シンプルな牛革ランドセルを東大阪で作っています。

シンプルな牛革ランドセルを東大阪で作っています。

丈夫でレトロな型の本革ランドセル手作り工房です。
6年間保証-低価格で販売。
半かぶせタイプも人気あります|便利な持ち手付
全国どこでも送料無料。


☎TEL06(6727)5947

ランドセルを構成する主な3種類の材料は、

「生地」「金具」

そして「補強素材タフテル」です。

補強用骨組み素材は製品内部に内蔵加工されていますのであまり目に付きずらい目立たない材料ですがとても大事なんです。

↑マチ部に内蔵しているタフテル。

ポリシート(マチ崩れ防止の補強用ウレタンパネル)を内蔵して補強しています。

大マチ生地と張り合わせて加工縫製します。

↑かぶせを開けたとこの前段箇所のタフテル。

↑補強素材タフテルの拡大画像

タフテルは(株)クラレが開発した軽量の仕切り素材です。

主にランドセの骨組み(補強)素材として使用されます。

繊維とゴム樹脂の合成素材です。

昔は紙を主原料とした素材を使っていたので、タフテルより重くやぶれることもよくあり、修理も大変でした。

日本国中に出回っているすべての軽くて強いランドセルは、材料屋さんの商品開発-努力の上に成り立っています。

 

◆当工房だけのタフテル使用箇所とその構造を紹介します。

前段(ファスナーが付いていて名刺カードが入るところ)と大マチの間の小の入口、中マチ箇所にもタフテルを使用しています。

↑左から大マチ生地・中マチ生地・中マチ生地と張り合わせて使用する骨組み素材のタフテルです。


☝画像は中マチ箇所を上から見ています。

芯が入ってしっかりとした腰のある中マチに仕上がります。

通常大マチは生地とタフテルなどを張り合わせた多層構造のものを使用しますが、中マチ箇所はそれほど強度が求められないので、生地のみを中マチに構成するメーカーが多いです。

当工房は中マチもタフテルを合わせて2層構造にしているため、中マチ~大マチまで一貫して芯が通り、しっかりしてより丈夫な仕上がりになっていると思います。

 

---------------

工房よりお知らせ

---------------

◆お客様からの質問に対する解答例です。

ランドセル底箇所、錠前部接続-回転カン【だるまカン】が固くて回りにくいというご指摘につきましての説明。

【画像①】

↑実際ランドセルをご使用される場合のバンドの向きは画像の向きになります。

【画像②】

↑納品された時はこの状態と反対でカブセ側でバンドを組んであります。

画像②納品時反対向きから画像①状態に回転カンが一度回りさえすれば、その状態で6年間回転カンを動かす意味は一切ありません。

↑逆に回転カンがゆるすぎて回り過ぎてしまうとバンドがねじれた状態でランドセルを背負ってしまう可能性が高くなりバンド生地を痛めることにもなりかねます。

要するに納品された状態の最初の位置から背負う向きに180度回転カンが1回まわりさえすれば良い状態の硬さが正解の硬さです。  

※硬すぎて回りにくいダルマカンは一例で、ほとんど全ての商品は程よい硬さで装着されています。

 

◆カシメ【ボタン】のふた部がゆるいというご指摘につきましての説明

かぶせの下部に取り付けてあります4つのカシメ。

4つの中で一つはカシメのふたが「カチャカチャ」と動く場合がありますが、理由は2つ。

①手打ち(手作業)の誤差

②カシメ自体の構造

ふたの部分が動いても内部の留め具の部分は止まっていますのでふたが取れるという事は一切ありません。

 

 「カチャカチャ」を解消しようとして強く打ち過ぎると表面を圧迫しすぎて塗装がはがれやすくなってしまいます。

実際はがれてしまっていたものもありご迷惑をおかけしました事も過去にありましたが、これもその原因の一つだと思われます。

※これに関しても一例でほとんど全ての商品、カシメ箇所は4つ共しっかりと留まっております。

 

今回は以上の2点を記させていただきました。

 少人数量産方式での製造方法で、一つずつ手作り製造の為「5070個」作ればそのすべての細部に誤差が出る可能性があるということも現場の事実であります事を少しでもご理解いただいた上でご指摘の箇所はご指摘くださいましたらありがたく思います。

 

 以上、管理人。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

■ランドセル全商品紹介カタログの記事  

■お問い合わせ~解答|サンクスメッセージの記事一覧

■全ブログ記事の目次

★★★★★★★★★★★★★★★

------------------------------

◆工房よりお知らせ◆

------------------------------

入学用ランドセル販売中です。

□在庫状況

 

★ご入学用ランドセルの生地見本郵送できます。

 ※生地の切れ端なのでちと不細工ではありますが、色と生地の質感をお確かめいただくには十分かと思います。

⇒ご請求ページはこちら

 

6年間使用済みランドセルのミニサイズ加工受付中です。

 

⇒ミニランドセルにリメイクのオフィシャルページへどうぞ。

 

[ナカノランドセル]

☝工房のオフィシャルページへリンク(別窓)

★営業時間:09:30-17:00

12時前後~1時間程お昼休みいただきます。

★定休日:水曜日定休

水曜日が祝日の場合は木曜定休

★少人数手作りの小さなランドセル工房です。

工房には年中誰かは居ると思いますが、

ご不安な方はお電話確認されてからのご来店をお勧めいたします。

《ご来店のお客様へ補足》

工房にご来店時、呼んでも反応がない場合がたまにございますが、工房玄関(左側扉)開けて左に見本を陳列しておりますのでご自由に見学していただいてる間に誰かが対応に来ると思います。

【工房までの地図を表示する】

 

 

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキッズ用品へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 東大阪情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ