初心にもどる

テーマ:

みなさん、こんにちは!

火曜日担当の菊池里佳ですにひひ


暑いと思っていたら、急に寒くなったり…体調管理が難しい天候ですねDASH!

本日からまた気温が上がるようなので、ご注意くださいアップ



さて、最近、就職活動時代に記録をしていたノートを

読み返す機会がありました。


そこには、仕事をするにあたって自分が大切にしたいこと

さらには、人生を生きていくにあたってどんな状態になっていたいか、が書かれていました。


“書かれていた”というのは、書いたことは覚えていても

内容はすっかり忘れていたんです…。



しかし、多少変化してはいるものの

当時と今で、軸は変わっていないことがわかり、驚きました。


同時に、改めて自分が働く上で大切にしたいことを認識する機会となり、

考え・想いを記録しておくことは非常に重要だと感じました。


ノートPC、スマートフォン等、様々なツールが広まり

記録は簡単にできるようになっています。


ぜひ、今の想いを記録してみてはいかがでしょうか。



AD

みなさん、こんにちは!


火曜日担当の菊池ですニコニコ



先日、先輩の旦那様から、書籍をいただきました音譜 『人生と仕事について知っておいてほしいこと/松下幸之助(著)』



ある経営者に「ビジネスパーソンの最重要責務とは何か」尋ねられたシーンから始まります。


若くして起業し、一代で組織を急拡大させた経営者。

さぞスゴイことを言うだろうと思い、読み進めると・・・



「まあ、簡単にいうと、みんなに愛されることですね――」





衝撃でした・・・。



そのような回答をするとは想定外!!


そして、同時に「さすがだなー」と心底、納得してしまいました。

非常に奥深い回答だと思います。



「ビジネスパーソンの最重要責務とは何か」

あなたなら何と答えますか?

AD

みなさんこんにちはニコニコ

本日は台風で大荒れの天気となりそうですねあせる


こんな日は、心も暗くなりがちだと思うので、

本日は自らが太陽となってたいよう☀お客様のもとへご訪問したいと思いますアップ



さて、日本人ならば知らない人はいないのではないでしょうか。

本日は女子サッカーW杯のお話


金メダルという結果は、非常に素晴らしい!!

努力が身を結んだ瞬間は、思わず涙してしまいました。


しかし、結果をおいておいたとしても、今回のやまとなでしこチームからは

多くの学びを得たように感じます。

そのひとつが、チームとしての力


チームがひとつにまとまってプレーしていることは、

誰の目から見ても明らかだったと思います。


その軸になったのは、やはりキャプテンの澤選手であったことに間違いはないと思います。


しかし、影で支えていた佐々木監督の存在の大きさも

なくてはならないものだったのではないでしょうか。


それを感じたのが「ちっちゃな娘たちがやってくれました」という発言。

チームメンバーとの信頼関係がしっかりと出来上がっている背景には、

このリーダーの“あり方”によるものだと思います。


リーダーにおいて重要なもの…

スポーツから学べることは、たくさんありそうですね。

AD

あなたのハッピーは・・・?

テーマ:

みなさん、こんにちは。火曜日担当の菊池です音譜


最近、「ブログ読んだよ!」というお言葉を

いただくようになりましたにひひ ありがとうございますアップ



クイックのリクルーティング事業部では

年に4回土曜出社があります。

そのうちの1回が7/2(土)にありました。

内容は次のクオーターに向けての戦略・戦術ミーティング。


こう聞くと堅苦しい感じがしますが、真面目に作戦を立てつつも

いつもは忙しくて話せないことを話すなど、わいわいとした雰囲気の中で臨んでいます。


その中で、私が好きなコーナーに

“ハッピーストーリーズ”というコーナーがあります。


先クオーターを個々人が振り返り


・成長を感じた出来事

・嬉しかったこと

・チームメンバーへの感謝  など


とにかく“ハッピー”だったことを投稿し、スライドショーにして流すものです。



いつもは忙しくて会話が出来ていない上司・先輩・後輩。

皆がどんなことに“ハッピー”を感じて、この仕事をしているのか。クイックで働いているのか。
それを知ることができる貴重な機会です。


『皆で一丸となってやる。』


それを感じられた非常に良い日でした。

社内の活性化にこんな取り組みもアリだと思いますよにこちゃん




みなさん、こんにちは!
火曜日担当の菊池里佳ですニコニコ

本日は「中堅社員の仕事の棚卸には、新卒採用が良い!」ということについて。

先日新卒採用時にお会いした学生さんに
こんな質問を受けました。


「他社へ入社した大学時代のご友人と比べて、自分が優れていると感じますか?
どんな能力においてそれを感じますか?」


普段生活している中では、なかなか考えたことのない問いです。

自分の仕事の面白さや難しさを客観的な視点で捉えて、
他人に伝えること。

さらに、就業経験のない学生さんに伝えることというのは、
棚卸ができていないと、できないことだと思います。

中堅社員の伸び悩みには、仕事の棚卸しと目標設定。
そのためには、フィードバックの方法を工夫する、人事制度を見直す・・・
そんな複雑な取り組みに走りがちな気がしています。

もちろん中長期的に行うべきことですが
短期的にできることとしては新卒採用があるのではないかと自ら痛感しました。

『社会人×女性』の役割

テーマ:

みなさん、こんにちは!

火曜担当の菊池里佳ですにひひ


昨日に引き続き、雨ですね。

急に気温も下がり、弊社の中にはヒートテックを

引っ張り出してきたという者もいる状況です。

風邪をひかないよう気をつけて下さいね音譜




さて、本日は【『社会人×女性』の役割】について。


産休でお休みしていた先輩が、先週から復帰しました。

驚いたのは、仕事のスピードと質の高さ。


産休前も非常に生産性の高い仕事をしていた先輩でしたが

全く変わっていないことに、衝撃を受けました。


お子さんがいる男性社員の皆さまに聞くと

「子育ては本当に大変なもの。女性が働きながら、両立させていくのって難しいと思う」

という声がやっぱり多い。


そんな中、母として、妻として、社会人として

どの点においても抜かりなく、素晴らしい仕事をしている先輩を見て

ただただ感動しています。


男女差を言うつもりはないですが、

一度お休みして、復帰するという可能性が高い女性としては、

復帰後も変わることのないパフォーマンスを発揮するためには、

先々を見据えながら、求められている役割を意識しておくことが重要だと感じました。

こんにちはアップ

2度目の登場、菊池里佳ですにひひ



突然ですが、“社会貢献”って何でしょうか?


先週、営業職採用を検討していた企業の社長から
「一旦、採用はストップしたいんだ。」と言われました。


お話を聞くと、今回の震災により
何か自分にできることがあるのではないか、と考えた結果
先月までに出ている利益を持って、とにかく東北に行こうと思っている、
とのことでした。



私は、仙台出身です。


震災後、日々働きながらも、
ずっとモヤモヤしていました…。


現地に行くのがいいのか、義捐金を送るのがいいのか、
経済を回すためにこちらで通常通りに消費して過ごすのがいいのか…
正直、何が正解か…今でもわかっていません。


そんな中、社長のコトバに、考えに心が震えました。


さらに、

「現地に行くこと以外にも、何かできることはないか?」
ご相談いただき、被災者のための求人企画をご案内しました。


費用はタダである旨を伝えると
「菊池さん、タダ働きになってしまうのにいいの?」

と聞かれました。


その時に感じていたのは

現地に所縁がなくても、

その地のことを必死に考えてくれている方がいるということの凄さ。


そして、さらに感じました。

被災地の方を採用してくれる企業がある。
それを手伝うことこそ、今私がすべきことだ、と。



最近の若者は、“社会貢献”というコトバを、よく口にすると言います。


私は、なぜそんなに社会貢献という“コトバ”にこだわるのか

あまり理解できずにいました。


それは、今も同じです。

しかし、今回の件で気づかせていただきました。


今、がむしゃらに、働くこと。

目の前にある仕事に全力で取組むこと。
それこそが、いわゆる“社会貢献”なのではないか、と。


“社会貢献”という4文字にこだわるつもりはありません。
しかし、今、本気で自分の仕事の意味を感じています。


目の前でできることを一歩ずつ。
いつもが一日一歩なら、二歩も三歩も歩きたいと思っています。


今、働けること、できることをやること。
精一杯、やらせていただきたいです。


ぜひ、私に働かせてください!



★リクナビNEXT 被災者のための求人企画
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1118/index.html?fr=top_closeup1118_title

みなさん、こんにちはキラキラ
本日から新しく火曜を担当します、菊池里佳です。


新卒でクイックに入社して、この4月で4年目を迎えました。

『気持ちは新人、仕事はベテラン』で参りたいと思います。

これから、どうぞよろしくお願いしますニコちゃん



さて、4/1に入社式を終え、

昨日から新入社員研修が始まった企業様も多いのではないでしょうか?


3年前の私は研修を受ける立場。今では、研修をご支援する立場。


本日は、当時受けた研修の中で、『入社直後に経験して良かった』と思える

研修内容についてお話したいと思います。


それは『喜怒哀楽のプレゼン』。

やり方は簡単。

5、6人で1チームをつくり、自分の喜怒哀楽について

チームメンバーに発表するというもの。


「え?それだけ?」と思われた方もいらっしゃると思いますが

実はコレが非常に難しく、奥が深いのです。


なぜなら、家族や古くから知っている友人等、

自分という人間をわかってくれている人になら本音で何でも話せるものですが、

ようやく名前を覚えた程度の新人同士が、腹をわって話す場になるからです。


新人にとっては、人前でプレゼンするだけでも、ドキドキしてしまう。

それなのに、さらに自分の“怒”、“哀”というなかなか言いたくない面まで、話さなければいけない。


当時の私も相当緊張していたのを覚えています。


この研修による、最も大きな効果は

【目には見えない価値観を共有することで、深いところでつながれるということ。】


この研修の前後では、関係性の質が明らかに変化しています。


やり方は簡単、学びは深い。

人事の方には、そんな新入社員研修を企画していただきたいと思います。


ぜひ、ヒントにしてみて下さいね音譜