高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモらくーん22新宿 寝たきり予防
   
  ◎温泉ロケダイジェスト
☛2018年7月 癒し王ふじ テレビ生出演
☛2018年6月 癒し王ふじ テレビ生出演
☛2017年5月 癒し王ふじ テレビ生出演
☛2017年3月 癒し王ふじ テレビに生出演
☛2017年2月 癒し王ふじ テレビに生出演
☛2017年2月 癒し王ふじ書下ろし拙著「感謝を生む癒し力」発売
        Amazonから購入できます
☛2016年10月 癒し王ふじ テレビ生出演
☛2016年7月 癒し王ふじ  テレビ生出演 
☛2014年3月 癒し王ふじ  FMラジオ生出演
☛2010年4月 癒し王ふじ  テレビ出演

 ※癒し王ふじ 温泉取材ロケ・温泉案内役・セミナー等、承ります
  お問合せ先→ コチラ まで

Q.質問です☛次の項目で当てはまる項目はいくつありますか?
 ① 体調が最近よくない
 ② 不運な出来事が続いている
 ③ 気分のアップダウン・ムラがあり、重だるい
 ④ 肩、腰や膝が痛い、しびれが出ている
 ⑤ 不調だが、どの病院にいっていいかわからない
上記に当てはまる方は、「ふじ」まで一度ご相談下さいね!

👍施術リテラシー
👍ダイエットリテラシー
👍塾リテラシー
👍ヨガリテラシー

    
  
  900件を超える「らくーん22」への感想をチェック
  らくーん22取扱説明書 【トリセツ】
  らくーん店内写真
  らくーん??
               
※1000人を超える読者様のブログを順番に循環しますのに、かなりの時間を必要としております。記事への”いいね”を失念したり、時間がなくて出来ないこともありますので、その点はあらかじめお詫びしたします。ごめんなさい。”いいね”のお返しはくれぐれも期待はしないでください🙇
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-16 07:06:05

患者さんの性格と動静

テーマ:● 東洋医学・中医学・漢方

マッサージ師の

癒し王ふじです

 

陰陽の見方では

患者さんは、動か静かで

大きく体質がわかれます。

 

例えば、動脈瘤の患者さんと

静脈瘤の患者さん、両方比較しますと

 

当たり前ですが、体質が違うのです。

また性格も違うのです。

 

動体質の人は、よくせっかちに動き回り激しい動きが好きな人

静体質の人は、冷静で激しい動きは好まない人

 

逆に、性格を知っていると

(今は大丈夫だとしても)

将来的に動の病気か、静の病気か

 

いずれのリスクが高いかが

推測できるのです。

 

結論としては、

どちらか一極に偏りすぎずに

陰陽のバランスをとることが

健康の秘訣です。

 

2018-10-15 07:04:11

神経細胞の密度を増加させる簡単な方法

テーマ: ☆ メンタル

こんな簡単でどこでもできる方法を

なぜやらないの??

癒し王ふじです

 

2004年から瞑想教室やらセミナーも

開催してまいりました。

 

瞑想の利点は、覚えてしまえば(ひとたび経験すれば)

☆ やればやるほど人体へのメリットは増える

☆ どこでも道具なしでできる

☆ 一人でできる

☆ 年齢も関係ない

 

高齢者の方にやって欲しいですし、

まだ高齢になっていない方も予防的に行ってほしいのです。

 

その理由は、瞑想が

前頭前野(頭脳の中心)、海馬(記憶)の神経細胞を増やすから。

 

脳がクリアになって集中とリラックスのバランスが

とれるのです。

やった人、経験した人だけがわかる醍醐味です。

 

マインドフルネス自己強化瞑想はこちら まで

 

2018-10-14 07:04:19

「健康寿命」が長い人は、よく本を読んでいる

テーマ:2018年雑談

先日のテレビネタより📺

癒し王ふじです。

 

健康の秘訣は、「読書」!

ということがAIの研究から

はじきだされました。

健康寿命が長い人はよく本を読んでいる!

 

(単なる寿命ではなく)”健康寿命”№1の山梨県では

図書館が人口に対して一番多く

昔から本を読む習慣を持つ人が多いとのこと。

 

思い当たる節があります。

僕の訪問リハビリの仕事での実話なのですが

 

90歳を超える方で、

(運動器疾患はあるものの)なんとか歩行はできて

自立生活可能な方な、ものすごく本を読んでいます。

 

僕の患者さん例

95歳の男性の方は

外傷のためマッサージを受けていますが

頭脳明晰、毎日1冊以上本を読む習慣を

ずーと続けています。

 

92歳の女性の方も、自立生活をしつつ

脳も元気で、その方の家には本がたくさんある!

本が大好き。

 

91歳の女性の方も、脳も元気、読書大好きで

体は動けるので健康保険は使わず

自費で体調を整えるマッサージを定期的に受けています。

 

おすすめとしては、

図書館に毎日通うだけでも

いい運動になると思います。

 

また、そこで知り合いや

仲間もできます。

 

 

僕は、幸いにも通勤途中に図書館があるので

(※承知でそういう場所を選んでいる)

(休館日以外は)なんだかんだ毎日図書館に立ち寄ってます。

毎日1冊読み終わって返し、また新しく借りる感じ。

調べものをするのには便利ですので

図書館の活用はおススメですよ!

 

 

電車の中の過ごし方

すべての勉強に適用できる4つのスキル

年間に何冊くらい本を読んでいますか?

「あの日」小保方晴子

知識×実経験=

時間を投資できる人

癒し王ふじの読書術

無人島に1冊だけ持っていくなら

小さな幸せの積み重ねが大きな積み重ねになる

らくーん文庫1

らくーん文庫2

らくーん文庫3

らくーん文庫4 ※随時、追加中

   ↑気になる本が見つかるかも・・・滝汗

 

健康寿命に関する記事

医療をすべて無料化すると

心身ともに元気な高齢者を増やしています(現在進行形)

介護年数

もっと予防に力を入れる

確認です。病院って心身元気になるためにいくところ?

早すぎる定年か、健康寿命を延ばすか

健康はお金では買えない

健康年齢、健康寿命を延ばすこと

元気がない体調不良の人

健康寿命を延ばす

 

2018-10-13 07:03:34

95歳の伯母さんが僕に教えてくれた、人生で大切なこと

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

95歳の伯母さんが教えてくれたこと!

癒し王ふじですひらめき電球

 

伯母さん曰く、

いままで生きてきて自分が受けた恩を

今、自分の身の回りの人に対し

奉仕のこころでお返しをしています

 

とても素敵な伯母さんです。

尊敬しています。

 

僕が思うに、

年を重ねるとは

「我」(が=エゴ)を取り除いていって

魂を成長させること。

 

我をとった欲は持つべき!

と僕は考えています。

 

若い頃は、

俺が俺が・・・私が私が・・・

と自分のことだけ考えてエゴの塊で

大きく吠えていてもいいけど

 

いつまでも我だけを通して執着する生き方は

年をとるにつれてだんだん苦しくなってゆきます。

 

我が落ちると、ほんとうにラクですよ!

我というものに、エネルギーが消耗しないので

まわりを俯瞰する心の余裕も生まれます。

 

いつも余裕!余裕!!

 

2018-10-12 07:00:25

五感の衰えに対し準備せよ!

テーマ: ☆ 免疫治癒力・予防

年を重ねると避けられないのが

五感の衰え

皆さん、準備はOKですか?

何もしていない人は衰えが本当に速い・・・

癒し王ふじです。

 

100人いれば、100人が絶対に

避けて通れないのが、五感の衰えです。

 

順番にみていきます。

 ↓

視覚は、50代から顕著に衰え、白内障の症状も半数ででてくる。

暗いところも見えなくなる。

 

聴覚は、一般的には

難聴が50代から始まり60代で一気に進行。

 

嗅覚は、70代からの機能低下が大きい。

 

味覚は、60代から徐々に衰える。亜鉛など特定ミネラルが足りないと

平均年齢より早く衰える。

 

触覚は、50代から衰えはじめ70代で顕著に低下。

手に持つ感覚や温度感覚も鈍くなる。

 

※上記はあくまで平均ですので、平均より早く衰えたならば

 メンテナンス方法を見直す必要があります

 

それぞれの対応策です。

 ↓

視覚→ヨガで行う「アイトラック」という目の体操があります。

    目をいろいろな方向に動かすことで眼の周囲筋をすべて刺激します。

    現代は視覚重視(視覚を酷使しすぎ)なので、

    こすって温めた手のひらを瞼の上に軽くあてて

    目をやすませる時間を意識的につくると良いです。

      

聴覚→耳のマッサージ、もみこみをおすすめします。

     耳を外方向へ引っ張りもみます。👂にはツボも多数あり

     腎(生命力)を強化することにもなります。

     耳の周囲をこすることでリンパの流れも改善し、聞こえもよくなります。

 

味覚→ミネラルや微量元素など栄養バランス(不足)に注意する

    口腔ケアも

 

嗅覚→味覚との関連、脳との関連があるので

    アロマのエッセンシャルオイル100%を嗅ぐことをおススメします。

    脳も活性化します。

 

触覚→一番忘れられて、五感の中では

    ないがしろにされる感覚ですが(汗)、

    触覚刺激→脳に行くので、脳の機能を若く保つには

    継続的な触覚刺激は非常に重要

    筋肉と脳は連動しています。

    認知症予防になりますよ。 

 

※予防というには、ダメになる前に

 ちゃんとケアをするから文字通り”予防”なのです!

 

五感のいずれか1つが、極端に機能が下がると

残りの感覚も下がり、生活レベル全体も下がってしまうので

 

1つが極端に落ち込まないように、五感1つ1つを意識して

弱ってきたらそれを支え合うような形で、

今からバランスよい対策をとっておくことをおすすめします!

 

👍五感すべてを覚醒させる刺激

2018-10-11 07:03:32

会話のあいづち「さしすせそ」

テーマ: ☆ ストレス管理

絶対に覚えて実践したいですよね!

元調理師もやっていた癒し王ふじです。

 

今日は、料理の「さしすせそ」ではなく

会話のあいづちの「さしすせそ」ですよ!

 

さ →さすがですね!

し →知らなかったです!

す →ステキですね!

せ →センスがいいですね!

そ →それはスゴイですね!

 ※安田氏の「雑談力」参考

 

当たり前ですが、基本的に

「ほめます」

 

ほめる=相手のイメージをアップ

します。

 

心地よい会話→人間関係へと

発展してゆきます♪

 

よい人間関係の構築は、

どんな職業でも大事ですよね。

 

2018-10-10 07:04:19

すぐ不安に陥る人へ 3つの処方箋

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

3つの処方箋とは?

これをすればもう過剰な不安に悩まされない!

癒し王ふじです爆  笑

 

今の時代、情報過多です。

知らなくてもいい情報がどんどん入ってきます。

 

中には、人を過剰に不安にさせる(陥れる)情報もあります。

(意図的に恐怖を煽るものもありますので注意が必要)

それらに振り回されてはいけません!!

 

例えば、訪問マッサージ先の利用者さん(高齢者の方)は

健康番組で病気の特集をみると、

私もその病気じゃないか?といって過剰に心配してしまいます。

 

それで、検査ばかりあちこちの病院へいって

結果は問題なし。でも、検査で心身ともに疲れ切ってぐったり。

体調不良に・・・ それを何回も繰り返しています・・・

 

このパターンは実際よくある話、”あるある”です。

 

情報が多すぎて、知り過ぎて不安に陥る人への処方箋

1.自分に入ってくる情報(量)を制御・統制する(情報元も選別する)

2.不安につなげない考え方を身につけ習慣とする(考え方を改めることも必要)

3.それでも不安が残る場合は、その不安を追い出し消す方法を学び実践する

 

過剰な不安を毎日抱えながらでは

幸せな生活は送れません。

問題は必ず解決します!

解決されるために問題は生じるのです。

2018-10-09 07:02:41

生命力を与えると腐らない

テーマ: ☆ 飲む・食べる健康

マッサージ師の癒し王ふじです。爆  笑

 

僕は、いくつか

仏教系のマッサージ学校に通ったことがあり

 

そこでは面白い実験をします。

※信じなくてもいいですよ。

 

食べ物に良い気(プラーナ)をいれるものと

いれないもの用意し、時間経過を見ます。

 

気をいれないものは、すぐにカビがはえたり

腐ったりしますが

 

良い気を入れたものは、何カ月も

腐らず現状維持できるのです。

 

ひらめき電球

自然界の原則では、

あらゆるものは、時間経過とともに腐る(最終的には土に還る)

(それを担うのが

 

菌が行うことで

人間にとって良い変化は、発酵

人間にとって悪い変化は、腐敗と呼ぶ。

 

 

最初の話に戻りますと。

良い気によって、菌が刺激を受け

 

人間にとって良い変化を引き起こす。

腐敗を遠ざけ延命するとも考えられるのです。

 

生命力とは、自分で生きる力のこと。

自活力。

 

良い気(エネルギー)は、自活力をアップします。

いずれにしても人体にも当てはまります。

 

 

2018-10-08 06:56:31

"アクセル"と"ブレーキ"を上手にコントロール

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

人生は、アクセルとブレーキを上手に

使い分けながら前に進むことです!

癒し王ふじですニコニコ

 

>過去記事 アクセルとブレーキ

 

復習です。例えば、

人間の体の機能を考えてみて下さい!

 

人間の体は、あらゆるところで

機能を高めるアクセル的働きと

亢進を抑えるブレーキ的働きの仕組み

両方を併せ持っています。

 

ホルモンだって、持ち上げるホルモンもあれば

一方で下げる働きをするホルモンもある。

 

自律神経だって、活動状態に持ち上げる交感神経と

リラックス状態にしずめる副交感神経がある。

 

免疫だってそう。免疫が働き過ぎる場合は

それを抑える仕組みもさえある。

 

 

アクセルだけ踏んで、ブレーキを使わないと

暴走して、事故を起こします。

 

一方で、慎重すぎてブレーキばかり踏んで

アクセル踏まなければ人生は前に進まない。

 

理想は、場面場面で、環境変化に応じて

ここはアクセルを踏む、ここはちゃんとブレーキかける

というように、アクセルとブレーキを使い分ける

必要があるのです。

 

使い方、切り替えを上手に行えると

人生もうまく前に進みます。車

 

上手に使い分ける方法を教えています

 

イチローの言葉

☆行く気持ちは大事です。抑える気持ちも大事です。そこのバランスです

☆すべてはバランスと考えています

 

 

 

 

 

2018-10-07 07:03:32

人生”ラク”に生きるには?3つのことを実践するだけ

テーマ: ☆ 楽しく生きるヒント

次の3つをすると

毎日がラクに生きられます!

癒し王ふじも実践。口笛

 

1.謙虚になる

2.許す

 

まず、傲慢な人は

見栄を張るからだんだん苦しくなっていきます。

傲慢さを手放して謙虚になるとラクでしょうがない。爆  笑

 

次に、許せない人は

全身がカチカチになっています。筋肉も脳細胞も、考え方も・・・

許す心の余裕を持つと、縛りがなくなり

ラクになります。爆  笑

 

あとは、らくーんに通うと

いろんな意味で人生がラクになります(笑)

波動がよくなるので人生に笑いが絶えないのです。爆  笑

 

ジョークがわかる人向きに

3つめ、最後のは冗談ですよ。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス