テーマ:

昨日は兵庫県立美術館に行ってきました。

 

6月3日に参加した

玉岡かおる先生のスペシャルトーク

「アイラブOSK日本歌劇団〜関西に100年 息づいた歌劇文化を語る〜」の

ジャンケン大会で勝ち抜き、招待券をいただいたのですよ。

茶々吉24時「夢を諦めてはダメ!OSKと玉岡先生のコラボ@神戸三宮シアター・エートー」

私は美術にはとんと疎く、こういう機会でもないとなかなか美術館へは行きません。

良い機会をいただき嬉しいです。

 

JRで行く方が近いのだけど、阪急電車で行きました。

乗り換えが邪魔くさかったの……。

最寄駅 王子公園駅ホームの待合室はパンダ柄!

王子動物園一番の人気者ですもんね。

image

 

王子公園駅から兵庫県立美術館まではほぼ一本道。

ミュージアムロードと名付けられ、

オブジェなどもあるのですよ。

 

神戸は北側に山、南を見ると海。

両方の距離がとても近いです。

私は阪神間で育っているので、

そんな風景にすごくホッとします。

 

山手幹線、JR、国道2号線、阪神電鉄をまたぎ、

坂を下ること約20分。

到着しました〜!!

 

image

美術館の屋根でお出迎えしているのはカエル。

ちゃんと名前があるんですって。

「美カエル」(ミカエル)。

関西風味だ……。

 

さて、現在開催されているのは

『ベルギー 奇想の系譜展

 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』

image

大きなパネルの横にある吹き出しは何かと言うと……

お好きなセリフを書き込んで、このパネルにぺたんと貼り、

その前で記念撮影してくださいね、という趣向。

image

ここで撮影した写真をSNSで拡散してね、

というコメントも添えられていました。

SNSの拡散力って本当にすごいですものね。

 

もちろん撮影OKはここまでです。

 

展示は第1章から第3章に分かれていました。

第1章  15-17世紀のフランドル美術

第2章  19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義

第3章  20世紀のシュルレアリズムから現代まで

 

パッと見てすぐに主題がわかる作品はほとんどなくて

(すみません、私は本当に美術が苦手で……)

添えられた解説を読んで、

「へー。そういう暗喩なのか」と思いました。

イヤホンガイドを借りればもっと楽しめたかなと、

途中で後悔しましたよ。

 

それにしても本当に不思議な作品ばかり。

また隅々まで細かくて、

芸術家の集中力は執念に近いなと思いました。

 

作品によっては、近くでじっくり見るときと、

少し後ずさって距離をとって見たときで、

全然印象が違うものもありました。

 

また、じっと見ていると、

絵って「一瞬」を切り取っているのだけど、

それが「永遠」でもあるのだなと、

クラクラするような気持ちも味わえました。

本当に不思議な気持ちです。

 

 

一点一点見るのに時間がかかるので、

思いの外長い時間が経っていて、脚が疲れちゃった。

 

南側に面した館内のカフェで一休み。

吊るされたモビール越しの高速道路↓。

image

 

帰路は坂を登ることになり、

王子公園駅についた時には汗だくでしたワ。

 

ああ、良い一日でした。

 

【おまけ】

美術展を見ている間じゅう、

「これに似た何かを知っている…なんだろう?」

と思い出せずにいたモノ。

これでした!!

 

 

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この6月1日、神戸三宮にオープンした神戸三宮シアター・エートー。

JR三ノ宮駅から徒歩3分という便利な場所に、新たな文化拠点が出来ました。

 

{F772BCCD-915F-4B10-821D-F643248DF319}
 
杮落とし公演として昨日開催されたのが、
尊敬する作家玉岡かおる先生のスペシャルトーク
「アイラブOSK日本歌劇団〜関西に100年 息づいた歌劇文化を語る〜」
でした。
日付が変わってしまってもう「昨日」のことなんですが、レポートします。
 
とにかく面白く、いつもハズレがない玉岡先生のトークショー。
まして、元OSK日本歌劇団の牧名ことりさんと
現役バリバリのスター 真麻里都さんがゲストとあって、
補助席も全て埋まる満員御礼なのでした。
{7FE89147-863B-4F5B-961D-C05304EE8595}
神戸といえば、国際会館や神戸文化ホール、新聞会館、朝日ホール、
新神戸オリエンタルホールなど、すばらしい劇場がありますが、
こじんまりとした、親しみやすい劇場は意外となかったような。

 

シアター・エートーは客席と舞台が非常に近く、劇場というより「小屋」。

ご出演者にはプレッシャーかもしれないけれど、

どんな表情も見逃さない、お客様にとっては嬉しい劇場でした。

幕があがるのが待ち遠しい!

{63774C9B-E3A3-41AD-8CCF-DB55C5BC2A4D}
 
スペシャルトークは二部構成でした。
第一部はまず玉岡かおる先生の講演。
資料映像を見ながら、
関西に息づいた歌劇文化、レビューの歴史について学びます。
 
私は作家「玉岡かおる」のファンであると同時に、
玉岡先生のトークの大ファンでもあるのです。
例年だと、年に数回はトークショーに参加するのに、
いろいろと巡り合わせが悪く、
1年以上玉岡先生のトークから遠ざかっていました。
 
ですから、久々にお聞きした玉岡先生の
立て板に水、縦横無尽、博覧強記なトークに
「これ、これ!これなのよ!!」と
涙が出そうなくらい感激しました。
私にとって玉岡先生のトークは何よりのビタミン剤だと
改めて感じました。
 
おまけに、1年強のご無沙汰の間に、技術面でも変化あり。
これまでの講演会では、玉岡先生はパソコンを操作しながら
喋っておられたのに、昨日は普通の丸テーブルにマウスのみ。
パワーポイントを操る玉岡先生。
今までよりスマートな印象を受けました。
 
話の内容は、世界のショービジネスの歴史の中のOSKの歩み。

 

黎明期や繁栄期、その後の暗黒期(解散)、そして復活と、

約50分ノンストップで、

約100年の流れをわかりやすく教えていただきました。

もちろん、随所に笑いをちりばめて。

 

休憩の後は、第二部。

いよいよ牧名ことりさん、真麻里都さんのご登場です。

OSK消滅の危機からの復活について、

舞台人としての日常や、オンオフの切り替え方法、

退団後のプライベートなお話と、

玉岡先生のリードでいろいろなお話が聞けました。

 

宝塚歌劇の大ファンの私は、宝塚の生徒さんの話は聞く機会がありますが、

OSKのかたのお話はほぼ初めて。

いろいろな意味で守られている宝塚とは違って、

ハングリーさがあり、けなげだなぁと思いました。

 

お話のあと、牧名ことりさんと真麻里都さんから

お客様に歌のプレゼントがありました。

牧名さんが歌われた曲は、OSKの演目の曲なのか、

聞き覚えがありませんでした。

メゾソプラノぐらいのキーで、優しい歌声でしたよ。

真麻さんはダンスの人と聞いていましたが、

歌も十分安定していました。

「You and The Night and The Music」

もともと大好きな曲だったので、テンション上がりましたワ。

しかも、曲終わりにダンスまで。

キャー!!

 

そして最後に設けられたのが、嬉しいフォトセッションの時間。

SNSへの投稿もOKということで、ブログに掲載させていただきます。

 

向かって左から 牧名ことりさん、玉岡かおる先生、真麻里都さん。

{7A015F4D-FE97-41EC-85AE-ED5DD86A7FCC}

 

 

こんなことなら、デジタル一眼レフを持ってくるべきだった〜!!

{F8113045-022D-4AD0-A8B9-97C22F101EF6}

 

 

これが全身。

私の席からは、玉岡先生の足元が撮影できなかったのが残念!

玉岡先生はワンピースの色とおそろいの色の、

ポップな可愛らしい靴を履いていらっしゃったんですヨ。

{51080CAB-7AF4-47CB-AA17-5A9DFE8C75D0}

 

 

さっきから褒めてばっかりですが、

たった一つ違和感があったのはBGM。

玉岡先生、牧名さん、真麻さんのお話が始まって

しばらく流れていたBGMがお話の内容と全然合っていなくて

(なにやら前衛的な感じのピアノ曲だった)

「なんで、この話にこの曲?!」と耳に触って仕方がなかったんです。

そんなひねくれたことを考えるのは私だけなの?と思っていたら、

しばらくするとBGMがなくなったのでした。

ありがたかったです。

 

客席は、いつも玉岡先生の講演会でお会いするメンバーと、

OSKのファンのかた、半々といったところだったかしら。

プレゼント争奪じゃんけん大会もあり、大いに盛り上がりました。

私は兵庫県立美術館のご招待券をゲットしましたよ。

バンザーイ。

 

今回の講演、キーワードは「夢を諦めてはダメ」だったように思います。

開演に先立って行われた、劇場支配人 大下順子さんのご挨拶では、

もともとバレリーナだったのに

中年になってから格闘技を目指されたというお話がありました。

また、消滅の危機を乗り越えたOSKもそう。

玉岡先生は何度も「夢を諦めちゃダメですねぇ」とおっしゃっていて、

その言葉が勇気をくれました。

 

講演の感想の最後に、三人のご出演者以上に目立っていたかもしれない

MCのお二人についても触れなければなりません。

まず女優の佐々木穂香さんからは、

お客様や出演者への気配りが伝わって来ました。

佐々木さんはこの劇場で6月7日に初日を控えている

「熱海殺人事件 売春捜査官」に出演されます。

舞台袖がないこの劇場でどんな風に舞台転換するんだろ?

その辺りも気になるところ。

もう一人のMCは劇作家・演出家であり、

神戸三宮シアター・エートーのアートディレクターである菱田信也さん。

柔らかな関西弁での独特な間合い、

ちょっとひねりのある言葉のチョイスが、

じわじわと笑いのツボを刺激してくるんですよ。

最初はクスッと笑っていたのですが、

なんだか徐々におかしさが増してきて、

最後はゲラゲラ笑わされてしまいました。

別に力んで笑わせようとしておられないのに

恐るべきMCテクニック。

ものすごく勉強になりました。

ありがとうございました。

 

 

さて昨日の神戸は気持ちよい青空、「OSK日和」でした。

{71456644-D513-4037-A4F8-60DBA77570F4}
 
私は、この講演には観劇友達のアイリスさんをお誘いしました。

 

アイリスさんには昨年のちょうど今ごろ、OSK公演『紅に燃ゆる』に

お誘いいただいたんです。

一年って早いですねぇ。

その時の感想はこちら→「悠浦あやとに萌ゆる@OSK日本歌劇団『紅に燃ゆる』」

 

アイリスさんとは、夕食をご一緒しました。

ミント神戸7階にある中華料理の京鼎楼の名物は小籠包!

アツアツをいただきます。

{4A121A4D-E525-444C-A98F-F3585F971585}
食べながら喋る喋る。
宝塚歌劇、OSK、映画などなど。
アイリスさんはもともとの知識の幅が広い上に、
私とはなんとなく好みが近いのか、
あっちへこっちへ話が飛んでも、
そのまま普通に会話が続くのがありがたいです。
 
 
ミント神戸の中の光の木が綺麗でした。

 

{21EBFDC6-2A6E-431B-9D07-D5FF308700CC}

 

 

ああ、楽しかった〜。

 

 

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、 

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 ↓

   

人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日2回目の公開です。

 

 

学業・人物ともに優秀でありながら、

経済的に厳しい状況におかれている大学生に対して、

返済義務の無い給付型の奨学金給付を行っている

一般財団法人 人間塾

 

私はその趣旨に賛同して、

わずかではありますが学生たちの力になりたく、

今年から会員となりました。

 

そして、人間塾の塾長 仲野好重さんが

真夏を除いて月に一度関西で開催される講演会にも

参加しました。

 

そのテーマは次の通り

6月 新渡戸稲造 〜異文化に見出す日本の心〜

7月 空海、再び 〜自己の深遠と宇宙観〜

9月 アドラー  〜逆説のライフスタイル〜

10月 向田邦子  〜日常に在る真実〜

11月 遠藤周作 〜永遠の自己懐疑〜

 

ジャンルの幅広さに加え、

内容も深く、

何より仲野さんの話術の巧みさに、

毎回前のめりになりながら受講しました。

 

そして思いがけないことに、

最終回の今日は講演会のあと

パーティが催され、

5回すべて休まず受講した人には

皆勤賞が授与されたのでした。

 

わーい!!

私皆勤賞もらうの人生で初めて!

表彰状の文言は一人一人違っていて、

それを楽しみに毎年受講し皆勤する方も多いのだとか。

 

副賞は来年の干支の置物です。

かわいい。

image

 

講演会はとても刺激になるので、

来年も受講しようと思っています。

 

ちなみに、

講演会の会場は都ホテルニューアルカイック。

今日のパーティで、

乾杯のビールは尼崎市制100周年の記念ビールでした。

びっくり!

image

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 

 
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年、あるカルチャーセンター主催の

夏休み作文教室を担当させていただきました。

これは私にとって初の試み。

 

小学校1年生から5年生までの10人に

二日かけてレクチャーし、

書ききれなかったお子さんには

カルチャーセンターを介して、

FAXで最後まで指導させていただきました。

ちなみに、タイトルは「夏休み作文教室」ですが、

10人全員が読書感想文を仕上げました。

 

 

おかげさまで好評で、

今年もカルチャーセンターさまから

お声をかけていただいたのです。

ありがとうございます。

昨年とは違って、

今年は対象を小学3年生以上に限定させていただきました。

 

大阪・北摂地域には先月中旬からチラシが入ったらしく、

何人かの友人から、

「見たよ~」と連絡をいただいていました。

てへ、ちょっと気恥ずかしい。

 

ありがたいことに、

告知後、すぐに定員に達したとセンターから連絡が。

皆さん夏休みの作文には苦労されているんですね。

 

そして本日、嬉しい続報が。

キャンセル待ちが発生しているので、

もう一講座増やしてもらえないかというのです。

ありがたやー!

お声がけいただいて断る理由はありません。

現在スケジュールを調整しております。

 

でも嬉しかったのはそこではないのですよ。

 

今年お申込みいただいた生徒さんの中に

去年も受講されたリピーターさんがいらっしゃり、

その方は、昨年この講座で仕上げた読書感想文で、

お住いの市で表彰されたというではないですか!

 

わーい!!

 

実は昨年、仕上がった作文はどれも力作で、

その中で特に手応えを感じたものがあったのですが、

私のひいき目かも、と考えていました。

 

それがひいき目ではなくて、

第三者から選ばれ、表彰されていたのだとわかり、

嬉しくて嬉しくて。

 

念のために申し上げておきますが、

私の作文教室では、

「こう書きなさい、ああ書きなさい」と

私が考えた文章を押し付けることはしません。

そんなことをしても、何の役にも立たないからです。

あくまでもご本人の感性で、

ご自分の言葉で書いていただきます。

 

詳しい講義内容については

ブログにまとめてありますので、

夏休みの作文に親子で取り組まれる際、

もしよかったらお役立てください。

茶々吉24時 2015年8月21日「夏休み読書感想文のコツ」

 

 

そろそろ今年用に教材を整理しないとなぁと思っていた時、

思いがけず嬉しいお知らせをいただき、

やる気がみなぎっております。

やるぞー!!

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日2回目の更新です。

 

今日は大阪YWCAで行われた玉岡かおる先生の

スペシャルトークライブを受講してきました。

 

シャンデリアのある3階ホールが会場。

{13BFF1D6-6F5F-4123-9E45-B932BD764F24}

ずいぶん前から楽しみにしていたので、早く到着しました。

最前列、かぶりつきのお席をGET!

{37D9A16A-44D0-479F-9BB9-82F8B1E65CD6}

 

今日は玉岡先生お一人の講演ではなく、

(株)一粒社ヴォーリズ建築事務所の資料・広報室長の

芹野与幸さんとの対話形式でした。

 

話題は、NHKの朝ドラで一躍著名となった

広岡浅子(ドラマでは白岡アサ)を中心に、

ウィリアム・メレル・ヴォーリズや、妻 一柳満喜子のこと、

そして同じ時代を生き、彼らと縁があった人物について。

 

玉岡先生はご著書『負けんとき』で、

一柳満喜子について書かれました。

夫のヴォーリズや、

満喜子が「ママ」と呼んだ広岡浅子について取材されたとき、

芹野さんの協力を得たとのことで、

お二人のお話は息が合っていて、

テンポが良く、とてもわかりやすかったです。

 

お話のあいだ、タイミング良くスライドが上映されるのですが、

ヴォーリズ建築事務所が持っておられる(のだと思う)

貴重な資料や写真などが満載でした。

 

また、人物の関係図は朝ドラ「あさが来た」の

配役表を利用してあり、

これまたとてもわかりやすい!

 

朝ドラはあくまでも「ドラマ」だし、

NHKの、しかも朝の爽やかな時間帯に放送されるということで

あちこちにフィクションも織り交ぜられていて、

どの部分が虚構で、どの部分が真実か、

といった話も面白かったです。

 

あっという間のトークタイムが終わり、質疑応答の時間に。

 

私は今日、質問するつもりはなかったのだけど、

講演中に玉岡先生が『負けんとき』の表紙について

「作家は表紙に注文をつけることができないんです。

 だから『負けんとき』の表紙が関西学院大学と

 (母校である)神戸女学院大学の絵だとわかったとき、

 とてもびっくりしたし、うれしかったです」と

おっしゃったのを聞いて、急に質問したくなり、手をあげました。

 

質問は、

本の表紙と中身は必ずしも合うとは限らないのに、

最新刊『天平の女帝 孝謙称徳』の表紙は、

内容とぴったり。

こんなにも表紙、装丁、内容が一つになって

作品世界を作り上げているのは珍しいと思っています。

ところが先ほど「表紙には注文がつけられない」

とおっしゃったのでびっくりしました。

偶然そうなったのですか?

 

それに対するお答えは、

「今回ばかりは、無理を言って

一度仕上がった表紙の絵を

描き直していただいたのです。

髪型や、冠など、どうしてもこれではないと思って。

おかげさまで、素敵な絵になりました。

今は電子書籍で読むかたもいらっしゃいますが、

表紙や装丁、質感などを楽しめるのは

紙の本ならではです。

これからもぜひ「本」を読んでいただきたいです。」

 

質疑応答が終わった後、サイン会となりまして、

最新刊へのサインをいただきました。

{8777662F-CD5A-4E3F-95D4-38E47FDAEE49}


列に並んでいたら、

同じくサインに並んでおられた

ご年配の男性から

「先ほどは良い質問でしたね。

 表紙に関することは、普段 聞くことがありません。

 聞いてみたら、なるほど、と思った。

 うむ、実に良い質問でしたよ」

とお声をかけていただきました。

 

嬉しいデス。

ありがとうございました。

 

【新刊情報】

今年6月に、玉岡かおる先生の新刊が出版されるそうです!!

期待しませう。

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。

    ↓


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。