本日、無事に届いたと連絡をいただきましたのでアップします

 

問い合わせいただいたのはハーディのパーフェクト

 

ハンドルノブがグラグラになってるのとハンドルプレートが若干歪んでいるとの事

 

リールを送ってもらって確認したところ

 

落下かな?

 

ノブの周りが歪んでいました

 

そのままノブのグラグラを修理しても少し傾いた状態になってしまいますあせる

 

どちらにしてもノブの修理でノブシャフトは削って取り外さなくてはいけないので

 

プレートの歪みを少し矯正してみましたグッド!

 

光を当てるとまだほんの少しだけ歪みは残ってますが良い感じに仕上がったと思います音譜

 

プレートの歪みは割れとのせめぎ合いなので壊れる前に良い所で妥協するのがポイントね

 

 

シャフトのグラグラは穴を新しくしてネジを切り

 

そのネジにピッタリ合うシャフトを製作する事で対応させて頂いております

 

(一度、衝撃を受けて広がったネジ穴は絶対に縮められません)

 

一番シンプルで確実な方法だと思いますハイ

 

 

歪みは殆ど気にならないレベルです

 

ハンドルが真っ直ぐじゃないと回した時に違和感を感じちゃうんですよねあせる

 

人の五感って下手なセンサーよりも敏感だったりしますからね

 

 

という事で作業完了となります

 

この度は作業依頼いただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします。

 

楽しい釣りが続きますように音譜

 

そいれではパー

AD

お客さんから届いたと連絡をいただいたのでご紹介チョキ

 

BILL BALLAN LIGHTWEIGHT

 

 

このビルバランは使ってる最中にハンドルを回してると時々ノブがロックしてしまうという症状

 

分解してみると

 

ひょうたん型のノブを固定しているネジが・・・・・普通の全ネジでした

 

全ネジとはネジ頭から下の部分が全てネジになってるネジの事ね (本名は知りません)

 

なのでネジを緩めておけばノブは回りますが、締めてしまうと回りません (完全に固定されます)

 

ノブシャフトを新たに製作すればOKかな?と思ったんですが

 

ノブの穴に対してハンドルの受け側のネジ径が違いすぎますコレあせる

 

圧倒的にノブの穴が小さすぎるんです (構造的に成立しません)

 

このままじゃ使えないのでノブの穴を拡張しようと検証しましたが

 

今回のビルバランに付いてきたノブはひょうたん型のアルミノブでして・・・・

 

機械で掴む事が困難な形状ですあせる

 

なんとなく掴む事は出来ますが、ちゃんと芯を出した切削だと無理

 

さて、どうしましょ

 

初めに考えたのは

 

同じ形状のノブを一から製作する?

 

ネットで色々と画像を物色してみると

 

もしかしてこのリールのノブって黒いプラスチックが本来の状態じゃないのかな???

 

チェックも時々異音があるみたいなので本体も分解して更に検証

 

チェックもネジも減ってグラグラになってるのも確認してお客さんに連絡して相談してみました

 

ノブはストレート形状で新たに作り直す事

 

チェックは丸ごと作り替えてしまう事

 

以上の了承をいただき作業再開

 

 

ノブはプラスチックではなくアルミで成型しました

 

本体がピカピカなのでノブも磨いてピカピカにしてありますチョキ

 

 

ハンドルの曲がりがある程度修正して

 

ノブシャフトは立て込みタイプに作り替えてしまいましたグッド!

 

コッチの方が先々安心ですからね

 

正規の造型に拘らない方にはこちらをお勧めしますチョキ

 

 

チェック本体はステンから削って作りましてネジとの間にスリーブを入れて供回りを防ぐ構造に変えてしまっています

 

これでビルバランのチェックが緩むのは改善されます

 

ネジはジュラルミンで製作ですね

 

このビルバランはクリアランスがギリギリだったのでフランジ付きのスリーブは断念して貫通型のスリーブにしましたが

 

動作で緩む事は無いと思います

 

チェックもステンなのですぐに減ってしまう事も無いでしょう

 

ハンドルがねじ込みタイプだったので左右どちらで使うのか気になりご連絡させていただきました

 

左巻きで使うとの事でしたので心配は残りますが (ハンドルが緩む方向で巻く事になります)

 

とりあえずこのまま使ってみるという事でこのまま進めています

 

このリールを右巻きで使うにはスプールから出ているハンドルを差し込むネジ部のネジを逆ネジにしなければ本来の変更にはなりませんのでご了承ください

 

見た感じでは変更加工は可能だと思いますので、使って問題があるようでしたらご連絡お願いします

 

その際はハンドルも作り替えなければいけませんのでご了承くださいね

 

 

という事で作業完了グッド!

 

次は HARDY JLH ULTRALITE #2/3/4

 

まったく同じリールを使っていて紛失してしまったらしく

 

新たにまったく同じリールの新品を入手したんだとか

 

気に入って使ってたんですね

 

でも、新たに手に入れた方のドラグノブがカタカタ遊んでるのが気になるとの事で入庫です

 

触ってみると確かに遊んでいますが、故障という感じではありませんでした

 

とりあえずご連絡して話を聞くと

 

キャスト中にカタカタと音が聞こえて嫌なんだそうで

 

カタカタを直せるのであれば直して欲しいと言われ作業を進めます

 

がしかし

 

このリールのドラグノブには先日ご紹介したアルミの蓋が付いています叫び

 

新品未使用の蓋か~・・・・・・・不安だわあせる

 

とりあえず傷は気にしないと言ってもらえたので・・・・・・いざ!

 

 

何とか小さな傷で取り外す事が出来てホッとしました

 

で、分解します

 

 

遊びは2種類の方向にありました

 

軸方向のガタはシムを作って解消する事が出来ましたが

 

円周方向のガタはそうはいきません

 

さてどうする

 

解消方法は内緒って事でよろしくねチョキ

 

で、各部を組み付けて給油して動作確認

 

 

新品未使用ですから他に修理が必要な場所も無くキレイなモンです

 

 

キャップを着脱可能にしたいけど方法は思いつかないので・・・・・接着しましたあせる

 

という事でお預かりした2台の修理が完了しましたグッド!

 

既にリールはお客さんの下に届きまして作業部の確認もしてもらいました

 

喜んでもらえて良かったです音譜

 

この度は作業依頼いただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします

 

今後も楽しい釣りが続きますように音譜

 

それではパー

 

 

 

 

AD

フェイスブックページからの問い合わせで入庫したリールです

 

リールのスプールが回らなくなったとの事叫び

 

見てみなきゃわからないのでリールを送ってもらいました

 

届いて状況を確認したところ

 

ピクリとも回りません叫び叫び

 

スプールが回らないのは幾つかの原因が考えられますが

 

どんな状況で回らなくなったのか?

 

 

とりあえずシャフトに注油してお客さんに聞いてみた

 

長期間保管したのちに回らなくなったのか?

 

それとも使ってる最中に突然回らなくなったのか?

 

結論、使ってる最中に突然ロックしたらしい・・・・叫び叫び叫び

 

今までも回らなくなったリールを修理した事はあるんですが、その殆どはしばらく使ってなくて久しぶりに使おうと思ったら回らないって感じがほとんどでした

 

今回のコレ怖いですねドクロ

 

注油してアレコレやってみたけど動く気配は無い・・・・・

 

さてどうしたもんか

 

ちょうどこのリールに着手する前に同じリールのサイズ違いの修理をしたばかりなので構造はしっかり記憶されていて

 

裏側(フレーム側)からも分解が可能な事は覚えていましたチョキ

 

 

このタイプのリールは殆ど同じ構造だと思いますが

 

何かをやろうと思うと一番最初にドラグノブのセンターキャップを外す必要があります

 

ちなみにこのキャップ

 

アルミのプレートを接着して固定してあります・・・・叫び

 

傷はおろか変形しないように外すのも難しいんですよねあせる

 

けど、ココからアプローチする以外に選択肢は見つからないし

 

お客さんに了解を貰って取り外しました

 

 

何とか再利用可能な状態で外す事が出来ましたグッド!

 

メインシャフトはナットで固定されているんですが更にダボを打ち込んでゆるみ止めしてあります

 

ハーディのリールに多く見られる手法ですね音譜

 

古典的な手法というか、凄く手間が掛かる方法ですコレ

 

ですが分解する側になると・・・・・凄く大変になりますあせる

 

写真は既にダボを抜いた後の図ですね

 

メインシャフトとナットの間に小さな穴がありますよね?

 

そこにダボが打ち込んであります

 

 

ドラグユニットごとスプールを外しました

 

ボチボチ錆びてますね (極端に酷くはありませんでした)

 

 

フレーム側は特に問題がありませんので洗浄して給油すりゃOKです

 

チェックが少し減ってるので後で確認しなきゃね

 

(この時点での点検は不可能)

 

 

少し強引にやりましたが何とかシャフトを抜き取り各部を分解しました

 

今回の症状の原因はメインシャフトとスプールの抱き付きですね

 

スプール内面のアルミが損傷してシャフトにこびり付いていました

 

部品全てをチェックして確認作業完了

 

次は修復作業です

 

少し気になったのはドラグスプリングかな

 

サビでスプリングが弱くなってる気がします

 

ま、仮組みして調子をみてから考える事にします

 

 

ワッシャーは全て研磨したらキレイになったので再利用します

 

シャフトとかスリーブも磨いてキレイになったので大丈夫だね

 

ワンウェイが心配だったんですがサビも無く洗浄して給油して完了

 

いいねチョキ

 

スプールの内壁もキレイに磨いてスムーズに回転するようになったのでこのまま進めます

 

 

仮組みする事数回

 

何となく気に入らない場所はあって、調整すりゃいい具合になるんだけど

 

調整すると最後に打ち込むダボの位置がずれちゃうんだよね・・・・

 

違う場所にダボを打つという事はシャフトかナットのどちらかに新しく切り溝を入れるって事でしょ

 

なるべくなら増やしたくないし

 

アレコレ考えてたら他の解決策が見つかりましたグッド!

 

ドラグはドライで組みたいと思ってたんですがサビ止めも兼ねてトーナメントグリスを塗布して組みました

 

気になる効き具合は

 

一番緩いトコロから回し始めの数ノッチは変化が少なく感じましたが全開状態では普通に感じます

 

もう少しリアルな変化が欲しいところではありますが

 

代わりになるスプリングがすぐに手に入る訳でもないし

 

作り変えるのもありなんですが

 

まだ、ある程度は機能してるのでこのまま組む事にしました

 

お客さんに使ってもらって気になるようでしたら再度挑戦したいと思います

 

減っていたチェックは特に問題なく音が出ていたのでそのまま再利用しました

 

各部の遊びも問題なく動きもスムーズに戻りましたグッド!

 

大きな損傷に繋がらなくて本当に良かったです音譜

 

 

今後は定期的な給油をお願いしますね音譜

 

特にハーディのリールはクリアランスが狭いので注意が必要です

 

高精度な機械は少し気を使うことが必要になるんですが

 

少し気を使ってやるだけで長持ちしますからね

 

最初からガタガタな機械は給油したってダメ

 

ガタは機械的負担が大きいのでガタがガタ呼び

 

ドンドン酷くなりますからドクロ

 

皆さんはメインシャフトの当たり面ってシャフト全体がスリーブと触れていると思っていませんか?

 

ガタがある機械ではガタった先が当たりになるので

 

結局は一番手前と一番後ろの円周上の線でしか接触できないんです

 

結果、少ない接触面では面圧が想定よりも高くなり当たり面は磨り減りドンドンガタが増えていき

 

止まらなくなりますあせる

 

フライリールだと基本的に上下に楕円状に減る傾向にありますね

 

だからガタ修理をする時は一旦削ってしまって真円に近づけてから作業する事が必要になるんですハイ

 

ハーディのリールが長持ちするのは加工精度が物凄く優秀だからなんだと思いますね

 

ガタが少なければ少ないほど接触は点や線から面に近づいていきますからね

 

 

センターキャップの損傷は最低限で済みましたグッド!

 

ほんのちょっと傷が入った程度で済んで良かったです

 

既にリールはお客さんの元に戻りまして今まで通りに仕事をしてるようですドキドキ

 

 

心配だったドラグのフィーリングも特に問題は出てないみたいなので一安心しました

 

修理後の使用写真は修理屋としては凄く嬉しく思いますので皆さんにもお願いしたいな~なんて思っています

 

気が向いたらよろしくお願いしますm(_ _ )m

 

この度は作業依頼いただきましてありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします

 

今後も楽しい釣りが続きますように音譜

 

それではパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD