焦らず、気負わず、
変えられないものが目の前に現れて、
どうすることも出来ず、泣くしかなくても。

音がわたしを生かしてくれる。
風がわたしを包んでくれる。

聲だけが残る。聲だけが届く。



何も出来なくても。綴ることも出来なくても。


音だけが響く。音だけが聴こえる。

それしか出来ない。でも、それが出来る。





聴くこと。
音を奏でること。
身体を使うこと。


変えれないものを受け入れる勇気。


ほんの少しだけの勇気を握りしめて、
この時を生きる。この時を過ごす。


大丈夫。大丈夫じゃないことをわたしが知ってる。

それぞれが向き合ってることをわたしが知っている。

焦らず、気負わず、自分の道で、自分の音を。




徳永菜