溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

こんにちは!西川です。
桜が見ごろですね!


今日から新人を迎えるという企業さんも多いのではないでしょうか?


クイックにも新しい仲間がやってきました。
東京営業部になんと、14名!!
急に、オフィスの中がにぎやかになりました。


さて…。
普段からこのブログで若者のハタラクについて
コメントをしてきましたが、
今年は、5名の新人さんをみることになりました。


5名です、5名!


さすがに初めての経験で私自身も戸惑っています…(笑)

ですが、がんばるぞ!!っと、わくわくしています、実は…!


私に何ができるか…?
いろいろ考えたんですが、1つだけかも!と思っています。


楽しく働いてもらうこと。
私自身が楽しく働くことで、それを伝えていくこと。
それができればいいかな、と、思っています。


新人が入ってくるこの時期、私たち社会人の
先輩たちも自らを見直すよい時期かもしれません。

楽しく、働けていますか??

新人は、誰よりも先輩の姿を見て成長します。
彼ら・彼女らに、社会人としてあるべき姿を見せてあげたいと思いませんか??


-------------------------

西川悠希(ニシカワユキ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
ずいぶん、暖かくなってきました。
春の到来ですねベル


さて、いよいよ、新人が入社してきます。
受け入れの準備はできていますか??

当社にも14名の新人の入社が決まっています。
大騒ぎになるな~!!と思いつつ、わくわくしている今日この頃です。

「新人時代」って、誰にとっても1回しかないわけで、
この1年が、とても大切な時期なんだと思います。
この時期に学んだこと、身についた癖は
良くも悪くも、後々の「ハタラク」個人の意識を決定すると言われています得意げ


一昔前の日本人には、朝から晩まで、
死ぬ気で「ハタラク」ということが美徳でした。
しかし、今はそうじゃない。
価値観は大きく変化しています。


そんな時代だからこそ、彼ら・彼女らに、仕事の価値を
教えなくてはならないのでは?
と思います。
周囲にいる私たちがその意識を持って接しなくてはならないのです。


こんな風になってほしい!という、近い将来の
彼ら・彼女らに期待することを伝え、
日々の現場の中で、苦楽を共にし、
その苦楽の中にある「ハタラク」ことの価値をとことん伝えること。


仕事ってお金のため、生きていくためだけにするもんじゃない。
人の人生を豊かにするものだと、私は信じています。


苦楽を共にする中で、同じように思ってくれる若者が出現してくれたら。

若者の「ハタラク」ことに対する価値観が、変化するかもしれません。


---------------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


ここ数日、日中は春の陽気を感じれるようになってきました。
いよいよ、今年も新人を迎える季節を迎えますね!


新卒採用を積極的に行う企業が増えている昨今、
今年も多くの新人が入社してくるんだ!なんて
どきどきしている先輩方も多いんじゃないでしょうか??



さて、土曜日の日経新聞に「新人さん、ここに気をつけて」と

題して、新人の問題行動(?)ランキングなるものが掲載されていました。


ほうほう、なるほど、たまに感じる…。
なんて思いながら読んでました(笑)。


1位は、「あいさつがきちんとできない」


2位は「メモを取らず、同じ事を何度も聞く」
で、

3位が「敬語が使えない」などなど…。


そういう時、頭に来る!なんて思いながら読んでたんですが、
ふと。。


あれ、もしかして、こういうこと、毎年思ってる??
ってことは、自分もそう思われてた…??


と、考えてしまいました。



社会風潮は当然変わっているし、
バックボーンだって変わっている。
私が学生だった頃なんて、もう10年近く昔のこと…。
(そんな現実を考えると、ため息がでる…なんて!)


けれど、もしかしたら、社会に出てもまれてない
という状態で、始めて世の中の辛酸をなめるという点では
今も昔も変化ないのではないか…。


だとすると、「育て方」。
大切なのは、それかもしれません。


今の若者が生きてきた背景やバックボーンを理解し、
かつての自らを見ているのだという思いを持って
彼ら・彼女らと接していくということ。


決してただの批判者にならず。
そう思って真摯に対面すること。


私たちの心構えも大切なのかもしれません。


----------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
西川です(^∇^)。


これまで、2週間に一度、最近の若者のハタラクことに
対する意識について書いてきましたが…。


最近、ふと、思ったこと。


若者の意識について考えていると、
彼ら・彼女らに背中を見せている自分達って
どうなんだ?
と、思うようになってきました。


鴨でもそうですけど…(笑)

親とか、近しいところにいるオトナの背中を見て、
育ちますよね、子供って。


そう、考えると、もしかして、今の20代前後の子たちの
前にいる、私達にそもそも問題があるんじゃないかと
ふと、ふと、思ったのです。


昨日のこと。
東京国際マラソンがありました。
テレビでいろいろと話題になって取り上げられていて、
あるニュースを見ました。


今、中学3年生を受け持っているという先生が
走っているのを見たんですよ。
諦めないということを、受験を控えている子供達に教えたい。
その一心で、初マラソンにチャレンジした先生。


すばらしい!と、思いました。



背中を見せていると。
体当たりのその行動は、少なからず、
子供たちの心を打ったのではないかと思いました。


そういう「背中を見せること」。
自らやってみせること。チャレンジすること。


それが実は、とても大切なことなんじゃないか。


偉大な親たちに、代々受け継がれてきた
日本人としての心や生き方。心の持ちよう。強い精神。
果たして、私たちは、どこまで伝えることができているんでしょうか。


若者のことを批判する前に、
自らの足元を、今一度、じっくり見つめていく必要があるように思いました。


-------------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
2週間ぶりの執筆です。 西川です(^∇^)



先日、ある派遣会社の方とお話をしていました。
最近の20歳前後のワカモノについて…。


その会社、未経験でもできる接客のお仕事にスタッフさんを派遣しているんですが

採用にとにかく、苦戦している…。


「とにかく、人が集まってこないんです汗

少し前なら、やりたい!って子たちが多かったのに…」
なんて、嘆いておられました。


なんでそうなってきたのかなぁと、最近の採用環境のことなんかも交えてお話していました。


そしたら、こんな話を聞かせてくださいました。



「最近の20代前半の方、履歴書に結構、ブランクがあるんですよね」

「で、この期間、何してたんですか~なんて聞くと、特に何も~って答える人が多いんですよ」



仕事しなくても、生きれるって思ってるんですよね…。

みたいな会話になって、ちょっと暗くなりました。


あ、もちろん、みんなそうだとは言ってませんよ、

そうやって、半年とか1年とか働かなくても
生きていける人たちが増えてきているということ。


それに、不安を感じているのです。


なんだろうな、仕事に夢を感じないんだろうな。
それも、ちょっと淋しいなぁなんて、思っています。


デッカイこととか、すんごい夢を持つんじゃなくて。
どんな仕事にも。良さってあるはず。


例えば、「ありがとう」って言われて嬉しかったとか。
「楽しかった」って言われたとか。
「おいしかった」って言われたとか。


そういうちっちゃな喜びを味わうためにも、
「働く」ことに積極的になってほしいな…。

そう思う、今日この頃です。


-----------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
2008年、初ブログ執筆!西川です!!



月並みですが、今年の目標。


ブログを短く!!


がんばりますっ!
(あ、もちろん、他にも目標立ててますよ…)


今日は私がちょっと感動したワカモノのお話です。


ウチの会社の若手(新潟出身:オトコ)が、

とっても楽しい夢を持ってたんです音譜


学生さんとお会いする機会が多いんですが、

「将来何がしたいの~?」なんて聞いてみると、

返答に困る子たちが比較的多いんですよね。

だから、最近の「ワカモノ」は夢やら目標を持ってないんだな~と思ってました。



が、しかし!
ウチの若手、すんごいビックな夢を持っていたんです!


彼、元々スポーツ選手になりたかったんだそうです。
でも、プロになれるほどの才能はないことに気付いて、諦めた。
で、今、ウチの会社で働いてます(笑)


そんな彼の夢は、新潟でプロを目指す子供たちの支援をすること。

できたら、スタジアムを持って、チームを持って、
有名なコーチを誘致して、一人でも多くのプロに憧れる
子供たちに、そのチャンスを提供したいそうです。


壮大な夢なんですけど、素敵だな~って思いました。
それに、ちゃんと、その目標はノートに書いて、思い続けているそうです。


「できるのか?って話ですけど、

自分は本当に想ってるんです!」グッド!

その言葉に「エライ!!ガンバレ!!」と思いました。



実現できる可能性が高いものを、夢としてもつまらない。
最初から諦めてもしょうだない。
みんなにバカにされても、無理だと言われても、
とにかく想い続けてかなえようとする。

その想いが大切なんだよな~。。。


そういえば、今、成功を収めている経営者の多くも、
夢を追いかけて、実現しようと想い続けて、その結果だったりする。



ウチのワカモノくんは叶えてくれそうだなーって思いました!


--------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
今年ももうすぐ終わり…。
年末には久しぶりに実家に帰る予定の西川です。


さてみなさん、フリーターってどう思いますかはてなマーク
って、あまりにも唐突ですよね(笑)


実は、この「フリーター」。世の中にたくさんいそうですが、
2003年をピークに、徐々に減ってきているんです。


理由の一つは、若干ですが、ニートと呼ばれる層が増えていること。

そして、もう一つが、正社員採用のターゲットとして
フリーター層を捉えている企業が増えてきたこと。


これまで、フリーターに対してマイナスの印象を
持っていた企業の方が多かったのですが、徐々に環境は変わってきています。



ただ、フリーターにもいろいろ事情があるんですよね。


フリーターになりたくてなっている人と、
なりたくないけど、今はその道しかない人と。
事情は結構様々で、その中で真剣に悩んでいる若者がいる。


以前、ある会社の募集記事を作るために、
26歳の男性にインタビューをしました。
彼、派遣スタッフとして働いています。

前職を尋ねると、
「大学を卒業してずっとここで派遣として働いている。」と…。

就職活動、しなかったみたいなんです。

なぜかというと、音楽の道で食べていきたいと考えていたから。
今でもがんばって音楽活動をしているみたいです。


一生懸命、やってるみたいなんですよね。
こういう生き方もあるし、それはそれで、夢があっていいな~なんて
思って聞いてたんですが…。

インタビューが終わって、さて帰ろうとした時、
彼がとっても気になる一言を言ったんですよ。


「いつまでもこんなことしてちゃダメだって
わかってるんですけどね…。」


「いい加減、夢、諦めて、ちゃんと働かなきゃ…とは思うんですけど…。
自分みたいに悩んでるヤツ、結構多いと思いますよ。。」


彼、とてもまじめに仕事をしていて、
周囲の人からの評価も高い。
しっかり、本当にしっかり仕事をしてるんですよ。



彼はフリーターじゃないけれど、
こういう気持ちで、頭じゃわかってるけど、チャレンジし続けたくて、
でも将来に不安を持っているフリーターたちって
たくさんいるんじゃないかな。。



そして、実は仕事にとてもまじめだったり優秀だったりする。



そういう若者たち。
企業としてはうまく活用したいゾーン。


夢諦めて、挫折を味わった彼ら・彼女らに、
派手ではないかもしれないけれど、愚直だったり
地味だったり、目立たない仕事でも、楽しみがあったり、
小さな夢があることを、伝える。

そうすることができれば、一つの企業で長く働く若者が
増えてくれるんじゃないかな…。

冷たい風が吹く街を営業で回りながら、
そんなことを考えていました。得意げ


---------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは!
寒さに震えながら営業している西川です。DASH!


もう12月ですね~。。
なんだがここ数年、1年が経つのがとても早いです。
あっという間に…。こうやって年を重ねていくんだと
実感している今日この頃です…。


さてさて。
淋しい話は置いておいて…(笑)!!



今日は最近の学生たちが、どんな風に情報交換をしているのかわんわん
お話したいと思います。


もうみなさんもよくご存知かと思いますが…。

Webです!
インターネットです!!


ミクシィとかのコミュニティーサイトで、
情報交換しているんですよね。
「みんなの就職活動日記」ってサイトがありますけど、
あそこにはホンネは書かない。

なぜかって言うと、人事担当者がチェックできるから。。

それよりも、あの場である程度の情報交換はして、
あとはミクシィなんかの、参加するにはある一定の人たちしか
入れないコミュニティを作ってそこで情報交換をする。


Webですからね。
めちゃくちゃ、情報が回るのが早い。
いいことも、悪いことも。

特に、悪いことの情報がまわるのは、早いですよ~!!

突然、内定者からの辞退が増える!なんて
現象が起こった時にはご用心を。
どこかのコミュニティでマイナス情報が流れた可能性があります。


ま、それはさておき…。


ちょろっと、覗いてみました、そんなコミュニティ。
どんなことを書いてるのかな~と思って。


そしたら、売り手市場とはいっても、

不安になって、心配で、
自分と同じようなことをしている学生を探して、
いろいろ話し合って、それで安心してる子が多いみたい。。


学校の友達とは目指す業界が違うから。
希望職種が違うから。


こんな理由で、全く同じ道を歩もうとしている学生を
探しているみたいです。


一緒じゃなくても、いいやん!
とか、思うんですけどね。


私の頃なんて(大昔ですが…)、別に同じ業界を
目指している人に相談したいなんて、思わなかった。
友達も就活しているんだし、悩みは一緒だったりする。
業界の情報とかは、説明会とか選考で、企業から聞けばいい。

と、思っていました。


でも、違うんですよね~。


世の中に情報が多すぎて、何を選択したらよいのか
よくわからないのかもしれません。
だから、結局生身の人間から情報を得ようとする。
それも、誰かの体験談から。

そういう情報を収集しようとすると、Webほど
いいツールはないですしね。


でも、怖いな~と思うのは、
同じような目線の人間同士で情報を交換しているということ。

客観的な意見はそこにはないんじゃないの?なんて
思ってしまいます。


誰かのマイナス情報に流されたり。
誹謗中傷しちゃったり。
人の考え方に同調したり。


同じようなカテゴリの中だけじゃなく、
浅くてもいいから、広く、いろんな意見に耳を傾けてほしい…。
そんなことを思う、今日この頃です。。


あああっ!!
また、長くなってしまった。。

今週もスタートがんばりましょうにひひ

-----------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
出っ歯が特徴の、西川です。


この間、ちょっと文章が長いんじゃないの~なんて、
指摘を受けましたんで、今回は短めに…(笑)。


私、クイックの選考に進んでいる学生さんたちと、
毎年、お会いしています。
それも、多くのみなさんに!


もう結構いい年なのに(三十路です、三十路!)、
こんな私が会って、学生さんと話して、ちゃんと
気持ちが伝わるんだろうかって、不安になりながら(^▽^;)。。

なかなか、話題を合わせるのが難しくって…。

大方、10歳くらい下の子達ですから、どんな話をすると
喜んでくれるのか、どんなことを魅力に感じてくれるのか、
商談以上に気を使い、頭を働かせています(あ、商談を軽く言ってるんじゃないです…!)


今年、ある学生さんに出会いました。
女の子で、とても感じが良くて、頭の回転が速くて、優秀!
第一印象が良く、コミュニケーション能力もバッチリ!という女の子でした。


もちろん、採用したい!!ということになったのですが…。


ウチで採用したい学生さんは、やっぱり、他社からも
内定が出るんですよね。それも、たくさん。


で、この採用難の時代ですから、どの会社も必死になります。
どうにかして、採用したいから。


どうやら、彼女、ある会社で「内定承諾をしないと、今日は帰さない!」

くらいに強いトーンで承諾を迫られた経験があったそうです。
それからというもの、内定をもらっても、恐怖を感じるとか…。


ちょっと、それはないな~と、思いました。

確かに、企業側としてはなんとしても採用したいんですけどね。
無理強いしても、何もいいことはないパー


押し売りをされると、
買おうと思っていてもその気が萎えてしまうことがあるということ。

採用の現場でも、同じです。


学生さんの立場に立った対応が大切なんですよね。


採用難。
企業側ばかりが苦労をしているように思いがちですが…。
意外と、学生さんも、苦労していたりするんです。


一人でも多くの学生さんに、納得して、本当に
自らが楽しく、長く働ける場を見つけてもらいたいものです。


あら?
結局長くなっちゃいました(笑)?べーっだ!


-------------------------------

西川悠希 (ニシカワユキ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

最近、もみじ急に秋めいてきましたねもみじ

秋といえば…。


食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、といろいろありますが…。

秋、それは、就職活動がスタートする時期でもあります!!!


で、今回は、"就活"(若者風に言ってみました/笑)について、

最近思っていることをつれづれなく…。



学生が就職先に、どんなことを求めるのか。
これ、年々、変化してきているんです。



リクルートでは、毎年、学生に就職ブランド調査を行っています。


2007年度の調査によると、
何をポイントにして志望企業を選択するかという質問に対し、


●「自分のやりたい仕事ができる」と答えた学生が
2006年度と比較して、0.05ポイント低下


●「雇用が安定している」と答えた学生が
2006年度と比較して、0.1ポイント増加


という結果がでています。

グラフをお見せできないんで、?と思われる方もいるかもしれませんが…。


つまり!
つまりつまりつまり!!!


安定志向が強くなってきているのです!


長く雇用してもらえそうな企業に就職したいと
考える学生が増えてきているということなんです。

そこへきて、大手企業が採用枠を拡大している。
大手と言えば、安定しているイメージがありますよね。
学生の大手志向が強くなってきた要因のひとつが、
この「安定性を重視する」ということなんです。
公務員を目指す学生も増えてきました。


きっと、親の影響もあると思うんですよ。

今はそこそこ景気がいいですが、
(それでも個人消費が伸び悩んでるくらいだから
決して安心できる状況じゃないですが…)
少し前まではバブル崩壊して、暗~い社会だった。


そこを経験してきた親世代からすると、
安定した職場へ子供を行かせたいと考えても当然。

子供たち、つまり最近の学生さんたちですが、
彼ら・彼女らだって、そう考えて、当然。


でも、でも!
果たして大手だからこそ、雇用が安定しているのかはてなマーク
と、私は声を大にして言いたい!!


だって、大手に入ったからって、
「こんな仕事、するはずじゃなかった…」
「ついていけない…」
なんて思って入社3年未満で辞めちゃう人は、全体の30%を超えているし、
ここ数年、1年以内に退職するケースがとても増えてきているショック!


「雇用が安定している」
って言っても、結局は本人次第。


転職が当たり前になってきている今、
辞める・辞めないは本人の意思決定が大きく問題することで、
大手に入ったから大丈夫とは限らない。

もちろん、某大手英会話学校みたいに、
大手だからといって経営が本当に安定しているかどうかもわからない。


だったら!
「自分にとって」安定している会社を選ぶべきでは?
と、思います。


「安定」ということについて、きちんと考えてほしい。

規模が大きければ安定的に雇用されるわけじゃない。

その会社が、将来に渡って成長していく可能性が高い会社なのかどうか。
自分がその会社の中にいて、仕事を楽しみ、
会社の人間関係を楽しみ、がんばって長く働いていけそうなのか。


それを考え、企業に質問としてぶつけ、
自分自身が納得できるかどうかで、企業を選んでほしい。
本当に「自分にとって安定している企業」を選んでほしい。


確かに、仕事なんてやってみないとわからない。
組織なんて入ってみないとわからない。


で、実際にチャレンジしてみて、
やっぱりダメ!ということももちろんあると思う。
そういう時は、サッパリ転職すればいい。
誰にでも失敗はあるし、リベンジは可能だし。


ただし、チャレンジする前にいろいろと考えるべきだと思う。
安易なチャレンジじゃ、ダメだと思う。
なぜなら、躓いたときに、自分が選んだ道だったけど、ダメだったと、
自責として考えることができないから。


なんて。。
ちょっと熱くなりすぎましたかね…(笑)


優秀な人材を、必死で求めてらっしゃる、
ある人にとっては「安定企業」になりうるたくさんの会社を
日々見てるんですよね。

なんとかならんのかな~と歯がゆく思いながら…。


人と企業。
若者と企業。
いい出会いをしてもらいたいと思います。
いい出会いの場を、作りたいと思います。


-------------------------------------

西川悠希 (にしかわゆき)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。