毎日釣りのことばかり・・

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

みどりの日のライトタックル鯵

我が街の隣駅に遊飯家酒舞(ゆうはんや さぶ)という釣り魚の美味しいお店があって、そこのご主人に「5月4日に黒一丸で午前鯵を仕立てるのでいかがですか?」とお誘いを受け参加させていただくことにしました。

元からゴールデンウィーク後半に金沢八景へ鯵釣りに行こうと思ってたので好都合でした。

黒一丸さんで鯵釣りするのは初めてなので少し心配ではありましたが。

集合時刻の6時少し前に金沢漁港に到着しました。

船でみなさんを待っていると6時20分ごろみなさんが集まってきて自分の釣座は左舷オオドモの隣。右舷7名、左舷8名の15名を乗せて予定より少し前の6時50分に出船です。

いつも行く弁天屋さんとちがうのが、黒一丸で配られるエサはイソメのみで赤タンはありませんでした。


15分ほどでポイント到着。

船宿で借りたアジビシにイワシミンチを入れて二本針に短く切ったイソメを付けた仕掛けを投入。

着底後コマセを出しながら棚2mに合わせて待ちます。

でもアタリなし。仕掛けを上げてみると赤クラゲが絡み付いてます。

クラゲが仕掛けに付くと鯵は釣れない。

釣り開始後はしばらく赤クラゲとの戦いでした。

当然、鯵は釣れず。


何度か流し替えがありクラゲのいないポイントに移動しましたがしばらくアタリなく「鯵ってこんなに難しかったっけ」との声も船内で聞こえてきました。


ここはアジビシと天秤を変えてみよう。

と思い立ち、船宿で借りたアジビシと天秤を自前のものに。

写真左が自前のもので右が船宿のもの。

ビシの大きさと網目が違いますね。天秤も真鯛用のような大きなものだったので自前の20センチの短めにしました。


この変更が功を奏したのか8時20分ごろようやく最初のアタリ。

1時間半ほど何も釣れなかったので最初の1尾で気分がホッとしました。

その後、ポツポツ釣れますが型が小さい。


10時ごろようやくつ抜け。

まあ、10も釣れれば良いとするか、と思ってたら10時を過ぎたら喰いが立ってきてイレグイに。

やっと中羽サイズも混じってくれました。

時にはダブルで釣れる時もあって嬉しい。

でもイソメエサは喰いはいいけど餌付けの手返しが遅くなるんですよね。

そこで、

赤いエサ玉が付いた仕掛けに変更。

こんなので釣れるのかな❓とも思いましたが鯵の喰いはよいのでエサ玉でも問題なく釣れました。


こうして調子良く釣れてきたのに残念、10時45分で沖あがりの時刻に。

結果、真鯵24尾、真鯖1尾をキープ。

同船の皆さんも釣れてたお土産確保の様子です。

海況も好天の凪で申し分なく今回も釣果はまずまずで楽しめました。酒舞のご主人、お誘いありがとうございました。


帰港後、会計を済ませて帰路へ。湾岸もC2も空いていて13時には帰宅できました。


そこから休憩入れずに魚の処理。

真鯖は〆さばに。

真鯵は一番大きいのをお造りに、

小鯵は三枚におろして寿司ダネに。

(小骨を抜くのが大変でした)

12尾で24貫の握りができました。


11尾は開き干しにしました。


晩餐は、


〆張鶴と真鯵を堪能。

鯵も美味かったが冷酒と玉子焼きが相性抜群。

家呑みですが寿司屋で呑んでる気分になりましたよ。


こうして充実したみどりの日になりました。

酒舞のご主人、同船の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。



春のひとつテンヤマダイ

みなさんこんにちは。

コロナ禍のゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

自分はごめんなさい、緊急事態宣言下ではありますが昨日日立久慈港の弘漁丸さんへひとつテンヤマダイに行ってきました。

朝3時15分にマサさんの家で待ち合わせ。彼のベゼルに乗って日立久慈まで。4時半に現地着。

予報が良いからか釣り客は26人ほど集まってました。

受付を済ませていつもの花札を使った釣座の抽選。マサさんは弘漁丸の釣座のくじ運が悪いらしく自分が花札を引きましたら。

すると松の花札。つまり1番くじです。

釣座は大さん弘漁丸の右舷オオドモから二つを取って自分がオオドモに入れて貰いました。


5時20分ごろ出船。

朝方は冷えるものの海は穏やかで波静か、風そよそよ。

最初の釣り場は近く港を出て20分ほどの場所でした。


水深は35mくらい。

8号のテンヤにエビエサを装着して投入。

底立ちをとってアタリを待つ。


魚の活性が高ければすぐにアタリが来ますがこの日はアタリが遠い。

3回ほど流し替えがあってようやく最初のアタリ。

合わせると魚が乗ってなかなかの引き。

手応えは本命真鯛ぽいですが、

ファーストフィッシュはハナダイでした。

塩焼きにはちょうど良いサイズなので桶にキープ。


その後、配られたエビエサのサイズが小さい物が多いので作戦を変更してハヤブサの遊動テンヤにエビを2匹付けることに。

これが良かったのか次に釣れたのは本命真鯛。

これも塩焼きサイズですが真鯛の引きはやっぱりよいですね。


次のアタリに合わせたら「根掛かり?」と思わせるような重み。重いながらも少しずつラインは巻き取れるので重い物が少しずつ上がってきた。

サメかエイかと思ってたら、

やっぱりエイでした。残念。


時間は過ぎていき10時ごろ。

流し替えがあってスタートのブザーとともに遊動テンヤを入れると着底と同時にアタリ。

すかさず合わせるとしっかりとした魚の手応え。

ドラグは出るし三段引きもするのでこれはキロアップ?と期待しました。

隣のマサさんにタモ取りしてもらって。

割とよいサイズの本命が釣れてくれました。

てもこれでも33センチ、540g。キロアップは遠いですね。


その後もアタリは遠く、エサは最初の1パックがまだ残ってます。

昨年の秋に来た時は3パック使ったのになぁ。


こうしてエサがなくなることもなく11時15分沖あがり。


本命真鯛2尾、ハナダイ1尾。

外道にサバ、エイ、ベラ、ガンゾウヒラメでした。


帰港後、お弁当と白魚のお土産を貰って帰路に。

東海SAでお弁当食べて13時半にマサさんち、14時半に帰宅できました。


この日の夕飯は、


真鯛、花鯛の塩焼きと白魚を肴に越乃景虎。

疲れたカラダに冷酒が染みました。


外出自粛してなくて申し訳ない気持ちはありますが、よい海で釣りができて釣果にも恵まれたのでよい一日になりました。


みなさんもこのゴールデンウィーク、釣りに行かない人、釣りに行く人、個人の判断はそれぞれかと思いますがストレスを溜めずにお休みを楽しんでください。


今回もツイッターで応援やイイネをくれた方々、ありがとうございました。

ゼロとイチとは大違い

みなさんこんにちは。

桜の季節も終わり新緑が綺麗なこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

自分は昨日の土曜日に釣友のマサさんと腰越漁港の蒼信丸さんへアオリイカ釣りに行ってきました。


10日前の受付開始直後に電話を入れたので予約した釣り座は右舷ミヨシの前から二つ。

中オモリ式のアオリイカは久しぶりのマサさんにミヨシ1番をお譲りして自分は2番目に入りました。

このところのアオリイカの釣果はイマイチの様ですが定員の14名を乗せて6時15分ごろ出船。


最初のポイントは腰越を出てすぐの江ノ島沖。

空は曇天で潮色も暗くいかにもイカが釣れそうな雰囲気なのでいつものピンク系の餌木からスタートしました。

海況は波はないですが冷たい北風が強くてとにかく寒い。

空が暗いうちにひとつ釣りたいところですがイカが釣れる雰囲気はなくモーニングサービスは不発。餌木をオレンジ系に替えてしゃくり続けるもなかなかうまくいきません。

おまけにフィッシングウエアは春用、グローブも忘れてきたのでとにかく寒い。釣果も寒くて震えながら釣りを続けました。


8時になりまだ船中ゼロ。

それではと3週間前にアオリイカが釣れた魔法の餌木を投入。ですがこの餌木で1時間粘ってみたものの不発。そうそう何度も魔法に頼ってはいけないようです。

そんな9時ごろ左舷ミヨシの方のロングロッドが曲がって船中最初の一杯。ようやく船の循環水が出てきました。アオリイカは確かに居るようです。


船は江ノ島沖から烏帽子岩を過ぎて西へ。

平塚沖の黄色い観測灯付近へ。

そして10時少し前に右舷胴の間の方のロングロッドが曲がる。自分の2つ隣の方。

「あー、いいなぁ、羨ましいなぁ」と思いながらしゃくっていると自分のショートロッドがガツンと止められた。


キター!


イカの重量感を楽しみながら慎重に巻き取り中乗りさんがタモ取りしてくれて、


渋い中、痺れる一杯。

なんとか顔だけは見れて気分がすーっと軽くなる。この開放感に似た気分になれるのがこの釣りの醍醐味ですよね。


ヒット餌木は半年前に東久留米のビックベリーで購入した中古のAT33グリーンでした。

このクラシカルな餌木が頼りになります。


その後、船はさらに西へ。大磯沖。

自分は釣れたからよいもののミヨシに入ったマサさんにも釣ってもらいたい。

彼はアオリイカ釣りはティップラン派で中オモリ式は四年ぶりらしい。


船中中弛みしてる11時ごろ、その後マサさんのショートロッドが曲がった。

横で見てるとなかなかの引き。

上がってきたのは、

キロアップの良型。

マサさんさすがです!

ヒット餌木はこれもクラシカルなK11ブルー。

潮が澄んでるのでやはりブルー系が良いみたいです。

このアオリイカが船中5杯目かな。

その後、船は国府津沖まで行ってあちこちで探りますがノーヒット。

船長も沖あがりの定刻を過ぎるまで粘ったようですが13時45分に終了。


結果、0-1、船中5杯。

つまり14名乗ってて5名しか型を見てない。

幸いにして自分もマサさんもこの5名の中に入れたなんてとてもラッキーです。



たった一つだけの釣果ですが、このひとつのアオリイカがとても大切です。

「ゼロとイチとは大違い」

今日アオリイカを釣りに来てよかった、と満足感に浸れました。


14時半に帰港。

帰路途中に遅い昼食を摂って17時過ぎに帰宅。


アオリイカは寝かせた方が美味しいですが、土曜日夜の肴がなかったので釣りたてを捌きました。

検量すると600g。


透明なアオリイカの刺身を食べるのは久しぶりですが、やっぱりアオリイカは釣ったその日に食べてはいけませんね。天ぷらも食感はいいのですが旨味がぜんぜん違いました。

600gでも半身はラップに包んで冷蔵庫に入れたので四日後あたりに食べてみたいと思います。


こうして長い一日が過ぎました。

先ほども書きましたがひとつでも釣果に恵まれ満足な釣りでした。

ツイッターで応援してくれた方々、ありがとうございました。

このところイカばかり釣ってるので次回は魚釣りに行きたいと思います。




お久しぶり!小菅トラウトガーデン

みなさんこんにちは。

桜が早々に咲き始め春爛漫なこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

自分は本日はリフレッシュ休暇をいただいて久しぶりに小菅村の小菅トラウトガーデンさんへ行ってきました。


というのも、先月久しぶりのエリアトラウトをフィッシュオン王禅寺でトライして、隣でボトム釣りされてる方の釣れっぷりを目の当たりにして自分も10年ぶりにボトム釣り再開してみようと思い立ったからでした。

そこで、ビックベリー東久留米でアルテグラアドバンス1000Sのリールとキャスティング東久留米で安物のトラウトロッドとPEラインを調達しタックルを完成させ。 

ヤフオクでアイビーラインのペンタ1.7g×9を落札して準備万端。

小菅トラウトガーデンは一日券、午前券、午後券、2時間券とあるのだけど7時オープンに間に合わせるには5時に自宅を出ることになり、せっかくの平日休みなんだから寝坊したいな、と遅めの8時に出発。

青梅街道をひたすら東へ上り2時間かけて小菅村へ。


10時過ぎに小菅トラウトガーデンに到着すると駐車場は満車。平日だと言うのに現地は満員でした。

それでも日があたる谷側のスペースに入り釣り開始。

クリアな小菅のポンドは林側が日陰になり谷側が日向になり魚は日陰に寄っている。

谷側からは日陰のエリアにルアーをキャストして探ることに。


釣り方はボトム釣り。

ペンタをキャストして糸ふけを取って着底を待つ。

着底後リールハンドルを半回転させながら巻いてくる。いわゆるデジ巻き、と言うやつ。

10年前にこの釣り場でこの釣り方で午前5時間で30とか40とか釣れてたから一度飽きちゃってやめてたやつ。


久しぶりの感覚だけど。

小さいのが難なく釣れる。


久しぶりに来た小菅トラウトガーデンは甲斐サーモンという大型のトラウトが入ってて赤身で刺身で食べられて旨いとか。

是非その甲斐サーモンを釣ってみたいのだけど。



釣れるトラウトはヒレピンで綺麗だけど型はイマイチ。

ブラウントラウトも釣れて楽しませてくれるけどバラしも多い。


思ったよりもペースは上がらず苦戦。




2時間なんてあっという間。

結果8尾で終了!

準備してた指にはめるカウンターもあまり役に立たなかったね。

目当ての甲斐サーモンも不発でした。


それでも天気は良かったし、元気な魚に遊んでもらったので久しぶりの小菅を楽しませてもらいました。


次に来る時は早起きして午前5時間頑張ってみようかな。

次回に向け今回は良いリハビリになったようです。お疲れさまでした。


魔法の餌木に救われる(Part2)

今から4日前の水曜日のこと。

週末の春分の日には鯵釣りでも行こうかと天気予報を眺めてた。

すると土曜日の江ノ島沖の予報は凪の小雨。

これは鯵よりアオリイカではないかあ、と思い立ち腰越漁港の蒼信丸へ電話を入れました。

蒼信丸の予約システムは出船日の10日前からの受付なので、もう胴の間くらいしか空いてないかと思ってたらなんと左舷のオオドモが取れました。


これは昨年秋の爆釣の再現?

ワクワクしながら週末を待ち、昨日の春分の日に行ってきました。

この数日の間で予報が変わり、釣り当日は雨は降っておらず曇り。

でも曇天なら、と期待してました。


集まった釣り客は左右に7名ずつの14名。

貸し竿、貸しライフジャケットの初心者らしきグループがちらほら。

自分は左舷オオドモに入りました。

右隣のお兄さんが人懐っこい方でいろいろと話しかけてくるので出船まで退屈しないですみました。

準備万端で6時15分出船。

船は腰越漁港を出ると東へ向かい最初のポイントは葉山沖の15mダチ。

潮色が少し濁ってるので餌木は定番のマーブルサクラダイからスタートしました。


30分経過。

船中沈黙。そして左舷ミヨシ側の方が最初の一杯を取り込む。自分のマーブルサクラダイには無反応。

では、マーブルオレンジに変更。この餌木でまた30分。

その頃に右舷で歓声が。

どうも右舷オオドモにいた初挑戦貸し竿の女の子が大型アオリイカを取った様子。

右舷が活気ずくけど左舷は沈黙。


ピンクでダメ、オレンジでダメ。8時を過ぎてノーヒット。

それでは今日は早めに魔法の餌木を投入するかと。

使えば必ず釣れるという黄金の餌木投入。


これに替えて8秒に一回のシャクリを入れていると。

ショートロッドの竿先にティップランの様なアタリが出た!すかさず合わせるとイカの乗り!

キター!


心地よいアオリイカの引き。

慎重に巻き上げて、

やったー、型見たー。

やっぱり魔法の餌木だった。


アオリイカ釣りはボウスリスクが高いので一つでも取れれば気分がすーと軽くなる。

まさに救われた気分。

型は小さいけど今日アオリイカ釣りに来てよかった、と思わせてくれます。


その後、アオリイカの乗りは遠く。

10時頃、葉山沖から西へ移動。鎌倉沖30mダチへ。

その頃には薄日が刺してきた。

潮色も澄んできてベタ凪。

では、

プルー系の餌木にチェンジ。

すると間も無くシャクッたロッドにイカの乗りが!

キタ!と思って巻き上げでくると。

なんと大きなマルイカが。

タモ取りしてくれた中乗りさんはアカイカと言ってた。

どうも、大きなマルイカ=弁慶=アカイカ=ケンサキイカのようです。

このサイズのマルイカがマルイカ釣りで乗ってきたら面白いでしょうね。

今回はアオリイカ釣りなので少々ガッカリ感がありますが美味しそうなので嬉しい外道です。

写真を撮り、「大きなマルイカが釣れたー」とツイートしてプルーの餌木を再投入したらすぐにまた乗り!

びっくり!また弁慶マルイカが釣れました。


本命ではないけどイカの重量感を味わえたので楽しめてます。

右隣のお兄さんが羨ましそうにしてました。


その後は静かな船内。

昼頃にはさらに西に移動して江ノ島沖へ。

ベタ凪。

釣れる雰囲気ない。

それではと、黄金の魔法の餌木を再投入。

指示棚30mでシャクッてると、ガシッとロッドが止められた!

「すわ!大型アオリ?」と一瞬思ったけど残念根掛かり。

うわぁ、魔法の餌木をロストしちゃう。ラインを張ったり緩めたりして根掛かりを外そうと試みたけどなかなか外れず。諦めてラインを手に取って引っ張るとプツンとした手応え。

ああ、リーダーが切れた、と思って回収してみるとなんと餌木が残ってた。

よかったロストしなくて済んだ。

もうこうなると黄金の餌木は怖くて使えない。

二軍の餌木のローテーションにしましたがイカの追加なく。

13時半沖あがり。




結果、本命アオリイカ1杯+弁慶マルイカ2杯。

船中アオリイカが0-2で計9杯。2杯の方が3名とのことなので14名中6名しか本命を取れなかったみたい。

こうして曇天爆乗りを期待したアオリイカは渋い展開で終わってしまったけどなんとかひとつでも型見れたし美味しそうな外道もあったので満足してます。楽しめました。


14時帰港。すぐに帰路へ。

お彼岸渋滞で16時半帰宅。

帰宅後釣果を検量したら、アオリイカは420g、弁慶マルイカは450gと410gでした。


アオリイカは冷蔵庫に寝かせ、マルイカ1杯は冷凍庫へ。

マルイカ1杯を嫁に料理してもらいました。


お刺身と中華炒め。

マルイカは甘くて美味しいですね。

ビールと冷酒を堪能できました。

こうして春分の日の休日が過ぎました。


今回もツイッターでの爆釣祈願、応援、たくさんのイイネ!くれた方々、ありがとうございました。



早春のスルメイカ

みなさんこんにちは。

三月になって暖かい日と寒い日が繰り返す日々、いかがお過ごしでしょうか。

自分は昨日の土曜日にスルメイカ釣りに行ってきました。


早朝自宅を出るときは雨は降っていませんでしたが5時半ごろ長井漆山漁港のすえじ丸さんに着くと小雨がぱらついてました。

曇天はイカ日和だからでしょうか、釣り客は多く14名。自分の釣座は右舷胴の間でした。


このところはヤリイカよりもスルメイカが優勢のようなので仕掛けは自作した14センチブランコ6本。


6時50分出船。

その頃は雨があがりどんよりとした空。

船は長井から南下し城ヶ島を過ぎて洲崎沖へ。

現地はイカ釣りの船が集まってました。


沖は風強く波っ気もあって軽めのシケ。

釣りをするには問題ないですが。


さて、第一投。

水深は150mくらい。

何度か空振りを繰り返して流し替えがあったあと、オモリが着底して糸ふけを取ってシャクリを入れたらズン!とイカが乗りました。

慎重に巻き上げて最初の一杯。

期待通り型のよいスルメイカの顔が見れました。

その頃はアメは降ってなかったので早速イカは開いて干しました。


こうして幸先よくイカは釣れたのですが、イカの移動が早いのか流し替えが頻繁。

「上げてください」の合図で仕掛けを回収しようとすると明らかに自分の電動リールの巻き上げ速度が遅い。リールの性能なのかバッテリーの問題なのか。


だから、仕掛け投入、着底、誘い。ノリがなかったら巻き落とし一回。それでもダメなら船長の合図を待たずに仕掛けを回収することに。


そんな風に気を使いながら釣りをしていると仕掛け着底前にラインが緩んだ。

合わせるとずっしりとした手応え。

フォールで乗ってきたスルメイカのダブル。


その後は、

ヤリイカのダブル。


これは調子いいよ、と思ってたらイカ釣りは甘くないですね。

乗らない流しもあるし、イカが乗っても取り込みまでなかなか上がってこない。

オマツリでバレたり、巻き上げ途中で重みが抜けたり。


そんなこんなでポツポツと釣りをして11時ごろまでスルメイカ7枚。

曇天でイカの乾きは遅くおまけに昼頃には霧雨が降ってきた。


昼過ぎには電動リールのトラブル。

何故か電動巻き上げができなくなった。電源は入っているのに。

200m 120号オモリを手巻きで回収。

回収したら電動リールが正常動作。なんなんだろ。


そうしてだましだまし電動を使うことに。

なんだか疲れる釣りになってしまいました。


その後スルメの顔を三つ見て14時沖あがり。

結果、本命スルメイカはなんとかつ抜けて10杯。

ヤリイカ2杯で計12杯。

船中は8-24とのことなのでスソではなかったし竿頭の半分だからまあいいでしょう。

スルメイカのずっしりとした手応えも感じられたので釣りとしては楽しめました。


沖から港に帰る1時間ほど、ようやく薄日が刺してきて沖干しも少しはそれらしくなりました。


帰港後、すえじ丸さん特製の味玉と乾燥ワカメをもらい「この宿サービスいいよなぁ」と思ってたら干したイカを一枚ずつラップで包んでくれるサービスまであるんですね。

素晴らしいです。


15時半ごろ帰路へ。横須賀PAで遅い昼食を摂って横横→湾岸→C2のコースで帰ったら永福町事故渋滞で参りました。


帰宅できたのは18時半。

それから道具片付けてお風呂に入ってたらヤリイカが刺身になってました。

沖干しは3枚を塩辛に仕込んで3枚を冷凍保存。


この夜は一枚だけ焼いて食べました。

乾きの悪い沖干しですが充分に旨かったです。


旨い肴にお酒がすすみ疲れがどっと出て長い一日が終わりました。

巻き上げ速度の遅い電動リールのことは気になりますが、釣果もあったのでよい日になりました。


ツイッターで爆釣祈願していただいた方、応援してくれた方、ありがとうございました。



久しぶりのエリアトラウト

みなさんこんにちは。
今日は天皇誕生日。火曜日の祝日ってなかなかいいですね。
天気予報も良かったので久しぶりにエリアトラウトに行ってきました。
前日、朝早く開場と同時に釣りをしようか迷ったんですが、今朝は少し寝坊して7時に起床。朝飯前に5キロのランニングを済ませてから朝食。
9時過ぎに自宅を出ました。

フィッシュオン王禅寺には10時少し前に到着。
やはりイチロー池は激混みでした。
それでも奥のポイントに場所を確保。
天気は良いですが風が強いです。
左から右へと吹く横風。
スプーンをキャストすると右に流されます。

それでも数投すると早々にファーストトラウトが顔を見せてくれました。
王禅寺にしてはまずまずのサイズ。
ヒットスプーンはMIU2.2gでした。

このスプーンがアタリ!
そのあとポツポツと釣れてくれました。

一尾写真を撮り忘れましたが調子よく4尾。
フックを交換しました。

するとそこから釣れなくなった。

スプーンをチェンジしていろいろ試しますがダメ。
途端に釣れなくなるとホントに釣れない。
時間がどんどん過ぎていき2時間経過。
ハナの4尾から釣れない。

もうしょうがないからボトムやってみようと、トラウティズモのMB1をフロントフックにしてボトムを探る。
なんとかこの作戦で1尾釣れました。
でもタックルはボトム用では無いしコレまた後が続かない。

残り30分。
また通常のスプーン、MIU2.8gにチェンジ。
キャスト後レンジを深めに取って巻いてくるとようやくヒット!
これが最後の魚でした。

いやぁ、久しぶりのエリアトラウト。やっぱり難しいですね。
でも好天で3時間楽しめました。

この釣りは体力的にも楽チンなのでこれから歳をとると共に良い趣味になるような気がします。
昔のように毎週通う、って訳にはいきませんがまた再開するみようかと思っています。

凪の相模湾でヤリイカ

みなさんこんにちは。
立春が過ぎ春一番が吹いてだんだんと春めいてきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
自分は昨日長井漆山漁港のすえじ丸さんへヤリイカ釣りに行ってきました。

同行はひでちゃん。
彼を途中でピックアップして5時過ぎに現地到着。
釣座を右舷のミヨシから二つ取りました。


夜が明けた6時45分ごろ出船。
最初のポイントは城ヶ島の西沖で水深180mほどのところ。

自作の11センチ6本仕掛けに120号オモリを付けて投入。
第一投目、着底後底を切って聞き合わせると幸先良くイカが乗りました。
巻き上げてくると途中までイカの重みを感じましたが、ガクガクと竿先が揺れて重みはオモリのそれだけになってしまいました。
どうもハモノに取られたらしい。

この釣りはイカを乗せるのも難しいですが、きちんと取り込むのも難しいですね。

こうして最初の乗りをバラしましたがその後間も無くまた乗り。
今度は慎重に慎重に巻き上げてきてなんとかヤリイカの顔を見れました。

ひでちゃんにも1杯目。
こうしてひとつ釣れると気分は楽になりますね。

その後、仕掛けを巻き落としすると乗り。
今度ば重量感あるな、と思ってたらダブルでした。

その後、1杯を追加して10時までに4杯。
まぁ、ポツリポツリですかこのペースならいいか、と思ってました。

その後、明確なイカのアタリがあって乗せて巻き上げてきたらオマツリ。
敢えなくバレました。
そのイカの感触が最後でした。

11時ごろから沖あがりの14時まで3時間、イカのお触りを感じることなく時間が過ぎていきました。
ただただ120号オモリの重さだけが切ない。




結果、4杯で終了。
ひでちゃんは5杯。
船中0-8でしたので厳しい日だったのでしょう。

海は凪で春の日差しが注ぎポカポカ陽気の気持ちのよい海でしたがイカの釣れなさぶりに痺れる7時間でした。

14時半帰港。
すえじ丸さん名物の味付け玉子と乾燥ワカメをいただいて帰路へ。
17時過ぎに帰宅できました。

4杯の釣果は寂しいですが、晩ごはんのオカズにするには2杯もあれば充分ですね。


1杯を天ぷらに。

1杯をお刺身にしてビールと冷酒を堪能できました。

こうして一日が過ぎました。
出来ればもう少しイカが欲しかったけれど気持ちのよい海で仲間と釣りができただけでもヨシとします。


ライトアジでリハビリ釣行

みなさんこんにちは。
今日は釣行報告の前にお伝えすることが。
先月自分は新型コロナウィルスに感染してしまいました。
1月18日に発熱。その日の夕方PCR検査。
翌日陽性判定。
症状は発熱と倦怠感。5日間ほど症状が続きましたが悪化することはなく23日には回復。
保健所の指導で29日に職場復帰しました。

後遺症は幸に無いのですが長い時間をベットの上で過ごしたので腰をやられました。今でも腰痛が残ってます。

そんなこんなでコロナから社会復帰はできたのですが、釣りも復帰しようと昨日行ってきました。

釣り物は金沢八景弁天屋さんから午前アジ。
腰痛持ちのリハビリ釣行としては軽めの釣りがよいでしょう。
6時ごろ現地到着すると、右舷のオオドモがまだ空いていてそこに釣座を構えました。

7時15分出船。



ポイントは30分ほど走った南本牧でした。

30号のコマセビシにイワシミンチを入れて投入。
仕掛けは二本針で先糸にイソメ、エダスに赤タンを付けました。
一投目、ニ投目はアタリなくコマセの入れ替えをして三投目に小気味良いアタリ。
割と早い時間に顔を見れました。

そこからポツポツとアタリが続きリハビリ釣行にはうってつけの展開に。
釣れる鯵は25〜28センチの中羽サイズで金色に輝いてます。

ライトアジはアタリがあると楽しいですね。
引きもまずまずだし飽きずに釣りを続けられました。
しかし、9時半ごろ。24尾目を取り込み時にバラしちゃった。この日は取り込みミスが無かったので痛恨。
するとそこからパッタリとアタリが無くなった。
30分ほど何も釣れず10時を過ぎ。
「アタリが少なくなったね〜でも反応あるから」と船長のアナウンス。

その頃にはイソメ餌も無くなり赤タンで。
コマセを巻いてから長い時間待っているとアタリが。
ようやくポツリポツリと挽回できて10時45分沖あがり。

結果、28尾と満足できる数。
型も尺には足りないけど良型が揃って食べ応えがありそう。
船中は15〜45だった様子。

11時半帰港。
すぐに帰路に立ち、湾岸道路→中央環状線→高井戸のコースで13時に帰宅。

昼食を摂って少し休憩してから鯵を捌きました。
1尾をお造りに。
4尾を鯵フライ様に。
6尾を寿司ダネに。
15尾を開き干しに。
3尾を翌日以降に残して下処理完了。

夕食は、



こんなラインアップ。
フライを揚げるのと寿司の握りは嫁にやってもらいました。
本牧の鯵は脂が程よくのっていて美味。
冷酒にビールにと堪能できました。

こうしてリハビリ釣行も無事終了。
コロナ感染の時にはショックを受けましたが割と早めに職場にも釣りにも復帰できてよかったです。

ツイッターでは多くのフォロワーさんにお見舞いと励ましのお言葉をいただき感謝してます。
皆さま、ご心配をおかけしました。
暖かいお言葉をありがとうございました。


2021年初釣りタチウオ

皆さま、あけましておめでとうございます。
コロナ禍で2回目の緊急事態宣言が発令されてしまいましたが、この成人式の三連休いかがお過ごしでしょうか。
自分は土曜日の9日は大人しくステイホームしていたんですが暇で暇で。もともと休みの日にはじっとしていられない性分なので外出自粛はなかなか辛いんですよね。オマケに天気予報を見たら10日の日曜日は凪予報。
もう我慢出来なくなって新安浦港の長谷川丸さんへ予約の電話をしてしまいました。

日曜日の朝4時に起床。
一路横須賀へ。

5時半ごろに現地到着。
夜はまだ開けていなく空にはナイフのような三日月が綺麗でした。

釣り物は餌釣りのタチウオ。
釣座は右舷のミヨシを確保。
出船時刻が近づいてくると釣り客が集まってきて右舷に天秤仕掛けの餌釣りの方が6名。
左舷にルアーとテンヤ仕掛けの方が7名。
そしてこの日は取材日だったらしく、つり情報の記者さんが乗ってきました。

7時15分出船。

ポイントは走水沖の70mほどの水深。

コノシロ餌を1本針仕掛けに付けて投入。
着底後5mほど底を切ってから15mほどの棚をシャクリながら誘います。

自分は小刻みにシャくる派。
リールハンドルを半回転させながらロッドを常に細かく上下させながら誘います。

するとアタリが。
でも針掛かりしてくれません。
2回ほど餌を取られてアタリがあるからこのシャクリパターンで良いのだな、と思い続けていると、横に記者さんが来て取材された。
「長谷川丸さんはよく来られるんですか?」
「タチウオ以外にはどんな釣りをされるんですか?」とかの質問に答えていると、シャくるロッドがグッと食い込まれた。
すぐに合わせると魚が乗ったんだけど一瞬でバレた。
うーむ、残念。

このバラしが痛恨。
そのあとはアタリすら無くなった。

周りを見てると皆さん苦戦中のようなのですが胴の間のベテランさんがポツポツと竿を曲げている。
どんな誘いをしているのか観察してみると、ゆっくりとしたシャクリ。

そうなのか、と思いゆっくりとシャくってみる。
でも釣れない。
今度はリールハンドル一回転でシャくる。
これもアタラない。

あれやこれやとシャクリのリズムを変えて試してみるけど全くダメ。



沖では船団が構成されているので他の船の釣り師のシャクリパターンも観察。
やはり小刻みに誘ってる方が多い様子。

なかなか正解が見つからず時刻は10時に近づいてきた。船中はポツリポツリと釣れてるみたいでボウスは自分だけの様相に。
「初釣りからボウスは勘弁して」
と願いながら。

船長「水深70m、べた底から10mまで反応あります」のアナウンス。
一応上まで探ってみるかと50mまで誘い上げてもう一度底まで落とそうかとリールクラッチを切ったら仕掛けが落ちていけない。

「あれ?オマツリかなぁ」
半信半疑でリールを巻くと重みが。
電動のスイッチを入れると竿先を叩く反応。

あら、釣れちゃった。
釣った感全くなし。
でも最初の1本なのでようやく記者さんが撮影に来てくれました。

フェイスマスクを付けてるので怪しい写真なのがお恥ずかしい。
型は後で計測すると97センチでした。

その後、やはり小刻みシャクリが自分には合ってる、と信じて誘いを続けました。

すると今度も棚の上まで誘ってくるとなんか違和感が。その違和感があった棚でリールを巻くのをやめてゆらゆらと誘ってみるとグンと竿が入った。

ようやく2本目。
今度は自分で掛けた感があって少しホッとする。

その後、
今度は小刻みシャクリの途中でグンと竿が入る。
ようやく期待通りの掛かり方。

3本目。
その後はアタリが遠く、11時40分沖あがり。

船中1-10とのことなので難しい日だったみたい。

数としては寂しいけど3本あれば食べる分には十分なのでヨシとします。

天候も朝方は冷え込みましたが陽が昇るにつれてポカポカ陽気になり海も穏やかでしたのでまずまずの初釣りになりました。

12時過ぎに帰港。
帰路の道路も空いてて14時には帰宅できました。

午前船は楽でいいですね。
道具片付けてゆっくりしてからタチウオを捌きました。


夜は正月用に取っておいた八海山の大吟醸とタチウオの炙り。
もう脂ノリノリで醤油を弾くほどでした。

食べるにはほんと3本で十分でしたよ。負け惜しみではなく。捌くのも楽でしたし。

こうして美味しい冬のタチウオを堪能して一日が終わりました。
外出自粛が出来なくて申し訳ない気持ちはありますが満足感のある三連休の中日になりました。

ありがとうございました。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>