今日、ついにウワサのJair(ジャイーア)に会いました。ブラジル人留学生のJairは、このブログにちょくちょく登場するYoheiの親友。「もしや、ゲイ?」と思わせるほど、「Jairがね・・・。」とか「Jairとね・・・。」という話を聞いたことがありました。が、同じ学科にも関わらずこの4ヶ月近く、Jair本人に会ったことがなかったのです。


夕方に試験勉強が一区切りついたので、図書館を出ると、正面にあるベンチにNamiが座っていました。声をかけて、しばらく話していると、そこへYoheiと知らない男の子が現れました。


「もしや、このコがJair!?」と思っていると、「はじめまして。Jairです。」と日本語で挨拶し、握手してきました。「やっぱり!」と思いながら、「Yukoです。はじめまして。」と返しました。すると、横でYoheiが彼に何か訴えるような視線を送っています。「?」と思っていると、Jairはいきなり腰をフリフリしながら、


「すぐおいし~、すごくおいし~♪」と歌い出したのです。


一瞬わけがわからず呆然とし、その後、久々の大爆笑。一体、何を仕込んでるねん!?そして、Jairかわいいーーーっ!!!


NamiとYoheiが日本語で話し始め、キョトンとしているJair。それに気づいたNamiが急に英語に変更。Yoheiがバイトしている日本食レストランへ昨日Namiが行ったそうで、そこのウエートレスさんの話をしていたのですが、途中から話を聞いたJairは「Sheって、誰が45歳だって!?」と驚きの様子。そしたら、Yoheiが私の方を指差してきました。その咄嗟のボケにNamiも笑っています。二人につられて、「そうだよ。子供3人いるし♪」って言ってみました。


というわけで、Jairの中では、私は45歳の3人の子持ち日本人女性となっています。素直そうなJairですが、真に受けていませんように(笑)

AD

昨夜、Jocelyn(ジョスリン)と彼氏のTamer(タマー)と3人で食事に出かけた。彼女は、ワシントンD.C.にほど近いバージニア州出身で、遠距離恋愛中の彼らは月イチのペースで行ったり来たりしているみたい。

 

Jocelynと私が知り合ってから、今回初めて彼がマイアミに遊びに来るので、「どうしても、Yukoを彼氏に合わせたい!」ということでした。そういうのって非常に嬉しいんだけど、友達の家族や彼氏に会うのは、毎度のコトながら緊張する。調子に乗って、おバカなことをしでかすかも知れないし・・・。

 

授業が終わってから、JocelynとTamerが車で寮まで迎えに来てくれました。って、あれ?Jocelyn、サボりやん(-_-;

 

ついにドキドキの初対面。

 

Jocelynの部屋で何度も見たモデルみたいな写真の通り、Tamerは、私がアメリカに来て以来見てきた一般ピープルの中では、ズバ抜けておっとこ前でした。実際、小さい頃、子役で映画にも出たらしいし。でも、彼、アメリカ人じゃないんだよな~。

 

そう、なんと彼はエジプト人!

 

今まで多国籍ツアー参加を通じて、色んな国の人と知り合ってきたが、エジプト人は初めて。

 

「エジプトでは、16歳になるとラクダの免許が取れるんだよ。」などと、お茶目なジョークを飛ばすTamer。映画で見た日本人俳優とか、何かと日本の話をしてくれようとする。

 

いい人そうで良かった。←私は、Jocelynのオカンか!?

 

しかし、Jocelynのメンツを守るため、何を話せばいいのかわからない・・・。Jocelynに向かって、大学であった世間話ばかりしてしまう。心の中で「エジプトぉ・・・。エジプトぉ・・・。」と考えあぐねていると、ふと某番組でやっていたエジプトネタを思い出した!!!ヽ(゜▽゜)ノ

 

ゆーこ:「ねえねえ、ピラミッドの前にKFC(ケンタッキー・プライド・チキン)があるんでしょ???」

Tamer:「あっ、うん。よく知ってるね~。」


Jocelyn:「・・・・・・・・・・。えっ、砂漠の真ん中にKFC

 

Tamer:「いや、砂漠の中っていうわけじゃないだけど。言葉で表現するのは難しいなぁ・・・。」

 

Tamerが一生懸命説明している横で、Jocelynが何ともいい顔でキョトンとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『へぇ』は国境を超えた(爆)

 

ちなみに、Jocelynのお兄ちゃんのお嫁さんはメキシコ人。なんとも国際色豊かなご一家だこと。そのお嫁さんから、メキシコを2ヶ月近く旅した私に「是非、会ってみたい。」とご指名がかかってるそう。Jocelynがアホな日本人の友達を持っているとご家族に心配かけないよう、しっかりしなきゃ・・・。(^^;

AD