毎日釣りのことばかり・・

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

早春のスルメイカ

みなさんこんにちは。
新型コロナウィルスの感染が世界中で治らない中、いかがお過ごしでしょうか。
自分は手洗い、マスクと最低限の予防をしつつ通常の生活をしております。
そんな中、昨日はお休みを取って長井港栃木丸さんからスルメイカ釣りに行ってきました。

平日なので空いてると思ってたんですが、釣り人と釣り船にはコロナウィルスの影響はありませんね。
5時半に宿に着くと既に自分は10番目。
釣座は右舷トモから2番目になりました。

栃木丸さんはスルメイカがメインターゲットなので仕掛けは14センチプラ角の5本ブランコにしてみました。
サバが多ければ直結も、と思ってましたが結果的にこの仕掛けで最後まで出来ました。

6時半出船。
ポイントはソレイユの丘の沖。港からは割と近い場所です。

水深190mのポイントで釣り開始。
この釣りはオモリ150号の感覚を掴むのが大事です。
開始後なかなか反応がありません。
誘いのパターンをいろいろ試しますがアタリはなし。
1時間を過ぎた頃、ゆっくりと竿先をあげてくるとクンクンとしたアタリ。
合わせを入れるとオモリ150号にプラスアルファの感触が。
電動リールを中速にして巻き上げ。確かにイカが乗ってるようですがあまりヒキがありません。

上がってきたのはやはりヤリイカでした。
本命はスルメイカですがイカの顔を見れて一安心。

次のイカの乗りは明確でした。
ヒキも強くリール巻き上げもドキドキします。

ようやく本命。
スルメイカは釣れたそばから開いて沖干しにします。

次の流し、着乗りでイカが掛かりました。
巻き上げスイッチを入れると電動リールの電源が落ちた。
やむなく手巻きで巻き上げ。
どうも電源ケーブルの不具合みたいです。
通電したりしなかったり。
なんとか手巻きであげてくるとスルメイカが2杯付いてました。

そこから電動リールを騙し騙し使うことに。
イカが乗っても巻き上げ途中で止まるので魚に取られてしまいます。
うーむ、大事な時にこの始末。

そして中だるみの時間。
イカが乗らない。

10時半になりポイントは150mと浅くなった。
そこでなんとかポツポツと追加できました。

スルメイカが6杯になったのでなんとかつ抜けしたいと頑張りましたが、11時半に隣の仕掛けとグチャグチャのオマツリ。
PEラインは出来るだけ切らないようにとオマツリ解きを試みましたが断念。
仕方なく自分のPEラインを切りました。

さて、ラインシステムを組み直すぞ、とリーダーを用意していたら。
「風が出てきたので上がります」とのアナウンス。
残念12時早上がりとなりました。

結果、スルメイカ6杯、ヤリイカ1杯、真鯖一尾。
まあ自分らしいいつもの低空飛行の釣果。
リールトラブルがなければ、と悔やまれはしますが。
風が吹くまではよい凪でしたし沖干しの乾きも良い晴天でしたので楽しめました。

12時半帰港。
15時少し前に帰宅。

昨夜のツマミは、


しめ鯖とゲソ焼き。
沖干し3杯の胴体は塩辛にしましたよ。

ヤリイカもあるし沖干し、塩辛とこの三連休は楽しめそうです。
釣果は寂しかったですが食べる分にはちょうどよかったですね。
今回は満足釣行としておきます。




春の餌釣りタチウオ

学校の一斉休校、イベントの中止、スポーツの無観客試合。そしてトイレットペーパーの買い占め。新型コロナウィルスの件で世界中がざわついていますよね。
そんな中ではありますが、昨日の土曜日に新安浦港長谷川丸さんへタチウオ釣りに行ってきました。

自分にとってタチウオはルアーで狙うターゲットですが今回は餌釣り。昨年の11月30日に同じ長谷川丸さんで挑戦するも難しい日に当たって敢えなく本命ボウズ。
ですから今回はリベンジ戦でもあります。

4年に一度の2月29日だった昨日はまだ2月とはいえ春の陽気でした。
波も風も弱いとの予報でしたので7時には満員御礼となりました。
自分の釣座は右舷のミヨシ側。ミヨシに某釣具メーカーさんの方がタチウオテンヤで狙うそうです。

出船まで右隣のお兄さんと情報交換しながら時間を潰し7時15分に出船。
ポイントは猿島の向こう側、わりと近いところにタチウオ船団が固まってました。

水深は65mくらい。
底から3mから15mが指示棚です。

タックルは、
ロッド:ダイワ リーディングXA63 190III
リール:ダイワ レオブリッツ150J
ライン:PE1号にフロロ6号のリーダー
ハリス:フロロ5号2m
針:がまかつ 剣先タチウオ2/0
オモリ80号

釣ったあとの感想になりますが、このタックルではロッドが柔らかすぎました。80号のオモリはちょいしんどかったです。

前回のタチウオ釣りがボウズだったので、餌釣りでタチウオを釣る感覚は全く覚えでおらず、しゃくり方もうろ覚えだったのですか、リールハンドルを半回転しながら小刻みにしゃくるパターンでやってみました。

すると二投めに10mほどしゃくり上げてきた仕掛けに何かの違和感。
その位置でリールハンドルを巻かずに餌を揺らして誘いをかけたらグーンと魚が乗りました。強く合わせを入れて電動スイッチオン。
久しぶりの餌タチウオの感触。

まずまずの型が幸先よく上がってくれました。
それからパタパタと5本。
今日はなんだか調子いいなぁ、とひとりごちていたら8時半ごろからパッタリ釣れなくなった。

誘いのパターンを色々と試してみるが釣れず当たらず。やっぱりこの釣りは難しい。

すっかり日は上りよいお天気。風もなく気持ちのよい海。冬用のウエアでは少し暑いほど。

何度か流し替えもあったあとの10時ごろからようやく後半戦が釣れ出した。

指5本、メーター級のドラゴンサイズも混じりました😊
左隣がテンヤ釣りなのでオマツリもあり、ドラゴンサイズの水面バラシもありでしたが、11時過ぎにはつ抜け。

午前船ですから時間は短めですが十分に楽しめました。

11時半沖あがり。
船中2-27本。
やはり釣る人は爆釣しますね。
上をみたらキリがないので自分の10本は上出来です。
タチウオテンヤとルアーの人は苦戦してたみたいです。

12時過ぎに帰港。
午前船は良いですね。帰路少し渋滞がありましたが14時には帰宅できました。

夕方、10本のタチウオを処理する。
多くは立て塩に浸けて干物にしました。

中型一本をお刺身にして炙り。
抜群に美味しい。
塩焼きも美味しい。
ビールと日本酒が進みました。

こうして閏年の一日が終了。
気持ちのよい釣りができて美味しい魚が食べられてよい一日となりました。

コロナウィルスのことは心配ではありますが、安全に安心に生活ができる日が早く戻ってきて欲しいですね。
みなさんもご自愛ください。

敢えて釣らない会ライト鯵ミーティング

みなさんこんにちは😃
2月に入ってようやく冬型の気圧配置になってきて1日の土曜日の関東地方は良い冬晴れのお天気でした。

そんな中、「敢えて釣らない会」の船上ミーティングで弁天屋さんのライト鯵午前船に乗ってきました。

メンバーは敢えて釣らない会会長のひでさん、構成員の牧田さんと自分。ゲストに自分の甥っ子のホッシーの4名です。
この会はひでさんが何かの釣りで釣果がかんばしくなかったことをTwitterで「敢えて釣らなかった」と呟いたことが始まりです。釣果に拘らず釣り自体を愉しみましょう、というのが会の目的だと理解しています。

ですから今回の鯵釣りも、
つ抜けしたら道具しまいましょう。とか、
20センチ以下はリリースしましょう。とか冗談を言ってました。

ともかく、7時15分に出船。
釣座は右舷胴の間に4名並んで入りました。
八景島から北へ20分ほど走って釣り場は本牧沖。鯵釣りの船が集まっていました。
船長は反応を探して旋回を繰り返したのちにようやく釣り開始。棚はそこから3mと少し高いところを狙ってとの指示。

しかし、開始からしばらく沈黙が続きました。アタリのない時間が小一時間ほど過ぎて焦ります。
9時少し前に隣のホッシーか鯵の型みるとようやく自分にもアタリが来ました。

そこから一投1尾、またはダブルと釣れてきました。鯵の群れが船下にやってきたのでしょう。
それでも8尾釣れた後にまたパッタリとアタリがなくなってしまいました。

また1時間ほど釣れない時間が過ぎていきます。午前船だから釣りの時間が少なく焦ってきます。
これはホントにつ抜けできないかも。
と思っていたら隣のホッシーがパタパタと数を伸ばしていきます。
「おまえ、棚はどのくらいでやってるの?」と聞くと「低いよ、1.5か1mくらい」との返事。
マジ?と思いながらビシが底を切った直後にコマセを振って棚を1.5mに合わせる。
するとホントにパタパタっと釣れてきた。

そうして10時45分に沖あがり。

まさか、自分が釣りを教えた甥っ子のホッシーに釣り方を教えてもらうとは。
彼のお陰で中羽の真鯵が15尾。なんとか形になりました。

メンバーは、
ひでさん、9尾。
牧田さん10尾。
ホッシー19尾。
自分15尾。
さすが会長、敢えてつ抜けはしなかったのですね。お見事です。

船中は6-25とのこと。
弁天屋の半日船としては平均ペースなのでしょうか。

帰港後、宿の近くのバーミヤンでランチ。
やっぱり鯵は奥が深いよね、などと話が弾みました。

午前船はいいですね。
帰路はひでさんの家を経由して2時半には帰宅できました。


これだけあれば食べるのに十分ですね。
最大は26センチでした。
早速捌いて10尾は開き干し、デカイの2尾はお刺身に、3尾は鯵フライにしました。


本牧育ちの真鯵は抜群に旨い😋
夕飯は豪華な食卓になりました。

こうして第1回目の「敢えて釣らない会」船上ミーティングは楽しく無事に終了しました。
次回は敢えて釣らなくても本当に釣れないマルイカにでも行こうか、と話をしています。またつ抜けしない程度に楽しみましょう。


2020年初釣りは長井のイカ釣り

みなさま、新年明けましておめでとうございます。2020年のお正月はいかがでしたか。
自分は正月休みは割とゆっくりと過ごして今回の三連休が初釣りとなりました。

毎年この時期に自家製の塩辛が食べたくてイカ釣りに行くのが恒例になってきました。
でもスルメイカをメインにしている船宿さんは少ないですね。ではヤリイカ船に乗って混じるスルメイカに期待しようとイカ釣り基地の長井港の栃木丸さんに行ってきました。
5時過ぎに現地到着すると席がもう決まってました。左舷4人のトモから2番目。
まあ自分は常連ではないし席にこだわりはあんまりないのでどこでもよいですが、自分で選べないこのシステムはどうかと思いますね。
でも栃木丸さんはそれ以外は対応も良くてよい船宿さんだと思ってますよ。


船に乗り込んで準備。
イカ釣りは荷物が重くなるのが難点。
オモリもバッテリーも重いし、仕掛けも11センチ、14センチ、18センチと、
直結、ブランコ、の組み合わせ。自ずとたくさん持参することになります。
スタートする仕掛けには迷いましたが、スルメイカがメインターゲットなので14センチのブランコ仕掛けにしてみました。

6時20分出船。
船は南に1時間15分ほど走り沖の瀬にやってきました。相模湾、三浦半島のイカ釣り船か集まってました。

220mのポイントで釣り開始。
150号のオモリを投入します。
着底、底を切ってアタリを待つとすぐにイカの乗り。
シメシメと思いながら電動で巻き上げます。
ズシリとしたイカの重みを感じながら巻き上げて行きますが100mを切ったところで軽くなってしまいました😰
右隣のおじさんとオマツリ。
ファーストヒットは敢えなくバレてしまいました。
この釣りはイカを乗せるのも大事だけど乗ってから取り込むまでが重要ですね。

それでも14センチ角にイカは乗ったから大丈夫と思い気を取り直して再投入。
するとまたズシリと乗り。
220mからの巻き上げ、ドキドキしますね。
なんとか取り込みまで成功して2020年の初釣果は型のよいヤリイカ😊
一つ釣れると気分はスッと軽くなります。

次のイカの乗り。
巻き上げ途中でガグガクとした衝撃があって仕掛けが軽くなりました。
上げてみると5本角の4番目にヤリイカが付いてましたが5本目の角とオモリが無くなってました。何者かにハリスを切られたようです。
仕掛けのチェンジも考えましたがもったいないのでオモリだけ交換して4本角で釣り再開。
その後にハリスを切った正体がわかりました。
イカの乗りから巻き上げ時にイカの重みからサカナのヒキに変わりました。
上がってきたのはマフグでした。
ガッカリして写真を撮る気にもなりません。

仕掛けを新品にチェンジ。また14センチの5本ブランコ。
するとようやく。
待望のスルメイカが😁
もうこれで今日の初釣りは満足です。
すぐに捌いて肝は塩漬けに、胴体は沖干しにしました。
その後、スルメイカの追加を期待しましたがイカの乗りなく時間が過ぎていきます。
そんな中、左隣のオオドモ常連さんは数を伸ばしていきます。
腕の差はもちろんありますが、やはりヤリイカ狙いだと11センチかなと11時に仕掛けをチェンジしました。
今度は自作の11センチブランコ7本仕掛け。

この仕掛けにするとマルイカのような小さなヤリイカが釣れました。
200mの水深、150号のオモリ、小さなヤリイカ。もうこれでは自分の腕では難しすぎます。明確にズシリと来てくれないとわからないんですよ。

そのあと、なんとかイカの乗りを捉えて巻き上げるとまた魚のヒキに。
今度はマトウダイ。
11センチ角を丸呑みでした。
凹みます😓

こうして時間が過ぎていき、13時半沖あがり。


結果はヤリイカ6杯、スルメイカ1杯。
せめてつ抜けはしたいと思ってましたが自分の腕ではこんなもんかな、との釣果でした。
船中ヤリスルメ合わせて6-25。

そうそう、お天気のことを書くのを忘れてましたがこの日は海も穏やかでポカポカ陽気。
沖の瀬であれだけ凪るのは珍しいようですよ。
スソに近い釣果でしたが食べるのには十分。

14時半帰港。
17時帰宅。
道具片付けてスルメイカの沖干しは塩辛に仕込みました。
欲を言えばこの三倍くらい作りたかったけどしょうがないですね。
ヤリイカは3杯を冷凍しました。
あとは嫁に任せて風呂に入ると、
上がった頃に刺身とスルメ下足焼きができてました😊
新鮮なヤリイカのコリコリとした食感が〆張鶴の冷酒に合います🍶

こうして1月11日が終わりました。
初釣りはお天気に恵まれたので釣果はショボいですが満足釣行と言うことにしておきます。
2020年もこのペースで釣りを楽しもうと思います。
みなさま、今年もよろしくお願いします🙇🏻‍♂️

2019年の釣り納め

みなさんこんにちは😃
2019年の大晦日、いかがお過ごしでしょうか。
自分は昨日今年の納竿釣行してきました。
釣り物はヒラメ。
船宿は鹿島港の清栄丸さんです。
お誘いした釣り仲間との予定がなかなか合わず、今回は単独釣行になりました。
清栄丸さんに一人で行くのは初めて。
朝4時に現地到着するとほとんどの釣座が埋まっていて左舷の胴の間の席をなんとか確保しました。

5時半出船。
清栄丸の大型船は南下し神栖市の沖へ。
6時半ごろ釣り開始。
暗いうちに一枚上げておきたいですが。

しばらく反応ない中、夜が明け明るくなってきました。
左のお兄さんがソゲクラスを釣り上げましたのが船中最初の一枚。
船長は「今日は潮が濁ってるからべた底がよいよ」と。

それではと捨て糸を50センチから40センチと短くしてみました。
すると餌のイワシをひったくるようなアタリ。合わせを入れる間も無く秒で餌だけが持っていかれました。イナダか何かでしょうか。
アタリといえばそれだけであとは沈黙が続きます。左舷を見る限りみなさん釣れておらずヒラメの活性だけでなく釣り人の活気がありません。

神栖市の沖を諦め船は北上。
鹿島スタジアムの沖へ。

9時ごろ。
べた底で待っているとようやくクンクンとしたアタリ。
クンクンがグングンになってきてドキドキしてきた💓
またクンクンになって、またグングンになって、グーンとロッドが引き込まれたタイミングで合わせた。
乗りました❗️

なかなかよい手応え。
でもタモ持って寄ってきた船長さんが、
「なんだかこのヒキはイナダっぽいなー」と。
そんなこと言われはしたものの魚体か見えたら本命ヒラメでした。無事ネットイン。

眼検量1.5キロくらいの型。
なんとか本命型見れてホッとしました😊

その後、アタリは来ず。
11時35分沖あがり。

満員に乗っていた船中は0-2。
お坊主さまもたくさん出た模様。
潮が濁り流れもなかったのがよくなかったようです。
一枚でも釣れたのはラッキーでした。
納竿釣行でゼロとイチとでは大違いですからね。

12時過ぎに帰港。
カレーライスをいただいて帰路に着きました。
新しく出来た京葉JCTから外環道を経由して帰宅。途中事故渋滞かあったものの15時過ぎに帰宅。このコースだと鹿島もそう遠くはありませんね。
道具片付けて唯一の釣果を捌きました。



五枚下ろしにしたひと柵を刺身に。
尾頭を煮付けに。
残りは正月用に寝かせました。

常磐の寒ヒラメは旨いですね。
特に頬の肉が美味しかった。
こうして納竿釣行は満足釣行になりました。



2019年のまとめ。
今年は17回の釣行で例年より少なめでした。

ライトアジ 3
テンヤマダイ 2
ヒラメ 2
タチウオ 2
アオリイカ 2
マルイカ  2
スルメイカ 1
スミイカ 1
マダコ 1
アカムツ 1

満足釣行 10
まあまあ釣行 1
不満釣行 7

の内訳。
シイラ、カワハギに行けなかったしアオリイカはティップランをやってない。
来年は復活させたい釣り物です。

不満釣行も多かったですが、事故といえば竿を落としたこともあったけど怪我なく一年を楽しめたのでまずまずの釣りができました、
釣り仲間と船宿さんに感謝したいと思います。
今年一年ありがとうございました😊

また新年からもよろしくお願いします🙇🏻‍♂️




弘漁丸一つテンヤマダイ

みなさんこんにちは😃
月日が経つのは早いものでもう11月の半ば。秋から年末にかけては釣りたい魚が多くて迷ってしまいますよね。
アオリかヒラメかアマダイか、と自分も迷った末に本日はマサさんと一つテンヤマダイに行っていました。

夜中の3時20分にマサさんちに集合。
夜中の常磐道を走って4時半に日立久慈港到着。
このところの釣果が良いせいか弘漁丸さんには30名ほどの釣り人が集まりました。
恒例の座席のくじ引きを引いて、6番くじながら大さん弘漁丸の左舷ミヨシから二つを取れました。

5時半出船。
釣り場は港を出て割と近いポイント。
まだ朝焼けが出ている時刻に釣り開始。

新調したダイワの遊動テンヤにエビを装着して投入。水深30mほど。
着底を確認してアタリを待ってたら根掛かりした😓
竿で煽ると折りそうなので道糸をグローブで持って抜こうとしたらPEラインがプツリと切れた。
第一投めに根掛かり高切れ。
気を取り直しして揺れるミヨシの先頭でラインシステムを組み直す。

その作業中、船中では3キロ、2キロと型が上がってる模様。マサさんもキープサイズの本命ゲット。

焦る焦る。
そうしてようやくPEとリーダーを結び直して再投入。
するとガツガツとアタリ。
合わせると魚が乗ってドラグがジッと鳴った。デカイ!と思った次の瞬間、またPEがプツリと切れた😭
スピニングリール紅牙MXに巻いたPE0.8は今日で2回めの使用なんだけどなぁ。キズが入ってたのかもしれない。

出鼻を挫かれるとはこのこと。
またまたラインシステムを組み直す。
はなからトホホな展開。

気を取り直す。完全に朝まずめの地合いを逃した。
それでも、カツカツとしたアタリ合わせたらヒキは本命のそれ。
ようやく1尾め。
塩焼きサイズだけどホットする一枚。

その後は、、。

小さなハナダイの活性高し。
餌を付けて落として着底したらアタリが来る。でも掛けるのが難しい。
何枚かハナダイ釣ってあんまりにも小さいのはリリース。
そうしてると9時にはエビ餌ひとパックが無くなった。

それでは、と用意してたタイラバロッドにチェンジ。落として巻く、落として巻く。のタイラバゲームをしばし楽しむ。
当たらないなーとベイトリールを巻いてたらクククッとアタリが来てそのまま巻いてると魚が乗った。
釣れたのはまたハナダイでしたがタイラバでも釣果が出て少し嬉しい😊
そうして40分ほどタイラバで遊びました。

追加エサを600円で購入し、一つテンヤを再開。
この方がアタリが多くて楽しめる。

ショウサイフグが釣れる。
そのあとホウボウ。そしてベラ。
小さいハナダイと外道達に弄ばれ時間が過ぎていく。
日が昇りきった頃にはベタ凪ポカポカ陽気。気持ちのよい海。

そして11時ごろ。
ようやくまともなサイズが釣れた😊
35センチ。

アタリだけは多いのでエサの消費が早かった。沖あがり前に2パックめのエビ餌が無くなった。
最後の20分はまたタイラバ。
でも追釣は出来ませんでした。

12時沖あがり。
マダイ3(リリース1)、ハナダイ6(リリース2)、ショウサイフグ(キープ)、ホウボウ(リリース)、ベラ(リリース)
の五目釣りになりました。

マサさんもマダイにハナダイにたくさん釣ってました。

帰港後、弘漁丸名物の田舎うどんをいただく。
美味しいですよね。これ。

13時帰路に。
14時マサさんちに到着。
15時に無事帰宅。
日立久慈港は自宅から150kmあるけど渋滞がないので2時間で着きますね。
遠くて近い日立久慈。


帰宅後、道具片付けて魚の処理をしました。
ハナダイは開いて立て塩に浸けてから干す。
マダイ1は塩焼き用。マダイ2はお寿司用に捌いて嫁に預けました。

夜。

塩焼きと煮付けで冷酒。
越後長岡、久須美酒造の清泉。
真鯛の塩焼きにはやはりこれですよね。


締めは真鯛とショウサイフグの握り。

良い天気に恵まれて、そこそこの釣果があって、旨い酒に旨い飯。
こうして晩秋の長い一日が終わります。


魔法の餌木に救われる

みなさんこんにちは😃
文化の日の三連休、いかがお過ごしですか。
自分は昨日の土曜日に腰越漁港 蒼信丸さんへアオリイカ釣りに行ってきました。

漁港のゲートが開く朝5時に現地到着。
釣座は10日前に予約していた左舷オオドモ。6時過ぎに左舷8名、右舷9名が集まりました。

6時半出船。
港を出てすぐのところから釣開始です。
スタート餌木はこのところ実績のあるピンク系から。
開始早々に釣れて欲しいけど不発でした。
船は江ノ島沖に陣取り何度か流し替えをしますがアオリイカの乗りはないようです。
1時間半ほど船中釣れない時間が過ぎて船は江ノ島沖を諦め東へ。
鎌倉高校あたりの沖へ来ました。
なんだか今日は苦戦しそうです。

それではと今回は早めにエースを投入することにしました。
この餌木はこれまで何度も窮地を救ってくれた自分の宝物。

こいつにチェンジした途端。
しゃくったショートロッドがガツンと止められた。
なんとか一つめ。
8時過ぎのこと。
このアオリイカが釣れてから船の循環海水が出てきたので船中最初の一杯め。
この釣りは最初の一杯が釣れるまで精神的に辛いので一気に重圧から解放された気分です。

気分が楽になるとすぐに2つめ。

型はそれほどでもないけど嬉しい一杯。
アオリイカのアタリとヒキは最高ですね。

それから30分後に

3つめが。
先ほどアタリと書きましたが、今日はモタレとか震えとか前アタリは全くなくしゃくったら乗った、と言う三杯。
全てゴールド系のエース餌木での釣果です。

そのままその餌木で釣り続けてもいいのですが気分的に余裕が出来たので餌木ローテーションをすることに。
青系、グリーン系、ピンク系、ブラウン系。
しかし!その後まったく釣れず。

船は西に移動。
江ノ島を越えて烏帽子岩方面へ。
その頃には雲は薄く晴れの天気に。

いかにも釣れそうなポイントですが。
アオリイカ釣り特有のストイックな展開に。

右舷のオオドモさんが2杯目。
右舷の胴の間で一つ目。
船長のタモ取りの様子を見てるとそれだけだったかな。

12時を過ぎて餌木ローテーションをやめてエース再投入。もう沖あがりまでこれで行こうと。

でももう精神的に集中力が続きませんでした。
13時半、沖あがり。
結果朝のうちに釣れた3杯で終了。
苦しい展開でしたので型が見れてそれだけで満足です。

14時帰港。
16時半帰宅。
道具片付けてクーラーボックス洗って風呂に入る。
18時にラグビーワールドカップ決勝。
ソファーで横になって観戦してたらハーフタイムには。

お刺身と天ぷらが出来てました^_^
ありがとう。
秋のアオリイカはしみじみ旨いですねー。

結局今日もこの魔法の餌木に救われました。
この餌木に感謝。
予備も持っていますがロストしないように大事に使っていきたいと思います。




午前鯵午後墨烏賊

みなさんこんにちは😃
まずはじめに台風19号で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

心配していた台風21号が東に外れたので、昨日の土曜日は予定通り釣りに行くことができました。

釣り物は金沢八景弁天屋さんの午前鯵と午後墨烏賊。
マサさんと6時に現地待ち合わせをしました。
釣り座は右舷ミヨシから二つを取って自分が前に入りました。
7時15分出船。
天気は晴天、海は凪。
これは良い釣りができると思ってました。

八景島からポイントを目指す船。全速航行です。
すると、船が切り裂いた波が船縁外に出していたコマセバケツを直撃。
あっと言う間にすっ飛んで行きました。
コマセバケツには道糸に繋いだ天秤とビシが入っていたのでタックル一式が追いかけるようにサヨウナラ。

瞬間何が起こったのかわからずボー然。

ロッドは最近買ったアブガルシアのライト五目竿。リールは20年前から愛用していたバイオクラフト401Fでした。

まずは落ち着くこと。
ポイントに着いてから船長にコマセの予備と貸し竿をもらって釣りをすることに。

ようやく仕掛けを落としてコマセワークに入ろうとしたらスカッと天秤が抜けた。
上げてみると貸竿に付いてたスナップサルカンが腐食していて折れてました😨

また、天秤を付け替えて釣り再開。
隣のマサさんは良いペースで釣ってます。
自分にもなんとかアタリがありポツポツと釣れてきました。

でも、次はPEの高切れ。
この貸竿、ラインも劣化している模様。
それでも仕方なく仕掛けを作り直して釣りを再開します。
いいアタリがあって重い手応えを感じながら巻いているとスカッとバレた。
今度はハリス切れ。
なんだかまともに釣りができないバタバタとした展開に。

それでも10時を過ぎた頃から喰いが立ち始め数が伸びていきました。

10時50分午前の部沖あがり。

おかげさまでまずまずの型の真鯵が20尾釣れました。

そして一旦帰港。

宿で昼食を取って午後は墨烏賊釣りです。
実はこの墨烏賊釣りが本日のメインで、午後船だけではもったいないと午前の鯵に乗ったのでした。

12時30分、2度目の出船。

中の瀬で墨烏賊釣りを開始します。
間も無くマサさんにヒット。
でも、自分にはイカの触りがなく。
餌木で釣る墨烏賊は得意科目のつもりでしたが。

マメな棚取りをして、餌木もローテーションして、なんとか一つだけでも、と頑張りましたがボウスのまま16時10分に沖あがり。
ちょっとショック大きいです。

午前はタックル一式海の藻屑になるし午後はボウス。散々な一日でした。

帰路。湾岸線からC2に入ると大橋から高井戸までずーと渋滞。
金沢八景から自宅までたかが70キロなのに3時間も掛かってなんとか8時に帰宅。

疲れた身体に鞭打って真鯵を捌きました。

よせばいいのにビールに冷酒。
寝不足に酒、疲れ。
ヘロヘロでベッドに入りました。

開けて日曜日。
日課の朝ランを5キロ。
そのあと愛車の手洗い洗車。
残りの鯵を開きに捌いて干す。
午前中があっという間に過ぎました。

先ほど、東久留米のビックベリーに行ってきました。
亡くした竿の替わりに、ダイワの銘竿LEADING XA64を格安にゲットしてきました。これでまたライトタックル釣りに行けます。

来週は今シーズン初のアオリイカの予定。
ボウスは嫌だ、なんとか一つ釣りたいものです。

カンネコ根でアカムツ釣り

みなさんこんにちは😃
敬老の日三連休、いかがお過ごしでしょうか。
自分は釣り仲間のハリさんにアレンジしてもらって鹿島港 清栄丸さんからアカムツ釣りに行ってきました。

朝1時20分に自宅を出発。途中に甥っ子のホッシーをピックアップして集合時刻4時少し前に船宿到着。
ハリさんにご挨拶して受付。この日は我々3名を含めて5名の釣り客でした。

港は風がけっこう吹いていたので、「沖はさぞかし風が強いだろう」と予想していました。
4時30分出船。

1時間と少し走ってアカムツの釣り場で有名なカンネコ根に到着しました。
現地は心配していた風はそれほどでもないですが、ウネリがけっこう入ってました。

6時少し前に釣り開始。
餌は船宿支給のホタルイカとハリさんが準備してくれたサバの短冊。
このサバ餌がとてもよかった。ハリさん本当にありがとうございました。

このエサを同付き二本針に着けて120号オモリを投入。水深は110mくらい。
着底後オモリを底スレスレでアタリを待ちます。
しばらくするとハリさんが早々に本命ゲット。アカムツは本当にここに居るんだと再確認。
自分にも来い!と気合を入れていると竿先にゴツゴツとした明確なアタリ。
合わせを入れると確かな重みが乗ってレオブリッツ300Jのスイッチオン。
巻き上げ途中に何度もロッドを叩く引き。
最初の魚なので上がってくるまで何の魚かわからないけのでドキドキしながら巻き上げる。
すると、

キターーー😆
32センチの良型アカムツ❗️
2年ぶりに顔を拝めました。

幸先よく本命が釣れてホッとしたんだけど、あれ?なんだか・・・
「オレ、酔ってる🥵」

ウネリのリズムがこの日の体調に合わずなんと船酔い。
せっかく本命釣れたのに。
気持ち悪さをこらえながら釣りしていると、

2尾めゲット❗️
これもなかなかの良型。
船酔いしながら7時前に2尾ゲット。

でもこの後が辛かった。
仕掛けが絡んだりエサ付けの時が気持ち悪くて休み休みの釣り。
アタリも少なく修行のような展開に。

時間は過ぎていきハリさんは調子よく4尾め。
自分は外道のサバを釣っただけ。
ホッシーはなかなか本命が釣れず大苦戦。

そして11時半に沖あがり。
なぜだかこの頃には船酔いが収まってた笑。

結果、
ハリさん4尾。
自分、朝方の2尾。
ホッシーはゼロ。
これは自分の1尾をホッシーに、と思ってたら優しいハリさんが1尾をホッシーに分けてくれました。
ハリさん、本当にありがとう😊
なんていい人なんだ。感謝感謝です。

12時半に寄港。
女将さんのカレーをいただいて帰路へ。
帰りはスムーズに行って15時過ぎに帰宅できました。

さて、料理をとも思いましたが夜中1時起きと船酔いのダメージが大きく、高級魚アカムツを食べるには体調が悪過ぎ。
日曜日の今日に嫁に万全の料理をしてもらうことにしました。

長い一日になりました。

本命の顔が見れたら御の字のアカムツ釣り。船酔いと戦いながらのキツイ釣りでしたが存分に楽しめました。

ハリさん、ありがとうございました🙇🏻‍♂️

真夏のライトタックルアジ

みなさんこんにちは😃
お盆休みいかがお過ごしでしょうか。
自分は昨日の日曜日、金沢八景の弁天屋さんからライトタックル午前アジに行ってきました。
このブログの過去記事を見ると、去年も8月13日に同じ船、同じ釣り物に乗ってますね笑
さて、今年はどうなるでしょうか。

午前6時に船宿に到着すると午前鯵の船は右舷ミヨシが空いてました。昨年と同じ釣り座でしたね。
電車組の釣り客が到着すると船は満員御礼。このところの釣果はよくないのにさすがの夏休みですね。

7時20分に出船。
八景を出てポイントは中の瀬の30mダチから。

「反応あんまりないけどやってみましょうか」との頼りない船長のアナウンスで釣り開始。
30号のビシにイワシミンチを詰めて投入。エサは先針、枝針とも赤タン。
底から2mの棚をキープするようにコマセを巻きながら誘いを入れる。

沈黙。

やはり釣れない。

「潮が流れてないねー」と船長のアナウンス。
このところの釣果は一昨日が0-7
昨日が0-12
今日もダメなんだろうな、と悪い予感。

アタリが無いのでエサを変えてみた。
先針にイソメ。

すると最初のアタリ。
なんとか真鯵の顔見た。

なんだか今日はコマセワークの後にじっくり待ったほうがいいみたい。
吸い込むようなアタリに合わせると強い引き。型のよいのも釣れてきました。

その後、ポツリポツリ。
コマセで釣るのではなく付餌のイソメをじっくり喰わせる感覚。

数は伸びないけど型がよくて引きが楽しい。

10時少し前にポイント移動。
八景島付近の浅場16mほど。
しかしここでは一尾も釣れなかった。
この流し替え、意味あったのかな❓
と疑問に感じながら10時45分沖あがり。

午前船はこのサクッと感がとても好きです。

結果、13尾。まずまずでしょう😁

イソメ餌で続けたのが好相したのかと思います。それにバラシが一回もなかったし混んでる割にはオマツリも無く暑かったけど気持ちよく釣りできました。

帰港後、帰りは幸浦→湾岸線→C2→新宿線→高井戸経由で帰宅。夏休みなのに渋滞まったくなくて13時前に帰宅。

釣れた真鯵の最大は32センチありました。

道具片付けてクーラーボックス洗って銭湯♨️へ。
灼熱の中、釣りしてたので銭湯の水風呂が気持ち良かった〜
火照ったカラダをクールダウン。

午後はまったり昼寝。
夕方から真鯵を捌き。

真鯵のお造りと握りで晩餐。

東京湾の真鯵はマジ旨い😋
冷酒を呑んでほろ酔い。
そして阪神タイガースは今夜も逆転勝ち。
よい夜を過ごすことができました。



おやすみ〜😴



翌朝早くに目が覚めて船宿のHP確認したらこの日の午前鯵船の釣果は1-13。
なんと竿頭でしたよ〜😁
めでたしめでたし。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>