溜池ではたらく採用コンサルタントのblog

人と組織の問題解決に取り組むコンサルタントのつぶやきです。


テーマ:
地震から10日。

なにかしたいのに、なにも出来なくて、
もどかしくて、苦しくて、気持ちばかりあせって
無力感、焦燥感を感じている人が多いようです。
私もその一人でした。

前に進みたい気持ちと、
この気持ちを忘れちゃいけないという気持ちが、
引っぱり合って、立ち止まってしまっていました。

そんなとき友人からこんなメールが届きました。

---------------------------------------------------

< 今、みんなでグラフィックを描いてできること >
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=147

 [負の感情こそ書き出してください。
 これを我慢していると危険です。
 イヤだキライだ悲しい辛いという気持ちは、
 なんとかしたい気持ちの裏返し。
 明るい未来が見えてくるのは、そのネガティブな気持ちに
 ヒントがあるから教えてください。」

 「みんなのもどかしい気持ち、
 書き出すと必ず次にやるべきことが見えてきます。」

---------------------------------------------------

いまはまずはもやもやを紙に書き出してみよう。
そうしたら、大切にしたいことをホールドできるし、
次に向けて踏み出せるかもしれない。

そんな思いで急遽、祝日の昨日ワークショップを開催しました。
開催2日前という急な呼びかけでしたが、
ツイッターをみて、大手企業の人事の方、企業の課長さん、
社労士さん、学生さん、研修講師など、いろんな立場から
8人が参加してくれました。企画の発起人のゆにさんも
仕事をほっぽり出して飛び入り参加してくれました。

↓でてきたもやもや集。

photo:01




photo:02




モヤモヤの正体。

何もしていないのに疲れちゃうとか、
地下鉄もエレベーターも便利だけど怖いとか、
何が怖いのかわからないとか、
あったかい風呂に入って罪悪感とか、
お互いを思いやる気持ちをでもまたすぐ忘れちゃうんじゃないかとか、
いや、すでに一週間前のおのときの気持ちがなくなっているとか、
リツイートして何かした気になっていたとか、
街頭募金だとなぜか小額になっちゃうとか、、、
リツイートリツイートリツイートはだれかなんとかしての気持ち、
でも本当に助けられる人に届いてるのか、、、

・・・・・・

いっぱいあふれでてきました。

この場は解決策を出すものではありません。
自分の気持ち、人の気持ちをじっくり聴く。
とにかく聴く。
そして書き留める。

書き留めると置いてこれる。手放せる。
手放すと、本当に大切にしたいものが見えてくる。

参加していただいた方に感想を聞いたところ、
「疲れちゃって、この3連休は家に引きこもろうと
おもってたんだけど、来てよかった。」
「自分の意外な気持ちが見えて、すこし気が晴れた」

そんな風にいってくれた方がいました。
私にとっても、つぎにむかう心の準備ができました。

今週からおそらく復興支援モードに切り替わると思います。
何をしていいかわからない、じゃなくて、
できることを少しずつやっていこうと思います。
そして、元通りに戻すんじゃなくて、この災害で気付いたことを
学びに変えて、新しい日常を作って行こうと思います。

グラフィックダイアログ。
2回、3回と、続けていきたいと思っています。
機会があれば是非ご参加くださいね。
http://www.facebook.com/event.php?eid=197837220237196
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
研修やワークショップに参加することが多いけれど、
学びに集中できるときと、コンテンツに集中できず
ざらざらした気持ちになるときがある。
それは研修に限らず、人と接しているときにも、起こる。

心の中で何が起こっているのか?考えてみた。

「この人はなにを気付かせたいのだろう?」
「この場はなにを学ばせたいのだろう?」
「何の目的でこの研修はつくられたのだろう?」

こんな風に、不信感や疑いを持ってしまったときに
そんな気持ちになる気がする。

「これに気付かせたい」
「こう感じさせたい」
「この回答にもっていきたい」

という操作性を感じてしまった瞬間に、講師や相手への不信感が起こる。
自分は自分の感じ方があるし、自由にさせてくれとおもっちゃう。

ああ、わがままである。

そんなことを気にせずに素直に学び、すなおに受け容れたいたいものだと思う。

とはいえ、感じてしまうものは仕方ないのだ。

自分でも研修を企画することがあって、
もちろん「意図」をもって企画するわけだけども、
参加者にたいして操作的に関わってはいないか。問いたいと思う。

安心して、自由に、素直に、思考の枠をはずして、勇気を持って
学べる場をつくりたい。

最近の願いです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
突然ですが、三人のレンガ職人のお話をご存知でしょうか?


昔々、旅人がある町で汗を流しながら仕事をしている
三人のレンガ職人の男に出会いました。

旅人が一人目の男に「何をしているのですか?」と尋ねると、
「ごらんの通り、命令に従って、私はレンガを積んでいます」
と面倒くさそうに答えました。

二人目の男に、同じ質問をすると、
「レンガを積むと1個につき10セントもらえるから、
 生活をするためにレンガを積んで壁を作っているんです」
と答えました。

三人目の男に、同じ質問をすると、
「私はレンガを積んで、大聖堂を作っているのです。
 ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払い、多くの人が救われるのです」
と、目を輝かせながら答えました。

数年後、
一人目の男は面倒くさそうにレンガを積み続けていました。
二人目の男は部下を数人抱え、以前より収入がアップしていました。
三人目の男は全体を管理する管理者になっていました。


とても有名なお話ですので、
一度は耳にしたことがあるお話ではないのかと思います。

同じ仕事でも、
「単なる作業とするか?」
「世の中のためになる事業の一角とするのか?」
その意味は様々です。
しかし、仕事の質や成長のスピードは、
この意味付けによって変化します。

仕事の意味ややりがいは、自分自身で見出すものです。
しかし、自分の仕事の意味付けを行うために、
必要な“情報”というものがあります。

必要な情報は、会社によって様々かとは思いますが、
“会社の仕組み”や“お金の流れ”に関する情報は、
全員が学んでおくべきものであるのにも関わらず、
なかなか手がつけられていないという現状があるのではないでしょうか?


The Companyは、
ワークを通して楽しみながら、PDCAサイクルをまわし
会社の経営を経験することで、会社の仕組みを理解し、
自分の仕事における自分の関わりと役割に“気付く”ことができる研修です。


【The Companyの特徴】

・企業の3活動を体験
・経営の3資源を活用
・P-D-C-Aサイクルをぐるぐる回す
・決算書の仕組みを理解
・マーケティングの基礎理論を習得
・会社の存在意味を理解


新入社員や新入社員フォロー研修などにご導入いただき、
自分の仕事と会社の繋がりを把握することは、
新入社員の仕事の質を向上させ、成長のスピードを早める事に繋がります。


本セミナーは、
本番のプログラムをぎゅっと凝縮してお送りしております。
ご満足頂ける内容になっておりますので、
ぜひ、ご参加下さい。


[無料]経営シミュレーション【The Company】体験会
    http://happy.919.jp/documents/TheCompany0222seminar.pdf
 
日 時:2011年2月22日(火)13:30~17:30
対 象:経営者、マネジメント職の方、人材育成/人材採用ご担当者
会 場:株式会社クイック セミナールーム

■お申し込み

下記入力フォームにてお申し込みください。
https://happy.919.jp/jingoto/contact/seminar_oubo.php


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
御申込をおまちしております!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

できっこないよ、といわれても、やる人。

やっても無駄だよ、といわれても、やる人。

失敗したらあとはないよ、といわれても、やる人。


そんな人たちはときに無謀、能天気、あほ、とか言われるわけですが、

とんでもないことをやり遂げる人はいつもここから始まるのでしょう。

例えば間寛平さんとかも。


なにがそうさせるのか。あきらめない理由はなんだろう。

なんてことを思いながら、いつも泣けてくるのです。


身近な人にもそんな人はいるわけで。

偉業を成し遂げないまでも、日常的な仕事の進め方の中で

感動してしまうことがあります。


「そのねばり強さはどこからくるの?」と、聞いてみたところ、

新人の頃の失敗体験の話をしてくれました。


思い通りの成果が出せず、お客様に叱られて、

その後会ってもらえなくなった。

でも、なんとか成果を出したくて、自分なりに原因分析して

もう一度一緒に仕事をさせてもらいたいと、毎週通い続けた。

知らないところで上司も通ってくれていた。

そうして支えられていることも勇気になった。

通い続けて数ヶ月たったころ、社長から電話があった。

「例の件、人にも相談して自分なりにも分析したけれど、

君は一生懸命考えてやってくれていたんだね。

もう一回、お願いできないかい。」


その後の仕事は成果を出すことが出来、

社長に生まれてはじめて、「回らないお寿司」をご馳走になったとか。


『失敗とは、あきらめること。

あきらめない限り、失敗はない。』


だれかの言葉を思い出しました。


あきらめない姿は人に勇気を与える。

最後まで、愚直に、頑張りたいです。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

iPhoneの連絡帳が全部消えました。

突然、からっぽに。。。


思えば、この週末はいろんなものを手放す時間でした。

土曜のお昼にはマッサージで肩こりを手放し、

午後には会社の机の整理整頓をしてたまった古い不要な資料を手放し、

そして日曜には連絡帳が消えた。。。


携帯をもってからこれまで出会った人たちの連絡先が全部消える。

こんな恐ろしいことがあったらパニックになるだろうと思っていましたが案外冷静でした。


で、「これはどんなメッセージだろう?」と考えてみました。


・人との出会い(顧客データベース)をリストとしてみてはいないか?

・関わる相手(顧客・仲間)を一人の人間として尊重できているか?

・自分の人生を生きているか?(不要なものに捉われていないか?)


うむ。私にとって、とても必要な問いでした。


忙しくなったり、情報量が増えてしまうと、効率を重視しすぎて

本質的に大切にしたいことまでおろそかになってしまう。


人は「もてるもの」は限られているし、それに捉われて手放すことを

恐れることで本質を見失ったり、自由でいられなくなったりするのかなあ、なんて。


こんなことをダンナさんに話したら、「断捨離、だね。」って言われました。


「断捨離」って知らなかったんですが(やばい?)、

もともとヨガとか仏教の教えで、


・執着を断つ(断行)

・捨てる(捨行)

・離れる(離行)


という言葉で、自分とモノとの関係を問い直し、

暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。らしい。

確かに、いろいろすっきり。


ちなみに、なんだかんだで連絡帳は購入時のデータがソフトバンクのサーバに残っていたため、2010年8月以前のデータは復旧しました。9月以降に出会った人たちのデータは消えたわけですが、みんなとのつながりが消えたわけじゃないし、これからまた会えばいいし、遠い人も縁があればまたつながれるはず。大丈夫大丈夫。


では、みなさま。

しっかりとバックアップをとってくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校の先生は夏休みも長いし、毎日生徒と一緒に遊べるし、給食も食べられるし、

午後3時過ぎには授業も終わるし、楽しそうだなあ!

なんてのんきに思っていた私ですが、

この土日に参加した研修会で小学校の先生たちの実際の毎日を聞いて大いに反省しました。


・朝は7時には職員会議スタート。

・常に問題が起こる(喧嘩、吐く、壊れる、けが・・・)

・授業と授業の間は次の授業の準備

・給食は5分で食べて片付けの準備

・授業が終わってからは明日の授業の準備

・保護者への連絡帳の記入(1クラス35人分!)

・保護者からの相談の対応

・夕方の職員会議


という一日。いつ休むねん!という感じです。しっかりスケジューリングしたとしても、

自分でコントロールできないことが常に起こるので、体力的にきつそう。


学校教育の問題がマスコミで取り上げられますが、私自身のこれからの見方が大きくかわりそうです。

こんなにも忙しく毎日がすぎていくなかでも、今の仕組みに捉われず、

もっと子供たち一人ひとりの強みをひきだして活かしていけるような教育改革を実現しようと

本気で勉強して活動している先生たちがいることを知ることができ、本当によかったです。


「ほんとに楽しいっすよ。」といって笑うみんなが大好きになったし、応援したいなと思ったのでした。

こんど体験小学生にいってこようっと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、この本


U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術/C オットー シャーマー

の出版記念シンポジウムで素敵な女性に会いました。
瀬谷ルミ子さんです。

photo:01

日本紛争予防センターというNGOで働く方で、

彼女を知ったきっかけは1年前くらいのプロフェッショナル でした。

中東やアフリカなどの紛争地区にひとり乗り込んで、

国家規模の武装解除を行っていきます。

番組の中で、除隊して学校にいきたいという少年兵のために、

軍の最高司令官にアポなしで会いに行って、

臆することなく対話していく姿をみて、

涙が止まらなくなりました。

「自分に出来ることが、必ず、ある。」

そんな信念を持ってどんどん突き進んでいく瀬谷さん。

そして、最高司令官から除隊は無理だけど学校には行っても良い

という約束を取り付けたことを少年に告げると、少年は驚きます。

まさか、最高司令官に会えるなんて、そして許しをもらえるなんて

思ってもみなかったからです。

その後、瀬谷さんは、最後の決断を少年にゆだねます。

「これはあなたの人生だから。」

そして少年は言いました。

「これは私の人生だ。自分で決める。」

少年の目に希望が見えました。

私はできる範囲を自分で決めてしまっていたり、

経営者との商談に恐れをなしたり、

言いたいことがうまく伝えられないことに凹んだり、

本当に小さなことで躓いているなあと、恥ずかしくなりました。

そして、本当にお互いにとっていい結果をもたらすために、目的と信念を持って

対話をしていくことができれば、叶わないことはないと、教えてもらいました。

お会いした瀬谷さんは、とっても華奢で意外と小さくて、

とってもオープンで自然な方でした。

「紛争地も、会社組織も、解決する課題は一緒だから。

お互いに学びあえることがあると思うからいろいろ教えてくださいね。」

なんて言ってくれました。うれしすぎて泣けました。

もう、頑張るしかないのであります。

年末に向けて、あと10日。がんばるぞっ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01


こんにちは。


昨日、外国人留学生による就職プレゼンテーション大会なるものを

見学してきました。


通常の合同説明会では企業がプレゼンをして、

学生がエントリーしますが、この企画はその逆です。


学生が企業の人事担当に対して5分の持ち時間でプレゼンテーション

を行い、企業にスカウトされるというものです。


参加企業はリクルート、楽天、三菱化学、CTCといった顔ぶれ。

みなさん真剣に学生のプレゼンを聴いていました。


プレゼンの内容も、自身の生い立ちから日本に来た理由、

なんのために日本で働くのか、自分はなにに貢献したいのか、

自分の言葉で話しているのが印象的でした。


中国のある村から来ている学生は、

貧しい農村で産業もなく、みんな学校にも行けない。

でもこのままじゃいけないと思った。村を豊かにするためには

知識が必要だから、自分が村を代表してこうして大学で学んでいる。

勉強して、仕事で力をつけて、自分が村を豊かにする。


こんな話をしてくれました。すこしうるっときました。


改めて、自分自身の働くことの意味とか意義を考えさせられたとともに

新卒採用のあり方も多様化していて、企業も学生も出会いのチャンスが

広がっていくなあ思いました。


私もなんかやろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱する

「組織の成功循環モデル」によると、

成果を出し続ける組織の特徴として、以下のサイクルがあります。


関係の質

思考の質

行動の質

結果の質


「関係の質」が高まり、真の信頼関係(認めあう、信じ合う、

本音が話せる状態)が築かれると、

コミュニケーションの中で前向きで柔軟なアイデアが生まれます。

そのアイデアが自発的な行動を生みだし、

その行動の積み重ねが結果を生み、さらに、

その結果をお互いが喜び合うことで、関係の質が高まるというサイクルです。


企業において成果をだすことは必須ですが、

結果ばかりを意識しすぎると思い通りにいかないことにイライラしたり、

人間関係がギスギスしたりしてしまいます。結果に捉われず、

機嫌のよい心の状態で、目の前の仕事にベストを尽くすことで、

すばらしい成果につながっていきます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私ごとですが、
先週アキレス腱切れちゃいました。

久しぶりに大好きなバレーボールをやって、張り切りすぎました。
楽しかったんですよ。ものすごく。
ご迷惑をおかけしてほんとにすみません。
しばらく会社お休みしていますが、早く復帰できるように頑張ります。

さて、いま松葉杖トレーニング中なわけですが。
これ、難しいですね。こんなに体力使うなんて知らなかったです。
全身筋肉痛です。

ちょっとしたこと、例えば本棚から本をとるとか、洗濯とか、
コーヒーをいれるとか、何気ないことが、何気なくできないもどかしさ。
普段5分でいける駅まで30分かかっちゃう。
坂道とか、階段とかはもちろんハードなんですが、
普通に生活することもこんなにたいへんなんだと、実感してます。

同時に、人のやさしさやあたたかさを、すごく感じてます。
みんなほんとに優しく配慮してくれて、日々感激です。

怪我をしてみると、一人でできないことが多いわけですが、
普段から決して一人ですべてをこなしているわけではないということにも
改めて気が付きました。支えられて、支えて、世の中ってあるんだなあと、
感動している今日この頃です。

もうひとつ気付いたこと。
「知っている」と「分かる」の間には大きな壁があるということ。

怪我をしてみてはじめて見えてきたことがたくさんあります。
でも、その一つ一つは全く知らなかったというと、
知識としては知っていたし、身近な人も経験していた。

体験してみないとみないとみえないこと、分からない事が、たくさんあります。
じゃあみんな体験してみよう、という事が言いたいのではなく、
分からない事を認めて、耳を傾けることが大事だなって思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。