日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

約20年前に他院で生理食塩水インプラントによる豊胸手術を大胸筋下法で受けた方です。

 

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-35.html

 

まず、右のインプラントのボリュームが少なくなっていて、位置が上方にずれています。軟らかさはまずまずですが、明らかにバランスはよくありません。

ご本人の修正希望の内容は、位置をきれいに整えると同時に、大きさをできれば可能な限り大きくしたいということと、現在、大胸筋下に入っているので乳腺下に入れ替えてほしいということです。その理由は大胸筋下に入っていることで、インプラントが不自然な動きをするということです。

 

インプラントが大胸筋下に入っている場合の不自然な動きとはどういうことでしょう?具体的には、机などに手をついて立ち上がったり、両手の平を合わせて拝むようなポーズを取ったりなど、大胸筋に力を入れるように上半身に力を入れると、筋肉の下のインプラントがペコッと奇妙な動きをします。水着はもちろん、タンクトップなどの薄着の場合でもその動きはよくわかるので、はたから見るととても奇妙な感じがします。この理由で、私は以前より、豊胸手術で大胸筋下にインプラントを入れるのを極力お勧めしていないのですが、積極的に大胸筋下法を行っている医師もいて、これを問題視されていないのは不思議に思っております。

この患者さんは大胸筋下に入っているための奇妙な動きが嫌で、修正手術時は、必ず乳腺下に入れ替えてほしいご希望されました。

さらに、不自然にならない程度でなるべく大きくしたいというご希望もありました。

 

修正手術は硬膜外麻酔で行いました。大胸筋下にあった生理食塩水インプラントは感染や大きな破損もなく、右のみが逆流防止弁であるはずの注入口から、長年にわたって少しずつ水が漏れたのだと思われました。

 

取り出した左の生理食塩水インプラント 重量は230g(≒230ml)でした。きれいで、漏れもありません。

 

こちら左の生理食塩水インプラント 重量は200g(≒200ml)

左に比べて表面の波打ちがやや目立ちますが中身の水が減っている証拠です。

 

手術中に鏡で見ていただきながら、私が15年以上信頼して使用しているEurosilicone社製スーパーソフトコヒーシブシリコンのサイズを決定しますが、この方は300mlを希望されました。

 

それでは術後の写真をお見せいたします。

 

NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-36.html

 

 

私どもの豊胸他院修正手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/

 

タウン形成外科クリニック

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1年前に某大手美容外科で豊胸手術を受けた方です。大胸筋下に300mlのシリコンを入れてもらったそうです。


NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-27.html


上方向への位置異常と、被膜拘縮が見られます。

豊胸手術を行うにあたって、被膜拘縮は、世界中のどのような名医が手術をしてもやはりある一定の割合で起こりうるリスクではありますが、このような位置異常は、下部方向への十分なスペース作成ができていなかったことによるものと考えられ、技術的に問題があったと言わざるを得ません。


一般的に豊胸手術では、患者さんの体型、特に胸郭の大きさにもよりますが、大きいシリコンを選択するほどスペースの余裕がなくなり動きに制限が出てしまう可能性があります。それでもご本人はやはり300ml以上の大きさにこだわられていたので、修正手術においては、まず他院でのシリコンを取り出し、手術中に大きさと動きをご本人に鏡で直接確認していただきながら、新たに乳腺下に325mlのコヒーシブシリコンを挿入しました。

軟らかさ、位置、形ともに自然でとても満足していただきました。


それでは結果をお見せいたします。


NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-28.html



他院で受けた豊胸手術で取り出したシリコン

幸い、破損や漏れはありませんでした。




私どもの豊胸他院修正手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/


タウン形成外科クリニック



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

20年前に他院でインプラントによる豊胸手術を受けた60代の方です。

インプラントの種類は不確かなのですが、生理食塩水ではなくシリコンだということです。

10年前頃より小さくなってきたということで内容物の漏れ出しを疑いました。

本来であればインプラントの漏れ出しがある場合は、取り出しのみとして、新しいインプラントを入れることはお勧めしないのですが、ご本人の強い希望で同時入れ替え手術を計画しました。ただし、漏れ出した内容物が感染源となっていたり、変色していたりすれば、そのような状態で新しいシリコンを入れることはできない旨、ご説明差し上げました。

取りだしたインプラントはSILTECという旧式のシリコンで、両側とも中身が漏れ出していました。




幸い、感染の兆候もなく、漏れ出していたものが被膜内にとどまっており、きれいに洗浄できたので、私が最も信頼している安全なEurosilicone社製のコヒーシブシリコン160mlを挿入しました。

それでは術前・術後の写真(画像)をお見せします。


NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/20-1.html



私どもの豊胸他院修正手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/


タウン形成外科クリニック






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。