ドリーバーデン様からお預かりしていたゴードンの修理が終わりました

 

 

今回の修理はハンドルノブがグラグラなのを修理します

 

検証した結果

 

ノブが縮んだ?

 

とにかくノブとシャフトが固着してるみたいに硬くなっていました

 

ノブは再利用するので何とかシャフトを引き抜いたって感じ

 

スプール側のネジ穴は初めから大きめなサイズでして山を切り直すと更に大きくなってしまいますから・・・・・

 

さて、どうしましょ

 

スプールのネジ穴は拡張してから山を切りなおし

 

更に塞いでから穴を新しく開けなおしました

 

読んでもわかりにくいでしょうけど、そういう工程です

 

 

で、無事に修理完了しました

 

これ以上ノブが縮まない事を祈りますハイ

 

プラスチックって伸び縮みしない材質だと思ってたんだけどな~

 

不思議です

 

このたびは修理依頼ありがとうございました

 

また、何かありましたらよろしくお願いします

 

それではパー

AD

昨日から急激に気温が上昇している札幌

 

じじいはこの温度変化に対応しきれません・・・・叫び

 

ドリーバーデン様からお預かりしていたパーフェクトの修理が終わりましたのでご紹介音譜

 

 

今回の修理内容は

 

○リールフットの製作交換

○メインシャフトのガタ修理

○レギュレーターリューズの固定金具製作交換

 

リューズの固定金具を治すのは今回が初めてとなりますラブラブ

 

単純な形状ですが・・・・・なめて掛かると痛い目を見ます (見てました♪)

 

 

メインシャフトの修理ね

 

ま、見た目にはわからないんですが・・・・ちゃんと修理してありますコレ

 

シャフト修理時にはハンドルを外す必要があるのでノブシャフトも製作交換済みです

 

 

フットはプレーンのくすませ仕様です

 

2本で固定するタイプなので

 

 

アリ溝ありなタイプですね

 

もちろん寸法もバッチリです

 

さて、問題のリューズ固定金具

 

 

試作する事4個目かな

 

ようやく納得できる制度で成型できました

 

ネジ2本で固定するわけですが

 

ネジ用の2個の穴とリューズを銜える部分の位置関係に苦労しましたあせる

 

ガタガタじゃ話になりませんからね・・・・ドクロ

 

今回の金具はあえて削り出し感を強く出したかったのでこういう形状にしてみましたチョキ

 

元の金具よりも頑丈に見えるでしょ?

 

もちろん見た目だけではなく

 

ハンパない強度に仕上がっています (必要かどうかは考えちゃダメね)

 

ちなみに純正の金具は金属板をプレス成型したと思われる形状です

 

 

コレはこれで十分な機能なんですけど

 

ま、今回は完全に折れてしまってたので作り変えさせていただきました

 

恐らく、ココを無理やりこじってリューズを外して作業したんだと思いますあせる

 

 

コレは無理やりこじる事は不可能ですね

 

あ、ネジ固定なのでドライバーで回せば着脱は可能ですからご安心ください

 

ちょっと無骨なデザインですけど・・・・・

 

ザ、ビレットって感じで気にいってますラブラブ

 

 

バネ付けて動作確認

 

少し重い感じがしたのですり合わせしてOKかな

 

今回はココでヨシとしますが

 

可能であればリューズとバナナバーも作り変える事をお勧めします

 

かなり減ってるのと・・・・

 

手が加えられている部分が少し・・・・気になっています

 

一応頭に入れておいてくださいね

 

という事で無事に完成しましたグッド!

 

今回の修理で新たに固定金具が製作可能になりました合格

 

もう少し作業工程をつめる必要はありそうですが

 

作れるって事はわかったので良かったです

 

純正まんまのプレス仕様は作れませんのでご了承ください

 

この度は作業依頼ありがとうございました

 

また何かありましたらよろしくお願いしますm(_ _ )m

 

それではパー

 

 

AD

ドリーバーデン様からお預かりしていたセントジョージ

 

 

ハンドル一式が付いていない状態でのお預かり

 

回転フィーリングもおかしいかな?

 

検証の結果

 

メインシャフトのガタが大きくグラグラな状態だったので

 

まず、メインシャフトの修理して

 

 

シャフトはフレームに対して少し斜めになっていましたね

 

もちろんキッチリと寸法出して加工してありますチョキ

 

 

シャフトに対してのスリーブも同様に加工して滑らかな回転フィール

 

もちろんガタはゼロにしてありますグッド!

 

あ、気づきました?

 

このリールは珍しくシャロースプールなんですよね

 

シャローを見るのはコレで二台目です

 

しかもコレは更に珍しいブレーキシステムが搭載されたモデルです (正式名称しりません)

 

 

ココは好き嫌いが出るところなのかもしれませんね

 

古いハーディのチェックの音が好き!って人は多そうだからねあせる

 

シャフトを修理したら全てがOKになると思ったら大間違いで

 

このリールは少しですがフレームに歪みが入っていました

 

(回すとスプールがフレームと接触する部分がありました)

 

修理方法をアレコレ検証した結果

 

ほんの少しですがスプールエッジを研磨させていただきました

 

(今回は珍しく下側でした)

 

ガイドリング付きのフレームは修正する時の危険度が高く

 

せっかく良いコンディションで維持出来ている黒鉛が台無しになりかねないと判断しました

 

もちろん研磨量がごく少量で済むと判断したからですグッド!

 

 

ハンドルシャフトと座布団は真鍮で製作して

 

ノブはエボナイトで製作しました

 

恐らくコレが当時の仕様だと思います

 

もちろん真鍮はくすませて、ノブは新品なのでピカピカに磨き上げてあります

 

これにて作業完了です

 

作業依頼ありがとうございました

 

また何かありましたらよろしくお願いします

 

近日中にお届けに伺いますね

 

それではパー

 

 

 

 

AD