犬猫の運動する子としない子の腸内細菌叢 | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

  今日は久々の勝手なオレの

  持論の話をするで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  だから信じるなよ。笑

  エビデンスも何にもないからな。

  信じるなら読むなよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「へぇ~」ぐらいにして

  適当に流しておけよ。

  ええな。笑

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  犬猫の腸内フローラ検査をしてるけど

  運動をしっかりとしてる子と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうでない子は腸内細菌叢は違うな

  って思っていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人でもアスリートとそうでない人の

  腸内細菌叢は違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  マラソンランナーのウンチを毎日採って

  腸内細菌叢を調べてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  大会の時には酪酸菌が増えていて

  そのランナーから採取した酪酸菌を

  マウスの腸に移植したところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  移植していないマウスと比べて

  平均で13%長く走り続けた

  と言う報告があったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ラグビー選手の腸内細菌叢は

  一般の人と比べて酪酸菌が多く

  多様性が高くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  激しい運動の疲労回復や痛んだ

  筋肉などの組織の修復をしたり

  炎症を抑えると言う報告もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  アスリートに限らず一般の人でも

  適度な運動を6週間行って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  運動を行う前と6週間運動をした後の

  腸内細菌叢をみてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  運動を行う前より酪酸菌が増加したり

  ウンチの短鎖脂肪酸の量が増加した

  と言う報告もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  と言うことは犬猫でも 

  運動をよくしてる子とそうでない子では

  腸内フローラは違ってくるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  アダルト世代、シニア世代の犬猫で

  酪酸菌が多い子はやっぱり運動を

  よくしてる傾向がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  パピー世代やヤング世代で

  善玉菌が少ない子は

  しっかりと運動をすることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  酪酸菌が増えて腸内フローラの

  多様性が高くなって

  いい腸内フローラになると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  病気の予防になったり

  しっかりとした体を作ることで

  シニアになった時でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  病気になりにくい体を作ることが

  できるんじゃないかって思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  シニア世代はなると関節炎や

  変形性脊椎症などになって

  しっかりとした運動ができなくなったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  ハイシニアになると運動自体も

  あまりしなくなっていくから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうなるとサプリメントの力を

  借りて酪酸菌を増やして

  組織の修復や炎症を抑えたり

  することで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  関節の修復や炎症を抑える

  ことができるんじゃないかって思うのさ。

  ホンマかどうか知らんで。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  最近は、犬猫の運動不足が深刻な問題になってると思っていて筋肉が少ない子がやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  筋肉も少ないし腸内フローラも善玉菌はいないし多様性は少ない子がやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  運動不足は腸内細菌にも影響するから

  犬猫をしっかりと運動させてあげてね。

  ぼくら飼主の役目だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 獣医師シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 獣医師シワ男による犬猫のための

  腸内環境改善サービス

 

「腸活」という言葉があるように「腸を整える」ことは、免疫力を向上させ、感染症予防や病気になりにくい身体作りに役立ちます。そんな腸内環境改善について獣医師の立場から様々な方法をご提供しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/6dckx

 

 

 

 

 

■ ビデオ通話(LINE)によるペットの健康・お悩み相談始めました

 

LINEのビデオ通話機能を使用して、オンライン相談を行っています。

腸内環境改善、統合医療相談、セカンドオピニオンなど幅広く対応しています。

詳細は下記ページをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/tcw6o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の腸に関する話も読んでみて!

猫の結腸の短い子

犬猫の腸内細菌の崩れ

猫が人の腸内細菌に影響をあたえる

犬の食物不耐性の質問

犬猫の腸内フローラ移植治療の経過報告

犬猫の食事の酵素と腸内細菌

乳酸菌と酪酸菌の違いの質問に答えてみた

犬猫の食物アレルギーと腸内細菌

犬猫の腸内フローラ移植治療

犬猫の便移植法

便移植のリスク

腸内細菌が水素を作る

猫の腸活について

柴犬のアレルギー関連の病気
プードルのおなかがキュルキュルなる
犬猫の乳酸菌
動物の炎症性腸疾患

犬の慢性下痢でよくない6つ

犬猫のうんちの見分け方

犬猫の免疫力を高める腸活

腸を整えるとメンタルも変わってくる

犬猫の皮膚のバリアと腸のバリアは似ている

犬猫の小腸と大腸は同じ腸でも違う

いろいろな善玉菌

小腸の異常はわかりにくい

乳酸菌に執着しすぎ

犬猫の腸内フローラ測定の質問

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

両本とも当院での在庫は完売いたしました。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプー

のコツ動画を4本無料で

プレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえると

うれしいです。

 

 

 

獣医師シワ男のインスタ