昨日「君の迷門進学校度を見分ける10項目」で予告したように、この地に名門進学校を作る方法を2日に分けてお話します。

 

南魚沼は日本1の米どころ、それにふさわしい県下有数の名門進学高校を

お金不要

生徒募集不要

新校舎不要

教師追加採用不要

制服不要

そして驚くべきことは人件費大幅削減 しかも準備期間がたった半年で作ることができるのになぜたもたもしているのでしょう。

 

南魚沼には大学進学を目指す高校は2つ。全国平均以下のレベルと全国平均より少し上のレベル。 一つは、部活・部活・部活。もう一つは、お勉強・お勉強・お勉強。土曜日も修学旅行もない。2校の平均的受験勉強時間は2000時間からひどい者同士になると4000時間も開く。信じられないだろうが毎日数時間ひらいていく。 お勉強まみれの高校のほうで、上位にはいいのがいるけれど、中学基礎が盤石でないものも多く、生徒間のばらつきがひどいから、ケンタカや長高と決定的な差を産む可能性が高い。競争率の低迷で生徒集めのため学力が低くても、とらざるを得ない状況が何年も続いた結果かもしれない。それでも益々課題や時間でお勉強をやらせるから悪循環に陥いる生徒も多い。

 

もう一つの高校は、競争率は何とか維持出来ているが、今言ったもう一つのほうが出来て以来、もともといたはずの上位100人がもう一つに行ってしまったわけで、その分下からとっているから、当然その時点から学力低下が起こり、揚げ句全国平均もない。たまたま模試で全国平均を超えた科目があったとき、模試会社の営業マンに褒められて喜ぶような始末。そういう状況下、この辺の真面目に進学を考えている出来る中3は困っていると思う。大体こども達は以下の基準で仕方なく高校をきめている。

「管理されてもいいから、大学受験優先でこっち」

「部活もしたいからあっち」

「部活は特にどううでもいいけれどあそこは嫌い。こっちは何となく緩そうでいい」

これでは何の解決にもならず、競争率も改善しないし、少子化も現実味を帯びており生徒数が減っていくだろう。そして優秀な学年TOPレベルは間違いなく長岡にいってしまう。つまり南魚沼から基礎が盤石で学力の整った中3が出て行ってしまうということだ。

 

そこで劇的解決策をお伝えしよう!2つの高校を合併するのだ。新高校名は

「県立南魚沼ハーフandハーフ学園高等学校」

お勉強を目指すものは浦佐校舎。部活とか運動会練習に賭けたい人は六日町校舎。

年一回入れ替え戦の校内試験あり。夏休み冬休み春休みは世間並(これ当たり前だろ!)

修学旅行沖縄 その代わり長野スキー研修廃止(やるなら地元でスキーをして金をおとせ)

土曜登校は浦佐校舎のみ(六日町校舎の部活応援時は土曜登校拒否権有り)

運動会は盛大に準備期間あり。学園祭もあり 2校舎の生徒たちが集い連帯感で頂点に達する。近隣の中学生と親が殺到

小テストと、課題半減

宅習記録廃止 小学生じゃあるまいし自主管理できないでどうする!

山岳マラソンも「歩く」ならやめろ。六日町校舎でやるマラソン大会の上位10人と希望者のみ学校の名誉にかけて山岳マラソンに挑戦させろ!

監督が国際大学にいたころ我らは練習を繰り返し仲間の一人が2位を取った。1位は南魚沼消防隊員で鍛え抜かれた精鋭だった。監督は相当自信があったが練習のし過ぎでアキレス腱をいため、ドクターストップを食らった。

監督たちはまるで中学生みたいな大学院生だった。

 

 

お勉強だが、浦佐校舎の特進クラスは最強の受験指導に特化する。 いまの六日町校舎に5人くらいは凄い基礎学力で高校に入ったのがいる。たまたま長高に行かなかっただけだ。監督の教え子もそういうのが何人もいた。彼らと浦佐校舎の上位10番くらいで特進クラスを作り医学部と難関大を狙わせる。浦佐校舎の教師も「こういう粒のそろったクラスが欲しかった。」と思うことだろう。結果はすぐ出る。週刊朝日等の全国高校別有名大学進学結果の空欄まみれが激変する。3年でやれる。

 

つまり南魚沼ハーフandハーフ学園高等学校

お勉強に真剣に取り組む文化と部活にも真剣にとりくむ文化の双方が根付いているバランスの取れた普通高校を示現する。しかも、校長一人 教頭二人体制で校長一人分人件費削減となり、信じられないと思うが定員割れの片方の高校に担任副担任で3人4人もついて、人数のはるかに多いもう片方の高校には担任一人のような県民税配賦の不均衡の是正を実現できる。

 

そしてもう一つ!

校長は公募制をとる。劇的な改善をすすめるため革命的リーダーを募る。本県は教師や校長が女子高生や男子高生をホテルにつれこむような事件が起こっているが、そういう輩の対極に真の教育者たる強いリーダーが存するべきなのだ。

そういう真のリーダーこそマスコミもニュースも取り上げるべきだ。

 

ああ眠くなってきた。明日になる前に日課のトレーニングをしなくちゃ・・・

明日は後編 

南魚沼ハーフandハーフ学園高等学校

のイメージをはっきりしていただくために開学初年度の入学式はどういう風になるかのシュミレーションをミュージック付きでお伝えしよう!

監督

 

 


     

進学校度の10点評価が好評だったので今日は 迷門高校度のほうをレイティングしてみよう。

 

大学受験迷門進学高校評価基準

(1)中3の時の確認試験の5回平均が270から370程度

(2)部活が「命」か、部活制限の両極端

(3)お勉強は定期試験の時だけか、土曜もない課題まみれの両極端

(4)授業で質問するとこなどみたことがない。

(5)先生が居眠りで来ないことがあった。

(6)先生が県青少年健全育成条例違反で逮捕された。

(7)競争率が超低迷で県下ワースト▲位の危険域

(8)受験は団体戦だと教わっている。

(9)模試が極端に少ないか、滅茶苦茶多い。

(10)自分の高校に無感情か、大嫌い。

 

5点以上あるとまさに迷門進学校だといえる。8点になると言葉が見つからない。

これらの迷門に通う生徒たちは実はとてもまじめでいい子が多い。そこで、明日は、どうすれば、お金をかけずにこの地の大学受験生を背負って立つ真の名門進学校ができるかについて考えてみたい。

                                             監督

 


 あるブログに「小さな塾ほど講師と生徒の軋轢が起きやすく人間関係から来るピリピリ感が発生するかも」というようなことが書いてあった。

ネットでやってるような大手の塾では生徒と教師は面識がないわけで「それ教育?」と思うけれど、確かにうちのように生徒と教師が最後までずっと並走すると、ベースに師弟関係という強固な信頼関係ができるので、ついて来れれば生徒は一生ものの結果を手にするが、そういう信頼関係ができないと、逆にそこがネックになって、結果生徒の負担になっていくかもしれない.。

 

 これまでそういうことを意識しないでやってこれたのは、生徒とその親に恵まれてきたせいかもしれない。叱り倒して生徒はやめたためしがないが、サイレント リービングをしたものがいたとしたら、あたっているかもしれない。昨日も全統2回とか部活の件でかなり厳しくいった生徒たちがいた。そのあと偶然かもしれないが何かの話題になって生徒と大笑いをした。ウチではよくあるんだよ。

 

さっきも別の生徒に

「お前の高校の平均点をみてみろ!全員病気だ。生徒と言わない。患者というのだ」

すると生徒が返した。

「監督、ちがいますよ。みんな学校のVICTIM(犠牲者)ですよ!」

座布団2枚だ! さすがに9割とるだけある。

 

まあこんな調子できてるから、レインボーは分校2つくらいで限界かな・・大きな塾にはなれないよ。生徒全員しっかり見ていないといけないから、預かってるんだから

彼らの未来を!

監督

 

 

六日町校 高3グループ英文法 がんばって!

image

 

 

大学受験は全国一律に同じ日に同じ試験を受ける。仮にも大学進学を目指すのであれば自分の高校を以下の条件で採点してみればいい。1項目1点だ。お勉強に関係ないように思える項目もあるが、そうではない。生徒の活力に大きくかかわる重要な要素なのだ。

 

(1)中学3年時の確認試験5教科で5回の平均450点以上がうようよいる。

(2)競争率が高い。

(3)授業中生徒は質問する。

(4)課題や小テストと模試の回数が抑制気味

(5)授業進度が早く、教科書を前から順番に進め完全に終える。

(6)制服なし学園祭あり。

(7)1日の平均受験勉強時間(定期対策を除く)は部活をしている場合で3時間 週末各5時間 部活引退後倍増。

(8)部活制限なし。

(9)修学旅行3泊以上 かつ 帰りのバスをやめ往復新幹線。

(10)1年の時点でシラバスがはっきり示されそのとおり3年間すすむ。

 

10点満点だ。

長岡高校 8点はある。だから医学部15名以上 その他東京大学京都大学一橋大学早稲田大学慶應義塾大学などのSランク大で数十名合格する。これは東京の日比谷や大阪の北野、兵庫の神戸や姫路西など都会の名門公立校に伍する生徒が50名はいるということだ。だから修学旅行はないけれど?地方名門高校としての存在価値は大きい。うちの生徒も今年は国立医学部に名を連ねる。〇〇ちゃん頑張れ!!

 

南魚沼には自称進学校や迷門進学校があるが

さあ君の高校は何点になるだろうか?

 

難関国立(地方国立ではない)の進学は、特に(1)番の条件が効いてくると思う。地力と基礎が大きく問われるからだ。「頑張る」「頑張れ」では通用しない。高校からでは埋まらない基礎学力の差と多教科にわたるバランスが問われる。そういうことを見越して仮に早くから対策を始めても、高校受験程度は対応できるが子供の地頭がいずれ問われることになる。

 

いやはや難関大学受験は長いお勉強レースなのだ。シュプレキコールをあげて大学に通るなら世話ないよ。

 

 

 

 

うちの生徒でMARCHの一角に昨日、指定校推薦で決まったのがいる。カウンセラーを目指し心理学系統を希望していた。内申が4.8あり、たまたま学校にぶら下がっていた指定校推薦の案内を見つけて応募した。本試験で立教と法政を目指していて合格圏に持っていけるレベルだった。

 

さっき報告にきた時、「もう受験は必要ないから、レインボーも来る必要がないよ。」といったら

「いえ続けます。大学で英語の論文をかなり読まされると聞きましたので、それに備えたいです。」そう間髪入れずに答えた。

 

こういうレベルの生徒こそ本来大学側は求めているのだろう。

いい子だ。とても推薦合格にふさわしい。

MARCHじゃもったいない気もするけれどなあ・・・ 監督は筑波大に行かせたかったから。

 

本人の笑顔がすべてだ。おめでとう!

 

blog見て夜本人からメールがあった。

「そう言っていただいてとてもうれしです。誉に思います。レインボーのおかげです(笑)」

おい◎◎よ (笑)はいらない。消しなさい!

 

昨日、指定校推薦でうちの生徒が何人か合格した。年末まで結果待ちも複数名いる。

指定校推薦で決まったら、合格は決まりで大学受験は終わったのだ。だから素直に喜べばいい。ニコッとすればいい。これから期日までに書類や自己推薦文をださないといけないとか、センターまで頑張るとか、給付狙いで「親のために頑張る」とかうわっつらなことを言うんじゃない!

 

昨年、指定校で決まると急に点数が下がり、センターもガタガタ、監督の前で床に涙がぼとぼと垂れるくらい「悔しい」と泣いたのがいた。2月の給付絡みの試験まで頑張るといってその翌週レインボーを辞めた。無理をしてもかっこいいことを言ってもできない。体と心と頭が正直に反応してしまう。

 

本試験があるから死に物狂いで頑張るんだ。滑りたくないから必死になるんだ。その必要のないものが一体何のためにお勉強を継続するのか?先週あたり返ってきている自分の模試判定をみてみろ!指定校推薦が決まった大学も含めて、軒並みE判定だろうが! だから指定校しかないんだよ。そういう学力では。

 

滑ったらこっちも困るけれど、指定校で決まりましたと報告が来ても「おめでとう」という気がしないのは監督だけだろうか。ただ先日も書いたが、結果オーライだ。本試験で受かる力も学力もないものが受かる方法が指定校推薦でそれを使わない手はない。特に全国平均以下の高校生はね。

 

ただ、うちの生徒達には推薦狙いだと決めた時点で「最後まで学力差を埋めるべくじっくりお勉強を続けろ」と明確に言ってある。それは進学後の事があるからだ。本試験組と肩を並べて自信をもって大学で学べるようにしておかないといけない。そういう認識を持たせたい。でないと恥をかく。

「あたしね(俺はさ)推薦で入ったんだよ。」と自嘲気味に本試験組に話すようなことがあったとしたらその時はもう遅い。そういう情けないことをうちの生徒に言わせたくない。

 

自覚をもってチャンスだと思って卒業までしっかりとお勉強をしてください。

それが指定校推薦合格者の入学必修要件だから。

                                                   監督

 

TOPレベルの理学部授業風景 


東京の文京区に存在した名門国立東京教育大(現筑波大)

 

出身の母ちゃんは強かった。コンビニの自動ドア対応式あいさつと同じレベルのドライブスルー塾の受付の無礼さと不遜な質問の数々、大学を志していながらベネベネ模試を年1回しか受けず、さらにMAYBEという英単語さえしらない我が子の愚かさに、昨日の晩は布団をかぶって泣いた。

 

「息子を信じた私がバカだった。いや正確には息子はバカだ。」

「TVの宣伝や合格実績の張り紙に惑わされるなんて情けない。」

「あんな塾のためになけなしの定額貯金を崩さなくてよかった。」

「3年連続で父ちゃんのお小遣いを減らさなくてすんだ。」

そして「こうなったら私がやるしかない」と強い決意をおぼえた。

 

振り返るに受験地獄と言われた母ちゃんたちの高校時代、大学進学塾など都会の浪人生が通う予備校だけだった。もちろん携帯もPCもなかった。そんな中、大学受験を目指した母ちゃんたちは毎日必死で学校の授業を聞き、先生が作ったわら半紙に刷った副教材をおぼえ、何時間も放課後図書館にこもり、帰り道には友と話し込み、夜は旺文社のラジオ講座を一言も漏らさない覚悟で聞いた。

 

そんなことを思い出していたら2Fで目覚ましのアラームがなっている。

いつものように「かあちゃん おっはよお 弁当のごはんおおもりでね」と携帯をみながら愚息がいうにきまっている。そうおもうとまた泣けてきた。

ところが今朝は違った。息子がふすまをあけて

「かあちゃん おっはよ! 昨日言うの忘れたんだけど、JAでスイカのアルバイトしていい?」

母ちゃんはそれを聞いて愕然とした。そして烈火のごとく言い放った。

「愚か者!」

息子の手から思わず携帯が落っこちた。時計は朝の6時7分

この瞬間,愚息の受験勉強がはじまった。

「母は強かった!」

レインボーランゲ―ジハウス 浦佐本校


私立の指定校推薦狙いの生徒が明らかに今増えている。

うちにいる生徒でもそうだから、世の中もっとそうかもしれない。

お勉強をしない。

受験に通用しない。

でも大学にいきたい。それも結構名前のとおったところにいきたい。

そういう大学受験本来の向学志向からかけはなれた甘ちゃん高校生が、センター試験最後の受験激化予想にびびってしまい、結果加速して指定校をねらう。

 

大学もそういう学力の低い生徒を全国津々浦々から集めて、大学そのものの質を維持できるのだろうか? もっと悲しことは本試験組の学力と崇高な学びの意思を傷つけることになりはしないのだろうかということかな。

 

情けない。 でも通ればなんでもいいんだ!  結果オーライ 世渡り受験!

 

 

 

 

「自分に自信がない。」と生徒が言う。 特に六高生に多いように思う。

 

最近も高3男子が、晩年にさしかかった定年間際のサラリーマンみたいに

「監督の話に出てくる他の生徒の話をきいていると、おれと全然違うなあというか。俺にはできないなあとつくづく思います。」といった。

 

監督は即こう言った。

「お前はこれまで1回も本気になったことないだろう。お勉強でも何でも。だから自分を知らないんだよ。自分がどれほど踏ん張れるか!」

 

何もTOPに立てとか偏差値で70を取れとかそういうことを言っているんじゃない。全力で1回やってみて自分なりに変化を体験しておく、それも今のうちにといってるんだよ。それを「成功体験」というんだ。どんな小さな成功体験でも経験すると、その後の人生で踏ん張れるんだ。ちなみに監督の成功体験は小学4年の時、算数の試験でクラスTOPに立った。自分ではまぐれであることはわかっていた。でも身体が浮くほどうれしくて、そこから本気になった。何もかも劇的に変わった。まさに算数がトリガーとなり成功体験を経験したと思う。万年体育委員だったのに2学期は委員長になっていた。小6の3学期には市主催の学力試験で2000人中TOPに立った。朝登校したら先生方が出迎えてくださったことをおぼえている。その後、国立大を滑って浪人したり、就職では最終面接でおっこちたり、社命で受けたMBAの試験におちて人事部長が会長のとこへ謝りに行ったりといろいろあったけれど、いつも平気! どんなに失敗してもうまくいかなくても自分に向きあってある種の自信を失わずにやってこれたと思う。

 

高3男子にはこう結んだ。

「お前はポテンシャル大きいよ。大きな組織に向いている。自信を持っていいんだ。とにかく「今」を全力でやってみろ!」

少し表情が明るくなって「はい!」といった。

いっぱい生徒をみてきているからわかるんだ。こいつはモノになる。

 

監督

 

「今日から頑張ろう!」と思っても、「今度の模試でいい判定を取るぞッ!」と誓っても、お勉強面で変わっていく事はむつかしい。 なぜなら、お勉強は時間をかけて身についた習慣みたいなものだから。できる奴は点数が取れる習慣が出来ていて、出きない奴は何回やっても間違って結果をだせない習慣に染まっている。うちに来る高校生を見ていて、いやもう小学生をみていてもその学習習慣がはっきり見えるから、「レインボーにきて、だいぶ変わるから良かったなあ。」と思う反面、その絶対的な「お勉強習慣」の壁は気の毒なくらい厚くて大きい。しかし本人達には見えないし、親だってわかっていない。

 

そもそも学習習慣は小学生のころ確立する。だから、花丸をつけて「頑張ってますね。えらいね。」でごまかし続けているカテゴリーの小学校教師は責任が大きいと思う。むかし近隣の小学校の保護者会で校長が、冒頭突然「本日お集まりいただいた件とは直接関係がないのですが、私としてどうしても保護者の皆さまに申し上げたいことがございますので勝手ながらこうしてお時間をいただいてお話させていただきます。」と切り出した。

「勉強中心で行かないといけない。子供にとっては大切なことは何より日々の学習なんだ、その意識はどんどんうすれてきている。」と語った。彼女は危機感を感じていたのだろう。その指摘は非常に大切なことだと思ったが、ただせっかくいいことを言っても数か月後定年でいなくなっちゃった。

 

学習習慣がいかに重要かを高3の例で示そう。

大学を目指し必死で頑張る。例えば英語で単語の混乱が起こる。無理もない。知らないことが多すぎてしかし学ばないことがいっぱいある。一つの単語を別の単語と混乱し、それが長文読解のキーワードであればその英文の内容把握に大きく影響する。そこで説明を加え複数の同意語や反意語を並べたり、混乱した単語の方を辞書を引かしながら丁寧に説明する。本人は何回もうなずき前よりずっと理解が深まったように感じる。

ここで学習習慣のない奴は、ぱたんと辞書を閉じる。何もなかったように訳を進めようとする。

「おい 書いとけよ。今度間違えないように。」

「はい」

ところがだ。間違った単語の意味だけ書いている。

どうして付随して説明した情報を書き留めないのだろうか。いま混乱した単語と一緒に併記しないのだろうか。

間違いに対する感度の鈍さ、次に備える記述の習慣、つまりお勉強を改善していく学習習慣が備わっていないのだ。愚かとしか言いようがない。大学に行く資格などないな、だって一体何を大学でまなべるというのだろうか。

 

さっき言ったように、お勉強は時間をかけて身についた習慣みたいなものなんだな。だからそれが備わっていないものが、ネットでいい授業を聞いても、売れている参考書を買っても点数は変わらない。根本的な問題だから。学びの前に学び方の指導をきびしくやさしくうけないとね。

レインボーは生徒から授業料はもらうけれど、こういう指導料は請求していない。こっちが大きなノウハウで価値があると思わないかい?だって学習習慣さえないような生徒でも高校は希望高に100%入れてきてるし、高3だってセンターで7割8割はうちの普通だよ。

でも監督はつかれるわー!