Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
昨日は仕事もお休みなので、早朝から出撃しましたあはは



   場所:北の葦林・沖の一文字

   天気:晴れ晴れ 強い東風
   気温:25~30℃
   水質:ややマッディ



最近のエントリーポイントであるホーム漁港の浜から見ていると、東風が強くて波も50㎝くらいです。
何とかミーヤン2号を準備して、エレキで出港。エレキがないと躊躇うくらいの波の高さです。


さて、漁港沖の葦林NBNF
珍しいですね。ここにバスがいないとは...



テトラ沖のウィードでは、25~30㎝のバスが3尾
ここにはバスは戻ってきているようですが、型は望めません。



護岸沿いでは、24㎝の小バッチ1尾のみ。
波が当たって底荒れしているのでしょうか。





急いで北の葦林に移動。

しかし、北の葦林も波にさらされて、NBNFわーん
ここは期待していたのですが撃沈ですえーん



クリークのオーバーハングもNBNF




波を押し分けて、沖の一文字に移動パンチ

このときにはより東風が強くなって、波も1mクラスが押し寄せてきますわーん


まずは一文字の南端から風裏の岸側をチェックしますが、NBNF

北端から、風表の沖側をチェック。
南1/3でコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり

重量感は今ひとつです結構元気が良い引きですにっこり
あちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、



160723 40cmバス 沖の一文字1
160723 40cmバス 沖の一文字2

40㎝のヨン様でしたあはは

この状況なら御の字ですわ。来てくれてありがとう!!



南端から岸側に回り込んで、2周目。

やはり岸側はNBNF
ギルすらいない。

北端で沖側に回り込んで、中央1/2で、25㎝の小バッチゲット。



3周目の頃には、風が収まり、波も50㎝を下回るようになると同時に太陽が照りつけてきました。

岸側が全くアタリがないので、4周目は岸側には回らずに沖側だけを往復することにしました。

すると、南端の沖側でコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり

先ほどの40㎝よりも重量感はありませんが、元気が良い引きでした。



160723 38cmバス 沖の一文字

38㎝のバスにっこり

この状況なら嬉しい1尾です音符


その直後、同じポイントで重いもたれアタリ、ヒットびっくり

これは先ほどの40㎝や38㎝よりもハッキリと強い引きと重症感です。
ドラグを緩めるとラインを引き出します。
ロッドを水中に引き込むような引きを披露してくれたのは、




160723 41cmバス 沖の一文字1 160723 41cmバス 沖の一文字2

41㎝のヨン様ちょきあはは

でも、引きの割には大きくなかったですね。
体高のあるグッドコンディションのバスですから、引きも強烈なのも納得。




どうしても北の葦林が気になりますので、一文字に見切りを付けて、移動。

ところがNBNF

やっぱりバスは居着いていなかったようですしょんぼり





不発だった護岸沿いに移動し、チェックするといきなり30㎝のバスがヒットびっくり

波が収まって、バスの活性が上がってきています。


もう一度チェックすると、コツコツした小アタリ、合わせるとヒットびっくり
予想よりも強い引きと重量感です。
結構強い引きを披露してくれたのは、





160723 40cmバス 北の護岸1 160723 40cmバス 北の護岸2

40㎝のヨン様でしたあはは



これ以降はテトラ沖のウィード30㎝を追加してストップフィッシングパー



お昼から用事があり、午前10時には帰宅予定でしたので、せっかくバスの活性は上がっているのは
分かっていたのですが、後ろ髪引かれる思いで浜に上がりました。


でもこの状況で、これぐらい釣れたら満足しなくちゃねにんまり





  <昨日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb
     エレキ搭載化ミーヤン2号(ZF158VH改)   
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は当直明け。
やや眠気はないわけでは無いけれど、体力的には充分。
お昼から出撃です。



   場所:北の葦林・沖の一文字

   天気:曇りくもり 強い西風
   気温:30℃
   水質:ややマッディ




最近、お決まりになりつつあるホーム漁港の浜からエントリーパンチ



沖の葦林では
20㎝後半までが入れ食いになりそうだったので、移動。

40㎝をゲットしたテトラの沖
にはバスの姿が見られません。

護岸を探ると30㎝のバス
だけ。



どうやら、バスのポジションが変わったようです!?



エレキの機動性を活かして、
北の葦林に移動。

前回ランカーが出たクリークのオーバーハングでは
22㎝の小バッチだけしょんぼり


前回、良型3バラシの北の葦林の南端を探ります。

すると...

重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

ヤッパリいましたねぇフフフ

強い引きと重量感です。ドラグを鳴らしてあちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、




160721 46cmバス 北の葦林 160721 46cmバス 北の葦林2

46㎝の良型バスでしたちょきあはは

嬉し~いびっくり いきなりのリベンジ成功ナイス



でも、これ以降は沈黙ダウン





沖の一文字に移動パンチ  南端から岸側をチェック。

南1/3でコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり

重量感は今ひとつながら、元気が良い引きを披露してくれたのは、





160721 40cmバス 沖の一文字 160721 40cmバス 沖の一文字2

40㎝の良型バスですあはは


でも、これ以降、ギルのようなアタリだけ。




もう一度、北の葦林とクリークのオーバーハングをチェックしましたがNBNFしょんぼり




最後に護岸を再チェック。

32~35㎝を4尾程度追加。



エントリーポイントの葦林は依然として20㎝台が元気へへん




3時間程度粘ってストップフィッシングパー





どうも、バスのポジションが変わったようです。またデカバスのダウジングを始めなくては...えーん





  <昨日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb
     エレキ搭載化ミーヤン2号(ZF158VH改)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、琵琶湖にフローターで出撃した結果がこれびっくり



160718 日焼け1 160718 日焼け2



               強烈な日焼けわーん


午前中だけだったのですが、日差しが強烈だったようで...

腕時計の跡がくっきりやべー

シャワーしてもヒリヒリ痛いですわえーん
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は連休最終日。
今週は当直に来週の日曜日は日直にとなかなか釣行できませんので、思い切って
釣り三昧を決め込みましたフフフ

早朝から出撃ですパンチ



  場所:ホームの漁港沖・北の葦林・沖の一文字
  天気:晴れ晴れ 
  気温:25-30℃ 暑い汗
  水質:マッディ



今日はホーム漁港の浜をエントリーポイントに選びました。
いつものエントリーポイントは草だらけになって、かなり藪漕ぎしなければ浜に出られないし、
距離も長いので変更しました。


ミーヤン2号で出港したのが午前6時ごろ(やや遅い)。


ホーム漁港の沖の葦林
30㎝までの小バッチがいますね。
型は望めそうもないので移動。


テトラ沖のウィードを探るとコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり
結構強い引きですが重量感は今ひとつ。あちこち逃げ回りましたがフローターの側に浮かせて
勝負あり。



160718 40cmバス ホーム漁港沖

40㎝のヨン様でした音符

このバスって... 2日前にヒットした尾びれに疣贅があるバスじゃ...はてな




護岸に移動して一通り探りましたが、32㎝のバスが1尾だけ。







北の葦林までエレキの機動性を生かして大移動パンチ

先日バラシがあった南端のポイントで重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

かなり強い引きと重量感です。
強めに締めていたドラグを鳴らしてラインを引き出すので、50アップの可能性大あはは

これはバラしたくないので慎重にやり取りしていたのですが、急にラインテンションがなくなりました。

痛恨のフックオフガーン

あ~あ、惜しいことしました。

北の葦林はこれ以降沈黙




そこで沖の一文字に移動。
北端から沖側をチェックして行きます。

北の1/3に差し掛かったときにコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり

予想していたより遙かに強い引きを重量感です。
強めのドラグでもラインを引き出します。
何とか沖に誘導してドラグを緩めるといきなりラインを引き出して逃げ回ります。
浮いてきたかと思うと底まで逃げ込みます。

                楽し~い!!

でも、先ほどのフックオフが頭を過ぎりますやべー

バスにお願いしながら慎重にやり取りしてフローターの側に浮かせて勝負ありパー





160718 55cmバス 沖の一文字1 160718 55cmバス 沖の一文字2
160718 55cmバス 沖の一文字3

55㎝、4.2lbのスーパーゴンザレスでしたちょきあはは
“やっりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”

北の葦林のリベンジ成功グー




今度は南端から岸側に回り込んで、探っていきます。

北の1/3に差し掛かったところで重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

重量感は今ひとつですが引きが強い。一文字に逃げ込まれたらラインブレイク必至。
ここは一文字から離れると鉄骨製の魚礁があり、ここに逃げ込まれてもラインブレイクです。
ドラグを緩めないようにしてWS2651F-2のストロークを信じてやり取りです。
何とかフローターの側に寄せてゲット。




160718 41cmバス 沖の一文字 160718 41cmバス 沖の一文字2

41㎝のヨン様でした音符

グッドコンディションのナイスバスにっこり



これ以後、一文字を2周しましたが、30㎝を1尾追加しただけ。






北の葦林に戻って、再度チェック。

すると、南端のポイントで再びもたれアタリでヒットびっくり

嬉しいですね、またまたヒットです。40アップ間違いなしの強い引きですにんまり

ところが本当に慎重にやり取りしていましたが、再びフックオフガーン

どうしたことでしょう...



気を取り直して、葦際をチェックしていると三度もたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

これまた強い引きと重量感です。やっぱり40アップ間違いなし。

ところがですよ、二度あることは三度あるびっくり 三度フックオフガーン

あぁ、もうどうしようもない。バラシ病発症
ですわえーん





さすがにポイントが潰れたみたいなので、クリークに移動して、夏限定で良くなるオーバーハングを
チェックしました。

オーバーハングからフラ~と出てきた個体があったので、進行方向の先にキャスト。

すると重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

強い引きと重量感です。オーバーハングに逃げ込まれないように沖に誘導してからやり取りをして
フローターの側の浮かせてゲットパンチ




160718 46cmバス クリークのオーバーハング1 160718 46cmバス クリークのオーバーハング2

46㎝の良型ヨン様でしたあはは

狙ったとおり、してやったりの1尾です。



続いて、もう1ヶ所夏場に良くなるるオーバーハングの際にキャスト。
すると重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

かなり強い引きと重量感です。
ドラグは緩めていないのにラインが出ますので結構型は良いはず。
オーバーハングから離してクリークの中央に誘導して勝負。
あちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、





160718 50cmバス クリークのオーバーハング1 160718 50cmバス クリークのオーバーハング2 160718 50cmバス クリークのオーバーハング3
50㎝、3.1lbのゴンザレスでしたちょきあはは
“やっりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”

今期17尾目のランカーバスですクラッカー




さてさて、釣果的には満足なのですが、北の葦林での3バラシが悔しくて、どうにもやり切った感が
ありません

そこで、もう一度、最後の望みで北の葦林に入ることにしました。

南端の3バラシ・ポイントをチェックすると、30㎝のバス
がヒット。

                 嫌な予感...


数投する内に、コツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり
このバスもかなり強い引きですにっこり
本当に、本当にバラしたくないので、慎重に慎重を重ねてゲットグー




160718 44cmバス 北の葦林1 160718 44cmバス 北の葦林2

44㎝のヨン様でしたちょき

ようやく一矢報いることができました。これでホッとできました。
何せ、4ヒット、1ゲット3バラシですからおよよ



このバスをゲットしてから、長駆ホームの沖まで大移動して、葦林で30㎝までのバスに遊んで
もらってストップフィッシングパー




久しぶりに、本当に久しぶりに6時間も浮くことが出来ました。
これだけの大移動を可能にしたのも、エレキ搭載化フローターのお陰ですOK


160718 ミーヤン2号






  <今日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb
     エレキ搭載化ミーヤン2号(ZF158VH改)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の釣果です。

昨日は休日、早朝から北の葦林と沖の一文字に出撃です。




  場所:北の葦林・沖の一文字、北の護岸、ホーム漁港沖
  天気:曇りくもりのち晴れ晴れ
  気温:25-28℃ 蒸し暑い汗汗
  水質:ややマッディ


寝坊はしないように、ミーヤン2号を用意して、湖上の人になったのが午前5時15分くらい。



まずは北の葦林を南端からチェックパンチ

南端でコツッとした小アタリで、合わすとヒットびっくり
結構強い引きと重量感です。40アップくらいかなって考えていると急にラインテンションがなくなりました。

痛恨のフックオフガーン


あ~あ、ここでバラシとはさい先悪い...めそめそ



これ以降、北の葦林は沈黙...




沖の一文字に移動してチェック開始。

ところが、魚の気配が全くありません。一文字を1周半した頃にやっとギルのアタリ。



さっさと見切りを付けて、北の葦林をチェックすると、22㎝のバスがヒット。
ボウズ逃れは出来ましたが、やはり沈黙およよ



再度、一文字をチェックして30㎝をゲットしただけ。



これは厳しすぎますえーん




そこで、日頃チェックしないクリークの南側の葦林をチェックすると、23~30㎝のバス
チョクチョクアタってきますにっこり



どうやらバスは南に移動しているようで、そこで、本当に普通はチェックしない護岸
探ります。

すると、いきなり32㎝がヒットびっくり

ここにもバスの気配がありますにっこり


護岸沿いギリギリを探っていくと、重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

重量感はありませんが、結構元気な引きでロッドを水中に引き込みます。
あちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、





160716 40cmバス 北の護岸 160716 40cmバス 北の護岸2

40㎝のヨン様でしたちょきあはは

この厳しすぎる状況なら十分なバスです。





30㎝をもう1尾追加して、ホーム漁港近くの葦林をチェック。

25㎝を主体に、22~32㎝のバスが入れ食い状態びっくり





型が伸びないので、ホーム漁港のテトラ沖をチェック。

ウィード沿いに30~35㎝のバスが回遊しています音符

ウィードから一旦離れて、ロングディスタンでチェックすると、32㎝のバスがヒット。
バスの活性は高いようです。

次の一投でもヒットびっくり
今度は先ほどの32㎝よりもパワフルな引きです。

あちこち逃げ回りましたがフローターの側に浮かせて勝負ありパー




160716 40cmバス ホーム漁港沖

40㎝のヨン様でしたにっこり

尾びれに疣贅があるあまりコンディションが良くないバスでした。




これ以降も護岸で30㎝などを追加してストップフィッシングパー


22~32㎝×20尾以上、40㎝×2尾 の釣果でした音符



北の葦林や沖の一文字よりもかなり南にバスは移動していたようです。

北の葦林や沖の一文字に固執しなくて良かったですわ。
それもこれも、エレキ搭載化したミーヤン2号のお陰です。
人力ではしんどい移動距離でしたから。




  <昨日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb
     エレキ搭載化ミーヤン2号(ZF158VH改)  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、朝から北の葦林と沖の一文字に出撃しましたが、結果は惨敗でしたえーん


だいたい、寝坊してフィッシング開始が午前6時半というのが間違いだったのでしょうか?





ミーヤン2号で北の葦林をチェックしたもののNBNF !!



沖の一文字に大移動して、丁寧に探ってはみたものの、20㎝、26㎝、35㎝のバスだけめそめそ



更に沖のストラクチャーに行きましたがNBNF !!


一文字には大型のバスボが張り付いてチェックしていましたが、苦戦している様子。





最後にもう一度、北の葦林をチェックすると、コツッとしたもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

思った通りの強い引きですあはは

葦以外にウイードが生えているポイントですので、ウィードに注意です。

するとジャンプ!!  45アップは間違いなし!!

とろこがウイードに巻き込まれるかと思った瞬間、フッとラインテンションがなくなりましたびっくり



まさか、




まさかの、



フックオフ!!



なけなしの1尾なのに残念すぎるバラシえーん



さすがに立ち直る気力も無くストップフィッシングですわーん



ま、この季節ありがちなムラッ気ですね...




  <昨日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も早いもので2016年も上半期が終わりました。

去年1年間治療に費やして、ハズフィッシングに本格復帰したのが4月でしたので、
正味3ヶ月弱の釣果ですが、上半期総括をしますパンチ


    40アップ: 25尾
    50アップ:  6尾
    55アップ:  6尾
    60アップ:  2尾
     40㎝以上総数39尾   最大60㎝、6.5lb

50アップのほとんどがメガポンドの釣果です。
40アップが少なかったので、やや寂しい感じですが、リハビリフィッシングなら結構
好釣果だったように思います。


夏には北の葦林や沖の一文字、秋には愛しの某所が良くなってきますので、
下半期も多くの出会いがありそうですにっこり
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は1週間の仕事を終えて、いよいよ終末。
昼からは、大津で滋賀県スポーツ医会びわこスポーツ医学カンファレンスという講演会
兼勉強会に出席予定だったので、早朝から数時間限定の釣行(いつもと同じか...)



早朝4時半からクルマにフローター一式詰め込んで出発車



  場所:北の葦林・沖の一文字
  天気:曇りくもり やや強い東風
  気温:25-28℃ 蒸し暑い汗
  水質:ややマッディ



最近、なかなか晴天で釣りをさせてくれません。
昨日も現地に到着して沖を診て...

            波が高いやべー



ま、エレキ搭載ミーヤン2号ですから出撃には問題なし。
後は釣果だけ。




出航してスタートフィッシングは午前5時過ぎ。




クリークとワンドは予想通りNBNF!!


沖から50㎝くらいの波が押し寄せています。





北の葦林に移動。
2日前にスーパーゴンザレスが出たので期待十分にんまり


ところがまさかのNBNF!!

そうは上手くいきませんやべー





波をエレキでかき分けて、沖の一文字に移動パンチ



南の端から岸側をチェック。


中の1/3でコツッとした小アタリ。
合わせるとヒットびっくり


ところが予想よりも大したことない引き。
35㎝のバスでした。

元気一杯の良い引きですが、狙っているのはキミじゃない。



岸側ではこれ以降アタリなし。



北端から沖側に回り込んで探っていると、回収時に重いアタリ。
合わせると何かがかかりましたが、直ぐにフックオフ!?

リグを回収すると、フックにバスのウロコが刺さっていました。
40アップくらいかなぁ...

バスがいることは確実です。

北の1/3で32㎝のバスがヒット。
う~ん、キミじゃないしょんぼり


中の1/3で突然根掛かりのようなもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

予想よりも強烈な引きと重量感です。
ドラグを締め気味なのに、ラインを引きずり出して一文字に逃げ込もうとします。

これは40アップじゃないわフフフ

WS2651F-2の豊かなストロークを生かしてドラグはそのままに沖に誘導します。
ある程度一文字から離れてドラグを緩めるといきなり走ります。
一文字に逃げ込まれたらラインブレイク必至なので、ここは我慢のしどころです。
さすがに疲れてきて浮いてきました。フラーターの側に寄せて勝負ありグッド





160702 55cmバス 沖の一文字1 160702 55cmバス 沖の一文字2 160702 55cmバス 沖の一文字3
55㎝、4.4lbのスーパーゴンザレスでしたちょきあはは
“やっりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”


160702 55cmバス 沖の一文字4
お腹パンパンのビックママです。



直後にコツッとした小アタリ、合わせるとヒットびっくり







160702 18cmバス 沖の一文字





な、なんと18㎝のバスですびっくり

同じリグと同じワームで、かたや55㎝、かたや18㎝びっくり
バスフィッシングは本当に分かりませんねへへん





これ以降、一文字を3周回りましたが、20~25㎝のバスがポツポツ。




3時間でストップフィッシングパー



またまた、スーパーゴンザレス1尾ゲットでした。
釣行としては成功ですね。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月29日は当直で、翌日30日は当直明けの半ドン。

天気予報は雨でしたが、ポツポツの小雨と風はなし。波もほぼなし。
となると出撃するしかないでしょ。


  場所:北の葦林・沖の一文字
  天気:雨雨 強い南西の風
  気温:25℃ 蒸し暑い汗
  水質:ややマッディ


なんやかやで家を出るのが送れて、現地に着いたのは午後2時を回っていました。
急いでミーヤン2号を準備して、エレキを搭載して出航




まずはクリークからワンドをチェックしますが、ノーバイト。
ここは夏のピーカンに良くなるポイントなので仕方ないですね。




北の葦林に移動パンチ

クライマックスは直ぐに訪れました音符

北の葦林の南端から順にチェックして行きますが、南端の先端にキャストしたところ
重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

思ったより強い引きと重量感にっこり

かなり強めにドラグを締めたのにラインを引き出します。
沖に誘導しますが、葦際まで逃げ込もうとします。

フックオフしないように徐々にドラグを緩めて少しずつラインを出しながら弱るのを待ちます。
フローターの側に浮かせて勝負ありナイス




160630 56cmバス 北の葦林1 160630 56cmバス 北の葦林2


56㎝、4.5lbのスーパーゴンザレスでしたちょきあはは
“やっりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”


いきなりのキッカーバスにビックリびっくり




これ以降、北の葦林は沈黙しょんぼり
すみいちだったみたいタラ~






エレキを生かして、沖の一文字パンチ

ところが、少し前までいた40アップのバスの姿が消えていますえーん


18~32㎝のバスなら忘れたことにアタってきますが、一文字を3周してもデカバスの気配は
ありませんわーん



と言う訳で、3時間弱でストップフィッシングパー




キッカーバス1尾の方が、40㎝10尾よりも良いですので、まずは成功でしょう。

これで、上半期の釣行は終了。総括しなきゃならないですねにっこり





  <6月30日のタックル>
     シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
     シマノ 14 ステラ2500S
     ノガレス グラン DEAD OR ALIVE 6lb










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も楽しませてくれたメガポンドのスポーニングも終了、総括します。


4月10日(日)~6月5日(日)まで、短時間のフローターバッシングをして、



40㎝以上のバスが25尾の釣果でした。

内訳は、

      40㎝~:13尾
      50㎝~: 5尾
      55㎝~: 5尾
      60㎝~: 2尾
         最大60㎝・6.5lb

です。


釣れ始めが遅く、30㎝までの小バッチやギルの活性もなかなか上がらず。
しかも岸際にあったブッシュを一部刈り取ってしまったので、バスが居着き易い環境が減少して
いましたわーん
例年あるはずのお祭りの話も聞きませんでしたし...しょんぼり


来ればデカいという印象でしたね。



それでも、ほぼ1年間闘病生活をして、その後の復帰したてのリハビリフィッシングの割には良い
釣果だったのではないかと思います。
しかも職場が変わって、週末バサーになってしまいましたので出撃回数も減少しましたし。

2尾のロクマルにも恵まれましたので、大成功でしょう。




来年の4月まで、メガポンドは封印です。来年またデカバスに出会えることを期待して...


160505sバスのぼり
5月5日、50㎝、56㎝、57㎝、60㎝のバスのぼり


160507 60cmバスと私 メガポンド
5月7日、60㎝・6.5lbのロクマル
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。