Tax Free

テーマ:

「しばらく書かない」と言った矢先、これ。

書きたいので、書く(笑)


今日は、Amiちゃんが買い物に連れていってくれた。ROSS という服屋さん。いろんな人から「あの店は安いよ~。」と聞いていたので、一度覘いてみたかったお店。


駐車場から混んでいて、店内はごった返していた。


激安店だけに、「なんじゃコレ!?」という服が多かった。そんな服の山の中から、無理難題な私の注文をクリアして、Amiちゃんが綿の黒いパンツを探し当ててくれた。試着して、即購入決定。


$14.99。安っ。貧乏学生にとって、ありがたい。


お店が混んでいたのは、日曜日だからという理由だけではなかった。Tax Free(消費税オフ)のセールが今日で最終日だったのだ。


マイアミの小学校では、8月8日の週から秋学期が始まる。これでも昔より短くなったそうだけど、5月の上旬から始まってるはずだから、3ヶ月以上の夏休み。小学校の時、この話を聞いて「アメリカに生まれたかった。」と単純なことを思ったものだ。


新学期に備えて買い物をする親が多いから、この時期はTax Freeというセールがいたる所で行われているんだって。フロリダの消費税は7%なので、結構大きいよね。


話は変わって、今夜はToshiyaさんが焼肉パーティーと称して、30(歳)過ぎの男性4人(アメリカ人3人+スペイン人1人)を紹介してくれた。


内3人がDanny(ダニー)という名前だった(笑)

みんな面白い人たちで、普通にカッコイイ人もいたのだが、ググッとこなかった。←やる気あるんかい!?


ジャパマ(Japanese Marketの略)で買ってきてくれたというお肉が美味しかった。久しぶりに、臭みのない、やわらかい、日本っぽいお肉を食べれて幸せ♪


いつまでたっても、色気より食い気。


こうやって茶化しながら、日々過ぎていく。

AD

ハリケーンレポート

テーマ:

Hurricane Dennis


外は暴風雨。

窓ガラスが割れちゃうのでは!?ってぐらい。

時々、電気が停電寸前、部屋が一瞬暗くなる。

怖いよ~。


現在、マイアミにハリケーン接近中。


昨夜、Jocelyn(ジョスリン)に電話をして時のこと。

留守電だったのでメッセージを残しました。


「さっきのメッセージ、本当にYukoが喋ってたの?着信にはYukoの名前が表示されてたけど、信じられなかった!」←失礼極まりない(笑)


「えっ、また 完璧な英語話してた?(♪)」って聞くと、「うん!ニュースキャスターになれるよ。ハリケーンの詳細まできっちり説明できてた!」


実は、電話をかける前に、情報屋Bonnie(ボニー)がメッセンジャーで教えてくれたのだ。

ハリケーンのハの字も知らなかった私。

焦ってインターネットで、Hurricane DENNISについて検索。

それから、「この週末、ボートでスノーケリングに出かける。」といっていたJocelynに慌てて電話をした。

彼女、私と同じぐらいニュースに疎いから。


なんてメッセージを残したのか思い返してみた。


今、友達の誕生日パーティーに行ってるんだよね?

楽しんでる?


カテゴリー3のハリケーン・デニースがやって来てるらしいよ。

日本ではカテゴリーっていう分け方をしないので、どれぐらいの大きさか想像つかない!

明日の朝には、フロリダ・キーズ全体に避難命令が出んだって。


土曜日か日曜日に、お兄ちゃんの手伝いと称してKey Largo(キー・ラーゴ)にスノーケリングに行くと言っていたでしょ?

(お兄ちゃんはマイアミ大学海洋生物学部のリサーチャだから)それぐらいの情報はもう知ってると思うけど、とにかく気をつけてね。


それから、前から言っていたように、10ページにわたるレポートを書かなきゃいけないので、今週末は遊べないよ。

じゃあね、よい週末を。


こんなにも留守電に向かってひとり話し続けていたのか(笑)


先ほど、けーこちゃんのお住まい探しの件でcaribjapさんに電話をしたら、南の方は停電になっているそう。


アメリカは電気中心なので、停電はめっちゃ厄介。

昨夜、シャワーを浴びている時に寮が停電になった。

「暗いけど、何とかなりそう。」と思っていると、だんだんお湯から水に!

慌てて飛び出した。


去年の超大型ハリケーン・アイバンでは、マイアミに直撃しなかったものの、1週間ほど水が使えなかったらしい。


っていうか、食料品が底をつきそうな時に限って・・・。

明日、買い物に行く予定なのだが、その時にはおさまっているのか!?

まだ保存食も買ってないのにぃ。

だって、保存食って何を用意すればよいのかわからないやもん。

乾パンなんて、こっちにはないしさ。オロオロ。

「アメリカでお天気お姉さんになろうかしら。」なんてのんきなことを考えてる場合じゃないよ!


これ以上ひどくなりませんように・・・。

AD

マイアミの衣替え

テーマ:

<日本も明日から6月、衣替えです。今年の5月は本当に五月晴れのすがすがしい日が多く、快適でした。母が来たので、代わります。 父>


先日、実家からこんなメールが届きました。ゆーこ父は学校の先生なので、6月=(制服の)衣替え(笑)「マイアミは年中夏服やから、あんまりピンとこないなぁ。」と思っていました。


翌日、ポストを覗いてみると、 寮からのお知らせレターが入っていました。


Hurricane Preparedness

(ハリケーンへの備え)

June 1st to November 1st

6月1日~11月1日)


その紙には、FIU(大学)かMiami Dade County(マイアミデイド郡)が避難命令を発令したら、すみやかに内陸部にあるメインキャンパスのシェルターに避難すること、と書かれてありました。


去年は、ものすごいハリケーン が発生して、日本にまでそのニュースが届いていた。


避難に際し、少なくとも3日分の食料と水を用意しておくようにという内容だったので、次のお買い物の際、保存食を購入しようと思います。


ほら、準備しておけばおくほど、悪いことっておこらないでしょ?

AD

右の二の腕がかゆいので、ふっと目をやると、皮がぁぁぁぁぁ!すでに脱皮が始まりました。まだ5月なのに、アーチェリー部時代最盛期より黒いかも・・・。


Hospitality Information Technology(ホスピタリティー産業のIT)というクラスで、USB Jump Drive(日本ではUSBフラッシュメモリという名前らしい。)を用意するように言われた。


USB Jump Drive

フロッピーやCD-ROMが進化したもの。ガム1枚くらいの大きさで(それよりちっちゃいかも)、教授の説明によると、(モノにもよるが)フロッピーディスク約200枚分の容量を保存できる優れもの。日本にいた時は知らなかったが、アメリカではかなり導入されていて、学生はストラップにつけて首からぶら下げたり、キーホルダーにつけたりするのが流行り(?)らしい。「すぐにフロッピーはバイバイだ。」と教授が言ってた。サヨナラ、Dr.中松(笑)


プロジェクトのお題が出されるまでに(誰かに乗っけてもらって)買いに行かなきゃと思っていたところ・・・


今、こんなモノを発見!!!(爆)

sushi!



とりあえず大好物のイクラを載せましたが、他にもこんなにネタが !?

うぅっ、これをクラスに持って行けば、間違いなく大ウケするはず。関西人魂がうずく~~~!


容量半分で値段が倍ほど・・・。

_| ̄|○

半スペイン語圏

テーマ:
南米大陸やカリブ海諸国との中継地として栄えてきたマイアミ。私が留学先としてこの地を選んだ理由に、「南米の香りが漂っていそうだから!」というのがありました。実はマイアミに来たのは今回が初めて。期待以上にぷんぷん匂っているので、一世一代の賭けに勝った気分♪
※良い子の正規留学をお考えのみなさんは、真似をしないように。大学の下見を兼ねて、一度は留学先を訪れておくのが一般的だそうです。

"Hola!"(オラ!)スペイン語で「やあ!」という意味のこの言葉、一日に何回、耳にしていることか。多分、"Hey!"や"Hi!"と同じぐらいか、それ以上。

説明書やバスのアナウンスなども、英語とスペイン語のダブル。アメリカへ旅行したことのある人なら、「えっ?なんでスペイン語?」って思った経験があるのでは?これは、ヒスパニック(アメリカでスペイン語を日常語とするラテン・アメリカ系の住民の総称)が多いアメリカでは一般的なことなんだけどね。大学の中では英語が基本なので、通常、留学生はキャンパスの外に出て初めて、スペイン語を話す人が結構いることに気づくそうです。

ところが、FIUにはペルーやコロンビア、アルゼンチンからの留学生以外にも、地元の学生で移民してきた人やその子供たちが多く、教室の中でもスペイン語が飛び交う×2。授業が終わった後、生徒がスペイン語で質問して、それに教授もスペイン語で答えてることもしばしば。

一度目の大学時代、フランス語がどうも肌に合わず、第2外国語を1年で挫折。その後、「使われている国が多いから、お得かもっ!?」という関西人的発想で、第3外国語にスペイン語を選びました。他の言語に比べ、発音が簡単(ほぼローマ字読みでイケる)だったため、意外にすんなり入っていけました。

スペイン語を好きになった私は、卒業旅行で1ヶ月半のメキシコ旅行へ。その時、お世話になったのが地球探検隊。そして、その地球探検隊に憧れ、観光産業を勉強しにマイアミへ。あの時、中国語、ドイツ語や他の言語(確かロシア語もあったような・・・)を選んでいたら、私は今頃、どこで何をしてたんだろう???

ジリジリ照りつける太陽と白い砂浜、そして青い海。おじいちゃん&おばあちゃん、そしてゲイの街。マイアミはそれだけじゃない。きっと他にもたくさん魅力的なことが、そこら中に転がっているはず。ラテンのノリで見つけに行こう!

"Hasta luego."(アスタ ルエゴ。)また、後でね。

P.S.こちらはバイリンガル洗剤。見えにくいけど、説明が英語のスペイン語のダブルで表記されています。