Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。

先日、届いたモーターガイドR3-40HTV-36 を、フローターに搭載するために
早速改造しましたパンチ



まずは、進行方向の前後を変更するためにヘッドの向きを180度変えます人差し指

そのために、ヘッドのカウルを外して配線を確認します。
(ミンコタの時は回転する方向で配線の緊張が変わりました)
R3-40HTV改造2


カウルを固定している5本のネジを外すと簡単に外れますが、カウルと操作部には
配線でつながっているので気をつけて下さい。

ヘッドとシャフトを固定するネジを外して、ヘッドを180度回転させて、操作盤内の配線に
問題がないかどうかチェックします。
R3-40HTV改造1



モーターガイドの場合はどちらに回転するかは問題ないようですにんまり


ヘッドをカウルを固定した後、ヘッドとシャフトをネジで再固定します。

無理矢理ねじ込んだらシャフト内の配線を傷める可能性があるのでゆっくりねじ込みます。


これで進行方向の変更は完了パー

R3-40HTV改造7 R3-40HTV改造3
          進行方向変更前                    進行方向変更後


バッテリーに接続して、問題なく駆動することを確認OK

これで一安心にっこり





次に、バッテリーへの接続端子の変更ですパンチ

R3-40HTV改造6


純正の丸形端子をバッテリークリップに変更します。


エーモン 1685 バッテリークリップ
を使って、ハンダ付けして固定。

でもこれは結構大変でしたわーん


R3-40HTV改造4

ハンダ付けした後、バッテリーに接続して、モーターが稼動することを確認にっこり




クリップはマウントのネジに挟んでおくと邪魔にならずに便利ですOK
R3-40HTV改造5





さてさて、後は実践投入するだけですフフフ






【取り寄せ商品】【単体】エレキ用キャリーバッグプレゼント!モーターガイド FW R3-40HT.../MOTOR GUIDE
¥54,000
Amazon.co.jp


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
先日、amazonで頼んでいた

モーターガイドのR3-40HTV-36inch

が来ました音符




早速チェックですパンチ


R3-40HTV-36-1 R3-40HTV-36-2
こんな感じの箱に入ってきました。ミンコタよりコンパクト人差し指




R3-40HTV-36-3

箱を開けると、内容物はこんな感じ。
エレキ本体とハンドル、プロップと説明書ですね。




R3-40HTV-36-4 R3-40HTV-36-5
プロップは3枚ブレード。しっかりしたものでした。
これのお陰でスピードが出るんですね人差し指


R3-40HTV-36-6 R3-40HTV-36-7
ヘッドの操作部とモーター本体




R3-40HTV-36-8
延長ハンドルを装着するとこんな感じ。03Transom Mountも使い易そう。
ここらはミンコタと大差ないですわにんまり





ここでプロップを取り付けますパンチ


R3-40HTV-36-9 R3-40HTV-36-10
駆動シャフトの穴に固定ピンを挿入し、



R3-40HTV-36-11 R3-40HTV-36-12
プロップを装着したあと、ネジで止めます。簡単、簡単音符
これで完成OK



R3-40HTV-36-13
シャフトはブラックですが、ミンコタと違い、金属製です。
重さは結構ありますが、それでもミンコタより軽いとのこと。




R3-40HTV-36-14
電源取りのコードは丸い端子が付いています。


エーモン 1685 バッテリークリップ
に変更して使い勝手を良くしようと思います。






あとは進行方向を逆にするために、ヘッドの方向を変えなきゃならないですねパンチ

それにしても、ミーヤン2号に搭載して早く使ってみたいですわあはは







【取り寄せ商品】【単体】エレキ用キャリーバッグプレゼント!モーターガイド FW R3-40HT.../MOTOR GUIDE
¥54,000
Amazon.co.jp


AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
新型ミーヤン2号をエレキ搭載化して浮いてみたものの、最近なって不満あり。

               ヤッパリ遅い...およよ


当たり前のことですが、軽量化と使ったことがないエレキのため安全性を見越して
設定したのが、


ミンコタENDURA30 C2



ですので、速度を諦めるのは仕方ない。


オール付きフローターの中では最速の部類の、ZF158VH にも関わらず速度に不満が
でるのであれば、エレキを強力にするしかない。
ミーヤン2号1 ミーヤン2号3





30lbでは非力なので、40lbを中心に物色。

消費電力の問題もあるので、無段階変速が良いかとみていると、2機種が候補に
上がりました。


同じミンコタのENDURA MAX 40
                 と
モーターガイドのR3-40HTV-36inch  

です。




今回の選定要件は、早さと軽さです。でも最終的にはお値段ですねにんまり

というわけで、R3-40HTV-36inchに決定しました。

モーターガイドのHPによると、
 ●推進力(LBS)40lb
 ●電圧(V)12V
 ●パワー調節無断階変速
 ●シャフトの長さ36インチ
 ●マウント形式:03Transom Mount
 ●プロップ3枚ブレード
 ★2015年のNewモデル。R3シリーズの無段階変速モデルが登場。

amazon point に余裕があったので、注文パンチ

もともと軽さと早さには定評のあるモーターガイドで、しかもペラは3枚ブレードです。
ENDURA MAX 40よりも軽くて早いでしょうねグッド


R3-40HTV-36inch1 R3-40HTV-36inch3


エレキ用キャリーバッグプレゼントキャンペーン中だとのことですあははちょき

エレキって結構かさばるんですよね。


届き次第、ハンドルの方向を変える改造をしなくてはなりませんね。













MINNKOTA(ミンコタ) ENDURA MAX 40/MINNKOTA(ミンコタ)
¥68,040
Amazon.co.jp
【取り寄せ商品】【単体】エレキ用キャリーバッグプレゼント!モーターガイド FW R3-40HT.../MOTOR GUIDE
¥54,000
Amazon.co.jp



AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
久しぶりにミーヤン2号こと、ゼファーボートZF158VHを久しぶりに膨らませました。

以前から少し気になっていた部位を修理ですパンチ


H型の基本チューブには問題はないのですが、高圧エアーチェアーを載せるキャンバス部の
縫い目の糸が切れていますわーん

ミーヤン2号修復1-1


1シーズンも使っていないのに、こんなことが起こります激怒

これはZF158VHに限ったことではなく、ミーヤン1号こと、ZF184Hでも同じ現象が生じました。

この辺りがゼファーボートの詰めの甘さです。

           神は細部に宿る

って言葉を知らないようですね。





ミーヤン1号の時も修復しましたが、その時に頼りになるのがこちら。

ゼファーボート 接着剤(100g) RK-003

ミーヤン2号修復1-2



修復に使うので、純正品が良いかとやや高めですが注文していました。
量が必要になることを考えて100gの大容量品をセレクト。


どう修復するって?

簡単です。縫い目に沿って接着剤を垂らすだけです。



ミーヤン2号修復1-3 ミーヤン2号修復1-4



見栄えはどうでも良いですよ。何せ、見栄えで釣るわけではありませんからへへん

これでミーヤン1号も修復して何ら問題ありませんにっこり



さて、今年のフローター初めもメガポンドと言うことになりそうです。







ゼファーボート(ZephyrBoat) 接着剤(100g) RK-003/ゼファーボート(ZephyrBoat)
¥2,808
Amazon.co.jp


いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
新型ミーヤン2号が実働してから、長らく活躍してくれた、ミーヤン3号こと、

 エレクトリックモーター搭載可能 BEE BUP146ST

エレキ搭載BUP146ST

の出番がなくなりました。



POPEYEが自信を持って世に問うた、高級パドル付きフローター。

登場した時期にはライバルとしては、ゼファー製ZF184H、リバレイ製H型
フレーム付きフローター。あとは海外の製品だけでしたね。

時代の先取りをしていたようなフローターでした。




パドル付きでエレキ搭載化しているフローターを3台所有していることになりますので、
いくらなんぼでも、バサー1人にフローター3台は多すぎます。


そこで、ミーヤン3号の嫁入り先を募集しようかと思います。



変更点は、

・エレキマウント(DIY製)装着。フローター本体とはゼファー マルチアダプターで固定)
  エレキは30LB程度、バッテリーは20AくらいでOKです。80Aくらいも搭載できますが
  さすがに重いですよ。

・BEE 船底キール装着

ミーヤン3号用マウント キール接着完成

です。


あちこち修復歴はありますが、まだまだ現役です。

フローター本体以外に、パドルセット、専用ポンプ、エレキマウントが付属します。




ただ、かなり古いフローターで、しかも生産中止していますので、部品等のメンテナンスは
事実上不可。

部品調達は一部類似品(ゼファーと中国産BEEのものが一部流用可)でできますが、
主用品に関してはオークションで見つけて落とすしかないかも...

DIYで修理できる人しか維持できないと思います。 でも、まだまだ使えますよ...



と思いきや、捨てる神あれば拾う神あり!?

BEE ボート販売で、新型のBEEフローターが発売されました。

BEEフローターBU146プラス

BU146プラス



BEE ボート販売に問い合わせたところ、一番トラブルの元のハイバック・エアーシートは
旧型のBUP146STでも使えるとのことですにっこり





パドル付きフローターとして使うも良し、エレキを搭載してエレフロとして使うも良し。
用途は色々。

エレキを繰って爆走する姿は、フローター乗りには羨望の的なんじゃないでしょうか。





別にお値段は付けません。大切にして下さる方にお譲りしたいと思います。
ご一緒できる方ならより大歓迎です。

ただ、キールを付けた時の実費が諭吉様一人くらい必要だったので、それくらいで。
運送は不可なので、取りに来ていただけると助かります。

ご連絡お待ちしています。
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
抗ガン剤による化学療法の6クールをシルバーウィーク後に控えて、今は自宅療養中です。
この外泊を終えるとまた戦いが始まります。

さて、釣りには全く行けるはずもないのですが、以前から書きためていた記事のアップです。









もともとエレキ搭載化ミーヤン3号のために購入した、

  Z フロータードーリー



ですが、新型エレキ搭載化ミーヤン2号にも付けてみました。


エレキマウントと付けただけなら、ゼファーのHPの様な運び方ができて楽ちんこの上なし







フロータードーリー1

前からちょいと見ただけでは分かりませんが、


フロータードーリー2

下をのぞくようにすると見えます。



平地を転がすだけならなんと楽なことか...



でも、このドーリーにもう一つの利点がありました。

メガポンドのようにアプローチポイントがスロープ状になっている場合、フローターのフロント
の方から一部入水させ、その後でエレキとバッテリーを積み込むことができます。

また、上がるときには一気に水から上げることもできますね。

ミーヤン2号完成形3

フロータードーリー3

フロータードーリー4


これが結構楽なんですわ。




なりが大きいとかいろいろとありますが、条件さえそろえば非常に便利。

ということで評価は、

                  “良”

です。

なぜ優ではなく良かというと、使用条件が限られてしまうアイテムだからです。
でも、それは製品の性格上仕方ないことですね。



ちなみに、このドーリー、固定用ストラップをある程度の長さに調節して、フローターを
膨らませる前に装着した方がいいですよ。
入水すれはフローターは水温の影響を受けて大なり小なり萎んでしまうので、ドーリーが
抜け易くなるからです。
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ミーヤン2号のエレキ搭載化計画は前回で一旦終了なのですが、今回は番外編として
ご紹介です。




ミーヤン2号用エレキマウントのオフセットは成功しましたが、オフセットの
自由度は少ないままです。

本当に始めの第1案の時は、マウントは自由にオフセットできる設計でしたが、
あれほどの自由度が得られないか考えているとあることに気づくことに。


HJ-11S

メタルジョイントHJ-11Sです。これを使うことによって縦フレームの長さの調節が
できるようになります。



そこで、設計図に起こしてみましたI



ミーヤン2号オフセット案2top

                      top view
 

ミーヤン2号オフセット案2side
                      side view


このHJ-11Sによって、縦フレームの長さの調節ができるようになり、そのおかげで
マウント本体をサイドバーの上を移動させることができます。



進行方向左にオフセットしたいときは、左側の縦フレームにHJ-11Sを装着すると、
全く反対側に設置できるわけです。
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ほぼ完成品のミーヤン2号用エレキマウントですが、またまた改良案が浮かび上がって
きました。


現在のエレキマウントはミーヤン2号の正中部にマウントが来るようになっています。
ただ、実際にエレキを操作してするときには、マウントがオフセットされてる方が使い
安いのも事実。


本当に始めの第1案の時は、マウントは自由にオフセットできる設計でしたが、現在は
正中に固定です。




現在のマウントの基本を保ちつつ、オフセットするには2つの方法があります。

・エレキ固定板の横幅を大きくしてオフセットさせる(ミーヤン3号のやり方)
・マウント自体を改良する

エレキ固定板を改良するのは簡単ですが、マウントの先の重量がかさむのが問題。
それに比べてマウント自体に手を入れるのは、マウントの先の重量は変わらずにすむ。



そこでエレキマウント自体を改良することことを選択パンチ




熟慮の上で設計図を起こし直しました。



ミーヤン2号オフセット案top

                        top view
 

ミーヤン2号オフセット案side
                        side view



今回は進行方向に対して右にオフセットさせます。

マウントの縦フレームの左側を横バーの位置でカット。

右の縦フレームはそのままに、L字型フレームを追加、メタルジョイントHJ-1Sで固定。
くの字型の横チューブを越えてL字型フレームは縦フレームの先が持ち上がるのを防ぐ
と同時にマウント自体をフローターに固定する機能も持たせます。



これで、右にオフセットさせるとこが可能となります。



では実際に設計図通りの製作してみました。




向かって左(進行方向右)の縦のフレームが長くなっています。
右の縦のフレームは必要最小限。


進行方向右の縦フレームが長いのが良く分かりますし、L字型フレームの状態もハッキリしています。


実際にフローターに設置してみるとこんな感じ。


結構、左(進行方向右)にオフセットできました。延長したL字型フレームでもしっかり固定
できています。








実際にエレキとバッテリーを搭載してフルバージョンにして見ました。




しっかりオフセットできているし、エレキ装着も問題なし。
エレキと本体が干渉することもありません。





不具合が出るかどうかは実戦投入するしかありませんね。
でも、これで一応完成型だと思います。





         (ゼブラ氏撮影)
実際の大きな移動はフロントテーブルを外して、一番水の抵抗が大きい
両足を上げてします。
これだけでバッテリーの持ちが全然違いますよ。




細かいところは今後、レポートします。

いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
前回の改善でほぼ完成形に近づいたと思っていたエレキマウントですが、まだまだ
改良の余地がありそうです。






メタルジョイントはネジで締め込むことで固定ができ、オフシーズンに使わないときに
コンパクトに仕舞い込むときに便利ですが、プラスティックジョイントに比べて結構重
いんですよ。

簡便・簡単・軽量目指すエレキマウントですから、極力重量アップは避けたい。

サイドバーとマウント本体を固定するメタルジョイントはオフシーズンの片付けスペースの
ことを考えると残さざるを得ません。

しかし、サイドバーの両端にあるメタルジョイントなら、プラスティックジョイントに変更でき
そうです。

そこで、設計図を起こし直してみました。


ミーヤン2号決定案top




ミーヤン2号決定案top


メタルジョイントHJ-6JプラスティックジョイントJ-118Bに変更。



実際に製作してみました。





L字型バーはプラスティックジョイントJ-118Bに変更。


サイドバー自体は本体にメタルジョイントHJ-6Jで固定。

左が改良型。右が改良前型。





よくよく見ないと違いが分かりませんが、


横から見ると、L字型バーが改良型が水平、改良前では斜めになっていますね。



なかなかスマートで良い感じでしょニコニコ

ま、実際にフィールドに持ち出して問題なければ、改良型を暫く使い続けると思いますグー
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
簡便・簡単なミーヤン2号用のエレキマウントは問題なく安全に使用できます。

でも、余った部品がもったいない...ガーン


そこで、余った部品を有効利用できないか試行錯誤を繰り返して考え出しました。

L字型のバーをサイドバーにメタルジョイントで固定して、マウントのお辞儀を防ぐ方法です。



<設計図>


ミーヤン2号第一案改案2top




ミーヤン2号第一案改案2side










この設計図通りに作成したマウントがこちら。

小改良1 小改良2

小改良3

写真は天地逆になっていますのでスミマセンm(_ _)m




実際にフローターにエレキマウントを設置したのがこちら。

小改良4 小改良5

マウント固定用のサイドバーに設置したL字型の部品がマウントがお辞儀するのを防ぎます。






ミーヤン2号完成形1

ミーヤン2号完成形2

ミーヤン2号完成形3



出撃前のミーヤン2号です。

ずいぶん形になってきましたね。これで一応完成形です。
でも不具合が生じたらドンドン改良を進めていきますよグッド!





どうですか? 簡単・簡便・軽量なエレキマウントができあがりましたクラッカー

これで簡単に人気のZF158VHをエレキ搭載化できます。
エレキ搭載というと、ZF178Uがありますが、あれは重い上にエレキは40lb以上を想定
しています。
でも、このエレキマウントなら、軽いZF158VHでしかも30lbエレキでも十分に使えます。

パドルでは移動を悩んでいたポイントまでエレキで移動し、フィンで微調整しながら、
じっくり探る、そんなバッシングができるようになりますよグッド!


いいね!(6)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。