かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

 

 

角栓毛穴を改善するには?「油脂クレンジング」を使ったテクニック <前偏>

 

 

 

やっぱりこの話は、ひとたび説明を始めるととっても長くなりますね(;^o^)ゞ

 

いろんなサイトで適当に書かれてますけど、

 

なんであんなに短くまとめられるのか色々と不思議です…。。

 

(そもそもちゃんとした改善法が載ってるサイトなんて他に知りませんが。苦笑)

 

 

 

 

◎角栓毛穴改善のポイント!

 

 

ではでは話を続けましょう!

 

 

まず前半で解説した内容からすると、

 

悪化した角栓毛穴を改善させるには以下のポイントを抑えなければなりません。

 

 

▶皮膚にダメージを与えない →炎症を起こさせないため

▶硬化した角質を柔らかくする →毛穴の詰まり&開きをなくすため

▶角栓は抜いてはいけない →皮脂の過剰分泌を抑えるため

 

 

 

ですから、

 

まず第一に毛穴の炎症を悪化させる可能性のある方法は避けねばなりません。

 

粘着物で剥がすとか、角質を溶かすような薬剤を塗るとか、無理に収れん剤で引き締めるとか。

 

これらは絶対にNG。

 

石けんやスクラブ洗顔、酵素洗顔でゴシゴシ洗うなんて以ての外です。

 

そんなことするくらなら洗わない方がマシかもしれませんよ~。

 

 

 

 

次に硬化した角質を柔らかくするため「角質柔軟作用」のあるものを使う必要があります。

 

角質柔軟には色々方法がありますが、

 

上に書いている「角質を溶かす」というのもそのひとつではあります。

 

でもこれは負担が大きいのでNGとさっきも言いました。

 

 

 

ここでかずのすけが注目したのは『油脂』という種類のオイルです。

 

 

馬油、オリーブ油、ツバキ油、アルガンオイル、ナッツ油、米ぬか油・・・

 

 

などなど植物などが作る天然の油脂には、

 

「肌を柔らかくする作用がある」と古くから言われていました。

 

 

この科学的なメカニズムについては現在も完全に解明されたわけではなく諸説あるのですが、

 

恐らく皮脂と類似の構造である油脂は角質層に馴染みやすく、

 

角質細胞間の『潤滑剤』として働くからだろうと考えられています。

 

 

なので角質そのものを溶かすとかそういう危険な効果ではないことから

 

肌に対して安全に角質を柔らかくする作用が期待されるわけですね。

 

 

 

 

 

そして最後に角栓はそのまま放っておくとどんどん大きくなってしまうので、

 

これはみすぼらしいですからなんとかしたいですね。

 

ですが全部抜いてしまえば上でも説明したように毛穴がポッカリと開いて皮脂がたくさん出るようになってしまいます。

 

 

ですから角栓の除去は、「見える部分だけ除去できる」というのが理想です。

 

 

 

見えない部分はもうこの際無視しましょう!

 

本来角栓は毛穴の中に適量無いといけないものです。

(元々はもっと柔らかいですが;)

 

これを全部無理やり取り去る必要はなく、

 

見えない部分はわざと毛穴の中に残しておくのがベストと言えます。

 

 

 

 

そしてこれらの条件を全てクリアできる可能性があったのが、

 

油脂をメインに配合したクレンジングオイルでした。

 

 

 

 

 

◎油脂クレンジングを使った毛穴改善ケア…【準備物】

 

 

油脂は普通の化粧品原料のオイルと比べて原価がとても高いので

 

市場にほとんどこのタイプのクレンジングオイルは存在しません。

 

 

この方法を考案した二年半ほど前には、

 

米ぬか油とアルガンオイルを主成分としたアルガンクレンジングオイルくらいしか見当たらなかったのが実情です。

 

 

 

今でも見つけたと言っても4~5アイテムくらいですね;

 

 

その中でも界面活性剤の構成などから適不適があるので、

 

下手にこれを選び間違えると失敗したりさらに悪化したりということもあるので注意してください。

 

 

 

ちなみにかずのすけのオススメは元々はアルガンクレンジングでしたが、

 

この毛穴ケアという点では

 

かずのすけオリジナルのセラヴェールプラチナムクレンジングオイルが最も適していると思います。

 

image

 

 

どっちを使ってもいいですが、僕としてはやっぱりセラクレが1番オススメです(^_^;)

 

開発者だからっていうだけでなく、これにはちゃんと理由があります。

(これはまた今度書きますね。)

 

 

 

 

◎油脂クレンジングを使った毛穴改善ケアの方法

 

 

方法はとっても簡単です。

 

お化粧は先に落として、場所はお風呂場が良いと思います。

 

シャワーのついでとかでOK。

 

 

 

まず毛穴の気になる部分に油脂で出来たクレンジングオイルを塗っていきます。

 

小鼻周辺のみであれば1プッシュ程度が目安ですね。

 

決して擦らず、優しく肌に乗せるように塗っていきましょう。

 

 

※毛穴の状態が悪く、皮膚がゴワゴワになっている場合は事前に入浴をされたり蒸しタオルで蒸す方が良いです。

 

 

次にクレンジングを塗布したらそのまま放置です。

 

 

状態に合わせて放置時間はお好みでって感じなんですが、大体2~5分程度と思って下さい。

 

この時にお風呂に浸かったりしてもいいですし、

 

身体とかを洗ったり、トリートメントをするなり何か別のことをしていてください。

 

 

※状態が悪く頑固な角栓がある場合は優しくマッサージを行ってよりオイルを浸透させるという方法もありますが、やり過ぎは肌に負担になるので注意です。

 

 

 

時間が経過したと思ったら、軽く馴染ませてからクレンジングオイルを流して下さい。

 

その後お好みでW洗顔を行ってください。

 

(乾燥を感じるようならW洗顔は省いてもOK。)

 

ちなみにこの時使用する洗顔料は必ず酸性石鹸系アミノ酸系などの洗浄力の穏やかなものを選んで下さい。

 

石けん系、市販の高洗浄力の洗顔料は絶対にNGです。

 

かずのすけのおすすめはセラヴェールスキンウォッシュです。

 

 

 

 

 

ということで方法は以上で完了です。

 

 

時間はかかりますが数週間~数ヶ月で徐々に毛穴の状態が改善していくと思います。

 

 

状態のそこまで悪くない人の場合は数日でも効果があるかもしれません。

 

 

頻度としては、

 

「塗って流す」だけなら毎日やっても構いません。

 

 

ただ普段クレンジングで同じものを使用すれば似たような効果をちょっとずつ得られるので、

 

わざわざメイク落とし後にやるのは週1とかでも良いかも。

 

 

(マッサージ等を加える方法は数日に1回とかにした方が良いと思います。)

 

 

 

【全体の流れ↓】

 

 

極端に言えば「塗って待って流すだけ」なので、肌には全く負担になりません。

 

 

こんなことでなぜ毛穴が改善するの?と思うかもしれませんので、以下で詳しく解説します。

 

 

 

 

 

◎「油脂クレンジング」が毛穴改善に有効な理由

 

 

 

実は人間の「皮脂」にも「油脂」が含まれています。

 

 

皮脂は様々な脂質やオイルの混合物なので油脂そのものではありませんが、

 

性質としてはとても似通った部分があるのです。

 

 

ここで【角栓】の基本成分は「固まった皮脂」と「角質」が合体したものという話をしましたね。

 

 

 

「似た性質のものは溶け合う」

 

というのが化学の基本常識ですので、

 

角栓も似た性質の液体を用意すれば溶かすことが可能ということになります。

 

 

つまり「似た性質の油脂ならば、角栓を溶かせる…かも」、という話です。

 

 

ですが実際には角栓は7割ほどが角質の固まりで

 

皮脂の占める割合は3割ほどしかありません。

 

 

ですから油脂で角栓をドロドロに溶かすことは不可能です(^o^;)

 

 

でも3割ほども溶かせれば、角栓を弱らせることができると言えます。

 

さらに油脂には「角質柔軟作用」がありますからね。

 

角栓の主成分である角質の固まりを軟化して脆くできます。

 

 

 

見えてる角栓のみを除去するなら、脆くするだけで十分です。

 

しばらく浸透させて、流す際に軽くなでてやれば綺麗に取れます。

 

 

毛穴の中には見えない角栓が残りますから、皮脂の過剰分泌は起こりません。

 

 

さらに油脂の効果で毛穴周辺の角質が柔らかくなり、毛穴が閉じやすくなります。

 

 

 

 

どうでしょうか。

 

油脂クレンジングを使ったこの方法は

 

「塗って待って流すだけ」なのに、はじめに挙げた3つのポイント、

 

▶皮膚にダメージを与えない 

▶硬化した角質を柔らかくする

▶角栓は抜いてはいけない 

 

完璧に達成しているのです

 

 

ですから、油脂クレンジングには毛穴の改善効果が期待できると言えます。

 

 

 

 

◎クレンジングはできるだけ奮発するべし

 

 

 

もちろん1回でそこまでなるかというとそうとは言えないのですが、

 

何度も繰り返すことで徐々に角質の硬化を緩めていくのです。

 

 

そのまま炎症を起こさず、毛穴周囲の角質軟化を進めていけば、、

 

いずれ硬い角栓が作られなくなり正常な毛穴に戻せる可能性があります。

 

 

 

そしてこれができるのは【油脂】という特殊なオイルを主成分にした【クレンジングオイル】だけです。

 

 

 

油脂単体そのもの(ピュアオイル)でも不可能だし、

 

油脂じゃない他のクレンジングオイルでも無理です。

 

 

界面活性剤が入って浸透作用があるから角栓に染み込めるのですし、

 

油脂の特性があるから角栓を脆くできます。

 

(あと洗い流しも簡単です。)

 

 

 

油脂ベースのクレンジングというのは処方も難しいですし原料も高いので市場にはほとんど出回っておらず、

 

平均価格も3000円程度とややお高めです。

 

それなりに拘った商品であれば1ボトル3000円~4000円程度の価格になっているでしょう。

 

ですからちょっと高級品になります。

 

 

 

ただ、

 

「洗い流すものだから」

 

と洗顔やクレンジングをケチってしまう人は多いですが、

 

これは非常に惜しい考え方です。

 

 

 

肌に最も負担になりうる【洗浄】という行為だからこそ、

 

 

優しく効果的に洗えるアイテムを少し奮発してでも揃えるほうが

 

結果的にはお肌のためになるのです。

 

 

 

かずのすけ的には塗る化粧品ほどどうでも良くて(笑)、

 

こういう洗浄アイテムこそ拘って選んで頂きたいなぁ…、、

 

と常に思っているのですけど(^-^;)

 

 

 

 

ということで、

 

少し長くなりましたが本日のお話は以上です!m(_ _)m




プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

 


かずのすけの新著 2/20日発売!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信スタート!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(53)  |  リブログ(1)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント