LadyM Go Go!! GOLDEN LIFE
  • 08Jan
    • クレイジーすぎるアメリカに理解不可能!の画像

      クレイジーすぎるアメリカに理解不可能!

      今日のネタは、かなり辛口です。白人、黒人、と記載しますが決して人種差別をしているわけではございませんのでご理解ください。昨日から大変なことになっています、アメリカ、ワシントンD.C.。日本にお住いの皆様もテレビでご覧になられたかもしれませんが。ワシントンDCにある政府機関に、トランプ支持者たちがデモを始めて建物を壊し、乗り込みました。警官もFBIもすごい数。なのに・・・トランプ支持者はみんな「白人」なので一切手を出しません。これが「黒人」であれば、すぐに銃で撃たれたり逮捕されたりするのに。警官たちの行動もおかしすぎる。トランプ支持者のプロテスタントらと記念撮影をする警官。そんなことやってられることがおかしい。そもそも、ここまでになることも私には、理解できないのですが。事の発端は、アメリカの大統領選挙。バイデンの勝利にまだ対抗しているトランプは、未だに自分が退くことは一切考えておらず、何度も各州に違法の票があったことを訴え続けております。昨日からのワシントンDCのデモも、トランプ支持者に対しての演説の中で自分をサポートして欲しいと、そしてこのワシントンDCに昨日の日付で集まって欲しいと訴えてのこと。トランプ支持者はコロナを信じません。だからみんなマスクもしていない。ワシントンDC外から集まってきたこの支持者たち、きっとこれでまたコロナを撒き散らす原因になる。トランプは自分のことしか考えていません。あと13日で追い出されるであろう、ホワイトハウスから撤退したら、すぐに法のもとで彼の過去の罪をすべて裁かれることが怖くて仕方ないのでしょうね。今朝も走ってきましたがトランプ支持者のお宅にはまだまだ旗がしっかり掲げられています。今日は特に、その旗を主張しているように見えました。人として、相手に迷惑をかけないこと。大切なことだと思いますが相手への思いやりを一切感じないトランプに、私は怒りを通り越して呆れています。こんな国に住んでいることが恥ずかしい。小さな娘を抱えて、この先のことを考えると、アメリカが少しでも、普通になって欲しい。コロナでまだまだ普通の暮らしさえ元に戻っていないというのに。トランプが去るまで本当にあと13日。まだまだ何かありそうです。

  • 06Jan
    • 多忙だったのは・・・の画像

      多忙だったのは・・・

      11月半ばから毎日、忙しくしていました。自分のことで、というよりはお友達のお宅を助けに行っていて、というのが理由なのですが・・・ご近所に、アフリカ、ギニアのファミリーが住んでいて、よく公園でご一緒することがあってこれまで仲良くさせてもらっておりました。このお宅、おばあちゃん(ママのお母さん)ママパパ5歳の男の子3歳の男の子、女の子、女の子3ヶ月の女の子と言う家族構成。ん?3歳??そうなんです、娘と同じ3歳はなんと三つ子ちゃん!ただでさえ大変なのに、、、コロナでますます大変になり、、、そんな中、なんとパパがギニアに里帰り!おばあちゃんは仕事に出るので、ママ1人で家事、育児をこなしています。ずいぶん前から、「本当にどうすれば良いかわからない」とママから聞いていたので、私が力になるよ、と伝えてました。ですがこのコロナ事情でパパさんがギニアに向かうにも、簡単にはアメリカから出国出来ず、一度は空港からトンボ帰りしてました。(飛行機に乗る直前に、コロナの検査があるそうでその結果が間に合わなくて飛行機に乗れなかったんだとか。)2度目のトライで、やっとパパさんがギニアに無事、向かったと連絡があったのですが、私も予定がいくつかあってすぐには彼女宅に行けず、、、3日後、彼女に連絡してみると、、、「この3日間、私1人なの! お願いよ!😭」え?ひとりって?おばあちゃんはどうしたんだろ?気になりながらいくと、福祉施設で働くおばあちゃんの職場で、コロナ感染者が出たそうで、、、おばあちゃんが感染していたら大変だと言うことで、おばあちゃんは2週間、友人宅にて待機。と言うことは、、、ママ1人で全てするしかない、のですね。そういうこともあって、行ける限り、私がお宅にお邪魔して子守をしたり、掃除したり、娘を合わせて、子供達を合計5人、近所の公園に連れて行って遊んだり、彼女の買い物をして食べ物届けたりしてました。これがですね、かなり大変。公園に連れて行っても、みんな一斉にブランコに乗りたがるわ、抱っこをせがんでくるわ、あちこち違う方向に走っていくわ、帰り道も、手をつないで歩く約束をしても、勝手に走って行ってしまうわ・・・私一人で5人!1時間が限界です。ランチの時間ママがマカロニ&チーズ出してくれましたが、落ちついて食べるはずありません。私は、子供達を落ち着かせるのに精一杯。そしてこの後、マカロニ&チーズが入った容器が空を飛んで床に投げ捨てられ・・・私は、エンドレスでそれを拾い続けることになります何回お宅に行っても、ママは死んでました子供達を毎日、お風呂に入れることなどできないし、その都度掃除、片付けなんてできないそして「お風呂に2日も入れていない」という時も。なので私がいる間に、ゆっくりシャワーを浴びてもらったりして彼女に時間を作るようにしてましたが1時間、私一人で、5人➕新生児を見ること・・・正直、私、大変でした。でも・・・私も、妊娠前、出産後、何人かの日本人の方に助けてもらいました。話をしに来てくれたり、日本食を届けてくれたり、料理を作りに来てくれたり。お世話になったことがあるからこそ、今度はその恩返しのつもりで、彼女の力になりたいと思ってできる限り、通ってました。結局は、娘も一緒ですしね。2週間後、ようやくおばあちゃんはコロナ感染していないと判明して家に帰ってきてホッとしてましたが・・・その数週間後、またおばあちゃんの勤務先にコロナ感染者が出たことが判明。おばあちゃん、ママ、子供5人は2週間の自宅待機となって他人との接触ができなくなり・・・クリスマス後にようやく、再会できました。年明け、私が作ったおせち料理の写真を見せたら「食べてみたい!」というのでおすそ分けしました初めて見る「レンコン」や「こんにゃく」特にこんにゃくは理解できないもののようで。笑ですがとっても美味しいと評判でした。さてまた、数日後にお邪魔してくるかな。

  • 02Jan
    • 明けました!の画像

      明けました!

      あけましておめでとうございます!時差の関係で、アメリカは日本より少し遅れて2021年がスタートしました。年末年始は仕事の関係で日本にいることが多かった私たちですが、さすがにコロナで日本に帰国はできず・・・。昨年、日本から持ち帰ってきたこの年代物のお重箱を使っておせち料理を頑張って作りました。じゃじゃん。先日のニューヨーク帰りに立ち寄った日本スーパー「ミツワ」でかまぼこ、れんこん、干し柿、伊達巻、かまぼこなどたくさんの日本食材を買ってきたので、それをしっかり使いました。・栗きんとん日本人のお友達にもらった栗をむいて茹で栗にして冷凍してあったものを、まず甘栗にして、日本のサツマイモを使って混ぜました。・辛子れんこん白味噌がなかったので、赤味噌で。これ手間かかりましたけどとっても美味しかったです!・なますおばあちゃんがいつも作ってくれてたのには必ず干し柿が入ってました。それを再現してみたら懐かしくて心が暖かくなりました。・エビ尾頭付きがなかったので普通のエビで煮締めにしました。・田つくり朝から「家中魚くさい!」とジミーに言われながら・・・でもこれ、日本酒に合うのですよね。・煮込み鶏肉、大根、人参、れんこん、里芋、こんにゃく、大豆、ごぼう・・・大好きなものばかり。あとは適当に詰めただけなのですが、ジミーと娘はとっても喜んでくれました。そして、日本にずいぶん帰っていないお友達に、ミニおせちを作って渡しました。喜んでくれるといいな。そして近所に住む、日本人の年配の方が作られた作りたてのお餅をいただきました!これは美味しそう!!!明日、早速いただきたいと思います。世界中でコロナがどんどん拡大中ですね。実は、日本にいる母のアルツハイマーがこの1年で一気に進行し、毎日心を痛めておりました・・・こんな遠くにいいてできることなど知れているのですが・・・私なりに1年間、しっかりと気持ちを向けてきたつもりです・・・。まさか、2020年がこんな年になるとは思ってもいなかったですが、私たちは新しい年が実りあるものになると信じて、頑張って精進してまいります。皆様も、引き続きお体にご自愛いただき、前向きに日々を過ごしてまいりましょう。本音で書きたいこと、たくさん、たくさんあるのですがゆっくりとパソコンに向かう時間が取れず・・・本当に些細なことばかりの全く面白くないブログになっております。こんな私ですが・・・本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 25Dec
    • メリークリスマスの画像

      メリークリスマス

      毎日忙しい日々を送っております・・・コロナが全く終息しない中、あっという間にクリスマス。気忙しく、またコロナで不安定な毎日ですが、どうぞみなさま、心穏やかにお過ごしくださいね。メリークリスマス!

  • 13Dec
    • こんな時期にニューヨーク!の画像

      こんな時期にニューヨーク!

      9日、ニューヨークに行ってきました。遊びに行ったわけではありません。日本領事館に、私のパスポートを受け取りに行かなければならなかったんです。パスポートの有効期限は2021年3月まで。本当は年末年始に日本に帰るつもりでいたので日本で更新しようと思ってたのですけど、この時期、コロナでとても無理ですしね・・・3月過ぎてしまうと、更新手続きに日本からの戸籍謄本が必要になるので、手間もかかることもあって、アメリカで申請することにしました。私の住んでいるペンシルバニアからは、ニューヨークまで少し距離があるため、郵便で書類を送付申請して、受け取りにだけ本人が行けば大丈夫なんです。寒くなる前に行きたかったんですけど、大統領選挙前は、治安も悪く・・・この先、もっと寒くなると、ますます大変になるかもしれず・・・やっと予定を立てられた感じです。コロナ事情もあって、心配していたニューヨーク。本当は日帰り予定だったのですが、ニューヨーク在住の友人から「全く人がいない」とのことで領事館に近い、ミッドタウンにホテルをとりました。領事館に向かう時・・・ミッドタウン通りましたが本当に人がいません。こんなに人がいないなんて。領事館では、45分ほどでパスポートを受け取流ことができました。対応してくださった日本人のおじさんは関西の人で、久しぶりに直接聞く関西弁に、かなり癒されました。お昼ご飯は、日本のつるとんたんで。5年ぶりに友人と会う予定にしてました。(この友人は、大きな仕事をしているため、細心にコロナ対策している人です。)TsuruTonTan USA Udon Noodle BrasserieJapan's popular udon noodle eatery Tsurutontan is opening our first international location in Union Square, New Yorkwww.tsurutontan.comところが・・・車が止められない・・・路駐はもちろんですが、駐車場にまでたどり着くまでにも各まがり角に立つ警官に進入を禁じられ、遠回りするばかりで・・・お店の前を5回は通過したでしょうか。友人を1時間も待たせることになってしまい・・・ぐるぐるしていると、早めのチェックインの準備ができたとホテルから電話があり、結局、テイクアウトにして、友人とともにホテルで食べることに。この私の友人ですが、かれこれ20年ほど前、私が大阪で歌っていた頃、実は彼女も一緒に歌っていたのですよねー。お姉ちゃん的存在であり、気心知れた古き良き友達なんです。お腹が膨れたら、ちょっと外へ出てみようということで歩いてすぐ目の前にあるミッドダウンへ。本当に人がいません。警官ばかりです。これが有名なロッカフェラーセンターのクリスマスツリー。いつもなら、人だかりですごいことになっているんでしょうね。そして翌日は、チェックアウト前にホテルから徒歩4分の位置にあるBook Offへ!!!テンション上がるーーー。娘のために、日本語の絵本を探しに行きました。でも・・・さすがにこのロケーションと、日本語本の需要度を考えたお値段。かなり古い本でも、原価とほぼ変わらないお値段でした・・・そしてチェックアウト後は、お隣のニュージャージーにある、日本食材の宝庫、ミツワスーパーへ。NEW JERSEY | Mitsuwa Marketplace | A Japanese Grocery Store | Open 365 days a year!We offer wide varieties of fresh, safe and reliable Japanese grocery products along with appliances and cosmetics! At our food court, you can enjoy sushi, sashimi, and bento with g…mitsuwa.com娘がちょうどミツワに到着お昼寝してしまっていたのでその間に、日本のダイソーへ。テンション上がりまくりです。入った瞬間から日本!!!!!!商品は、日本で100円表示のものは1.99 ドル。倍の値段です。いいんです、別に。ただ見てるだけで癒されました。アメリカにいることを忘れました。笑300円表示のジャンプ傘を5.99ドルで、そして他には、塗り絵、折り紙などを買いました。ミツワ店内には入店制限があって、外で並ぶこと約30分。店内に入ると、まずはじめに行ったのはKai sweet(写真はお借りしました。)早く買わないと売り切れるというのを見たので、ここのもちドーナツを買いに直行!日本のポンデリ◯グそのものですね。値段は1個3ドル。5個買って1個無料で15ドル。高いですが、最高に美味しかったです。ミツワの店内では、お正月向け食材も販売されてました。右見ても左見ても、欲しいものばかり・・・ショッピングカート1台ではこと足りず、ジミーと1台づつ使って買いまくりました。店内でのイートインは避けて、お持ち帰りして車内で食べたのは「天丼」と「ざるそば」ジミーはお寿司をほおばってました。やばいです。美味しすぎます。お出汁も最高です。フィラデルフィアとかにある和食屋さんのものとは比べ物にならない味。さすが、日本人向けの味付けです。娘も「お蕎麦が美味しすぎる」と連呼。ラッシュアワーを避けるべく、車内で食べて帰路につきました。缶のミルクティー・・・2.49ドル・・・高いあったけれど、美味しすぎて一気に飲み干しました。娘のために買った「クー」のアップルジュース。これも2.49ドル・・・大きいサイズではなくて普通の500mlサイズ。高い・・・高いけれどやはり美味しい・・・翌日の朝はミツワで買った日本のウインナー。最高のエネルギーチャージできました。そして夜は!!!じゃじゃん。カツオのたたきネギトロイカそうめん貝割れ大根長芋短冊こんな幸せな食卓はひさしぶりですー。さて明日は何を食べるかな。しばらくは日本食三昧です。

  • 10Nov
    • アメリカ大統領選挙②の画像

      アメリカ大統領選挙②

      雲ひとつない晴天!紅葉もキレイ!なのですが・・・荒れてます、アメリカ。本日、皆さんもご存知のようにアメリカ大統領選挙の日でした。ジミーは朝7時の投票時間には支持されていた投票場に出向いたのですがやはり投票場所がまたまた変わっていたそうで・・・選挙投票日だというのに、本当、日本でありえないことばかりです。毎日ジョギングしているので違いがわかる光景なのですが、今朝走りに行ったら、今まで大きなトランプの旗一つだったあるお宅には、庭中にトランプの側や看板がかけられていて目を疑うほどでした。いよいよ、なのですね。トランプは今回負けて大統領の座から退くと刑務所にいくことが決まっているようでそれで、裏からかなりの手を尽くして自分が優位に立つようにしています。それがニュースに明るみに出ているから全くなんとも言いようのない気持ちになるのですが・・・選挙投票日の数日前には、私たちの住んでいる市にトランプがラリーにきていて、一番大きなショッピングモールの駐車場はトランプ支持者たちの車で溢れかえっていました。ラリーに参加する人たちはここに車を止めて輸送バスに乗って、ラリー会場に向かっていたそうですがすごい車でしたよ。・・・・とここまで書いて記事を保存してました。これが選挙投票前。本当に時間がなくてゆっくりとブログに向かう時間がなくてなかなかアメリカの状況をお伝えできませんでした・・・すでに皆さんご存知のようにアメリカ大統領の選挙はバイデンの勝利でした。私の住むフィラデルフィアがトランプにとっても、バイデンにとっても、とっても大切な場所であったことで日本のテレビのニュースでもフィラデルフィアが大きく取り上げられていたそうですね。郵送投票の開票にはかなり時間かかってましたが、トランプはずっとずっと「違反の郵送投票だ、カウントするな」と言い続けていました。そればかりか、各州の裁判所ですべての票数に関して「違反のものがある」と訴え続け(現在もですが)裁判所並びに多くの州知事たちが「私の名誉にかけて、違法なことはありません」とテレビなどに向かって声明を出してくれていました。それでもトランプは未だに「俺が勝つ」と言っている始末・・・日本ではありえないことですよね。潔くない。アメリカでも、本当にトランプの情けない立ち振る舞いに呆れている人が多いと思います。ですが、このトランプ支持者たちはこのトランプを未だに信じ、サポートしているのだから全くタチが悪い・・・トランプは1月20日に、ホワイトハウスから立ち去らなければならないのですが立ち去ろうとしないのでは、とみんな思ってます。なので、この日あたりに暴動が起きる可能性もあるとのことでアメリカの米軍部隊が出動するのでは、とも言われています。大統領選挙でまたコロナが広がってしまい、せっかく落ち着いたかと思っていたのに寒さが押し寄せていることもあり、新たにロックダウンされる感じですね・・・いったいどうなるんでしょう。トランプの最後の雄叫び、どこまで続くでしょうか。そしてコロナウイルスによる、世界的経済も、私たちの仕事も、当たり前だった普通の生活も・・・どうぞ、みなさま、今目の前にあることを大切に、心穏やかにお過ごしくださいませ。

  • 06Nov
    • ハロウインとトランプ。の画像

      ハロウインとトランプ。

      10月31日今日はハロウイン!!!ですが今日は、私たちの住んでいる市にトランプが演説しにきていて、ショッピングモールの駐車場はトランプ支持者たちの車で溢れかえっていました。ラリーに参加する人たちはここに車を止めて輸送バスに乗って、ラリー会場に向かっていたそうですがすごい車でしたよ。いよいよ選挙まであと数日。しかし、なんでうちの市にきたんだろう・・・。大きなトランプの名を連ねた旗を車になびかせている車があちこちにたくさん・・・私に投票権はありませんが、選挙のことを考えると気が滅入ります。さて。気分を入れ替えて。昼間にお姉さん宅と義理両親宅に顔を出して夕方からはしっかりとハロウインの準備。娘はディズニー映画のモアナ私は魔女ジミーはスーパーマンで挑んだハロウイン。このお宅は、家の周りにテーマをつけた6つのテントを張り巡らせてお化け屋敷を作ってました。ここが入り口。夜には6人の仮装した人が待機しているらしいから怖いだろうなー。夕方から近所宅を何軒か訪ねてTrick or Treatのキャンディーをもらいました。コロナ事情も考慮して、手渡しではなく、玄関前にキャンディーを置いてあるお宅も多かったです。娘にとっても、私にとっても、初体験のTrick or Treat!楽しかったです。そして夜に訪れたのはここ!!毎年、クリスマスの時期にもすごいデコレーションをしているお宅なのですが、ハロウインデコレーションもすごかった!!煙も出てました。映像載せたかったのにできなかった・・・このお宅に訪れた子供達は1000人を超えたそうです。配るキャンディーもすごいだろうけど、電気代も・・・飾りつけも・・・そして片付けや保管も大変だろうな・・・そう思っていたら、お家の人が仮装して出てきてびっくり!お話を伺うこともできました。大人になるとめんどくさくなってついつい忘れてしまうけれど、こんな風に本気で楽しむっていいですね。

  • 19Oct
    • アメリカ大統領選挙①の画像

      アメリカ大統領選挙①

      本当になかなかゆっくりパソコンに向かってブログが書けません・・・さて。毎日、走っているのはこんな場所です。うちの近所なのですが、お金持ちが多いのかキャンピングカー、持ってたりします。人種問題として捉えないでいただきたいですが、白人家庭が多く住んでいる地域です。なので当然・・・という、トランプサポートサインをよく見かけます。ちなみにここは、私がジョギングする道沿いのお家で、トランプサインを玄関前と庭に、4枚ほど掲げてます。毎日のように庭先で顔を合わせるのでよく話をするようになった、ドイツ家系のおじいちゃんのお家なのですが、かなりのトランプ主義者なんだね・・・見た瞬間から、ちょっと気が引けていたのですが・・・おじいちゃんはいい人そうです。でももちろん、バイデンサポーターのお家もあります。毎日、同じコースを走っているからこそ気づくのですが、こないだまでトランプのサインを掲げていたのに、最近になってバイデンのサインに変えているお家があったり。ガレージの中に、トランプのサインと、バイデンの両方のサインを持っていたお家があったり。さすがに写真は取れなかったですけど・・・今、まさにアメリカは大統領選挙の真っ最中。今回はちょっと真面目な話を書きたいと思います。私は日本から来た日本人なので、とてもではないですが、今、アメリカで起こっているトランプ政権は理解不可能です。そんなトランプを応援しようとしている人のことも理解不可能です。トランプを応援している人のほとんどは「白人主義者」白人がアメリカを支えている人種であり、白人が上層階で生きる権利がある、つまりは黒人などの人種を下に見ている人たちのことです。日本でどのようにアメリカ政権のことが報道されているのかわからないですが、トランプは、トランプの支持者からの票だけを獲得するため、かなりのひどい手を打って、投票する場所を制限したりしています。例えば、黒人が多く住むジョージア州などでは黒人世帯の多くある場所に設置していた投票場所をかなり減らしたり、偽りの投票場所を設置して票を数えられないようにしました。また、投票場所をかなり遠方に移動させました。そのせいで、正式な場所に投票をするために人々は8時間以上も待ってやっと投票ができることになっています。それは、白人地域ではなく黒人地域のみです。そして、郵便で投票ができることについては、郵便配送が極力遅くなるように手を回しました。それのおかげで、なんとアメリカ国内で、普通の郵送荷物が3週間かかるという事態にまで発展。ジミーは郵便投票ができるように申し込みをしたのに、全くその通知が届きません。やっと投票に関する書類が届いたのでそれを確認するために電話をしましたが、郵便投票の登録はされていないとのこと・・・オイオイオイ。そして担当者がジミーに伝えた投票場所が、投票用紙に記載されているものと違う!確認すると、コロナ対策で投票先が変わったとのこと。オイオイオイオイ違う投票場所が記載された投票用紙を選挙管理事務所が送るのがまずおかしい。コロナ対策だなんて、もうずいぶん前からコロナ状況になっているじゃないか!腹が煮えくりそうですがここに来てまた、テレビの報道もおかしい。アメリカには驚くほどたくさんのテレビチャンネルがあるのですが、その中の一つ、FOX放送は、完全にトランプを支持する放送チャンネルです。だから、トランプに有利な情操しか流さないし言わない。何事についても、トランプのことを決して正当には話しません。トランプには脱税もあり、裏でやっている数々のひどいことが明るみになって大統領でなければ、警察に捕まると言われています。だからトランプが今回の選挙で負けてしまうと彼は大変なわけです。だから自分の今の立場によって使える力はできるだけ使ってなんとかしようとしているわけですね。そのせいで・・・アメリカのミリタリー戦力をも使って選挙活動に優位に立てるようにしています。日本だと、どのテレビ番組でも、報道は正確に、偽りのないように報道されますよね。もしもそれが正確でなければかなりのバッシングだってくらいます。アメリカの現状がありえなさすぎて、本当に理解不可能です。いったいどうなることやら・・・アメリカ大統領選挙について今後も書いていきますね。

  • 11Oct
    • 日々のストレス発散の画像

      日々のストレス発散

      最近、再び走り始めました。実は、かれこれ10年以上も走っていて、一時は1時間半走ることが日課になっていたこともありました。冬場には大雪が降るこちらで寒い雪の中を走ることも、新鮮で気持ちよかったのですが、不妊治療をスタートしてアメリカから日本に頻繁にいくようになってからは時間もなく、体調も悪く、そういう気持ちにもなれず・・・。そして妊娠、出産。毎日眠くてだるくて、とてもエクササイズに気持ちが向かずだるい日々を過ごしていました。やっと去年、ジムに行き始めて2ヶ月目、日本への一時帰国で中断。そして2月に帰ってきたらコロナウイルスでジムも何もかも閉鎖で自宅にこもる日々。ストレッチとかしたほうがいいと頭でわかっていても、家事と育児の合間に仕事もあって本当に時間がない。娘と一緒に寝ているので毎日ぐっすり眠ることもできず、とにかく眠りたい、という気持ちが強かったんです。たいしたことしていないのに、体がだるい、とにかく眠い。朝、早く起きてヨガをしたり、走りに行きたいと思いながらも、とても本当に早朝には起きれない・・・これではダメだと本当に思いながら毎日を必死で過ごしていましたが、そんな時、娘の歯科検診がありました。コロナウイルス事情もあって、親の付き添いは1名。ジミーが「僕が連れて行くよ」そう言ってくれたことをきっかけに新しいランニングシューズを下ろして走りに行くことにしました。まずは30分を目安にスタートして時間を増やして距離を伸ばしました。今では55分を目安に走っています。よく眠れたり、体調がいい日はとにかく足取りが軽く感じられて、走るスピードが早くなります。すると当然、距離が伸びるので、気持ちがとっても前向きになれるんです。ちなみに、私は走っている時は音楽は聞きません。走るタイミングと聞いている楽曲のテンポが合わないと、どうも走りづらくて。それより、走っている時に、自分一人の心と会話ができることを大切にしています。外を走ると、坂道や下り坂で走り方が変わります。風が気持ちいい日も、暑くて息苦しい日もあります。ストレスがたまっていると、それを吐き出すかのように力が出ます。傷つくことを言われたり、されたりした過去の嫌な思い出も、走る時の「なにくそ」という糧になってくれます。近所の人たちと毎日顔を合わせたり声を掛け合うのも楽しい。でも、雨が降った日は休みというルールにしています。だから雨が降ってくれるとちょっと嬉しい。今日は走らなくていい、と怠けられるから。笑。でも走りたい気持ちも少しあるので、小雨であれば走りに行こうとするのですけど。体も本当に固くなっていて、前屈しても手が足の指に届かなかったりで、これはいかん、と思い知らされました。お年頃、です。笑だんだんと寒くなってきたペンシルバニアですが、この寒さも楽しみながら走りたいと思います。

  • 24Sep
    • 9月19日の画像

      9月19日

      娘、9月19日で3歳になりました。1週間前から、少しずつ飾り付けを作って来た私。17日、娘が寝てから子供キッチンを組み立て、18日は夜中まで飾り付け。写真は去年のバースデーデコレーションのまま、産まれてから2歳までのもの。家中、至るところに3 をちりばめました。子供キッチンはブランケットを覆って、椅子でガードして、他のプレゼントとバルーンで飾り付け。19日、当日は身内だけのささやかなバースデーパーティーをしました。動物類を一切食べないヴィーガンの人がいるので、食べ物は野菜と果物中心に。チキンタイカレーを2日かけて仕込んで、他にはフルーツ盛り合わせと、ナチョチップスサラダを。娘の大好きなチョコレートケーキでお祝い。アンパンマン が大好きな娘に手書きのバースデーカードを作りました。子供がいなかった私への人々の何気ない言葉や、ちょっとした態度で苦しんだ、長い日々がありました。そして、アメリカに住みながら、日本の病院で不妊治療を受けるために通院して費やした、3年という時間と多額なお金、、、戦った大きなストレスも、、、ただ苦しかったこと、、、そんな日々を思い出して、今はただ、ありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます😊高齢ママ、頑張っていきます。

  • 03Sep
    • コロナウイルス状況下でのの画像

      コロナウイルス状況下での

      もう、何ヶ月、家族で遊びに出かけていないでしょうか・・・せっかくの夏だというのに、近所の公園以外、本当にどこにもいくことができず、娘にはかわいそうな思いをさせてしまっていました。周りは、どこかに行った人もいるし、仕事に出ている人、外食にでる人、友達と会っている人などたくさんいますが、私たちは、徹底してそれらを控えておりました。近くの遊園地や水族館の情報は確認していました。人数制限をしていることや、あちこちに消毒剤を置いていること、来客に対してマスクの徹底着用など・・・かなり細かく書かれており、「遊園地であれば、外だから大丈夫なのでは」とよくジミーと話をしていました。ですが、そこに行くのは勇気も必要でした。ところが、学校が再開したことで、今後の近所の子供達の感染などを考えると今しか無い、という気持ちになり・・・人数制限で、50%しか入場させないという方針の遊園地ダッチワンダーランドに、事前予約をして行ってまいりました。この暑さの中、マスク着用して外を歩くのも、乗り物に乗るのも結構しんどかったですけど・・・マスクも汗でヨレヨレ朝10時のオープン直後に入ったはいいですが・・・なにこれ、かなりの人やんこれ、本当に人数制限してますの?嘘ちゃう?かなりの人でごった返していました・・・ウオーターパーク側には近づかないようにしてましたが遠くから見るとかなり混んでました。乗り物に並ぶ列には、人との距離を保つためのマークシールが床に貼られていますが、気にしない人ばかり・・・マスクをしない人もいました。それを従業員たちに指摘されても「私はマスクしないわ!」と言い返す人たち。これ・・・ちょっと宗教的なこと書きますがアメリカでよく見る、変わった服装と髪型をして多くの子供達を連れている「ユダヤ教」の人達に多かったです。日本では見かけることのない彼らはとっても特殊ないでたちです。写真はこちら見てみてください。ユダヤ教 - Google 検索www.google.comまず男性は全身黒づくめ、シャツこそ白いものの、長袖の黒いジャケット黒い帽子。黒いパンツ。腰には、縄のようなものをぶら下げています。宗教の強さなどが関係するのかどうかわかりませんが、私たちが着るような普通の服を着ていながらも、髪型と帽子は同じで腰には紐をぶら下げていました。女性はユダヤ教の規則通りでは、黒い服に身を包み、肌を見せないように必ず長袖と長いスカート、髪の毛を沿ってカツラをかぶる、というもののようですが、彼女らも、長袖、長いスカートは身につけていながらも黒ではないものだったり、カツラではなく、自分の長い髪の毛、といういでたちの人もいました。子供達は小さければ自由な服装みたいでしたが、少し大きくなると、やはり男の子の髪の毛は成人男性と同じ、両耳の前に長い髪の毛をたらして巻いていました。また、小学生くらいの男の子は、ブランドメーカーのジャージを身につけていながらも腰には紐をぶら下げていました。子供は少なくても4人、多い人は6人連れていました。いろいろ調べてみると、子供をたくさん持つことが当たり前らしくて9人が普通なのだとか。ありえません・・・彼らがあまりにも周りを気にせず、マスクも着用しないので私の背後に距離を取らずに並んできた時に「距離を開けて並んでください」と思わず言ってしまった私ですがそれに対して返してきた言葉がなんと「俺はすでに免疫ができているから(つまりコロナウイルスに感染したことがあるということ)大丈夫なんだよ!」あるユダヤ教家族の嫁1は、つやつやとしたグロスたっぷりのピンクの口紅をつけていました。彼女はずっと顎にマスクをかけたままでした。女性であれば分かると思いますが、マスクをすることを前提とすれば、口紅なんて塗れませんよね。5人の子供を連れていた彼女。子供達にはマスクをつけろと言いながら、メリーゴーランドの列の待ち時間、ずっとマスクを着用していなかったので、スタッフからの声かけがありました。急いでリップグロスをティッシュで拭ってマスクをかけていましたが・・・メリーゴーランド後は、また顎にかけてましたね。意味ないやろ!またまた同じく嫁2は園内電車の乗り物に並ぶ、私たちの後ろに家族でいたのですが、彼女も同じように子沢山。6人、ですかね。彼女は家族内でただ一人、全くマスクを着用しておらず、スタッフからの警告が何回もありました。園内電車を運転するドライバーがそれにブチ切れて、お客の退場ゲートにいるスタッフまでも登場しました。それでも、「私はマスクなんてつけないわ!」と言い放った彼女。私をはじめ、多くの人から強い視線が集中しました。そこで、私がジミーに「彼女の方に向かって、(ウソの)咳をし続けたらどうかな。笑」大きな声で聞こえるように言ってみました。そして彼女の顔に向かって「私たち家族ときちんと距離をとって並んでもらえますか?」とも言ってみました。すると・・・彼女、マスクを着用しました。マスク、持ってるやんか。持ってるなら、してくれよ。本当に、こんなに気になるなら、遊園地なんて行くな!と言われそうですが・・・そりゃそうなのですけれども。私たちも、2月から本当にずっと、どこにも行ってなくて、あまりに娘がかわいそうで。しばらく、体調管理、一層気をつけたいと思います。皆様も、どうぞお気をつけくださいませ。

  • 01Sep
    • ブラックパンサーの画像

      ブラックパンサー

      信じられません。映画「ブラックパンサー」で主演を演じたChadwick Boseman(チャドウイック・ボーズマン)が43歳の若さで、癌で亡くなりました。このブラックパンサーで彼の名前が一気に広がったわけですが、実は、James Brownの映画「Get on up」でもJames Brown 役を演じていました。とても気になる俳優さんだったのですが、ブラックパンサーを観たときは本当に鳥肌が立ちました。このブラックパンサーの撮影をしていた時、すでにがん治療を行っていたなんて。その後も数回の手術とともにがん治療を並行して他の撮影をしながら、がん治療をしている子供達の元を訪ねては子供達を元気付けていたなんて。彼が有名になるとともに、彼のやせ細っていく姿を見ては多くの人々が「とうとう薬物に手を出したんじゃないか」とかツイートしたり、facebookコメントしていたそうです・・・人って怖い。そして今の時代って怖い。何も知らないのに、勝手に写真を使って勝手に自分の思ったことをどんどんネットに投稿していく。彼や彼の家族の気持ちを思うと心が張り裂けそうです。43歳ですよ。私より若いんですよ。闘病生活、4年だそうです。ってことは彼が39歳の時に告知されてたんだ・・・。いろんな葛藤があったでしょう。でも、彼の大きな野望や夢の力が彼を大きく、支えてくれることとなったのかもしれない。そして、彼の奥様の愛の力も。心より、心より・・・Chadwick Bosemanのご冥福をお祈りいたします。彼が残した偉大な作品はこれからのBlack Lives Matterに大きく影響することと思います。アメリカに住むからこそ思う、このアメリカの黒人人権問題。私は、黒人を家族に持つ日本人妻として、そして黒人の血を引く娘を持つ母として、立ち向かっていきます。

  • 19Aug
    • やっと、やっと、届いた!の画像

      やっと、やっと、届いた!

      日本の食品が欲しくなったら、今まではフィラデルフィアまで車で走って「Hマート」とか、「まいど!」とかで買い物できていたのですけど、このコロナ事情で本当に自粛しているので我慢してましたで、ロサンゼルスにある「Tokyo central」さんのオンラインで買い物ができると知って、2週間ほど前に早速、注文しました!Tokyo Central: Japanese SupermarketFree Shipping on orders $120+. Online shopping for the biggest section of Japanese grocery such as Japanese foods, kotatsu, zaisu and many more. Enjoy shopping at Tokyo Central.www.tokyocentral.com120ドル以上買うと送料が無料。で、実際にサイトをくまなく見て、思いつくままショッピングカートに入れてたら、「あれも食べたい」「これも食べたい。」あっという間に120ドルなんて超えてしまって・・・私、甘いもの大好きなのですが、アメリカのチョコレートより、日本のチョコレート製品、やっぱり美味しいんですよとりあえず、そんなに贅沢できない今、「今、絶対欲しいものだけ買おう」と120ドルをちょっと超えたところでおさめました。本当は昨日到着する予定だとお知らせがあったので、まだかな、まだかな、と娘と玄関でウロウロしてたのですが1日遅れて今日、やっと、ロサンゼルスから到着しました娘の好きなゼリーもたくさん買いました。日本の製品は、小さくて甘さ控えめだから嬉しい。全部でこんなに!テンション、上がる〜〜特にチョコパイとアルフォート!!私の大好きな三ッ葉がフリーズドライだなんて涙もの〜。日本だったら、これだけ買っても5000円くらいで済みますよね、きっと。多少高くても仕方ない・・・毎日頑張ってるから自分へのご褒美です面白かったのは、これ。「お店やさんキャンディー。」柔らかい粘土みたいなキャンディを型に入れて自分で作って食べれます。パイナップル、にんじん、ブロッコリー、ほうれん草、りんごが作れました。日本の製品って、本当に手が込んでいて細かいところに気が効いていて本当に嬉しい。娘も大喜びです。パイナップル、上手に作れたチョコレート製品は溶けてましたが、そんなこと気になりません。私が待ち望んでいた、6個入りのチョコパイ・・・ジミーが一気に2個食べてしまった瞬間「もう一箱買えばよかった」と後悔そりゃ、ジミー的には小さすぎるからなあ・・・コロナ事情で、日本からの郵便物も、船便だけしかないですし、日本が遠く感じていた中、今日は本当に元気になりましたまた明日も、がんばろう〜〜

  • 27Jul
    • スニーカーで気分を明るく!の画像

      スニーカーで気分を明るく!

      毎日暑いですね日本の暑さ、想像ができないほどなのですが皆さん、本当にお気をつけくださいね。さて、こちらはまだまだ、外出や人との接触は極力避けてます友達に会えない、娘を子供同士で遊ばせられない、気軽に買い物に行けない、というのは辛いです。何より、、、私の唯一のストレス発散だった、大好きな「ウインドウショッピング」に行けないのは正直、辛すぎです当たり前の毎日の生活は娘を持った今では、幸せではありますが、外出が出来ない今、私のストレス発散は、、、インターネットでの買い物。でも、、、買いません。笑ほとんどは見るだけです。見て、ウインドーショッピング気分を楽しむだけですが、ずいぶん迷って迷って買ったのはこれ!右ジム、ランニング用の靴左、お出かけ用右側、持っていたエクササイズ用の靴がちょうど悪くなっていたので、アシックスの可愛い子を探していて見つけました。そして左側、「お出かけ用」って言ったって・・・いくのは、娘と公園だけなのですけどね・・・せめて気持ちが明るくなるように、明るめのカラーを探していて見つけました。私の好みにしたらちょっと珍しいかも。実はこの靴・・・最初に注文した靴が届いて履いた時、サイズが大きくて納得できなくて・・・すぐに下ろすのをためらってました。他店で小さめサイズをやっと見つけて購入して、しばらくは2足を履き比べてました。大好きなカラーなのだけど、なかなか服と合わせるのが難しい気がして。おまけに、今まで持っていなかったメッシュ生地。履き心地も全然違うんです。迷って迷って・・・最初に届いた大きめサイズは返品しました。アメリカって、簡単に商品を返品できるから本当、ありがたい!靴が好きな私。日本にいるときにはハイヒールばかりでした。スニーカーは、ジョギング用のものを持っていただけ。でも今となってはスニーカーしか履けません・・・大好きなハイヒールたち綺麗にクローゼットに収めてありますが時々眺めるだけ。こんな状況ですし、まあ、仕方ないですね。皆様も、何か少しでも気分を明るくできますように!

  • 15Jul
    • やっと再開した近所の公園の画像

      やっと再開した近所の公園

      アメリカはまだまだコロナウイルスが広がっております。家の近所の公園がずっとクローズされていたため、車を運転して15分くらいの街から少し離れた場所にある、オープンしている公園にわざわざ出かけていたのですが、先週、家の近くにある公園がやっとオープン!早速娘を連れて行ってきました。ですが・・・蜂が巣を作り始めていました。まだ1匹だけだったのですがさすがに危ない・・・そこを避けて数日通っていましたが、ある日、公園の草を刈りに男性職員が来たので、危ないから退治してほしいと声をかけました。管理事務所に連絡をしておいてくれると言うことでしたが、翌日も、またその翌日も蜂の巣はそのまま。「そんなの、誰も気にかけてくれる人なんかいないさ。口だけだよ。」そう言って、ジミーが蜂の巣を退治しに来てくれました。蜂の巣がちょっと大きめだったので、蜂対策用のスプレーを持参。蜂が確実に死ぬまで待って。ようやく、この階段を登ることができるようになりました。実は、公園の蜂の巣退治は三度目。1回目は、この公園ではなく、さっき書いた15分ほど離れた場所にある公園で。子供達の滑り台のところにあったので、とっても危なくて車内に常備していた除菌スプレーで退治してもらいました。写真は2回目に退治してもらった時のもの。退治してもらった翌日、また同じ場所に違う蜂が巣を作り始め、またジミーに来てもらって退治してもらいました。アメリカにはあちこちにたくさん小さな公園がありますが、それをきちんと管理して清掃してくれたりする場所はないのでしょうか?一応、日本で言うところの市役所的なものはありますが・・・日本のように、近所の人たちで草抜きをしてくれたり、掃除をしてくれたりというようなコミュニュティーは近所ではありません。あまりにもひどい時には、公園にビールの瓶が割れたものが散らばっていたりもします。草刈機に乗って、芝を買ってくれている人は常にいても、そこに落ちているゴミを拾ってくれるわけではなく、ゴミの上を平然と芝刈り機に乗るだけ。芝刈り機の部分だけ刈り取って、公園の子供達が遊ぶ場所に生えている草を刈り取ったり抜いてくれるわけではないので、しばらく人がいなかった公園はかなり荒れています。ざっくりとした見た目は綺麗。だけど、日本のような綺麗さではありません。本当に、毎回公園行くたびにほうきとちりとり、軍手を持参しようかと思うくらい。娘には「ゴミは必ずゴミ箱へ。」と言い聞かせています。だから娘は、ゴミを見るたびに、「あかんなあ。誰がゴミを捨てたの?」と、それを拾ってゴミ箱へ入れてくれようとします。ですが今は、まだコロナウイルスに十分気をつけなくてはならない時。何でもかんでも、触らせると危険なので、「ありがとう。でも、今はバイキンさんがたくさんいるから、触ってはだめなんだよ。」と教えています。なんだか、子供の素直な気持ちをこのようにしなければならないことが悔しいのですが・・・公園で遊ばせたら、家に帰って入念に手洗いをしてから、全身着替えさせてしっかりウイルス対策。ニューヨークではコロナウイルスに感染する人が減ってきているというのに、フロリダ州では、ディズニーランドが開園し、ビーチに人々が溢れかえり、感染者がものすごく増えました・・・もう、どうやって考えていいのかわかりませんが、今私たちにできることは「まず私の家族を守ること。」引き続き、Stay home, Stay safeまさにこれですね。あああ。。。。しかし、ウインドウショッピングしたい・・・遊園地にも連れて行ってあげたい・・・今の私のもっぱらの息抜きはストレッチと、インターネットで見るウインドウショッピング。本当に見るだけです。笑暑い夏ですが、皆様も蜂とウイルス対策、お忘れなく!!!

  • 10Jul
    • まじですか!の画像

      まじですか!

      コロナウイルスのロックダウンが始まって以降、毎日届く在ニューヨーク日本国総領事館からの今朝のメールです。これ・・・アメリカの高校や大学に留学生として来ている生徒さん、大変だと思います。もしも学校の授業がすべてオンラインになるのなら日本に帰れ!ってことです。日本に帰れって言うたって、飛行機は成田着だけだし、日本着後にも2週間の隔離があるし、公共機関を使って帰れないから家にたどり着けない人もいるはずです。今、アメリカからヨーロッパには入国できなくなっていますが、他の外国から来ている人も大丈夫なのでしょうか・・・いや、ただ帰らされるから大変というわけでもないですよね。住んでいる家や荷物もあるだろうし、しっかり本気で頑張っている若者たちの気持ちは一体どうすれば・・・私は、日本でジミーと結婚して、ジミーが日本のビザを取得して、最初は日本で住んでいました。東北震災後にアメリカに引っ越すことになり、ジミーだけ先にアメリカに帰って仕事をすることにしました。その時、私がアメリカで住むためのビザ申請をして結局ビザが出るのに1年かかりました。全く進まないビザ審査。アメリカ国内で行方不明になった日本からの大切な書類。それで時間をロスして数ヶ月。書類はとにかくめんどくさく、何十枚という細かい書類や資料を制作しなければなりませんでした。本当に結婚している私たちが嘘偽りがないことを証明するのでさえ、1枚1枚とっても大変でした。一人日本に残っている私は、仕事も予定が立てられず、先の見えない生活にとっても不安だったことを覚えています。それなのに、今現在、本気で遠距離恋愛をしているカップルたち、国際結婚しようとしているカップル、または私の時のように、ビザ待ちで、日本とアメリカに離れて生活しているカップルたち、今、ビザが出ません。これ、本当に苦しい。気持ちがわかるから、涙が出そうになります。トランプの自由気ままなツイッター発言、毎日本当に腹が立ちますが、いろんな政策をコロナウイルスのせいにしてるだけのような気がして・・・トランプ、外国人をアメリカから追放したいだけなのでは・・・今現在、国際結婚を目前にされているカップルの皆さん、ビザ待ちの皆さん、アメリカ在住の学生の皆さん、本当に苦しい時だと思います・・・でも、いろんなこと、諦めないでくださいね。少し遠回りすることになっても、必ず希望を持ち続けてくださいね。

  • 06Jul
    • コロナウイルス、まだまだ拡大中の画像

      コロナウイルス、まだまだ拡大中

      コロナウイルス、アメリカではまだまだ拡大が止まりません。アメリカ国内で11317637件死者数531729人それなのに、人々は(特に白人のトランプ支援者)マスクをせずにスーパーに買い物に行き、レストランで集まり、ビールを飲み・・・ビーチで戯れ、プールパーティーを開き・・・近所を車で走らせても、レストランバーに人々が溢れかえっているのを見かけます。だからビーチがあるフロリダ州とか、観光地は大変なことになってます・・・一体どうなるんでしょうか。我が家でも、最近は近所の公園がオープンしたので、娘を連れて遊びに行っていますが、帰ってきたら、服は着替えさせています。本当は、水族館や遊園地がオープンしたら連れて行ってあげたいと思っていましたが・・・まだまだ先は遠いのかもしれないですね。

  • 05Jul
    • July 4thの画像

      July 4th

      7月4日はアメリカの独立記念日でした。人との接触をせず、他人の家の空間に入らずに来たこの4カ月。4カ月ぶりに、ジミーのパパママと、ジミーのお姉さん宅に集まって、家族で食事をしました!食べ物を口にしない時には必ずマスクを付けて。そしてテーブル着席もかなり離れて、というちょっと不思議な感覚でしたが・・・私は、マシュマロクッキーとお姉さんたちの大好きなわかめときゅうりの酢の物、そしてフルーツ寒天ゼリーを持って行きました。小さいマシュマロには、クランベリー、レーズン、カシューナッツ。大きいマシュマロにはキスチョコレート、アーモンド、くるみ、ピーカンナッツを乗せて。とっても簡単に美味しくできました。何度もお伝えしているように、ジミーママは末期癌なのですが数日前にも発熱して入院し、退院してきたばかり。最近は、化学療法の副作用もひどく、会話もままならない状態の時もあり、それで私たちは、外出も人との接触もかなり控えているわけです・・・やつれて、食も細くなり、体力がなくなったママ。でも、娘と一緒に過ごすのをとっても楽しみにしてくれていて、たくさん会話をしてくれました。娘は、サブリナお姉さん宅の大きなプールで大はしゃぎ!たくさん遊んで楽しかったみたいです。早く、同じテーブルで食事ができる日がくることを願います・・・

  • 29Jun
    • 5日目の画像

      5日目

      5日目です。またまたやらかしてしまいました。1年に1回ほどのペースで、やらかしてしまう、ギックリ腰。それも、クシャミで今回のは久しぶりに酷くて、椅子に座れない。床に座れない。なので、床に座って、娘とおままごと遊びもきつくて。コルセット巻きました。全く、何にも出来ないのが悲しかったです。でも、ジミーが娘を外に連れ出してくれて、ソファーで横になれる束の間の、静かな時間がちょっと嬉しくもあり。動くと激痛が伴うのですが、、、さて。我が家の近くにある公園は、まだコロナウイルスで閉鎖しているので、最近見つけた少し離れた場所にある公園に、よく娘を連れて車で行ってましたが。やっと近所の公園がオープンしました!腰の痛みを引きずりながら、昨日行ってきました!公園が見えてくると、娘は「バイキンさん、もういないの?本当にいないの?大丈夫?」と心配そうでしたが、、、「もう大丈夫、遊ぼう! でもお家に帰ったら、しっかり手を洗って、お着替えをしようね。」と言うと、「わあい、わあい!嬉しい!やった〜!」飛び上がって走り出しました。腰が、、、階段とか滑り台とか、たまに走る痛みに耐えながら娘とたくさん遊びました。本当に嬉しそう。長い間、その年齢で、よく我慢してくれたと思います。夜は頑張って久しぶりの味噌カツ!お味噌汁は、カニの茹で汁で作ったので料亭の味になりました!美味しすぎて食べすぎました私の街では、近くのレストラン、ショッピングモールなどもすでにオープンしてます。駐車場はすごい人。みんなマスクもしていないようです。我が家では、7月4日までは、人との接触は避けることにしてます。かなり人恋しく、、、せっかくの夏、遊びに行きたい気持ちもウズウズなのですが、あと少し、我慢したいと思います!皆さまもご安全に!

  • 26Jun
    • 私のブログについて、そしてビヨンセの偉大なる行動の画像

      私のブログについて、そしてビヨンセの偉大なる行動

      最後に更新してから少し日が経ってしまいました・・・娘を出産してからは、大したことを書けず、さぼり気味だったブログですが、コロナウイルスから、Black Live Matter問題まで真面目な記事を書いていたからか、最近、たくさんの方にお越しいただいている様です。ありがとうございます。長年、音楽を仕事にしてきて、国際結婚して日本に住んでいたのに、東北震災後に、全く考えてもいなかったアメリカに引っ越しました。そして、日本に一時帰国していた時に、運命的な出会いをさせてもらったドクターの元で不妊治療を始め、アメリカから日本に通い、奇跡的に妊娠することができ、アメリカで帝王切開で高齢出産した私。それからは、慣れない育児と、少しづつ取り組んでいる音楽事業、そして新たに始めた自社の仕事で毎日疲れ果てており、ブログにゆっくりと向き合うことができませんでした。正直、ブログに何を書けばいいのかわからなくなっておりました。私のことをご存知の方には、私の生活を知ってもらうための一つにツールに過ぎなかったのですが・・・こうして多くの方にお越しいただいて改めて、今の自分の生き方や考え方をしっかり書きたいと思います。そして・・・もしかしたら、少しでも多くの方の参考になるかもしれない「不妊治療」や「高齢出産」についても詳しく書いた方がいいのかなあ・・・という気持ちもあります。「不妊治療」や「高齢出産」については私も経験がありますが、他人の言葉や文字にさえ、敏感になりすぎるほど、とっても神経質なことでもあると思います・・・ですが本当にお医者さん次第だというのは私自身が経験しており、すごく時間もお金も無駄にしました。そして、アメリカから日本に通わなければならなかった理由もそこにあります。そういった私の経験がどなたかのお役に立てるのかどうかもわかりませんが・・・もしもご興味おありであれば、いいね、などで反応いただければと思います。さて、時間の空いてしまったブログですが。あれから、抗議デモの署名運動に署名をしました。そのあとも、 黒人を対象にした事件が続いていますが・・・3か月前に白人警察により殺害されたBreonna Taylor(ブリアナ・テイラー)さんの事件、これもかなりひどかったです・・・ノックなしで自宅アパートに入ってこられて、その時眠っていたブリアナさんは、いきなり8回撃たれて殺害されました。彼女が銃を構えたとかではないわけですよ。そして先日、あの歌姫、ビヨンセがこんな手紙を公開で出しました。ビヨンセが、米ケンタッキー州のダニエル・キャメロン司法長官に、3か月前に白人警察により殺害されたBreonna Taylor(ブリアナ・テイラー)の事件について行動を起こし、正義をもたらすよう要請した、というもの。 キャメロン司法長官宛てには黒人女性の価値を認め、責任を追ってほしいことについて書き、この時、射殺に加わった白人警察官の実名ジョナサン・マッティングリー、マイルズ・コスグローブ、ブレット・ハンキソンを挙げ、刑事告訴してほしいことそれぞれ、3名の警察官の犯罪行為の調査の依頼武装していない黒人市民が繰り返し命を落としている事実を知ってほしいこと、そして警察の手による黒人の死には、ただ殺されるだけではなく、「何も対応がなされず、先延ばしにされることが続く」ことを心の痛みとして書かれていました。すごいな、と思いました。そしてありがたいと思いました。日本では、アーティストの存在からこういう行動に出ることは少ないのではないでしょうか。事務所から圧力がかかることもあるのでは・・・でも、ここまで世界的に偉大なビヨンセがこんな風に気持ちを公にしてくれてビヨンセを愛するファン、並びに音楽を愛する若者が気持ちを向けないわけがないと思います。今、アメリカは大統領選挙に向けて動いていますが、黒人には選挙に参加することができるようになった今でも、投票後、それを反映させてもらえなかったりするという、信じがたい事実があります。どこで生まれてもどんな肌の色であっても、みんな同じ人間です。心もある。愛もあります。当たり前の平等なものにできる日を願いたいと思います。