共依存克服・夫婦問題カウンセラー大村祐輔 takeheartのブログ

共依存克服・夫婦問題カウンセラー大村祐輔 takeheartのブログ

夫婦問題の裏には「共依存」が隠れている!?
カウンセラーとして当たり前の「丁寧」「誠実」を大切に
診断・分析で終わらせない、その先を見据えて

境界性パーソナリティ障害の人(以下BPD)は、

「あなたがいないと私はダメになる」
「あなたしかわかってくれる人はいない」


と思わせることに非常に長けています。

そのため、共依存関係になりやすく、なかなか離れられない原因にもなります。

共依存傾向の人(頼まれたら喜んで何でもやってあげてしまうような人)がターゲットにされやすいです。
(ターゲットと書きましたが、そのように意図していることはほとんどなく、無自覚でおこなわれます)


そんなBPDの人ですが、少しでもあなたが望み通りに動かない場合、前回お伝えした「こき下ろし(脱価値化)」をしてきます。

あなたが自分自身になろうとすることを「裏切り」ととることもあります。
(自分自身になろうとする、というのは、“自分の気持ちに忠実になろうとする”という意味です)

いかにBPDの人が”自分に合わせてもらえているか”で愛情をはかっているかがわかると思います。
 

見捨てられ不安が異常な程大きいので、

パートナーの一挙手一投足のすべてを自分と関連付けてしまいます

BPDの人の心のうちは、
自分に合わせてもらえている=自分のことが好き

自分に合わせてもらえていない=自分のことが嫌い

のようなイメージです。


そしてさらにBPDの人は、

少しでも自分が欲しい言葉や行動と異なるだけで不安で激怒する、

ということがあります。


自分が欲しい言葉と一言一句違わずに言われないとすべて不正解、というレベルの人もいます。
 

正解がないのとほぼ同義なので、パートナーのすべての発言は不正解となり、「わかってくれていない!」となります。

BPDの人はそのあたりを自覚していないため、パートナーに質問したりアドバイスを求めて自滅するのです(本人は自滅とは思っていません)。

 

 

要するに、

自分の勝手な過度の理想や期待のせいでパートナーの発言がすべて不正解になってしまうのに、その自覚がないため、質問したりアドバイスを求めることでパートナーから不正解の発言を結果的に自らが引き出すかたちとなり、勝手に激怒する、

ということになります。

最終的にはどのパートナーも敵になってしまいます。

 


パートナーとしても、嫌いでもなく、雑に扱っているわけでもなく、むしろ愛情深く、慎重に丁寧に接しているのに、「じゃあいったいどうしたら良いんだ!」と困ることが多いと思います。

 

こうしてパートナーに過度の要求をしておきながら、理想に近いことをしてくれたとしても、それに対する感謝や良い評価をすることはほとんどありません。

自分が過度の要求をしている自覚がないからです。

 

理想に近いことをしているのに、少しでも異なると「違う!」になるため、パートナーは報われません。

本当に報われません。

 

 

冒頭で述べた通り、

 

「あなたがいないと私はダメになる」
「あなたしかわかってくれる人はいない」

 

と思わせることが上手なので、割とすぐにパートナーが見つかります。

 
悲劇のヒロインかのように「(パートナーが)わかってくれないの!」と言って泣きつき、優しくしてくれた人が新しいパートナーとなり、深い関係になっていくにつれ上記のような理由でまた「わかってくれない!」となり、また優しくしてくれそうな人に泣きつき…
 
のループが続きます。
(そのため不倫も多いですね)
 

こうして「わかってくれなければ次の人に優しくしてもらえば良い」となるので、自分と向き合うことがなくなり、同じことを繰り返してしまいます。


自分が過度な要求をしていることを自覚するチャンスがなくなり、同じことを繰り返してしまうのです。

 

ある意味これは本当の意味で悲劇なことで、新しいパートナーがすぐに見つかることが決して喜ばしいことではないのです。

 


特に共依存傾向にある人(人に頼られることで存在意義を感じる人)は、なかなか判断が難しいですが気を付けないといけません。


「自分は他の人からわかってくれないなんて言われたことがないし、なんならむしろわかってくれると言われる方だけどな」という人は、自分がおかしいわけではない可能性がありますので、これを判断基準の一つとしましょう。

 

付き合って(または結婚して)、自分が被害を受けた後でしか「パートナーがBPD傾向だったんだ」と気付けないくらいの難しさがあるので、気付けなかった自分を責めないでいただきたいですね。

 



最後に注意点です。

 

いつもパートナーに「わかってくれない!」と言われてしまう、という人が、この記事を読んで、「パートナーはBPDなのかも」と早合点しないように、と思います。


本当にあなたがわかっていないだけかもしれないからです。

パートナーに「わかってくれない!」と頻繁に言われたり、「パートナーからモラハラを受けています」とご相談に来た方からよくよくお話を聞いていくと、パートナーがカサンドラ症候群だった、というケースがあるからです。
 


GWもご相談受け付けています。

お気軽にご相談ください。


お気軽にご相談ください。ご相談すること自体に悩まないでくださいね。←ご相談メールフォームです。

無期限で何度でも相談できる「共依存克服プログラム(離婚・修復相談含む)」の詳細はコチラ←ご相談内容に制限はありません。

メニュー(料金表)の詳細はコチラ

メニュー(料金)についてのQ&Aはコチラ

 

 

<参考ページ(HP)>

 

共依存・アダルトチルドレンチェックリスト

アスペルガー症候群とカサンドラ症候群

なぜモラハラから抜け出せないのか

自己愛性パーソナリティ障害と共依存

「見捨てられ不安」が招く悲劇(不倫について記載あり)

共依存は連鎖する

親子間の共依存(毒親の支配言葉含む)

母娘問題(毒親チェックリスト含む)

離婚するべきか修復するべきか

夫婦円満豆知識

大村祐輔プロフィール

お客様の声

 

 

以下【アメブロの人気記事ベスト30(順不同)】の一覧を載せてみました↓

自己愛性パーソナリティ障害の人の被害者のあなたへ①
自己愛性パーソナリティ障害の人の被害者のあなたへ②
自己愛性パーソナリティ障害の人の被害者のあなたへ③
自己愛性パーソナリティ障害のパートナーと離れないとどうなるか
自己愛性パーソナリティ障害の人と被害者の共通点
自己愛性パーソナリティ障害(NPD)とASDの共通点-ねじ曲げて解釈することについて-

なぜカサンドラ症候群はつらいのか①-自己完結について-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか②-説明の困難さについて-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか③-例え話について-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか④-応用が難しい-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑤-記憶について-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑥-カサンドラの怒りについて-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑦-受動型ASDについて-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑧-話の一部を切り取って話す-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑨-見たものだけで判断する-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑩-「自分はそうは思わない」-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑪-「普通」について-
なぜカサンドラ症候群はつらいのか⑫-知識がつくことによるつらさ-

 

なぜモラハラの後遺症はこわいのか①
なぜモラハラの後遺症はこわいのか②(+モラハラ加害者の特徴)
なぜモラハラの後遺症はこわいのか③(カサンドラの後遺症含む)
なぜモラハラの後遺症はこわいのか④-いつも選ぶ相手に不安定さがつきまとう-

真のモラハラ加害者に、加害者にさせられていませんか?
毒親とモラハラ加害者の共通点
なぜ毒親への期待をやめられないのか-身内と他人について-
なぜ問題のある人に執着してしまうのか
相手の気持ちを考える時の注意点①

「自分が変われば相手が変わる」による苦しみ
どうしても離婚に踏み切れないあなたへ
人生の選択に迷っているあなたへ




私は学生時代からレンタルなんもしない人さんと同じようなことをナチュラルにやってきたのですが、もし私がサービスの一つとして加えたら需要はあるのでしょうかね。

ひとりでは行けないところについてきて欲しい、とかね。

 

ホームページです。

https://www.takehearts.com

 

Twitterです(一番更新頻度高い系)。

お気軽にフォローしてください。
▶︎https://twitter.com/takeheart_d

noteです(ゆるい・抽象・感覚系)。

▶︎https://note.com/takehearts

カウンセリングの日々で思うこと(抽象的な話が多いです)やアメブロから漏れたものを載せています。

個人的にはアメブロよりnoteの記事の方が気に入っています。

 

instagramです(ピンポイント系)。

▶︎https://www.instagram.com/takeheartand/