日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

 順天堂大学の病院管理学の大学院生として4年間の研究が終了し、美容外科における医療事故対策やリスクマネジメントをもとにまとめ上げた論文に対して医学博士号をいただけることが決まったのが昨年の暮れでした。

 

 美容外科というのは、原則として健康な人に対して、主に身体の表面の手術や注射などを行うわけですから、脳外科や心臓外科の手術などのような大きなリスクはないと考えがちですが、必ずしもそうではありません。ときに全身麻酔や硬膜外麻酔を用いた手術も行なわれますし、脂肪吸引や豊胸、骨削り手術など、比較的大がかりな手術を日帰り手術で行うことも多いですから、充分な医療事故防止対策が必要です。また、大きな医療事故でなくても、不本意な治療結果などによる医師と患者の訴訟問題も起きかねません。

 

 これまでは、医師が美容外科医としてきちんと経験を積めば事故や問題は防げるのだから、さらにその修練を磨けばよいという様に片づけられがちであった美容外科におけるリスクに対する考え方を、医師のみならず、看護師、他のスタッフを含めた医療のひとつの組織の中でベテランから若手の医師、新人の受付スタッフを含めて、さまざまな事象の調査データ(インシデントレポート)をとって分析し、反省し、解決案を見出して現場に生かすことでリスクは回避できるようになるというのが私の研究の内容です。これは美容外科ではもちろん初めての研究であり、海外でも報告が見られない新しい研究であると言うことで、医学博士号授与に値するという評価をいただきました。大変光栄です。

 

  大学院ですから卒業式(学位授与式)があるのですが、さる3月27日に行われました。私は今回の震災により、復旧や診療のことで手一杯で時間が取れず、式には参加できませんでした。

約2カ月遅れで学位証をいただいてまいりました。やはり感無量です。


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-学位認定証

 

 ところで、最近の事例で某美容外科における医療事故に対して、警視庁、検察庁からの要請で、協力をさせていただきました。

 私どもは日本一安全な医療を心掛けている美容外科であると自負しておりますが、これをさらに公的な機会や学会活動などを通じて日本中に広め、日本国内の美容外科の安全対策に貢献したいと思います。


私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html

 

タウン形成外科クリニック


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨年の6月に長崎の第11回医療マネジメント学会で発表した、美容外科における医療安全についての発表内容をさらにリサーチの追加や文献考察をふまえて、医学論文にまとめ上げました。

 論文としては、順天堂大学の医学博士号取得のためのメインとなる原著論文になりますが、タイトル「美容外科クリニックにおけるインシデントレポートの有効性」が、日本美容外科学会誌第47巻第2号(2010年9月3日発行)に無事に掲載されました。共著者として、順天堂大学病院管理学の小林弘幸教授が名を連ねています。


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-学会誌

日本美容外科学会誌
 

 研究内容は美容外科における安全対策、医療事故防止のための医師、スタッフによるインシデントレポートを大学病院、総合病院以外のクリニック(入院施設のない無床診療所)では国内で(調べた限りでは世界でも)初めてまとめた医学論文であり、そのリサーチ結果と論文内容には自信を持っています。

 大学院にはすでに論文を提出済なので、今年中にプレゼンテーションによる学位審査があり、それにパスすれば晴れて医学博士号取得となります。

 もう少し頑張ります!


私の学会活動、医学論文、経歴などについてです。ご覧ください。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/doctor.html

    http://www.keisei.ne.jp/anzen.html

(モバイル)http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html


タウン形成外科クリニック

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 2007年から私の出身大学である順天堂大学の大学院に所属し、小林弘幸教授のもとで、美容外科における医療安全をテーマに研究を続けてきました。大学院は4年ですので、来年の春で一区切りがつきます。

 美容外科は国内のほとんどが小規模なクリニックでの診療となり、大学病院や総合病院ほどの大掛かりな設備はないのがほとんどです。そのなかで各種麻酔を使用して行なっていく診療、手術の毎日で、医療事故のないように安全に診療を行なうにはどのような工夫が必要かを様々な観点から検証し、各種学会や研究会などで発表してきました。

 また、私の研究では、医療事故のみならず、患者さんの術前・術後の不満がないようにするための医療機関としての医師や看護師、受付を含めた接遇などもテーマにしてきました。これには、設備の充実から電話やメールでの予約の取り方、待ち時間の短縮、相談時間の充実、術前不安や疑問の解消のお手伝い、術後当日の不安や相談事への対応方法など多岐にわたります。


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-スタッフ

表参道院のスタッフ


 ただしここで誤解がないようにお話ししたいことは、医療機関が患者さんに対してあまりにも、お客様扱いしすぎてしまうことが医療安全面でも、治療の結果にも必ずしも双方にとっていいことにならないことも多いということです。

 たとえば、患者さんが治療で痛みが怖いから麻酔を多く使ってほしいという要望があった場合、患者サービスのためにドクターは必要以上の麻酔を用いることがはたして良いことでしょうか?

 少量の局所麻酔のみで簡単で短時間に終わる手術にもかかわらず、手術中が終わるまで眠っていたいというご希望に対して、鎮静させる薬や麻酔を簡単に使うことはどうでしょうか?鎮静効果のある薬剤のほぼすべてにおいて呼吸を抑制したり、停止させる作用もあります。

 サービス過剰はリスク増大へとつながることをドクターは肝に命じ、また患者さんにきちんと説明してご理解をいただくことも本当の意味での患者サービスではないかと思います。

 私の美容外科安全対策の研究は永遠に続きます・・・。


日本美容外科学会認定専門医Dr.石原の診療ブログ~いろんなオペやってます~-オペ室

仙台院の手術・診察室



私の経歴はこちらをどうぞ

(PC)

http://keisei.ne.jp/doctor.html

(モバイル)

http://keisei.ne.jp/i/doctor/index.html


タウン形成外科クリニック


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。