私立の指定校推薦狙いの生徒が明らかに今増えている。

うちにいる生徒でもそうだから、世の中もっとそうかもしれない。

お勉強をしない。

受験に通用しない。

でも大学にいきたい。それも結構名前のとおったところにいきたい。

そういう大学受験本来の向学志向からかけはなれた甘ちゃん高校生が、センター試験最後の受験激化予想にびびってしまい、結果加速して指定校をねらう。

 

大学もそういう学力の低い生徒を全国津々浦々から集めて、大学そのものの質を維持できるのだろうか? もっと悲しことは本試験組の学力と崇高な学びの意思を傷つけることになりはしないのだろうかということかな。

 

情けない。 でも通ればなんでもいいんだ!  結果オーライ 世渡り受験!

 

 

 

 

「自分に自信がない。」と生徒が言う。 特に六高生に多いように思う。

 

最近も高3男子が、晩年にさしかかった定年間際のサラリーマンみたいに

「監督の話に出てくる他の生徒の話をきいていると、おれと全然違うなあというか。俺にはできないなあとつくづく思います。」といった。

 

監督は即こう言った。

「お前はこれまで1回も本気になったことないだろう。お勉強でも何でも。だから自分を知らないんだよ。自分がどれほど踏ん張れるか!」

 

何もTOPに立てとか偏差値で70を取れとかそういうことを言っているんじゃない。全力で1回やってみて自分なりに変化を体験しておく、それも今のうちにといってるんだよ。それを「成功体験」というんだ。どんな小さな成功体験でも経験すると、その後の人生で踏ん張れるんだ。ちなみに監督の成功体験は小学4年の時、算数の試験でクラスTOPに立った。自分ではまぐれであることはわかっていた。でも身体が浮くほどうれしくて、そこから本気になった。何もかも劇的に変わった。まさに算数がトリガーとなり成功体験を経験したと思う。万年体育委員だったのに2学期は委員長になっていた。小6の3学期には市主催の学力試験で2000人中TOPに立った。朝登校したら先生方が出迎えてくださったことをおぼえている。その後、国立大を滑って浪人したり、就職では最終面接でおっこちたり、社命で受けたMBAの試験におちて人事部長が会長のとこへ謝りに行ったりといろいろあったけれど、いつも平気! どんなに失敗してもうまくいかなくても自分に向きあってある種の自信を失わずにやってこれたと思う。

 

高3男子にはこう結んだ。

「お前はポテンシャル大きいよ。大きな組織に向いている。自信を持っていいんだ。とにかく「今」を全力でやってみろ!」

少し表情が明るくなって「はい!」といった。

いっぱい生徒をみてきているからわかるんだ。こいつはモノになる。

 

監督

 

「今日から頑張ろう!」と思っても、「今度の模試でいい判定を取るぞッ!」と誓っても、お勉強面で変わっていく事はむつかしい。 なぜなら、お勉強は時間をかけて身についた習慣みたいなものだから。できる奴は点数が取れる習慣が出来ていて、出きない奴は何回やっても間違って結果をだせない習慣に染まっている。うちに来る高校生を見ていて、いやもう小学生をみていてもその学習習慣がはっきり見えるから、「レインボーにきて、だいぶ変わるから良かったなあ。」と思う反面、その絶対的な「お勉強習慣」の壁は気の毒なくらい厚くて大きい。しかし本人達には見えないし、親だってわかっていない。

 

そもそも学習習慣は小学生のころ確立する。だから、花丸をつけて「頑張ってますね。えらいね。」でごまかし続けているカテゴリーの小学校教師は責任が大きいと思う。むかし近隣の小学校の保護者会で校長が、冒頭突然「本日お集まりいただいた件とは直接関係がないのですが、私としてどうしても保護者の皆さまに申し上げたいことがございますので勝手ながらこうしてお時間をいただいてお話させていただきます。」と切り出した。

「勉強中心で行かないといけない。子供にとっては大切なことは何より日々の学習なんだ、その意識はどんどんうすれてきている。」と語った。彼女は危機感を感じていたのだろう。その指摘は非常に大切なことだと思ったが、ただせっかくいいことを言っても数か月後定年でいなくなっちゃった。

 

学習習慣がいかに重要かを高3の例で示そう。

大学を目指し必死で頑張る。例えば英語で単語の混乱が起こる。無理もない。知らないことが多すぎてしかし学ばないことがいっぱいある。一つの単語を別の単語と混乱し、それが長文読解のキーワードであればその英文の内容把握に大きく影響する。そこで説明を加え複数の同意語や反意語を並べたり、混乱した単語の方を辞書を引かしながら丁寧に説明する。本人は何回もうなずき前よりずっと理解が深まったように感じる。

ここで学習習慣のない奴は、ぱたんと辞書を閉じる。何もなかったように訳を進めようとする。

「おい 書いとけよ。今度間違えないように。」

「はい」

ところがだ。間違った単語の意味だけ書いている。

どうして付随して説明した情報を書き留めないのだろうか。いま混乱した単語と一緒に併記しないのだろうか。

間違いに対する感度の鈍さ、次に備える記述の習慣、つまりお勉強を改善していく学習習慣が備わっていないのだ。愚かとしか言いようがない。大学に行く資格などないな、だって一体何を大学でまなべるというのだろうか。

 

さっき言ったように、お勉強は時間をかけて身についた習慣みたいなものなんだな。だからそれが備わっていないものが、ネットでいい授業を聞いても、売れている参考書を買っても点数は変わらない。根本的な問題だから。学びの前に学び方の指導をきびしくやさしくうけないとね。

レインボーは生徒から授業料はもらうけれど、こういう指導料は請求していない。こっちが大きなノウハウで価値があると思わないかい?だって学習習慣さえないような生徒でも高校は希望高に100%入れてきてるし、高3だってセンターで7割8割はうちの普通だよ。

でも監督はつかれるわー!

 

これはドライブスルー型塾に大胆にもママチャリで挑んだ母と息子の物語である。

 

道路沿いに派手な電飾看板が点滅している。TVでおなじみのマーク。
ファースフードと同じノリでこのところ17号線上に急速にドライブスルー型塾の出店が増えている。手続きが早くて便利そうだ。
駐車場をおおきく回るようにしてドライブスルーのラインに車をつける。車が並んでいても中には親と生徒一人だから、待たなくても済みそう・・

このドライブスルー型塾に大胆にも一組の母と子がチャリで挑んだ。

慌てた受け付けが非常ドアから飛び出してきた。

「お客様、このレーンは自動車専用です。危ないですからすぐ自転車をのけてください・」

母は強かった。

「あーた。なに言ってんのよ! 私たちも自転車2台で4輪でしょ。ごじゃごじゃ言ってないで受付しなさい!。」

女性職員はしぶしぶ引き下がった。流石に母ちゃんはちがう。東京教育大(現筑波大学)出身だ。

スピーカー「いっらしゃいませ 大学受験生ですか?」
お客   「はい」
スピーカー「ありがとうございます!」
スピーカー「どちらの高校ですか?」
お客   「△高です」
スピーカー「名門のほうですか 迷門のほうですか?」
お客   「名門のほうです!」
スピーカー「確認のため学生証を下の方にあるトレーに入れてください。」
  ガチャン・・ピーピー…シュ・ーガチャン
スピーカー 「ありがとうございます。確認中です。あなたは名門ではなく迷門のほうですね」 
お客「・・・・・・いや・・進学校の名門の△高です!」
スピーカー「お客様、質問には正確に答えてください!」
お客   「は・・はい。普通高の△高です。」
 スピーカー「確認できました。それでは次の質問にすすめます。」
     「希望大学と学部を登録します。」
お客   「△○大學○△学部です。」
スピーカー「お客様。すみません。よく聞き取れませんでした。恐れ入ります。もう1度大きな声で言ってください。」
お客   「△○大學○△学部です!」
スピーカー「お客様、質問には見栄をはらずに正直にお答えください。」
お客   「?????」
スピーカー「お客様、こちらにお越しになる前に熱を測られましたか?
お客   「いいえ」
スピーカー「体温計をトレイにいまいれましたので今すぐ測って下さい。」
お客   「は・・・・・はい。」
      ピーピーピー
お客   「36.4度です」
スーカー 「平熱ですねえ・・・それではもう1度確認しますが志望校は国立✕○大学で間違いございませんね。」
お客   「はい!何回も言わせないでくださよ。」
スピーカー「失礼いたしました。あなたの高校の平均学力は全教科で今現在全国平均以下ですので、それにもかかわらず平然と難関大学を希望されているのでお熱でもあるのかと思いまして・・・」
     「それでは直近の模試結果をお見せください。」
     トレイの開く音
お客   「入れました。」
スピーカー「今確認しております。」
     「恐れ入りますが他の模試結果をおもちではないですか」
お客   「え? 2月のベトベト模試ではだめですか?」
スピーカー「だめです!」
お客   「なぜだめなのですか?」
スピーカー「多くの下位高校も受けているので当社では参考にしておりません。特に数学は問題が簡単な傾向にあり国立大学希望者には参考になりません。3月実施の東大記述模試や四谷や仙台模試のデータをお見せください。」

親子の会話

母     「もってきてないの? その仙台のデータ?」
子供    「代々木じゃないよ。四谷!駿台じゃくて仙台だよ。そもそも△高の2年はベロベロ以外学校で受けてねーもん」
スピーカー 「ございませんか?」
お客    「ありません。3年になれば受けると思います。たぶん・・」
スピーカー 「わかりました。それでは次の質問にすすめます。私立を併願 しますか?」

突然母親が答える「うちはお金に余裕がないので私立は受けません。」
スピーカー「恐れ入ります。オタクがお金もちか貧乏かを聞いているのではありません。受験の併願の可否をきいているのです。」
お客   「併願しません」
スピーカー「わかりました。国立単願コース内容の全リストのはいった登録フォームをお渡しします。そこにあるあなたのIDをWEB画面でインプットされ24時間以内に申込手続きを済ませてください。折り返しコースとそのスケジュール並びに料金をメールでおしらせします。模試データが出ていないためコースは錬成コースではなく基礎メイビーコースから選んでください。」

ドライブスルーを出た後の親子の会話
母親   「なんか後味悪いわね。顔を見ないでやるからあんなこと平気で

いううのよ。体温までは測らされて信じられないわ??」
息子   「別にいいじゃん。」
母親   「あの国立単願の基礎メイビーコースってなに?変な名前ね。」
息子   「メイビーって英語かなあ??」

注釈 「国立単願 基礎メイビーコース」とは maybe「ひょっとして」受かるかもという意味である。

                        

maybeすら知らない息子の愚かさ加減を目の当たりにして定期預金を解約するのを止めた。

母は決意を抱いた。

abusolutely

「私が教える!」

部活で帰りが遅くなるので毎週末9時を過ぎてやってくる生徒がいる。終わるのは11時近く。外で待ってる親も大変なことだろう。

たまたま おかしな答えを選んだから、問題文の

May I smoke ? を「訳して!」と言ったら

「はい!煙を出してもいいですか?」 そう真剣に答える。

 

 

 

 

 

監督は驚かない。鍛えられてきた。このレベルでもセンター7~8割超えに持っていく。

深呼吸をしてからこの高校生に申し上げておいた。

「蒸気機関車じゃあるまいし煙を出す人間などいる? タバコだろ!」

 

下を向いて赤面している。高校受験じゃあるまいし。

高3にもなって明日も朝から終日部活だって・・・

この生徒は国立の経済学部を希望していたなあ。

合格確率はゼロを切ってマイナス圏。 一体,本人はこういう現実をどうとらえているんだろうか。

 

ここの高校も、やはり部活の顧問は生徒の成績にも受験にも、そして未来にも一切タッチしていない。 進学希望の高3の成績を把握していないでいいような立場だから、生徒の進学でなく部活を優先できるんだ。

監督は部活の件で何度か怒鳴り散らしたがまだこの生徒は続けている。 

 

お勉強をなめるんじゃない。 

そして顧問よ 生徒の将来をちっと(ちょっとの半分くらい)は考えてやれよ。

                                                

 

 

 

 

 

 

平日の夕方、ある高校生カップルはリバーサイドのカフェにいた。彼らはトップクラスの県立高の同級生。この高校は私服。普段から着慣れてるので落ち着いた20代のデート❤️に見えた。なぜ平日夕刻にカフェにいるかつて?これを読めばわかるさ!

 

二人は静かにストローを口にくわえた。

お互いの模試結果をそれぞれ相手のほうにむけて置いた。

 

🅰️判定の甘い香りに2人はまどろむ         

まるで天使に抱かれたよう

 

私の髪を秋風がやさしくなで

自信に満ちたあなたの横顔が夕日に映える

「素敵!」

 

 

今回2人でとった🅰️判定は合計16個 駿台はともかく全統マークなら当然の結果

でも何回もらってもうれしい😃

🅰️判定は勝利の証(あかし)だから

 

満ち足りた空気が2人をつつむ

私たちには何もはいらない。ほしいものはたった一つ

高3に大切なものは🅰️判定だけだと受験ががおしえてくれた!

春になってあなたは東大、私は御茶ノ水に進んでも

🅰️判定の余韻は続く

私たちの愛は不変だもの

 

高い目標をもって必ずやり遂げる

そんな貴方が好き

 

「今日、 一本電車遅らせてサンマルクカフェでも行く?」

「リバーサイドの?」

「うん!」

「今日は僕が出すから・・」

「ほんと! ありがとう!」

 

                            

 

                 

「ああ 生まれ変わったらあの高校にいってお勉強頑張ろっと。」      監督

 

 

難関校でも3流私立でも君のとっての「合格」は証(あかし)なのだ。

君の高校3年間の学力に完璧に「マッチ(合)したランク(格)」に進学するという絶対不変の経歴と化す。だから偏差値で大差が開き、大学のランクがそこにあり、合格の難易度がスーパーなところから名前を書いてお金だけ親がはらってくれれば合格のところまで品揃え豊富。

 

一流と言われるところと全国で2800番台のFランク大学の看板学部(?)の学生を政治や経済・時事で対談させれば会話が成立しない。もちろん就職する企業も仕事も決定的に違ってくる。学歴フィルターはある意味合理的だ。人材は戦力だから明らかに企業に見分けられていく。

お勉強は正直でオリンピックの金メダルをとるような0.1秒以下の戦いじゃないのだから、番狂わせなどおきない。まぐれはあるけれどそれは極めて例外で難関レベルでは起きない。中途半端な偏差値50台とかで起こるんだ。しかも稀だ。しっかりした実力者ならかりに熱があっても絶対負けない。お勉強の「勉」は努力、そして人に力を出させること、「強」は強いという意味だ。だからしっかり勉強して強い力を出せる君がそうたやすく負けるわけがない。
それは逆に学力の弱いものが実力者に短期間で追いつくことは無理だということでもある。

厳しいことを言うようだが、9月の今の時点で自分の実力を良く分析して合理的な進学先をしっかり見据えることが大切だ。4か月しかないのだから。そして一歩一歩上げていくことができれば志望校を少し位上へ変えればばいい。

逆はだめ。どんどん下げてぶんぶんすべって苦しい3月を迎え結局いけるところに拾われる。これはすこし寂しい。それでも合格だけど・・・

18歳なんだから冷静に考えないと、自己分析をかけないといけないよ。明日でも教師に相談しなさい。じっくり時間をとってもらって。それが進路相談、その次のステップで進学指導を受けるのだよ。そこもまちがわないで。

「そんな先生いません。」というケースもおおかろうなあ・・気の毒な話だ。しっかりガイドできる大人が必要なんだ。だから「先生」と呼ぶんだけどなあ。

 


                                   監督


 

今年はセンター最後だから入試は非常に厳しくなる。上位のものが安全をみておとしてくるし、浪人は必死になる。合格最低点も倍率も上がるということだ。少なくとも去年と違ってくる。

 

そういう中、君が高3であれば、今から大きく成績が変わる可能性は非常にとてもとてつも無く低い。奮闘努力の甲斐もなく涙にくれながら家族会議で沈黙の時間を過ごすことは眼に見えている。そういう状況を一変させる方法は2つ南魚沼市に存在する。一つはレインボーに来て英語と数学を激変させること。 毎年、信じられないくらい上げてきている。
しかし、それはお金がかかる。無料でもっとも合理的かつ建設的な手法がある。
志望校を変えることだ。

現時点で最低限B判定のつくところに下げればいいんだよ。。
なぜそうしないのかい? 無いものねだりをしてはいけない。人生かかった進路の選択なのだから。不安で目途のないまま4月の夢を9月になっても追いかけてはいけない。親といっしょに現状をしっかり認識しないといけない。ボロボロの模試結果を見せるんだ。

親に!

成績が今後伸びれば志望をもどせばいいんだから。

ポイントは、行けもしないところを追い続けるのでなく、自分の今の実力にあったところをはっきりくっきり目指しなさいということだ。それがあいまいだと3月までずれ込んで結局、高倍率になる地方国立の後期を受けて滑ったり,ネットでDとかFとかボロボロ書かれてしかも授業料が高めの三流私立に進むだけだ。 想像を絶する苦しい3月を迎えることになる。

現実的に合格できそうな大学を今の時点でしっかり見据えてそれで努力をつづけるんだ。現役でどこかに行くということはそういうことだ。
特に今年はそういう視点が大切だ。センター最後で例年より厳しくなるから。


 

夕暮れの六日町西口 大きな2Fのガラス越しにレインボーに通うあの娘の横顔が見えた。きっと英語か数学の授業をうけているのね。

最近あの娘が急にきれいになったのは、この間の全統マークで突然、A判定を3つもとったからかも。

英語なんか私よりずっと下だったくせに急に学年TOP3に入っちゃった。

 

隣りに座る学年TOPの男子

気のない素振りしてあの娘の本当の目的はあの男子かもしれない。

なによ!あれ? 思わず2人で顔を見合わせて笑ったりして。あんな爆笑ばかりしているような塾でいい大学にいけるの?みんな8割と9割超えとかいってるけれど信じられない! 

 

あの男子が好きだった。1年のときからずっと。2年の春、わたしと一緒の塾に入ると思ってた。あの男子はレインボーに行ったけれど、私は絶対諦めない。あの男子を私に振り向かせてみせる。だれがみたって私のほうが小顔だし下半身デブじゃないし可愛いに決まってる。友達はみんな「楽勝よ!」といってくれるもん。

でもよ!私から言い寄ったりしない。

偶然を装って駅の階段で待ったり、朝、改札であなたが出てくるのを見計らって一緒に出るの。

「おはよう!」としか言わないで・・・

 

今度のマークで絶対A判定を取ってやる。あの娘には負けたくないから。

 

でもね・・・私ときたらあまりトイレを使いたくない塾に通っているの。だから私、今週から塾に行くときは尿取りパットをして頑張るわ!

 

 

 

 

 

地力では絶対いけないお粗末なレベルのものが、指定校推薦という高校間格差を黙認した生徒集めの手段に乗っかろうとする。

大学進学後、本試験合格組に「こんなレベルの低い人と一緒だなんて吐き気がする。情けない。」とまで思われていることさえ知らないで・・・

 

去年、国立に公募推薦で受かったうちの生徒が

「本試験で入ってくる生徒に馬鹿にされないように最後まで勉強をつづけます。」と推薦合格の日ににこりともせず言い切った。

その女子は、その後12月の模試でA判定をもぎとり。センターで85%を超えた。地方国立なら十分な実力を示した。

これくらいの根性をもって実力がある生徒こそ推薦合格がふさわしい。

 

真逆の推薦合格がはびこっているように見える。とくに今年の受験はセンター試験最後。「何とか合格をしたい。結構いいとこみたいだからあそこに入りたい。模試判定は全然だめだけれど内申はあるから・・・」

そういう生徒が今年はどんどん増えているような気がする。

 

情けない受験生に成り下がるんじゃない!

一体だれがどう君を推薦するんだろうか? 低レベルの高校の内申が唯一最大の条件なのか?

推薦とは「人より優れているから採用するべきだ」という意味だ。

本試験では受からないけれど推薦なら受かるかもしれないという推薦狙いでなく、堂々推薦にふさわしい自分であれ!

 

「私は一体これから4年間 どこで何を学びたいのか!」 原点はそこだろうな。

 

                                                                            監督