テーマ:

黒川博行さんの『果鋭』を読み終えました。

最後までドキドキした〜!!

 

 

主役二人は元マル暴。

マル暴とは、暴力団捜査担当の刑事のことだ。

堀やんこと堀内信也はヤクザとの癒着や情報漏洩が、

誠やんこと伊達誠一は愛人のヒモにさされたことが

監察にばれて、二人とも警察を追われる。

堀やんは退職後にも暴力団ともめて刺され、

脚に障害が残ってしまった。

互いに四十そこそこで道を誤った感がある。

ところが二人は懲りない。

今度はパチンコ企業を相手に、儲けようという算段。

もともとコンビだった二人は息がぴったり合い、

刑事時代に培った勘や捜査能力、人脈、機動力を生かして、

やくざ顔負けの金儲けをやってのける。

出玉の遠隔操作や出玉の計数のごまかし、警察との癒着など、

パチンコ企業は叩けばどんどん埃が出てきて、

儲けのネタがいっぱいなのだ。

しかし、やくざが絡んできて、ことはそう簡単ではない……

二人は最後までしのぎきれるのか?!

(ざっくりとまとめました。ネタバレはしていないつもりです)

 

舞台は大阪。

黒川博行さんの特徴とも言えるのですが、

主役二人の関西弁の会話はテンポが良く、漫才のように面白いです。

 

パチンコ企業の内幕や、警察内部の話も興味深いし、

最後まで「どうなるんだろ、この二人、どうなるんだろ」と

ハラハラさせてもらえます。

 

でも、筋立て以上に興味が尽きないのは、二人の食べっぷりです。

暴力団相手のマル暴は、パッと見た感じはヤクザそのもの。

体が大きくて、力も強いのです。

だから、食べる食べる。そして飲む。

朝昼夜お構いなく交わされることばは

「めしでも食お」

「なんか食お」。

(食お=食べよう、食べましょう、の意味)

 

心斎橋宗右衛門町で鰻や焼肉を、

今里筋で蕎麦を、

神戸中華街で北京ダックを、

東住吉の駒川商店街でお好み焼きを、

阪急東通り商店街ではラーメンを……

といった具合。

二人とも実においしそうに食べるんですよ。

さすが食い倒れの街大阪。

糖質オフダイエット中の身には読んでいて つらいものがありました。

真面目な話、場所を特定して、『果鋭』食べ歩きツアーをするのも

面白いのではないかと思います。

 

黒川作品お馴染みの内藤医院は今回も出てきます。

内藤医院では警察沙汰にしたくない怪我を、

黙って診療してくれるのです。

治療費は医師の言い値。

保険などは効きません。

変わり者だけど腕は確かな内藤医師。

先に読み終わっていた夫に

「ドラマ化するとしたら、この先生(医師)を

 誰にキャスティングする?」

と質問したら「柄本明」と答えました。

ふーん、私は小林薫だと思ったんだけど。

あなたなら誰をイメージされるかしらん。

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がパーソナリティを担当している

大阪府箕面市のコミュニティFM みのおエフエムの「デイライトタッキー」。

その中の”図書館だより”は箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介するコーナー。

私は司書さんのコメントの代読をし、そのあと自分の感想も付け加えます。

 

 

今日ご紹介したのは中野信子さんの『サイコパス』。

 

 

今の私からは想像ができないと思いますが、

子どもの頃の私は無口でした。

本さえ読んでいられれば、一日でも黙っていたと思います。

親戚の家に遊びに行って、同年代のいとこたちが、

おとなが会話している途中に

「ねーねー、お母さ〜ん」

などと割り込んでは

「後でね!」

と言われているのを見ると不思議でした。

どうしてそんな(無駄な)ことをするのかと。

じーっと話を聞いていて、話が途切れた時に話しかければいいのにと。

私は無口な上に、おとなの話に聞き耳をたてる子どもだったんです。

(今や人の話に割って入りまくり、すみません)

 

まだ小学校入学前だったと記憶しています。

ある時、おとな同士がこんな会話をしているのを耳にしました。

「これまで見た映画で一番怖かったのは何?」

「サイコよ」

「ヒチコックの?」

「そう!!あんな怖い映画ないわ〜」

私は会話の意味がよくわからないまま、

「サイコ」「ヒチコック」「怖い」とインプットしたのでした。

その後、ヒチコックが有名な監督であり、

パニック映画など多くの作品を残していることを知りましたし、

テレビの洋画劇場で見る機会もありました。

が!

どんなことがあろうとも絶対に『サイコ』だけは避けてきました。

今もって見たことがありません。

子どもの頃の刷り込みってすごいです。

 

1960年の映画『サイコ(Psycho)』は、

多重人格の殺人者を描いた心理的恐怖を煽る映画で、

主役アンソニー・パーキンスが鬼気迫る演技で

強烈な印象を残した……そうですね。

(見ていないから知らない)

このごろ凶悪事件の犯人に「サイコパス」という言葉が

冠されることが多くなりました。

人の痛みを感じず、冷静に犯罪を犯す人をさすサイコパス。

辞書で調べると、Psychopathとは精神病質者、変質者、

略称Psychoと書かれています。

ヒチコックは約60年前に、その問題を取り上げていたのですねぇ。

さすがです。

 

そんなこともありサイコパスといえば、

全てマイナスというイメージが定着しつつありますが、

そうとも言い切れないようなのです。

前置きが長くなりました。

中野信子さんの『サイコパス』は、

脳科学の見地から、サイコパスを定義解説したものです。


チームワークが苦手であること、

こんなことをしたら他人にどう思われるかといった心情、

これは社会通念的にアウトだろうといった判断の欠如などが

サイコパスの特徴としてあげられています。


極端な例えで言えば、

一人が犠牲になれば(死ねば)

残りの全員が助かるといったときに、

躊躇なく「一人殺そう」と思うのがサイコパス。

サイコパスでない人が相当悩み苦しむことも、

簡単に決断できてしまうのですって。

ある意味、究極の合理主義者と言えるかもしれません。


サイコパスという言葉がない時代にもサイコパスは存在したようです。

ウソがバレても謝るどころか自分が被害者であるかのように振る舞う、

集団に迷惑をかける、

平気で犯罪を繰り返す……

そんな人たちはどのような末路を辿ったか?

秩序が保てなくなるのを恐れた集団が、

収監したり、極端な場合は誰も見ていないときに海に突き落とすなど、排除していたようです。

現代、連続殺人などを犯したサイコパスが、

逮捕され極刑に処されるのと同じことかもしれません。



しかしサイコパスが歴史に名を残すのは、

残虐、冷酷な虐待や殺人だけではないと、

中野さんは述べています。

例えば織田信長や毛沢東、ジョン・F・ケネディ、マザー・テレサも

サイコパスだったのではないかと、

多くの心理学者や神経学者が指摘しているんですって。


比叡山を焼き討ちした織田信長はわかるとしても、マザー・テレサがサイコパス?!

びっくりしました。

しかし彼女の一般常識に縛られない行動や、

博愛主義を裏返せば一人に深く熱い愛を注げない人だと解釈することで、

サイコパス説も信憑性を帯びるのでした。

中野さんが前者を「負け組サイコパス」、

後者を「勝ち組サイコパス」と呼んでおられるのがわかりやすかったです。


この本の最後には自分がサイコパスかどうか

自己診断できるチェック項目が設けられています。

その結果が20点未満であればサイコパスではなく、

27点が分水嶺、30点を超えるとサイコパスと考えられるそう。


もちろん私もやってみましたよ。

結果は19点。

けっこう際どい!


しかし、自己診断でサイコパスの疑いが濃いとわかっても、

将来犯罪者になる、なんて絶望しないでくださいね。

上にも書いたように、サイコパスの特性を活かして勝ち組サイコパスになれば良いのです。

最終章にはちゃんと、サイコパスに向いているとされる業種が掲載されています。


何にせよ、サイコパスから身を守るには

(あるいは自分が負け組サイコパスにならないためには)

正体を知ることが一番。

ぜひご一読を。



ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がパーソナリティを担当している

大阪府箕面市のコミュニティFM みのおエフエムの「デイライトタッキー」。

その中の”図書館だより”は箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介するコーナー。

私は司書さんのコメントの代読をし、そのあと自分の感想も付け加えます。

 

 

今日ご紹介したのは大塚敦子さんの

『犬が来る病院 いのちに向き合うこどもたちが教えてくれたこと』。

 

 

タイトルを見ててっきり、介護犬やセラピー犬のお話だと思い、

犬好きな私はウキウキしてページをめくったのですが、違いました。

セラピー犬の訪問活動を軸として、

難病と闘う子どもたちの姿を紹介した本だったのです。

よく見ればサブタイトルに書いてありますね。

命に向き合うこどもたち、と。

 

「犬がくる病院」とは聖路加国際病院 小児病棟のこと。

日本で初めてセラピー犬の訪問を受け入れたのだそうです。

小児病棟にセラピー犬を受け入れるについては、さまざまな問題があります。

小児がんや、白血病などで免疫が落ちている子どもたちもいれば、

動物アレルギーの子どももいるかもしれません。

しかし、子どもたちの病院生活の質を向上させようと、

関係者の皆さんが一つ一つ問題を解決されたのでした。

聖路加国際病院といえば、今年105歳でお亡くなりになった

日野原重明名誉院長。

日野原さんはセラピードッグを小児病棟に迎えることに

賛成されていたそうです。

 

この本の前半では、病院に犬が来た日の子どもたちの様子が

写真とともに描かれていて、読んでいると心がほんわか温かくなります。

苦しい治療を一時忘れて、犬と触れ合うときの笑顔の素晴らしさといったら。

 

もう一つ、子どもたちの病院生活に張りをもたらしていたのは「学校」でした。

学校に行けない子どもたちにとって、週に数回開かれる病院内の学校は

「普通の生活」を送っている実感をもたらしていたのです。

 

この本の後半では、犬との触れ合いや学校で

目を輝かせていた子どもたちの闘病生活が描かれています。

聖路加国際病院の小児科では、子どもであっても

病気のことや治療方針を説明するようにしているそう。

子どもに酷な現実をわからせるなんて、と感じるかたもおられるでしょう。

しかし、小児ガンや白血病の治療は、

何も知らない状態で受けるにはあまりにも厳しいのです。

たとえまだ5歳や6歳の子どもでも、

自分の病状と向き合わなければ耐えることができないのです。

 

翔太くんは小学5年生のときに、潰瘍性大腸炎で

聖路加国際病院小児科に入院することになりました。

死に直結する病気ではありませんが、通常の生活が難しいほどの症状です。

翔太くんは入院当初、自分が大変な病気であり、

いろいろなことを我慢して闘病せねばならないことを理不尽だと感じていたようです。

しかし、自分より年少の子どもたちが抗がん剤治療などに耐えている姿を見て

思うところがあったようです。

この入院で翔太くんは「将来は医者になりたい」と決めました。

毎日毎日辛い治療に耐える子どもたちと、

朝から夜までその子どもたちに向き合い治療をする医師の姿を見て、

そう思うようになったのだとか。

やがて翔太くんは退院し学校生活に戻るのですが、

クラスメートが幼く見えた、とのちに語っています。

命と向き合う子どもたちと一緒に過ごしたからでしょう。

 

翔太くんのように「犬が来る病院」から退院できた子どももいれば、

幼くして人生を終える子どもたちもいます。

そのことをどうとらえれば良いのか。

月並みですが、それぞれが生きている今を大事にするしかないのかも知れません。

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

曽野綾子さんの体験を記した『夫の後始末』を読み終えました。

 

 

昭和の女性作家で、私が好きだったのは、

有吉佐和子さん、田辺聖子さん、そして曽野綾子さん。

おせいさんこと、田辺聖子さんはふんわりしたかたですが、

他のお二人、有吉さんと曽野さんは、

才気煥発、打てば響く、お愛想笑いなんかしなさそう…

もちろん、私はお二人を存じ上げているわけではなく、

勝手に抱いていたイメージです。

十代の頃の私は、理知的でかっこいい女性になりたかったんです。

有吉佐和子さんと曽野綾子さんはその代表のようなかたでした。

 

私が初めて読んだ曽野さんの作品は『太郎物語』。

最も好きなのは『天上の青』。

そして、怖いなぁと思ったのは『一枚の写真』です。

 

曽野さんは小説も良いのですが、

小気味いい切れ味のエッセイも素敵。

今も全く衰えを知らない切り口ですが

曽野綾子さんは現在86歳なんですって。

 

そして、人生の伴侶であった作家の三浦朱門さんを

今年(2017年)2月3日に見送られたそうです。

その時点で夫 90歳、妻85歳。

本の帯に書かれた「あなたにもその日はやってくる」という言葉通り、

高齢化日本では今後当たり前になるであろう、老老介護です。

 

三浦朱門さんは2015年春頃から、体調不良を訴え始めます。

しかし検査をしても悪いところは見つかりません。

癌ではない、高血圧も糖尿病も大丈夫。

もしかしたら高齢による機能障害だったのかもしれません。

2015年の秋には検査入院をしますが、

病院ですごす三浦朱門さんの精神活動が、

日々刻々と衰えるのがわかったそう。

その衰えの速度は恐ろしいほどで、

病院には何の不満もなかったそうですが、

曽野さんは三浦さんを退院させ、

家で介護する決意をするのでした。

 

三浦朱門、曽野綾子ご夫妻にはお子さんがいらっしゃいますが、

(『太郎物語』のモデル)

早くに独立。結婚後も別居しておられます。

その代わりと言うのはおかしいけれど、

三浦さんのご両親と、曽野さんのお母様とは同居し、

全員見送られたのだそう。

親世代の介護のために工夫しておいた家の作りが、

三浦さんの介護に随分役だったそうです。

 

介護に必要なのはハードウェアだけではありません。

ご老人と暮らす生活のルールや、

肌着や布団の扱い、

食事・入浴・睡眠など生活リズム、

介護へのお金のかけ方など、

曽野さんのご体験は、参考になります。

 

特に、これは書き留めておかねばと思ったのは、

「人間の最後に臨んでやってはいけないこと」三か条です。

それは

胃瘻、気管切開、多量の点滴による延命

(『夫の後始末』P149より引用)

曽野さんにそれを教えてくださったのは、

聖路加病院の名誉院長だった日野原重明先生で、

なぜやってはいけないのかも、書かれています。

我が家でも元気な時に、

夫婦で話し合っておかなくてはいけないと思いました。

 

 

三浦朱門さんはユーモア精神があり、

ちょっと毒舌な方だったようで、

思い出すと おかしくて明るい気持ちになる人だったのですって。

そんなかたと六十三年連れ添った末のお別れが、

寂しくないはずはありません。

(曽野さんは「寂しい」とは一言も書いておられませんが)


三浦朱門さんの死後、

思いがけない経緯で

曽野さんのお宅に迎え入れられるものがあります。

それが曽野綾子さんの生活の光となったことで、

読後感はとても優しい。


『夫の後始末』というタイトルは

ぶっきらぼう、あるいは物騒です。

でも、曽野綾子さんの冷静な自己分析と文章のおかげで、

読み手も湿り気なしで現実に向き合えるのだと思います。

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

V.E.フランクル『夜と霧』を読み終えました。

 

 

著者V.E.フランクルは1905年オーストリアに生まれました。

ウィン大学医学部を卒業した精神科医です。

 

1938年にナチスがオーストリアを併合したころから、

フランクルの前に暗雲がたちこめ始めました。

フランクルはユダヤ人だったのです。

 

1941年に結婚したフランクルでしたが、

翌年には強制収容所へ連行されます。

両親や妻も同様に強制収容所へ。

そして父親は強制収容所で亡くなってしまいます。

実は母と妻もほどなく別の収容所で死亡していたのですが、

もちろんそのことをフランクルは知る由もありません。

むしろ知らなくて幸せだったのかもしれませんが。

 

強制収容所でフランクルは、

家族以外にも自分自身に属していたものほとんど全てを失います。

たとえば、財産や所持品はもちろん、

立派な経歴もそこでは何の意味も持たないのです。

ただ、ナチスでも奪えなかったのはフランクルの精神活動です。

 

フランクルは強制収容所で手に入れることができた小さな紙切れに

速記記号で見聞きしたことについて書き残していくのでした。

その視点はあくまでも精神科医のもので、

強制収容所内で何が行われているかということよりも、

自分を含め囚われた人々の精神の変化に重きを置いています。

たとえば、強制収容所に入れられた人たちの心の状態を、

第一段階はショック、第二段階は比較的無感動……と、

冷静に分析しているのです。

 

多くの人がご存知のように、

アウシュビッツを始めとするドイツ強制収容所では、

想像もできないほど酷いことが行われていました。

しかし『夜と霧』を読むと、そんな状態であっても

希望と愛こそが人を生かす力になったのだとわかります。

 

しかしその希望もいろいろ。

「クリスマスには連合軍が侵攻してきて

 自分たちは解放されるのではないか

 (解放されればいいなぁ)」

といった希望を持った人の多くが、

12月25日が終わると自殺してしまったそうです。

希望が叶わなかったことが引き金になるわけです。

 

私は希望ってなんだろうと考え込みました。

考えた末、クリスマスには解放されるかもというのは、

「希望」ではなく「希望的観測」にすぎないと結論づけました。

本当の希望は、第三者頼みではなく、

自分がどうするか、どうなりたいかということかも知れません。

それならば、環境がどれほど絶望的になっても、

何とかすれば突破口が作れるかもしれない、と考えられると思うので。

 

ところで、フランクル自身が絶望したり、

ヤケになったりしなかったのでしょうか。

そんなことはありません。

生命を維持するのも危ういような食糧事情で、

かつ激しい肉体労働を強いられ、

それができない人は「選別される(ガス室へ送られる)」状況で、

崩れそうになったようです。

ですが、そうはならなかった。

フランクルは朦朧としながら、ある光景を見るのです。

それは強制収容所から生還した自分が、

大勢のお客様の前で講演をしている光景でした。

それ以来、フランクルは極限状態の自分を客観視するようになったのです。

「この出来事を聴衆に伝えるとしたら?」と。

極限状態を生きている自分から一旦抜け出て、

他人事のようにその事実を記憶(記録)したことが、

彼を真の絶望から救ったのかもしれません。

 

フランクルは1944年にはアウシュビッツにいましたが、

その三日後にはテュルクハイムへと移動させられました。

そして1945年にアメリカ軍により解放され、生還。

1997年92歳で亡くなっています。

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。