今、結構ホットな私

テーマ:

まず、先日のザ・クイズ~アメリカの裁判事情~ の解答編からサクサクっと参りま~す。


答えは、『④廊下で滑って、ケガをした。』でした!

「アメリカらしい・・・。」の一言に尽きる。


正解者は、みけりん&KAZOOの2名。


っていうか、参加してくれたの合計3人(+ユウコ)だけやし。

さみし~_| ̄|〇


メールで答えを送ってくれたゆーこ兄、せっかくの正解だったのに、ノーカウント。前回、ゆーこ父にダメ出ししてるので、初参戦でも例外は認めません!


というわけで、現在、正解数2でチーム☆ミラクルのみけりんがトップ独走中♪


このコーナー、優勝者には年末の一時帰国でマイアミお土産をお届けするという企画のはずでした。(←すでに過去形!?


が、昨日少しお話した「年末に日本へ帰れないかも。」という事態が本格化。そう、今朝イチ、ノースウエスト航空がChapter Eleven(連邦破産法11条・会社更生手続き)適用を連邦政府に申請したのです。


「どうしても辛くなったら、いつでも帰って来れるように。」と1年オープンのチケットを買っていて、そろそろノースウエスト航空に帰りの便の予約をしないといけない時期だったのです・・・。


他の留学生仲間に話によると、


①最初に日本から来る時は、早割りの往復チケットを買って、半分捨てる。(1年オープンは割高。片道は、早割りの往復より高い。)


②一時帰国する時は、こっちで往復のチケットを購入。(日本に滞在する期間は短いので、通常のチケットで済むし、こっちで買うとかなり安い。)


③最後に、アメリカから引き揚げる時は、こっちで片道を買う。


のがスマートなやり方だそうです。


私の場合、出発の3週間前に留学が確定したので、年末で込み合う時期にチケットを取れるかどうかの問題で、そんなやり方を思いつく余裕がありませんでした。


それに、狙い通り「いつでも帰れるし、絶対12月には帰るんやもん。」って思えたおかげで、どんなに辛くても、この9ヶ月間「日本に帰りたい。」と思ったこと一度もなし。このチケットを心の支えに頑張れたので、高かったその分の価値はあった。


でも、チケット半分がパーになると、話は別だ。「オープンを買ったのがそもそもの間違いだ!」なんて思ってしまう。


どうしよう・・・。 」なんて言いながら、本当はどうなるか人一倍よくわかってた。皮肉にも、今日、Travel Industry Lawのクラスでプレゼンする判例が、まさに私のケースだったから。


Marklands v. Travel Travel Southfield, Inc. <判例のあらまし>


マークランドさん一家がトラベル・トラベル・サウスフィールドっていう旅行代理店に手配してもらって、バージンアイランドに2週間のバケーションにでかけます。


が、ホテルについて数日後、トラベル・トラベル・サウスフィールドが選んだイースタン航空とその子会社フライフェアー・バケーションが倒産。


フライフェアー・バケーションがホテルに対し未納であった為、休暇を楽しんでいたマークランドさん一家、ホテル代と帰りの飛行機代を重複して支払う羽目に。


休暇から戻ったマークランドさん一家は、トラベル・トラベル・サウスフィールドに対し、追加で支払った金額の返還を求めます。


イースタン航空とその系列会社はChapter Eleven適用になるも、再生の目処が立たず、会社は清算されることに。トラベル・トラベル・サウスフィールドはマークランドさん一家の代理としてイースタン航空とその系列会社に返還請求をしますが、その要求は清算を管理する裁判所によって棄却されます。


そこで、マークランドさん一家はトラベル・トラベル・サウスフィールドを訴えます。


第1審では、「責任があるのは手数料分だけ。」という判決で、トラベル・トラベル・サウスフィールドに旅費全体の10%にあたる手数料返還命令が下されます。


納得のいかなかったマークランドさん一家は上訴します。


ここで論争されたポイントは、①保険、②旅行代理店の「代理人」としての責任範囲の2つ。


①マークランドさん一家に対し、少なくとも2回は保険の加入を勧めていたトラベル・トラベル・サウスフィールド。旅行手配契約書の約款にも、万が一travel supplier(なんて訳せばいいの?旅行供給者)がサービスを提供できなかった場合、トラベル・トラベル・サウスフィールドは責任を免れると明記されていたので、マークランドさん一家は、承知の上で保険に入らなかったと解釈されました。


②イースタン航空の倒産の危機は、マークランドさん一家が旅行の手配を申し込んだ時点でかなり大きな話になっていたので、トラベル・トラベル・サウスフィールドは「それでも、イースタン航空でいいか?」とちゃんと確認していました。特別に開示しなくても、誰でも知りうる事柄だったので、トラベル・トラベル・サウスフィールドに代理人としての落ち度があったということにはなりませんでした。


というわけで、主張をサポートする事実がなかったため、2年の歳月をかけ上訴までしたのに、敗訴してしまった踏んだり蹴ったりのマークランドさん一家。


(法学部出身なのに、お粗末な要約で恥ずかしや・・・。)


先週の土曜日にこの判例を読んで、私は被上訴人側で勝訴することがわかっていたので、プレゼンするのを楽しみにしていました。←負けず嫌い(笑)


ノースウエスト航空のニュースを聞き、実は、私の方こそがマークランドさん一家だったと気づくまでは・・・_| ̄|〇


保険をかけなかった私が悪かったです。っていうか、旅行者がtravel supplierの失態をカバーする保険なんて日本にあったっけ?チケット代に含まれていた航空保険とは別物?


しかーし、マークランド一家(は旅立つ3ヶ月前に申し込んだ。)と違って、一つ引っ掛かるのは、私が9ヶ月前にこの事態を予測できたかっていうこと。できるわけないやーーーん!?


わからないことは、プロに聞いてみよう。朝のFinancial Analysis for Tourismのクラスで、教授が点呼を取り終わるやいなや、挙手。


ゆーこ:質問があります!12月に日本に帰るノースウエスト航空のチケット買ってるんですけど、どうなっちゃうんですか?


渋い表情の教授。やっぱダメか・・・。


教授:泳ぎ方知ってる?

ゆーこ:(あはははっ。)あんまり得意じゃないです。

教授:12月までまだ時間があるから、すぐにプールに通って、レッスンを受けなさい。


生徒一同大爆笑。


今日は、FIUの卒業生であるヒルトン・ホテル海外営業部のディレクターの話を聞くことになっていた。私の質問が前回の授業内容に関係するトピックだったので、ゲストスピーカーが到着するまでの間、教授は40分くらいかけて説明してくれた。


更正手続きに入いると、更正プランが実行性のあるものかどうか政府によって見極められるらしい。ダメだった場合、本当に倒産⇒会社の清算という形になる。


私のチケットの行方は、時期が問題らしい。更正手続き期間中は、私のチケットは私の物。12月の時点で、更正手続法適用下であっても営業されていれば問題ない。しかし、会社が倒産したら、お金を貸している銀行の物になってしまうらしい(泣)


「結局のところ、最低1ヶ月は待たないと、わからない。12月には間に合うよ(笑)脅すのはこの辺でやめておいて・・・。ユナイテッド航空もUSエアウェイズも破産法適用下で運営しているので、大丈夫だろう。」というのがProf. Martinez(マルティネス教授)の見解だった。


Travel Industry Lawの授業が始まる前、Jocelyn(ジョスリン)に「ノースウエスト航空がChapter Elevenの申請したんだって。私、年末に日本に帰れないかも。」と言ったら、「Chapter Elevenって何?」って聞いていた。アンタ、今日の予習してないのバレバレだよ(笑)


無事にプレゼンが終わってから、「Prof. Rosellini(ロザリーニ教授)は、いつも『ロールプレイする時は、"Put yourself into somebody's shoes.(その人の身になって)"でテキストを読むように。』っておっしゃってますけど、今回はちゃんとできました。私、ノースウエスト航空のチケット持ってるんです。」って言ってみた。


教室中がどよめいた。


「おぉ。みんな、今日の授業の良い例がここにいるぞ。はっはっはっ。」と嬉しそうな教授。「保険入ってる?入ってないのか、そりゃ残念だ。まぁ、ノースウエスト航空は、イースタン航空みたいなことにならないだろう。」とのコメントだった。


今日一日でChapter Eleven博士になった気分。


「一度こういう体験しておいたら、自分のお客さんがトラブルに巻き込まれた時、気持ちがわかって、本当に親身になって対応することができるだろう。」と思う自分。高いレッスン料になりそうだけど、(ケチのくせに)あんまり悲壮感は漂っていない。


12月中旬に催行されるフロリダの現地発着ツアーをネットで探したり(笑)


意外に楽観的な自分に驚いている。


でも、やっぱ寂しがり屋の私。


おばあちゃんたちに、さらに1年会えないの?

お母さんと一緒に台湾旅行するつもりやったのに。

楽しみにしていたお母さんの煮込みハンバーグ・ポテトサラダ・春巻き・ツナとえのきの炊き込みご飯は、また1年お預け?
お父さんのオーストラリア土産もらわないと!←まだ行ってないっけ(笑)

家族みんなで食べに行こうって言ってたお寿司屋さんは?

5レンジャーで鍋パーティーするはずやったのに。

Mammy_Yankeeがおごってくれるって言ってた焼肉は?
よーこちゃんたちの新居にお邪魔するつもりやったのに。

ごっちと飲みに行こうね~って言ってた約束は?

歯科検診行かなくて大丈夫かな。

このまま2年間髪を切らないことになるのか!?

東京にも遊びに行きたかったのに。

星野道夫・北京語・通訳ガイド関連の買いたい本もいっぱいあったのに。


こうしてリストアップすると、ほとんどが食べ物ネタ(笑)


良いことは1つだけ。一時帰国を内緒にせずインターンシップの就職活動ができる。


どうなることやら・・・。明日、ノースウエスト航空に電話してみます。


色々あって疲れたけど、それでも、今日一日話題の人となって、嬉しい関西人ゆーこなのでした。

AD

ついこの前まで、教授は「夏休みに教えて偉いよな。」&生徒たちの「夏休みに勉強して偉いな。」という感じで、教室はとてもリラックスした雰囲気だった。(ホンマかいな!?)


それが、秋学期が始まって一変。(アメリカの学校では)一年の始まりだからか、気合入っているというか、人が多くてガヤガヤしているというか・・・。


夏学期の間ずっとアロハ着てた教授が、まだまだ暑いのに、いきなりスーツに衣替えしたりさ(笑)


自分の国に帰っていたコたちが戻ってきて、嬉しいっちゃ嬉しいんだけど♪


とにかく学期の初めはいつもしんどい。どの教授も張り切ってるから。時間が経つにつれて勢いなくなってくるのは、わかってるんだけどね(笑)


新しい教科は、専門用語に慣れるまでの間が大変。特に次の2つのクラスなんて、まるで外国語。→元々英語なんだから、教授が宇宙人に思える。


朝8時からの"Financial Anaysis for Tourism"(観光産業のためのファイナンシャル分析?)では、授業開始早々、ヘビー級の質問。


教授:「昨日の株式市場がいくらでクローズしたか知ってる人?」


部屋を出る直前に、Anna(アナ)に「株の値段を見ておいたほうが良いよ。」とアドバイスされたのを思い出して、ネットで調べたものを一応メモって行ったけど・・・。


カバンからごそごそメモを取り出すのが、教授にバレた。


教授:「Miss Takii、調べてきたのか?」

ゆーこ:「・・・。」


Dow?NASDAQ?S&P?一体どれを見ればいいんだ!?←バカ丸出し。


教授:「いくらアップ or ダウンした?」


唯一、プラスの表示があったダウで一か八かの勝負!(笑)


ゆーこ:「141.87アップ。」


クラスメートがみんなこっちを見てるよぉぉぉ。変なこと言ってしまったに違いない(^^;


よく考えてみると、株って1万円以上とかアップダウンするものなのか???それとも、これはドルじゃないのか???


教授:「何で騰がったかわかるか?」


えっ?正解やったん!?


ゆーこ:「ガソリンの高騰が治まったのとハリケーン・カトリーナの影響?」


その後、「なぜ、ガソリンの値段が株式市場に大きく影響を与えるか?」に始まり、教授が株について熱く語り始める。


約10分後・・・。


"What do you think?"(どう思う?)と聞かれ、"I agree with you."(その通りだと思います。)と知ったかぶりしたが、実はサッパリわかってない。これが、学期の終わりには、何となくわかるようになるから、スゴイよね。←何となくでええんかい!?


確かに、外国人観光客を呼ぶ仕事をするのだから、色んな国の経済状況を把握しておかなければならない。←今頃気づいたんかい!?


というわけで、これから3ヶ月ちょっと、海外の株式の動き に目を見張っておきます。来週はちゃんと理由も発表できるように(笑)


続いて、夜6時半からの"Laws for Travel Industry"(観光産業のための法律)。毎週、判例4~5件を生徒たちが原告と被告にわかれて討論。


担当は、愛しのProf. Rosellini(ロザリーニ教授)。


一応法学部出身なんですけど、こちらもサッパリ。予習では、「えっ、なんでそうなるの!?私の訳が間違ってるのかも・・・。」と思うことが多くて、判例を何度も読み返した。


解釈の仕方が日本と違うので、教授の説明を聞いていても、いまいちピンとこない。


しかも、またTA をすることになったので、討論が終わるごとに各生徒の成績をメモって、次の生徒のお呼び出しをしなければいけない。どんどん落ちこぼれていく・・・。


授業が終わってGodana(ゴーダナ) が、「法律の専門用語をノートにまとめたから、コピーする?」と声をかけてくれました。


すると、横にいたJocelynが、「Yukoはね、日本の大学で法律を勉強しててbachelor(学士)を持っているから、訳さえすれば、何でもわかるんだよ。」と得意げに言った。


あぁ、穴があったら入りたい。今度、コピーさせてもらわなきゃ・・・。


「Yukoの脳をコピーしたい。」というJocelynの発言に、Godanaは「ちゃんと勉強しない身につかないわよ。」と呆れてた(笑)


また3人で同じクラスだなんて、嬉しい♪


しかーし、暢気に構えていたら、当たっちゃいました。しかも、一番長い判例。_| ̄|○まぁ、他のクラスが忙しくなる前に当たっておいたら、気がラクだけど。


来週、被告(あははっ)として教室の前で、原告側のLinda(リンダ)と討論します。


中国人のLindaは、FIUと提携している天津にある大学の教授になるという特別なプログラムで勉強している院生。このクラスは学部の授業なので、本当は受講する必要はないのだけど、メンター(指導教官)であるProf. Roselliniのティーチングを見学する為に参加しているとのこと。


ジェラシー。教授は、私のことをこき使っておきながら、"Linda""Linda"って。あっ、決してエロオヤジとかじゃないから!(笑)


なんとLindaも中国の大学時代は法学を専攻していたのこと。強敵Linda。負けてなるもんか!!!


っていうのはウソ。彼女も寮に住んでいて、「一緒に私の部屋で勉強しない?」と言ってくれて、月曜日の夕方にリハーサルすることになりました。めっちゃ良い子やなぁ。


というわけで、引き続き予習に明け暮れる。今週末も読書の秋を・・・、楽しめるわけないやーーーん!?


長い前置きはこの辺にしておいて・・・。最後に、いつも忘れた頃にやってくるザ・クイズのコーナー。


ルールは簡単!!!


『ザ・クイズ』シリーズでは、一番正解の多かった方に、マイアミ土産を買って帰ることになってます♪年末に一時帰国しますので、その際に!


現在のトップ:みけりん・ユウコ・ルー(正解数1)


さーて、今回は先ほどの"Laws for Travel Industry"からの出題。


「アメリカのホスピタリティー産業で、最も多い(総数の約40%を占める)ホテルが訴えられた裁判事由は次のうち一体どれでしょう?」


①食中毒

②接客態度が悪く、気分を害した。

③ホテル会員ねずみ講

④廊下で滑って、ケガをした。


きっと次回の授業でこの記事を投稿した事を思い出すので、正解発表は来週のこの時間に!!!


応募期限:9月14日(水)まで


>れっささん、lilcocoちゃん、ゆーこ母

前回のリベンジ頑張って!


>ゆーこ父

PCモニターに向かって正解言って、母が報告してくれても、カウントされへんからね!おばあちゃんズ以外はお土産を買って帰らないつもりなので、自力でゲットしてください。←こんなこと言ってたら、10月のオーストラリア土産買ってきてもらえない!?(>_<)


>初めての方

気軽に参加しちゃってくださいね!!!


※残念ながら、今回はFIUのHospitality & Tourism Managementの学生には回答権はありません!っていうか、マイアミ土産なんていらないか(笑)


☆GOOD LUCK☆

AD

投稿した記事が、ちゃんと反映されていなくて、やり直し(;´д`)もうアメリカでも月曜日になっています。遅れてゴメンなさい。


約束の日曜日になりましたので、先週のザ・クイズ~番外編~ の答えを発表します!


答えは、③ストリップでした。


ちなみに、他の選択肢3つも未体験。ゴルフは何度かやったことがあるけど、海外でプレーしたことない。中学・高校で6年間アーチェリーをやってたけど(アテネ五輪銀メダリストの山本選手にも会ったことあるよ♪)、射撃はなし。ダイビングも、かれこれ5年以上やりたいと思っていて、チャンスがなかった。何でもやってそうに見えて、実はあんまり何もやったことがない私(笑)


珍しい体験といえば・・・

こんなんに乗って、

flight

パレンケ遺跡(メキシコ)の空を

パレンケ

飛んだっけ。

パレンケ上空


PCの中に、以前、旅のホームページを作ろうとしてスキャンした写真のファイルを大量に発見したので、載せたかっただけ(笑)


ゆーこ母からのメールに、<危険な事や、迷惑な事はしてはいけないけれど、興味があってチャンスが有れば、経験した方がいいと思う。人との会話が広がるし、共通項も増えるもの。>とあった。


ホッ。ネタとはいえ、投稿してから、「あぁ、お母さんたち、どない思うやろう・・・。」って不安でした。


< 父の答えは「ストリップ」だったけれど、母は絶対に射撃だと思った・・・本日を以て、一卵性母子を解消させて頂きます。>


>ゆーこ父

惜しかったね~。ブログに書き込みをしてくれないと、正解してもカウントされません(笑)マイアミに遊びに来たら、連れてってあげるよ♪


>ゆーこ母

いつか、一緒にハワイで射撃しようね。=ハワイに連れてってね♪この前あ(って、もう何年前のこと?)は、一緒に行けなかったし。


<ザ・クイズシリーズの現在のトップ>

正解数1・・・みけりんユウコルー


他のみなさま、次回、頑張ってくださいね♪


ほな、ストリップのネタいきまっせ~。


みなさん、ストリップクラブには女の子だけでは入場できないって、ご存知でした?「ストリップを楽しんでいる旦那さんや彼氏を、奥さんや彼女が連れて帰っては困る。お客さんに安心してもらえるように。」という店の配慮。


入場料は$5。カップルで来ると、なんとタダ。(店内では飲み物をオーダーしなかればなりません。久しぶりにビールを飲んだ♪)


今回はBonnie(ボニー)とBonnieの彼氏のKevin(ケビン)と私の3人で出かけたのですが、この状況説明から「答えは、ストリップではないはず。」と思われた方も多いのではないでしょうか?(彼らは台湾人と中国人カップルですが、)アメリカでは彼女と彼氏でストリップを観に行くっていうのは、よくあることだそうです。


聞いてみたところ、そういうことに全然興味のなさそうなJocelyn(ジョスリン)でも、彼氏のTamer(タマー)とストリップクラブに行ったことがあるそうです。


Jocelynの話によると、「ショーツを脱いではいけない」or「脱いでもいい」というは州によって違うらしいです。ヴァージニア州ではショーツはいたままだそうですが、フロリダは真っ裸。


抽選大会(当たると、店の各種サービスがタダ)やゲーム(舞台の真ん中でダンサーが足で抱えているボウルの中に、チップを投げ込み、見事シュートされると、ヌードのポスターがもらえる、とか)が満載。


確かに、ただ踊っている女の子を見てるだけやったら、どんなにキレイなダンサーでも、1時間もすれば見飽きてしまうもんね。


舞台をぐるり囲っているカウンター席に座り、(説明できないような)いろいろなサービスを受けている彼氏を後ろからじっと観察しているBonnieの姿が印象的でした。


ゆーこ:「やっぱ気になる?イヤな気分?」

Bonnie:「違うよ。『いーなー。私もあそこに座りたい。』って思ってたの。」

ゆーこ:「おいおい(笑)」


店には個室もあって、そこへお気に入りのダンサーを連れてって、自分だけのために踊ってもらうことも出来るらしい。そのプライベートダンスが$20で楽しめ、さらにお土産のスポーツバッグ付というサービスタイムに、Bonnieは「あのバッグほしい!でも、レズビアンって思われたらイヤだし・・・。」と真剣に悩んでました。レズではないけど、Bonnieはかわいい顔をしたオッサンかも(笑)


例のクラスメイトに会ったという話ですが、彼(韓国人)はひとりで来ていました。カウンター席でチップを弾む彼。日本人留学生仲間の親友でもあったので、私が見つけたことを気づかれては、彼が気まずい思いをするだろうと思い、後ろのテーブル席で「見つからないように。見つからないように。」とじっと座っていました。すると、あろうことかダンサーが私たちのほうを指差して、「あれは連れか?」みたいな質問をしたようで(アジア人の客は私たちだけだったから、そう思われても仕方ないか。)、彼が後ろを振り返ったのです!慌てて髪を下ろし、顔を隠しました。次のクラスで彼が普通に話しかけてきたのを見て、「あぁ、バレてなかったんだな。」と一安心。


帰り道、Kevinに「誰かに、しかも女の子に見つかったらどんな気持ち?気まずい?」って聞いたら、「ストリップは立派なアメリカ文化なんだし、俺は別に気にしない。」って言ってました。彼みたいに開き直って?いればいいのですが、そんな勇気のない方は、たまには後ろを振り返ってみてくださいね(笑)もしかしたら、あなたの友達で、私みたいに好奇心旺盛な女の子があなたの後ろに座ってるかも知れませんし。


BonnieとKevinはホント面白いカップル。とことんオープンな感じが良い。彼氏が出来たら、もう一度観に行こっかな。(いつのことやら!?)その前に、Amy(エイミー)がハマっているという男性ストリップに連れて行かれる予定(笑)

AD

今日は、台湾人コミュニティーのバドミントンを断って、部屋でお勉強。

のつもりが、結局、Bonnie(ボニー) & Kevin(ケビン)にくっついてお出かけ。


そして、とある初体験をしてきました!!!


さて、ここで久しぶりの『ザ・クイズ』のコーナー。

私は、一体、何を体験してきたのでしょう???


①スキューバ・ダイビング

②射撃

③ストリップ

④海外ゴルフ


想像以上にエキサイティング!

払ったお金の価値はあったと思います。

 

☆ヒント☆(っていうか、そのまんまの出来事。)

・Yoheiを誘ってみたら、少し悩んで、断られました。

・クラスメイトに会いました!


さ~て、答えは何番でしょう?


『ザ・クイズ』シリーズでは、一番正解の多かった方に、マイアミ土産を買って帰ることになってます♪

(年末に一時帰国しますので、その際に!)


現在、チーム☆ミラクル のミケリンが

トップ爆走中!


今回は、選択形式なので、順番を気にせず、どんどん書き込んでください!

(うん、この形式がいいな。みんなに参加してもらえるし。)


1週間後の日曜日に答えをアップします。

テスト勉強で忙しいので、今日はみなさんにクイズを出しておきます。

さっき、図書館へ行く道で会った台湾人Amyとの会話。

ゆーこ:(Amyが手に持っていた書類を見て)「それは何?」
Amy:「Spring BreakにAlice(アリス)とKey West(キーウエスト)に行ったんだけど、チケット(車の違反切符?)を切られちゃって・・・。」
ゆーこ:「スピード違反?」
Amy:「警察官に『お金ない。』って訴えたら、『金がないなら、スピードを出すな!』って言われた。」
ゆーこ:「あらら、かわいそうに。」
Amy:「英語で何て言うか知らないけど、まぁ、百作百受って感じなんだけどね。」

■クイズ
さあ、この『百作百受』とはどう意味でしょう。
日本語の四字熟語でお答えください。

ちなみに、Amyからの「日本の漢字ではどう書くの?」という質問に、「・・・、思い出せない。」と言って、コレに頼ったら、「日本人のくせにぃ。」と突っ込まれた。英語の上達に関わらず、確実に日本語と漢字を忘れていっている・・・。

これから不定期的にクイズを出題しようと思います。年末までに一番多く正解した方には、マイアミのお土産を持って帰ります。あと、面白い解答を下さった方には、『ナイス・ボケ賞』を用意しておきます。

GOOD LUCK!

P.S. 何やらキャンパス内で新たに工事が始まった模様。