半田カメラ/気になったら とりあえず行ってみるブログ

半田カメラ/気になったら とりあえず行ってみるブログ

カメラマンで巨大仏像写真家の半田カメラが、
「気になったら とりあえず行ってみる」
をモットーに、彷徨いつづける日々の記録です。

NEWS!】  
半田カメラ初の大仏ガイド本が現在全国発売中!
「夢みる巨大仏 東日本の大仏たち」

詳細は出版社、書肆侃侃房 のページよりどうぞ。



 
牛久大仏絶景写真集「牛久大仏はそこにいる。」
は牛久大仏の胎内売店と仲見世で販売中です。

それ以外のお取り扱い店はこちら↓
「牛久大仏はそこにいる。」取扱店さま
 

表紙

大仏写真家半田カメラのほぼ大仏、たま~に穴な記事
「日本ワタシ遺産」毎日新聞ニュースサイトでリリース中です。
ウェブ版です、どなたもお気軽にご覧ください→「日本ワタシ遺産」

 半田カメラの巨大仏写真をまとめてご覧になれるフォトギャラリーです。
こちらからどうぞ→ 「恋する巨大仏 Kyodaibutsu in love」


恋する巨大仏



テーマ:

昨日5月19日(土)に横浜市開港記念会館にて、

スーリールファム「2018 春フェス!」が行われまして、

そちらで写真展をさせていただきました。

 

題して「夢みる巨大仏 in 横浜市開港記念会館」

お越しくださった皆さま、ありがとうございました!

本日はそのレポートです。

 

お越しいただけなかった方にも少しだけ気分を味わっていただければ…

というのもちょっとはありますが、ほとんどは自分の記録用です。

よろしければお付き合いください。

 

 

さて、

スーリールファムは「女性を元気にする」活動に取り組んでいる団体ということで、

私もいちおうは女性でして、参加させていただいても何の問題もないとは思いますが。

でも、まぁなんていうか…

やはり私の写真展は会場では異質な雰囲気を放っていたように思います。

 

 

イベントではトークショーやワークショップなどいろいろありましたが、

ブース会場では、ハンドメイドアクセサリー、小物、可愛い雑貨などの販売。

ネイルやハンドマッサージなどなど…

出展者の皆さまの多くは、ひと言で言えば「女子力高め」という感じでしょうか。

少なくとも私にはそう見えました。

 

そんな女性達の笑い声が響き渡る大きな会場を抜けた先です。

 

 

ちょっとばかり寂しくひっそりとある、この一室!

ここが写真展の会場でございました。

 

 

うーーん、確かにちょっと入りづらいかも…

しかも「巨大仏」とか書いてあるし…

「なんなんだここは」という妖しい感じ、あふれてましたね。

 

勇気を持って入ってきてくださった方々に「ありがとう」を言いたいです。

ありがとうございます!

 

そんな妖しげなこの一室に、一歩足を踏み入れると…

 

 

いつもの大仏写真がずらり。

これがこの日の展示の全て。

全20大仏の写真と解説のキャプションです。

 

この日ただ1日のためだけですが、

キャプションもけっこう頑張って作りました。

内容も楽しんでいただけるものだったと思います。

 

私の写真展目当てで来てくださった方はごくごく稀で、

ほぼ「巨大仏?なにそれ?」的な、

ある意味、恐いもの見たさにも近い感覚で入ってきてくださった方々ですから、

お手製のMAPを入口で手渡ししまして、必要とあらばご説明させていただきました。

 

 

こちらですね。

あ、ちょっと当日のものは一部変更がありますが、

だいたいこんな感じです。

 

このMAP、100枚つくって持って行ったんですが、

終わって残り枚数を数えてみたら10枚程度でしたので、

10〜16時までの6時間限定のイベントとしては、

なかなかにお客さまも入っていただけたんではないかと思います。

 

中にはこのMAPにペンでチェックを入れて、

「今度行ってみますね」

なんて言ってくださった方もいて、嬉しい限りです。

本当に興味を持って足を運んでくださるといいな。

 

 

今回、中央に一番大きく展示したのは東京湾観音でした。

全て横位置写真で統一した中で、唯一縦位置でドーンみたいなイメージ。

最近の「推し仏」ですからね、推してみました。

 

皆さんだいたいの感想は

「へー、こんなにあるんですねー大仏って」

っていう感じ。

たまーに「面白いですね」って、いろいろ質問してくださる方もいて、

そういう方には必要以上に説明させていただきました。

うるさかったらゴメンなさい。

興味持っていただければ本望でございます。

 

まだまだご存知ない方が多いということを改めて実感しました。

「青森出身なんだけど知らないなー」

とか、

「熊本出身だけど知らないです」

とか、

「宮崎出身だけどこんなのあるんですか?」

とか何度言われたことか。

 

私ももっと頑張らねばいけないのかも。

もの凄い有名になっちゃっても困りますけど、

素晴らしいものが、地元の方にも知られてないっていうのは…

もうちょっと知っていただきたいなと思いましたね。

そんな感想でした。

 

 

という感じで、

準備などいろいろ大変な部分もありましたが、

概ね楽しかったイベントへの参加でした。

 

お越しくださった皆さま、設営、撤収をお手伝いいただいた皆さま、

ありがとうございました!

 

次回の写真展はまだ決まっていませんが、

うっすらお話しだけは来てたりします。

詳細決まりましたら、またこちらでご案内いたします。

 

取り急ぎ、ありがとうと、自分のための記録でした。

ではまた、巨大仏ブログで。

 


テーマ:

あっという間に明後日です!

5月19日(土)横浜市開港記念会館で行われる、

スーリールファム「2018 春フェス!」

というイベントに参加します。

 

題しまして、

大仏写真家 半田カメラ写真展

夢みる巨大仏 in 横浜市開港記念会館

です。

 

横浜市開港記念会館は重要文化財にもなっている建物です。

 

横浜市開港記念会館は、みなとみらい線「日本大通り」駅より徒歩1分
写真展は館内1階の2号室にて10時〜16時
他のブースは参加料がかかるものもありますが、写真展はどなたも入場無料です。


大仏写真は20作品を展示予定で、そのすべてにキャプションを付け、
観て、読んで楽しんでいただければと思っています。
キャプションつくりました。

 

ちょっと分りづらいかな?こんな感じです。

 

以前のブログに書きましたが、半田作の大仏MAP無料配布する予定です。

その他、拙著「夢みる巨大仏 東日本の大仏たち」

牛久大仏写真集、その他のグッズ販売も行います。

 

素敵すぎる建物を見学するだけでも楽しいと思います!

ぜひお越しください〜!

お待ちしています。

 

 

その他、イベントの詳細はこちらです。

 

【結城アンナさんトークショー】

 

◇日時:2018年5月19日(土曜日)11:00~

    10:30 開場・受付開始/全席自由

◇入場料:¥1,600円(事前申込) 残席ある場合当日券¥1,900円販売

 

✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・

大仏写真家 半田カメラ による大仏写真展 開催

『夢みる巨大仏 in 横浜市開港記念会館』 

同会場・2号会議室にて   入場無料

http://handa-camera.wix.com/kyodaibutsu-in-love

 

✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・

【カメラマン 石川奈菜 によるプロフィール撮影会】

30分/予約制/約20カット(後日データ送信)/

簡易修正1枚対応/¥5,000円 

HPやブログで貴女を紹介する写真が、ビジネススタートの

一番のかなめかも知れません!この機会に是非。予約は直接メールで。

na811na@gmail.com

同会場・3号会議室にて

 

✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・

【ブース出展会場】1号会議室にて

★【種子島の物産販売とポテチの試食】

 共同組合ジャスメック種子島黒糖組合

http://jasmeq.com/

★【ジェルネイル施術とキッズリボン販売】/mini nail

https://ameblo.jp/mini-nail/

★【オーラソーマでカラーセラピー】 / Higher Self Service

https://ameblo.jp/yskippy/

★【リメイク鉢販売、多肉植物寄せ植えワークショップ】/容舞后(ようこ)I-Factory

※ワークショップは現在「キャンセル待ち」となっております。

 https://minne.com/@11284050

★【セラフィオーレ(アーティフィシャルフラワー)】/メリッサ

★【整体師のハンドマッサージと占い】/hand-glad

  https://ameblo.jp/hand-glad/

★【アクセサリー、小物雑貨販売】tohka_style

   https://www.instagram.com/tohka_style

★【おとなカワイイポーチ・バッグ、チュニックワンピの販売】/ニット&コットン smart

   https://minne.com/rubynana735

★【ルノルマンカード占いとサンキャッチャー作り】/ Navi&K

★【かっさ体験】 / iCassa 孫春玲

 http://www.icassa.jp

★【米粉のパンとシフォンケーキ】 / Caféらいさー

http://www12.plala.or.jp/raiser/

★【スワロフスキー、コットンパールのアクセサリー】/Atelier Bijou 

    http://www.facebook.com/atelierbijou2010/

★【占い】/目黒アンジェリカ

★【ハンドメイド品販売】/大人手芸部

★【初めての俳句&ミニ句会】/ いには俳句会

10:3012:30  ②14:0016:00 各回先着順24

http://www16.plala.or.jp/iniwa/

起業・NPO起ち上げ相談 / 起業支援アドバイザー 山根真知子

★【食育なぞなぞカルタ】/(有)クレア

(※予告なく変更する場合があります。ご了承下さい)

✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・

  4号会議室は

  【スーリールカフェ】/ NPO法人スーリールファム 

 コーヒー、紅茶 \200

 横浜野菜を使ったお弁当¥600円、ドライフルーツ¥600

 

5号会議室はスーリールファム特別企画

【眉&チーク講座】9:4510:45 先着10名 ¥500円/お1

・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・✨✨・・・・・

【大人の自由な発表会】講堂ホール 13:45~16:00

14:00~ フルートアンサンブルサークル「プレジール」演奏

・アラベスク ドビュッシー

・ニューシネマパラダイス

YELL  他  

14:45~ 防衛医科大学校ピアノ愛好会

 山本 由起さん 演奏

 予定曲:グラナドス「演奏会用アレグロ」

 

15:00~ ピアノユニット 「レ・スリール・デュー」 Les sourire doux 演奏

・アイ・ガット・リズム ・踊りあかそう ・コーヒールンバ 他

 

15:15~ ピアノ

ベートーベン ソナタ「悲愴」第二楽章

ドビュッシー アラベスク

✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨✨・・・・・✨✨  

 

イベントの詳細はスーリールファムのサイトよりご覧ください↓

NPO法人スーリールファム


テーマ:

このブログではもうすっかりお馴染みの、

千葉県富津市にある高さ56メートルの巨大観音、東京湾観音

もうご説明するまでもないと思いますので、詳細は省きます。

 

拙著「夢みる巨大仏 東日本の大仏たち」

の表紙にさせていただいた、という縁もあり、

私は東京湾観音に関わる皆さまにとても懇意にしていただいていて、

いろいろと情報が入ってくるわけです。

 

そんな中で、これは多くの方に知っていただきたい!

という情報が入りましたので、いち早くこちらでご報告いたします。

 

これは以前にもどこかで書いたと思うのですが、5月の連休が明けまして、

東京湾観音は今週から大規模な改修工事に入りました。

 

 

写真のように観音さまの周囲は現在、立ち入りできないようになっています。

 

 

昨日まではこの周囲の環境整備。

足場は今日から組みはじめてました。

 

近寄れませんが、この周りはぐるりと歩けますので、参拝できます。

 

工事期間中は「とらわれの身の観音さま」という、

なかなか観ることのできない、それこそインスタ映えするであろう光景が、

何ヶ月間か観られるのではないでしょうか。

個人的にはちょっと楽しみです。

 

ただ、東京湾観音の醍醐味であろう胎内拝観はできません。

なんだ…胎内は入れないんだ…

と、行くのやめようと思っている方がいたら、

ちょっとまった〜〜!!!

なんです。

 

工事期間中だからこその展示が行われているのです。

 

観音さまの背後にあたる場所に観音会館という建物がありまして、

そちらは工事中も変わらず入ることができます。

現在その観音会館の中で、

「秘仏 特別御開帳」が行われているのです!

 

 

観音会館を入ると「特別御開帳」のポスターがあり、左手に通路がつづいています。

普段は締め切りで開かれていない秘密の通路です。

 

 

通路にはチェーンソーでつくられた干支の作品群、

壁には東京湾観音の四季折々の写真(私が撮ったものではありませんよ)と、

観音さまの建設時の古い写真が!

 

 

この写真はかなり貴重です。

マニアならずとも必見!

じっくりご覧になってください。

 

そして通路の奥の部屋には、

長谷川昻(はせがわこう)先生の作品が一堂に会しているのです。

長谷川氏は「現代の円空」とも言われた人物で、

東京湾観音と釜石大観音の原型作者であり、

両観音さまの胎内に安置されている仏像も長谷川氏の作品です。

 

大規模改修工事にともない、

観音さまの胎内に展示されていたものを、こちらの会館におろして一堂に展示。

それに加え、通常は非公開の長谷川作品の秘仏を公開!

これは見逃せません!!

 

その一部を特別にお見せする許可をいただきました!

こちらは先ほどの通路も含め、すべて撮影禁止です。

特別な許可をいただいて撮影しています、どうかご了承ください。

 

 

この優しい横顔は「秘仏 百寿観音」です。

本当に素敵でした。

 

室内は空気が張りつめたような感じなのですが、

長谷川作品ってなんだか優しさというか、あたたかさを兼ね備えていて、

威圧感はいっさい感じません。

 

もう一枚だけ。

 

 

こちらは胎内拝観をした方なら記憶にあるであろう「七福神」なのですが、

こちらに展示されているのは「八福神」となっています。

 

そうです、おひとり秘仏がまざっているのです!!

さて、どれでしょう〜。

実際にご自分の目で確かめてみてください。

 

これだけではなく、室内には、秘仏、秘仏、秘仏…

と、秘仏だらけです。

これは本当に一見の価値ありです!

 

工事は天候に左右されますので、この展示がいつまでなのか、

実ははっきりとはしない状況です。

晴れが続くと10月末ぐらいかもしれませんし、

悪天候が多ければもう少し先まで観られるかも…?

 

とにかく、通常は非公開の長谷川作品を観られるまたとないチャンスです!

この機会をお見逃しなきように。


テーマ:

あっという間にあと10日です。

キャプションなどなどまだ手つかずで、ちょっとあせってきましたが…

やります、写真展。

 

10日後の5月19日(土)横浜市開港記念会館で行われる、

スーリールファム「2018 春フェス!」

というイベントに参加します。

 

題しまして、

大仏写真家 半田カメラ写真展

夢みる巨大仏 in 横浜市開港記念会館

です。

 

横浜市開港記念会館は重要文化財にもなっているとても素敵な建物です。

 

イベントではタレントの結城アンナさんのトークショーや、

ワークショップ、セミナーなどなど、

オシャレなラインナップが展開される予定で、

私の写真展はたぶんそこだけが異色な空間になること間違いありません。


横浜市開港記念会館は、みなとみらい線「日本大通り」駅より徒歩1分
写真展は館内1階の2号室にて10時〜16時
他のブースは参加料がかかるものもありますが、写真展はどなたも入場無料です。
(搬入が当日になるので、朝10時にいらっしゃるとまだ一部準備中という可能性も…)

 

今回は初のイベントへの参加ということで、

はじめて私の大仏写真に触れる方も多いと思いますので、

ベーシックに日本国内の大仏写真をセレクトし展示したいと思います。

 

大仏MAPを作りました。

こんな感じを予定しています。

 

はじめてでない方のために、今まで展示したことのない写真も6点ぐらいかな?

すくなくともそれぐらいの新作を入れようと思っています。

ちなみにこのMAPは当日お越しくださった方に無料配布する予定です。

ぜひお越しください。


キャプションで各大仏さまのご紹介もするつもりですが、
こちらは制作が間に合えば…という感じ。
あと10日、頑張ります!

 

その他、拙著「夢みる巨大仏 東日本の大仏たち」

牛久大仏写真集、その他のグッズ販売も行います。

素敵すぎる建物とオシャレなイベントに大仏写真という…異色のコラボをお楽しみに!

 

イベントの詳細はスーリールファムのサイトよりご覧ください↓

NPO法人スーリールファム


テーマ:

前回の序章ブログから、さっそく本編に入ってまいります。

九州の大仏たちと、大仏写真家を名乗る私のレーダーに引っかかった、

大仏以外の巨なるものたちを巡る旅日記です。

 

まず宮崎ブーゲンビリア空港に降り立ちまして、

この旅で最も行きたかった、宮崎の石仏だらけの場所に行き、

(訳あってブログではこの場所は飛ばします)

すぐに鹿児島へ向かいました。

 

今回の旅は2泊と短期間なので、宮崎から遠い位置にあたる、

桜島を挟んだ鹿児島の西側エリアには、時間的にちょっと行けず。

東側エリアを少しだけ巡ろうということで、

私がまず選んだのは攻めてる天文台」と(私の中で)話題沸騰中の、

輝北天球館(きほくてんきゅうかん)でした。

 

九州では以前の旅で熊本の攻めてる展望台、玉名天望館に行っており、

その存在感にいたく感動して記事にもさせていただきました。

記事はこちら↓

「日本ワタシ遺産 登録No.25 玉名天望館/No.26 明治百年記念展望塔」

 

その熊本の展望台に勝るとも劣らない、

攻めまくりの天文台が鹿児島にもあると聞けば、これは行かなくてはなりません。

 

しかしながら、そんな早る気持ちとは裏腹に、

先ほどまで晴れていた空は、ここにきてかなりどんより

しばらく行くと雨も降り始めました。

どうやら南下するにしたがいどんどん天候が悪化しているようです。

 

その上、天球館があるのは「輝北うわば公園」というところなんですが、

ここが、けっこう高所にあるようで。

 

 

雨風が吹き荒れはじめた上、進むにつれて

10メートル先がまったく見えない状況に…

これ、目的の天球館に着けるの?

そして天球館、見えるの??

 

と、不安になってきて、

ここにきてはじめて輝北天球館のことを調べました。

すると、目的の天球館が休館日であることが判明!!

ガッテム…!

 

調べなかった自分が悪い…

平日とはいえ連休の中でもあるし開いてると思ってた…

でもせめて、その攻めてる外観だけでも観たい!!

その一心で先の見えない山道をひたすら上って行くことに。

 

すると、

駐車場らしい開けたところに出たけど、

何も見えません。

心の目でみたら見えるのか?

いや、見えない。

 

天球館、どこ?

 

真っ白い闇ってあるんですね。

真っ白い中に取り残されたみたいに周囲が何も見えません。

ホワイトアウトってこんな感じかな。

 

 

あっ、階段発見!

この上かな?

 

階段の先はまったく見えないけど何かありそう。

天球館って名前なんだから、きっと上にあるでしょう。

 

階段を上った先に、

何かのモニュメントっぽいものがかすかに見え、

その先に…

 

さらにうっすらと

何かが見えてきました。

 

 

そこにあったのはまるで

地球ではないどこかに迷い込んでしまったような光景。

まさにSFの世界。

 

手前にある、アーチらしきものをくぐってみます。

近づかないとよく見えないから。

 

 

見えてきた全貌が凄い。

 

いろんな形の廃材とかが強力な磁石みたいなものに引き寄せられて、

ガンガンガンってくっついて出来たみたいな。

…違うか。

ちょっと上手い例えが思い浮かばなかったです。

すみません。

 

 

かなり近づいて広角レンズで撮っています。

ここまで近づいてやっとクリアに見えるという…

いかに霧が立ちこめているかということです。

 

こちらの輝北天球館、4階に天体観測ドームを備えた天文台で、

昼間でも一等星以上の明るい星なら観ることができるそうです。

中にも入ってみたかったですが、前述した通り、この日は休館日。

 

せっかく来たんだから、足元部分に入れてもらっても良いですよね。

雨風が凄いですし、ちょっと雨宿りだけでも。

と思ったら、ここもまた凄かった。

 

 

広角のレンズで撮ってますから、歪んでさらにありえない世界観になってます。

霧の効果もあいまって、今まで見たことのない不思議な光景が広がっていました。

 

 

歩いているのは私です。

人が入るとスケール感が分りやすいですね。

 

個性的すぎる外観は、何かの巨大な生命体のようにも見えます。

美しくも、怖くもあるような。

何と表現するのが正しいのか…的確な言葉が見つかりません。

 

雨と霧のため、不思議な建造物がさらに予想外の不思議さで目の前に現れました。

不安になりながら、雨にぬれながら、ここまで上って来て良かった。

雨でなければ観られない光景でした。

 

 

と、

中に入れなかったので、外観以外の情報はありません。

すみません。

 

気になった方はぜひ実際に足を運んでみてください。

この攻めすぎてる素敵な外観をみるだけでも行く価値はあると思います。

その際にはぜひ休館日をお確かめくださいね。

と、入れなかった私から最後にして最大のアドバイスでした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。