半田カメラ/気になったら とりあえず行ってみるブログ

半田カメラ/気になったら とりあえず行ってみるブログ

フリーカメラマンで大仏写真家の半田カメラが、
「気になったら とりあえず行ってみる」
をモットーに、彷徨いつづける日々の記録です。

NEWS


 5月7日(土) 『道ばた仏さんぽ』 出版記念 
 
半田カメラ×安達えみ×おてらぶ トークイベント『毎日が仏さんぽ』

は終了いたしました。ご覧くださった皆さま、ありがとうございました!

 


2022年3月12日に新刊が発売されます!
「道ばた仏さんぽ」 (大和書房)
オールカラー文庫本 価格¥1,100 現在発売中!


 大仏ガイド本は引きつづき発売中です!
Amazonで購入いただけます。

  
Web連載
withnewsさんにて、お読みいただけます。


書肆侃侃房さんのWebサイト「Web侃づめ」からお読みいただけます。

今回は、前回のブログ

『北の地の達磨大師(前編)』の後編となります。

どうぞ前編より続けてお読みください。

 

函館空港に降り立ち、レンタカーを借りて私が最初に向かったのがここ。

空港から車で10分ほどの函館市民の森の近く。

小高い丘のような場所で地域を見守るように座る達磨大師像

この方に会いにやってきたのです。

 

 

像高は7メートルほどと聞いていましたが、

実際みると6メートルくらいじゃないかな…?

という感じがしました。

台座部分を合わせると7メートルほどあるかもしれませんね。

 

それでもこのビビットなカラーと輝く姿!

6メートルもあろうかという像を目の当りにすると、

存在感といいますか、威圧感といいますか、

とにかく、何らかの圧を感じるのは間違いありません。

 

そして、正面の写真からも伝わると思います。

全体的にもそうですが、特にお顔が平面的で、のっぺりした印象を受けます。

横から見るとどんな形状をしていらっしゃるのでしょう。

 

 

これ以上後ろに下がることができなかったので全体像はお見せできませんが、

後ろには緩やかな丸みがあり、

それをバスッと上からカットしてできた平面にお顔を描いた、みたいに見えます。

事実はどうかわかりませんよ、あくまでそんな風に見えるということ。

 

プロの仏師ではない個人の方がつくった

いわゆる手作り系大仏さまには、

こうした立体感がやや足りない像、というのが度々みられます。

これは力量の問題なのか、材料費の面…いわゆる経済的な問題なのか。

 

ただ、個人の方がつくられた像の良さも、当然あります。

先ず、可愛らしい造形親しみやすさなど。

それに加え、プロでない素人が、こうしたものを手作りでつくってしまうということに、

並々ならぬ熱量を感じるところです。

自ら作るまでしてしまう、そんな純粋な想いがとっても尊いな、と思うわけです。

 

目が黄色く光ってました「キラーン」

 

こちらの達磨大師像をつくられたのは、斉藤キワさんという女性です。

キワさんは明治生まれで、大正末期に旦那さんと死別された後、

夢の中で達磨大師に出会い、達磨像の建立を決意。

1951(昭和26)年に自らの手で彫り上げ、自宅の敷地内に祀ったのだそうです。

 

現在は高龍寺に寄贈されています。

2015年には修復作業も行われ、このようなビビットな輝きを取り戻したようです。

 

 

 

達磨大師の傍らにはキワさんの胸像もありました。

 

この像を拝見する限り、普通の女性といった印象を受けます。

そんな女性がこれだけ大きなものをつくったのか…と思うと、

そこには相当な想いとご苦労があったのでは、

と勝手に想像してしまいます。

 

この場所には達磨大師像以外にもう1尊、大きな仏像がありました。

 

 

不動明王像です。

こちらもかなりの大きさ!!

そして、独特の作風!!

もちろん、こちらもキワさんの作だということです。

 

この時点で私は思いました。

ん、ちょっと待てよ、と。

勝手に非力な女性が苦労して大きな像をつくり上げる図を想像していましたが、

これ、けっこう好きで、楽しんでつくってるんじゃないかな…って。

 

キワさんは、達磨像を制作後、この不動明王、八大竜王とつくっていったのだそうで。

そこには「つくらずにはいられない」『クリエイターズハイ』的な側面も見えるような。

もちろん事実はわかりません。

あくまでただの勝手な想像ですが、

きっと好きなものをつくった、素敵な人生だったんじゃないかな。

そんな風に思ったりしました。

 

なんにせよ、はるばる函館まで来たかいがありました。

素敵な達磨大師像、そして不動明王像との出会いでした。

 

 

北海道の旅のつづきは、また時間ができましたら。

どうか気長にお待ちください。

「北海道」「大仏」

一般的にはあまり結びつかないワードだと思います。

ですが、北海道にも会いたい大仏はたくさんあります。

ただいかんせん、北海道は広すぎる

これに尽きます。

 

北海道にも大仏さまはたくさんいるんです。

ただ、その大仏さまと大仏さまとの距離が車で2時間とか、

下手すると3時間…もっとかかったりする。

同じ北海道内なのに、です。

 

それに比べ九州は…例えば大分県などは、

会いたい磨崖仏と磨崖仏との距離が車で数分。

その数分の移動の間に、知らなかった磨崖仏を見付けてしまったりもします。

つまり密度がものすごく高い濃厚

 

そうした意味で言うと、北海道はあまりに広くて、

個人的に会いたい仏さま、行きたいスポットとスポットとの間が遠すぎる。

ゆえに、かなり時間を取れないと行けない、となってしまうわけです。

 

それでも行きたい。

やっぱり会いたい。

 

そんなわけで少し前に北海道に行ってきました

甲子園風に言うと、6年ぶり2度目の北海道です。

北海道で行った全ての行程はとても書けませんが、

いくつかピックアップして書こうと思います。

 

 

函館空港には、初めて降り立ちました。

レンタカーに乗り最初に向かったのは、

空港から車で10分ほどの場所にある、函館市民の森です。

 

ちょうど紫陽花が奇麗に咲いていました。

 

この市民の森からほど近い場所に、

大きな達磨大師像があると言うのです。

10年以上前からその存在は知っていましたが、今まで来れていませんでした。

 

ただこの場所がわからなかった…

スマホのマップに頼りきっていたら、

ピンがちょっとズレた場所に立っていて見付からず、

ぐるぐる歩き回ってしまいました。

 

最終的には、どうしても解らず、

アイスクリームを売っているお店の方に聞きました。

コロナ禍なので、できるだけ自力で探し当てたかったのですが、

やはり人から直接得る情報が一番早い。

暑かったので、アイスも美味しかったです。

 

 

教えていただいた交差点に着くと、

交差点の向かい側から、すでに達磨大師は見えていました。

見える人には見えます。

私は二度見しました。

 

どこにいるのかお解りでしょうか?

 

上の写真の中心部に寄りますね。

 

 

赤い何者かがこちらをのぞいています。

探している方は、あの方で間違いない様子。

 

この引きの写真でこれだけハッキリその輪郭が分かるということは、

つまりかなりの大きさだということです。

 

 

看板には

「道南名所 第三位 達磨大師像

とあります。

 

どういった基準で道南の名所第三位なのかは分かりません。

少なくとも私にとっては今のところ、道南名所第一位です。

だって他の何にも目もくれず、空港から真っ先にここに来たのですから。

 

いったいどんな達磨大師が現れるのか。

早る心を抑えつつ、

看板のある参道入口からのびる階段を上っていきます。

 

見えて来た達磨大師の全貌は…!

 

 

太陽の光を直に浴び、ピッカピカに輝いていました。

赤と白と黒。

太陽光を浴びる三色のコントラストがとても眩しい。

 

 

親しみを感じるユーモラスで優しげな達磨大師。

胸の逆三角形の黒い部分は胸毛でしょうか。

つくった方のデザインセンスに目を見張ります。

 

そして、デッカい!!

高さは約7メートルあるとのこと。

 

この像は誰がどのようにして作ったものなのか。

長くなりましたので、詳細は後編につづきます。

もはや言いたくもありませんが、暑いですね。

コロナも感染拡大、真っ最中ですし。

何の気兼ねもなく旅に出られたあの頃が懐かしい…

皆さま、どうかお身体お気を付けください。

 

このぐらいの時期になると、

お寺のお盆の法要行事、万灯会(まんとうえ)をチェックし、

参拝、撮影に行くのが私のライフワーク。

…だったのですが、コロナのため中止になることが多く、

ここ数年は悲しい思いをしております。

 

そんな中、

少し前に、とあるお寺の万灯会に参拝してきました。

上野にある浄名院さんの万灯会です。

 

浄名院さんの境内には八万四千体地蔵尊と呼ばれる、

無数の石仏がビッシリと並んでおり、その光景が実に壮観なのです。

 

八万四千体地蔵尊は、拙著『道ばた仏さんぽ』にも掲載させていただきまして、

そのご縁もあり、お寺さまとは連絡を取っていました。

今年の万灯会は7月9日、10日に行われると聞いていたので、

参拝させていただくことにしたのです。

 

 

その日は6回の法要があるということで、最後の法要は17時から。

ただ日が暮れて灯が灯りはじめるのは19時過ぎからということでした。

ですから17時に一度参拝し、灯明をお供えさせていただき、

日が暮れるまで食事をして待ち、19時頃に再度参拝しました。

 

参拝者がお供えしたランタンの灯に加え、

19時をまわると次第にLEDの灯も灯りはじめます。

 

 

三門もこんな幻想的な雰囲気に。

 

八万四千体地蔵尊は、縦約35cm、横約25cmの石のお地蔵さまです。

正面に地蔵立像が刻まれ「八万四千体地蔵尊」と「第○○○○番」という通し番号が入っています。

風雨にさらされ崩れはじめている像もありますが、それはそれで味わい深いです。

 

 

この同じサイズの石仏が、境内には約二万六千体

それらが整然と並んでいるのです。

 

 

本来この灯は毎年、万灯会にのみ灯されていましたが、

新型コロナウイルスの感染者が報告された2019年からは、

終息の願いを込め、毎晩灯されつづけています。

 

 

この写真を撮っているとき、ご近所の住人と思われる方が、

「こんな風になってるなんて知らなくて、来て驚いた」

とおっしゃっていました。

 

ご近所の方もしらない、近くにある美しき異世界。

皆さまも一度参拝してみてはいかがでしょうか。

 

 

八万四千体地蔵尊のコラムはnoteにも公開しています。

似た内容ですが、少し書き方と写真を変えています。

よろしければ、そちらの方もご覧ください。

 

 

 

※撮影は許可を得て行っています。

参拝の際にはご配慮をお願いいたします。

今回は、前回のブログ『川場村 石仏めぐり(吉祥寺編)』

の川場村の中心的なお寺、吉祥寺さんを参拝した後のお話です。

 

 

「2日ぐらいかけて、のんびり石仏散策したいな…」

と思うほど、群馬県の川場村にはたくさんの石仏が点在しています。

 

私はいつも車移動するので、道を走っていると

「あっ、あそこに石仏!」

ってなるんです。何度も。

でも車を停められないことが多くて、泣く泣くスルー。

石仏散策用のレンタサイクルがあったらいいな…と常々思っていて。

吉祥寺副住職さんにご挨拶させていただいた際、その旨ご提案しておきました。

…提案しただけで、実現するかは別問題ですが。

 

で、吉祥寺を参拝した後、

川場村に点在する石仏の中でも特に有名な石仏に会いに行くことにしました。

恥ずかしながら、まだ会ってなかったんです。

 

それが吉祥寺から車で5分ほどの場所にある、

子育慈母観音像です。

 

 

「川場村 石仏」と検索すると、

最初に出てくるのはこの慈母観音なんじゃないでしょうか。

 

西洋風の顔立ちの、美しい石仏ですよね。

でも「観音」っていうより…マリア像に近い気がします。

川場村は江戸時代初期にキリスト教の伝道士が訪れ布教をしたと伝わります。

そのため、この像も隠れキリシタンの信仰した聖母マリアの像と言われているらしいです。

 
そんな歴史を聞くと、もっと丁重に保管されていてもいいのでは?
と思ったりしますが、そこは石仏。
ふつうに道ばたにあるんです。
 
 
慈母観音のすぐ隣には、手を取り合ってピッタリ寄り添う、
足踏み道祖神もありました。
 
 
ゼロ距離すぎでしょ。
まぁ、双体道祖神はだいたいそうか。
よく見ると、右の男神が左の女神の左足を踏んでいます。
 
 
足を踏まざるをえないほどの密着感を表しているのかな?
って思ったら、
「足を踏むのは愛を打ち明ける意味」
なんですって!
なんだか『神々の遊び』だわー。
 
…はっ!だから足踏み道祖神なんだ!!
って、いま気付いた(笑)遅過ぎ。
 
 
この足踏み道祖神のすぐ脇に『道祖神巡り』と書かれた、
少し日に焼け色褪せた看板が立ってたんです。
 
 
当然ながら、
「おっ、いいな。道祖神巡りしたい!」
ってなるわけですが、全部巡ってる時間はない。
帰り道すがら、どこか1箇所だけ寄ってみよう、となったわけです。
 
皆さんなら、どの道祖神に寄りたいですか?
私は性格的に、こうなります。
 
 
⑦面白い石仏群
 
果敢にも自らハードルを上げてくるネーミング。
どう面白いんだろ?個性的な感じかな?
と、気になっちゃうわけです。
 
当然、行ってみました。
 
 
見付けた『面白い石仏群』がこちら。
看板があるから、ここで間違いない。
 
 
どこがどう面白い石仏群…??
ちょっとわからないです…
私が無知だからかもしれません、きっとそう。
 
 
 
 
⑦面白い石仏群
の案内看板にあった説明文をそのままここに書きますね。
 
『困った人、悲しむ人、悩む人。近くで聞いてくれるのが石の仏、
一緒に願い、祈る、有りがたさ、嬉しさ。
それぞれの役割で、お顔も髪も衣も異なるが、皆頼もしい。』
 
だそうです。
一般的な石仏の説明であって、この石仏群がどういったものであるかの説明ではない様子。
特別な名前がなかったから『面白い』としておいたのかもしれません。
その『面白い』につられて参拝しにくる私のような人もいるわけですから、
このネーミングはある意味、正解だったとも言えるかもしれません。
 
さすが川場村。実に面白い。

ここ数年はあまりに忙しく、近況や告知をするのみで、

いわゆる『旅日記』的なブログをほぼ更新していませんでした。

少し落ち着いたので書こうかな、と思ったものの、

あまりに書かなきゃなことが溜まりすぎて、もはや整理しきれません。

 

とりあえず、近況からはじめようか…

ということで、

先月末、酷暑の中で訪れた群馬県の川場村のことを書こうと思います。

 

 

まずは川場村がどんなところか、という話。

川場村は群馬の中心部から、やや新潟寄りの県北部に位置し、

東京都心からは車で2時間…いや、2時間半はみておいた方がいいかも。

私的にはちょっと遠い群馬県、という感じ。

 

この川場村には石仏がとても多いのです。

 

石仏好きの私としては、まる1日いても飽きない地域ですが、

そんなに長くは居られないので、ちょこちょこ来ては石仏を巡っている、

というわけです。

 

そんな川場村の石仏たちが集まってくるのが、

川場村の中心的なお寺、吉祥寺です。

 

何を隠そう、吉祥寺にはこちらの石仏さんがいらっしゃるのです。

 

 

なんとなく見覚えありませんか?

 

そうです!

こちらの石仏さんは、拙著『道ばた仏さんぽ』

のカバーに使わせていただいた石仏さんです!

 

 

本が出て以来、はじめてのご対面。

「無事、本を出すことができました。ありがとうございます。」

とご挨拶。

 

 

吉祥寺さんは、観光バスが停車できるスペースがガッツリあるぐらい、

日々多くの参拝客が訪れるお寺です。

境内には石仏も多いのですが、季節ごとにたくさんの花が咲くので、

一般的には『花寺』として知られています。

 

 

川場村の各所から集まってきたであろう石仏たち。

 

 

ちょうど紫陽花の時期だったので、

ところどころに咲く紫陽花と、その隙間に可愛らしい石仏が観られました。

 
 
「みそなめじじい」と呼ばれる閻魔大王と、
「みそなめばばあ」と呼ばれる奪衣婆(だつえば)の石仏。
 
なんでも、二体の石仏の唇に味噌を塗ると願いを叶えてくださると、
信仰を集めたらしいです。
そう言えば、山梨にも
「病んでいるところに味噌を塗り祈れば病気が治る」
という石仏があったなぁ。

味噌を塗るという信仰の形は、全国各所でみられるんでしょうか。

関東近県のみかな?新たな疑問が。

 

 

このように、

私にとって吉祥寺さんは『花と石仏のお寺』というイメージなのですが、

最近はこんなことで注目を集めているらしいのです。

 

 

なんと!

『恋人の聖地 吉祥寺』

 

なんでや?!

ってなりますよね。

なんでかと言うと、

 

 

本堂にあるこの『猪目窓』(いのめまど)が

ハート型に見えることから、

恋人の聖地に選定されたんだそうです。

 

確かに美しい。

ここで写真撮りたくなります。

 

全国の観光地からプロポーズにふさわしい場所を『恋人の聖地』として選定する、

『恋人の聖地プロジェクト』っていうものがあるんですよね。

私の行ったことのある観光地でもけっこう選定されている場所があります。

 

少子化対策への貢献をテーマとしているプロジェクトということですが、

吉祥寺の参拝客は私より年上の中高年層が圧倒的に多く見えます。

もっと若い方々に知っていただきたいですね。

 

 

まぁ、私としましては、圧倒的に色気より食い気。

 

 

吉祥寺の本堂では美味しいお抹茶と季節の和菓子をいただけます。

私が参拝した際は500円でした。

綺麗な庭園を眺めながら、ひとときの癒やし、といった感じでございます。

 

可愛い石仏がたくさんあって、花が奇麗で、

SNS映えするハートな窓もあって、スイーツもある。

吉祥寺さんは、つい長いこと居てしまうお寺です。

ぜひ一度ご参拝ください。

 

 

最後に、吉祥寺さんの本堂の売店コーナーに、

拙著『道ばた仏さんぽ』を置いていただいていた、

ということに、心からの感謝を伝えさせていただきまして、

久しぶりの旅日記ブログをしめます。

 

川場村 石仏巡り 後編は、また時間ができましたら更新します。