どうも、夜は気を失ってしまうことが多い。

多くなったと言うべきかな。


”二人の子供”に寝るようにしむける奥様も大変だろう。

申し訳ない。


また今日も素敵に朝方起きることができたのだけど、

冬は早く起きても暗いから、夜の気分がする。


最近うちの会社で辞めた先輩がいる。

夢があるという事で、会社を辞めてその夢に向かって進んでいる途中だ。

僕よりも年上で、しかも奥さんもいるのにだ。


多くの人は言う。

『年齢が・・・』

『また新しい女の子と合コンするんじゃないの?』

皆、本気ともギャグともとれる言い方をする。


それに合わせる自分もいるが、本心を言うと、尊敬している。

そこには『やるぞ!』という気合が見えるからだ。

1998年の自分を思い出すからかもしれない。


男の人が会社を辞めるのは、実は相当の勇気が要る。

辞めると案外楽なものなのだけど、

家族がいたり、年が20代ではないとなると、怖いのだ。


その先輩に言いたい。


勇気を見せてくれてありがとうって。

AD

日曜の午後

日曜の午後、僕は部屋に一人。

家族は誰もいない。


僕だけの時間がここにはある。

そんな時間をくれた家族と、友人、この世界に感謝しなければ。


今はLove Psychedelicoを聴きながら、PCに向かっています。

さっきまではLauryn Hillを聴いていたのだけど、のってしまい作業に取り掛かれないんだもの・・・。


AD

新しくできたばかりのネットカフェです。

気分がいいかと聞かれればそれほどでもないです。


この圧迫された状況・・・・。


すごくいやです。


でも黙々とやるにはものすごくいい環境なのかもしれない。








AD