そんなことする勇気もないのに主張するのは、その辺のハエと同じです。頑張れ大学生!

      10
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 別に動画が嫌いなわけではない。

      以前、ユーチューバーとブロガーはやはり違うなという話をしたじゃないですか? んで俺はどちらかと言えばやはりブロガーなんだと思ってるんですけどね。 でも一応やっとようつべデビューはさせていただきました。 させていただきましたってのは、他人のアカウントの動画に出たからなんですが。 自分のアカウントは持ってないんですけど、昔アメーバビジョンてのがあって、ようつべと同じ動画投稿機能だったんですけど、あれは何回かやったことがあったので、抵抗も少なくデビューしましたですね。 まあ動画も楽しいもんですけど、あれをようつべrのように続けようとは思いませんね。ブログより面倒だ。特に編集。余計目が悪くなるよ。

      6
      テーマ:
  • 25 Jul
    • スポーツで礼儀は学べないわさ。

      昔、有吉さんが新党で言ってたんですよ。 「スポーツマンほど、マナーに適当な奴はいない。スポーツを通して礼儀も学ばせるというのは全くの嘘」 的なことをね。 全くその通りだと思います!! スポーツマンほど変な上下関係だけを気にして、後は中学生以下の礼儀のまま大人になり、さらにそれが永遠と継続していってしまうこと。 多分、予想するに無駄な上下関係だけで自分のキャパを超えてしまい、その他大勢には礼儀など使う余裕がないのだと思います。 でも本当に礼儀のある方やコミュ力のある方は、その他大勢と言いますか、誰にでも平等に接することが出来る方だという概念が俺にはありますので、それによると、体育会系は所詮そんなもんとしか思えませんね。体力はあるかもしれないですけど、その他は雑魚です。 そう思われたくない方は、万人に紳士淑女な対応をするよう努力し続けてください。裏で文句言っていれば表は平等そうでもバレバレですよ。

      7
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 上がダメだと下もダメ。上が良いと下も良い。

      もうタイトルの通り。 上がダメだと組織が衰退を始める。逆に上がしっかりしていると下が育って組織が成長を始める。 これが大学生の間でも起こりうる話で。 ようは、上下関係だけやたら厳しいから、逆らうことが一切できなくて、意見も当然いえなくて、なのに上がダメなもんだから、衰退が起こりやすく、成長はなかなか出来ないって話。 加えて大学生は上になっても責任がないものだから余計衰退が多く、成長が少ない。 そんな部活を立て直すのも、他人が関与すべきでないと思うのだけど、私の仕事に支障が出始めたので、内情を聞いてみたらこんな感じだった。 ほんとに威張るだけの先輩とかいない方が部のためでございます。 でもさ、俺も実は大学生だった時代があって、その時にブログなんてものやってて、過去の自分を閲覧できるのだけど、ここまで適当だったかなーと思いますけどね。 当然、現在においてもしっかり者の大学生はいるのだけれど、その子が埋没しているのは、機会損失と言うか逸失利益というか社会人になるまでの過程に無駄があるような気がして実に可哀想にみえましたな。 なんかこの言い回しだと、俺がとてもしっかりした大学生だったように見えますが、俺ほどマイペースな大学生もそうそういなかったと思いますので、まあマイペース≒クソだったようにも感じます。やっぱ俺大人になったんかなー。そんな気全然しないのだけど、それでも今の若者見てると、?て思うようになってきたわ。 人生それの繰り返しなのね。多分俺より年上の方から俺を見ればクソだろうし。上下関係恐るべし。というかやはり人間経験しないと覚えないってことですよ。本とかどうでもいい。体験ありき。

      9
      3
      テーマ:
  • 13 Jul
    • さよなら愛車。いらっしゃい愛車。

      とうとう我が家の大御所愛車を手放しました。廃車ですね。 20年間も乗ってしまいました。でも壊れたのは、2年前にブレーキが利きにくくなったことだけ。それ以外でモータースに持って行ったことが無いという超当たり玉の車でした。まあ当然車検の時は持っていきましたけどね。それ以外で故障知らず。 でも20年ということもあるし、サスペンションというか衝撃吸収に弾力性も無くなってきたし、ハンドルも遊びが多くなってきたしということで、手放しました。 車からしても、「もういい加減休ませてくれ」と言われているようで、申し訳なかったです。 これからは、まだ最初の車検さえむかえていない新車君が我が家に来ましたので、そいつをまたバンバン使ってやろうと思います。思うというより思った以上に使い心地がいいので、すでにちょっと使いすぎてます。それでも新車だけあって元気満々ですよね。高校生みたい(笑)

      9
      テーマ:
  • 08 Jul
    • ブロガーVSユーチューバー

      それこそ、約8年ぶりにネット業界へ戻ってきた私にとって、ようつべrの存在は、本当にそれだけで生活している人がいるという存在に衝撃を受けておりまして。 というのも、その8年前はブログが主流で、ブロガーの存在がやっと世の中に知れ渡った時代で。 しかしながら、ブログだけで生活している人なんてようつべrたちから見ればまたさらに少なかったと思われます。さらに、そのブログが売れたとしても、人並みの生活ができるというだけの認識が結構を占めていたように思い、そんな億単位だとか何千万とか、当たれば芸能人並みなんて夢のまた夢。それがごく少数であっても実現できている衝撃ね。 だーかーらーと言って、ブロガーだった人々がそのままようつべrになれるということでは無さそうで。要は表現方法が違うし、そもそも自分の存在が世の中に知れ渡ってしまう可能性がブログより高い。大体ブログでも身近なネタを提供すれば大体のことは特定できた訳なので(サプライズ参照)そのネタが映像で提供されるなどという行為は相当身元が割れるリスクが高い。 また、それこそブログは文章のみ。ようつべは映像、音楽、文字のコラボ。たまにブログでもBGMが流れていたり、特定の映像が載せれたり、特に写真は使えた。文章と写真のコラボはよく見られたかな。 要は、ようつべrは直接相手に表現を発することができて、ブログはそれこそ間接的表現(文章)での発信。 どちらがいいかは、テレビが好きか本が好きかって感じだろうから判別できるものじゃないからなんとも言えないけど、前述通り、ブロガーがようつべrにはなれにくいと思う。もうようつべrは顔出ししないと意味を感じてもらえないけど、ブログは文章さえ評価されれば人気が出る。そういう点で表現方法が変わってくる。本当にテレビと本のようで。 そのせいなのか、それとも媒体運営会社の経営能力のせいか、それともシステムのせいか、ようつべrは儲かるシステムが出来上がっているが、ブログは未だにそれは出来上がってないように思う。 ここまでこれば言いたいことが分かるだろう。 要は、俺はようつべrにはなれないってこと。金はほしいが、俺がリアルでも俺と判ることは避けたい。それが俺。

      11
      1
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 人に好かれるより我が道を突き進む男、GUMOL。

      久しぶりに前職場に行ったとき。 いや、月に数回は前職場に行くのですが、この日に限っては、昨年度までお世話になっていたお客さんに出会う機会が多かったのです。 そうしたら、 お客さんI「お、ぐ~もるさん!ここにいるということは明日からここ(へ戻ってくる)かい?」 俺「いやいやいや、まだ戻ってこれませんねー」 お客さんI「そうかー。そりゃ残念だなー。戻ってくるときはいち早く俺に教えてくれ」 俺「分かりましたw」 次に、 お客さんM「あれ?ぐ~もるさん!お久しぶりです!!」 俺「あーMさん、ご無沙汰しておりましたww」 お客さんM「いや~ほんとお久しぶりです!」 と言いつつ握手まで求めてきてくれて。 俺「今はなんか色々雑用ですわww」 お客さんM「そうなんですか。また戻ってきてくれるとありがたいんですが」 俺「戻ってきたいですねww」 お客さんM「その時はぜひ真っ先に教えてくださいよ!」 俺「了解です!」 要は何が言いたいかと申しますと、こんな俺でも好意的に思ってくださるお客さんもいるんだなーとね。ありがた過ぎて帰りの車は泣きそうでした。 過去を振り返りたくない性格なので、前職場に行くときは大体お客さんと出会わない時間帯を選んで行っていたのですが、今回はその裏をかかれて(笑)出会ってしまいました。 リアルな俺をご存じの方は俺がどれだけ取っ付きにくく、マイペースな男か一瞬で理解できたと思われます。そんな人間なんですけどね。 でも、動物占いでも申したように、オオカミなので、組織に染まることは一切なく、唯一尊敬できる上司に「平等に接するだけは忘れるな」と言われたので、それを貫いていたことが、評価してくださる方もいるのかもしれません。組織に染まらない俺にしてみれば平等など容易いもんです。 まあ万人に好かれることは動物上不可能ですが、誰からも好かれていないと思っていた俺からしてみると、ちょいと不思議な感覚に包まれた瞬間でした。

      5
      テーマ:
  • 28 Jun
    • ボウリング向上委員会。

      ボウリングの球が初めて曲がりました。 いつもは、投げた瞬間、あー回転してるなーと確認できちゃう回転数で、当然、球の方も、 「なんとか曲がれるよう頑張ります」 と言わんばかりに進んでいくのですが、案の定、対して曲がらずピンアウト。 いつも5足投法をやっていたのですが、エア投法中に4足の方が力の移動がスムーズのような気がしたので、今日初めて4足投法に代えてみた。 するとすると、すごい投げにくい。いつもより手前で投げちゃいそうな勢い。でも手は止まらないので、なんとかスクワットして4投目で投げたんです。 そうしたら、感じたことのないほど中指薬指に球がのっかってる感覚があり、自分の目では回転が確認できないくらい回転が始まり、ピン直前でグッと曲がって丁度いい角度でストライーーーーーーク!! もうすごい快感☆ でも、その代償として股関節を痛めました。やはり投げ方は悪い。でもやはり相当態勢を低くして投げないとかかるもんもかからないんだなーと。 どうにかして、足を痛めず、スムーズに投げれる方法をこれから研究してまいります。 でも本当に投げ方如何でガンガン曲がるわ。なんかここまできてやっとスポーツの感覚が出てきた。てかスポーツだけどさ。

      11
      テーマ:
  • 21 Jun
    • この世で一番困るのは矛盾だと常々思っている。

      初めて出会いました。 人に意見ばかりして、場をかき乱す人。 いや、実際は出会っていたのかもしれないけど、今回は特に連携が強い人なので、気づいてしまっただけかもしれません。 1.とある事業で例外事項が発生し上司が例外を認めると言っているのに、原則で行きますと上司の意見を否定する。 2.人には「そんなことさえやらないなんて甘えてる」と言い放っておきつつ、そんなことより50倍ほど楽な事業を「私にはそんなこと出来ない」と言い放つ。 3.これは意見じゃないけど、その人は忙しい忙しいばかり言っているわりには、机で昼寝している。 4.自分の事業は人に手伝ってもらおうとしたり、どんどん手持ち事業を減らそうとしているのに、他の人が手伝わないとギャーギャー騒ぐ。 5.先輩の意見とその人の意見がことごとく正反対。 困っております。特に5。その人の指導の下、俺が事業企画をしていると、他の先輩方からことごとく否決をくらいます。 もうあまりにも指導・意見が違うので、先輩方に「じゃもう○○の言うことは聞かなくていいですね」と伝えたら、「うん。鵜呑みにしなくていい」と言われやっと最近解決。その人にも「先輩全員の意見だから」と伝えたら、さすがにOKになりました。 1に関しても、上司が「俺が責任持つから例外でやってくれ」と言ってくださっているのに「いや原則で」と推す点、強いなーと思いつつ、指示が聞けないとか社会人としてどうなん?さらに責任持ってくれると言っているのだから、そんなありがたいことないと思うけどもね。 上の話でも垣間見えますが、この人は文面にしっかり書かれていないことは全てやらないという初歩の法律系解釈をされる人です。書いてあるからやらなければならない。書いてないからやらなくていい。この2択が明確です。それはそれでいいのだけど、書いてないことであっても、マナーで守ってほしいこともあるし、内規で定めることもあるし。書いてないからやらないor自由では、全てのことに関して取決めを文書化しないといけなくなるし、それは不可能に近いと思うし、もし頑張って作ったとしても今度はその人が覚えられないとか言ってきそうで怖いし。 まあこういう人が、取扱説明書に書いてないマナー的事項に関しても「書いてないじゃん!」とクレームをつけてくる人なのかなーと想像してしまいます。

      19
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 誰かが言っていた「一番怖いのは幽霊じゃない、人間だ」

      久しぶりにオンとオフとの境界をしっかりしておくこと。ネット経由の怖さを思い出したわい。 それこそ、俺と名前がちょいと似ている、もるさんの動画を見ていたのですが、もるさんが騙されてブチ切れるという動画がありまして、拝見したわけです。 すると、本当に切れている、マジ切れをしているように見える動画で、演出感があまり無かったのですよ。 まあ実際は分かりません。それも演出だったのかもしれないし、マジ切れをさせた相手がそのまま投稿しちゃったのかもしれないし。 演出だったのしたら、この話は終了ですが、もしマジ切れだったら。かつ前提条件として、もるさんと投稿者がネット上で繋がった関係だったとしたら。昔俺が不安に思っていたオフで出会う負の側面だなーと。 俺は幸いその負の側面に出くわすことが無かったのですが、結構話題にもなりました。オフ会の危険性。 要はそれを思い出したという話でして。ネット上で起きる問題は年月経ってもたいして変わっていないのかもと。対策も取りようがありませんしね。 俺の時代はブログが主流で、文章だけで相手を判断して出会うかどうか判断しないといけなくて、相当迷ったものですが、動画になった今でも確かに相手を判断する材料としてはどうも信憑性の低い媒体ですよね。まあ文章より動作や表情が加わる分、相性がさらに細分化されそうですが、それでもなんといっても“演出”がありますからね。 なので、これから初めてリアルでネット上の人と出会おうと考えていらっしゃる方は、いくら文章上で話が合っても、動画見て自分と相性良さそうでも、もう一度よく考察された方がいいですよ。

      11
      1
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 当時リンクをつけるには決裁が必要だった。今は仕事で必要なので当時のスキルが活きていると確信中。

      多重人格めっちゃレイアウトというかデザイン変わってるwww なんか久しぶりに自分のブログを見て、 「あーそういえば、リンクなんて作ったんだったなー。相手にお伺いたててリンク張ってたんだよなー」 と思いつつ、いまだにみんなのブログは存在するのかと見ていたら、このY平兄貴ですよ。 まあブログ続いてまして正直嬉しかったの一言なんですが、もうタイトルさえ「多重人格」じゃねーし!と1人つっこみですよ。めっちゃ頑張ってました。もう年に数回しか更新しない私恥ずかしい。 さらに、Y平兄貴側のリンクにちゃんとわたすのリンク残っていたことに恐縮の嵐。もう今でも画面に向かって土下座中です。ありがたいありがたいありがたい。 他にも懐かしい面々(といってもあとお二方)のリンクがあり、そちらにも久しぶりにルーラ。ドゥーンドゥーン。あ、間違えた。なんでダーマ神殿についてんねん!! さすがはY平兄貴であれば自分専用のレイアウトですよね。ニコ動実況まで分かりやすく飛べるようにしてあるわ。 動画見まくっているとこの前の投稿でお伝えした通りで、今度は実況プレイでも見直そうかなと考えている次第でございます。ちょっと気分が学生になってきたわ。

      7
      テーマ:
  • 02 Jun
    • ”ぐ~”が取れると人気だそうで。

      最近 「ぐーもるさん、ぐーもるさん」 と、俺が流行っているそうで、ようつべ界でよく耳にしますよ。 とうとう、俺も有名人になってしまったか。そりゃブログ10年もやってりゃたまには日の目を浴びるときもあるかと思いきや、流行っているのは、 「もるさん」 でした。 そりゃそうだ。そもそも話題になる業界違うし。ようつべなんて1回も投稿したことがない。アカウントさえ存在しない。すなわち俺が流行るわけがない。この域にもるさんの偽物としてぐーもるさんで登録してやろうか。 さらに、もるさん俺と正反対の紳士イケメンだったので、外で撮影があろうもんなら不審人物として後ろうろうろしてやろうかと考えている次第です。俺もとうとうようつべデビュー(人ので)。 んでなんの話だったかな?えーと、そうそうそう、その俺とは正反対のもるさんの兄貴が昔俺がハマってた動画投稿者「サシマン」だったってことで驚いているということをお伝えしたかった。 いつごろ見ていたのか記憶が定かでないけれど、風呂場での実験シリーズが好きだったんですよね。転んだり、頭撃ったり、尻を挟んで出られなくなったり。ああいうのが俺のツボなんですよねー。 んでその「サシマン」くんは最近は改名して「マホト」として活動しているようです。その弟が「もるさん」。 もるさんがサシマンスタジオに出ていたがは覚えありませんので弟がいたんだーと興味津々で久しぶりに動画見始めました。 そうしたら「はじめしゃちょー」ともコラボしているので、しばらくの間は動画で楽しめそうです。投稿数がみなさん尋常じゃないので全て見るのに結構時間かかりそうでなにより。楽しみ増えた。 あと一つなんか伝えようと思ったのだが、、、俺も年取ったわ。書いてる途中に書きたいこと忘れようになったわ。 そうそうそう、それでマホトくんの動画見始めたんですけど、中学生パロディ?シリーズが今のところツボですね。「ゲームのガチャするための課金お許しをもらう」が今のところ一押し。 あと、ちょいと本題とずれますが、はじめしゃちょーの「心霊スポットどうでしょう」は、それこそ総統からもらった知識もあり、実に興味深い動画です。もう総統は小5~6年までの間にどれだけ心霊現象・UFOのことについて我々に話してくれたか。いまだに総統から教えてもらった知識で人から興味もってもらうこと多々あるわ。話題ができるといいますかね。もうあの人凄過ぎる。 あの2年間だけでそんだけ凝縮して教えてくれたんでしょうかね?ああいう先生は後にも先にも出ないでしょうね。てもう学生終了したので、出てくることはなくなりました。 そういえば、ようつべの話題に戻ったとしても総統伝授の知識が実践できる場所があるんすよ。 あの人、小学生に映像の編集方法を教えてきたんですよ。まあ今はデジタル化しちゃいましたから、そんな方法使わなくても出来るのかもしれませんけどね。一番最初に教えてもらった方法は画面上に自分を何人も出す方法と自分が画面から段々消えたり、段々登場する方法。なんか教室と放送室で学んだ覚えがあるわ。当時はビデオテープだったからそれを使っての方法。まだ使えると思いますよ。そうやって何でも教えてくれる先生だったわ。 おし、本題へレッツゴー! そんなわけで、最近流行っているのは俺ではありませんでした。 最近なんかブログさえ更新してないのに流行ったら逆に怖いわ。 こんなことしている間にも時間はたっていくので、早々にこれを終了いたしまして、ようつべへGOGO! 今日もすっげー話飛んだわ。

      11
      テーマ:
  • 27 May
    • 高淵常志とかマジすげーよ。技術もだけど意気込みが。

      こんばんわんこ。 お久志ブリーフ、ぐ~もる男です。 もうこの糊はブログでしか出来ない芸当ですよね。変換も適当で良いところが、会社で書類作る時より圧倒的に気を遣わなくてすばらしいの一言。 んで今日はボウリングの話。 俺がボウリング好きなのは何時ごろかお伝えしましたでしょうか?もうブログの記事など何を書いたか全く覚えがありませんので、皆様の記憶力にお任せいたします。 んで、ボウリングが好きなんですが、高校卒業と当時に大学の友達がボウリング嫌いなやつばかりで、そこから離れていたのですが、最近、友達とも休暇が合わず、不定休うぜーとか思いつつ、いや?1人で出来る趣味探せばいいんでね?となり、ボウリングを久しぶりに思いだし、平日に行ってみたらゲーム代がめちゃくちゃ安いじゃん!!となり、半年ほど前からまたやり始めました。 といいつつ、ボウリングはとにかく高い。平日料金は休日料金より安いけど感覚的に高い。平日でも3ゲーム1,000円くらい?が相場。6Gだと1,800円くらい? なかなか、ゴルフかって位金食い虫なボウリング。加えて腰痛もあって、冬場は控えておりましたが、 なんと!! 今年度から!! あの超有名ボウリング場の!! Rウンド1様が!! 1G200円とかいう破格料金を設定してきました!!! まあ条件付ですけどボウラーにとっては大した条件でない。 年間会員(300円位?)に入会して、マイボウラーであることが条件らしい。 安すぎる。6Gやっても1,200円。税込!すでに相場より600円ほど安い。 加えて通い続けるとゲーム代がどんどん下がっていって、最終的には1G100円になるらしい。ここまでには相当通い詰めないといけないけど。 でも逆に心配になるわ。こんなんでやっていけんのかね? 一か八かの設定は1度俺みたいなやつが喜んでしまいやっぱやめますとかなると客離れが加速する可能性があるから、無理も経営上必要かもしれないけど、限度ある無理で長続きする制度であってほしいと思います。 俺は1G200円ならそれより下がらなくても良い気はしますけどね。100円てww このサービスによって俺がさらにボウリングにハマれる体制が整いましたとさ。

      2
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 時計時々愛車のち総統

      みなさんこんちはー。  お元気でしたか? 僕は下の上て感じですかね。 下なりに頑張っております。 そういえば今年がブログ始めて10年だったじゃないですか。 そしてですね、 ついに、 20周年 をむかえましてですね、もう本当に壊れないものですから壊れるまで乗ってやろうと決意を新たにしたところなんですが、 実は、この愛車と全く同じ年に買っていまだに使っているものがまだありまして、 それが時計。 我が時計くんも20周年をむかえました。 こいつに限ってはベルトは2回替えました。電池交換は数知れず。 1回目は買って5.6年目にそれこそ20周年の愛車さんに踏まれてしまいまして。 ベルトは壊れてしまいましたが、本体壊れず。 ベルトは2,500円で直したってのがあります。 2回目は買って15年目位に、今回は寿命で勝手にちぎれちゃいました。ゴム製なので。 この時の交換ベルトはなぜか3,500円にアップ! でも新品買うより安いからと、当時は時計に興味がなかったので修理確定。 最近は、スマフォに交換してからというもの、逆にガラケー時代よりも携帯を触らなくなったという勝手なジレンマになり、当然時計機能も見るの面倒なので、この時計くんに頼りまくっております。 そんなこんなで20周年。 今年度は結構動き回る職場にいたので、車に踏まれても大丈夫な時計くんは重宝です。 なのでこいつも壊れて部品が無くなってどうしようもなくなる時まで使おうと思います。 実はこれも総統と名乗る恩師が当時、 「なかなか丈夫だぞ」 と教室で男子どもに教えてくれてクラスで流行った種類の時計なんすよね。 それがほしくてほしくて、その年が親父が死んだ年で金銭的にも大変だったときに母親が買ってくれたもので。 なので車に踏まれたときは「なんでこんなところに時計が?」と思うのと踏まれたショックで泣き泣きでしたが、すぐ拾って見てみると平気で動いてましてね。総統の丈夫発言は本当だったんだ!と一段とリスペクトする理由になったなどなどの話もついてるんです。 そりゃ20年も身に着けていればいろいろ物語できあがります。 よって最後まで使い切る所存ですって話が今回のブログ。

      3
      2
      テーマ:
  • 26 Jan
    • 農協は非営利組織なんよ。

      農協改革についてちらほら。 根本はやはり、全中及び中央会、全農改革。 まず全中。 監査権限、指導権限の廃止。単なる社団法人になってくれという話。 そうそう、いろいろな意見あって当然。これはすべて俺の意見ね。 まあ、中央会という組織は完全に消滅してもいいと思いますね。 すると監査権、指導権をどうするか。 政府案?は監査権は公認会計士に。指導権は単協が自由に考えて経営すればいいのであって指導権を独占する組織などいらないでまとまりそうであります。 監査権を公認会計士に一任するとなると、いまある農協監査士はどうなるん?となり、案では廃止になってますね。んで農協監査士が引き続き監査業務に携わりたいなら公認会計士になれという話のよう。 監査についての主観は、中央会を廃止してしまって、監査権を公認会計士と農協監査士両方に与えればいいのではと。てのも農協て農協法で結構特殊な事業形態を持ってますよね?なのでそれを熟知していると認定された農協監査士もそれはそれでかなりの監査能力があると思うわけです。会計士のように営利企業や会社法を基準とする監査では対応しにくい部分があるかなと。まあ頭いいでしょうからすぐ対応できると思いますがそれまでの中間措置として両方生かす。でも中央会は廃止。んで農協監査法人の設立を認める。運営の在り方は監査法人に準拠。要は監査のみの権限にしてしまって、コンサルはさせない。コンサルしたいなら監査できない体制でいいと思いますね。料金体系は競争による。 各農協内に監査の部門があるけど、これはどうするつもりなのか?内部監査専門にするのか?それはそれで民間企業を合致するから問題はないかな。 次に指導権。こんなものこそ必要ない象徴だと俺は思ってますので、もう誰にも与えない。というか民間コンサルみたく、やりたい人々が勝手に自分たちを売り込んでやればいいと思います。よって、中央会が存続するのであれば任意コンサル法人。シンクタンクとして残る案もあるそうだが、それなら余計任意コンサル機能は持たせてもよいのでは?でもそうすると出資金制度みたいなものが残る可能性がある。できれば中央会は完全に解体してほしいですね。あと農林中金・全農・共済連もですけど。 でも農林中金・共済は日本有数の規模の銀行・保険法人になってしまったのでそうそう解体にはならないと思いますね。逆に大混乱に陥りそう。よって全農が標的に(笑)。ようは中央会機能は単協でやればいいというのが政府案だと思いますし、俺もその前提は賛同しております。 が、機構的にどうなるかは注視中です。なんか監査機能を会計士一本にするのも理にかなってそうで、実は会計士制度改革で増やし過ぎた会計士の行き場を無理やり作りたいと政府の失敗を押し付けている感もヒシヒシと勝手に感じます。農協は農家いじめで、政府は農協いじめみたいな構図がただいま完成中。じゃあの無能な監査委員制度も改革してみろよ!と行政改革をつついてみると弱い者いじめがよく分かる。農協改革はやるけど絶対行政改革はやりませんよ(笑)この辺が味噌だよね。 次に全農改革。ここも中抜きばかりしていてその割に品質に定評があったりブランドが出来たりするわけでもないので、必要性は薄い。単協が集めた農作物を全農がかき集めるor全農ブランド付けさせて販売しているだけで、そんな仲介必要ないわ!と言われても文句言えない。全農の株式会社化は要は商社にしてしまえという話だと解釈していて、他の商社や独自販路農家と競争してねテヘペロということであろうと思われるので、別に理にかなっているので問題なし。それこそ単協自体が商社を兼ねていないと組合としての理念にある意味反しているわけだから、そんな上部組織などなくても販路開拓できるようにしなければならない。中抜き&出資金が無くなれば結構資金的に余裕が出てくる単協があると思う。逆に何も考えてこなかった単協がいきなり自由にされると何をやればいいのかわからずそのまま潰れるかもしれない。でも潰れるということは必要とされていないのだからそれはそれで自然なことであまり問題ではない。 ある意味一極集中型の象徴な農協組織を地方創生という名のもと分散型にすることは、地方創生の在り方の前書きになりそうで、実に興味深いわけですよ、俺にとっては。なんとかまとまった?この文章。

      6
      2
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 他車に乗るとトヨタのすごさを再認識させられるのは俺だけ?

      デミオに試乗してきました。 結果から言って乗る気になれません。 試乗車は注目のディーゼル。 ディーゼル性能は驚くほどガソリンに近づいていて素晴らしかったです。相当静かです。振動も街乗りでは全く気にならず! 3500回転以上だったかそれ以上回すと完全にディーゼルになります。これもまたディーゼルを実感できていいと思いますね。 ターボラグやターボ開始時のショックの少なさは技術の進歩感じられます。日本人スゲーと。 でもでも一部口コミにあるように、皆さんが求めている昔の小型スポーツの復活だと思っていると、拍子抜けします。 スポーティといえど、所詮現代の車だなーというのも試乗だけで体感できます。 やはりどのメーカーも本気でスポーツにすることは出来ないようですね。 SPORTがでるのか分かりませんが、現状は街乗りを楽しくする程度の車だと思います。 質感は皆さん褒めていらっしゃいますが、それは本当にインテリア前部分だけであってドアとか軽自動車か!と突っ込みたくなるような作りでした。 あと全くもって受け入れられなかったのが、シート形状。 シートの材質は問題なく、むしろ俺自身は求めていたものだったので、すごく気に入りましたが、なにあのシート倒して乗るのが前提みたいな形状は! あんなだらだら乗ることを想定している時点でスポーツカーとは程遠い車でした。 かつ、人間工学に基づいて設計されていると説明受けましたが、俺は首が痛くなりました。あれは慣れが必要か、人間工学に基づいていないと思います。 よって、素晴らしい点が散見される中、一番重要は座ることに主観的問題がありましたので、俺は乗る気になれません。 やはり、試乗大事です。 追伸。デミオのインテリアプレミアムが話題になってますけど、フィットとあまり変わらないと思います。 でも、その従来質感をデザインで隠そうとする努力は実感できます。ああいうことやはりデザインで出来るんだなーと実感しました。 やはり、デザイン大事です。

      10
      2
      テーマ:

プロフィール

GUMOL(ぐ~もる)

性別:
女性に間違えられない男性。
誕生日:
高校生に間違えられる成人。

読者になる

AD

こにゃにゃちは。
自身でも意外と続けていると思っているブログです。
みんな止めちゃうんですよね。
まあ家族ができればやる暇が無くなるかと思いますが、逆に家族で来たから再びやり始める方もいるし、要はやる気次第ということでしょうか。
それかその他SNSに流れているのでしょうか。そもそもブログはSNSなのでしょうか。
ともあれ、このブログもやれるとこまではやりますので。予定。予定は未定。

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のコメント

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。