日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

 5年前に当院でわきが(腋臭症)の手術を受けられた患者さんが来院しました。

 手術の結果には大変満足されて、においや汗もほとんど気にならないとのことでした。手術をした部位はほとんど毛は生えてきていません。ご本人は周りに少しだけ毛が生えているので、そこをレーザー脱毛を希望しております。

 
日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-わきが術後5年


ご覧の通り、5年前の傷跡はほとんどわかりません。


私どものクリニックのわきが・多汗症治療のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/wakiga/

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/wakiga.html

 

タウン形成外科クリニック


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 わきが(腋臭症)・多汗症の手術は、確実な効果を出し、再発をさせないために、しっかり汗腺を削り取る必要があり、そのために傷跡や色素沈着などが残る場合があるという内容を以前書きました。

 実際には、そのようなケースで悩んで再来する患者さんは全くと言っていいほどいらっしゃらないので、気になるような跡は残らないのだろうと考えていました。ただし、私が手術を行ったわきが・多汗症手術の患者さんに何年もしてからお会いすることはほとんどありませんので、そのような機会があれば・・・ぜひ見せていただきたいと常に思っていました。

 この方は3年前に私が手術を行い、たまたま足のレーザー脱毛を希望していらっしゃいました。その際に、お願いして写真を撮らせていただきました。

 切開した傷は、しわに沿っているためにまったくわかりません。カルテの記載では1ヶ月目くらいで全体に茶色い色素沈着(しみ)が少し残っているとありましたが、現在はそれもありません。手術の際に、術後に血液が溜まらないように(血腫予防)、2ミリほどの穴を2カ所ほどにあけるのですが、その跡だけがよく見るとごくわずかに見えます。ただし、ご本人は何度も鏡でわきを見たことはあったそうですが、まったく気付かなかったそうです。皆さんはわかりますか?(写真を拡大して探してみてください)


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-わきが術後3年

手術したとは信じられないほどきれいです。



私どものクリニックのわきが・多汗症治療のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/wakiga/

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/wakiga.html


タウン形成外科クリニック



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


 わきが、多汗症の手術後の傷跡については難しいジレンマがあります。においや汗を減らそうと、ドクターが懸命に手術するほど、傷が残りやすくなってしまうことがあるのです。正確に言いますと、切開した傷跡ではなく治療範囲全体に残る瘢痕や色素沈着が少し残ることがあります。


 わきがの手術は豊胸手術と同じく腋窩(えきか)のしわに沿って切開するのですが、豊胸手術ではシリコンを入れる際の傷の皮膚に対する負担のみで済みますが、わきがや多汗症の場合、わき毛の生えている範囲すべてが汗腺の密集する部分であり、この皮膚の裏側の浅い部分(真皮層)の裏側にこびりついている汗腺を、医療用のはさみや特殊な削除器(イナバ式)を使って、切除したり削ったりするので、多少なりとも負担やダメージが加わります。皮膚の汗腺というのはとても多く、手術の際にごく一部でも残すと、強いにおいや汗が残ってしまいます。これがよくいわれる再発という状態です。正確には、取り除いたはずの汗腺がまた生えてくるわけではないので、再発ではなく取り残しなのですが、これを避けるためには皮膚をかなり薄いレベルになるまで削らなければなりません。これが皮膚の瘢痕や色素沈着として残ってしまう可能性があるのです。当然、極力残さないように手術を行うようにしますが、取り残しては意味がない・・・そこがこの手術のジレンマであり、一番難しいところです。

 

私は手術前のカウンセリングで、傷跡や瘢痕がやや残る可能性があることをやや大げさに説明するようにしています。以前は、それでは患者さんが引いてしまって手術を受けないこともあるかな思っていましたが、それでも患者さんはにおいや汗をしっかり取ってくれることを希望しますので、カウンセリング時の傷のことで手術をやめた方は実は一人もいません。また、においや汗が確実に減ったことを喜んでくれる方が後々、傷跡を気にすることもほとんどと言っていいほどいらっしゃいません。


 私がわきがの手術を行った患者さんがたまたま1年たって、別の治療を希望して来院されたので、両わきの写真を撮らせていただきました。わきの一番深いしわに沿った部分に傷はありますが、一見すると傷というよりやはりしわです。手術後3か月から半年くらいまでは少し目立っていた色素沈着は今はなく、瘢痕もほとんど見られません。


 日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-わきが左 術後1年

わきが手術後1年


私どものクリニックのわきが・多汗症治療のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/wakiga/

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/wakiga.html


タウン形成外科クリニック


いいね!した人  |  リブログ(0)