♨平成の「癒し王ふじ」《本物極上温泉》ガイド♨
★温泉調査&紹介&案内 メディア取材ロケ ご相談承ります★
温泉宿&温泉施設の皆さまへ、私が多くの方にご紹介します
癒し王ふじまでご連絡ください!
 2019年10月 温泉取材を受けました
 2019年8月 温泉取材を受けました
 2019年8月 山梨の温泉を紹介 テレビ生出演
 2019年4月 箱根の温泉を紹介 テレビ生出演
 2019年1月 諏訪の温泉を解説 テレビ出演
 2018年7月 西伊豆の温泉を紹介 テレビ生出演
 2018年6月 東京23区内温泉スーパー銭湯を紹介 テレビ生出演
  📹https://youtu.be/Vj2IlYwr3lI
   📹2016年~のダイジェスト版コチラ
 2017年4月 奥多摩周辺の温泉を紹介 テレビ生出演
 2017年3月 東京&神奈川の温泉を紹介 テレビ生出演
 2017年2月 箱根の温泉を紹介 テレビ生出演 
 2016年9月 栃木の温泉を紹介 テレビ生出演
 2016年7月  東伊豆の温泉紹介 テレビ生出演

 
     温泉グルメ紹介→「伊東まるたか」
2014年3月 癒し王ふじ 温泉トークで「ラジオ出演」
2010年4月 癒し王ふじ ゴールデンタイム 日本テレビに出演
  七沢温泉をレポート
2008年3月 癒し王ふじ 万座温泉 万座温泉ホテルをレポート
それ以前の出演情報はコチラ

癒し王フジがツルツル美肌になる本物の温泉を紹介!温泉パワーで健康&綺麗に-温泉 癒し王フジがツルツル美肌になる本物の温泉を紹介!温泉パワーで健康&綺麗に-温泉   

  大田区温泉銭湯 湯巡り   草津温泉共同 湯巡り
  山梨の温泉
    ~ 癒し王ふじ印象に残るイチオシ湯  ~

国見温泉石塚旅館、清兵衛温泉、大塩温泉、湯倉温泉、玉梨八丁温泉、千手温泉、小赤沢温泉、はやぶさ温泉、蔵王温泉共同浴場、小野川温泉、白馬八方温泉、フカサワ温泉、鳴子温泉福の湯、滝の湯共同浴場、明礬温泉、改装前の赤石温泉、塩原元湯温泉大出館、ニセコ五色温泉、豊平峡温泉、赤這温泉、奥山田温泉、北温泉、白布温泉、祖谷温泉、屋敷温泉、肘折温泉、滑川温泉、栃尾又温泉、西方の湯、塩の湯温泉、月岡温泉美人の泉、新津温泉、奥塩原新湯むじなの湯、増冨温泉不老閣、八丈島(みはらしの湯、裏見ケ滝温泉)、早乙女温泉、鹿沢温泉、日光澤温泉、地獄谷温泉、稲子湯



【ぬるぬるとろとろ強アルカリの湯 浴槽実測pH(分析表上pH)】
 白馬八方温泉      11.5 (11.6)
 ?都幾川温泉     機械故障か(11.3)
 やまと天目山温泉   10.4 (10.3)
 △飯山温泉元湯旅館   10.4 (11.3)
 はやぶさ温泉      10.1 (9.8)
 秋川渓谷瀬音の湯   10.0 (10.1)
 ○小菅の湯 9.9
 星山温泉               9.2?
 △中川温泉 ぶなの湯   9.8 (10.3)
 ○おがわ温泉 花和楽の湯 9.8 (10.1)
 ○天使ランド温泉     9.8 (10.1)
 △飯山温泉ふるさとの宿  9.7 (10.4)
 △松乃温泉 水香館    計測不良(10.1)
 ○中山平しんとろの湯   8.9
★万人にとって良い温泉はありません


 あなたにぴったり合う温泉チャート

癒し王子フジが浴槽レベルで本物の温泉を発掘★温泉パワーで健康に!-伊藤風呂  癒し王子フジが浴槽レベルで本物の温泉を発掘★温泉パワーで健康に!-別府   癒し王子フジが浴槽レベルで本物の温泉を発掘★温泉パワーで健康に!-相互リンク2

※まだアップできていないデータを多数ストックしています。記事のアップは入湯後、時間のできた時に順次アップしますので、記事アップ日は訪問日よりもだいぶ後になります🙇

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

奥日光の温泉観光♨+栃木の名物おまけ 【okunikko onsen】

【奥日光へのアクセス】

”日光”までは、電車のアクセスがいいので

東武もJRもあります。

”奥日光”まで行くには

やはり車で動くのが便利。

日光~奥日光は観光地としては

かなり整備されているので

道路状況も良好です。

 

第2いろは坂で、日光から中禅寺湖まで

上がっていきます。

”明智平”へは”第2いろは坂”からいけます。

道路は2車線で走りやすいです。

 

第1いろは坂は、中禅寺湖から日光へ

坂を下りてくるルートですが、

旧道なのでヘアピンカーブが多いです。

 

 

【観光スポット】 絶景写メスポットがたくさんありすぎ📸

★中禅寺湖

風光明媚ですグッド!

 

 

★竜頭の滝上

ここは超有名な写メスポットです!

 

お約束の📸ショット

 

 

★三本松カフェ 戦場ヶ原

ここも眺めがいい有名な休憩スポットです。

美味しいコーヒーも飲めます☕

 

★湯ノ湖 

戦場ヶ原からもう少し山道を上がるとつきます。

いわゆる奥日光湯元温泉エリアです。

散策するにはもってこいの環境

 

 

【お土産】

やはり栃木のお土産一押しは

「レモン」🍋🍋ではないでしょうか!

 

【面白い玩具】

郷土玩具のふくべ

 

 

【B級?グルメ】 県民食

餃子でしょう!

今、宇都宮で人気沸騰中の

もっちもち餃子

宇都宮駅西口ロータリー角にあります。

 

20分くらい行列並びました

マヨネーズに七味をつけて食べるのが乙

皮がもちっとして独特の食感。

ちょっと変わり種餃子という感じです。

 

 

【奥日光周辺の温泉まとめ】

奥日光湯元温泉は、基本的には泉質は同じ。

細かいことをいうと、7本ある源泉の混合度合いが一部違う。

あとは、景色や環境が施設によって異なるため

自分の好みで選ぶのが良いと思います!

 

奥日光湯元温泉 日光山温泉寺

奥日光湯元温泉 ゆの香

奥日光 光徳温泉 アストリアホテル

奥日光湯元温泉 小西ホテル

奥日光湯元温泉 ゆのホテルやまみず樹

中禅寺金谷ホテル

足尾温泉かじか荘 庚申の湯

 

 

余談☕

☛2019年(現時点)での栃木♨エリア別

 人気の高さ、人の多さ(賑わい)は、

 ざっくり以下の通り

 

日光>那須・塩原鬼怒川>奥日光>奥塩原>奥鬼怒湯西川

 

※湯西川が一番ひと気がない印象

 

足尾温泉 かじか荘 庚申の湯

あまり紹介されることのない

ちょっとマイナーな秘湯!?です。

少し辺鄙なところにあります。

 

国道から1本道に入ると一気に道が細くなります。

道はそれほどクネクネはしてないのですが

注意狭くて対向車とすれ違い困難箇所多し。

 

10kmほど山道を進んでいくと

源泉地に到着

 

ここから100mほど引き湯していますのが

「かじか荘」。

登山ルートの起点でもあり宿泊もできます。

 

 

山の中にあるので

(当たり前だが)本当に山が近い

 

内湯→  全面ガラス張りで景色良し・開放感あり!

 

露天→  山の頂が近くに感じませんか??

視界をさえぎるものや人工物が見当たらないのがまたいい!

 

”野積み”といった感じの石組で、

なかなかいいフォルムの露天風呂です

 

🎥露天風呂と周囲の山風景 を動画でどうぞ

 

 

pH10のアルカリ性単純温泉

総イオン量は少ない。

肌がツルっとする

美肌系の泉質です。

 

かなりの穴場です!

 

 

中禅寺金谷ホテル

名門「金谷ホテル」といえば、

日光と中禅寺の2つがあります。

 

前者は、現存する日本最古の西洋式ホテル

として有名。今回は後者です。

 

中禅寺湖のほとりから側道に入ります

 

ミズナラの木立を通り抜けて・・・

 

さあ、入口に到着

 

日帰り入浴は、1300円

フロントでお支払いをすますと

お風呂入口の暗証番号を教えてくれます。

さすがですね~。セキュリティもしっかり。

エントランスもゴージャスな雰囲気

 

※温泉入口のドアは鍵がかかっているので

 暗証番号いれないとあきません。

 

スタイリッシュな廊下を数十m進むと

 

「空ぶろ」(そらぶろ)に到着

暗証番号を入れるとロックが解除されます

 

 

内湯  この日は少しクリームグリーンがかってました

 

露天  石組みで広々。乳白色でいい色

 

※木々が生い茂り、中禅寺湖が見えないのが少し残念

 

源泉は、第1~4、7号泉を使用

 

サービスも行き届いており

年配の方にも高評価の歴史あるホテルです。

「特別な日」にはもってこいの場所ですね♬

 

 

奥日光湯元温泉 ゆのホテルやまみず樹

大人旅をコンセプトに

おしゃれなデザインの外観と内観

センスの良いかわいいペンション風

女性ウケ◎

 

お風呂はこじんまり

&ハイセンスといった印象

 

内湯→  やや熱め、半透明の色合い

 

露天→  ほどよい温度で、少し淡いグリーン白濁

 ※泉質は、奥日光湯元温泉は同じです

 

 

全体的に落ち着く雰囲気で

しっぽりと滞在するには良い処でしょう!

 

 

 

 

 

奥日光湯元温泉 小西ホテル

老舗の「奥日光小西ホテル」

湯元の中心街近くにあります。

 

加水せず源泉かけ流しにこだわり◎

 

内湯

 

🎥露天風呂とその周囲 動画でどうぞ~

 

露天 やや熱めのお湯がかけ流し

粗削りな感じの岩露天風呂◎

※白濁しているため、浴槽内の段差が見えないので注意

※特に夏から秋にかけては、露天には虫がいるので注意

 

 

 

こちらは、1号~7号までの混合泉です

 

ここの岩風呂は荒々しくて良いですね~

 

 

奥日光 光徳温泉アストリアホテル

戦場ヶ原付近は

視界・見渡しがよくドライブも気分爽快です

 

光徳温泉へのアクセスは、幹線道路から

山王林道(奥鬼怒に山を越えて抜ける道)に少し入ります。

林道もこんなにきれい。

周辺環境がいいのでトレッキングや散歩にはもってこいですね

 

ホテルまでは、2キロほどなのですぐつきます。

ホテルの前には、光徳牧場🐄もあります。

 

入口の横では

「光徳の名水」🥤が飲めますので

まずは1杯

 

 

内湯 白濁している

 

露天 透明感がある、白い湯の華が浮いている

 

🎥内湯から露天風呂へ どうぞ~

 

🎥新湯注ぎ口 どうぞご覧あれ~

 

 

源泉は1~4号と7号を使用

 

アストリアホテルは

年配の方にも、自然散策やトレッキングする方にも

大変人気の施設。

 

~おまけ~

栃木に来たら

風呂上りはやっぱりこれでしょ!

🍋🥛🐄「レモン牛乳アイス

レモン無果汁なんですが

なんとも甘い”レモンっぽい味つけ”で

なんか懐かしい味がして食べたくなる♪

 

 

奥日光湯元温泉 ゆの香

この付近は、標高1487m

「ゆの香」すぐ近くの足湯👣「あんよのゆ」

 

源泉地からすぐ近くにある 「ゆの香」

 

 

内湯と露天あり  露天は開放感ありますね~

 

 

 

含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

※奥日光湯元温泉は共同源泉を使用しており

泉質名は同じ

当施設は、1,2,3,4,7号源泉を使用

 

 

奥日光湯元温泉 日光山温泉寺 nikkosan onsenji

奥日光湯元温泉は、日光の奥座敷

1200年前に日光開山の祖・勝道上人が発見

したと言われる

 

お寺の中”にある名物温泉

観光地になりつつあります。

※現在は、日帰り入浴のみ

 

お寺の入口手前に車を停めて

この入口下矢印から砂利道を歩いてゆきます

 

📹温泉寺 入口から歩きでどうぞ~

 

落ち着いた雰囲気で、なかなか風情もあります

砂利道を5分歩くと到着です

空気がむちゃくちゃ澄んでキレイで

深呼吸が心地よい

 

📹温泉寺へ到着

 

木の温かみとぬくもりを感じる館内

 

こじんまりした質素な内湯が1つのみ

しかし、コレがいい

 

このお湯にして、この雰囲気は最高ですね

 

含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

 

※奥日光湯元温泉は、基本的に1号~7号までの混合源泉を使用。

 泉質名は同じ

温泉寺は7号源泉使用

 

御利益のある薬師のお湯を堪能。

心身ともに浄化されました。

大変ありがたいお湯です。

 

 

参考☛お寺の中にある温泉 83の長泉寺薬師温泉

 

秋に行きたい温泉は?

温泉の取材を受けました。

 

☛取材の様子はコチラに掲載

 

もみじ秋は温泉♨が恋しい季節💛ですね!

 

☛今回、「秋の温泉」でご紹介したメイン3カ所

1.祖谷温泉(いやおんせん)

2.宝川温泉(たからがわおんせん)

3.藤七温泉(とうしちおんせん)

 

☛前回、「絶景温泉」で紹介しました場所

1.八丈島 末吉温泉みはらしの湯

2.須川高原温泉(すかわこうげんおんせん)

3.国見温泉 石塚旅館(くにみおんせん)

4.川原毛湯滝(かわらげゆたき)

 

 

☛大反響の記事

 「東京23区内の本格温泉

 

稲子湯

松原湖周辺からの景色

既に標高は1400を超えているので眺めがいい

 

県道を折れると、だんだんこんな感じの風景に

 

稲子湯は

全国的に珍しい

貴重な泉質の名湯。

 

山小屋の佇まい

登山道の起点にもなり、登山客にも人気あり

 

単純二酸化炭素-硫黄冷鉱泉(硫化水素型)

珍しい組み合わせの泉質名です。

8.3℃

pH5

67.1L/分 新湯豊富

成分総計1657

遊離co2 1493

遊離硫化水 3.4

鉄Ⅱ 6.8

 

広くない、こじんまりした内湯のみ

外の景色も見えないが・・・

 

僕は個人的には、このお湯

大絶賛です💛

 

📹新湯投入口~浴槽へ

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>