What do you think?

テーマ:

英語って、簡単なフレーズほど理解しにくい場合が多い。


今朝、日本在住の外国人A君が"What a coincidence!!! "(何という偶然の一致!!!)とメッセンジャーで話しかけてきた。


昨夜からずっと、たまみが日本から持ってきてくれたCDをパソコンで再生して楽しんでいたのだが、その時ちょうどCraig Davidを聴いていて、彼も先日購入したばかりのCraig Davidの最新アルバムを聴いていたところだったらしい。


※MSNメッセンジャーでは、メディアプレーヤーで再生しているファイルのタイトルが表示されるので、私がどんな音楽を聴いているか相手にわかる。


"Do you usually listen to Craig David? "(普段からCraig Davidを聴くの?)と聞かれたので、「2枚CD持ってるよ。でも、ニューアルバムが出てるのは知らなかった。」と答えたところ、お気に入りの新譜を1曲送ってくれた。


「いいね、この曲。」って感想を返信したら、気をよくして2曲目を送ってくれた(笑)


世間話をしながら2曲目を聴きいて、「2曲目もいいけど、1曲目の方が好きだな。」って言ったら、"Coz you like slow songs, right? "(スローな曲が好きだからでしょ?)とのコメント。


はい、その通りでございます。


彼の顔は私のタイプ。もしも、「好きだ。」と言われたら、間違いなくホイホイついて行くだろう(笑)←外見から入って、何度痛い目にあっても、懲りないヤツ。


いつも、「彼氏できた?」 、「いつ帰ってくるの?」と聞いてくるA君。そして、答えはいつも、「まだ。」、「12月の中旬」。本当に話す度必ず聞くので、今日は思い切って"Do you wanna see me? "(私に会いたいの?)と聞いてみた。


返事なし・・・。


ちょっと間があいて、恥ずかしくなった私は、"I'm just kidding. "(冗談やで。)と応急処置メールを送信。


と同時に返ってきた一言が"What do you think? "だった。「何考えてるん?」=勘違いするなよ!


「あぁ、気まずい。応急処置しておいて良かったぁ。」などと思っていると、「この曲絶対好きかも。」と言って、3曲目を送ってくれた。「ホンマいい感じ。」と言うと、「やろ?」とご満悦の様子。


「私の好きそうな曲見つけたら、また送ってね。」に対し、"OK. No problem. "と返事があって、今回のトークは終了。


あまりのアイタタタタタさに、居ても立ってもいられず、電話でJocelyn(ジョスリン)にこの話をしたところ、「違うよ。そこでの"What do you think? "は、『何考えてるの?=聞かなくてもわかるでしょ?=会いたいに決まってる。』だよ。その人、Yukoのこと好きなんだよ。」との見解。


「えぇ~。それって前向きに捉えすぎじゃない?」と聞くと、「彼氏ができたか、毎回確認するんでしょ?絶対そうだよ。」と反論するJocelyn。


マジ?うひょっ♪


でも、友達なんだから、会いたいと思ってくれて当たり前か・・・。


_| ̄|〇


Jocelynは彼氏一筋で男友達を作らないコなので、感覚違うやろうし。


未だ謎のままの"What do you think? "。


年末に再会した時、あまりの太り過ぎに引かれないよう、今日からダイエット始めましたとさ。

AD