個人事業・中小企業向けホームぺージ制作 *Copyself
  • 12Jul
    • 木床・補修メンテナンス業者の新規ホームページ用ウェブデザイン

      埼玉県越谷市にあるウェブデザイン事務所*Copyselfでは、新規リニューアル問わず、ホームページ制作やネットショップ作成など、ウェブ関連の依頼を承っていますが、公式サイト上では紹介できない場合も多いため、当ブログで改めて紹介します。記念すべき第一弾は、つい先日ランサーズのウェブデザインコンペに応募した作品。体育館や武道場など、木材を使用した公共施設に対し、床リフォームを行う会社で、温もりある雰囲気が伝わるよう、全体のバランスなどを意識して作成しました。なお、縮小サイズのラフデザインだと、具体的なディテールまで分かりませんので、当管理人のサーバーにアップした、原寸大サイズによる下記サイトをご覧ください。トップページのみの簡易的なものですが、割と良い感じに仕上げたつもりです。https://copyself.jp/lancers/floor.html一般的にランサーズのコンペの中でも、ウェブデザイン制作の募集案件というのは、料金自体の単価もかなり安く、当選できないと収入がゼロという厳しいものですが、制作実績のバリエーションを増やすため、思いきってチャレンジしてみました。また、今回はコンペ作品ということもあり、制作に着手できる日数も短かったため、フッターなど、一部、未制作の部分があったり、まだまだ改善の余地はありますが、ご依頼を検討する際など、一つの参考事例として、ご覧いただけると幸いです。https://copyself.jp/lancers/floor.html

      221
      テーマ:
  • 26Jun
    • 検索キーワードを意識してブログ記事を書く際に意識すること

      ブログ記事を使って上位表示を狙う際、検索キーワードを意識しながら書きますが、その際に意識すべきことは、対象となるキーワードに適したコンテンツ内容であり、いかに分かりやすく、役立つ記事を作成できるかということが基本になります。一般的に検索ユーザーは、自分の知りたい情報を数秒で判断すると言われています。そのため、ブログ記事はできる限り、結論や趣旨から書くようにすることが大切で、結論・理由・詳細の構成を意識すると、より内容が伝わりやすくなるでしょう。検索キーワードを意識することまた、対象キーワードが「黒酢サプリ+口コミ」の場合、利用者が求めているのは、実際に黒酢サプリを飲んでみた感想や、どのような商品が人気なのかということで、黒酢サプリに関する効果効能の紹介より、ユーザーの優先度は高いと言えます。極めて当たり前のことですが、あらかじめ、対象キーワードを意識しておかないと、当初、想定していたテーマと、記事の趣旨が異なっていたという場合も起こるため、ブログ記事を書く際は、ユーザーの意図をしっかり念頭に置いておきましょう。ユーザーの検索意図を理解する事実、ユーザーが結果的に求めているものは、具体的な悩みに対する解決策であり、黒酢サプリという事例なら、商品はあくまでもその手段の一つにしか過ぎないため、検索意図に適した記事を作成し、読者の満足度を上げることが大切になります。ブログ記事を作成する際も、ただ単に自分が書きやすいテーマを据えるのではなく、あくまでも悩みを抱えているユーザーにとって、役立つコンテンツを提供すること。具体的に分からなければ、実際にご自身で検索する場面をイメージしましょう。分かりやすく簡単な文章で書く多くの方は売り込まれることを嫌いますし、最後の購入判断は自分で決めたいもの。取り扱う商品・サービスを紹介する際も、メリットのみを中心に紹介するのでなく、デメリットなど、中立的な立場で書いた方が、より内容に信憑性が高まります。文章自体もできる限り、難しい専門用語は避け、分かりやすい文章を意識すること。基本的にブログ記事で上位表示を目指す際、文章量は必然的に多くなるものですが、各ブロックごとに中見出しを使うなど、読みやすいページ構成も欠かせません。※埼玉県越谷市を中心に活動するウェブデザイン事務所「*Copyself」では、丁寧なヒアリングと確かなデザイン力で、高品質なホームページを作成します。サイト制作やネット集客などでお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

      85
      テーマ:
  • 18Jun
    • ホームページで御社の差別化ポイントをアピールする理由

      中小企業は競合他社と差別化を図らなければ成果を伸ばすのが難しいのが実情です。基本的に、リアルとネットは別ではなく同じものですから、実際の差別化ポイントとホームページ上でアピールする差別化ポイントは一致させる必要があります。しかし、実際にネット上でしっかり訴求できている会社は多くありません。当管理人がウェブ制作に着手する前、クライアントにヒアリングを行っておりますが訴求ポイントというのは、顧客アンケート等で「御社の商品やサービスを購入する時何を決め手にされましたか?」という質問をすれば、自ずと「お客さまがこの会社にどのようなことを望んでいるのか」を引き出すことができます。つまり、その会社の持つ差別化ポイントが明確になります。アンケートの結果「スタッフの対応が良い」などと分かったら、ホームページ上でも「自社の強みはスタッフの対応力」ことをしっかりアピールします。ところが実際にホームページを見てみると、スタッフ紹介のページがなかったりする。これってちょっと、もったいない話だと思いませんか?また、写真素材サイトで購入した人物写真を載せているホームページもありますが、多少なりとも嘘っぽく見えてしまいます。会社の強みがスタッフの対応力でしたら、実際にその会社で働いている社員やスタッフを掲載した方が良いでしょう。有料写真の方が見栄えが良いと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。実際の実物写真に変えただけで、反応が約2倍くらい良くなったケースもあります。その会社の訴求ポイントが人なのですから、活かさない手はありません。

      80
      1
      テーマ:
  • 04Jun
    • 名刺デザインの作り方のコツ!相手の印象に残るデザインとは

      ビジネスの商談において、名刺とはある意味、その人の顔とも言える大切なツール。全体的なデザインの構成によって、相手に与える印象もかなり変わってきますので、少しでも良い心象を与えられるよう、作成時に注意するポイントを紹介します。たとえば、材質の薄い用紙やまとまりがない内容だと、第一印象は悪くなりますし、各要素がバランス良く配置されている名刺だと、ぱっと見のイメージも上がるため、名刺という限られたサイズの中で、レイアウトを意識することが欠かせません。要素のバランスが悪いデザイン名刺に掲載する情報として、社名や屋号・個人名や連絡先などがあると思いますが、すべての要素を同じ感覚で配置させると、かえってどれも目立たなくなりますので、必要に応じて情報量を減らしたり、文字サイズに強弱をつける必要があります。名刺という営業販促ツールにおいて、最も相手に伝えるべき大切な情報とはなにか、シンプルイズベストではありませんが、あまりにも過剰な情報は見づらくなるため、各要素ごとに優先順位をつけ、表面や裏面など、レイアウトに注意しましょう。ロゴや写真など画質が粗い名刺名刺デザインの中に、自社のロゴやご自身の人物写真を掲載する場合がありますが、実際に使用する画像が「jpg/png」などの場合、そのまま拡大縮小させてしまうと、本来、ウェブ向きの画像のため、画質が粗くなったり、汚くなってしまいます。そのため、紙媒体の販促ツールを作成する際は、自由にサイズが変更できるように、専用のイラストレーターというソフトで作成した、ロゴ画像を使用して配置したり、写真の解像度を印刷用として、適切な数値(350dpi)に変える必要があります。薄い用紙で自作した販促ツールご自身で名刺デザインを作成する際、市販されている専用紙を使うかと思いますが、印刷会社が裁断までを行う場合と異なり、インクジェットプリンター用紙の多くは、境界線に沿ってミシン目があるため、縁まで上手く印刷することができません。ぱっと名刺を見た瞬間、自作されたものだと、分かる人には分かってしまいますし、専用紙の材質自体、印刷会社と比較すると、やはり見劣りする部分はありますので、できる限り、安上がりな印象を与えないよう、最終的な品質を意識しましょう。基本的なルールを無視したもの一見、簡単に見える名刺デザインには、基本的なデザインスキルが詰まっています。余白の取り方や要素ごとの揃え方、文字サイズのジャンプ率やロゴの配置場所など、全体のバランスや紙面のレイアウトを意識した上で、作成することがコツです。おしゃれで印象的な名刺の多くは、このようなルールを意識して作られていますし、使用するフォントの種類やカラーの使い方など、全体的な統一感も大切になるため、実際に制作を依頼する際は、事前に参考デザインなど集めても良いと思います。

      89
      テーマ:
  • 02Jun
    • デザイナーにイメージを伝える方法!理想の形に近づけるため

      プロの業者に依頼するにせよ、友人知人に依頼するにせよ、デザインを制作する際、まずは、どんなイメージにしたいのか、具体的な要望を伝えることが欠かせません。メールや電話など、言葉のやり取りだけでは限界があるため、注意しましょう。別途、制作物の予算が余っていれば、自身のイメージに近いものが出来上がるまで、何度でもデザイン案を作り手であるデザイナーに提案してもらうこともできますが、限られた費用の中で、成果を上げるには、お互いの意思疎通がとても大切です。イメージは具体的に伝えることデザインをする立場としては、常に良いものを提案したい気持ちは持っていますし、できる限り、お客様の理想とするイメージに仕上がるよう、努力するつもりですが、意外と「よく分からないので、お任せします…」という方が少なくありません。もちろん、発注者に具体的なイメージがなくても、デザインすることはできますが、後になって「自分の思い描いたイメージと違っていた」と後悔することがないよう、事前に全体のテイストや雰囲気など、ある程度、方向性を固めておきましょう。デザイン制作で失敗しないため制作業者の多くは、打ち合わせの際に必ずヒアリングというものを行っていますし、お客様ご自身にイメージがなければ、同業他社など、参考サイトを具体例に挙げて、どのようなものを作りたいのか、好き嫌いを含め、要望を掘り下げていきます。実際、当管理人も依頼を請け負う際は、このヒアリングに最も時間をかけています。特に初めて制作業者に依頼する方の場合、分からないことがあって当たり前ですし、作りたいイメージを伝えると言っても、言葉だけではなかなか難しいでしょう。目で確認できる方法がオススメオススメの伝え方としてはやはり、参考サイトなど、分かりやすい例を挙げること。美容院でカットする際「前髪は短めにして、全体的に整えてください」というより、イメージに近い髪型が掲載されている雑誌を直接、相手に示せば一目瞭然です。もちろん「とにかくカッコよくおしゃれな感じ…」というキーワードも大切ですが、相手にイメージを伝える際は、抽象的な言葉より具体的な内容の方が伝わりますし、無駄な修正作業などが増えないよう、お互いの認識を一致させておきましょう。

      57
      テーマ:
  • 20May
    • 良いホームページを作るのは大間違い?ありがちな誤解とは

      言われてみれば当たり前のことですが、ホームページ制作にありがちな誤解として、良いホームページさえ作っておけば、多くの方が見に来てくれるだろうがあります。残念ながら、どんなに良いものを作っても、それだけでは訪問客は増えません。見た目のデザインが良かったり、最新の技術を使用した機能を盛り込んだところで、いきなり突然アクセス数が増えるかというと、そんなことはまったくありませんし、仮にいたとしても、数字的にはおそらく、月300件程度が良いところでしょう。ホームページを作るだけでは誰も見に来ない改めて数字を分析したら、その多くは運営者と関係者だったという場合もあるため、まずは、どんな形で制作するにせよ、ホームページの存在を知ってもらわない限り、見込客となるユーザーが、自然と増えることはないと認識することが大切です。もちろん、ご自身の経営する会社や店舗、取り扱う商品サービスに知名度があれば、多少なりとも興味を持った方が、ネット検索して、訪問してくれる時もありますが、現実的には考えづらく、具体的な成果を上げるには、集客対策が欠かせません。例えば、取り扱う商品サービスに対し、関心を持つ見込客のユーザーが集まるよう、特定のキーワードで検索した際、自社ホームページが上位表示されるようにしたり、ヤフーやグーグルなど検索サイトで、リスティング広告を行う方法があります。宣伝が必要というのは考えてみれば当たり前広告の内容に関わらず、費用はかかりますし、むやみに行うべきではありませんが、リアル店舗などを立ち上げる際、近隣エリアに、チラシ広告を撒くのと同じように、基本的な方向性を間違えず、正しい戦略で実施すれば、結果はついてくるもの。しかし、ホームページを制作した後、集客や宣伝のために行ったことを確認すると、不思議なことに、サイト運営者の多くが、特になにも対策はしていないという回答。ホームページは作ったので、後は訪問客が来るのを待てばいいという感じです。実際の現場なら当然の対策が、ネットになると行わない方はめずらしくありません。ただし、リアル店舗もホームページ運営も、基本的な考え方はそう変わらないため、まずはそのことを認識し、実店舗と同じように、必要な集客対策をしましょう。

      64
      テーマ:
  • 16May
    • あなたのメールフォームは大丈夫?ドメイン指定受信で送れない

      「せっかく書いたメールが相手に送れず、なぜか自分宛てに戻ってきてしまった…。ひさしぶりに新規のお申込みだったのに」このような経験ってありませんか?ビジネス目的でアメブロを運営する際、お客様との連絡のやり取りは欠かせません。そのため、メールアドレスや電話番号、メールフォームなどをご自身のブログ上や、リンク先サイトにご活用されていると思いますが、ここでちょっと注意喚起。原因は携帯電話のメールアドレス相手側の明記した連絡先が、携帯のメールアドレスのみの場合、ユーザーの中には、迷惑メール対策で、あらかじめドメイン指定受信を設定されている方がいますので、運営側のメールが送信できず、エラーメッセージとして戻る場合があります。当管理人も前に勤めていた制作会社で、某サイトの更新業務を担当していましたが、月に何件か上記に近いケースに遭遇するため、メールフォーム内に注意書きを添え、アナウンスを行いましたが、それでも無理な場合は電話対応しかありません。万全とは言えないこの対策も、自前フォームを設置しているからこそ出来たことで、無料のレンタルフォームだと、そうもいかないでしょう。一般的には忍者ツールの、メールフォームが有名ですが、他の連絡先も明記することをオススメします。◆携帯電話のメールアドレスをご入力される方へ◆迷惑メール対策でドメイン指定受信を設定されている場合、○○からのメールを受信できない場合がございます。お手数ですが「○○○○」からメール受信できるよう、設定し直してから送信してください。一番に掲載すべき項目は電話番号真っ先に思い浮かぶものは、当然、運営者側のメールアドレスや電話番号でしょう。どちらが良いかという選択ではなく、リスク回避として、すべて掲載するのが無難。メールフォームなら、アメブロのメッセージ機能より使い勝手も良いですし。なお、メールフォームを設置する際は、必須項目に電話番号を入れておきましょう。テキストも別途、修正できる場合「携帯不可・PCアドレスのみ」と明記しておけば、上記のようなケースも未然に防げますし、直接、お客様と連絡など取れます。頻繁に起こるものではありませんが、せっかく興味を持ってくれたお客様ですから、最低限、失礼ないように運営者側として、できる限りの対策は施しておきましょう。相手の返答を待つより、直接連絡を取った方がストレスなく過ごせますしね。追記:たまに、自身のメールアドレスをそのままブログに掲載している方を見かけますが、ウェブには、スパムメール用の送信先アドレスを収集するロボットが巡回しており、迷惑メールが多いなと思ったら、あなたのメアドが拾われている可能性があります。別途、文字参照や代替文字を使用するなど、それぞれ工夫してみてください。参照記事(外部サイト):「スパムを防ぐ!メールアドレスの公開方法」

      30
      テーマ:
  • 14May
    • 実践!セラピスト向け!アメブロブログタイトルの付け方

      特定の地域を対象としたブログの場合、タイトルに地域名を入れるのは必須ですが、アメブロでマリッジセラピスト&キャリアカウンセラーとして活動している方より、タイトルの付け方に関し、ご質問いただきましたので、改めてご紹介します。見込み客を明確にする商材としては、結婚適齢期の女性を対象とした対面形式のカウンセリングですので、まず、ブログタイトルを付ける際は、見込客となるユーザー層を明確にしましょう。今回のケースだと「恋愛や結婚・婚活でお悩みの方」などと想像できますが、このような方が、検索サイトやアメブロ検索を利用する際のキーワードとはなにか、ぱっと思いつくのは、やはり「結婚」「婚活」など、単一キーワードと思いますが、実際は「婚活+セラピー」「結婚相談+地域名」という複合ワードでしょう。より細かい検証作業は、グーグルアナリティクスやキーワードツール等を使用して、訪問時の検索キーワードを調べて確認するのがベストですが、この辺を意識しつつ、タイトルを付けるのと、そうでないのとでは、結果に違いが出ると思います。質の高い客を呼び込むカウンセリングと言っても、日本全国どこでも対応可能なわけではありませんから、必然的に「東京都内」や「関東近郊」など、対象の地域を限定するのが一般的です。事実、見込み客の立場からしても同じで、当たり前と言えば当たり前ですが、誰もが実践できているかというと、案外、出来ていない方が多いのも現状でしょう。今回のお客様が、具体的にどんな地域やエリアを対象としているのかは不明ですが、タイトルに地域名を入れた方が、質の高い顧客を呼び込めるかもしれません。また、記事冒頭の挨拶文「こんにちは、マリッジセラピストの〇〇です」も同じで、各種アメブロ記事などを検索する際、管理画面の検索機能を利用する方も多いため、職業名を含め、地域名も併記させた方が検索結果に表示されやすくなります。具体例:東京都内(銀座・渋谷)でパーソナルセッションをしています。マリッジセラピストの○○です。ご訪問いただき、ありがとうございます。アメブロ内検索を意識するなお「マリッジセラピー」「マインドブロック」といった業界的な専門用語に関し、このような一般の方に、あまり知られていないワードをタイトルに付けてしまうと、認知度自体が少ないため、検索サイトからの訪問率は下がる場合もあります。基本的に、使われない単語は検索数も低くなるので、この辺も意識することが大切。あくまでも他の業種との比較ですが、「セラピスト」系キーワードはそう多くなく、ネイルサロンのように「地域名+職業名」が明確な場合とは異なりますので、今回のケース「セラピー・カウンセリング」系だと、少し難易度は増すと思います。そのため、まずは見込み客がどんな悩みを抱え、どんなサービスを求めているのか、ご自身のターゲット層の特徴について、正確に把握することが大切でしょう。この辺の状況は、業界によって多少の差があるような気がします。ネイルサロンとかだと、皆さんちゃんと実践できてるんですけど。

      55
      テーマ:
  • 06May
    • アメブロのメッセージ機能は営業ツール?ブログの役割とは

      以前「読者登録申請をしてくれた方に対し、感謝の気持ちを改めて伝えるためには、アメブロのメッセージ機能は有効である」そんな趣旨の内容の記事を書きましたが、メッセージ機能を利用した営利目的のものが目に付くようになってきました。読者登録、ありがとうございました!文字よりも声にしたほうが良いのかなと思ったので、感謝の気持ちを動画メッセージにしました。無料ネットビジネス道場もやっています。興味がありましたら、ぜひ一度ご参加ください。営業メールはダイレクトメールと同じ主な趣旨は利用方法の是非についてではありません。ビジネスでブログをやる以上、ある程度の営業活動は必要でしょうし、個人の考え方で運用すればいいと思います。ただ、果たして本当に効果があるかというと、疑問符をつけざるをえません。実際、当ブログでも、過去、メッセージ付きで読者登録申請をしてくれた方に対し、「アメブロカスタマイズに興味があります」とおっしゃっていたので、さりげなく、当サービスの宣伝などを行ってみましたが、以後、何の音沙汰もありません。もちろん、つたないセールストークが原因でしょうが、メッセージ機能を利用した、営業メールの実用性について、効果は間違いなく薄い。そう断言できると思います。ネット初心者が多いアメブロと言っても、ユーザーは日々成長していきます。ブログとはコミュニケーションツール始めはそれこそ、いろいろなものに目が移り、惑わされてしまうかもしれませんが、様々な情報に触れることによって、その内容が果たして本当に役立つものかどうか、次第に自分で判断できるようになります。メッセージというお礼の言葉とは裏腹に、送り手の利益しか考えていないものが、見向きもされないのは当然でしょう。視点を変えてみましょう。営業メールに頼らず、仕事を取りたい時はどうすべきか、答えは、ブログ本来の役割や機能に立ち戻ること。なんのためにブログがあるのか、数あるサービスの中で、アメブロが読者とつながりやすいと理由とはなにか…そう考えれば、おのずと答えは出るはずです。ブログはコミュニケーションツール、このような答えが出ない人は、きっとブログに向いていないと思います。ちなみに、上記、内容のメッセージは二通とも、迷惑メッセージの中に入っていました。

      64
      テーマ:
  • 04May
    • リアルもネットも成果を上げるために必要なことは同じ

      パソコンに慣れていない方など、実社会の商売とは異なり、ネットビジネスになると苦手意識を持つ方は少なくありません。ただ、ホームページを使った集客と言っても基本的にやるべきことは、ビジネスの原則とほとんど変わりません。ビジネスの原則とは言ってみれば、誰にどんなものをどのように売るかということ。まずはこの点さえしっかりと抑えておけば、具体的な成果は上げやすくなりますし、ホームページを実際に作成する際も、意識すべき大切なポイントです。確かにビジネスを安定的な軌道に乗せるには、苦労も多いですし時間もかかります。実際に運営して初めて分かることもありますし、手間暇かけてお店を開いたものの、誰もお客様が来なかったら、いろいろな対策を講じると思います。その反面、ネットビジネスとなると、ホームページのことはよく分からないからと、具体的な原因を検証することなく、知人や業者に丸投げする方も少なくありません。誰が行っている商売なのか、現場を一番よく知っているのは運営者なのに…売り上げという数字を上げるためには、実社会で行っているビジネスと同じように、ホームページにも同じような手間と時間をかけましょう。改めて作る時はもちろん、制作後も定期的に運用することによって、結果は変わってきますから。

      25
      テーマ:
  • 02May
    • ホームページに顔写真を掲載する効果とメリット

      訪問整体を営んでいるお客様より、サイトリニューアルの相談をいただきましたが、今現在は会社に勤めながらの副業ゆえ、なるべく顔写真は掲載したくないとのこと。ホームページに運営者の顔写真を掲載するメリットや効果について紹介します。顔写真を掲載するメリット整体院や整骨院など、各業種に関わらず、ネット集客で具体的な成果を上げるには、できる限り、院長やスタッフの人となりが分かる顔写真は掲載した方が効果的です。もちろん、顔写真がなくてもサイトは作れますが、新規客の集客に苦労します。実際、同業他社の多くは、施術風景や院内の写真まで、積極的に掲載していますし、ホームページ制作後の集客手段に関して、あくまでも、検索サイトを重視するなら、運営者の顔写真を掲載しないということは、それだけで不利な状況になります。ましてや、整体院・整骨院という業種は、お客様のカラダに直接、触れて行うもの。施術者の人となりが具体的に分からないと、見込客の不安などは解消されませんし、内容そのものに興味があったとしても、なかなか問合わせはしづらいでしょう。似顔絵イラストを載せよう確かにサイト運営者の中には、顔写真を掲載することに抵抗感を持つ方もいますし、アメブロならサロン教室など、あえて掲載しなくても集客できる業種もありますが、商材そのものがご自身と言える場合は、デメリットの方が多いかもしれません。当然のごとく、今回のお客様に関しても、この辺の意図はよくご理解していますし、個人的な事情や会社の都合により、掲載したいけどできないケースもあるでしょう。ただし、見込み客の立場からすれば、信頼感や安心感は伝わりづらくなります。そのため、顔写真が掲載できない場合は、ご自身のイラストなどを用意しましょう。プロフィール画像やアイコン画像など、最近は手頃な価格で簡単に作成できますし、可愛らしくデフォルメさせた似顔絵なら、ホームページでもアピールできます。運営者の人となりを伝える当管理人も以前、とあるお客様の案件で、似顔絵のイラスト作成を依頼しましたが、このような素材をひとつ用意しておくと、デザイン全体の幅も広がってきますので、運営者の人となりを伝えるという意味でも、選択肢の一つになるかと思います。似顔絵のイラスト作成というと、一般的に料金なども高いものと思われがちですが、スキルや技術を売買するサイト「ココナラ」なら、わずか数千円で依頼できますし、リアル系やキャラクター系など、イラストレーターごとに豊富に揃っています。ゆくゆくは独立して正式開業を目指しています。とお客様ご自身は考えていますが、個人的には、新規立ち上げの場合、集客できるまで、多少、時間はかかりますので、ホームページに顔写真を掲載した方が、より早く新規客を獲得できるでしょう。

      96
      テーマ:
  • 30Apr
    • グーペのSEO対策に独自ドメインの導入が欠かせない理由

      先日、グーペで鍼灸院サイトを作ったものの、検索順位の状況があまり芳しくなく、具体的にどうすれば、SEO対策の効果が上がるのか、ご相談をいただきましたので、グーペでホームページを作成する際、独自ドメインの重要性について紹介します。こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」美容院やエステサロンなど、月額千円で誰でも簡単にホームページを作れるグーペ。スマートフォン対応はもちろん、業種ごとにデザイン性の高いテンプレートがあり、特別な知識やスキルなど必要なく、わずか数時間でホームページを作成できます。ただし、グーペで作成したホームページで、アドレスが初期ドメインのままの場合、競合が多い業種や地域ほど、主要キーワードで上位表示させるのは難しくなります。今回のお客様の場合でしたら、「南千住+鍼灸院」というキーワードでしょうか。独自ドメインを導入するメリットとは一般的にグーペに限らず、アメブロやミンネなど、このような無料作成サービスは、提供会社のドメイン内に設置するため、個別のサイトとなるとドメインの力が弱く、独自ドメインで作成した競合サイトと比較すると、上位表示にかなり苦労します。初期ドメインの場合:http://r.goope.jp/〇〇〇〇独自ドメインの場合:http://〇〇〇〇/jpもちろん、無料ドメインの状態のまま、グーペでホームページを作成したとしても、必ずしも主要キーワードで検索サイトに、上位表示できないわけではありませんが、対象エリアに競合が多い方ほど、SEO対策など、新規集客に苦戦すると思います。検索キーワード:南千住+整骨院 …… 圏外(100位以下)検索キーワード:南千住+鍼灸院…… 43位例えば、お客様のホームページに関し、主要キーワードの検索順位は上記のとおり。具体的な成果(新規訪問)を求めるなら、1ページ目(10位)以内が必要ですので、投稿日現在、このような状況では、検索サイト経由のアクセスは少ないでしょう。ドメインとはネット上の住所アドレス独自ドメインを導入するためには、当然ながら、ドメインごとに費用がかかります。とは言っても、最近の独自ドメインは種類も豊富で、年額数百円程度のものが多く、メールアドレスも独自に設定できたり、費用対効果としてはそう悪くありません。実際、主要キーワードなどで、対象エリアの競合サイトを確認すれば分かりますが、美容院やエステサロン・鍼灸院サイトの多くは、独自ドメインで運営していますし、グーペで作成したホームページで、上位表示させているケースはごく稀でしょう。基本的に、SEO対策の検索順位というものは、サイト同士の相対評価で決まります。独自ドメインを一軒家とすれば、無料ドメインとはある意味、集合住宅に近い感じ。他人の軒先を借りても構いませんが、やはり、個人店舗とは差があると思います。少しばかり高いグーペの独自ドメインなお、独自ドメインを改めて購入する際は、ムームードメインなどを利用しますが、グーペで作成したホームページでも、管理画面より別途、有料で設定までできます。ただし、取得したいドメインの種類によっては、割高になるので注意しましょう。また、ムームードメインなどで独自ドメインを購入する際、ドメインの取得費用と、次年度以降の更新金額に差がある場合が多いので、できるだけ安く済ませたいなら、一年目の取得費はもちろん、負担の少ない更新費の独自ドメインがオススメです。ドメイン代(年額):work…… 取得:69円/更新:990円ドメイン代(年額):site …… 取得:69円/更新:3980円正直、ドメインの種類はあまり難しく考える必要もなく、実際に使えれば良いので、更新費用のために毎年、数千円を払うより、価格の低いもので構わないと思います。たかが数千円とは言っても、何年も使い続けると結構な金額の差になりますから。

      101
      テーマ:
  • 24Apr
    • アメブロメッセージボードの役割!アピールは記事下エリア

      アメブロのメッセージボードは、ヘッダーエリアに続いて関心あることと思います。そこで今回は、ブログデザイングにおけるメッセージボードの役割と機能について、当管理人がアメブロカスタマイズする際、普段、意識している点を紹介します。メッセージボードの役割とはその名前のとおり、使用目的としては、お店の最新情報や取い扱いサービスの紹介、運営者のアピールといった告知手段です。当ブログは使用したことはありませんが、ビジネス目的で正しく利用する場合、それなりの意義はやはりあると思います。特に初めて訪れるブログ読者にとっては、具体的な予備知識はほとんどありません。あなたがどのような人物で、提供中のサービスがどんな特徴やメリットがあるのか、適切にアピールすれば好印象を与えられます。また、定期的に訪れるアメブロ読者、たとえば、サロン教室の生徒やリピーターに対し、最新のレッスンスケジュールや、お得な割引情報といった内容を、メッセージボードで提供することも可能です。ただし、注意すべきことはあります。それは必要以上の情報を掲載しすぎないこと。アメブロを始めて間もなく、思うように集客できず、焦っている方に目立ちますが、あれもこれもと伝えようと、多くのスペースを告知手段で埋めてしまうのです。読者は記事を読みに来ているサイト閲覧時のユーザーの動きを示すものに、ユーザー導線という言葉があります。アメブロなどはホームページと異なり、基本的に、下に下にと読み進んでいくもの。見に来た読者の一番の目的は、記事本文、メッセージボードの下にあるエリア。自分が読みたいなと思っている直前に、ブログ運営者の過剰な情報を見せられたら、あなたはどう思いますか。当管理人なら辟易して、記事も読まずに途中離脱します。また、その内容が浅いコンテンツだったら、再度、訪れることもないでしょう。たかがメッセ―ジボード、されどメッセージボード。さらに、注意点を挙げるなら、それは、アメブロのメッセージボードは、基本的にトップページにしか表示されず、アメブロ読者はいつも、トップページから訪れるものとは限らないということ。表示されるのはトップページ管理画面のチェックリスト、読者登録したブログの最新記事が一覧表示される場所。どれでも構いませんので、試しに一度、記事タイトルをクリックしてみてください。トップページに掲載されているメッセージボードが表示されていないはずです。この辺は、ブラウザ画面のURLアドレスを見れば、その違いが分かると思いますし、皆さんが普段、どのような経路で、アメブロ訪問を行っているのか分かりませんが、アクセス解析の結果から判断すれば、決して低い数字のものではないでしょう。そこまで気にしてないから、過剰に掲載しても大丈夫かも…と考える方は別にして、当然のながら、検索エンジンからの過去記事へのアクセスといった場合もあるので、念のため、この辺の機能の違いは、頭に入れておいた方がいいかもしれません。トップページからの訪問:http://ameblo.jp/XXXX/チェックリストから訪問:http://ameblo.jp/XXXX/entry-数字.htmlアピールすべき記事下エリアアメブロなど、ブログデザインを構成する要素は、大きく分けて3つほどあります。上から順に言うと、「ヘッダーエリア」「記事コンテンツ」「記事下エリア」です。ユーザー導線を基準に考えるなら、このラインはとても大切なものと言えます。野球で例えるなら「センターライン」に近いかもしれません。軸がしっかりすると、全体がぶれないというか、ブログ自体にまとまりがあり、バランスが良くなります。この辺の記事下エリアの重要性に関しては、別の機会に紹介したいと思います。

      テーマ:
  • 20Apr
    • アメブロ記事の冒頭に定型挨拶文を挿入する意味

      こんにちは!〇〇〇〇の〇〇〇〇です。みたいな決まった挨拶文というか紹介文を、アメブロ記事の冒頭で挿入する方法ってあると思いますが、アレって実際のところ、どうなのだろうか、特に今まで使ってなかったけどと最近よく考えています。具体的に使用するメリットとしては、ブログ運営者の情報を改めて掲載することで、初めて訪れるユーザー読者にアピールできるという点が挙げられると思うのですが、ご存じのとおり、当ブログはあまり意識したこともなく、採用していません。アメブロ記事に定型文を入れる意味とはただ単に、見た目的にどうかな…という考えがあったり、定型文を挿入することで、頭出しというか、書き出しのインパクトが弱くなるかもいう考えがあったためです。実際、読者の方の立場にしてみれば、興味があるのは記事の中身ですからね。また、ああいう決まり事というのは、慣れると自然と目に入らなくなってくるもの。アイキャッチ的なイメージ画像と一緒で、改行ぐらいの役割しか果たしていません。実際、自分も他のブログを読んでいる時はそうですし。さらっと流しちゃう。だったら、あえて無理して使うこともないし、そう思ってスルーしていたのですが、やはり、SEO(キーワード対策)のことを考えると、無視できないものがあるため、その辺のところが悩ましいですね。具体的に効果があるかどうかは別にして。ブログ運営の醍醐味「トライ&エラー」困った時はまず手を動かしてみる!デザイン制作でいつも心がけている言葉どおり、あれやこれやと思い悩む前に、まずは、とにかく一度実践してみることにしました。改めて効果が薄いなと判断できたら、後からやめればいいだけのことですし。ただし、上記で説明したとおり、アメブロ記事の冒頭に入れるのはメリット以上に、デメリットを感じているので、あくまでも記事の一番最後に。これなら署名感覚で、そこまで違和感はないし、リピーターの方にも迷惑はかからないと思うので。また、必ずしも毎回すべてのアメブロ記事に対し、定型文を挿入すると決めないで、基本的には、まずブログコンテンツの内容をメインとし、あとは全体的な長さなど、文章量のバランスなども考慮しながら、挿入の是非を改めて決めていくこと。運営者の性別によって異なる定型文導入以上、自分なりのルールが出来たところで、早速、導入していきたいなと思います。ご自身のブログでいまだ使用されていないという方は、一度お試しになってみては。まあ、本質はあくまでも、記事の内容であることに変わりはないんですけど。気になったので、他の方がどれぐらい定型文を導入しているのか、調べてみました。抽出方法としては、当ブログの「アメブロ以外のお気に入り」に登録している方々。その結果、二十人中およそ半数の方がなんらかの定型文を利用していました。主な内容としては、ご自身の名前と会社名、職業など。個人的に興味深かったのは、男女で分かれること。運営者が女性の場合、多くの方が導入されているのに対して、運営者が男性となるとガクンと落ちます。というか一人もいませんでしたね。追記:あと、定型文を導入する理由に、スマホからの閲覧表示というのも頭にありました。アメブロの場合、パソコンサイトとは異なり、スマホサイトは差別化できないため、多少なりとも、署名文がないと印象に残らないんですよ、運営者の情報って。

      25
      テーマ:
  • 14Apr
    • アメブロの読者登録「1000人」申請できますか?

      一般的に、アメブロの読者登録は1000人まで、自ら相手に申請することができます。アクセスアップや集客効果を上げたい方なら、コンサル系の記事などで一度ぐらい、目にしたことがあるでしょう。ただし、実際に申請するとなるとかなり面倒。そのため、自動ツールの存在が思い浮かぶわけですが、その使用の是非はともかく、より具体的な成果を求めるなら、アメブロ読者数は多いに越したことはありません。その主な理由は過去、当ブログで何度ご説明してきたので今回は省きますが、運営者の多くの方が「効果があると分かりつつも、さすがに1000人までは無理だよ」と感じているのが実情のような気がします。当管理人もブログ立ち上げ当初を除き、多少なりとも落ち着いた最近は、自ら読者申請をしなくなってしまいました。主な要因としては、手作業にしろ、自動化にせよ「手間がかかって面倒くさいため」「ブログの基本はあくまでもコミュニケーションツール」などが思い当たりますが、せっかく登録できるのだから、もったいないかなと思うことも正直あります。今までどれぐらいの方に申請したんでしょう。正確な数字はあまり分かりませんが、ブログを始めたばかりの頃や、アメブロの仕組みが多少なりとも見えてきた時期は、意識して読者申請を行っていたような気がします。500ぐらいでしょうか…理想を言えば、自ら申請しに行かなくても、相手から申請してもらえるのがベスト。ただ、これにはやはり、記事の質と量が大切。読者数が1000人を超えている方って、このような基準を達成できているような気がします。あとジャンル選びも…ただ、質の問題はともかく、量に関しては自分の意識次第でなんとかなりますので、まずはできることからコツコツと始めることが一番の近道かもしれません。たとえ、きっかけが少し曖昧だとしても、今や営業ツールの面も兼ね備えているので。「ビジネスブログで結果を求めるなら、記事の更新性は不可欠」更新しないアメブロは、ある意味、存在しないことも同じ…とまでは言いませんが、ブログ運営等について考える機会があったので、このような記事を書いてみました。ひさしぶりに書いたためか、なんだかまとまりのない内容になりましたけど。

      29
      テーマ:
  • 12Apr
    • 整体院サロン向け!アメブロ、ブログタイトルの書き方

      例えば、以下のようなアメブロタイトルの場合、業種は「整体・リラクゼーション」現状のタイトルでも、ご自身の地域名は含まれているため、そう悪くありませんが、肩凝り以外にも対象となる検索キーワードを採用した方が無難だと思います。なぜなら「難波+肩凝り」で検索されることはあっても、より見込み客が検索する、「難波+整体」「難波+カイロ」「難波+マッサージ」といった複合キーワードが、想定されておらず、検索サイトからの誘導や訪問もあまり期待できないため。修正前のアメブロタイトル:「難波駅@肩凝りから卒業!幸せ上手へのブログ」まずは同業他社チェック!まずは実際に、同業店舗がどんなタイトルを付けているか、少し調べてみましょう。たまに、「どんなタイトルにしたら、集客効果があるのかよく分わかない」という、ご質問を受けますが、そういう時は実際にリサーチ(手を動かす)すること。・さいたま市整体院:(旧大宮市)見沼区、七里駅7分・相模原の出張専門整体 ボキボキしない優しい整体で腰痛改善・名古屋大須・女性のための整体サロン・骨盤矯正でゆがみ改善・厚木で腰痛や骨盤、便秘改善ならリンパマッサージと腸セラピー・可児 隠れ家エステとリンパマッサージでたるみ 生理痛 骨盤ケア・前橋で肩こり・腰痛解消!整体・骨盤矯正でバランス調整たちばな堂上記、アメブロタイトルをざっと見て、改めてなにか気付くことなどはありますか。特徴と言えるほどではありませんが、どのタイトルも地域名を入れるだけではなく、主要ワード(整体・リラクゼーション関連)をできるだけ多く入れています。上記、主要ワードとは「ユーザーが今現在抱えている悩み」を表現した言葉のこと。身体の症状にお困りの方が、検索サイト上で整体院を探す際に使用するキーワード。※当管理人の場合、さらにキーワードツールなどを使って詳細に調べます…長ければいいものではない!つまり、ユーザーの検索行動を意識した上で、適切な内容をタイトルに入れること。結論から言うと、このような趣旨になりますが、とはいえ重要だからとは言っても、いたずらに長いタイトルを付けることは、かえって逆効果になるため要注意。アメブロの基本設定では「全角64文字・半角128文字以内」と注意書きがあるため、上記内容を把握している方は、つい、文字制限いっぱいまで付けたくなりますが、(実際、長いアメブロタイトルの店舗も…)全角32文字程度に納めましょう。主な理由として、SEO的に効果が薄いという点はもちろん、ヤフーやグーグルなど、検索サイトに表示するタイトルには文字制限があり、実際に調べれば分かりますが、ブログタイトルが長すぎると、後半部分が省略の上、表示されてしまいます。仮に、当管理人が修正するなら、下記のようなアメブロタイトルにすると思います。もちろん、これが正解とは限りませんし、取り扱う施術メニューの内容によっては、他の店舗にはない独自の特徴など、細かい微修正を加えてもいいと思います。修正後のアメブロタイトル:「難波で肩凝り・骨盤矯正!痛くない整体・リラクゼーションで幸せ体質」

      52
      テーマ:
  • 10Apr
    • アメブロの記事タイトルで、SEOキーワード対策

      アメブロなどブログ記事に関し、下記のように二つの記事タイトルがあるとします。具体的なコンテンツを求めて、未読ユーザーの判断材料が記事タイトルのみの場合、よりクリックしてもらいやすいと思われるのはおそらく後者のものでしょう。記事タイトル「12月限定!キャンペーンのお知らせ」記事タイトル「12月限定!プレゼントキャンペーンのお知らせ」違いはプレゼントというキーワードの有無ですが、「無料・もれなく」など刺激的なフレーズをさらに挿入して期待感をあおれば、クリック率は高まるかもしれません。上記事例は主に、アメブロ管理画面のチェックリストを意識したものですが、あなたのブログを訪問してくるユーザーは、アメブロユーザーのみとは限りません。アメブロユーザーと言えども、必ずしもいつもアメブロ内から訪問するとは言えず、ヤフーやグーグルなど、検索サイトから訪れる可能性も、もちろんあります。読者はどこからやってくる?基本的にネット利用者の流入経路には、大きく分けて以下があります。・検索エンジン……ヤフーやグーグルなど、各種検索サイトからの訪問・参照元サイト……検索エンジン以外のサイトからの訪問、今事例は主にアメブロ・ノーリファラー…URLアドレスの直打ち、ブックマークやメールソフトからの訪問ペタや読者登録機能などもあり、他の読者と交流がしやすいアメブロでは、一般的に「参照元サイト(アメブロからの訪問者)」が高くなりがちですが、ビジネス目的でブログ運営する場合、ターゲットはできる限り、広げておいた方が得策です。検索エンジンからの訪問とは?例えば、販売商材が若者向けではない、中高年世代を意識したサプリメントの場合、検索エンジンからの訪問者をより多く増やすことは必須です。ただでさえ、アメブロ利用者は「ピグ」を目的とした、十代のティーン層が中心と言われています。登録読者を増やす、記事の更新頻度を上げるなど、アクセスアップの点から言えば、これらの方法は確かに有効です。しかし、必要もない相手にいくら商品のメリットをアピールしても、見込み客が存在しなければ、具体的な成果は上がりません。もちろん、ブログツールには、読者との交流といったファン作りの良さもあります。ソーシャルメディアなどを上手に活用すれば、定期的な顧客になってくれる可能性はあるでしょう。ただ、まず優先すべきことは、あなたの商材を求めている見込み客はどの辺にいるのか、見極めた上で、適切な訴求活動を行うことだと思います。あなたのお客様はどこにいる?見込み客を探すためには、ユーザーの流入経路(足跡)を確認する必要があります。ネットで探す際、検索サイトを利用するのは今や常識。どのような検索キーワードを使って見に来たのか、これを知らずして必要な対策を取ることはできません。例えば、あなたが自然食品のサプリメントを取り扱う通販ショップの店長とします。目的は、取り扱い商品の告知宣伝、及び、売上の増加。その周知活動の一環として、店長ブログを運営している中で、下記のような記事タイトルに設定しました。記事タイトル「にんにく卵黄店長の風邪の撃退法」参照元サイト(アメブロ内から訪問)を優先するなら、この内容でも構いませんし、内容に即した分かりやすいタイトルだと思います。ただ、サプリメントという年齢層を考慮すれば、検索エンジンからの訪問率も上げる必要があると思います。例えば、より有効的な検索キーワードを分析した結果、当方なら以下のようにします。記事タイトル「風邪の撃退法に、にんにく卵黄・黒にんにくの効能、効果」上記が正解とは言いません。あくまでも、検索キーワードなどを意識した結果です。特に、健康食品の場合は、薬事法の関係で「効果・効能」をアピールできませんし…ただ、具体的な理由に関しては、機会があれば改めて紹介したいと思います。

      50
      テーマ:
  • 06Apr
    • これって必要?人気記事アクセスランキング

      過去に書いた記事のアクセス数をランキング形式で紹介する「人気記事ランキング」ここ最近「このコンテンツって本当に必要なものだろうか」って思い始めています。なので今回は、そのメリット・デメリットなどについて改めて考えてみます。私が書き始めたいくつかの理由・内部リンク対策最も大きな利点としては、これかもしれません。リンク数が比較的簡単に稼げます。それが実際、SEO対策にどんな影響をもたらしているかは別として、そう毎回毎回、すべての記事にリンクを貼るわけにもいかないので、結構、重宝しています。・過去記事の再紹介埋もれがちな昔の記事を紹介することで、新規読者の目に留まる機会が増えること。ランキング形式のため「どんな内容なのかな…」と興味を持ってもらえる可能性も。実際、アクセス数は決して悪くなく、ページビューに限れば、平均以上です。・更新頻度の手軽さ一度書いてしまえば、次からフォーマットが決まってるので、簡単に更新できます。言葉は悪いかもしれませんが、アクセス解析の結果などをもとに、中身のテキストを変えるだけなのでとても楽。当ブログの場合、それでも最後にコメントを入れたり、解説結果の図を追加したり、ひと手間加えますが、基本的には流れ作業です。私が疑問を抱き始めた二つの理由・味気ないリスト形式面白さの基準は人それぞれの価値観によりますが、自分が読者の立場になった場合、結果のみを貼り出したコンテンツというものは、あまり興味を惹かれません。実際、他の方のブログを読んでいてもスルーすることが多いような気がします。基本的に、ブログ運営者の人となりや考え方が表現されているコンテンツが好きなので。・書いてて面白くない個人的な理由で申し訳ありません、事実だからしょうがありません。ただ、書き手が面白いと思わない以上、読み手も面白いと思ってくれるはずはないこともまた事実。もちろん、今まで自分が書いたブログ記事がすべて面白いなんて、言うつもりは毛頭ありませんが、その心意気だけはちゃんと忘れないようにしたいと思います。まとめ正直、自分の中でもはっきりとした結論は出ていません。確かに、人気記事アクセスランキングというコンテンツ自体、多少なりとも有効性は十分あると思うのですが、今の素直な気持ちとしては、まだまだデメリットの方が近いかもしれません。とりあえず、今後の掲載についてはいろいろ試行錯誤しながら決めていく予定です。「書きたくなければ、書かなければいいじゃん」的な結論にはしたくなかったので、今回、このような内容を自分なりに改めて暗中模索しつづまとめてみました。

      テーマ:
  • 04Apr
    • 商売のことを最もよく知ってるのは運営者ご自身

      自社商品やサービスの認知度を高めるため、ネットショップの売上げを増やすため、「ホームページを作成したいものの、具体的にどのようにすればいいか分からない…だったらプロの専門家に任せよう」一般的に多くの方はこのように考えがちですが、制作会社に丸投げしても、売れるホームページができるとは限りません。もちろん、制作会社に依頼すれば、それなりのウェブサイトを仕上げてくれますし、メールフォームやショッピングカートなど、必要な各機能なども設置してくれます。ただし、制作会社はあくまでも、ホームページ制作のプロでしかありません。自社サービスの特徴や商品のメリットなど、具体的にどのような所が優れているか、同業他社と比べどう異なっているか、このような点を最もよく知るのは運営者自身。確かにヒアリングも行いますが、すべて任せきりにするのは危険でしょう。ホームページがインターネット上の店舗とすれば、ある意味、制作会社の役割とは、店舗全体のレイアウトなどをデザインし、実際に販売する商品やサービスを陳列し、会計レジなど、ビジネスに欠かせない機材を揃えることが基本です。それに対し、現実社会で実店舗を開業する際、レイアウトのデザインや商品の陳列、必要な機材一式を揃えるところまで、すべて業者に丸投げすることはありえません。少なからず、運営者自身で調査や検討を行い、確認作業を行うと思います。市場調査や顧客分析はもちろん、開業後の営業方針や販売戦略などを踏まえた上で、どのようなお店にしたいのか、要望を伝えるため、専門業者と打ち合わせをします。まさにインターネット上の店舗であるホームページも変わりません。業種や業界を問わず、ビジネスの状況を最もよく把握しているのは運営者ですから、ホームページを制作する際もぜひ、信頼できる制作業者に依頼することが大切です。具体的な成果を上げるためにも、事前の準備には時間をかけましょう。

      30
      テーマ:
  • 02Apr
    • 頑張りすぎて心身ともに疲れてしまう前にすべきこと

      お客様と一緒にお仕事をする際、こうあるべきという考え方にとらわれてしまうと、せっかく好きな職業についたのに、いつの間にか不安や焦りでいっぱいになります。頑張ることは確かに大切、しかし、無理をすると余裕がなくなってしまうもの。もちろん、たとえ好きなお仕事でも、嫌なことや上手くいかないことは起こります。しかし、自分の労力を無駄に安売りしたり、むやみに自分を責めたりするのでなく、時々、自分なりにしっかりと頑張っている自分自身を大切にしてあげましょう。心と身体が疲れきってしまう前に心身の疲労などで、ギスギスとしている状態は、お客様に必ず伝わってしまいます。お客様のために努力することは大切ですが、自分のプライベートまで犠牲にすると、知らない間に心にひずみが生じてしまい、無責任な仕事などしまいかねません。どのような職種や業種であれ、ビジネスを長く続けるには、モチベーションが大切。あなた自身が本当に楽しんでいること、ワクワク過ごしていることが欠かせません。思うように上手くいかない時ほど、一度、立ち止まり余裕を取り戻しましょう。頑張ることと無理することの違い例えば、一人で治療院やサロンを運営し、あまり芳しくない状態が続いているなら、より多くのお客様の期待に応えようと、キャパを超えて予約を詰め込むのではなく、休憩時間もしっかり取りつつ、一人一人のお客様に余裕を持って対応すること。実際、成果を上げている店の多くは、運営者を含め、全体的に余裕が感じられます。今月の売上げも数字が厳しいから…と、目の前の状況に一時的に対応するのでなく、まずは一度、しっかりと立ち止まり、足元を見つめ直すゆとりを持ちましょう。

      86
      テーマ:

プロフィール

埼玉県越谷市デザイン事務所*Copyself

性別:
男性
お住まいの地域:
埼玉県
自己紹介:
埼玉県越谷市webデザイン事務所。ホームページ制作やネットショップ作成など、新規・リニューアル問わず...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス