日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

20代前半の方で、数年前に他院で全切開法による二重まぶたの手術を受けたのですが、幅が広すぎて自分には似合わず、傷跡も目立つため、元の一重まぶた(奥二重だが、ほぼ一重に近かったそうです)に戻したいとずっと思ってはいたのですが、不可能だろうとほぼあきらめていらしたそうです。

たまたま私のブログとクリニックのサイトをご覧になり、希望をもって来院されました。

 

他院での二重まぶた切開法後

 

二重の幅やや広く、二重のラインと睫毛のは生え際(瞼縁)に挟まれた皮膚が腫れぼったいために、確かに自然とは言えません。

 

他院での二重まぶた切開法後(閉眼)

 

傷跡の食い込みも不整なラインもかなり目立ちます。

 

修正手術の可否についてですが、結論から言うと、私が行っている脂肪移植による修正手術では、一重まぶたでも奥二重まぶたにでも戻すことができます。

傷跡に関してですが、凹凸でへこんだ不整な瘢痕組織を切り取ってきれいに縫い直すことも一つの方法ですが、すでに他院での切開法で皮膚が切除されて余裕がない場合は、さらに皮膚を取ってしまうと足りなくなり、外反(目が閉じない)という重大な合併症が起きることがあり、慎重でなければなりません。

私が行っている脂肪移植の目的は、二重の癒着を外した後に再癒着を防止することにあるのですが、この方のような凹みの瘢痕組織を盛り上げることが可能ため、傷跡を目立たなくさせることも実はできるのです。この方は瘢痕組織の皮膚を切り取らずに、脂肪移植のみで二重の癒着を予防すると同時に瘢痕を盛り上げて目立たなくさせる方法を取りました。

それでは手術後結果をお見せいたします。

 

修正手術前

                    ダウン

 

修正手術後

本来の一重まぶたに戻っています(厳密に言うと2㎜幅の奥二重を作成しています)。

 

 

修正手術前

                     ダウン

 

修正手術後

傷跡(瘢痕)がかなり目立たなくなりました。

 

 

修正手術前

                    ダウン

 

修正手術後

 

 

修正手術前

                   ダウン

 

修正手術後

傷跡は明らかに薄くなっています。

 

 

修正手術前

                   ダウン

 

修正手術後

 

 

修正手術前

                    ダウン

 

修正手術後

 

 

二重まぶたはこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae

二重まぶたの他院修正はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

他院で5年前に埋没法による二重まぶた手術を受けられた方で、ラインが薄くなってきたために、今回は切開法で幅もやや広くしてパッチリとした二重を希望されてきました。

 

左右ともにラインが薄く、睫毛の生え際に余った皮膚がかぶさっているのがわかります。

 

切開法による手術はご本人の希望で7.5㎜にラインを決め、1.5㎜幅で皮膚を切除してたくし上げてたるみをなくしてパッチリとした二重を作りました。

それでは手術前・手術後をお見せします。

 

手術前

                    ダウン

 

手術後

 

 

右斜め前から見たところです。

手術前

                   ダウン

 

手術後

 

 

左斜め前からです。

手術前

                  ダウン

 

手術後

 

 

二重まぶたはこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae

二重まぶたの他院修正はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6年前に切開法による二重まぶた手術と目頭切開を受けた30代の方です。二重の手術をしたのにどうしてぱっちりとしていないのか、悩まれていたそうです。

 

 

見ての通り、左は目に開きが悪く、眼瞼下垂の状態です。下垂の手術が必要だと思われます。また、右も目の開きが十分とは言えないので同じく下垂の手術(挙筋腱膜前転術)を行った方が術後に左右差が出ないためには、より良いとも思います。

さらに、二重まぶたのラインと睫毛の生え際に間に挟まれた部分に皮膚の余りがいくつものひだのようになって、それも気にされています。

 

 

このひだをなくすには切開法で皮膚の適切な切除も必要です。

 

それでは私の行った修正手術の結果をお見せいたします。

切開法による皮膚切除及び眼瞼下垂手術(挙筋腱膜前転法)です。

 

手術前

 

                    ダウン

 

 

手術後

 

 

二重まぶたはこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae

二重まぶたの他院修正はこちら

http://www.keisei.ne.jp/futae/shusei

 

タウン形成外科クリニック

http://www.keisei.ne.jp/

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。