テーマ:

先月誕生日を迎えた私。

ママからの誕生日プレゼントに、

10月の誕生石であるトルマリンのブレスレットをリクエストしました。

 

ワクワク週末占いの朝ちゃんにお任せで、

出来上がってきたのがこのブレスレット。

透明な水晶以外、色は違っても全てトルマリンなのですよ。

 

 

 

 

{1FBD46CD-0F73-4824-9ABA-A871429042BF}

すごく気に入りました。

毎日身に着けます。

ありがとうございました。

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分で言うのもナンですが、
今日は私の誕生日なんでございます。
一つ歳を重ね、ちょっとは落ち着いたミドルエイジになろうかしら、
なんてことはさらさら思わず、これまで以上に前のめりで生きて参ります。
 
 
エフエムあまがさきの番組『昭和通二丁目ラジオ』の占いコーナーの
朝ちゃんがブラックトルマリンの原石をプレゼントとしてくれました!
 
 
{CFA1B381-B774-4DA3-B7BE-FD747CFE6634}
ちょっと大ぶりな卵ぐらいのサイズで、
掌に乗せるとずっしり重たいです。
 
10月の誕生石はオパールとトルマリン。
トルマリンはカラーバリエーションが豊富で、
いろいろな色のものがありますが、
ブラックトルマリンは中でも最もマイナスイオンを放ち、
強力なパワーを持っているそうです。
 
ストレスを軽減し、集中力を高めてくれるんですって。
パソコン作業の時など、そばに置いておくと良いみたい。
 
私はこれまで誕生石はオパールだけだと思っていました。
そしてオパールの中でもブラックオパールが好きで、
ネックレスと指輪を持っています。
 
新たに知った誕生石トルマリン。
ちょっとずつ集めていきたいものです。
 
そのスタートにこんな大きな原石をいただいて、
嬉しいです。
どうもありがとうございました!
 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は本当に久しぶりにエステに行ってきました。
 
つい最近元同僚がエステティシャンに転職したとのこと。
久々に近況を語り合いたいし、
新しい門出に少しでも貢献したい。
そして何より、エステやボディケアって
無防備な姿をさらけ出すことになるわけで、
安心できる人に施述してもらうのが一番良いと思ったのです。
 
予約を入れてビックリ。
彼女の勤務先は兵庫県尼崎市上坂部。
私が5歳まで過ごした若王寺のすぐ隣町なのです。
伊佐具神社や近松公園(近松門左衛門の近松です)は
私の遊び場所でした。
あ〜懐かしい〜。
これも何かのご縁だわ、と、本日楽しみに伺いました。
 
久しぶりにプロに顔をお手入れしてもらうと、
顔が色白になり、透明感も出ています。
何より、顎がシャープになっている!!
すごい〜。
 
デコルテのマッサージのおかげで
血流やリンパの流れが良くなったのか、
体もポカポカ。
これは気持ち良い。
 
お値段設定も、良心的なので、
これからしばらく続けてみようと思っています。
 
さて、サロンの隣にあるのが伊佐具神社。
小さい時の遊び場所……と思ったのだけど、
うーむ、ちょっと記憶と違うのよ。
境内までもっとうっそうとした森を通ったように思うんだけど、
今見るとスカッと青空が見えました。
それはそれで気持ち良い空間です。
 
{774844B7-FD41-4A32-A583-1E437C4C22DF}

 

西側の鳥居

{7135E8A4-B92C-4131-ABF4-FC4E10D18914}

 

南側の鳥居。

{4DD94141-BF15-4CDE-8827-8C9D3F632CB6}

 

伊佐具神社の南側に普通の公園があり、

その南側にあるのが近松公園。

 

こちらも全然記憶と違うのですよ。

こんな水路あったっけ?

(あとから聞くと、ずいぶん整備されたんですって)

{5B38FF82-0F79-4F0E-95BA-CD54A52A3814}

 

本当に立派な公園に生まれ変わっていました。

 

{5489C716-7EC5-4590-8E09-2A070C7B4C51}

 

公園内の花壇も手入れが行き届いていて、

梅雨に入っても雨が降らなくても紫陽花が綺麗に咲いていました。

 

{4E62B698-9893-47F1-8BCA-3437B95EF317}

近松公園の水辺では、

いろいろな人がベンチに腰掛け、

思い思いに過ごしていらっしゃいました。

私も今後エステに行ったら帰りにぼーっと過ごすのも良いかなぁ。

 

 

ブログランキングに挑戦しています。 

もし記事を気に入っていただけたなら、 

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 ↓

   

人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

直感で、購入しましたオニキスのペンダントトップ。

 

『臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前』の九つの文字は
臨める兵 闘う者、皆陣をはり列をつくって前に在りという
邪気を払う真言で、強力なお守りです

文字とともに縦に4本、横に5本、

合計9本の線が引かれていますよね?

 

これを見た瞬間に思い出したのが

荒俣宏さんの『帝都物語』。

『帝都物語』のどのあたりかは忘れましたが、

魔から逃げる時に、相手の目をくらませるために

「九字を切りながら逃げる」という場面がありました。

指先で空中に上のような線を引くわけです。

こういう細かい網目のようなものを見ると、

魔物は思わず数えてしまうとかで、

その隙に距離を稼ぐ、ということだったと思います。

 

「ああ、本物の九字だ!」

ビビーンと来まして、

お守りにしては若干値段はお高めでしたが即購入したのでした。

(値段に関しては私のお財布の感覚です。

 何それ、安い〜と思われる方もおられると思います💦)

 

さて、裏は五芒星。

これについても初めて知ったのは『帝都物語』でした。

小説の中ではドーマンセーマンと呼んでいたように記憶しています。

この五芒星、線と線が交わる部分がくっついていなくて、

それも何か特別な感じをかもしだしています。

パワー強そう!

 

ところで……

私は、『帝都物語』で魔物相手に九字を切ると良いと知ってから、

たまに鳥肌が立つような怪しい気配を感じたりすると、

空中に九字を切ったりすることがあります。

 

エフエムあまがさき『昭和通二丁目ラジオ』内

「朝ちゃんのワクワク週末占い」の時間に、

その話を朝ちゃんにしたんですね。

すると、朝ちゃんチロリンと私を横目で見て

「素人さんは九字なんか切らないほうが良いですよ」。

え?!なんですって?!

下手に九字を切ると逆に魔が寄ってくることがあるらしい。

 

ヒエーーーーー!

知らなかった。

怖っ!

もう絶対に生兵法はいたしません。

 

それにしても、改めて荒俣宏さんの幅広い知識に感服しています。

映画も見にいきましたけど、

荒俣さんの文章のほうが想像力を刺激されて、

怖くておもしろかったです。

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 

人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、1月に亡くなった おばの納骨のため、
大阪市天王寺区にあるお寺 一心寺へ行ってきました。
 
亡くなったおばは、母の弟のお嫁さん。
昨年12月に、母の長兄のお墓参りを一緒にしたばかりだったので、
訃報を聞いた時は信じられませんでした。
 
急死だったため、おじもなかなか心の整理がつかなかったようですが、
百か日を済ませたことで一つ区切りがついたのか、
納骨をすることになりました。
 
同行したのは、母、おじ、そしておば(母の長兄のお嫁さん)。
みな高齢なので私が運転手を務めたというわけです。
 
一心寺は大阪市天王寺区逢坂にあります。
中央区の高津から天王寺区にかけてはお寺が集まっています。
一心寺は上町台地の坂を登りきる手前、
大きな道路にも面していて、
非常に明るい雰囲気のお寺です。
 
近くに住んでいたこともあるのに、
私は一心寺さんのことをこれまで全く知らなかったんですけど、
全国的にも有名なお寺だったんですね。
 
何が有名かというと、お骨仏です。
一心寺では宗派を問わず、納骨させていただけます。
そして納められたお骨は10年を一区切りとして集められ、
仏様に造立されるのです。
もちろん人骨だけでは造形しにくいでしょう、
セラミックなども混ぜて造られるようです。
 
さて、人骨で仏様を造る、と聞いて、
どう思われるでしょうか。
私は「これもありだな」と思いました。
いや、もっと前向きに「これ、良いやん!」と
目から鱗が落ちた感じ。
 
昨日一心寺さんで撮影した写真1枚に
たった一言「おばの納骨」とだけ添えて
Facebookにアップしたところ、
いろいろな方からメッセージを頂戴しました。
 
ご家族がお骨佛として眠っておられるかたや、
いまご健在のご家族、あるいはご自身が
将来は一心寺でねむりたいと考えておられるかたもいて、
お骨仏は意外にも身近な存在だったのだなぁ。
 
ちなみに一心寺さんでお骨仏を初めて造立されたのは明治20年。
嘉永四年から明治二十年までのお骨で造られたそうです。
その後10年ごとに造立されたものの、
昭和十三年までに造られた六体までは第二次世界大戦のため、
破損してしまったのだとか。
もしかしたら大阪大空襲のときに、かしら。
痛ましいことです。
 
現在お祀りされているのは昭和二十三年から10年ごとに造られた9体。
その9体目が造られたのが昨年のことで、
おばがお骨仏になるのは10年後ということになります。
でも、それまでの間も、お寺にいるのだから
毎日供養していただいているのと同じ。
そう思うとなんだか心が安らぐわ……。
 
昨日一心寺さんで撮影したのはこの一枚だけ。
北門から階段を上っている途中に見つけた場所です。
image
 
あとで調べると一心寺さんには
現代アートのような山門や、変わった植物など、
見所がいっぱいあったみたい。
 
でも、体の悪いおじや、足元が不安定な母と一緒だったので、
写真を撮っている暇がまったくなかったんです。
ご興味のあるかたは、一心寺さんの公式サイトをご覧ください。
 
次に行く時はご朱印帳を忘れずに持っていかなくては。
 
 

ブログランキングに挑戦しています。

 もし記事を気に入っていただけたなら、

 ポチッとクリックよろしくお願いします。

 ↓

   

人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。