ホリスティックアロマテラピー Aroma future
  • 12Nov
    • 二分脊椎っこ経過報告

      二分脊椎っこ経過報告。 長女の今日は定期検診day。 泌尿器科と脳神経外科行ってきました。 だいたい2月(ふたつき)に1度の泌尿器科検診では、通常の採尿検査でおしっこの濁りがないかの確認をしています。  半年に一度くらいは腎エコー。 その辺りは身体にそこまで負担なく検査できる範囲です。最近の採尿検査ではずっと濁りが指摘されていて、今日は採尿した段階で、目視でもう「これあかんやつやん…」ばりに濁っていました…案の定先生に指摘されて〜年が明けたら膀胱の造影検査をしないといけなくなってしもーた。こないだ7月にやったのは腎シンチグラム検査という検査でした。>>>https://ameblo.jp/aroma-future/entry-12391470977.html今回はそれとはまたちがう膀胱の影を撮影して形に異常がないかを見る検査。その検査で状態が悪ければお薬飲まないといけないかもと。それは避けたいなぁ。といつも思う。検査は決まってしまったので、とりあえず今できることとして水分の摂取をがんばる。保育園には看護師さんをつけてくださったので導尿はできているし、水分だと思うんだよなぁ。でも膀胱の状態が悪くなってしまっているという可能性もないことはないので、年明けは検査から始まりそうです。久しぶりの脳神経外科は特に問題はなかったですが、こちらも年明けに脊椎のMRIの検査入院。まだ小さいので検査中動いてしまうので、1日入院して、軽い麻酔をかけて検査をしないといけないので、ちょっとだけ大変。大変なのはまだいいけど、麻酔をわざわざかけないといけないことがいつもながら申し訳ない。生後7ヶ月のときに脊椎を開いて中を触るという手術をしているので、その予後の経過を追うことはこの子たちにとってはとても大切なこと。大学病院への通院ももう六年目。来年は小学生。未だ小学校に看護師さんが配置してもらえるかはわかりません。2月にならないと結果出ないそうです。お願いだから看護師さん配置おねがいしますー!!!!学童さんもどうなんだろう。入れるかな?こないだ申請を出しに行きましたがやっぱり病気のことや導尿のことは聞かれます。いろんなハードルが日々ございますが、わたしたちは今できることをやっていくだけ自己導尿はもう慣れたものです。すごいね子どもって!さ!わたしもがんばろ!Aroma future 朋美香り師という選択肢

      10
      テーマ:
  • 08Nov
    • 発信することの本質は主張することではない

      発信することの本質は、主張することではないと感じている最近。  発信なのに? 自らの意見や想いを顕すものでは?  と、私自身も思うのだけれど、  だけど内なるものが教えてくるのは、  発信することは世界とつながりひとつに交わることなのだということです。  私自身は、いつも何かモノを書くとき、 確かに外に向けて発信しているのだけれど、 実は意識は、 「とても内側に、内側に」、顕しています。  発信は陰陽の「陽」のイメージが強いけれど、  実は「陰」の要素がとても強く在る場合があると思っています。   それはまるで発信しているのに引きこもりのようです。笑  内側にあるみんなの意識にアクセスしているような、  そのような体感。   すごく説明がしづらいんだけど。   ただ、この体感であると、 外側の誰かにどう思われるか、というような悩みとは無縁になります。  なぜなら内側とつながっているから。  「外」はないの。  自分が内側であり、外側だから。   私は日々ブログやFacebookやサイトに発信するいわゆるネタを探したことがなく、  その瞬間に強い集合意識とつながったときに言葉にするべき必要なことがおりてくるので、  それがインスピレーションというのかなんなのか、  その集合意識に対して語りかけるという感じです。  普通は、たった1人のペルソナを設定してモノを書けと言われるでしょう。   それはそれでとても大切な発信のスキル。    でも、人の心のもっと深く、魂の根源に触れるものを書くなら、 言葉にして何を顕せば良いかは、  集合意識が教えてくれる。と私は思っています。  というかいつもそうです。  だからそのような文章に出会ったとき、魂が震えるのでしょう。  そのような出会いに、涙が出るのでは、魂が揺り起こされるよう衝動に駆られるのでは、と思います。   陰とうまくつながれば、陽が顕れる。   それはスキルではなくてセンスです。  でもセンスというのは、特定の人が生まれ持った特別なものという意味ではなくて、  みんな誰しもが感覚を研ぎ澄まして思い出せば掴めるものという認識です。   香り師のみんなには、いわゆるライティングのスキルも伝えますが、  この、こっちの、センスも掴んでもらえるようにしていきたいんだよなぁ。   すごいややこしい投稿になってしまったけれど、  今世界で表現される、いわゆる男性性とか女性性を超えたところに、  こういった感覚はあるのではないかと、思います。   マニアックになってしまった、、メルマガに書けば良かった。笑  けど新月なのでこれはこのままここに顕します✨   ~最後に~ 主張することが悪いということでは決してないです。 主張することはとても大切✨(特に日本人は!)   それが本質、内側とつながって起こったものなのか、それとも自分という個が分離したところで起こったものなのか、ということです。  エネルギーの質が全然違うじゃん。読めば分かるそういうのは。  だから文章からもエネルギーが読めるんだろうね。Love tomo香り師という選択肢

      9
      テーマ:
    • 新月の無料遠隔ヒーリング

      11月8日新月を迎えます。新月は太陽と月、そして地球という順番に一列に並ぶとき。願いへの引力が高まる時。やりたいことを現実に願うタイミングです。もっとたくさんの人が癒されたらいいなと思う。みんながしあわせなはずなのに、いつも悩みがあって、苦しんでいたり、不満があったり。不満は願望の裏返し。だからこそネガティブなものも尊いけれど、みんながもっと思い出せるように。毎日がキラキラしていること。心や身体が温かくなったり、涙を流す人もいるAroma futureのお月様の夜のヒーリング。満月と新月の2回行っています。ぜひ期待せず、手放し、委ねてみてください。新月はスタートアップの力が作用します。これからの道筋が明確になるよう、より具体的なビジョンを描くことがカギになります。イメージできることは具現化できること。善き、素晴らしきイメージ通りの未来を獲得しにいきましょう。また、今回も地球への感謝のお祈りを一緒にしてくださる方を募ります。地震や大雨で不安な方も多いと思います。当たり前の生活が、当たり前ではないことに気づかされることもたくさんあります。地球あってこその、わたしたちの生活であり営みであり命です。どうか地球への意識を少しでも、と思ってくださる方とともに、祈りたいと思いますので、参加していただける方もぜひご表明ください。*以下の対象となる方へ*パワーストーン等の浄化は満月のときに行っています。新月のときはありませんのでご了承ください。それでは遠隔ヒーリングのご案内です。 ***ヒーリングについて***・時間になりましたらこちらより自動的にヒーリングを開始いたします。・22時半より行います・遠隔ヒーリングはAroma future 朋美(Sara)が担当いたします。・天使と共に行いますので、天使のエネルギーも一緒にお届けいたします。・時間中は眠っていても問題ありません・起きているときはゆったりとした状態で、手のひらを上に向けて「受け取ります」と宣言して受け取ってください。・最中は温かく感じたり、何か体感がある方もおられれば、何も感じないという方もいらっしゃいますが、 どのような方でも問題なく送られておりますので、体感がなくとも安心してください。・時間より最低10分間お送りします。 ・時間が経った後は、「ありがとうございます」と御月さま、又天使にお礼をお願いいたします。・新月・満月の願い事をご自身で書かれた方は、そちらにもエネルギーをお送りしますが、 願い事の中には地球の平和に対しての願いや感謝を最低一つ入れておいて下さい。(例:地球が平和であることに感謝いたします。)(例:この世界がもっと平和になりますように。)これらは過去形でなくても構いません。感謝や願いをそのまま込めていただければ大丈夫です。ご自身の願いは過去形で完了した形で宣言(お気に入りのノートや紙に記入)されることをお勧めいたしますが強制ではありません。(例:私は素晴らしいパートナーを運命的な出会いをすることができました。ありがとうございます。)・フォームにも願い事(宣言)を入力する欄がありますが、強制ではありません。入力いただいた方にはこちらにもエネルギーをお送りします。(宣言は自分を主語としてください)・終了後は後日、メッセージを一斉配信にてお届けします。***有料ヒーリングをオーダーされる方へ***基本無料で行っておりますが、有料のコースもご希望により承っています。<Aコース(3,240円)>・コースに合わせまして、願い事へのエネルギーを集中してお送りいたします。 更に有料コースお申込みの方への個別メッセージもお送りしております。よりパワフルにそのエネルギーを受け取ることが出来ます。特別にエネルギーを享受したいタイミングで受けられる方も非常に多い人気のコースです。<B コース(8,800円)> Aコース内容に加えて、その日のお月様よりいただいたエネルギーを転写してヒーリングスプレーを作成し、発送させていただきます。浄化スプレーとしてヒーリングスプレーとして御守りとしてお使いいただけます。継続利用される方の多い非常に人気のコースです。・その他は上記と同じくゆったりとした気持ちでお受け取り下さい^^お申込みは必ず以下よりお願いいたします。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSxbGvsq  ★遠隔ヒーリング参加者さまよりご感想やいただくメッセージ★・昨夜は、遠隔ヒーリングありがとうございました。以前他の方の有料のもので、一度体験させてもらったことがあり、今回は、2回目でした。前の時は何も感じることなく、終わったというのが感想でしたが、今回は、受け取ります。と、数分前より、心で受け取る状態で待っていたら、急にビリビリと、左手あたりに、何かを強く感じたのが、3:31でした。そのまま寝落ちしてしまったので、詳しくは覚えてないのですが、とっても、強い刺激を感じたと思います!すごいです!その後ふと目が覚め、感謝の言葉をお伝えしました。ヒーリングをしていただくと、どうなるのかとか、なんのためにヒーリングをするのか、など、詳しくは知識はないのですが、とても興味ぶかいので、行っていただきました。しかも、そのタイミングで、ともみ様の、新月の、あの記事にたどり着いたのも、導かれたといいますか、見つけた!という感覚だったかもしれません。また、今後有料の、ヒーリングなどもお願いできたらいいなと思っています。今日1日、いつもより、おだやかに過ごせました。ありがとうございます。・いつも様々なメッセージをありがとうございます。前回の時、ふとアロマのようないい香りがして、あれっ?と思った時、遠隔ヒーリングの時間だったので天使さんが届けてくれたんだーと嬉しく思いました。・ふと、目をつぶって、金の玉が無数に見えて、金の龍も見えた時間がありました。もしかすると、ヒーリングの効果なのかなとおもいました!目をつぶっただけで、眠りに入ってもないときでしたので、夢を見たわけでもないのに、金の小さな玉がたくさん見えて、金の龍が現れたんです!目をつぶっただけでそのようなものが見えたり感じたりしたことは初めての感覚で、ナニコレ‼️と思いました‼️またヒーリングまえにイライラがあったのが、ヒーリング後にはまたおだやかになれています。ありがとうございます金の龍、金の玉、ほんとにうれしいです‼️・朋美さんいつもありがとうございます。初めて有料で受けましたが、驚きです。その時はとくにいつも通りでしたが、それ以降仕事が急展開し、とても良い方向に向かっています!もう不思議がいっぱいですが、引き続きヒーリングで私自身も癒していくことが開運につながるのかなと分かってきました。・朋美さま「楽しみましょう」と涼やかな、透明な風が贈られてきました。包みこまれるような温かさとは違う、さっぱりとした清潔な少し冷たさのある空気、風。この風とメッセージに私はとても安心して、涙がでました。(中略)その感覚が腑に落ちました。今日の満月の光も冷たい美しさを持って届きました。そしてそれを受けることが、私は楽しいのです。ありがとうございました。月と風と水と空気と皆様に深謝。皆様が幸せでありますように。書ききれませんので、一部ご紹介でした。ヒーリング後にお送りするメッセージにも、いつも反響や御礼を頂戴しております。 お申込みは必ず以下よりお願いいたします。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSxbGvsqいつもありがとうございます。愛、感謝  Love tomo<Aromafuture 天使のコース募集中メニュー>一番人気!天使の浄化スプレー(ヒーリングスプレー)オーダーメイド個別でチャットもしくは対面にてヒアリングさせていただき、カード1枚引きにて天使のエネルギーを入れた浄化スプレーをオーダーメイドさせていただきます。10ml 5500円~   30ml 8800円~浄化スプレー(ヒーリングスプレー)販売不定期に出来上がった際に御譲りさせていただいています。かなり不定期、そして人気のため即完売することが多く、愛と光のメールレターご登録者さまに先行案内とさせていただいておりますので、こちらぜひご登録ください。大天使と香りのセッション(御守りアロマ付)天使のカードも使用したオリジナルセッションです。基本的にどのようなお悩みでもご相談承ります。天使のエネルギーを入れた浄化スプレーのプレゼント付きです。60分9000円 90分12000円 120分15000円 延長30分毎3000円胃を折り畳んで小さくするSS健康法これはちょっと面白い。胃の養生とエネルギーワークを半日で学び、習得します。

      58
      テーマ:
  • 07Nov
    • 先が見えない不安は、抱えたまま進めば良い。

      先が見えない不安は、抱えたまま進めば良い。  先が見えないことの不安は、よく分かるよ。  私ももがいてもがいて探して探してそれでも見つからず、あともう少しで掴めそうなのに掴めない靄みたいに、  自分の道が見えないでいた時期が本当にありました。  私たちは結果を保証されないと動けない生き物で。  それがまさに"損得"や"思考する生き物"である証で。   "「これをやれば必ずこうなれますよ✨」と、言われたらやりますか?"    そんなもの、ないよ。  ないし、不確定なのが未来。  だから、自分で決めることができるんだ。   「ワタシはどこに行きたいの?」 「ワタシが手に入れたい未来は何?」 「ワタシは何を形にしたいの?」 「ワタシは何がやりたいの?」  不確定だからこそ何でもできる。 何でも決められる。  でも、不確定だよね。 その場所に必ず行けるかはわからない。  だから多くの人はやらない。  リスクはできるだけ取らない。  不安だから。こわいから。  失敗して笑われるのがいやだから?    だから、  誰か「絶対大丈夫だと言って。その確定の未来を見せて。見せてくれたらやる。」と。   誰かに敷いてもらったレールを、常識を生きてきて、  自分の人生を自分が生きることを放棄してきたから、  今自分がしたいことがわからないのでしょう? やろうと思っても足がすくむのでしょう。   そして子どものせいに、お金のせいに、時間のせいに、世の中のせいに、誰かのせいにするのでしょう?  そして失敗しない確実な方法をこっそり探すのでしょう。   その誰かにすがる在り方をやめたら世界は一変する。  先が見えない不安は、抱えたまま進めば良い。  香り師のみんなもそれぞれの不安だって抱きしめながら日々歩んでいる。   だけど、その代わりに私が一緒に未来をみてるのよ。  そして私がみんなの未来を確信してるのよ。  あとは進むだけ。  二人三脚は、ひとりでは動けない。   例え小さなカケラでも、自分が生み出した不確定な願いが例えひとつでも手に入り出したら、  少しずつ確信に変わるから。  「あぁそうか、そういうことなのか。自分でなんでも創り出せるんだ。自分次第なんだ✨」って   不安なのはわかってる。  それでもワタシたちは生きていくのだ。  先が見えなくてもちゃんとソコは在ることを信じる勇気をもってみて。  それがきっと"自分を信じる"ということだと思うのです。 そうすればきっと相手(他人)も信じられる。 その道すがら楽しめるともっと良いよね✨Love tomo香り師という選択肢

      9
      テーマ:
  • 05Nov
    • 何かを足してみても、また足りない何かがやってくる。

      キラキラして楽しそうな、 成功してそうな、 活躍してそうな、 イキイキしてそうな、 人気がありそうな、 チヤホヤされていそうな、 好かれていそうな、  そういうものに憧れたり、羨んだり、惹かれたり、 自分もそうなりたいと、 思うかもしれないけれど、  "何か"を付け足したりしなければあなたには価値がないのか。  "何か"が足りないとその足りないと思っているものを この世界は足すことばかりにフォーカスされて、  本来の自分の輝きから更に遠退いていく。   何かを足してみても、 また足りない何かがやってくる。  そのループにはまっていることにすら気付かない。  そんな人たちばかり。  引き算ができない。 今在るものを大切にできない。  そんな自分は見ようともせず。  誰かのためになんて都合の良い言葉で、 自分の欲求を満たす。   麻薬と同じ。  足りないものを追いかけ、できるようになってすごいと言われて安心することも。  ただの依存。  また足りなくなる。 また手に入れたくなる。  また、不幸な人を作らなければ自分が保てない。   根っこはあるのか。 誰かに評価されることを目標にしたやりたいこと、手に入れたい自分ではなくて、  ちゃんとした根っこ。  なにかしらになりたいのなら、 何者かになりたいのなら、  その"何か"をちゃんと持たないと。   今のあなたが既に美しく、 今のあなたが既に素晴らしい。   未熟な自分を愛せたら、 違う世界が見えてくるよ。 あなたの中に既に在る愛を思い出していくだけ。思い出して。それだけなんだよ。Love tomo香り師という選択肢

      3
      テーマ:
  • 04Nov
    • アロマライフMasterコース@大分

      アロマライフMasterコース@大分 皆さまの本当に大切な時間を頂戴しましてお話させていただくことができました。 当日朝の準備も、朝食やお部屋のお掃除など全てやってくださったおかげで、私は準備に集中することができました。 11月2日3日と、丸二日間喋り通しお聞きいただき、参加者さまも長時間本当にお疲れさまでございました。 そして本当にありがとうございました  アロマをこれから暮らしに取り入れていきたいな、勉強してみたいなという想いからご参加を決めてくださった方もいらっしゃいました。  アロマライフMasterコースは、一応アロマ初心者さんのために作った講座ですが、  簡単というべきか、 むずかしいというべきか、 浅いのか、 奥深いのか、  どれとも言える内容を全3回の中に組み込んだコースです。これは二日目のケモタイプについての基本的な説明のところ。  コース全体を見渡してみたら、 アロマの知識的には 初級~中級程度の内容まで部分的に入っているかと思います。初心者さん向けといっても、浅いところばかりではアロマは使いこなせないという私なりの考えがあり、  ひとつのテーマをとっても少し掘り下げて物事を捉えて考えていけるよう構成し、お伝えをしています。 そしてアロマを楽しんで活用してほしいという想いと同時に、  「安全に活かせる力」 「自分で選択する力」  を養うことをとてもとても大切にしています。   また、アロマを通してアロマだけでないとても"大切なこと"が、みんなの心に育まれるようなエッセンスをたくさん散りばめているつもりです。  今回も喜んでいただけたかな?と思えるお言葉をたくさんいただけたので、私もホッとしました 手浴の実習もすごく喜んでもらえたおててしっとり良い香りでしたね。クラフトも全作成できました。スプレーも良い香り精油のドロップもとても上手です。これはレッスン1の実験の写真。めちゃくちゃきれいでしょ。精油の粒が水に沈んでいます。精油の1滴はまるで宝石のようです。今回SHOKOちゃんの魔女弟子さんでもある手作りコスメやクレイをされている早奈苗さんがお招きくださったことで、大分での開催が叶いました。 SHOKOちゃんはじめ、早奈苗さんにも、参加くださった皆さまにも、本当に本当に感謝申し上げます。  今日は北九州に移動し、継続はリスクなり~自然と共存するために大切なこと~ の講座をさせていただきました♪(継続リスクの講座は11月29日に大阪SHOKOちゃんのサロンでも開催させていただきます✨ 元々はSHOKOちゃんのエシカルの場で開催させていただくためにリニューアルして生まれた講座です。 ↓ ↓ https://aroma-future.com/given-the-safety )  北九州で頑張ってくれている香り師のsayaにも会えました💕会場のお手配や送迎本当にありがとう。三日間喋り通しで酸欠&空気でお腹パンパンになりましたが笑  今やっと空気が抜けてきました笑(しゃべる練習と呼吸の練習しないとほんとにいけない気がする)   九州での講座、全工程とりあえず終了いたしましてホッとしています。今から滋賀に帰ります~。アロマライフMasterコースは年内スタートがあと一回、できたら良いなぁと思っています。詳細はまたみてみてください。香り師コースは人生変えるレベルの方向けですが、アロマライフMasterコースはアロマ初心者さんからアロマを暮らしに取り入れたい方ならどなたでもお気軽に受けていただけます♪>>>アロマライフMasterコースではでは~Love tomo香り師という選択肢

  • 01Nov
    • 「どこの精油メーカーさんが良いですか?」精油の品質を考える

      日々たくさんの方にご質問いただく。 「どこの精油メーカーさんが良いですか❓」精油の品質については私なりに選んでいる基準があり、 その基準もひとつではなく、 基準の系統自体も大きく分けると2つに分かれています。  あ、細かくすればもっとあるけど。ひとつはメディカル的な活用をするならばどうなのかということと、 もうひとつはどんなメーカーに生き残ってほしいのかということ。  他にも違う分け方がある。  メディカル的な活用をするならばどうなのかということと、 創香(香りのブレンディング)で使うならばどうなのかということ。  これでも選ぶ精油は変わってくる。精油の選び方には、これ以外にももっと細かくたくさんのポイントが私なりにあり、  精油の品質についてはほんと一言では言えなくて アロマライフMasterコースの中でも精油の品質についてだけで2時間以上シェアしているし、  更にアロマを仕事で扱う人ならばどのように、 使う精油の品質を選ぼうかというところまで含めれば、  更に2時間は欲しいくらい考察していくことはたくさんある。 メディカルアロマとして活用したいのか、 楽しむだけで使う予定なのか、(だとしてどのような使い方をする予定なのか、トリートメントなのか吸入なのか、使用頻度はどうなのか) スピリチュアル的な使い方をしたいのか、 調香的な活用なのか、 使う人の健康状態はどのような状態なのか、 肌は?肝臓は?腎臓は?体温は? 年齢は?体格は?    はたまた   あなたは普段のライフスタイルにおいて何を大切にしているのか、  安さなのか、 安全性なのか、 お金を落とす場所に思い入れはあるのか、 偽和についての知識はどれくらいあるのか、 汚染の状態は? 成分分析表は必要なのか、 なぜ必要だと思うのか、 なぜ要らないと思うのか、    アロマテラピーは医療ではなく代替医療の域のものだからこそ、 それならばそれなりのどんなリテラシーの元で精油を扱うべきか。  これも答えはぜーんぶ人によって違うでしょう。    そういったこと色々と学び考察した上でなら、 基本的にはその人が使いたいものを使えば良いと思っています。が、  そう言うと最後は金額に流される人がほとんどで。  といっても、 安いものが悪いわけではなく、 高いものが良いわけではなく、  みんな頭の中で言い訳ばかりするからややこしくなる。   その精油を選んだ理由は一体どこからきているのかは、  その人のエネルギーを読めばなんとなくわかる。  それが妥協なのか、本当の心からの選択なのか。   言い訳せずに自信もって云いなさいよと思う。  別にそれで良いと思うんだけど。  実際精油は日本では偽和が多いとされるけれど、  その使おうとしているものが偽和されたものなのかどうかなんてぶっちゃけわからない。   「良さそう」も「怪しそう」も、ほぼ憶測でしかないのだから。  でもその中で、 やはり仕事で精油を扱う人ならば、  常に妥協せず精油は選び、扱う"意識"はとても大切だと思うのです。  とくに健康に関わるならば。その仕事が。   それは正しさを求めることが目的ではなくて、  より自分の心にまっすぐであるために。   基本的にお客さんや生徒さんが使う精油は強制はしないし、これからもするつもりはないし(アロマライフMasterコース以上の方にはかなり話しているのでその上でその方がされた選択はその方のものであり、ライフスタイルも色々なので尊重すると決めているので)  でも一緒に仕事をするときとなると話は別です。  医薬品でないからこその自由さと危うさが共存するのがアロマの世界であり、精油であり、  私たちはそういった性質のものを扱っているということを絶対に忘れてはいけないと思っています。  だからこそ愛せるものを。 選ぼうね。

      3
      テーマ:
  • 29Oct
    • 忙しかったけどまたひとつ成長した2カ月のこと

      先日は9月からお世話になりました草津市の「輝☆業塾」での最終日、みなさまの前でのプレゼン発表と卒塾式でした。   輝☆業塾はこれから起業して活躍していきたいという女性などを対象にした企画で、 起業して5年目の私には少し物足りないのではないかとスタート時にお気遣いをいただきましたが、 本当に色々と勉強になりました。  市長と5年といってももう5年でもあり、たった5年でもあり、やっと5年でもあり、だけど慣れてくるのは事実でありますが、  ”初心忘れるべからず”  は、私がいつもいつも心に置きながら取り組んでいることです。(すぐに初心忘れるので…w)  なので、輝☆業塾も受け入れていただき本当に感謝しています。  短時間で自身の活動についてまとめ、初対面の方に活動への想いや内容を効果的伝えるにはどうすれば良いか? ということに対しての取り組みをする課題がたくさんあった数ヶ月でありました。  これは輝業塾だけではなく他にも色々。ええ、色々…普段マイノリティで宇宙人な私が、「ごく一般の初対面の方に分かりやすく伝える」という課題を突きつけられることのつらさと吐き気笑私がものすごく苦手としていることなのですが、(でも嫌じゃないんよ。ここが大事)  けれどこれから事業拡大していきたいと思っている中で必須になってくるテーマであると感じていたし、  それはもう真剣に取り組んだ笑  私ごとですが、この輝☆業塾が重なった2ヶ月はこの5年の中でも初めて経験するような忙しさで、  その中で苦手なことに取り組むのは本当に頭の中が大変なことになっていました。笑  タイムマネジメント(エネルギーマネジメント)を教えている身としてもちょっと焦るくらいの2カ月。その中でも香り師さんたちも一歩ずつ成長してくれて、通常業務もみんなに助けていただいたこともたくさんありました。  ありがたやー。今日のプレゼンでは今私が一番重きをおいている、 「香り師の育成とプロデュース」についてお話をさせていただくことができました。  また長女の二分脊椎症から抱えるハンデ、そこからなぜ今の活動をしているかについてもお話をさせていただくことができたことに、本当に感謝があります。  普段長女の障害を表にだして活動はしていません。  子どもの病気も障害も隠してはいませんが、けれどそれを全面に出して仕事をしているわけでもない。  だけど、私にとって「どんな社会を創っていきたいのか」ということに対しての答えにおいて  娘の病気、障害は切っても切り離せないもので、このことをお伝えする場を与えていただいたことは、どれだけ伝わるかわかりませんが、本当に感謝でしかありません。  最初の30秒で娘の話をして、ちょっと泣きそうだったのですが笑  泣くことなく終えることができました笑  人見知りな私が自分のタイミングで好きに仕事をさせていただいてきて、  今年、香り師の育成スタートに伴って自分自身のステージアップの時期も迎えているなかのこの輝☆業塾でした。  たくさんの仲間もできまして、本当にご縁にも恵まれました☆   香りの空間演出プロデュースについてのディスプレイもさせていただいたみなさんのプレゼン練習からの1週間後のプレゼン本番までのブラッシュアップの精度もすごすぎて感動しました。  わたしももっとがんばろう~   講師の皆様、パールプロジェクトの皆様、市長、男女共同参画の皆様、本当にありがとうございました!  忙しかったけどまた器広がったわーLove tomo香り師という選択肢

      13
      テーマ:
  • 23Oct
    • ”アロマライフMasterコース レッスン2”

      香り師SAKI のアロマライフMasterコース2回目のレッスンレポート書いてくれました  SAKI自身も思い入れを持ってくれているレッスン2。 私自身もとても大切にしている回です。  受講生さんに伝わるようにと本当に一生懸命見直し、練習し、仕上げてきてくれました。 読んでみてねいつもありがとうございますLove tomo香り師という選択肢

      13
      テーマ:
  • 20Oct
    • ひとつひとつの小さな経験が経験

      最近香り師SAKIの成長っぷりが素晴らしいです。  わたくし心底毎回感動しております。  本人は自分の課題がちゃんとわかっていて、  まだまだと思うことも、こわいと思うこともたくさんあると思うけれど、  明らかに良い流れに乗り出していて、  良いエネルギーの流れが周りの人たちにも波及していています。  SAKIが一歩勇気を出して新しい扉を拓いていく度に、 SAKIのエネルギーがキラキラしていく、一回りずつ頼もしくなっていく、  その先がみえてくる。  本当にすごいなぁと思います。   今日は仮プレゼンのあとSAKIと打ち合わせ。  「アロマライフMasterコース」をSAKIがインストラクターとして登壇デビューしてくれています  今度は全3回のスクーリングの内の2回目。  精油の品質の章。  とてもとても本質的な内容の回になっています。  SAKIが自分でまとめてきた資料はテキストびっしりに。 自分でまとめた上でわからない点、あやふやな点、メッセージ性を整理したい点を私に質問してくれています。  アロマライフMasterコース、 次期のスタートは年内12月にできたら良いかなぁ。  香り師講座も、セッションも、香り師さん個々のプロデュースも、 本当に毎日充実です。  別の日は香り師講座でEmiとまやあ、これは講座が終わったあとのおしゃべりの時間の一枚ですこの日は背面トリートメントの実習の日だったので、トリートメントオイルのブレンドを考えたり。濃度の雰囲気も掴めてきたかなぁ?ひとつひとつが経験で、ひとつひとつが積み重ねなのでね。まだまだ技術的知識的に知らないことがたくさんのときは、早く知りたい、習得したい、インプットしたいという想いもたくさんあると思うけれど、ひとつひとつの小さな経験を大切にしていくことが実は本当に大切だったりします。気がついたらちゃんと身に付いてきていた。ということになってるから。だから焦らずひとつひとつ丁寧に。だけどスピード感も持ちながらね。その辺のバランス感覚も香り師の中でみつけていこう。やりたいことがたくさんで時間のマネージに頭を悩ませる、健康管理に試行錯誤する、  悩む人も多いけど私はめちゃくちゃ幸せなことだと思ってる。  毎日幸せな課題で溢れて、毎日幸せな悩みで溢れて、  楽しいことばかりじゃないけど、それが楽しい。  未熟者な自分にヤキモキしながら、未熟者な自分が大好き。 そして香り師のみんなもそれぞれのペース、それぞれの悩みもあると思うけど本当に自分を信頼して歩んでほしい✨  うまくいく日も、うまくいかない日も、大切な宝物。そんな毎日を生きる生き方を香り師といいます。Love tomo香り師という選択肢https://aroma-future.com/about-kaorishi香り師SAKIのブログ

      8
      テーマ:
  • 14Oct
    • 症状を利くとき

      症状をきくとき、 治そうとしないこと、 治してあげようとしないこと、 表面的な原因を探りにいかないこと、 "悪い"にしないこと、 ただその人を観ること、 知識でいかないこと。      枯れた花を探すのではなく、 そこにある不調和を感じ捉えること。  やってみて。感じるんだよ。探すのではなく、感じ、捉える。Love tomo, kaorishi

      16
      テーマ:
  • 12Oct
    • 宇宙から始まる身近なハナシ。継続はリスクなり〜@薬草魔女サロンレポート

      薬草魔女ことethical cosmeticのSHOKOちゃんのアトリエサロンにて講座を開催させていただきました。喋るのは私1人でしたが、とても意味あるSHOKOちゃんとの共同開催です。こちらの講座>>>継続はリスクなり〜自然なものと安全に楽しく共存するために考えたいことタイトルは「リスク」について掲げたもので、アロマ(精油)や、手作りコスメや、その他自然療法や、食養生や、様々なもののリスクをどうマネージしていくかということにももちろん役立つ内容に構成してありますが、伝えていることの本質的なものは、相変わらずいつもと同じです。ホリスティックな視点で世界を眺めてほしいという願いも、この日参加してくださったみなさんはとても受け取ってくださったようで、わたしも講座終了後はうれしくて、そしてこの非常に抽象的なメッセージをうまく受け取っていただけたことにもホッとしましたこの講座は本当に色々な角度からメッセージを組み込んで構成を組んでいます。元々は5年前のこの仕事駆け出しの頃からお話している内容が軸になっています。(「継続はリスクなり」というタイトルも5年前のものからそのまま持ってきました。個人的にもとても思い入れのある講座です)そしてエシカルコスメ、手作りコスメ、地球のこと、環境のことをとても大切に考えているSHOKOちゃんの場でお話をさせていただけるということもあり、いかに私たちが自然と共に在るのか、自然と同じであるのか、自然に生かされているのか、ということをもう既に認識されている参加者さんであるからこそ、さらに深く、頭ではなく、身体で感じてもらいたくて、宇宙の話から始めることにしました。私たち生命の起源の起源。ずっと遡った宇宙のはじまりの話。宇宙なんて話から始めたら引かれるかと思いましたが、大丈夫でした。よかった宇宙の誕生と化学反応と私たちウチュー宇宙が生まれるとき、とてつもなく高密度で、小さくて、重く、高いエネルギーが、内側にギュッと高まったそのエネルギーの力に耐えきることができずに大きな爆発を起こして始まった宇宙。どなたが調べたのか分かりませんが、およそ137億年も昔のことだそうです。その137億年前、宇宙が大きなエネルギーの爆発から誕生し、重力が生まれ、電磁気力が生まれ、そして陽子や電子や核力が生まれました。そこから惑星が生まれ、宇宙の温度が下がり始め、およそ46億年前に太陽が誕生したと言われています。太陽の誕生と同じ時期に地球も生まれました。この頃の地球は青くありません。地球には酸素が存在せず、メタンなどが化学反応を起こし、微粒子で満たされていたこの地球は赤い世界でした。そこから生物が生まれ、酸素が生まれ、地球が赤い世界から青い世界へと変わって行くその物語を話していきました。地球が青い世界になっていったのは、生物が生まれ、光合成をする生物が誕生し、酸素が作り出されたからです。酸素が存在し、重力が存在し、磁場が存在し、それらが必然か偶然か、私たち生命体が生きて行くための環境を作り出したのです。 わたしたちは自然と共に生きている 私たちは自然に生かされている その意味に、より親しみを感じてもらいたく、そんな冒頭の話から始めました。宇宙の話なんて壮大ですが、だけどとても身近なことなのかも、しれません。けれど、私たちの周りには人工的なものが非常に増えていきました。生活は便利になりましたが、良くも悪くも、人間本位で地球はここまで進んできたのかもしれません。人間本位。人工的なもの、自然なものに関わらず、人間にとって都合の良いようにだけ扱われてきたのかもしれません。今、暮らしの中で、「あれは危険だ」「これには毒性がある」「これはアレルギーを引き起こす」と言われているものたちは、本当にそんなに怖いものなのでしょうか。その「危険」というものは一体誰の視点で、だれのものなのでしょうか。そしてなぜそのような「危険」となって、私たちの前に現れるのでしょうか。思考している割に本当に大切なことになると思考することをやめてしまう人間の、その安易さ、便利さを強く追求する意識、誰かに責任を転嫁したいその意識が、自然に備わるリスク、そして暮らしに潜むリスクに疎くなってしまう現状を作り出してしまったのかもしれません。人間は、何かが起こってからしか学べないようになっているのかなぁ。でも、その小さな視点ではなく、もっともっと、大きな視点で世界を眺められるようになったら、もっと暮らしの中にあるものと安全に楽しく、有用に付き合っていけると、思うのです。今、自然由来のもの、ナチュラルなものに価値を感じる方もだんだんと増えてきました。薬を慢性的に使用することに疑問を感じている人は、アロマテラピーの扉を叩く方はとても多いです。肌がデリケートだったり、市販のコスメに疑問を感じている方は、手作りコスメの扉を叩く方も多いでしょう。日本でも大分流行ってきました。(そう、流行りなのです、これがまた危険)食の大切さに気づいた人たちは、何かしらの食養生や食に対するルールをお持ちでいらっしゃるかもしれません。せっかく良いものに巡り合った、だけど、使い方を誤り、活用の仕方を誤り、理解が浅く、肌トラブル、健康トラブルを起こしてしまっている方もたくさんいらっしゃいます。今回のこの講座は、そんなトラブルに比較的多く存在する「使い続けたことによって起こってしまった」という条件のもとに、色々な事例を検討しながらこの世界の法則みたいなものを、身体の免疫という仕組みと併せて見ていきました。そして、この講座には2つのテーマを設けてお話をしてきました。1.継続するりすくについて考える2.広い視野で物事を考えてみる(時々ミクロ)この講座はアロマとか手作りコスメとか、食とか、何かひとつのことに関わる話ではなく、健康情報に振り回されて疲れてしまったことのある方なら、きっとどなたでもお役に立つ内容が入っていると思います。身体は器まず最初は継続するリスクの本題に入る前に、「身体は器」であるという序章からお話を始めました。ここだけ聞いていただいても、情報に振り回されてしまう方にとっては、何かヒントを得られるのではと思います。せっかく器の話をするので、環境ホルモンのお話も少し混ぜながらお話をしました。環境ホルモンの話をするということは、身体の中に分泌しているホルモン(内分泌)の話にも繋がるということです。そしてホルモンの話に繋がるということは、今生殖器系にまつわる様々な変化が起きている、様々なトラブルが起きている、その理由の一角にも触れるかもしれないということです。不妊、不育、生理不順、PMS、若年性更年期、草食系男子、奇形児、発達障害、いろんなことが社会の問題に上がっていますよね。それらと自分たちはとても関係が遠いものであると思っている方は多いのではないかと思います。そんなことなくて、ものすごく、ものすごく身近にある話なのです。どれだけのものを日々、私たちは身体に取り込んでいるのか。客観的に眺めてみることがとても大切。そして、ハーブやアロマなどフィトホルモンを活用した自然療法を暮らしに取り入れている方は、「エストロゲン様作用」って素晴らしい!生理痛がよくなる!という一言で片付けてはならないと個人的には思っています。この辺が、自然療法の少し危ないところなのだと、思います。そして、何か限定した、ひとつの話ではなく、農薬のことも、油脂のことも、おもちゃも、大気も、家電も、今住んでいる家も、化粧品も、薬も、全てがみなさんそれぞれと関係のあるものですよね。そしてそれらの問題は、 食べるものは気をつけたほうがいいけど、 肌に塗るものはその次で良い。とかそういうことではないということです。食を学べば、食が優先になり、スキンケアの実態を学べば、肌に塗布するものが優先になりがちになりますが、一側面のみからのアプローチは、片手落ちです。もっとまぁるく、おおきく、世界を眺めてみる必要があります。いかに自分たちがあらゆるものにまみれているのか、まず知り、そしてそれらをどう身体という器から排出していくのかを考えていきました。何かを取り込む入り口は色々あれど、入る器は「私たちの身体」というひとつのものだということを細かく、様々な角度からお伝えしていきました。化粧品で起こったトラブル(アレルギーと白斑)ここからが実際の継続して使い続けたことによって起こったトラブルの事例をみながら考察していく内容になります。まずは化粧品で起こったトラブルから眺めていきました。ここはちょっと、詳しくは講座の中でしか話せませんが、、(話しても良いんだけど、難しい)この事例一つ取っても、 使われていた化粧品成分の問題 コストの問題 製品製造の問題 化粧品使い方の問題 消費者の意識の問題 界面活性剤の問題 医薬部外品の規制の問題 自然由来のものを加工するということの問題というか限界それらが人に備わる免疫の仕組みや身体の仕組みと出会うことにより、身体が「おかしい!!」と声を上げる。ここにはそれらを取り込もうとしている入り口が、経口なのか、経皮なのかという話が深く関わります。身体にとっては、 口からモノが入ってくるということと、 肌から何かが入って来ようとするということは、全くもって別でもあり、同じでもある。という言い方が今一番できる説明。。口に入れて安全なものは、肌に塗っても大丈夫かって、全然ちがう話なのです。「植物由来なら安全」ではないですよね。その意味を深く理解していくことが本当にめちゃくちゃ大事なんだよ。じゃあ絶対ダメなのかというと、それもまたちがう。だからこそ使い続けないっていうことが大事になってくる。そしてそこに界面活性剤があるのかどうかだって、とても大きく関係する話なのです。全部話は繋がって行くのです。皮膚の働き、みんな知ってるでしょ。「肌はバリアで、排泄器官で」「表皮があって、真皮があって」ちょっと勉強している人なら知ってるじゃん。でも本当に理解している人ってすごく少ないと感じています。だから、ここで話をしています。シミに対する女性の意識も非常に危ういです。そこに対してもお話を少しだけ挟んでいます。ラベンダー精油によるアレルギートラブルこれは、アロマを少しでも暮らしに取り入れている方、これから取り入れようと思っている方には知っておいてもらいたいお話です。ラベンダー精油は日本ではとても有名で流通量も多いアロマのひとつになります。そして日本では「ラベンダーとティーツリーは原液で使っても安全です」と(なぜか)言われている精油でもあります。けれど、ラベンダー精油による肌トラブルの報告は年々増えています。そこにあるカラクリをお話していきました。これも、成分がどうだこうだとかそれだけの話ではありません。使い方やマーケット(市場)の話も関係してきます。そしてもちろん、継続するリスクも関係してきます。クレイによる皮膚トラブル次に話したのは、クレイによる肌トラブルについて。クレイは比較的トラブルが起きにくい安全性の高い自然療法であるのは間違いありません。クレイセラピーはとても有意義なものです。わたしも暮らしに取り入れています。が、やはりこれも使い方によってはトラブルが出ることもある。それを身体(皮膚)の仕組みというか、声に耳を傾けながら聞いていただきました。食べ物とアレルギー食べ物の話も少ししました。食べ物だってもちろん何かを食べ続けるって私の見解としてはあまりおすすめはしていません。普通のお野菜にだって、普段食べる量であれば気にしなくて良い程度の毒性成分が含まれているものはとても多くあります。あとは調理の仕方であったり、それでもリスクは変わってくる。大豆は食べてよいのでしょうか?身体に良いの?それとも悪いの?発酵していれば良いの?お肉は減らしたほうがいいの?糖質は?みんなの食への傾向はどんなものがあるでしょうか。社会に対してのリスク分散座学の最後にお話したのは、こちらでした。社会情勢にもアンテナを張らないといけないよということですね。良い会社かどうかは、そこに存在する人によって決まる。結局「人」なのです。もうちょっとレポート長いですね笑そこまでお話をして、アロマのクラフト実習に入りました。クラフト実習の前にそうでした、次はアロマの毒性等についてもお話をしました。またここでは初回通過効果についてもお話をしました。アロマは飲んではいけない。と聞いたことがあるかもしれません。では、アロマは飲むより肌に塗るほうが安全なのででょうか?本当に?それさえも視点変われば答えは変わります。(朋美的には)そして今懸念しているのは、毒性なのか、刺激性なのか、感作性なのか、ごっちゃになっている方も多いです。これらについてお話をして、クラフト実習に入りました。この日はここまでぇ皆さんにはたくさんたくさんメモしていただきました。さ!ここまできて!やっと楽しいクラフトの時間ですここからは脳みそのまったく違う場所を使っていきますしかし、わたくし、子どものお迎えの時間がやってまいりましたのでここでレポート中断してお迎えに行ってきます!もうひとつこのSHOKOちゃんの場であるからこそお話した大切なこともあるんだけど、また参加してくださった方のご感想とクラフト実習のレポート共にお届けしたいと思います。手作りコスメに防腐剤入れるのか入れないのかとかね、自然由来、食物由来のものでコスメを作るっていうことに対しての視点の違いとかね、正しさはなくて良いんだという話というのかな。きっと今度しょうちゃんが書いてくれるんじゃないかという期待もこの辺はちょっと込めつつ…笑写真だけ〜取り急ぎ〜(お写真拝借したものもあります〜)本当にありがとうございました☆また続き書けたら書きます。笑そして次回の開催決定しております!SHOKOちゃんの大阪のサロンにて、11月29日(木)です!ご縁ある方とお会いできますこと楽しみにしています^^>>>継続はリスクなり〜自然なものと安全に楽しく共存するために考えたいこと北九州開催も決定しております!香り師sayaに主催していただいています。11月4日(日)です!>>>北九州開催の詳細はこちらです。Love tomo

      11
      テーマ:
    • 便利なものの価値から転ずるよ

      なんでも便利な方向に持っていかないということが大事になってくると思う。  5年自分で仕事をしてきて、 ずっと悶々としていたことがあったけれど、 去年くらいからようやく自分なりの終着点がひとつ見えたことがあって、  それは、 なんでも便利で簡単な方向に持っていかなくて良いんだ。  っていうことだった。   便利なものに日々助けられている局面はめちゃくちゃあるからこそ、悶々としてきたのかもしれない。  そうでないと支持が得られない。というよりも、  【便利であることを謳えた方が支持が得られやすい】 また、 【こういうメリットがあるということを明確に謳えた方が支持が得られやすい】   また、 【簡単に手に入るメリットである方が、支持が得られやすい】  また、  【簡単に答えが手に入る方が支持が得られやすい】   ということがたくさん今の世の中にはある。  でも、私はあんまり正しい答えみたいなものを求めていないことがわかった。  あと矛盾していても良いということがわかった。   みんな答えがほしい。  数値がほしい。正解が欲しい。辻褄が合わないと納得できない。   「自分はどうなの?」というよりも、世間一般的にどうであるのか、がみんなの安心の基準。 (しあわせの基準ではないよ、安心の基準)   目で見えるものはとても大事。  だけど目で見えるものが全てではない。   周りの人の声はとても大事。 だけど周りの人の声が全てではない。   私は自分なりの真理のかけらを日々探している。  この生きている、暮らしている、過ごしている過程そのものがとても大切で、大好きで、  旅みたいなもので、   その中で育児していたり、 その中で仕事していたり、 その中で遊んでいたりするだけ。    年々、自分の殻が割れては剥け、割れては剥けを繰り返すたびに、  自分がどんどん好きになっていくし、 自分の人生が本当に在るだけで豊かなものだと思えるし、 自由だし、 羽は生えるし、 その中で出会って行く人たちも大切な人ばかりになっていく。   優等生で、良い子ちゃんで、なんでも完璧にやって周りに文句言わせないよと思っていた自分が、  こんなにも適当で、失敗を受け入れて、愛せるようになって、  便利で、簡単で、これさえすれば幸せになれる、健康になれる、お金持ちになれるっていうものに違和感を感じる自分で本当によかったと思う。   また、それでもパソコンとかスマホとか、エクセルとか、自分の仕事を助けてくれる便利なものに心からありがとー!と思える自分の矛盾ばりばりの心にもありがとうと思える自分が最高だと思う。笑   便利なものの価値に地球は偏りすぎた。  だから、また転ずるよ。  もう転じ始めているよ。   だけどそこに驕らず、いろんな価値観に触れて、いろんな学びを体験していくよ。  積み上げ、そして積み減らし。  創り、壊し、再生し。  その中で最高のバランス感覚を身につけて生きていこうと思う。   みんなの自分の心の、頭の、魂のバランスはどうですか? 香り師という選択肢https://aroma-future.com/about-kaorishi

      2
      テーマ:
    • 高熱39度超えが続く

      こんにちは、朋美です。9月末から約1週間、6歳の長女が保育園をずっとおやすみをしていました。9月最終週くらいから元気は元気なんだけどなんかちょっと彼女の様子に違和感を感じていて、んー、調子崩しているのかなぁ。という感じがしていました。9月26日の夜中、主人の隣で震えだす長女。熱が上がる前のガタガタガタガタ震えるあの感じです。高熱1日目そして9月27日の朝、37.5度。微熱。(ちなみに彼女の平熱は大体36.8〜36.9度)37.5度あると保育園の熱発ラインに入るので保育園はお休みになります。わたしもこの日は香り師さんの講座の日でしたが、長女の様子と、熱の原因もはっきりしなかったので休講にさせていただきました。やっぱりお熱出たかと思ってお休みして様子をみていたらお昼すぎにはみるみる熱が上がって38.5度超え。上がってきたなぁと思って様子をみていたら、さらに上がり続けて39.5度超え。熱が上がりすぎてエラーの文字がでるほどだったので、多分40.0度行ってるときもあったのではと思います。熱以外の症状は、・透明の鼻水がちょろっとです。長女の様子は、・ぐったり元気はないけど、熱で疲弊してどうしようもないほどの感じでもない・でもしんどそうはしんどそう・熱に強い割にはしんどそう・ご飯まったく食べない・眠っていると熱が上がるのでガタガタ震えだす、震えが尋常じゃないという感じでした。長女はずっと眠っていて、水分だけ摂ってひたすら眠っていました。でも高熱すぎて眠ると身体が震えます。歯がガチガチ言って、本人もその震えて身体が思うようにならないことがとても不快だったようで「うーうーうー!あー!!!」と奇声を発しながら起きたり、眠ったりしていました。なのであまりしっかり熟睡はできていなかったと思います。そんな状態の熱が出て1日目のお昼間でした。熱は相変わらず39度台〜エラーくらいの高熱でした。高熱2日目次の日、長女は保育園の芋掘り遠足でしたがもちろん行けず。わたしも外で仕事の日でしたが、おやすみさせてもらいました。でも次女の保育園の送迎は一緒に行きたいと言って、保育園の中までついてきていました。その日もずっと39度台〜エラーくらいの高熱。相変わらず・眠るとガタガタ震えて奇声を発する・ご飯ちびっとしか食べないという感じでした。とりあえず一度病院に行きました。インフルエンザとかだと保育園にも報告しないといけないので検査も兼ねて先生の診断は、んー風邪でしょうということ。・喉もそんなに赤くないということでした。インフルももう検査できるかなということで検査しましたが陰性。なので症状はほぼ、熱だけという状態でした。その日はそれで病院も帰ってきました。高熱3日目この日は土曜日でした。わたしは大阪で仕事があったので主人に子どもをお願いして仕事に行きました。その日もずっと39度台〜エラーくらいの高熱。高熱が続いているので、・細菌性の何か感染か・もしくは尿路感染的な発熱かわたしと主人はどちらかを疑っていました。(素人判断です)尿路感染を疑ったのは長女が二分脊椎症で排泄の障害を持っているからです。毎日導尿をしています。尿路感染、膀胱炎、腎盂腎炎。この辺りは高熱がでると気をつけてと主治医の先生に言われています。腎盂腎炎まで行くと背中(腎臓)のあたりを叩くととても痛いそうで、その感じはありませんでしたが、尿路感染でも高熱が出るとのことで、そちらも気になっていました。あとは主人は高熱で頭がおかしくならないかということを心配していましたが、わたしはあまりそれは心配していませんでした。・頭痛を訴えない・目がしっかりしている(ぐったりしている割には)・夜中起きて水を飲み、パジャマを着替えるときに私がパジャマのズボンの前と後ろを間違えると「おかあしゃん、それは後ろよ、前はこっち」と訂正するくらいしっかりしているという感じだったからです。でも、夜中に起きて「あ!いいこと思いついた!」とか確かにちょっとうわごとを喋ったりはしていました。でもご飯を相変わらずほとんど食べません。ご飯粒1粒くらいです。一度、みかんを食べましたが、その後、この間に一回だけ嘔気が。みかんだけ吐いて、嘔気嘔吐はこのときだけでした。ご飯を食べないのはいいんだけれど(エネルギー消耗するし必要なければこんな感じで吐くので)・食べないといってもマジでほとんど何も食べていないのと、・夜中がぐっすり眠りきれないことこの二つがこれ以上続くと体力がなくなってしまって悪化する可能性が少し心配ではありました。高熱4日目この日は、尿路感染の心配だけ払拭しておきたく、救急に主人と言ってきた長女。先生の診断は、「おしっこの検査も綺麗だよ」「呼吸音も綺麗だよ(肺炎的な心配は今のところなさそうだよ)」ということだったようです。で、粉の解熱剤をもらって帰ってきました。ちなみにこの日もずっと39度台〜エラーくらいの高熱。主人は健康オタクでもないですし、長女Loveなので、もう高熱が続く長女がかわいそうで仕方ありません私は飲む必要ないと思っていましたが、主人の長女Loveの気持ちもわかるので、解熱剤を病院でもらえたので飲まそうということで長女に与えましたが、長女、薬キライ…涙飲めない…涙大泣き…涙の末、やっと1回解熱剤を飲めました。(これは結果的にはやっぱり飲まさんかったらよかったと私は思いました。)解熱剤飲んでしばらくは熱はそんなに下がらないけど元気は戻り、次女と遊び始めました。熱は39度くらいにはなっていました。そして夕方頃解熱剤が切れてまたうーうー言い出しました。主人はまた飲まそうと言いましたが、結局長女自身が「飲まない」と拒否したのでそれ以降は飲みませんでした。それ以降はまた39度台〜エラーくらいの高熱。でした。3日目、4日目、ほとんど寝ずに彼女の側で看ていました。夜中に起きて私か主人がいないと寂しがるので彼女が目を覚したら「いるよー」と伝えるということを繰り返していました。私は普段こういう仕事をしているのでお薬をほぼほぼ使いません。だけど、医者でもありません。子どもがうーうー言っていたらもちろん心配にもなります。どしんと構えている部分もあるけれど、やっぱり大きな病気だったらどうしよう、このまま悪化したらどうしよう。。と思う瞬間もたくさんたくさんありました。だけど、どう観ても、多分大丈夫だという感じがしていました。そして長女もこんなことを私にいいました。この日の夜中、途中で一度だけ「お薬飲む?どうする?」と長女に聞いてみたのですが。「いらない、自分で治す」と云いました。だけど相変わらずずっと39度台〜エラーくらいの高熱。でした。高熱5日目朝起きてくると36度台に下がっていました。あ、下がってると思いましたが様子見で保育園をおやすみしていたら、お昼すぎにまた39度台〜エラーくらいの高熱。に上がってきました。この感じをみたときに、やっぱりバイキンさんのいたずらかなと思いました。(あとは浄化もあるんだけど、それはここでするとややこしくなるので)でも、この日あたりから少しずつ熱の出方が変わってきました。ちなみにこの日も39度台〜エラーくらいの高熱。で、だけど、ちょびっと38度台に下がる期間が出てきました。それでも高熱は高熱。高熱が出ても5日間くらいは様子を見れる私ですが、5日目入ったなーと思っていました。子どものエネルギー生産と消費の回路は大人と違うところがあるので、この4日間ほとんど何も口にしなかった長女はみるみる痩せていきました(あ、でも途中で少しフルーツ食べてます、かじる程度。それからはちみつとマヌカハニーもなめています)ビフォアーないけど足も腕も明らかにほっそーくなっていきました。筋肉、脂肪削ってエネルギー消耗しているのが丸わかりです。この日10月に入っていました。それでもちなみにこの日もずっと39度台〜エラーくらいの高熱。症状、状態としてはほぼ変わらずです。ちなみにこの5日間どんな対処をしていたかというと、・フルーツかじる・水分とる・はちみつ舐める(普通のとマヌカと両方)・アロマディフューザー焚く・アロマの感染症ケア用のいつもより強めの処方のブレンドオイルを胸、背中に塗布する・寝たいというときに寝かせ、そばにいてほしいというときに居る・ハンドヒーリングするこの辺りです。この1週間でよく使った塗布用精油は・ラヴィンツァラ・ティーツリー・ホーウッド(ローズウッドで代用可)です。ディフューザーは主にはKENSOさんのメディテーションというすでにブレンドされてあるものを焚いていました。 プラナロムルームコロン 瞑想へのいざない【メディテーション】 3,780円 Amazon 普段ディフューザーは夜寝るときに焚きっぱなしにすることは私はほぼありませんが、今回は割と長時間焚いていました。が、寝室ではなくリビングダイニングにお布団しいてそこで焚いていたので濃度的にはそんなに濃くはないと思います。皮膚塗布も頻繁にはしていません。1日に2〜3回塗布したかしないかを3日間ほどです。高熱6日目ちなみにこの日も39度台〜エラーくらいの高熱。ちょびっと38度台に下がるという感じ。様子見ておりました。熱は出ているけれど、だんだん、ガチガチ震える感じも減ってきていました。なんとなく寛解してきているように感じました。高熱7日目1週間経ちました。この日はまた別の病院に行ってみることにしました。一度血液検査をしてもらおうと思って。で、ここまでの経過を話し、先生に見てもらい、血液検査もしてもらいまして、あとは耳ですね、中耳炎的なものがないかというのも見てもらいましたがそれもなく。相変わらず胸の音もきれい。インフルも陰性だったことを伝えると、「もしインフルだったとしてももう5日経ってるし治ってくると思うんだけどねー」とおっしゃっていました。結果的に細菌性の感染を疑うとのことでした。でも入院するほどではないとのことで、抗生物質を処方してもらいましたが、粉が飲めないことを伝えると、もし飲めなかったら点滴で抗生物質を投与しましょうとのことで診察も終わりました。帰って抗生物質をトライする長女。しかし、飲めない。涙笑結局薬飲めず、また様子見でした。でも、もう治りそうだなぁと思っていました。ちなみにこの日39度台〜エラーくらいの高熱。が出たり、37度台に下がったり、38度台になったり、していました。発熱8日目熱、下がったーがんばったー(おとうしゃん、うれしー笑 別の日の写真だけど笑)念のため今日も保育園はおやすみして様子を見ましたが、もうお熱が上がって来ず、ごはんも自ら食べると云い出しましたので、ごはんも食べました9日目は金曜日だったので、短時間だけ保育園に行きました。結局7日間、熱がずーっと続きましたが、自分で治した長女でした。ーーこれだけ高熱が続いたのは初めてです。心配も不安もたくさんありました。でも、大丈夫だという確信もどこかにありました。症状の出方熱の出方子どもの様子意識はどうか食欲のリズム水分はどうか会話はできるかおしっこの色はどうかぐったり感はどうか別に薬飲まなくても大丈夫!ということではなく、私は私なりに色々観て、感じて、考えて、先生の意見も仰ぎ、主人の意見も聞いて、今回のこの対応をしました。なにより、子どもって大人より動物的だし自分の体のことよくわかっています。食べたくなかったら食べないし、寝たかったら寝る。ものすごくシンプルです。でも、もっと早い段階で病院で血液検査とかしていたら、もっと早く抗生物質点滴になっていたかもしれません。結果的によかったのか悪かったのか、私はよかったと思っていますが、子どもの治癒する力をものすごく感じられたし、やっぱり細菌性でも時間はかかっても治せるんだということがわかりました。かといって、他のママ全員におすすめするわけでもないです。なぜなら、みんな違うから。喘息っけのある子、よく体調を崩す子、熱に弱い子、よくワクチン打ってる子、痙攣を起こしたことがある子、呼吸器系の悪化をよく起こす子、普段から平熱が低い子、普段からよく薬を使っている子、普段から自然療法に親しんでいる子、普段からアロマを嗅いでいる子、いろんなタイプがあって、一概には言えないから。あとは母親の直観がこういうこというと西洋医学の世界では危険だと言われるかもしれませんが、とてもとても大事だということ。母親の直観を磨くためには、お母さんの心、在り方を普段から作っていかなければ正常に直観を働かすことも難しいこと、それも知っていないと、「母親の直感は正しい!」と豪語するのも難しいと思っています。全て含めて、考えて、子どもの処置をどうしていくべきか考えるのが大切だと思います。今回の長女の件では、普通に抗生物質飲んで良い感じだったと思いますが、飲めなかったがために飲まなくても治るという結果的なものも起こりました。なので、この話は参考にはしていただいても、これが「正しい」には絶対しないでください。みんなの子どもとうちの子どもは違います。そしてみんなと私も違います。だけど、身体は健康であろうとする力を持っていて、それを発動させて治癒に向かわせることができるシステムを備えていることは間違いないです。あとは抗生物質使ったとしてもアロマも併用していくと良いこと。耐性菌の問題にアロマはサポートを入れてくれます。薬を使っても、他にもできることがあります。何はともあれよく頑張ったね今回、マヌカハニーも抗生剤の代わりに役立ってくれました。マヌカは毎日摂取しなくていいよ。でもここぞというとき、疲れているときは助けてもらうといいよ。なんでも使い方を知ることも大事です。みなさまもこれから風邪のはやる季節です。どうぞご自愛くださいませ。愛してるよLove tomo香り師という選択肢https://aroma-future.com/about-kaorishi

      4
      テーマ:
  • 11Oct
    • ホメオスタシスの罠

      香り師Basicコース、この日は健康概論でした。  健康って一体なんだろう、と、考えてみたことはあるだろうか。   健康って何。  病気をしていないことが健康なのかな、  からだが正常な反応を起こしているということは一体どういうことなのかな、  ということについて話をしていきました。  その流れから ホメオスタシスについて改めて考えてみる機会を、 そしてホメオスタシスの正体とは。  自律神経の仕組み、 対症療法の薬と自律神経の関係は? はたまたストレスと自律神経の関係は。  そんなことを考えるこの単元。  ホメオスタシスってすごいなといつも思う。違うことなくいつも自分を守るために動いてくれている私たちのカラダに備わるシステム。それゆえに症状が出ることもあれば、感情が吹き出すこともあります。ホメオスタシスとは生存本能でもあります。  "命を守る"ということに関して強力なパワーを発揮します。  あ、これこないだの健康概論で話せなかったけど、"命を守る"ということと、 イキイキとした人生を送るということは、  動物としてのカラダの命を守る生存本能的視点からみるとちょっとちがうのです。   やりたいことやってイキイキとした人生を送るということは、どちらかというと恐怖。   みんながやりたいことやりたいのに一歩踏み出せないのは、ホメオスタシスに引っ張られるからだよ  カラダのことみていくと、みんなの人生が見えてくるの。   とても神秘的なからだの仕組みの根源的な部分。  ぜひ改めて自分のからだと向き合ってみてほしいなと思います✨  香り師という選択肢

      8
      テーマ:
  • 10Oct
    • 北九州開催☆継続はリスクなり〜自然なものと安全に楽しく共存するために考えたいこと〜

      九州にて開催が決定いたしました〜ナチュラルなものを愛する全ての方へ〜アロマテラピーを通して人と地球のしあわせを日々啓発しております朋美がいわゆる”自然派”と呼ばれるみなさまが食や、化粧品や、ベビーグッズや、アロマもその他自然療法もより安全に、心から楽しんで活用してもらいたいと願い、あまり多くの人が意識したことがないであろう視点からナチュラルなものと安全に楽しく共存するために知っていてほしい”リスクコントロール”についての心得を講座にまとめました。自然のものを使うということは心も身体もやさしくなれます。合成のものが溢れる中で、ナチュラルなものの素晴らしさや重要性も少しずつ再認識されているように感じます。しかし、ナチュラルであるからこその危険性やデメリットと呼ばれる事柄もあるのが実際のところ。さらに、特段「危険だ」と言われている訳ではない食に関するものでさえ、実は注意して摂取した方がよいものというのはたくさんあります。食事や、コスメや手作りをし、身体に良いと思われるものを学び選んでいらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。それらとみなさんはどのように日々お付き合いされているでしょうか。 わたしは特にお肌にトラブルが出たことがないから大丈夫? 別に口に入れるわけではないから大丈夫? 無農薬野菜だから大丈夫? 本当にそうなのでしょうか。自然が持つ力と、人の身体のメカニズムには、わたしたちの理解を超えた素晴らしさがあります。またそれゆえに、「トラブル」としてわたしたちの身体に顕れることもある。自分自身の身体の仕組み(声)を聴きながら、ナチュラルなものとの共存について一緒に考えてみたいと思います。天然=安全でない理由は?広い視野で観てみる。日頃から手作りコスメやアロマクラフトを活用されている方や、また自然なものを探して活用されていらっしゃる方は、きっと使用する素材も天然由来のものを愛していらっしゃる方が多いと思います。手作りコスメもや、アロマクラフトや、食養生や、もしかしたらそれ以外の自然療法も暮らしに取り入れていらっしゃるかもしれません。インターネットで調べたり、また講座を受けて学んだりして、日々の暮らしに活かして楽しまれているのではと思います。わたし自身はアロマを仕事にしていることもあり、アロマや手作りコスメなど肌に触れるものから、食事についてもはやり意識することはそれなりにあります。手作りコスメは、わたし自身もアロマテラピーと出会った後に、手作りコスメにも興味を持ち、手作りコスメアドバイザーとして学び実践してきました。健康に関することを意識されている方や、美容に良いものを探している方などは様々な自然由来のものや療法に興味を持たれたことがあるのではないでしょうか?最近ではアロマテラピーも、日本でもだんだんと認知され、自然派の方々に広く愛されるようになってきたと感じています。それはとても嬉しいことでもあるのですがしかし、それと同時にナチュラルなものを使った様々な療法の危険性を理解せぬまま活用されている方が増えてきたことも事実です。手作りコスメの分野から見ても、アロマの分野から見ても、安易さを感じる使い方をされている方も本当に多く、とまどいを感じることも多々あります。また、食の世界も同じく、 糖質制限が良いらしい ファスティングが良いらしい ケトン食が良いらしい あれが良くないらしい、これが良くないらしい 様々な情報が飛び交い交錯しています。そしてその傍らでは、天然=安全ではないことはもうなんとなく多くの方が理解し始めている段階にもきているのかなと感じています。では、どうして安全ではないの?どんなリスクがあるの? ●●に毒性があるからこれは使う時に注意が必要だ。 ●●作用があるからこういった時には使えない。 ●●食にはこういうメリットがある、やれデメリットがある。と言った答えが2、3浮かんでくるかもしれません。危険性については、色々な角度から考えれると思うのですが、今回はもう少し広げた視点からこのテーマを眺めてみたいと思っていて、特に継続するリスクといった側面から、自然のものを活用する上でのリスクコントロールについて考えてみたいなと思います。物事は突き詰めていくと、どうしても視野が狭くなります。そうすると物事の本質がとても見えづらくなります。情報が溢れるこの世界でもし迷子になってしまっても、これを覚えておけば迷子になったときでも立ち戻ってこれるというようなそんな内容を皆さんにシェアしたいと思っています。食べるものと肌に塗るものとどちらの方が気をつけるべきなのかわたし自身、どんなに良いものでも、品質や性質に関わらず、”同じものを使い続けない”という自分の中に約束事を作っています。それは食べるものでも、肌に塗るものでも、同じです。わたしたちの身体は、物質的レベルでは、 食べるもの 肌に塗るもの 吸い込むもので、できていますよね。それらの全てがわたしたちの身体に影響を与えているということですよね。では、少し話は逸れるけれど、食べるものはなんとなく、みんな無農薬の方が良いのかなぁと気をつけたり意識したりするけれど、それならば、肌に塗布するものはどうなんだろう。きっとナチュラル派な方は一般の方よりも、肌に塗布するものにも気を配っている方は多いのではないかと思います。あとはアトピーだったり敏感肌だったり、肌が少し私は弱いなぁと感じている方も。では、食べ物と、肌に塗布するものであれば、どちらがより気をつけた方がいいの?ともし聞かれたら、あなたならどちらがどうだと、感じますか?そしてそれをどうして”同じものを使い続けるの?または使い続けないの?”という問いに対する自分なりの答えを持っているでしょうか。アロマテラピーの世界だけで眺めてみても、皮膚塗布は良いのか、飲用はすべきでないのかといった議論はそこかしこで目にします。そこにはどういった違いがあるからこそ議論となるのでしょう?また、市販の化粧品でも、「これを使えばシミが薄くなる」「これを使えば肌がきれいになる」「●●成分のおかげだ」と切り取られた一側面だけにフォーカスすることにより情報が偏り、その偏った情報に飛びつき、その偏りからしか見えないためにトラブルが起こってしまったということも多々あります。今回は、このような部分に対しての問いに関しても、わたしなりの答えを、難しくならないように、身体の仕組みも踏まえて少しお伝えできたらいいなと思っています。天然=安全ではない。毒性もあれば、刺激性、感作性もある。そして継続することのリスク。そしてそのリスクを顕在化する身体の声。そのリスクは、身体がわたしたちの命を守るために働いている神秘的な力であり、素晴らしい仕組みです。ナチュラルなもの、エシカルなものを愛するみなさんだからこそ、自分自身にも、人にお伝えしている立場の方はお客様にも、より安全に、そしてより有用に、楽しんでいただけるように今回のようなお話も聞いてみて、自分なりに咀嚼してみてもらえたらうれしいなと思います。この講座は、危険なことを恐れたり、不安を煽るために行うものではありません。よくリスクや危険性というと、そのままの恐怖感を煽られるような内容になってしまいがちですが、今回の目的は危険なことを恐れたり、ただ回避すれば良いのだということを伝えることにはありません。メリットもデメリットも享受した上で、上手にお付き合いしていきたいというのがいつもわたしが想っていることです。それが自然と共存することなのかなと、わたしは思う。以下のようなことを具体的にはお話しながら、リスクとそのコントロールについてみんなで考えてみたいと思います。継続はリスクなり〜リスクと共存する術〜〜自然なものと安全に楽しく共存するために考えたいこと〜わたしたちが身体に取り込んでいるモノ それらを俯瞰するー身体は器ーまずは私たちが日頃、「身体という器」に取り込んでいるものを俯瞰して見てみるということから始めてみたいと思います。少し仰々しい画から始まってしまいますが、ひとつを説明するわけではなく、「身体は器なのだ」というところから見てみてほしいのです。私たちは日頃自分が思っている以上に身体にとって「必要のないモノ」をありとあらゆる局面で取り込み、身体のエネルギーを消費しています。この器が「自分自身の身体」なのだとしたら、もし、この器がキャパオーバーとなって溢れてしまったとき、身体は一体どのような反応を見せると思いますか?そしてそこには食べるものと肌に触れるものとの違いはあるのでしょうか。身体という器を大きな視点で捉えるための単元です。また環境ホルモンについても少し(結構?笑)触れていきたいと思います。いかに私たちがあらゆるものにまみれて生きているのかを一緒に客観的にみてみましょう。私が同じものを使い続けないようにしているその理由日頃、なぜ同じものを使い続けないのか。それに関わるトラブル事例を紹介しながら、その理由を明確にしていきます。某化粧品メーカーさんの過去起こった肌トラブル(即時性アレルギー発症)とその理由某化粧品メーカーさん2例をご紹介します。美しくなりたかった女性が継続によるリスク、またそれ以外の体の免疫というシステムや体が自分自身を守ろうとするシステムがあるからこそ起こったトラブルです。この2例だけでも体の仕組みと外部からものを取り入れる際に気をつけなければならないエッセンスが凝縮されており、世界の仕組み、体の仕組みがとてもよくわかるようになります。ラベンダー精油におけるアレルギートラブルラベンダー精油は安全と言われていますが、皮膚刺激性のトラブルやアレルギーの報告も実は多い精油です。でもラベンダーを使ったからアレルギーが必ず出るわけではない、ですよね。ここではなぜこの症例でアレルギーを発症してしまったのかについて、「アレルゲン」と「特異体質性感作」という側面からも検討してみたいと思います。クレイにおける湿疹が出た理由クレイも比較的安全に使いやすい自然療法の一つであると思います。しかしこれでも湿疹が出てしまったというトラブルも少ないながらも起こり得ています。クレイだからこその、クレイの性質が起こしたトラブルと考えられる症例を身体の仕組みから検討します。一般的にクレイはアトピーなど症状をお持ちでステロイドの使用歴がある方が活用したときに症状が噴出するという事例は少なくないと思いますが、それとはまた違った、ステロイドの使用歴の有無に関わらず起こった事例についてご紹介します。クレイを活用されたことがない方でも、皮膚(体)の声を聞くという意味で参考になるでしょう。食べるものも続けて食べない方がいいの?食べ物も同じく継続摂取することのリスクが考えられます。そのお野菜、ぜったいに安全ですか?農薬等関係なく、食べるものそのものをみて考えてみましょう。社会に対してのリスクコントロールお気に入りは最低3つ持とう消費者としてわたしたちが考えたいこと食べるものと皮膚に塗布するものとの違い(初回通過効果)について後半はアロマの簡単な実習を行いたいと思っています。アロマ初心者の方もまったく問題なく楽しんでいただける時間です^^作成するのは、アロマのフレッシュナー。決して安全な要素ばかりではない精油たちですが、わたしはそれらをその危険性も含めて愛しています。それを持っても余りある癒しや気づきを精油たちは教えてくれます。しかし、使い方を誤れば、危険であることももちろんあるのがアロマテラピー。 肌に触れるならば使用を控える精油群 吸入(拡散)ならば使用を控える精油群など 毒性、刺激、感作についてアロマにある毒性や刺激性、感作性、そのアロマの使い方このあたりを考慮しながらどううまくアロマを暮らしに取り入れていただくことができるかを一緒に考え、安全に楽しくアロマとお付き合いしていただけけるような知恵をお渡しできたらいいなと思っています^^普段はあまりお目にかからないような精油たちも連れていきたいと思っていますので、実習タイムは、いろんな香りを嗅ぎながらみんなで楽しく感性も豊かにして終わりたいと思います。時間許す限りたくさんの香りを嗅ぎ分けしたいと思っていますので、お楽しみにしていてください^^人の身体を守ってくれる免疫の仕組み今回は「何でも使い続けることにはリスクがある」ということがひとつのテーマですが、なぜリスクになるのか、なぜトラブルになるのかには、体のシステムが関係しているのは間違いありません。朋美が日々伝える基盤となっているのは、人の神秘性ある身体の仕組み、身体の声、人の意識です。身体に備わる免疫とは一体どう云ったものなのか、そのあたりも難しくならないように、イメージとして捉えやすいように組み込みながらお話をしていきますので、より自分の身体が身近なものに感じられるようになるのではないかと思います。今回は香り師のsayaに主催をお願いしまして、北九州の地でこの講座を開講させていただけることとなりました。また、もしかしたら受講料が高いと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。それも十分に理解した上でこの料金設定をさせていただいております。時間に換算しますと半日と短く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、とても濃縮された内容と時間です。みなさまが予想する以上の世界を感じていただけると思います。それは、単に「アロマ」とか「食」とか「身体」とか単体で世界を捉えていないからです。この講座のもうひとつ大きなテーマとして、「マクロな視点とミクロな視点、両方から物事を捉えてみる」というテーマが実はあります。この視点こそが、争いを生まず、正しさに追われることなく、自分にとって大切なモノを判断する力を養うことの礎となります。正直、わたしの感性は独特であるとよく言われます。(分かりやすく言えば、変子です)いつもとは違う視点、世界を覗いていただきまたお勉強するというよりは、ご自身の知恵として身体に落とし込んでおかえりいただけたらと思っております^^わたしは、自分の命を使って生徒様クライアント様にお話をさせていただいております。また実習においても実際に試香紙を使用し、普段は自然派の方がお使いにならないような稀少で高価な精油等もお試しいただきたいと思っております。受講料はそのわたしの遣わせていただく命料として頂戴させていただきたいと思っております。お出会いできますご縁を楽しみにしております!日程、詳細等についてはこちらの香り師sayaのブログよりご確認ください!Love tomo香り師という選択肢https://aroma-future.com

      4
      テーマ:
  • 09Oct
    • 月と太陽のアロマフレッシュナー完売御礼

      月と太陽のアロマフレッシュナー、全てお嫁入りいたしました(K2ブルーオーダーいただいた方の分は取り置きしてありますので、安心してください☆)  全国のたくさんの方の元にお嫁に行ってくれました。 月のフレッシュナーは、月と太陽が一緒にいた夕暮れ時に生まれ太陽は九州の地森の中で精霊たちが飛び交う中でレシピを教えてもらいました。自分で言うのもなんですが、どちらもめちゃくちゃ良い仕上がりで本当に力作でした(笑)   色々な嬉しいご報告もいただいています。 ご報告いただくほどに、感動とうれしさが込み上げてきます。  「あなた」という存在があって初めて活かされるフレッシュナーのサポートです。  ますます皆様が素敵な周波数を纏われますように。  ありがとうございました   *オーダーメイドメニューは受け付けておりますが月とアロマのフレッシュナーの再販はしばらく予定ございませんのでご了承ください。 オーダーメイドについてはこちらです。 香り師 創香artisttomomi(Sara)https://aroma-future.com

      2
      テーマ:
    • 「誰かわたしを連れてってください」

      「誰かわたしを連れてってください」 「誰かわたしを幸せにしてください」  ではしあわせにはなれない。  それが言える勇気があれば別だけど、言わずに待ってるだけではそうはならない。  みんな鳥かごの中だから。  これからもっと世界は変わっていく。 もっと本質的な世界に変わっていく。  そのときに”自分”がないと、本当に叶えたいことも叶わない。  どんな自分の生き方(在り方)を創造していくかがとても大切だと思う次第です。  誰かではなく、自分の心を大切に。 そして自分の足で立つこと。  その上で仲間がいてくれると100万人力ですよ!! 今日はそんなこと書きました(多分) 20時にメールレター配信です。琵琶湖にて。空が今日もとても綺麗。Love tomo(Sara)香り師という選択肢https://aroma-future.com

      6
      テーマ:
  • 04Oct
    • 朗報✨お久しぶりのこだわりのマヌカハニー入荷!

      北島ノースランドのマオリ族伝承の地にて養蜂採密されていますこのハニー。  マオリ族の方々が所有するマヌカ群生地は許可無く立ち入ることはできず、 土地のオーナーから許可を得て採密し ミツバチの巣から抽出・濾過・充填・輸送の全てがトレーシングされています。  このハニーは、マヌカハニーのあの独特な味がほとんどせず、普通のはちみつに近い味がする稀少なマヌカメーカー様です。  もうひとつ特徴的なのが温度管理。(↓ロット番号、輸送ごとの温度と湿度の経過グラフが添付されています。輸送ごとにもちろんデーターは変わります)  ニュージーランドより輸入される際には徹底した温度管理がなされています。  高温環境になるとせっかくの様々な微量成分が分解してしまい マヌカハニーの味にも品質にも影響が出ます。(だから他の多くのマヌカは味が独特なのだそうです)  船便では赤道を通る際にその影響がもろに出てしまうそうです。  しかし船便の方がコストパフォーマンスは良い。  こちらは航空便にて輸入をしてくださっています。  そして製品ひとつひとつに、  ・温度管理保証書・国際輸送温度湿度経過グラフ・遮光管理保証書・トレーサビリティ保証書・品質保証書(試験報告:UMF値、ロット番号、試験番号、テスト日、研究所明記) が同梱されています。  ロットごとにUMF値も試験してくださっています。寄付も行なっておられます。1歳(もしくは2歳)までのお子様は通常のはちみつと同じく、食されることはお控えください。マヌカハニーはひとつ常備しておくととても頼りになるアイテムです  久しぶりの入荷  体調を崩し始めるこの時期お早めに常備!常備(*・∀・)!>>>稀少なマヌカハニーはこちらから♪ 

      9
      テーマ:
  • 02Oct
    • 起業女子ってバカにすんなよ

      仕事するってなんでしょうね。昨今、時代の流れの変化と共に起業女子と言われるカテゴリーの方が増えたと思います。わたしもはたから見れば漏れなくその1人ではないかと思います。起業女子と一言で言っても、それぞれの想いがあり、それぞれの活動の内容があり、それぞれの熱量があります。私の周りには、主婦の延長線上で、それなりに楽しみながらその仕事の仕方に満足して活動している人もいるし、起業女子の枠を超えて事業としてどうやったらもっと拡大できるか、形にしていきたいことをどうやったらビジネスの中で展開できるかを本当に試行錯誤して日々取り組んでいる人もいます。どの活動の仕方、どの熱量もほんとうに自由で素晴らしい時代になったなぁと思うことが多々あります。だけど、はたまた、「それお遊びですよね」みたいな風に見られることもまだまだ多いんじゃないかとも思います。別にどう見られても構わないんだけれど、でも真剣にやってんだよと思うことも時々あります。必死にもがいて、自分成長させながら、(別に苦行じゃないよ、やりたくてやってんだよ)どうしたら自分の想いが伝わるか、どうしたらより人のニーズに触れるものを自分の提供できるもので創りだせるのか、どうしたら自分のやれることで社会に貢献できるのか、いろんなこと考えてやってんだよ。そんでいろんなことトライしては失敗し、やりたいことやらずにいるやつに、白い目で見られながらも毎日、したいことを仕事にするっていうことをその言葉にのっかることなく真剣に考えてやってんだよ。この三次元に生きていて、私たちには「時間」という概念が神様から与えられています。私はいつも「時間は命」だと思っています。1分1秒全てが私の大切な命で、それを死ぬまでどう使わせていただこうかって、ほんとに考えてる。いつも「まだまだ力がないな、私」って、自分の非力さに絶望することがあって、だけど、その絶望感をまたヨイショって乗り越えて、動き出して、って、本当にその繰り返しで今があるんだよ。お遊びでやってる人がいても全然構わない。全然いいと思う。でも、私お遊びでやってんじゃないんだよ。何をって、自分の人生を。お遊びじゃないけど真剣に遊んでんだよ。今神様から時間と共に与えていただいたこの肉体使って。そこに子どもたちの未来も含めて何ができるかって。そんなことも考えたりしてんだよ。みんな一生懸命やってんだよ。人様の顔色うかがってご機嫌うかがって、何ができるねん。表面的な成果なんかいらんわ。しょうもない。生きてる実感を取りに行け。それができる時代になったのだから。自分を低く見積もるな。可能性の塊であることを忘れるな。あ、別に私がバカにされたわけでもないのですが、低く見積もられて小さくなってしまってもったいない人がいっぱいいるので。参考になれば幸いです。毒づいて失礼いたしました。

      14
      テーマ:

プロフィール

Aroma future  村川朋美

自己紹介:
村川 朋美(Murakawa Tomomi) 3歳と6歳児の母 滋賀県草津市にてアロマ教室Arom...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス