【岡山】我が子に明るく伝える性教育「パンツの教室」助産師しんのう ゆうこのブログ
  • 17Sep
    • 小さな命の輝き

      \あ!たまご産んでる/今季初めてお世話を始めたカブトムシ。母は虫が苦手すぎて去年のぴーと(4歳息子)の「カブトムシ欲しいな」は聞こえない振りをしました(笑)しかし、今年は【パンツの教室】での学びから、母が家庭で性の話がオープンにできるように小さな命を大切にする姿を見て今のぴーとなら大切にお世話ができるかもしれないと感じ、今年の夏に初めてオスとメスのペアを自宅にお迎えしました。今までは動物園で見かけた動物の交尾に「ちょっ、今はやめてくれー💦」って思っていたけど、(笑)今年は母もメスとオスの命の始まりの話が自然とできるようになり、(むしろ何事も性教育のチャンスにしたい!)母自身の成長も感じました毎日ぴーとがオスメス2匹に声かけながら愛情かけてお世話をいたところ、メスの近くに白い小さな卵が!/あ!卵を産んでる!!\ぴーとと2人で小さな卵に感動して、命の輝きを共有しました卵を見つけたぴーとは👦「オスちゃんとメスちゃん、 交尾できたんじゃな〜」👦「メスちゃん、お腹痛くない? ご飯食べてゆっくり休んでね」さすが、助産師の息子!ヒトには命を生み出す痛み(陣痛)があることを知ってるから、メスの体調にまで気を配れていた(笑)虫が苦手だった母も、毎日声をかけながら大切に育てていたぴーとの影響を受けすっかりカブトムシに愛着が♡産卵期のメスは気性が荒くなったり、土をひっくり返すほど活動が活発になったり、食欲も倍以上に旺盛になったりと、そんなメスの姿を見て「人もカブトムシも出産(産卵)は 体力勝負な所は一緒だな!」と助産師魂に火がつき、カブトムシ図鑑を図書館で借りて勉強(笑)産卵期用の栄養価の高いエサを用意してオスとメスのすみかを分け、メスちゃんが産卵に集中できるようしっかりサポートをさせていただきました✨そして、「痛くないかな?」「無事に生まれるかな?」と「娘が出産の時はこんな気持ちなのかなー!」と疑似体験もできました。(言い過ぎ?笑)(うん、私に娘はいない。 笑)一夏でメスちゃんの命が終わるまで全部で30個以上の卵を産みました。「命の力ってすごいね。」改めてぴーと感動しました。そして、今我が家にはたくさんの子どもたち(笑)去年まではきっとキモチワルイの一言だったけど、生まれた時期によって大きさも様々でぴーとと「可愛いー♡」と言いながらお世話しております来年の夏、たくさんカブトムシになったら里親さんになって下さる方を募集させて下さいね#岡山#パンツの教室#男の子#女の子#性教育#赤ちゃんからの性教育#とにかく明るい性教育#カブトムシ#男の子あるある#シングルマザー

  • 16Sep
    • 我が家のキタコレ!

      \\しんのう家のキタコレ!//ぴーと(息子4歳)に性教育を始めて1ヶ月ほどたった日のこと。お風呂に入ろうとしていた時に「母ちゃんきょうは交通整理?」と聞いてきたぴーと。はて?交通整理?保育園の交通当番のことかな?「ううん、今日は普通に仕事だったよ」👦「そっか、じゃあお腹も痛くない?」「??うん、痛くないよ」👦「お風呂も一緒に入れるね」?????はっ!!!それはもしや、月に一回くる例のアレのことか???「ぴーと、もしかして母ちゃんの体のこと?」👦「そうだよー!✨ 交通整理って言うんだよね!」喜びと共にズコーーー!働く車が大好きなぴーとは「せ◯り」と聞いて「交通整理」とインプットしたようですが、女の子には時々お腹が痛くなったり、入浴するのをためらったりする日があるんだってことを4歳(当時はまだ3歳)ながらも理解してくれたようです✨子どもの力ってすごい!!!性=恥ずかしい、汚らわしいという間違ったイメージを持っていない内から性教育をすることはメリットしかないです✨3歳(当時)の男子でも理解できる言葉で教えてあげたらちゃんと理解できるんだーー!と、たった1ヶ月にして感動した我が家の「キタコレ!」です岡山発!!家庭で伝えるとにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター助産師 しんのう ゆうこ10月にパンツの教室【体験会】を予定しています。日程は調整中のため、気軽にお問い合わせ下さいpantsu.shinno@gmail.com最近テレビや雑誌で話題になってる【パンツの教室】「いったいなんなんだーー!!」という方は代表理事 のじま なみのメルマガがとっても楽しく理解できます✨13000人以上が読んでいる教科書には載っていない、とにかく明るい性教育⬇︎【パンツの教室】メルマガ365日無料メルマガ

    • みんなを守るんだ!

      /みんなを守るんだ!\ぴーと(4歳男の子)の将来の夢は「消防隊・救急隊になること」自宅での遊びはもっぱら消防士ごっこや救急隊ごっこ。 「ぴーと」のニックネームの由来もそこからです。心臓マッサージで重ねた小さな小さな手が可愛すぎて、ニヤニヤしてしまう母ちゃんであります♡お風呂に入りたくなくて「まだ遊ぶー」って言ってる時も「ぴーと隊員大変です! お風呂で水難事故です!」と、声をかけると急いで服を脱いで\助けにきましたよー!!/単純おバカな男子が本当に愛おしいです♡(笑)みんなのヒーローになってね^ ^岡山発母から子へ伝える とにかく明るい性教育パンツの教室 インストラクター助産師 しんのう ゆうこ

    • 子どもの力って未知数!

      \え〜!すごすぎる!!/小さい頃からパズルが得意だったぴーと(息子4歳)地名に興味を持ち始めたので少し背伸びして5歳以上が対象の公文の地図パズルを買ってあげました。このパズル、カラーとベージュ単色二種類のパズルだけじゃなくて、日本地図も遊びながら学べるカードも入っていて、開けてビックリお買い得!✨(公文の商品説明はいいとして笑)昨日、母がお風呂に入る間に遊んでもらっていたらえ!1人で全部できたの??ぴーと、カラーじゃなくてベージュのパズルでもできるんじゃない?手渡して髪を乾かして戻ってくるとドヤ!!「えーーー!すごすぎる!」地名はまだわからなくても見本の地形の形を見ながらやっていたよう。子どもの力ってすごいなー!と感激した出来事でした

  • 15Sep
    • 毒親になっていませんか?

      【毒親になっていませんか?】無意識のうちに母親(父親)周りの大人が子どもたちの未来を奪っていることがあります。例えば、我が子がLGBTQの当事者だったら?「まさか我が子が」と感じた方こそ最後まで読んで欲しいです。LGBTの中のT:トランスジェンダーその中でも性同一性障害の子を持つ親の中で我が子の性別の悩みに気付いていた親は3割その内、子どもが「助けてくれた」と感じた親は3割我が子の性に関する苦しみに気付いて手を差し伸べてあげられる親はほんのわずかなんです。性同一性障害の子は小学生入学前に56.6%が中学生までに89%が違和感を抱いていると研究により明らかにされています。「我が子に限ってあり得ない」と思っている親御さんこそ、何気ない一言で子どもたちを傷つけていることがあります。直接的な言葉じゃなくても、親御さんからの何気ない一言に傷ついた子どもたちはカミングアウトしたら「親に見捨てられるのではないか」「親の望む人生を歩めなくて申し訳ないと思う」という考えから『親には絶対言えない』という結論になってしまいます。そして、親の望む人生を歩めない罪悪感自分の望む幸せが叶わないという絶望感から将来に希望がもてず生きる希望を失う子が68.7%学校や友人関係でも傷つき恋愛でも傷つきさらに家庭でもありのままの自分が否定される。多感な時期の子ども達にとってこんなつらいことはないです。子どもに親が望む人生を強要することは間違いですし子どもは自分が生きられなかった人生をやりなおさせる存在でもないです。性教育こそ家庭ですべきと言われている理由はそこにあります。我が家は、ぴーと(4歳息子)に「男の子でも、女の子でもぴーとには かわりないから、どっちでもいいんだよ。 ぴーとが思う性別で、着たい服を着て 好きになった人を好きになったらいいんだよ」と、3歳から伝えています。「ありのままのあなたでいいんだよ」我が子を抱きしめながら伝えてあえてください。愛する母からのその言葉は聞いた子はとっても安心した素敵な笑顔を見せてくれますよ家庭での性教育を「どう始めたらいいの?」「いつから始めたらいいの?」という方は、ぜひ母から子へ伝えるとにかく明るい性教育【パンツの教室】体験会へお越しください。10月に助産師しんのうの【パンツの教室 体験会】を予定しています。日程調整中ですので、希望の方は日時と場所のご希望を気軽にご連絡ください。pantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 香川 兵庫 福岡倉敷 玉野 福山 香川 姫路 博多

  • 14Sep
    • 「ねぇ、母ちゃん死なないでね」

       「ねぇ母ちゃん  5歳で死んじゃうこともあるし  100歳で死んじゃうこともあるんだよね?」 そうだよね 命は終わりがあるんだよね それは、誰にも分からないよね。 「うん、  母ちゃん…  寂しいから死なないでね。」 息子の突然の語り掛けに 思わず泣きそうになりました。 命はいつか終わりがくるけど それは明日かもしれないし ずっとずっと先かもしれない いつまで命があるかは誰にも 分からないよね。 だから、母ちゃんは 毎日を大切に生きるよ。 ぴーとも、ぴーとの大切な一日を 精いっぱい楽しんでくれたら 嬉しいな。 母ちゃんは、今日も ぴーとと一緒に ごはんが食べられて お話ができて 絵本を読んであげられて 一緒に寝られるだけで ほんとに幸せだよ そんな命の話をして 今日は眠りにつきました。 4歳になった息子ぴーとの 言葉に時々ハッとさせられます。 4歳なりに色々なことを感じて 学んでいるんだろうなぁ。 しんのう家の命のお話。 どうか、ありのままの自分に 自信をもって、 未来に希望をもって生きてね。 岡山発 母から子へ伝える とにかく明るい性教育 【パンツの教室】インストラクター 助産師 しんのう ゆうこ 

  • 13Sep
    • 瀬戸内海を見渡せるカフェへ

       \瀬戸内海を一望/ ぴーと(4歳むすこ)と過ごす貴重な休日 お友達と一緒に玉野市 王子が岳にある cafe ベルクへ行ってきました! インスタで話題になっているだけあって とーーーっても見晴らしがきれいでした! 香川県へ続く瀬戸大橋も見られちゃいます 「あぁ、やっぱり瀬戸内の海が好きだなー」 と再確認しました また行こうね

  • 12Sep
    • 赤ちゃんが生まれるところ見てみたい!

      性教育を始めて嬉しかったことぴーと(息子4歳)には3歳のころから性教育をしていました。「性教育」といっても特別なことではなくて、命の始まりや神秘性の多様性を伝える絵本を普段読んでいる絵本棚に混ぜていつでも手に取れる環境にしておいただけ。日常では、パンツの教室で学んだ声かけだけで、スポンジが水を吸うかのごとくどんどん知識にしてくれました。4歳の今では「母ちゃん、今日生理? お腹痛くない? 寝てていいからね。」と、女性を気遣える男子に成長しました最近のこと「母ちゃん今度、夜勤の時ぴーとも連れて行って?」「どうして?」「だってな、ぴーと赤ちゃんが生まれる所 見たことないけん見たいんよ。 お仕事の邪魔せんから赤ちゃんが生まれる お部屋に連れて行って✨」と、お願いされました。そのお願いが可愛くて愛おしくて思わず抱きしめてしまいました♡「赤ちゃんが生まれる所に立ち会いたい」そんな言葉を息子から聞けるなんて助産師冥利につきる!そうだね、赤ちゃんが生まれる瞬間ってとっても神聖で感動的な時間なんだよ!ぜひともその感動の中に居させてあげたいんだけど、感染症予防とか個人情報保護とか大人の都合でむずかしいんだな…いつか妹や弟が生まれるときにはぜひぴーとにも立ち会わせてあげたいと思いましたシングルマザーの私再婚して、いつかぴーとに兄弟を作ってあげたい。明るいステップファミリー(子連れ再婚家庭)と第2子出産今の私のささやかな夢です。岡山発!母から子へ伝えるとにかく明るい性教育パンツの教室インストラクター助産師 しんのう ゆうこ体験会・初級講座・中級講座とも日程調整中です。お気軽にお問合せください♪pantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡姫路 高松 福山 博多 玉野 倉敷「パンツの教室」ってなに?というかたは代表理事 のじま なみ先生のメルマガをぜひ読んでみて下さい✨13000人以上が読んでいる教科書には載っていない、とにかく明るい性教育【パンツの教室】365日メルマガ

    • 私は予期せぬ妊娠の末に生まれました

       「私は予期せぬ妊娠の末に産まれました」 カミングアウトのようですが、 暗い話ではないのでご安心ください 私と姉は年子の姉妹です。 姉を産んですぐは、父の病気もある上に 想像以上に育児が大変で 「二人目はもう少し時間をおいてから」 と考えていた母。 そのため、産後に月経が再開した際 かかりつけの産科医に 「生理が来たということは避妊が  必要ということですか?」 と聞いたそうです。 その質問へ、産科医はこう答えました。 「授乳をしていたら妊娠 しにくいから大丈夫ですよ」 はい、みなさんお察しの通り その間違った性教育のおかげで 今ここに私がいます(笑) 私が助産師学生時代に家族計画について 勉強していた時、 母が「そういえば…(笑)」と おもしろ話として 聞かせてくれました 授乳中だろうが、生理中だろうが 妊娠する時はするんです!! \安全日なんてこの世にないんですよー!!/  母が予期せぬ妊娠に動揺したとはいえ、 産む選択をしてくれて本当に感謝です。 そして、トンでも指導を してくれた産科医にも  生を受けるタイミングって 本当に奇跡の連続です。 私も息子も授かる直前に一度流産しています。 そのことはすごく辛くて悲しい思い出として 残っています。 だけど、流産しないままその子の命が 続いていたら、今度は息子には出会うことは なかった。 そう考えると不思議な気持ちになります。 たくさんの奇跡の中で生を受けた命 たとえ育てられないとしても 大切に育ててくれる家族の元に 大事な命を授けることもできます。 どうか予期せぬ妊娠を 一人で悩まないで。岡山から母から子へ伝えるとにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター助産師しんのう ゆうこ楽しく学べる性教育体験会・初級講座・中級講座とも日程調整中ですご気軽にお問い合わせくださいpantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡倉敷 玉野 福山 高松 姫路 博多 

  • 11Sep
    • 温泉大好き!

      こんにちは 岡山発 パンツの教室 インストラクター 助産師 しんのう ゆうこです 先日ぴーと(むすこ4歳)と 玉野市の宇野港にある温泉 「たまの湯」に行ってきました。 町の銭湯からスーパー銭湯、温泉宿まで 「大きなお風呂」が大好きなぴーと。 得意に露天風呂には目がありません(笑) 幼児にして渋い趣味をもったな~と 思っていたら、思い返すと温泉好きな 母の影響であちこち連れて行かれて いたからでした(爆) よくも、悪くも母の影響力は 大きいということですね。 秋の風を感じながら 露天風呂で寝転んで 一番星と新月を見上げながら 2人で「最高だね〜」と満喫しました お休みの日に「明日はどこに行こっか?」 と聞くと、高い頻度で 「大きなお風呂に行きたい!」 と言うぴーと。 母が月に一度の理由で行けない日のこと。 「行けないの? あ!そっか  母ちゃん、今せ○りだったね!  あー、分かるよ~!仕方ないね~!」 と一人で自己解決していて どこかへ行きました(笑) 年少さんクラスでこんなに 女性のことを理解している男児は ぴーとだけかもしれない(笑) 3歳から性教育を始めた我が家の 「キタコレ!」エピソードが増えました。「パートナーを思いやれる優しい 男性になりますように」 母のそんな願いがちゃんと届いていて 嬉しく思った出来事でした♡助産師 しんのう ゆうこパンツの教室体験会・初級講座・中級講座どれも日程調整中ですご気軽にお問合せくださいpantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 兵庫 鳥取 香川 倉敷 玉野 福山 姫路 高松 福岡

    • 母としての原点

       生後5日目の息子へ 以下は息子が生まれて入院中にに Facebookに投稿した内容です。予定日から10日遅れて3046gの元気な男の子を無事出産しました♡陣痛は想像をはるかに超えるもので、陣痛開始から20時間MAXの痛みになってから約12時間。終わりの見えないツラさに何度も心が折れかけました。出産した日は同じ誕生日の子がなんと11人。職場はめちゃくちゃ忙しい日であったにも関わらず優しく励ましてくれたり私の出産のために待機してくれていたりと同期や先輩たちに本当にお世話になりました。今まで助産師として毎日のようにたくさんのママと接してきたけど流産の喪失感妊娠初期の不安つわりの終わりの見えないツラさ妊娠中のマイナートラブル予定日超過まで緊張感と周りからのプラッシャーに疲れた日々出産の壮絶さ全部をとっても心から理解できていなかったなぁと身をもって反省しました>_<これからは流産後のママには「ツライよね。いっぱい泣いて いいからね。」ツワリで苦しむママには「必ず終わりはくるからね。」陣痛で入院してきたのママには「自然に陣痛がきて良かったね。」予定日超過で誘発分娩のママには「待ち遠しかったね。 もうすぐ会えるよ。」なかなか分娩進行しないママには「一緒にがんばろうね。」赤ちゃんの病気で母子分離になったママには「寂しいよね。心配だよね。 ママも無理しないでね。」そう心から伝えられてママ達に寄り添える助産師でいたいと思いました。我が子は産まれてからミルクアレルギーが疑われて今はNICUでがんばっています。しばらく離れ離れだけど、赤ちゃんの力を信じて回復を待っているところ産まれてまだ5日目だけどもうすでに愛おしくて心配で、いっぱい泣いて本当に大切な存在です◡̈*産まれてきてくれてありがとう♡ 4年経って見返り 「母としての原点だなぁ」と思いました。 産まれた翌日から嘔吐が止まらなくて 助産師の私から見ても異常な嘔吐回数 小児科の先生に診てもらうと「腸管が腫れているのと腹水が溜まっている」 今まで助産師としててたくさんの 赤ちゃんをみてきたけど、 最後間もない日齢で腹水が溜まっている子は 初めてでした。「何か大きな病気を抱えているかものしれない」 と不安になりました。 保育器の中で絶食で点滴治療をしている 様子をみて可哀想で涙が出ました。 数日後に幸い大きな疾患ではなく ミルクアレルギーによる症状だと 分かりました。 そうと分かってからは 「母乳を絶やすわけにはいかない」と必死で マッサージや搾乳をしていました。 夜中の搾乳中に他の 母子同室をしている部屋から 赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて「たとえ寝不足でもいいから一緒にいたいなぁ」 と思いながら過ごしていました。 母の退院に1週間遅れて退院してきた息子 それから4年が過ぎ、 今では立派なやんちゃ坊主に育ちました。 大きくなってくると ご飯を食べるのが遅い 習い事を意欲的にしたがらないなど どんどん求める母の求めるハードルが 上がっていて、ぴーと(4歳息子)に 申し訳ないなと思いました。 ありのままでいいんだよ 生きているだけで丸もうけ 産まれてきてくれてありがとう 大好きだよ 愛しているよ イライラしちゃう日こそ 母としての原点を思い出して 言葉でしっかり伝えて いきたいなと改めて思いました。母から子へ伝えるとにかく明るい性教育パンツの教室インストラクター助産師 しんのう ゆうこ体験会・初級講座・中級講座どれも日程調整です気軽にお問い合わせ下さいpantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 香川 鳥取 兵庫 福岡倉敷 玉野 姫路 高松 博多 福山

  • 09Sep
    • ヘアドネーションその後

      ヘアドネーションでバッサリ31cm髪をカットしてからの周りの反応は \いい感じー!!/ヘアドネーションそのものを 「初めて知った!!」って方もいて 「私もやってみたい!!」 とドネーションの輪が広がりました1人の子のウィッグを作るために20〜30人分の人毛が必要だそうですたくさんの思いが集まってできあがるウィッグもっともっと広がりますように♡母から子へ伝えるとにかく明るい性教育パンツの教室インストラクター助産師 しんのう ゆうこ体験会・初級講座・中級講座どれも日程調整中です気軽にお問い合わせ下さいpantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡どこでも行かせていただきます「パンツの教室」ってという方は13000人以上が読んでいる教科書には載っていないとにかく明るい性教育 【パンツの教室】 365無料メルマガへhttp://pantsu-kyoshitsu.com/agent/?ab30722

  • 08Sep
    • 外見ブランディング講座

       昔から自分に自信がなかった私 おしゃれな人の真似をしても 自分に似合うわけではないし、 外見のコンプレックスを解消できないことは 自分に自信が持てない大きな要因でした。 お仕事をする上で、この自信のなさを どうにかしたいと考え、 外見ブランディング講座を受講しました。 講師は長谷川加奈さん "地域No.1になる外見ブランディング”  戦略的ファッションコンサルタント ”西日本輩出実績No.1” パーソナルコーディネーターマスター インストラクター 服のパワーでこどもたちの 非認知能力(人間力)を高めて ”国際基準の服装マナーも教えられる ママになる”おやこ服学インストラクター 輝かしい経歴の ファッションのプロです!!   ブランディング講座第1回目は 骨格診断となりたい自分を明確にする ブランディング講習 骨格診断は、予想していたものと全く 違ってびっくり!! よかれと思って選んでいた服が 「全然ちがーーう!!」と驚きました(笑) そりゃ、自分で選んで買った服が しっくりこないわけだ! 骨格診断から似合う洋服を取り扱っている ショップや、似合う系統・価格帯の雑誌なども 教えていただきました。 パーソナルコーディネートマップでは、 自分の目指す目標や「こうなりたい!」 を明らかにする ことができました。 自分に似合うが分かると、ショッピングで 無駄な買い物も減るし なによりクローゼットがお気に入りの服だけに なる日が今からとっても楽しみです! グループレッスンなので、同じグループの 皆さんは年代や環境は違えど、 「選ぶお洋服に自信を持ちたい」 「子育てが落ち着いたから自分のための服が欲しい」 「クローゼットをお気に入りかつ似合うお洋服で埋め尽くしたい!」 という同じような目標を共にする 同志ができたような気持でした。 私自身は「お仕事をする上で少しでも印象よくするために」 と考え受講したブランディング講座でしたが、 他の受講生さんは自分自身のために受講 されていました。 小さな子がいると自分への投資に 少し躊躇してしまっていましたが、 「ママがきれいでいることに投資することって とっても素敵なこと!」と思えました。 母が明るく元気なことだけで 家庭円満、みんなが幸せになりますよね それだけ家庭における母の影響力は大! 私も仕事のためにと言い訳していましたが 次回からは「自分のため、家族のために」に しっかり勉強します!! まだ始まったばかりですが、 「きっと長谷川さんの元で学べば生まれ変われる!」 とワクワクしています♡ 長谷川加奈先生のメルマガはこちら 長谷川加奈さんメルマガ 母から子へ伝える とにかく明るい性教育 パンツの教室インストラクター 助産師 しんのう ゆうこ  体験会・初級講座・中級講座は 調整中 気軽にお問合せください pantsu.shinno@gmail.com 岡山 広島 香川 兵庫 鳥取 福岡 

  • 07Sep
    • 自分が親になって分かったこと

       自分自身が親になって分かったことの もう一つが祖母の父への思いです。 しんのう家は父は幼い頃から重度の 心臓病を患っていました。 (詳しくは「父との思い出」の過去記事へ)   小学生までは運動が得意な活発な 男の子だった父 小学生の時の健診で不整脈が見つかり、 その後の手術による感染症で 心不全となってしまいました。  障害者手帳1級を持つほどの病状。 その時、父は当時の医師から 「20歳まで生きられないでしょう」 宣告されました。 「好きなものを食べさせてあげて」 「好きなことをさせてあげてください」 医師から父の余命宣告を受けた祖母は 「私が手術を受けさせなかったら」  「あの病院を選ばなかったら」 その後悔の念を、認知症になるまで 何度も私に話してくれました。 私も息子をもつ母となり 当時の祖母の気持ちが悲しいくらい 分かります。 父は術後の感染症から原因不明の 心不全で中学生まで自宅で寝たきりの 生活をしていていました。 現在の医療で言う「セカンドオピニオン」 として別の病院にかかった時に、 当時まだ若かった医師が原因を見つけて くれたそうです。 父の心臓に起きている問題を取り除く 手術を受けたとこで、 軽作業であれば仕事ができるほどに 回復することができました。 その時に出会ったのが私の母です。 父と結婚し、私たち姉妹を授かった時 本家は自営業をしていたので、 父は跡を継ぐことはできなかったけど 「息子が生まれたら」と考えていた両親。 しかし、しんのう家は女の子を 二人授かりました。 母が祖母に 「跡継ぎを産めなくてすみません」と 話したことがあったそうです。 祖母が母にかけた言葉が今でも 忘れられません。 「枯れかけた木にきれいな花が 2つも咲いたじゃない。  そんな幸せなことはないよ。」  母にそう伝えたそうです。 母はその言葉を聞いて嬉しく思いました。 同じように、大きくなってから その話を聞いて笑顔になったのは 私たち姉妹も。 「あなたが男だったら」 そんな言葉をかけられて育っていたら、 自分の存在を否定しながら 生きてきたかもしれない 「ありのままでいいんだよ」 「あなたが生ただまれてきてくれたことで  こんなにもたくさんの人が幸せに なったんだよ」 そのことを伝えるのが性教育です。 「自分は愛されているんだ」 そう感じながら生きてこれたことは、 祖母と父が他界した今でも 私の生きる糧になっています。 父は祖母が亡くなった3ヵ月後に 他界しました。 祖母のお葬式の後、 「親に死に目をみせないことが 唯一できた親孝行かな。  自分でもよくがんばってきたと思う。」 父がそうポツリと話していたことが 今でも鮮明に記憶に残っています。 そうだよね、父さんは本当によくがんばって きたと思う。 きっと父は祖母を見送れて 安心できたんだろうなと 父との日々をふと思い出しました。母から子へ伝えるとにかく明るい性教育パンツの教室 インストラクター助産師 しんのう ゆうこ体験会・初級講座・中級講座の日程は調整中です気軽にお問い合わせくださいpantsu.shinno@gmail.com岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡「パンツの教室って何?」というかたは代表理事のじまなみ先生のメルマガへ13000人以上が読んでいる教科書には載っていない、とにかく明るい性教育 【パンツの教室】 365無料メルマガ  http://pantsu-kyoshitsu.com/agent/?ab30722

    • 【パンツの教室】インストラクター養成講座を受講して

      【パンツの教室】インストラクター 養成講座(感想その2) 前回からの続き 初級講座・中級講座を受けずに まっすぐインストラクター養成講座を 受講したので、 わたなべまさみ先生の インストラクター講座の中で学ぶ 初級・中級講座の内容は 新たな発見ばかりで 本当に楽しかったです。   助産師でも「知らなかった!!」 な情報が盛りだくさん。 親が思っている以上に小さな頃から 性の情報にさらされている時代であること (しかもその大半が誤解をうむ内容) 防犯の知識を教えなければいけないのは 男の子も同様だってこと。 思春期まで(第二次性徴を迎える日まで)に 親として子どもに伝えてあげたい話が あること。 我が子が自分の元に生まれ 共に人生を歩めることが どれほど奇跡的なことか ということ。 初級・中級の知識をさらに根拠を もって深く掘り下げて学べるのが  インストラクター養成講座でした。 我が子に性の話をできるチャンスが 待ち遠しくて、日常でまだかまだかと 思うようにまで 母自身も成長できました。 家庭の中でタブーの話がないって 本当にラクです!!  「助産師の子だから、性被害者にも  加害者にするわけにはいかない」 勝手に作ったそのプレッシャーから 息子の成長が嬉しい反面、 思春期を迎えることがすごく怖かった。 しかし、パンツの教室で学んだ知識を 家庭で取り入れるようになって 息子がどんどん変わっていく姿を見て 母自身も変わりました。 息子の変化はたった2-3か月で ☑外で「お○ち○ち○ん」「う○ち」などの  性のワードをパタリと話さなくなった ☑保育園でおしりを見せて遊んでいた子に  「そこは大事なところだからお外で 出しちゃいけないよ」と  教えてあげることができた ☑小さな生き物の命を大切にできるようになった ☑母の月に一度の身体の変化を理解し   「お腹いたくない?」と撫でながら  優しい言葉をかけてくれるようになった ☑おち○ち○の洗い方を  「コツがあるんだよね~」とマスターできた ☑「母ちゃん産んでくれてありがとう」と   言ってくれた ☑「身体は女の子でもココロが男の子も いるんだよね~」  と性の多様性も理解できるようになった たった2-3か月の声掛けで 3歳の息子がみるみる 変わっていく姿を見て 小さいころから性の話をすることは 「メリットしかない!」と 実感しました。 3歳の子どもでもこんなに理解できるんだから 息子を「信じてあげたらいいんだ」と ずっとひっかかっていた不安が 一瞬で消えました。 一方で、母の変化はというと… ☑「我が子は可愛いけど子育てって大変」から  「子育てって楽しい!」に変わった。 ☑不安しかなかった思春期を迎えることも   楽しみになった。 ☑最後の砦だった「鬼から電話」アプリを   消すことができた(笑)  (恐怖心をあおらなくても3歳児の 気持ちに寄り添えば、言葉だけで ちゃんと理解できると分かったから) ☑今までドキっとしていた我が子からの  性に関する質問を  「まだかまだか」と待てるようになった 知識があることで性の経験が早まるのではなく リスクを理解しているからこそ慎重になれると いうことが研究で証明されています。 性教育は性の話をしたり S○Xを伝えることがゴールではなくて 親子の信頼関係を築くツールの一つです。 我が子に知識いうお守りを渡すことで 自分で自分の身を守れる子になること 家庭でタブーがないことは 性の話ができる親子関係は 何でも話せる関係になること 自分も大切に、相手も大切にできる 大人になれること 我が子を信じて育児ができるって とっても幸せで楽なこと 性教育は子どもの自己肯定感を高め 未来に希望をもてること 性差別や偏見のない考え方を 小さい頃から教えられること これらの変化をぜひ家庭での 性教育を通して体感してみてください。 わたなべまさみ先生のインストラクター 養成講座は、わたなべ先生のメルマガから わたなべ先生メルマガ 身近な地域のパンツの教室インストラクターは 協会ホームページより検索して下さい。 【パンツの教室】についてもっと知りたい! という方は、13,000人が読んでいる のじま なみ先生のメルマガへ のじまなみ先生メルマガ パンツの教室インストラクター 助産師 しんのう ゆうこ 体験会・初級講座・中級講座の日程は調整中です ご相談下さい pantsu.shinno@gmail.com 岡山 香川 広島 兵庫 鳥取 福岡

  • 06Sep
    • 大分まで行ってきました!!

      ヘアドネーションで31センチばっさり 髪を切ってから、 ぴーと(4歳むすこ)と 「そっくりだねー!!」と言われる 機会がさらに増えました(笑) そうなんです、私を短髪にして コンパクトにすると 息子になるくらいそっくり親子です 先日、ぴーとと新幹線に乗り 遠く大分まで セイウチのショーが有名な 水族館「うみたまご」へ 行ってきました 噂の通り、650キロもの大きなセイウチが 芸を披露してくれる姿がとっても 賢くて可愛くて癒されました 人気な理由が納得 セイウチショー! 必見です!! ショーの後は大きなセイウチに 触れさせてもらえたんですが、 全身はしっかり毛に覆われていて 肌感は濡れた犬みたいな感じ!! 貴重な体験させていただきました母から子へ伝える とにかく明るい性教育パンツの教室 インストラクター助産師 しんのう ゆうこ 岡山 広島 香川 兵庫 鳥取

  • 05Sep
    • 【パンツの教室】インストラクターになりたい!

        自己紹介でも書いている通り 物心ついた頃から妊婦さんや 赤ちゃんが大好きで 助産師になりました。 命の誕生の現場は、想像以上に輝いていて 10年目を迎えた今もお産の現場が大好きです。 だけど、「おめでとう」だけじゃない場面も たくさん見てきました。 10代での予期せぬ妊娠 赤ちゃんを空に返す選択を選び続けている少女  寂しさから簡単に体を許してしまう女性 知識がないからゆえ気が付かなかった 妊娠と自宅での出産 お腹の中で一生を終えた赤ちゃんの出産 夫からのDVに苦しみ 1か月健診で「死にたい」と言った 産後のお母さん 「だれも教えてくれなかったから」 防げなかった性感染症 不妊治療で悩む多くの女性たち  どれも、当事者の顔が今でも 思い浮かぶほど鮮明に覚えています。 でもそれは特別なことではなくて、 産科病棟でよく目にすることです。  (ここでは語れないほど、もっと ショッキングな事例もあります)  10代での予期せぬ妊娠をゼロにしたい DVで傷つく女性を一人でも減らしたい   知識がないからゆえ傷つく 子どもたちを一人でも減らしたい 全ての人に性感染症や妊孕性(にんようせい) 避妊方法について正しい知識を伝えたい 我が子も出会った全ての子も 自分を大切にし、将来に 希望を持ってほしい 子どもたちの未来を守りたい 誰かを傷つけるような大人になって欲しくない そのために、 「自分には何ができるのか」 10年間そのことをずっと考えながら 産科病棟で精いっぱい働いてきました。 助産師としての経験 父の死 寂しさを埋めるための選んだ結婚と 人生どん底の妊娠生活 DV離婚 愛する息子との穏やかな日々 様々な経験を通して 助産師10年目にして、ようやく自分の力で 「この問題を解決するためには  幼い頃からの性教育しかない!」 というところにたどり着くことが できました。 そこからは、多くの性教育に関する 学会やセミナー、文献・研究などの 学びに自己投資してきました。  そこから 日本子どもたちの自己肯定感の低さ 日本の学校教育での性教育の実態 「学校では何も教えてれない」 性産業先進国×性教育後進国の 日本に生まれた子どもたち 「だって大人は何も教えてれなかったから」 そう言われておおかしくない現状 性の話は家庭でも学校でもタブーとされ 悩んだこどもたちは ネットの世界の間違った情報を信じてしまう  日本の性教育の現状を学べば学ぶほど、 「子どもたちに正しい性教育を伝えなくては」 という使命に変わっていきました。 性の話をタブーとする時代は 私たちで終わりにしなければいけない。 だけど、 知識は十分にあっても 我が子に性の話ができない。 それは助産師だとしてもです。 性教育の重要性はこんなに分かっているのに 我が子にすらいつ・どんなタイミングで、 どんな言葉で教えてあげたらいいのか 分からないと気づき愕然としました。 そして、情報を集めて続けていた中で 出会ったのが 母から子へ伝えるとにかく明るい性教育 「パンツの教室協会」 でした。 協会の理念を知った瞬間 「探していたのは、これだー!!」 と、衝撃を受けました。 お母さんが性教育を学べば 家庭でいつでも性の話ができる。 性の話=恥ずかしい・汚らわしい というイメージを持ってしまう前に 命の始まりは奇跡的なこと あなたは愛されて生まれてきたこと 性の話を愛の話として 大切なあなたを守る知識として お母さんから我が子へ伝えることが できます。 すぐに岡山で開催していた 【パンツの教室体験会】に申し込み 私の直感が間違いなかったことを 確認できてからは、 そのままの勢いで 初級・中級講座を飛び越え インストラクター養成講座へまっしぐら! 私の目標は我が子だけじゃなくて たくさんのお母さんや子どもたちへ 届けることだからです そこで出会ったのが、 同じく助産師として熱い気持ちで 性教育を伝えている わたなべ まさみ先生でした。                            つづく >> 【パンツの教室】ってなんだ? という方は、代表理事のじま なみ先生の 12000人以上が読んでいる教科書には 載っていない、とにかく明るい性教育 365無料メルマガ へ こちらから母から子へ伝えるとにかく明るい性教育パンツの教室 インストラクター 助産師 しんのう ゆうこ体験会・初級講座・中級講座どれもご相談くださいpantsu.shinno@gmail.com 岡山 広島 兵庫 香川 鳥取 福岡

  • 04Sep
    • 世にも奇妙な物語?

      【世にも奇妙な物語??】2年前にぴーと(息子当時2歳)と母と3人で香川へ日帰り旅行に行った日のできごと。高松市内で遊んで、瀬戸大橋に乗る前に温泉に入って帰ろう!と私が運転をする車で日帰り温泉をしている宿へ向かっていました。ナビを頼りに運転していたら、なぜか引き寄せられるように別のホテルの駐車場へ入ってしまった。「あらー違ったねー」と切り替えて駐車場を出ようとしたら雨でバックモニターがあまりよく見えず駐車していた自動車にぶつかってしまいました幸い人は乗っていなかったので慌ててホテルのロビーに問い合わせてお客様を探してもらっていたら、となりの結婚式会場でやっていたジュエリーの販売イベントに来れれたいた方だとわかりすぐに謝罪をして警察を呼び対応していたたきました。相手方はとても優しい方で、小雨が降るなら当時2歳の息子を抱っこしながら先方にお渡しするメモを書いていたら、「2人とも雨に濡れてしまうから どうぞ中へ入らせてもらいましょう」とジュエリーショップの社長さんに許可を得てお店のテーブルをお借りして私の氏名と連絡先を書いていました。するたと、店長さんが私が書いているメモを見て「え?しんのうさんって、 もしかして岡山にお住まいの?」と聞いてこられした。本名は神農(しんのう)という珍しい苗字なので聞いてこられたそうです。「昔の知り合いにしんのうさんがいるんですよ。私の知っているしんのうさんは、もう亡くなっているんですけどね。」と言われて、え!?もしかして、しんのう〇〇ですか?それは私の父です。」と、父の知り合いでした。ジュエリー店の社長さんは20歳頃に一緒に仕事をしていたとのことで、もうかれこれ40年近く前の同僚。私が産まれるどころか、母と結婚する前のこと。せっかく巡り合えた機会だから!ということでホテルのラウンジでお茶をごちそうになりました。一緒に仕事をしていたのは新卒の頃の2〜3年で父が病気のために退職してからは、父と会う機会はなかったとのこと。それなのに「父にはすごくお世話になったこと」「優しくて真面目で、仕事熱心な人だったこと」「仕事以外でも今の奥様と一緒に食事に行ったり、ボーリングに行った思い出があること」「父は仕事が好きで本当はずっと続けたかったけど、病気のために悔やみながら辞めて行ったこと」たくさんの父との思い出を聞かせてもらいました。そして、父に似ている私を見て「お父さんに似てますね。 懐かしい顔を見れた気になります」とも言われていました。40年近く前のことなのに、「なんかそんな名前の人ような気がするな〜って記憶じゃなく、しっかり誰かの記憶の中で生きていた父。短い人生だったけど父の生きた証を知ることができて感動したできごとでした。元気な頃は宝石屋で加工の仕事をしていた父。小さい頃の記憶の片隅に楽しそうに宝石の加工の仕方やジュエリーの石の価値やそんな話をしてくれたことを思い出しました。ぴーとが「香川にいきたい!」と言わなければ香川行きは選択肢になかったし、予定にはなく吸い込まれるように立ち寄った場所で、たまたまジュエリーのイベントをしていてたまたま私が事故を起こしてたまたま雨が降っててたまたま父の名前から(変わった苗字のため)「もしかして?岡山のしんのうさん?」という話に発展し、その社長も香川に住んでいるわけじゃなくたまたまその日だけ香川にお店のイベントのために来られていたたくさんの「偶然」が重なった巡り合わせで、父の仕業にしか思えないような出来事でした事故を起こしてしまったことはショックで落ち込みましたが、その後の出来事が感動的すぎて帰りの瀬戸大橋はニコニコ笑顔で渡って岡山に帰ることができました以上、ちょっと心が温まる世にも奇妙な物語でした。母から子へ伝える とにかく明るい性教育パンツの教室 インストラクター助産師 しんのう ゆうこ岡山 広島 香川 鳥取 兵庫