日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~タウン形成外科クリニック

国内5千人以上の美容外科医で、数少ない日本美容外科学会認定専門医のDr.石原のブログです。美容外科医として21年、学会専門医に認定されて15年の経験で、他院で受けられた手術の修正(やり直し)の治療を特に専門にしています。


テーマ:

下眼瞼(下まぶた)のたるみ取りには二通りの方法があります。切る方法と切らない方法です。

切る方法とはまつ毛の生え際のすぐ下を切開し、たるんだ皮膚と眼輪筋を引き上げると同時に必要に応じて眼窩脂肪を切除します。私は眼窩脂肪を取ると同時に、脂肪が収納されている眼窩隔膜の前壁を補強するように縫合して、再び脂肪が飛び出してこないようにしています。外科におけるヘルニア手術の前壁補強の理論です。


それでは下眼瞼除皺手術(切るたるみ取り)の症例です。



手術前

             ダウン



手術後



次に、下まぶたのたるみ取りの切らない方法です。


切らないたるみ取りというのは、皮膚にメスを入れずに、結膜(あっかんベーをしたときに見えるピンク色の粘膜)に2㎜ほどの穴をあけて眼窩脂肪を取り除く方法です。皮膚を切らないのでダウンタイムもきわめて少なくとても受けやすい方法ですが、皮膚を切除しなければいけないほどたるみが強い方にこの手術を行うと、脂肪のふくらみは取れるのですが、皮膚のたるみがかえって目立つことがるので注意が必要です。手術の適応になるのは30代から40代後半くらいまででしょうか。


それでは下眼瞼結膜側脱脂手術(切らないたるみ取り)の症例です。



手術前

                ダウン

 

手術後


私どもの目のまわりの若返り手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/menomawari.html


タウン形成外科クリニック









いいね!(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 下まぶたの老化には、しわが目立つタイプとふくらみが目立つタイプがあり、ふくらみが目立つ場合をBaggy eye(袋状の目)といいます。

 Baggy eyeを気にされている30代半ばの方です。皮膚のたるみがもう少し軽ければ、皮膚を切らずに結膜側からの脱脂法だけでもよかったのですが、たるみの具合が中程度あったので、皮膚を切除して脂肪を除去するとともに、たるみを引き上げました。

 以前にブログでも書いているように、皮膚の取りすぎでアッカンベーの外反(兎眼)にならないように注意することは言うまでもありません。


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-下まぶた(Baggy eye)  
            

                 ダウン

日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-下まぶた(Baggy eye)  術後

術後3カ月です。

下まぶたがすっきりして若々しくなりました。


私どもの下まぶたの手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/3.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/anti.html

 

タウン形成外科クリニック

いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いまどきの美容外科は切らないで治すのが当たり前、ということを耳にすることがあります。
 プチ整形という言葉もすっかり定着し、注射で治せる治療のレパートリーも増えましたし、さまざまな若返り用の器械も充実しています。
 それでも手術以外の選択肢も増えたけど、メスを入れないと治せない、手術をしたほうが確実に治せる治療はたくさんあります。
 美容外科全体で、手術を行う数は決して減っていません。

私もそうですが、知り合いの美容外科の先生たちも10年前より手術を多くこなしています。ただ近年、美容外科という標榜をする先生方がとても多くなりました。その中には、主に美容皮膚科を専門とすることが多く、ほとんど手術を行わないかまたはプチ整形を少しやっている先生方が目立ってきて、そのような先生方の多くは皮膚科出身で、しみやあざ、ニキビなどの診療にとても経験が多く、むしろ私ども手術を中心とした美容外科医にとっても勉強させてもらうことも少なくありません。

ただ、美容皮膚科を中心に行う先生方の中には、手術適応にふさわしい、もしくは手術でないと治せない場合も、ご自分が手術をしないからあえて注射やレーザーなどにこだわって、結果的に患者さんの満足が得られないと言う場合もよくあります。できれば手術適応の患者さんは、手術の経験の多い専門医にお任せしていただきたいと思いますし、私も、しばしばあざや難しいしみ治療をご希望される患者さんをレーザー専門の先生にお願いすることもあります。それが結果的に患者さんの幸せにつながるのですから。
 先日、仙台院で行った下まぶたのたるみ取り手術の患者さんです。時間は40分でした。術後の腫れは1週間くらいあったものの、結果的に大変満足していただきました。これは手術以外ではここまでの結果は出せないと思っています。




下まぶたのたるみ 術前


                  ダウン




 術後


私どものクリニックの下まぶたのたるみ治療のページです。(PC)

http://www.keisei.ne.jp/futae/3.html

アンチエイジングはこちら(モバイル)キャンペーンもあります。

http://keisei.ne.jp/i/anti.html


タウン形成外科クリニック





いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は郡山院で診療でした。
40代の男性が下まぶたのたるみをなくしたいとのことで来院しました。
Baggy Eye (袋状の目)と言われるもので、皮膚が弱まったところに、脂肪が下がってきている状態です。


下まぶた結膜脱脂1



たしかに年齢以上にふけた印象を与えてしまうほどたるみが強いものでした。
本来、このような症例は皮膚を切開して引き上げる手術が唯一の方法です。
ご本人は皮膚は絶対切らないで治したいとのこと。皮膚の切開法だと、傷はいずれわからなくなるほどきれいになりますが、最低1週間は腫れますから・・・。
ヒアルロン酸の注射ではどうかとご質問を受けましたが、ヒアルロン酸などの注射はあくまでしわの凹みを盛り上がらせて目立たなくするもので、このようなケースでは残念ながら当てはまりません。(ヒアルロン酸などの注射を総じて英語でfiller、すなわち埋めるもの、詰め物というくらいですから)
そこで眼球結膜(アッカンベーした時のピンクの粘膜の部分)に小さい穴をあけて脂肪を抜く治療を提案しました。下眼瞼結膜側脱脂術といいます。時間は30分ほど、皮膚を切らないのでまったくと言っていいほど腫れません。
小豆ほどの大きさの脂肪が片側につき3つずつ取れました。


下まぶた脱脂2


術後、数週間後に高周波の最新治療サーマクールでまぶたの皮膚の引き締めを行えばさらに完璧です。
皮膚を切らないたるみ手術とサーマクールの併用療法は最近、積極的にお薦めしている治療法で、当院でも良い結果が集まったので5月の美容外科学会でも発表予定です!!


私どもの下まぶたの手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/futae/3.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/anti.html


タウン形成外科クリニック








いいね!(0)  |  リブログ(0)