日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

他院で二重まぶたの切開法に加えて眼瞼下垂を受けたにも関わらず、ほとんど二重になっておらず、また、眼瞼下垂の効果もまったく見られていません。

 

ご本人はなるべくパッチリとした二重まぶたにしたいというご希望です。

修正手術にあたって、まず眼瞼下垂の手術が不要であることをお話ししました。「眠そうな目=眼瞼下垂」では決してありません。この方の場合は一重で目が細く見えるのとまぶたのたるみのために眠そうに見えているだけで、医学的な定義上では眼瞼下垂ではありません。私がこれまでにもブログやその他の媒体などで何度も書いていますが、眼瞼下垂が不要な人に決して安易に眼瞼下垂手術をすべきではありません。

この方には、希望のラインを決めて切開して皮膚を約1㎜切除し、眼輪筋、瞼板前脂肪も適切に除去したうえで皮膚をたくし上げることでまつ毛の生え際がより見えるようにして二重固定を行いました。さらに目頭まできちんとラインがほしいということなので、目頭切開をやりすぎないように通常より上方でデザインして内田法で行いました。

 

手術前

 

                   ダウン

 

手術後

 

眼瞼下垂の挙筋前転術を行わなくてもここまで目はパッチリします。

目頭も開きすぎずに、内側までラインが出ています。

眼を閉じた状態もお見せします。

 

手術後(閉眼時)

 

 

二重まぶた

http://www.keisei.ne.jp/futae/

二重まぶた、目頭切開の他院修正

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei/

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

当院の他院修正無料相談会が第16回目にして初めて福岡で開催されます。

これを機会に、長年悩まれている方は、ぜひお越しください。

じっくりと時間をお取りして、私がお悩みをお伺いします。

 

第16回相談会 2016年11月13日(日曜日) 石原信浩 医師

 

 

場所:ホテル日航福岡(博多駅駅徒歩3分)

 

時間:10時より16時までの間のお好きな時間

 

     ******************

 

相談形式:プライバシーを考慮した個別相談 

       (女性の医療スタッフが立ち会います)

 

担当医師:11月13日(日) 石原信浩

 

相談内容:他院でお受けになられた手術後の修正の相談

       (石原は上・下まぶた、豊胸に限ります)

       当日はご相談のみで、治療は受けられません

 

相談料:無料

 

予約方法:メールまたはお電話による完全予約制です

       予約をされていない方の当日の受付はできません

 

 

お問い合わせ先:タウン形成外科クリニック

 

電話 : 0120-107-286

   (石原の「福岡」他院術後無料相談会の件で、とお問い合わせください)

 

e-mail : info-k@keisei.ne.jp

    (件名に「石原医師の福岡他院術後無料相談会」とお願いします)


 

 

他院術修正の無料相談会について 

http://www.keisei.ne.jp/shuseisenmon/osaka.html

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2年前の日本美容外科学会(JSAS)で発表し、医学論文として昨年1年かけてまとめあげた研究内容が原著として採用され、学会誌に掲載されました。何度か査読委員長の先生とやり取りさせていただきながら、「原著として学会誌掲載に相応しい」と評価をいただきました。大変光栄です。

近いうちに医学論文データベースなどでも全文を読むことができるかと思いますが、以下はその抄録です。

 

「下眼瞼除皺術や下眼瞼下制術などを他院において受けた術後に下眼瞼後退や外反などの合併症を生じた症例に、全層植皮術による修正手術を行ってきた。採皮部は全例で上眼瞼を用いた。過去4年間で43例の植皮術を行い、全例で下眼瞼外反は改善した。2例で植皮部のごく一部の壊死が認められたが、ほとんど瘢痕を残さずに回復した。色調のマッチングの違和感や周囲皮膚との段差などが数例にみられたがごく軽度であり、患者の満足度は総じて高かった。」

(日本美容外科学会誌第52巻第1・2号2016年9月より抜粋)

 

 

私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

 

タウン形成外科クリニック

 

いいね!した人  |  リブログ(0)