日曜日の釣り&放流イベント

テーマ:

足腰肩がバキバキです・・・・・ドクロ



ちなみに昨日のイベントの趣旨はですね



楽しく釣って、楽しんだ分放流って感じかな



昨日は朝8時に当社集合 (現地集合も数人)



で、協議開始



なんせ初雪の日ですあせる



寒いし雪が酷いと釣りどころじゃなくなるよね



それに風邪なんかひいて次の日の仕事に影響が出ても困るしね



で、旭川からの参加者へ連絡して



更に現地のおばあちゃんにも連絡してもらって



雪は積もってるけど風はそうでもないとの事なので



せっかくみんな集まったんだし



強行決行することにしました (サカナの事もあるしね)



んで、高速で北上してインターを降りてビックリ叫び



圧雪とは言いませんが・・・・道路は真っ白汗 (まずいかも)



ま、動き出したら止まりませんけどね



んで、おばあちゃんに挨拶してからすぐに準備にかかります



今回は初めて釣りをする人も集まってくれたので



私はタックルを6セット用意  (以外に持ってますね)



I氏は3セットだったかな (スピンキャストです)



今回、当社の呼びかけで集まってくれたのは全部で20人クルマは9台集まりました



貸し早々ポポンと数尾釣れたものの・・・・・後が続かない



あれれ?先週はもっとバチバチ釣れたんだけどな( ̄□ ̄;)



心配していた通り、急に寒くなってしかも雪が降ったんだから当然か?



サカナは思っているよりも更に底に定位しているようです



なかなか渋い状況なので



まずは初めて釣りする人達に当たりや引きの感触を味わってもらう必要があります



という事で



入れ食いゾーンへ連れて行き



それぞれ皆に極上体験していただきました音譜



初ヒットが50センチクラスのマスって・・・・・なんて贅沢なんでしょうラブラブ



竿の使い方等をアレコレ支持しますが・・・・説明がへたくそで申し訳ないですm(_ _ )m



まあ、みんな笑顔で無事にランディングできましたハイチョキ







今回はあまりのんびり楽しんでる時間は無いので



早々に放流するサカナの準備に取り掛かります







捕獲してもらいながら



ちなみに今回は部活が休みだったので久しぶりに三男棒と同行



途中からツボを掴んだのか・・・・次々と釣り上げてました



今回の竿頭かも?







箱に水を入れてサカナを入れていきます







30センチ位のなら1箱に3尾、それ以上のサイズは2尾入れています



もっと入るように思いますが



これ以上よくばるとサカナが弱ってしまい最悪死んでしまいます



それでは本末転倒ですからね



なるべく元気な状態で川に放したいんですハイ



仕事の都合で先に帰る人達を送り出し



ガシガシ釣ってガシガシ積み込みまして



今回も札幌まで運びました



全部で40ケース位だから100尾くらいかな?



場所は書きません



少しでも生き残って欲しいですからね



で、それぞれの皆がそれぞれの場所へ放流してくれましたよ

















みんなはマイフィールドに放流したみたいです (任せました)



それぞれが自分が好む河川を少しでも豊かにしたいって願ってます



賛否両論あるんでしょうけど



悪いことだとは思えません



ま、人それぞれの考え方でいいんじゃないですかね



何もやらない人には一切文句は言われたくないし



言わせない



能書きだけの人には言う資格すら無いと考えます



前回に続き今回も同じですが



放流すると少しですが気持ちに変化があります



サカナを大事にしなきゃとか



自然のありがたみとか



今回参加してくれた人達も同じように感じてくれた人がいるんじゃないかな?



トレブルフックなんて可愛そうで使えなくなりますよホント



あれを初めから装着して販売している釣具メーカーってどうなの?



そんな風にも考えちゃいます



前回同様、釣るなとは言いません



なるべく優しく扱ってください



それだけです






今回参加してくれた皆さん本当にありがとうございました



たくさん集まってくれて本当に助かりました



また機会がありましたら遠慮なく声を掛けさせて頂きますのでよろしくお願いします



事故無く無事に終われて良かったです



次回はもう少し段取り良くやりたいと思います



みんな、楽しい釣りが続きますように音譜



それではパー







AD

GLOWING初の釣りイベント開催します

テーマ:

サクッといい天気になってきた札幌



今週末は冷え込むみたいだけどね



さて、当社としては始めての試みをやりますグッド!



内心ドキドキというかビクビクなんですがガーン (心配性で完ぺき主義です)



今週末の25日に釣りイベント開催しますクラッカー



ま、仲間内での小さなイベントですが



ベテランから今回始めて竿を握る人までさまざま



楽しく釣りしてもらえると嬉しいですねラブラブ



で、楽しんだ後にみんなでサカナを川へ放流します合格







実はコレがメインイベント



北海道の河川は自然豊かでネイティブトラウトの聖地みたいに思われていますが



以外や以外、本州から釣りに来た人がビックリするくらい河川には人の手が加えられ



がっかりして帰る人も少なくないのが現状だって知ってました?



不要な護岸工事や砂防ダムにより、そこに済むトラウトは遡上を阻まれ産卵場所を奪われ



減少の一途をたどっています



だから、誰かが放流を続けないとトラウトがいなくなってしまう河川が凄く多いんです



ま賛否両論あるみたですが



いなくなってからじゃ遅いんで



微力ながらですがそういう事業に参加させて頂いております



それの一環として今回のイベントを行う事になりました



まずは川や釣りに興味を持ってもらい、河川の現状を少しでも知ってもらえる機会になればありがたいです



ニジマスやブラウンを害魚扱いする人も多いから困っちゃうんですが



全部のマス属が色んな場所でちゃんと生息できるようになってくれると一番いいよね



先輩たちが取り組んできてあまり変わらない現実を自分たちの世代でどこまで変えられるのかまったくわからないけど



それでも誰かがやらなきゃいけない事だと考えています



数十年後の北海道が本当のトラウトの聖地になってるといいんだけどな~



そんな思いをこめて今回のイベントを企画してみました



能書きが多いですがご了承願います



興味がある人は直接当社までご連絡ください



まだもう少しなら余裕が残ってますハイ



(勝手ながら定員になり次第締め切ります)



あ、参加資格がありますよコレ



○ 釣りに対するモラルやマナーを共有出来ること


○ イベント後にサカナを河川放流してくれる人


○ お昼ご飯を持参できる人



以上!



当日は悪天候で降雪の予報が出ておりますので出来るだけの防寒フル装備でお願いしますね



それではパー




AD

無事に終わりました

テーマ:



はい、私です



さすがに今日は体のアチコチが痛みますねガーン



でも、とても楽しめましたハイ音譜







土曜日の仕事終わりからトラックを取りに行って本番に向けて予行演習



I氏と二人であーでもないこーでもない







よし、何とか80ケースをキレイに収めること完了チョキ



寝ないで動くのは不可能じゃないけど (若い気丸出し)



恐らく体力勝負になるので帰宅して少しでも寝る



日曜日は3時起床 (遅刻は大嫌い)



I氏に連絡するとビックフォレストに直行するというので



会社に集まった長男坊と友人の岸さんとトラックに乗り込み出動



ビックフォレストで段取りの確認していざ深川へ



今回は総勢15名の皆さんで放流を行います







現着してすぐに作業開始



少しでも元気な状態で放流したいので積み込みをのんびりやるわけにはいかんのですコレ



とりあえず「稚魚」と「幼魚」を40ケース程積み込み







トラックごと移動して成魚池へ







網でサカナを集めてタモで1尾づつすくってケースへ入れていきます



ケースの容量が限られているので



大型のサカナは1ケースに1尾、中型以降はサイズにより2尾とか3尾入れます



ギュウギュウに入れれば入りますがサカナがすぐに弱ってしまい、放流する意味がなくなるので



あくまでも元気な状態のまま川に放すのが目的ですからね



全80ケースにサカナを詰め終えて



当別ダムへ移動



現地でサカナの入ったケースを下ろし







大方元気な状態で運べました (良かったホント)



成魚は袋の中で元気に暴れています







コレをアッチに運ぶんだよ・・・・・・・



気が遠くなっていると



幼稚園児と保護者の方がどしどしとやってきて



みんなで運搬を手伝ってくれました



本当に大助かり



父兄と幼稚園の皆さん本当にありがとうございましたm(_ _ )m



皆さんのお手伝いが無ければもう一回は出来なかったですホントあせる







で、いよいよメインイベントが始まります









子供たちがサカナをバケツで受け取り湖に放していきます



大きくなってね~なんて言いながらね



久しぶりの小さい子供たちはなんとも懐かしい気分になりますね



少し大きめなバケツを持った子が「大きいの入れて」と言うので



50センチ程のサカナをゴロンと入れてやり手渡そうとすると



大暴れしているサカナに驚いてバケツを掴めずにいる\(゜□゜)/



その困った顔がかわいくて大笑いさせてもらいました



無事に当別ダムでの放流を終えて



少々お疲れでしたが



養魚場へ戻りますグッド!



高速を爆走してると、途中から雨が・・・・・( ̄□ ̄;)!!



そういえば養魚場を出るときにそこのばあちゃんが



早く帰ってこないと雨降るからね~とか言ってたっけ汗



ブルーになりながらも高速道路は止まれないしUターンもできないし



腹をくくり爆走を続けました



現地に着いたら・・・・・スコール叫び



来週の釣りイベントの下見もしたかったので



雨の中釣りの準備して



竿を振り始め、バカみたいに釣れる事を確認チョキ



はい、来週は爆釣間違いなしグッド!



少し息子と釣りを楽しみながら







ケースに入れて行きます



あ、網で集めた方が弱らないかと思いますが



釣った方が「早い」んです



わかりますコレ?



それだけ釣れました



で、すでにずぶ濡れになったついでだし



今回お手伝いしてくれた岸さんは釣りが未経験だというので



ちょこっとレクチャー



初めての釣り体験音譜



ファーストヒットが50弱のニジマス連発って・・・・・なまら贅沢だなラブラブ



今度こういう事が可能であれば幼稚園の子供たちに釣り体験させてあげるのも面白いですね



経験しちゃったらお父さんが大変になりそうだけど・・・・・ドクロ



んで、無事に規定量をみんなで確保して



次の放流現場である豊平川へ爆走







とりあえずみんな元気なまま放流できました



後半戦の写真が少なくてすいません



全般的にバタバタと動きまくっておりまして写真とる余裕がありませんでした



特に後半戦はバテバテで・・・・ごめんなさい



一夜明け







今朝の当社工場内の様子・・・・・



ま、楽しかったからいいか┐( ̄ヘ ̄)┌



あ、豊平川へは成魚をメインで放流しました



釣るなとは言いません! (本音は言いたい)



世間知らずな子達ですので



極力、優しく接して頂き



速やかにリリースをお願いします



やればわかります



そういう気持ちにさせられます合格



こういう動きが更に大きな連携をして



みんなで保護出来るようになるといいですね



自然産卵で数が増えていく方向に動くのが一番なんですが



まだまだ課題ばかりなのが現状なので



当分は放流し続けなきゃ釣り出来なくなっっちゃいます



とりあえず



片付けします



今回参加した皆さん本当にご苦労様でしたm(_ _ )m



追伸:今回の放流資金の一部は幼稚園の園児達による募金が含まれている事をお知らせするとともに、釣り人としてそういう現実を知っておいていただきたいと思います。



それではパー










AD