日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

2年前の日本美容外科学会(JSAS)で発表し、医学論文として昨年1年かけてまとめあげた研究内容が原著として採用され、学会誌に掲載されました。何度か査読委員長の先生とやり取りさせていただきながら、「原著として学会誌掲載に相応しい」と評価をいただきました。大変光栄です。

近いうちに医学論文データベースなどでも全文を読むことができるかと思いますが、以下はその抄録です。

 

「下眼瞼除皺術や下眼瞼下制術などを他院において受けた術後に下眼瞼後退や外反などの合併症を生じた症例に、全層植皮術による修正手術を行ってきた。採皮部は全例で上眼瞼を用いた。過去4年間で43例の植皮術を行い、全例で下眼瞼外反は改善した。2例で植皮部のごく一部の壊死が認められたが、ほとんど瘢痕を残さずに回復した。色調のマッチングの違和感や周囲皮膚との段差などが数例にみられたがごく軽度であり、患者の満足度は総じて高かった。」

(日本美容外科学会誌第52巻第1・2号2016年9月より抜粋)

 

 

私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

 

タウン形成外科クリニック

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

去る17日と18日に、第104回日本美容外科学会が東京のANAインターコンチネンタルホテルで開催されました。

学会には、「参加だけでなく発表してさらに医学論文にまとめること」を心掛けてきたのですが、今回は、どうしても忙しくて準備ができそうもなかったため、参加だけの学会になりました。



今回のお目当て二日目のエキスパートセッションです。

タイトルは「美容外科における高難易度&修正症例」
座長は大慈弥裕之先生、演者は島倉康人先生、、牧野太郎先生、南雲吉則先生でした。

学会に参加するからには、いろいろな先生方の考え方や治療法を参考にして自分の知識や技術をより高めることが目的ですから、学会場にただ単に座って聴講しているだけではもったいないです。

いつものように積極的に質問をいくつかして、討論に参加させていただきました。

診療の予定が詰まっていたため、学会場にいた時間はほんの3時間程度でしたが、大変ためになりました。発表したい研究内容もいくつか貯めてありますので来年を楽しみにしてください。



私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html



タウン形成外科クリニック



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第102回日本美容外科学会が東京の有明のビッグサイトで開催中です。国内外のドクターも交えての盛大な学会です。




私は昨日の一般演題のセッションで「術後下眼瞼外反に対する植皮術による修正」の発表をいたしました。

ブログやホームページでも何度となく書いていますが、他院での下眼瞼の手術後に外反(あっかんべー)を起こしてしまい困っている患者さんが数多く私のところへ相談にいらっしゃいます。私は植皮術による修正を積極的に取りいれ、とてもよい結果を出して患者さんたちに喜ばれています。これをまとめたものを発表し、参加されていたドクターの中から3名ほどの質問も受けました。とても有意義な発表ができたと思っております。近々、医学論文も執筆しようと考えております。


私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html



タウン形成外科クリニック

いいね!した人  |  リブログ(0)