ランドセルの構造紹介-縫製工程【横マチ箇所】|入学用ランドセル販売中 | シンプルな牛革ランドセルを東大阪で作っています。

シンプルな牛革ランドセルを東大阪で作っています。

丈夫でレトロな型の本革ランドセル手作り工房です。
6年間保証-低価格で販売。
半かぶせタイプも人気あります|便利な持ち手付
全国どこでも送料無料。


☎TEL06(6727)5947

当工房はブログタイトルにもある通り、 シンプルかつ丈夫なランドセルを作っているのですが、代表的な各パーツの主な製造方法は他メーカーとほぼ同じだと思います。

ランドセルの構造と並びに縫製工程は大きく分けまして、

◆カブセ箇所

◆横マチ箇所

◆前段・仕切り箇所

◆バンド箇所

◆背裏箇所

5か所(5工程)です。

今回はその中からランドセルの側面部分に位置する、

大マチ-小マチ箇所の構造と縫製工程を紹介いたします。

☝裁断直後の大マチ・小マチ(本体素材:スムース牛革)です。


☝大マチ箇所の本体生地と張り合わせる内臓部分。

要するに大マチの中身です。

↑補強素材タフテルの拡大画像

大マチ箇所やランドセルのさまざまな各箇所で、

内部芯素材として使用されている骨組み素材です。

※タフテルは(株)クラレが開発した軽量の仕切り素材です。

主にランドセの骨組み(補強)素材として使用されます。

繊維とゴム樹脂の合成素材で、軽くて強いです。

タフテルの詳しい説明は

【関連記事】目立たない箇所で活躍している素材(ランドセル内蔵芯素材:タフテル)

で紹介しています。

☝大マチ中身の拡大画像

大マチ上部に内蔵されている扇形の素材は、

☝ポリシートというアーマープラスチック製の素材を使用しています。

堅くて弾力のある素材です。

ランドセルの構造の中で大マチは、ランドセルの型崩れを防ぐため一番強度の求められる箇所で、その内部は外見からは見えない部分ですが、こういう骨組み箇所の構造や造りは丈夫な製品作りにおいてとても重要な要素にあたります。


☝大マチ部分の吊り下げカンなどを取り付ける箇所の細バンドです。

☝完成ランドセルを正面から見て

左側にDカン

右側にナスカン

を取り付けています。

【関連記事】ランドセル吊り下げカン紹介とその起源について

にて紹介しています。

☝ミシンで縫製完了後の大マチと中マチです。

説明が重複するかもしれませんが、ランドセルにおけるマチ箇所は主にランドセルを机の上などに寝かした際、上からの圧力に耐えるため、ランドセルの型崩れを防ぐための重要なパーツです。

以上、今回は

横マチ箇所の縫製紹介というよりも、

普段、外見からは見えない部分のマチ内部の構造を紹介いたしました。

★★★★★★★★★★★★★★★

■ランドセル全商品紹介カタログの記事  

■お問い合わせ~解答|サンクスメッセージの記事一覧

■全ブログ記事の目次

★★★★★★★★★★★★★★★

------------------------------

◆工房よりお知らせ◆

------------------------------

入学用ランドセル販売中です。

□在庫状況

 

 

★ご入学用ランドセルの生地見本郵送できます。

 ※生地の切れ端なのでちと不細工ではありますが、色と生地の質感をお確かめいただくには十分かと思います。

⇒ご請求ページはこちら

 

6年間使用済みランドセルのミニサイズ加工受付中です。

 

⇒ミニランドセルにリメイクのオフィシャルページへどうぞ。

 

[ナカノランドセル]

☝工房のオフィシャルページへリンク(別窓)

★営業時間:09:30-17:00

12時前後~1時間程お昼休みいただきます。

★定休日:水曜日定休

水曜日が祝日の場合は木曜定休

★少人数手作りの小さなランドセル工房です。

工房には年中誰かは居ると思いますが、

ご不安な方はお電話確認されてからのご来店をお勧めいたします。

《ご来店のお客様へ補足》

工房にご来店時、呼んでも反応がない場合がたまにございますが、工房玄関(左側扉)開けて左に見本を陳列しておりますのでご自由に見学していただいてる間に誰かが対応に来ると思います。

【工房までの地図を表示する】

 

 

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキッズ用品へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 東大阪情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 八尾情報へ