溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:

先日、仕事の関係で某牧場に行ってきました。


大自然っていいものですね。

緩やかな丘に、牧草が豊に茂り、気持ちいい風が流れている。

深呼吸をすると、都内とは違ったいい香り。

きっと、キャンプなんかしたら最高なんだろうな。

満足度100%でした。





■サービス業として生まれ変わる




実は、この牧場、悩みを抱えていました。

それは、『お客様に楽しんでもらう』という意識を、

より強く持てるようになりたいということ。


先方のご担当者曰く、

『動物好きは多いんだけど、サービス業だと思っていない節があるんです』

とのことでした。


確かに、従業員の大半はアルバイト・パート。

加えて、新卒で入社を希望する人も、大半が畜産系学部出身とあれば、

サービス業に目を向けてもらうことも難しいのかもしれません。


しかし、現場の様子は少し違っていました。





■控えめで見えない努力




実は、帰りのバスの中でこんなシーンを見たのです。

『あんたさ、受付での接客、もう少し声がけした方がいいよ。』

なんと、30歳以上も歳の離れたアルバイト同士で、

反省会をしているのです。


他にも、売店では、『どこから来たんですか?』など、

気さくに話しかけてくれます。


それに、実は帰りのバスを1本逃したのですが、

『このバス乗って!下まで連れ行ってあげるから。』

と、バスの運転手さんが声をかけれくれる。


見えないところで、サービスの努力をされているんですね。

正直、『彼らの努力に光を当てたいな。』そう思えるシーンでした。



私達は、2012年の新卒採用のお手伝いを一部担当させていただきます。

原稿取材、記事の作成を通して、取材される本人はもちろん、

それを読んだ他の従業員の意識も高まり、

サービス業として元気になれるお手伝いをしたいと心に誓いました。



--------------
松沼英郎ハート


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お客様は『求人広告屋』になにを期待するのだろう?

メディアの力?価格?デザイン?情報?それとも人間的な繋がりだろうか。


昨今、情報の質、量ともに、ややもするとお客様の方がご存知のことが多くなるなか、

「どうしたら価値が提供できるのか?」そんなことを、ふと考える機会がありました。


そんな矢先に、素晴らしい仕事に出会いました。

それは、未来をを一緒に考える仕事です。

例えば営業であれば、世の中の変化、営業に求められる役割の変化、

競合の変化をテーブルにあげ、お客様と一緒に、営業の仕方を考えていく。

そして、その営業を実践できる組織を考え、採用すべき人材を明らかにしていく。

という仕事です。


本来、求人広告屋には期待されていなかったであろう領域まで踏み込み、

課題解決をしていく姿は、これからの価値なのかもしれません。

素敵な仕事を増やせるよう、努力せねば!


--------------
松沼英郎ハート

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、アップル社のiPadは予約されましたか?
昨日5/10に、受付スタートしたようです。」
新しいものに目がない私は、早速、予約(購入?)をしました。
恐らく、5/28には自宅に届くと思います。


今から楽しみです!


さて、GW中に素敵な本を読みましたので、
ご紹介したいと思います。


「愛おしいものたち―奈良「くるみの木」「秋篠の森」25年」
著者 石村 由起子
 

香川県高松市生まれの主婦。
結婚後も、自分の夢を追いかけて、
自分の好きな雑貨に囲まれたカフェ「くるみの木」を開店。
売上難、スタッフとの乖離、多大な借金という壁に、
心を折られそうになりながらも、
夢を実現していく姿が描かれた一冊です。


年中休みなく働く姿に、
バイタリティを感じますが、
それ以上に、考え方が素晴らしいと思いました。


例えば、縁について。


多忙にしていると、
顔を合わせる機会の少ない人達も増えていきます。
しかし、一度作った縁。
彼女の中では、「気持ち友達」と名づけて、
ひとつひとつを大切にし、毎年手紙を送っているそうです。
それも何百枚も。


きっと、日々のお店の仕事が終わって、
夜遅く帰った後に、1通ずつ手書きをしているのでしょう。
簡単に真似できる事ではないと思います。
それだけ、気持ちがこもっているということなのでしょう。


愛のある仕事。
いいですね。

--------------
松沼英郎ハート

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

---------------------------------------
自らの意志で何をするか考え、行動できる。
そんな生産性の高い組織を作りたい。
---------------------------------------


先日、新卒採用のお手伝いで、
取引をしているお客様に相談された内容です。
代表の方は、とても危機感を持ってお話されていました。


詳しく伺った内容整理すると、
このような内容だったかと思います。


・若い世代に経営を委ねていくために必要であること。
・個人は育ってきたが、組織としてはまだまだであること。
・スピードをもって、今後数年間で成し遂げたいこと。
・十数年前に、評価制度の見直し、徐々に風土を作り上げてきたこと。


とても熱を持ってお話いただきました。
耳を傾けている内に、私も熱くなったことを覚えています。


まだ、どんなお手伝いを提案するか決まっておりませんが、
コンサルタント曰く、『自発的に考える風土』を作る為には、
要望はシンプルにし、

個人個人が考える余力を与えること

だそうです


確かに、やることがたくさんあると、散漫になるなと、
自分を振り返って、そう思いました。
いいご提案にできればと思います。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、リクルート社で行った、
新商品の会議に出席してきました。


新しい商品のキャッチコピーを考えるプロセスを通じて、
更に、商品の理解、愛着を深めようという試みです。


実施したワークは大きく2つでした。
『お客様価値を考えるワーク』
『ユーザー価値を考えるワーク』

 
前者は、実際の営業シーンで、お客様から相談されていること。
悩み困っているけれど、解決できていないこと。
などを自由に発表してもらいます。


後者は、実際に入社した企業の経営者の喜びや、
入社者にインタビューしたときの感想などを発表します。


そして最後に、キャッチコピーにしていくのです。


クイックでも、色々試行錯誤した結果、下記の言葉にまとめました。


『あなたの価値を大事にしくれる会社を探しませんか?』
『会社の価値に共感してくれる人を採用しませんか?』


時間にすれば、1時間位のワークでしたが、
チームに一体感を生むには十分な時間だったと思います。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、お客様先に伺うと、
『いやーぁ、4月から仕事兼務になりそうだよ。』
『グループ2社が統合してさぁ。』
『今までやっていなかったサービスが増えるんだ。』


など、一人の社員、又は一社の役割が増える』
というワードが溢れている気がします。
何となく不況だからかなと考えていた矢先に、
なるほど!と思える回答に出会いました。


それは、『分散→集中』です。


例えば、メーカーがモノを売るとします。
拡大するマーケットでは、そのシェアを取りたいと考えますから、
『分散』という手を打ちます。
代理店を活用するなど急速に販売力を強化します。


しかし、縮小するマーケットでは、
単純にシェアをとっても縮小してしまうので、利益を得たい。
そうすると『集中』という手を打つことになります。
直販体制でモノを売り、利益を内部に確保します。


つまり、1社で担当する機能が『生産』『販売』と多機能化します。
一方、機能が増えても社員を増やすことはできない。
当然、一人二役、三役とこなしていただくことになるわけです。


事業部を兼務して責任者を務める
事務をしながらプログラミングもこなす
商品企画をしながら営業まで行う


スーパーマンみたいな人材が増えそうですね。
この1年、2年は修行の時代なのかもしれませんね。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、お客様のご紹介で、
コミュニケーションのセミナーに参加してきました。
特徴的だったのは、「舞台」を通して学ぶこと。
バレエダンサーの講師ならではの企画です。


全身を使って行うコミュニケーションは、
気付きも多く、とても勉強になりました。


さて、その中で体験したことを1つご紹介します。


<演劇ゲーム>


演じる人たちには、それぞれ「役割」と「感情」が与えられます。
それを視聴者、及び自分以外の演者には公開せずに、演じます。
演じきった後に、視聴者がそれぞれの「役割」と「感情」を当てる。
というゲームです。


【役割】桃太郎、さる、キジ、犬、鬼…
【感情】怒る、楽しい、悲しい…


といった感じです。
ルールは、絶対に「言葉を使わない」こと。


ゲームがスタートすると、
演者の人たちは、自分の役割と感情に徹します。
しかし、残念ながら視聴者には内容が伝わらないことに気付きます。
彼らがバラバラに演じている姿は、何も訴えないのです。


しかし、それに気付き、
お互いの役割をイメージしながら動けるようになると変化がおきます。
(例えば、さる、キジ、犬は桃太郎の家臣を意識して演じるなど。)


大切なことは、『お互いを良く観察すること』。
相手の役割を知り、自分の役割を伝えることにより、
初めて、第三者に伝わるコミュニヶーションができるのだそうです。


これって、
『空気を読む』とか、『アイコンタクト』という話と同じですね。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新宿高田馬場に西京もつ鍋・もつ焼のお店があります。
不況が叫ばれるさなか、月商1000万円以上も売り上げる繁盛店。
先日、そのお店の責任者の方にお会いしてきました。


『儲かっている理由はなんですか?』


という問いに、
『マーケティング』『目標達成のメカニズム』です。
と、答えが返ってきました。

詳しく伺ってみると、
衝撃的な事実が見えてきました。


-----
マーケティングと言っても、
単なるデータ収集の分析によるものではありません。
今、目の前を通っているお客様が、どう思っているのか?
どんなお店だったら入ってみたくなるのか?
言葉の回答ではなく、行動に着目し、
徹底して聴き込みをしました。

4ヶ月で、およそ5万人。
-----


え、5万人ですか?
一人で5万人に聴いたんですか?
思わず聞き返してしまうほどの驚きでした。


また目標達成のメカニズムについては、
このようにお答えになりました。


-----
目標を立てたら、振り返る。
振り返った上で、原因追求をし、改める。
目標を達成していても、充実感が不足していたら、
その原因も、追求して改善する。

それを繰り返すことです。
-----


なるほど。
とても基本的なことだけれど、徹底しているようです。
勝ち組になる方法は、意外と近くにあるのかもしれません。


--------------
松沼英郎ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、出没!アド街ック天国で
あるおじいちゃんの話がありました。
82歳で現役、スーパーマーケットの店頭で精を出す彼の名は、
山口喜六さん。
大泉学園の永楽ストアーというスーパーで働いているそうです。


店頭では、率先して店の前に立ち、お客様と会話する。
『あ、どうも、こんにちは。いつも、ありがとうね。』
『今日はね、野菜のいいのが入ったの。買って行ってね。』
確か、こんな会話だったと思います。


更に山口さんは、
重そうなダンボール入りの商品を両手に1つずつ持ち、
陳列までこなしていました。
31歳の私でも、1日働いたらネをあげてしまうでしょう。
本当に、自分の目を疑いたくなりますが、現実なのです。
本人曰く、
『まだまだ現役。このお店に使ってもらいます。』だそうです。
すごいですね。

そして、同じくらいすごいのが、
山口さんを1年前に雇用をした店主です。
恐らく、山口さんを雇う賃金で、
別の若手を雇うという選択肢もあったことでしょう。
様々な葛藤の中で、
最終的に雇用を決断した。すごいことだと思います。
人を、年齢や履歴書だけで判断せず、
『今のお店にとって必要な人材か?』を考えたのでしょう。
少しずつでも、
こうして活躍の場を得られる人が増えていくといいですね。

人材に関わる仕事をする一人として、明日も頑張ります。

--------------
松沼英郎ハート
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
妻の出産でお世話になった病院があります。
地元では、名が知れている病院で、腕もいい。
私の妻も、とても穏やかに通院、出産をすることができたようです。

しかし無事退院し、迎えた翌日。小さな事件が起りました。
どうも、子どもの体調がすぐれないのです。
ミルクの飲みが悪く、泣き声も弱々しい。
困った僕と妻は、さんざん迷った挙句、
夜9時を過ぎていましたが、
お世話になった病院に、電話をしてみました。

ところが、こちらの焦りとは裏腹に、
病院の看護士さんの対応は、そっけなかったようです。
「来てもらっても、今は何もできないから・・・。」

もちろん、祝日で手が足りなったこともあるのでしょう。
他にも理由があったかもしれません。
ただ、もう少しだけ、ほんの少しだけでも、
「安心させてくれる一言が欲しかったなぁ」と思うできごとでした。


世の中には第2印象という言葉があるらしいです。
個人としても、組織としても気をつけたいものですね。

--------------
松沼英郎ダイヤ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。